FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

最高の疾走感 ★ 映画 「初恋」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「初恋」を見て来たんですけど。
ツルゲーネフじゃなくて、三池監督の。

どうですかね。
初恋って、俺はいつだったんだろう。
小学校の時とかに好きだったあの子のことだろうか。
とはいえ、なんの思い出もないわけだよね。
やっぱ小学生だから。
ま、小学生だしうまくいかないのは当然で、多少、悲しい思いはしたとして、パンチの効いた物語などはまったくありませんね。

中学くらいになると、まあいろいろあるか。
キスとかセックスとかがからんできたりもするからな。
ま、小学校でからまないとは言えないけど、う~ん、性欲が追いつかないでしょそこは。
よくわからんけど。
性欲が生まれる前にセックスなんかするもんじゃないし、その後の人生間違うのでよくないと思いますけど、昨今はまあそういう小学生が巻き込まれる事件とかもあって痛ましいわけですが。

ま、その辺はいいとして、どっちにしても初恋が映画になるほどの物語、って人はそんなにいないような気もするし、そもそもツルゲーネフも読んでない。

正確に言うと、この映画は「初恋」というよりも、「人を始めて愛した」「人のことを始めて愛おしいと思った」というか、そういう感じの。
逆に言うと、そこまでの人生の中で「愛を知らなかった」二人が出会う、という物語。

一人は、お父さんに性的虐待を受け続けてきて、その借金のために「持って行かれた」という女の子。
そしてシャブ漬けにされて売春をしている。
もう一人は、小さい頃に親に捨てられて、親の顔も知らない男のボクサー。
ボクシングもなんでやってるのかよくわからない、とにかく人生を主体的に生きている感じが全くない。

ま、つまりは二人とも「自分のことも愛してない」んですね。
というか、自分の明日を信じてない、というか。

この二人がある晩にひょんなことで出会って、その一晩の物語。
というと、なんかロマンチックだけれど、ヤクザに追われ、中国マフィアに追われ、警察にも追われ、とんでもない一晩を過ごすワケなんだけど。

その辺は三池ワールド全開。
コメディでもあり、でも人はバンバン死んでいくし、笑っちゃいられないほどに登場人物が追い詰められていく。

主役じゃないんだけど、染谷将太さんがヤクザ役なんだけど、彼がスゴイ。
ヤクザってこういうのだよな、という。
なんだろう、仁義もへったくれもなく、とにかく目先、という感じのバカを怪演。
しかもドジ。
彼は「シライさん」にもちょっとだけ出ててすごいインパクトを残したわけだけれど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5064.html)、改めてなんかすごく好きになった。
だいたい、まあよくよく考えたら、彼が引き起こしたんだわこの騒動。
しかも、うまくシャブを奪うはずが失敗、追い詰められて仲間を殺しちゃうところから全て計画の歯車が崩れてしまう、という。

ある程度話が通じる感じなのは、このヤクザの親分くらいで、あとはもうみんななんだろう、どうにもならない感じ。
話が通じない。
だから怖いよこの手の人たちは。
そのリアルがすげえあって、この映画はとてもなんかいい感じである。

ま、そもそも主役のボクサーの子がこの騒動に巻き込まれる発端はまた別で、ってそりゃそうなんですけど、ただのカタギだからね彼は。
脳腫瘍が発見されて、余命幾ばくもない、と。
で、まあそこまでの人生もなんだかよくわからないけど、ボクシングができない、となってやっぱ「なんなんだよ!」という鬱憤というか、絶望の中歌舞伎町をフラフラしている、と。
そこにその売春している彼女が幻覚から逃げて走ってくる。
それを追う警察、といっても、実はそのシャブを狙ってるダメ刑事、をぶっ飛ばしちゃう。
で、その彼女と逃げるハメになる、という感じなんだけど。

しかし、その脳腫瘍が…。
という、驚愕の、映画ではやってはいけない感じの結末をみせるんですが、これは見てもらわなきゃならんな。

俺はなんだかところどころ涙が出てしまったし、彼女の「諦念」と「自分がない感じ」と「まわりに合わせてしまう感じ」と「自己肯定感の低さ」があまりにリアルで、胸に刺さった。
同時に、産まれてきたというより、捨てられてきた彼の「ぶつけようのない絶望」もまたリアルで。
ま、でもたぶん染谷さん演ずるヤクザも似たり寄ったりなんだろうな。
その辺の生いたちとかは出てこないけど、まあそういう感じ。

歌舞伎町のリアルを描き出したという意味で、これはすごくイイ映画だと思うし、スピード感もある。
鬱憤がスッキリする感じの映画で、ベッキーさん扮するチンピラ情婦の憤怒からの簡単に人を殺しちゃうところも見所である。

でも、全編にわたって流れる、「生きるとは何か」という問いがぶれない。
鬱憤を晴らすだけだったら、その夜明けで終わっても良かったんだけど、そこからちょっとあります。
そのラストは、見ている時は「う~ん、いらないかな」と思ったけど、ここを描かなかったら、これはただのヤクザ映画になってしまったかもしれない。

シャブを抜く地獄の中でよだれを垂らしながら叫ぶ彼女と、ボクシングで勝利の雄叫びを上げる彼。

彼らのこれからの人生に幸あれ、と思わずにはいられなかった。








(BGM:HALCALI「HALCALI TOKYO GROOVE TWO TURNTABLE MIX」from「TOKYO GROOVE」)
→どうですかね、まあいわゆる曲をいじってくるタイプですよね。
元ある曲がある分、それはラクなんじゃないかと思ってる人がいたら逆で、これこそセンスが問われちゃうと思うんですよね。
彼女たちのカバーにはものすごいセンスを感じるので好きです。
この曲もなんか途中のどっかで聞いたフレーズがたまらない。
スポンサーサイト



秘境とかオモシロおかしく煽るなよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


「友誼商店」というのがツイッターで流れてきて。
池袋にあるらしい。
日本語が通じないらしい。
現金が使えないらしい。
とにかく行けば中国にいる気分になる。
みたいな。

どうも、食品を扱うスーパー?みたいな感じでありながら、片隅で料理も出している、と。
いわゆるフードコートみたいな。
そこの料理がとにかく中国の料理で、日本人の味に合わせるようなコトは一切ない、まさに激辛だったりなんだり。
そんな感じでネット上で語られておりまして。

うむ。
これは行ってみたいじゃないか。
ずっと思っておりました。
とはいえ、池袋に出る機会もなく、そのために「わざわざ池袋」となるとやっぱちょっと腰は重くなる。

だって、行ってみたらまったく買い物もできないかもしれない。
フードコートったって、日本語が通じないとなるとどうなるやら。
日本円が使えないってどういうことなのか、とか、まあそういう感じもありますよ。
秘境を探検するような雰囲気でそこを紹介する動画もYOUTUBEとかも上がっていて、ドキドキ…。
なんだこりゃ、とか思って。

で、まあたまたま池袋に出る機会があり、「これはもう行くしかない」と。
意を決して行ってきたわけですけど。
アオテツとアキ坊といういつものメンバー、ということになりますが、まあちょうどよかった。
一人だとくじけたかもしれんし。
そもそも池袋にはあまり明るくないので、たどり着けるのかどうかも心配。

というわけで、池袋に明るいアオテツに言わせると、「ここ、昔キャバレーだったんじゃないか?」という。
そんな場所に、居抜きでそのまま使うでなくスーパーを作るとはすごい話だ。
周辺には中華料理、というかもう中国語でメニューが書かれた食べ物屋さんもたくさんあって、いわゆるチャイナタウンの様相。
といっても、まあ狭い範囲でしたけど。

おそらく、友誼商店というのは、その中において中心的なというか、中国の人たちが集まる「場所」なんだな。
たぶんね、よくわかんないけど。
エレベーターにも、エレベーターホールにも、近所の中国料理の店のビラが貼ってあったり、お客さんも大半が中国の人だった感じ。
お店の人はみんな中国の人でしたね。
確かにカタコトの日本語は聞かれるけど、ほぼ日本語はないといっていい。

例えば、日本人の俺らにしてみると、アメリカに行って納豆を買うのは難しいわけだが、ここに来れば揃う、みたいな場所。
自然とまあ日本の人が集まってくる、みたいな。
ちょっとホームシックになった気持ちをいやしてくれる、日本が通用する場所、みたいな。

特に中国の料理は、なかなか面白い食材を使いますしね。
その後に行った飲み屋さんでは、犬肉料理ってのがあったり、カエル肉、とかも書いてありました。
臭豆腐とかね。
つまりはまあ、俺らにしてみたら納豆、ということになるんでしょうか。
それが普通に買えるんだから、まあ集まりますよね。
集まってる場所に作った、というのもあるのかもしれないな。
そういう場所はやっぱり必要、というか。

でもって、上記のネットの情報が正しかったか、ですが、聞こえてくるのがたいがい中国語、というのはその通りですね。
それと、スーパー部門では日本の現金が使えました。
けど、フードコートはチャージするカードを作ってそれを使う、という方式で、レシートには円じゃなく「元」と表記されてました。
けどまあ、円と数字は同じなのでレートとかを気にする必要はありません。
フードコートは20席くらいしかないんだけど、店は5つ?6つ?あって、肉がもう山積みとかになってたりして楽しい。
たまたま席が空いたので座れたのでよかった。
スーパー部門でビールを買って、腸詰めとか食べたりして。
で、まあ確かに日本語はカタコトだけれど、メニューがあるから、「これとこれ」って言えば通じるし、なんでしょう、ちょっとした海外旅行と同じですねこれ。
とはいえ、お店の人はカタコトでも日本語を「話そう」とはしてくれるから、海外より優しい感じ。
味はとにかく日本にはない感じで、ウーシャンフェン、五香粉風が多用されているというか、中国にいる気分には充分なれます。

なんか秘境でも何でもないし、別に本当の中国料理が食べられる、しかもまあ安価だと思います。
二三人で行って、いろいろなモノをちょっとづつ食べたらイイじゃない、というか。
秘境とかいう感じで紹介してるYOUTUBEとかは、まあウソです。

だって、別にまあよくよく考えてみたら、日本に住んでる中国の人たちがやってるわけで、ある意味食文化交流にもなる感じだよね、これ。
お店の人も日本の人に食べてほしいんじゃないかな、とも思います。
実際、スーパーの表記はほぼ中国語だけれど、フードコートでは日本語表記もあったりするから、まあ、みんな行ったらイイと思いますよ。

逆に、俺が中国に住んでいて日本食の食堂をやってたとして、中国の人が来たらそりゃやっぱ「日本食のよさを伝えたい」って思うでしょう。
「中国人来るな!」排外主義なら、そもそも中国に、というか海外には住まないわな。

で、その後飲み屋さんに行ったんですけど。
特になんのアレもなかったんで、なんとなく歩いて中国料理の店に入ったけど、ここも中国の人がやってる感じで。
トイレの前には、店員で行った慰安旅行の写真とか貼られててすごくなんかよかったなあ。
みんな支え合って日本でやってるんだよね。
俺が海外に住んでいたら、まあこういう集まりが本当に必要だろうな、って思ったり。

で、これがもう大盛りなワケ。
気取ってない感じだけれど、どっか上品な大盛りでもあるというか。
三人で三品頼んで、どれもすごくうまかったのに、それでも食い切れなかった。
それでいて安かったんだよなあ…。

やっていけるんだろうか…。

俺なんかはこういう場所で「残す」ってことがなかなかできなくて、「ああ、残しちゃったねえ」なんて言ってたんですけど、でもまあ、中国では「残す」のが礼儀とされている、という話もありますからヨシとする。

とにかく池袋北口がまた一つ俺の中で好きな場所になりました。








(BGM:H2O「グッタイミングですべりこみ」from「想い出がいっぱい~the best collection」)
→いや、いい曲なんだよね。
コーラスもムダじゃなくてちゃんと意味がある感じ。
ライブで中盤に盛り上がる感じの一作。

活動的な馬鹿より恐ろしいものはない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




















(BGM:立花ハジメ「HOGONOMO(FOU GO NO MORE)」from「TAIYO-SUN」)
→なんでしょうね、かっこいいんだよね。
そして好きなんだよね、このサウンド。
軽い、といえば軽いのか。
プラスチックスの流れの曲だと思うんだけど、この音数が少ない、ってのが好きなのかもしれない。

行政と企業の役割


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


最近、ボートレースが流行ってるんでしょうか。
ま、なかなか面白いみたいですよね。
スタートラインが実際のスタートよりも前にあるんだ、とか、内側が断然有利とか、いろいろと駆け引きがあったりするようで。

テレビのCMとかをさんざんやっていたり、ボートレースを紹介する番組もあったり。
いわゆるレースの中継、とかじゃなくて、バラエティで、ボートレース好きなタレントが出てるような。
たまたまなのかな。
この前はラジオ番組でボートレースのことをタレントさんがなんか喋ってるのをたまたま聞いた。

ま、このたまたまが、「ほんのちょっとしかやってないが、それを俺がたまたま網羅して聞いている」のか、「いろいろやってて、たまたま俺がそれを見た聞いた」のかでずいぶん状況は違いますが、そんなにボートレースに憑かれているとも思えないので、たぶん後者。

そもそも賭け事は俺はやらない。
麻雀はやるけれど、まあ「ラスがおごるのね」くらいで充分。
そういえば、最近麻雀やってないな。
競馬もパチンコも、もっというと宝くじも胴元が勝つシステムなので、儲けようとするなら胴元になるしかない。
というか、まあ儲けようとしてばかり賭け事をやってるわけじゃないんだよね、やってる人も。
パチンコはパチンコで面白いんだろうし、それは俺が麻雀は好き、というのと同じかな。

ま、でも金がかかってくると、つまり金をかけるということは生活をかけるということだからヒリヒリはするだろうな。
それが余計にゲームに熱中させる要因になって、まあゲームがより面白くなって、中毒になったりするんだろうなあ。


さて、まあそれはいいとして、ボートレースのCMで、「ボートレースの収益金がいろいろな場面に役に立っています」というようなのが流れていて。
それが大阪の小学校の建設費だったりとか、リフト付きの車の贈呈だったり、と、まあそんな感じで。

ギャンブル=悪い感じ、を払拭したいんだと思うんですね、こういうCM。
公益にかなっています、と。
我々はみなさんの役に立っています、と。
だからボートレースに賭けろ、って話なワケですかね。

ま、儲けすぎた企業が社会に貢献する、というのは悪いことじゃない気がします。
けどね、そもそも学校作るのは自治体の仕事ですよ。
税金でやるべきモノ。
リフト付きの車にしたって、そもそも普通の車じゃ乗れない人がいるのなら、それを改造する費用は税金で出してもらって問題ない。

正直、法人税が下げられて自治体の税収が減って、企業の収益が上がる、という状況がおかしいような気がするよな。
そういうことで「社会に貢献」って、ボートレースの宣伝になるわけでしょ。
でも、本来は法人税をもっと昔の比率で払っていれば、学校は自治体が作れるだろうし、その場合には、「俺たちが法人税を払ったおかげだ」とはいえても、「ウチの会社が社会に貢献しました」と宣伝することにはならない。

つまりね、今の状況って、自ら税率を下げて行政が「金がない金がない」と言って、その分を企業に「社会貢献させて宣伝させてあげる」という、なんでしょう、もう企業の宣伝のために税率下げてるように思えてくる(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4810.html)。
企業は税率も下がるし、宣伝もできるし万々歳。

なんだこれ。
企業に金を出させて学校を作るなんていうのは、もう話にならないところまできてる気がする。


ま、確かに、こうした企業の「助成金」みたいなモノには、正直助かってる面もある。
車をもらったり、大阪ツアーのお金を出してもらったこともある。
けど、学校を作るとか、そういうのはちょっとちがくないか?と思う。

基本的なモノの上に、より豊かなコトをやるために車が必要、それについてはウチが出しましょう、というのはわかるし、大阪への遠征費を出してくれるのも、ある意味で「プラス」なのであって、基盤の整備、とは違う。
行政の仕事と企業の社会貢献、というのは、もっときちんと分けて考えなきゃいけないんではないか。

学校建設の費用を出させる行政も行政だが、出す企業にもなんだかなんの倫理観もない感じがする。


そもそも福祉とか教育ってのは、その基盤に民間が入っちゃダメなんだわ。
私学ってのもそもそもどうなのか?と俺は思ったりする。
そのために税金払ってんだわ。







(BGM:エレクトロ・キーボード・オーケストラ「マザー・オブ・ザ・フューチャー」from「エレクトロ・キーボード・オーケストラ」)
→20台のシンセで奏でるジャズ、ってことで、まあハービーハンコックとかを意識してる感じはあるわけですが、全体的にグルーブ感はハンコックにはかなわない感じがあります。
それは土着的な日本人のリズム感によるモノなのかもしれんなあ、と思ったり。
とはいえ、この曲はカバーながらとてもグルーブ感があって、なかなかいい。
といっても、日本的解釈をやりたかったんだろうから、この曲は「ジャブ」という感じなのかな、と思う。

アンダーカードの雄


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


大日の25周年大会は横浜文体という大きな会場で行われたけれど、この自粛ムードの中、なかなか集客は厳しいモノはあった。

これまでずっと大日を見て来た者としては、この大会だけは見逃せなかった。
過去の名タッグの復活、今の大日のデスマッチ路線を作ったと言っていいデンジャー松永選手がプロデュースする試合もあり、昔を知る者としては生唾もののカードが揃っていたからだ。
そういう中、泣く泣く現場に来ることをあきらめた人もいただろう。
そう考えると、ホント、コロナ、早く終息してほしいと思わずにはおれない。

ま、そんな中、入場時、手指にアルコール消毒などが行われ、咳エチケットに関するお願いもあちこちに貼られる中、試合は始まったのであった。


俺は、「チーム若作り」の復活が嬉しかった。
そもそも、格闘技だったか、キックの団体だったかが大日に殴り込んでくる、という流れがあって、しかしまあそれってアンダーカードの戦いだったんだけど。
そんで、その抗争が終息する時に、その団体にいた井上選手が大日に移籍すると発表。
その流れも現場で見ていた。
その後、近藤選手というイーグルの選手が合流し、チーム若作りタッグが誕生する。
といって、それでもまあアンダーカードであったことは事実だ。
いわゆる「アンダーカードの雄」である。
ベルト戦線に積極的にからむ感じではなかった。

俺は、この「アンダーカードの雄」というのが大好きだ。
プロレスの興行は、第一試合からセミ、メインとつながっていくのだけれど、メインがいくらいいカードでも、そこに至る第一、第二試合がそれを盛り上げていかなければ大会としてはダメだと思う。
つまり、メインの戦いは、アンダーカードがいてこその戦いなのである。
そこに、団体プロレスの面白さがある。

こっちはその大会を見に行ってるわけで、もしかしたら一見さん、始めてプロレスを見る人がいるかもしれない。
というか、プロレスの大会がそもそも地方巡業とか、そういう「興行」なんだよね。
だから、初めて見る人だってたくさんいるかもしれないわけで、その場合に、アンダーカードは重要になる。
そこでプロレスに興味をもってもらわなきゃ、メインへの期待感は上がっていかない。
プロレスが年に一回来るかどうか、という地方の大会において、アンダーカードは重要だといったら、わかってもらえるだろうか。

プロレス団体にとって、その大会の中でスター選手がいればいい、んじゃなくて、そのスター選手を輝かせるアンダーカードがとても重要なのだ、と。
俺はそんな風にプロレスを見ているし、そういうことがしっかりしている団体が好きだ。

「平成極道コンビ」もこの日復活。
星野選手はベテランにもかかわらず、にじ屋の大会にも来てくれて、ノブたちにも声をかけてくれる気さくな選手。
そして、稲葉選手は大日からは離れていたけれど、この日帰ってきてくれた。
実は、とある場所で稲葉選手とはたまたま出会って、ウチの元レスラーと一緒だったので、その流れもあって、挨拶させてもらったりした。
その稲葉選手が戻ってくるとあって、これも行かなきゃ、の一つだったんだけど。

確かに星野選手はデスマッチヘビーのベルトを巻いたこともあるけれど、どっちかというと、やっぱり「アンダーカードの雄」というベルトこそが似合う選手だと思っている。
そんな星野選手や稲葉選手が俺は大好きなんだけど。

こうした「アンダーカードの雄」が復活する、という大会は、なんだかいい。
メインを張るような選手じゃないけれど、そういうタッグがこの25周年で脚光を浴びるという大日って、すごくいいと思ってる。
そして、お客さんもその復活に盛り上がっていて、「大日のお客さんはわかってるな」と思った。


そういえば、今、にじ屋でみんなが夏とかに着てるTシャツは、大日とちんどんをやった時に作ったんだけど、その胸には、ウチの井上と、チーム若作りの井上選手がならんで描かれている。
あの時、記念にTシャツを作りたい、といった時、もしかしたらその時にメインを張るような選手でも、頼めばその選手の図柄でできたかもしれない。
特に大日のフロントからその辺、誰々で、みたいな注文はなかったし。
まあ、ずいぶん昔の話だけれど。

でも、俺たちは井上選手にお願いした。
じゃなきゃ、やっぱ違うとも思った。
アンダーカードの雄、井上選手にこそ、俺たちは一緒にTシャツに納まってほしかった。

市丸にしても、ウチの誰にしても、やっぱり世の中のアンダーカード。
もちろん、障害をもっていてもオリンピックに出るようなすごい人もいる。
でも、それは障害がなくても同じことで、そんな人はごく一握りだ。

けどな、アンダーカードでがんばってる、ってことは伝えたい。
どこのカードでも、いつだって全力ファイトの井上選手にお願いしたかったのだ。


なんか、そんなことを思ったりして、ところどころ涙がちょっとこぼれそうになった大会であった。






(BGM:武蔵野タンポポ団「もしも」from「武蔵野タンポポ団の伝説」)
→バンジョーいいなあ。
曲にピッタリ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE