FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

それは大人ではない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


学習性無力感という言葉があるそうで。

「どうせ自分は努力したところで上手くいかない」とか「自分が何かをしても何も変わらない」みたいな感情。
まあ、それは誰しもあるかとは思うけど、んで、結果「何も行動しなくなっちゃう」と。
結果、そりゃ行動しないからどうにもならないわけで、「ほらね、やっぱ無駄だったじゃん」みたいな形で「達観」みたいな感じになっちゃう。

まあ、毎度毎度努力をしても前に進まない、みたいな場合、そりゃそうなっても仕方ない気もします。

どうしてそういう思考パターンになるか。
小さい頃に親に抑圧された、教師に…、まあいろいろあるだろうことは想像に難くない。
が、小さい頃は特にそんなことなかったのに、社会に出て会社で何を努力しても認められない、体を壊しても自己責任にされる、みたいな環境に置かれたら、まあ最初は「おかしい」とは思うでしょうが、その行動すら潰されてしまえば、そのうちそれは「どうせ」に変化してしまうだろうな。
いや、「おかしい」とは思いながらも、「でもどうせ…」になっちゃうんだろうな。

自らに確実に不利益が降りかかってるにもかかわらず、それをおかしいとは一応思いながらも、「行動を起こせない」というのは、やっぱちょっと苦しい。

で、ちょっと考えてみたらば、多くの人、俺の世代から下とか若い人にそういう人の中に当てはまる感じの人が多いような気がしてきた。
異議があっても言わない。
そして、異議を唱える人はうっとおしい。
でも、陰では不平や不満を言ってる、みたいな。

異議を表立って言う気力がなくなっちゃったんだな。
そう考えると、なんかいろいろ合点がいくような気がした。

イジメだったりがあると、やっぱそりゃ「どうせ何やってもいじめられる」となるのは当然だろうし、見て見ぬふりをしなければ、次に自分にイジメの矛先が向く。
そんな汲汲とした十代を送っていたなんて考えると、そりゃもう「何をやっても無駄」って思っちゃうよな…。
んで、非正規で雇用されて、雇い止めにあっても自分の力ではどうにもならない。
契約切れのたびに、次の仕事が見つかるかどうか、つまり食い扶持を確保できるかどうかにおびえる。
上司に文句を言えばすぐに切られてしまうから、不利益があろうが訴えることなどできない。

そんな生活を繰り返していたら、そりゃやっぱ無気力になるよな。
「どうせ何やっても無駄」って。
非正規が蔓延したのは政治の問題なんだけど、自分が非正規で辛い思いをしていても、その政治を変えよう、とは思えなくなる。
自分では投票にも行かないのに、選挙の結果を見て、「ほらやっぱりね」とつぶやく。

そして、変えよう、とする人はうっとおしくもなる。
「無駄なのに、なにやってんのよ」って。

多くの人がそうなっていくことで、それが「大人」であるかのような錯覚も社会には生まれる。
「どうせ変えられない」が、「変わらない社会に従って不利益を被りながら生きていくのが大人」という風に変換されていく。

社長に無理を言われようが、得意先に無茶な要求をされようが、「それはいくら何でも無理」と言って行動を起こすことはしない。
どうせ無理なんだから。
何も変わらないんだから。

だから、その無理を必死にこなすのが大人なんだよ。
大人は辛いんだよ、と。
無気力にならず、一生懸命やってる人を「おまえら甘い」とか言うようになる。
よくデモを、「暇があっていいですね」なんて揶揄する人がいるけれど、そういう感じか。
ツイッターに書き込む気力くらいはあるのかもしれない。
というか、あれは匿名だから、自分が言ってるのでもないのだろう。

日本の子どもは自己肯定感が低い、といわれるけど、それとこの学習性無力症は無関係ではあるまい。
子どもの頃から、自分には何もできない、と教育されてきているのかもしれない。
そういう社会になってしまっているのかもしれない。

よく、戦前の流れの中で、その時代を知らない俺なんかは「どうして戦争に賛成したのか?」とかってことを素朴に思ったりするけれど、こうした「何を言っても変わらない」が究極にまで社会に広がったとき、人はもう何の判断もできなくなるのかもしれない。
戦争反対、を叫ぶ人を揶揄し、隅に追いやるようになるのかもしれない。

そして翻って、今の日本も、あのときのような状況に覆われていないだろうか。
ここから我々はどう抜け出せばいいのだろうか。
「あなたには意味がある」
「あなたは大切な存在である」
何度叫んでも、何度話しても、それが揶揄されてしまうとしたら、もうなにか手立てがないようにも思えてしまう。






tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:Akon「Bananza [Belly Dancer]」from「Street Vibes 2006」)
→アフリカンなんだな。
ルーツミュージック?そういうのをふりかけた感じのコンピ。
すごく楽しいけどね。
スポンサーサイト

闇の底 (創作)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


(創作ですよ念為)


 桃子は、生まれつき足が悪かった。
 桃子は、小学校に上がるまで、自分はどこにも行けないのだと思いこんでいた。
 けれど、入学と同時にもらった車いすが桃子の人生を変えた。
 この車いすに乗って、自分はどこへでも行けるんだ、って彼女は思った。

 僕は、そんな桃子が嬉しかった。

 桃子が、大人になって、一人暮らしをするといって、親は困惑したけれど、桃子はそれをいとも簡単に始めてしまった。
 両親は拍子抜けしたけれど、桃子は、また自分に翼が生えたような気がした。

 僕は、そのときも、そんな桃子が嬉しくて、おめでとう、と言った。

 そして、桃子は恋をした。
 相手は車いすに乗った人ではなかったけれど、いい人だった。
 端から見ていれば、彼は、ただいい人だっただけだったけれど、桃子は、それを間違ってしまっていた。
 彼は、桃子からのメールはすぐに返したし、車に乗せてやることもあった。
 彼はとてもいい人だったから。

 僕は、彼に桃子の気持ちを言ってみたらいいよ、と言った。
 それで桃子の気持ちにピリオドが打てるのなら、と思ったから。
 でも、桃子は、僕にこう言った。
 「このままでいいんだよ。」

 そして、その後、彼には彼女ができた。
 桃子ではなかったし、車いすに乗った人でもなかった。
 その後、幾度かその顔は変わり、そのウワサは桃子の耳にも入った。
 けれど、桃子は夜になるといつも僕に言った。
 「このままでいいんだから。」

 彼はそのうち、桃子のところに顔を出す機会も減り、僕から見たら、桃子を忘れたようにも見えた。
 でも、桃子は、いつも玄関でノックする音を聞けば彼が来たのではないかと期待していたし、出せていないメールがたくさんあったのも僕は知っていた。

 桃子も、50歳を過ぎて、ほとんどが寝たきりになって、死にゆこうとしていた。
 夜更け過ぎ、そのベットの上から、桃子は僕にまたこういった。
 「これでよかったでしょ。」

 そして、桃子は死んだ。

 そして、僕は、桃子に自分の気持ちを彼に言った方がいいと言ったことを、恥じた。
 人には暴かれたくない闇がある。
 その闇の底のなさを知っている者は、自分で闇を暴くことはない。

 でも、闇を暴こうとする人間はいる。
 無意識なんだろう、よかれと思ってなんだろう。
 僕は、桃子の死後、彼の耳に桃子の気持ちが伝わっていることを知った。
 彼が桃子のところに来る回数が減ったのはそのためだった。
 桃子がドアをノックする音に毎回絶望したのは、それが理由だったことも知った。

 もし彼女が車いすに乗っていなかったら、アパートの2階の彼の部屋にも押しかけることができたかもしれない。
 彼がうちひしがれたときに、優しくリードして、彼のモノを口に含むこともできたかもしれない。
 でも、そんなことは、桃子の身体ではあり得ない話だった。

 つまり、桃子は、彼の人生という舞台に上がってもいなかった。
 彼が二人の女性に言い寄られて困っていたときも、付き合っている彼女にふられて悲しい思いをしているときも、桃子の出番は、あたりまえのように、
 なかった。

 それを桃子は知っていたんだ。
 そして、そのまま、死のうとした。
 彼女はそれを自分で確かめようとはしなかった。


 いや、でも本当は違う。
 桃子は彼を悲しませた彼女を恨んでいた。
 そして、彼をも本当は恨んでいた。
 つまり、桃子は自分の闇に、気づいてしまっていたんだ。
 でも、蓋をしようとして、彼女は「このままでいいんだから」と言ったんだ。

 あの夜、大好きな男のモノを咥えていた女の顔を、彼女は殴りたかったけれど、彼女には殴ることはできなかった。
 結果的に自分を追いつめている彼の優しさにも、殴りたかった。
 殴れない思いは、闇の底に沈んだ。


 僕は、彼女の影だ。
 だから、僕にはもうどうすることもできないし、できなかった。
 彼女の墓の前で、彼女が生きていたという、みんなの中の記憶が薄らいでいくと共に、僕ももうそろそろ消えるのかもしれない。


 ならば、最後の最後に時限核爆弾を作ろうと僕は思い立ち、それを一週間で完成させた。
 そして、そのスイッチを1時間後にセットした。
 一秒ごと、LEDの数字が減っていくのを確認して、リュックに入れ、渋谷に向かった。
 桃子は歩けなかったのだから、僕が向かうしかないのだ。

 日曜の午後、歩道にあふれる群衆。
 ここがいい。
 僕はスクランブル交差点で爆弾を確認すると、LEDはあと10秒を表示していた。
 10・9・8・7…。
 僕はそのリュックを背負い直した。
 そして、LEDはついに0を表示し、闇はどこにもなくなった。

 さようなら桃子。







tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:Fantastic Plastic Machine「God Save The Mona Lisa」from「COOL & RELAX」)
→あまりに完成されすぎて、よくできたAORに聞こえますね。
FPMのある意味での真骨頂とも言えるけど、なんか食い足りない感じもあり。

親はなくとも


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ま、今年の春になりますか、タイに行ったというのは、息子の結婚式です。
息子は日本企業のタイ工場で仕事をしていて、近々日本に戻るそうですが、まあその時はまだタイにいて。
タイの方と結婚するということで、結婚式をやるから来てくれるか?と。

行きます、と。
で、行ってきたんだけど。

うちの子は三兄弟で、兄、妹、妹、という構成です。
一番下の妹が専門学校を出て、今年から働くことになりました。
そういう感じの年齢。

俺は数年前に離婚していて、まあだから彼らには申し訳ないことをしたと思いますが、それでもまあ前の奥さんと話し合って、我々の将来のことも考えて決めたことなので、理解してもらうしかない、という気持ちでいるわけですが。

まあ、とはいえ、なんだかんだは彼らの中にあるとは思うんです。
でも、その妹妹と一緒に、アキも一緒に結婚式に行けるというのは、きっと幸せなことだと思います。
端から見たら、なかなかない取り合わせなのかも知れないけど、でも、そういうセットで行動出来ることも多くて、それはきっと、子どもたちがよく出来た子たちだからだと思います。

今回じゃなくて、昨年タイに行ったときに、真ん中の娘が携帯を落としたんです。
タイで。
もうそうなっちゃうと、WIFIがあれば通じるけど、そもそも電波が発信されてないし、探しようがない。
いった場所などに電話を入れてみたり、いろいろしました。

もちろんそれらは、タイに住んでいる兄がやってくれました。

その日は、実はその結婚相手の家族とはじめての顔合わせ、みたいな側面もあって、けっこう慌ただしい中だったんだけど、それでも兄は「なんでなくしたんだよ」とかは言わない。
オレたちと相手の家族の橋渡しをしながら、一方でその問い合わせの電話とか、保険会社にどうしたらいいか聞いてくれたりしてた。

ま、優しいな、って話なんですけど。

今回もちょっと妹が熱を出して、きっとまあ急に暑いところに行って熱中症的なコトかと思いますが、それでちょっと予定が飛んだりもして。
それでもまあ、みんな優しいわけ。

それもべたべたした感じじゃなく、いい感じの距離感というか。
責めないし、かといって、べたべたもしない。
ちょうどいい感じ。
熱を出したことで、兄が住んでいるという部屋に行くことになったんだけど、「それもよかったよね」とか言う感じの。

なんかこう、なんでしょう。
人が苦しんでいる、というコトに対して、「おいつめない」みたいな感じね。

なんか素晴らしい子たちに育ったんだな、と思ったんだけど。
ま、それはもちろん、前妻の素晴らしさもたくさんあると思います。


今、虐待のコトとかがニュースになって、けっこう「どうやって育てたらいいんだ?」と思ってる人は多いんだと思います。
核家族になって、親一人が抱えなきゃならない、ということもあるでしょう。
出口のない感じの中、子どもは言うことを聞いてくれないし、誰にも相談出来ないし、かといって「怒っちゃいけない」なんてことも聞く。

う~ん、どうしたらいいんだろう、ってすごく悩むと思います。
で、俺は果たしてどうしていただろうか?と改めて考えたんですけど、あまり何にも考えてなかった、という結果になりました。


離婚するくらいだから、そんなに夫婦仲はよくはなかったし、まあぐれたこともありましたし、警察のご厄介になったこともあります。
子どもをどこかに連れて行く余裕はなかったので、日曜とかはよくウチの事務所でバザーの準備とかを一緒にやったりしました。
みんなにかわいがってもらって、まあそんな感じで。
習い事も、塾にも行かせませんでした。
だからまあ、なんだろう、決して「絵に描いたようなファミリー感」はなかったと思います。

でもまあ、全般的に今になって思えば、いい子に育ったな、と思っています。
心配はまだもちろんありますけど。


う~ん、だからなんだろう。
だから、もう悩まない方がいいし、悩むと袋小路にハマっちゃうから、なんか「自分が縛られちゃうまま友」とかじゃなくて、「自分の友達」をしっかり作って、自分がまず救われることかな。
育児とはあまり関係ないけど、でもきっとなんか自分がまわりに救われてなかったら、どうにもならなかった気だけはする。

だって、やっぱ子どものコトって一番の悩みになっちゃうんですよね。
そうなると、「どうしてあんたは言うこと聞かないの!」ってなっちゃう。

でも、そうは言っても、なっちゃいますよ。
なるなる。

よくわかんないけど、でも「褒める子育て」とか、そういう「キャッチーな言葉」にあまり惑わされない方がいいのではないか?と思っている今日この頃です。






tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:LOVE LOVE STRAW「Love 2 Slipp」from「COME TASTE THE FLOWER'S」)
→どこかDIPを彷彿とさせるギターサウンド、の人たちが集まっておりますコンピ。
これはなんか、すげえイントロが美しい進行なので、ちょっと気になった。

明日、必ずあなたに恋に落ちると約束できますか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレするし。


「Mr.&Mrs. スパイ」

これ、いいわ。
泣いたわ。

普通の夫婦、というか、これがまあ愛らしい一般市民というか、イイ隣人一直線というか、素晴らしい憧れるご夫婦なんだけど、そのお隣にスパイが越してくる、と。
で、その夫婦がスパイ活動に巻き込まれていく、というコメディ。

一見冷徹、冷静なスパイ夫婦に対して、一般市民のおたおたする普通の夫婦の対比が面白いわけだけど、どんどんこの両夫婦に惹かれていく作りになっておりまして。

スジはあってないようなモノなので書くのも難しいわけですが、これは面白いのでヒマがあったらみんな見た方がイイと思います。


「笑う大天使」

これ、全然意味分からないし、面白くない。


「土竜の唄 香港狂騒曲」

調子に乗りすぎましたかね。
といって、やり過ぎくらいがちょうどいいわけで、このくらい調子に乗っちゃわないとコントにもならない、という気もしなくもない。

問題は、このコミック感にどれくらいついて行けるか、なんでしょうかね。
全編都合がいいというか、アッパー系というか。

正直まあ、俺としては面白いけど疲れます。


「恋する女たち」

斉藤由貴さん主演。
1986年の作品らしい。
柳葉敏郎さんが高校生役で出ています。

いわゆる女子高生が恋にこがれる、みたいな話なんだが、この系は男子主演でも女子主演でも数多くあります。
恋に憧れるが相手がいない悶々とした感じ、というね。
といって、問題は斉藤由貴さんが高校生だったらモテモテだろう、というアタリですね。
アイドルを主演にしたい、ということが先なので、その辺はしょうがないじゃん、という意見もありましょうが、リアル感はないし、ブスの気持ちになってみろ!という風当たりも感じるところであります。

ま、高校時分はいろいろ悩みますが、その多くは恋愛と言ってイイ。
…俺だけか。

今考えれば、別に男も女も異性には興味があるし、恋もしたい。
だからお互いに一歩歩み寄ればいいのではないか、みたいなコトも思うわけですが今になれば。
とはいえ、そんなことはうすうすわかっていても、なかなか行動には移せないのがチェリーボム。
じゃあ話せばイイじゃない、ということになるが、話すこと自体が悩みなのでどうにもこうにも…。

笑い話で、意中の人をホテルに誘うには?という答えに、ホテルの前で「私はこれから家に帰ってオナニーする。あなたもオナニーする。だったらここでホテルに入るのが合理的じゃない?」というのがあります。
まあ、そりゃそうなんですが、それを「そんなの合理的じゃないよ、だって私はオナニーが好き!」「私もオナニー好き!オナニーがしたいんだもん!」という言葉でマンガの中で切って返したのが蛭子能収さんだったか。

つまりはまあ、もう結局そうなっちゃうとなかなかに難しいことで。
チェリーにとってはいろいろな段階を踏んで発射に到達するよりは右手の方が簡単、みたいなこともあったりなかったり…。
それはもう悩むわなあ。
そもそもこんなこと話し合ったところで悩むわけでなあ。
ってか、セックスがイコール恋、というわけでもないしなあ。

なんだかんだ、やっぱ恋愛ってのは難しい、と。


「50回目のファーストキス」

短期記憶が落ちていってしまうヒロインに恋をする男の物語。
短期記憶が落ちるってのは、つまり昨日のことを覚えていない、みたいな。

これね、まあタイヘンです。
昨日出会って恋に落ちたのに、今日覚えてないんだから。
毎日がファーストキス、みたいな。

いやあ、もうこうなっちゃうとなかなかに社会生活は難しくなっていくわけですが、この二人はそれを乗り越えていきます。

ま、実際にはどうなんでしょうね、って話を始めるともう想像でしかないし、アレなんだけど、いや、やっぱつらいよね、これ…。









tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:ジャパハリネット「物憂げ世情」from「STREET ROCK FILE VOL.6」)
→やっぱ、今の若者の「ストリートロック」には多少の偏見があります。
その多くはやっぱ「うまい」んだな、演奏が。
ま、当たり前なんですけど。
ちょっとそこに「パッケージされたロック」を感じてしまったり。
うまいとしたら、そっからもう1枚座布団を重ねて欲しいんだなきっと。

明日、奴隷やめちゃおう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg






























tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:Slava「Ave Maria」from「still echo」)
→エレクトリックなバックにオペラがのってくる。
かっこいい。
クラシックの名曲は、ポップである、と思う。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE