プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

同じ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さんちで録りためてあった映画を見たシリーズなんですけど。
ま、工藤さんは映画とかを録画するのが趣味というか、ケーブルテレビとかも契約してるから、なにも契約してない俺としてはそれを時々一緒に見たりして、楽しんでるわけですが。

先日、立て続けにB級パニックが2本とれたから、みたいなことで、二日に分けて見に行ってきました。


まず「2020」という映画なんだけど、原題はSHOCKWAVE。
どこでどうなって2020になったのか?という話なんですけど、まあ設定が2020年。
って、この映画が2017年製作って話なので、意味がないんですよね、3年後にする意味が。

って、邦題的にオリンピックにかけた?って感じもしなくはないですが、まったく関係ないです。
正直、まあもうなにも記憶に残ってないくらいのアレです。

秘密裏に開発された兵器が使われて、地底深く掘り進み、あちこちの岩盤を突き動かし、大災害を起こす、という。
その兵器の存在を隠したい米国政府と、地球を救おうとする研究者夫婦とその娘の対決?というか、まあ最終的には政府も研究者夫婦に任せるしかなくなるわけですが。
同時に、その娘とお母さんは仲違い、というか、年頃的な対決ね、そういうのがあって。
でも、その地球を救おうとする中で、仲違いも氷解していく。
最終的には、もちろん、なんとか地球は救われます。

この映画の問題点は、とにかくCGがきつい、という。
岩とかはじゃんじゃん飛んでくるけれど、まわりの木々はそよがない、みたいな。
アニメですね、紙芝居風アニメ。

ま、それはいいんですけど。
シナリオとしては、もう最後が後味悪いというか、その夫婦を助けることになる政府内部の気のいい男が、データとかをその夫婦に流すんだけど、それがばれて捕まっちゃうんですよ。
どうも、その男、最後殺されたっぽい…。
て、それは助からなきゃダメなヤツだ…。


で、もう一本は「メタルトルネード」。
鋼鉄の台風、というわけで、電磁波的な?そういうヤツです。

これ、秘密裏に開発された発電装置が使われて、一部故障があり、電磁波台風を形成し、あちこちの鉱脈に沿って移動し、大災害を起こす、という。
その兵器の存在を隠したい会社と、地球を救おうとする研究者カップルとその息子の対決?というか、まあ最終的には会社も研究者夫婦に任せるしかなくなるわけですが。
同時に、その息子とお父さんは仲違い、というか、年頃的な対決ね、そういうのがあって。
でも、その地球を救おうとする中で、仲違いも氷解していく。
最終的には、もちろん、なんとか地球は救われます。

この映画の問題点は、とにかくCGがきつい、という。
車とか、鉄のモノとかはじゃんじゃん台風に向かって飛んで行っちゃうけど、まわりの木々はそよがない、みたいな。
アニメですね、紙芝居風アニメ。

ま、それはいいんですけど。
シナリオとしては、もう最後が後味悪いというか、フランスでもその台風ができちゃうんだけど、エッフェル塔は見事に台風にのまれてしまいます。
どうも、パリは壊滅したっぽい…。
て、それは壊滅前になんとかしないとダメなヤツだ…。


…っておい!
同じだ…。
まるで同じじゃないか…。
ほぼコピペじゃないか!

…というわけで、いや、もう同じでした。


おそらく、ハリウッド的シナリオ講座、みたいなのがあって、その教科書を忠実になぞった作品、なのでしょう。
こういう映画を作ったところで、出演したところで、監督としても、役者としても、なにもプラスにならないどころか、「ダメ」の烙印を押されそうな気がしますな。

つまり、「教科書」というのは、なぞっちゃダメなんですよね。
「こうしましょう」をやってるウチは、「予定調和」、というか、「得点範囲内」のモノしか作れないから。
K点を越えない限り、エンターテイメントとしては芽が出ない。
だから、こうした教科書通りのモノを作ってしまう人というのは、おそらく、ものすごくマジメで、マジメであるからこそ、「教科書」をなぞってしまい、芽が出ない。
そして、それがわかってない。
教科書通りやってて、でも、もっと教科書通りやらなきゃ、って思ってる感じもあるんだろうかどうなのだろうか。

…だとしたら、なんかな、ちょっともの哀しい感じもあったりなかったり。


そう考えると、なんか、こういう映画、キライになれないのであります。








(BGM:少女隊「渚のダンスパーティー」fromYOUTUBE)
→なんか少年隊を擁するジャニーズに露出を妨害された、とか言われてるけど、別に少女と少年じゃ全然かぶらないと思うけど。
てか、俺はけっこう好きでした。
今聞いても、ちゃんとハモってるしさ。
踊っててここまでハモれるってのは、いいよ。
スポンサーサイト

ぬお!政治のことつぶやいてない一ヶ月!?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集




















(BGM: 錦織一清「1983 メンソレータム薬用キャンパスリップCM」fromYOUTUBE)
→これ、子どもの頃に見て、ちょっと気になっていた曲。
でも、このCMの十数秒しかない。
これだけの曲なのか、ちゃんと曲が別にあるんだろうか。
気になってちょっと調べてみるけど、なかなか出てこない…。

25日14時に、にじ屋で何かが起こる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


しかし、ここのところついてないよ…。

年末にぎっくり腰。
からの、ちょっとあばらにヒビがいったようで…。
しかも、歯が痛くなってるし。

正月、いや、元旦には藤井が死ぬし。
その後、藤井に関することをパソコンで打とうとするとフリーズするし。
ってか、全体的にパソコンも重たい。


これ、どうなんろうか?と。

これ、もう怪談本の読み過ぎなのだろうか?と。
あ、飛躍してますか?
でもまあ、某かの呪いなのではないか?と。

生き霊とか。
いや、何か触れてはいけないモノに触れてしまった?!とか。
そう思わざるを得ないほどに、なんかもう、次々とおかしな感じ。

というわけで、もうこれは、ため込んでる怪談本をすてるしかない、と決意。


そもそも、俺は一回読んだ本をなかなか手放せない。
けっこう、読んだ本をすぐに手放しちゃう人っていますけど、憧れますね。
そういう身軽な感じな人になりたい、という気持ちもずっとありました。

そんなことでですね、今回は怪談本をいっちゃいましょう、と。


でも、これを捨ててしまったりすると、それはそれで呪いが重たくなりそうな気がします。
というか、そもそもにじ屋に出しますか、と。

ってか、俺は関係者なので、にじ屋で買い物することは基本できないし、だからまあ、提供?もしたことはない。
自分のモノをにじ屋に提供してたら、なんかそれ、違うじゃん、と思うコトもあって。
なんか、俺の財産を提供しちゃったらダメだよな、というか。

俺らが、ここから提供されなきゃならないわけで。
そのために、市民のみなさんが品物を提供してくれるわけなんだから。

同じように、例えばイチマルの親御さんとかにも、提供はなるべくしてほしくはない。
だって、それって、親がイチマルにおこずかいやってるのと同じになっちゃう。

ま、そういう話に展開するのはまたの機会にして。


でもまあ、この際、もうにじ屋に出すしかない。
今回は、まあそうしよう。
これ以上、呪われてもしょうがないし、呪いは、拡散した方がイイ。

って、おいおい。
…それじゃ、みんな買ってくれないぞ、という気がしなくもないですが。

ま、呪い云々は冗談ですよー。


ま、なんにしても、俺は怪談好き。
だから、イベントにしちゃおう、ってことに思い至り。
アナログ盤フェアの最終日にやろうかな、と。
オカルト編集者のアオテツと「怪談を聞く会」をやろう、と。

で、

「25日14時頃から、にじ屋「座ロック」会場で「実話系怪談の本を大量に一気に出放出します。ついては、アナタの恐い体験、不思議体験を佐藤とアオテツ(オカルトに強い編集者)がじっくり聞かせていただきます」を開催。アルコールと多少の何かを用意してお待ちしてます。飲みたいだけの人もどうぞ!」

という140文字の企画をやることにしました。


なんか、不思議な体験とかをお持ちの方、「あれ、なんだったんだろう?」という話とかを聞かせてください。

あ、ただの飲み会とおもっていただいてもOK。
ちょっと怖い話でもみんなでしませんか。

あ、コックリさんでもやったりして。
で、みんなで取り憑かれたりして遊びましょう。







(BGM:沖田浩之「E気持ち」fromYOUTUBE)
→ABC、ABC、E気持ち。
Bはペッティング。
今になって改めて言うと、ちょっと恥ずかしいペッティング。

笑っちゃう、けど、いや、なんか哀しい…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ウチの連中の近しい人に出産があり、まあ有り体な話だけれど、「赤ちゃんはどこから生まれるか?」的な話になったりしました。

ま、それはまあ、みんなわかってる。
…と思ってた。

が、どうもカブキだけがちょっとなんか怪しい。
問い詰めてみると、「おなかでしょ!」と。
そりゃね、おなかが大きくなるから、おなかからでしょうなあ、というのはわかるんだけど、「出口がどこか?」という話ですよ、出口。

すると、「ヘソ!」と。
みんなは大爆笑。
その大爆笑を受けて、カブキは、「アレ?なんか私オカシイコト言った?」という感じ。
「アレ?アレ?」と、ガチで悩むカブキ。

答えによってはまあ、大爆笑、ってこともままあります人生。
けれども、たいがいの場合は、それにつられて自分も笑っちゃうことが多い。
けど、この時のカブキはがちで「え?え?」という反応で、なんかおかしかった。

本気でわからないんだな、と思いました。

ってか、ヘソって…。
…痛い。
男の俺でも想像するに痛いじゃないか。
かといって、マンコも痛そうだけど…。
ちょっとその痛みは俺には未知だけれど。

で、まあ、教えちゃうのは面白くないので、家の人に聞いてきな、と。
明日その答えを教えて、と。
さて、親はなんて言うんだろう、という興味もあり。

そして迎えた翌日、カブキは「なんか、聞けなかった…」と。

ぎゃははははは。
いや、なんかそれは正しい。

「でも、コウノトリの本(?だったか、ビデオ?だったか)を見たらわかったんだけど、もしかしてだけど、シリから?」

ぎゃはははははははははっは。
シリて…。
ま、正解には近づいたけど。


で、いや、ちょっとまてよ、こいつ?あれ?と。
「赤ちゃんて、なんでできるの?」と聞いてみた。

そういえば、思い出したんですね。
カブキとのこんな会話を、アキから聞いてた。

「私もモトミちゃんも、いい年だから、ちゃんと検査した方がイイと思うのよね」
え?なんの?
「ホラ、年頃だから、赤ちゃんできてるかもしれないから(と、さも普通に)」
(絶句)

…おいおいおい、と。

どうも、カブキとしては、「年頃になると赤ちゃんは自然におなかの中にできて、そうなったら結婚しなければならない」ということらしいのだ。

ま、その結婚の話にはそれはそれで面白い、といったら、カブキがちょっとかわいそうだけど、そういう話があるんだけど、それはまた改めて。


ま、話を戻しましてね、「赤ちゃんて、なんでできるの?」ということの答えについて、カブキはかなり長考。

俺には「自然にできる」という説を唱えるでもなく、かなり悩んでいました。
で、その答えが、「ブーケを受け取ったから」。

…ぎゃはははははっははははは。
少子化だ。
そりゃ少子化にもなる…。


ま、もうなんか、こうなるとどこから説明していいのかわからない。

ってかさ、いや、これはマジメな話で言うんだけど、小学校の五年生くらいで、女の子だけ集めて授業とかやってたりしたでしょ。
今はもうないのかな。
あれは生理のこととか、そういう話だと聞いてるけど、その時に、そういうなんかセックスのこととかも教えないんだろうか。

ってか、教えた方がいいんじゃないだろうか。
避妊も一緒に教えた方が。
まあ、小学生だとアレかもしれないけど、中学生とかになったら。
ってか、それはまあだから女子だけである必要はないけど、ってか、どちらも教えるべきだと思うけど。

ってか、いや、ちょっとまて。
ここで考えられる結論は、

①生理のことは教えても、セックスのことについては、教えない?
②教えないとしても、イヤ、普通、友だちとかから知識を得るだろう?
③セックスに対しての興味?というか、そういうのはわかないんだろうか?それが子どもにつながらない、ということなのだろうか?
④もしや、学校の友だちも、先生も、その他も、カブキにだけ、この話題を避けている?「本人が聞きたがるわけじゃないから」という理由で?

てなことですが、まあなんにしても、なんか30才を越えて、実際に結婚してもいいかな、と思う(といっても、セックスが抜きだから、そもそもどういうレベルでそう思ってるのかがわからないけれど)人もいるカブキが、セックスのことを知らない、ということの不自然さが、なんかちょっと笑っちゃうけど、でも、哀しいよ、なんか。




(BGM:ゴキブリコンビナート「カンバッテクレナイカ(ちょっぴりスパイシー)」from「ちょっぴりスパイシー」)
→「足場から落ちた俺たちは人生の落伍者」から始まる労働賛歌。
ってか、山野一さんの「四丁目の夕日」のBGMですね。
あのマンガはとにかく俺のバイブルというか、好きとかそういうのを越えて、人生の指針というか、そういうアレなんですが。
ゴキコン、いや、また次の本公演をとにかく見たい。

明けない夜はないとは言うが


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、久しぶりにイチマルがやらかしまして。
逆切れ。
きっかけはなんてことはなかったんだけれど。

ま、その日は朝からちょっとやらかす雰囲気はありました。
なんで、ちょっと他の人と引き離す感じで作業をしてましたが、それもまたイチマルが気に入ってないのはちょっとわかってはいました。

まあ、それでも作業は続き、ちょっとしたことで爆発。
最近の感じで言えば、ちょっとたしなめれば収まっていたのに、収まらず。
オオゴトに。

いや、なんか、これまでは収まっていたのに、収まらないイチマルを見て、なんか恐くなりましたね、久しぶりに。
でもまあ、恐い、って感情は外に出すとどうにもなりませんから。

なんとかそこは外に出さないようには思ってましたけど、ま、イチマル的にはどうだったかはわからない。


結局、押さえ込んだ状態でも、足でツノを蹴っ飛ばす、モノをぶっ飛ばす、まあもうどうにもならない。
久しぶりの光景。
一年くらいこんなことなかったよな、と思いながら。

大丈夫かと思って立ち上がって、場所を移動するように促すも、そこでも近くにあるモノをひっくり返す。
ま、収まらない。


イチマルには今までもメガネを吹っ飛ばされたり、いろいろありましたが、今回、まあ「やっぱかなわないな」と改めて思って。

押さえ込めない。
押さえ込めないと、押さえ込むという方法ではもうどうにもならない。
つまり、もう押さえ込むのと別の方向でなんとかせねばならないな、と。

ま、もう多少の被害はしょうがない、と。
モノが飛ぼうが、俺や他の人に危害がいこうがしょうがない、と。
その上で、まあ、なんとかする、と。

とはいえ、こんなのは、1年以上なかったことだから、まあ次、あったとしても1年後以降なんだろうから、まあ、しかも急に起こるから、まあ、その時の瞬時の判断、ってコトにはなっちゃうんだけど。


正直、結論としては、まあ久しぶりに「イチマルが恐い」と思いました。
でもま、そのまま止まってると話が始まらないので、そこはアタマで考えて何かをクリアーしていかなきゃならないな、と思います。


こういうの、「なんかあったんじゃないか?」という話にはよくなるんだけど、そりゃ、おそらくイチマルの中にはあったのかもしれない。
けど、彼がそれを言語化できない以上、わからない。

というか、あったとして、それにあまり意味があるとは思えない。

例えば「寒いから」とか、「暑いから」とか、けっこうイチマルはそこで左右されることも多い。
だからまあ、服の調節をさせたり、そういうことはするんだけど、そこを越えちゃったとしても、それ以上のことはなにも対策できるわけでもない。

つまり、「いつものこと」が、トリガーになってしまう場合、もうその状況が飽和なワケだから、まあ「いつものことをしない」という方法をとるしかない。
けど、まあ今回もだから「いつものことをしない」方法をとったんだけど、それもまたトリガーになった。

こうなると、もうロシアンルーレットである。

つまり、その時考えられる「いつものことをする」「しない」とかはその場その場でやるんだけど。
それを越えることってのが、やっぱある。
100%というのは、やっぱないんだな。


イチマルも落ち着いてきたな、と思ったけど、やっぱ、100%ではないんだよな、というのを改めて思ったというか。
なんかね、やっぱこう、「こうしたらいい」「こうしたらできる」って教科書はないのよね。

毎日、まあ悩み続けるんだな、と。





(BGM:VANILLA CREAM(THE FINGERS)「CONFUSION」fromYOUTUBE)
→モップスにしても、フィンガーズの解散後のバニラクリームにしても、早すぎたよね。
早すぎたサイケ。
ってか、まあサイケな時代だったんだろうけど、今再びこれはかっこいいんだよな。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE