FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

昨晩は越谷ありがとう。またどこかで会いましょう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


昨晩は越谷ありがとうございました。
みなさんが一緒に踊ってくれて楽しかったです。

実は当日朝に大事件勃発でタイヘンな騒ぎの中、本番に突入しました。
その件はまた改めて書きますが、翌日の今もまだその大事件はどっかくすぶっております。

結局は、毎日が闘いで、毎日が事件の連続で、知的障害者がほのぼのやってるだけじゃなくて、時に怒りは爆発するし、ケンカは起こるし。
毎日やってればそういうことは必ずあるわけで。

その中で、何がどれだけ伝わっていくのかはわからないけど、でもバンドは市丸たちにとってとても大事なモノなので、今後もまあゆるゆる続けて行こうと思います。

終演後トイレで会った人が、「すごく音楽はノリノリで楽しいんですけど、歌詞を聴くと笑ってらんないですよね…」とか言ってきてくれたのが印象的でした。

ま、そうなんだよね。
市丸たちの毎日はそもそもが闘いで、彼らが普通に青春して生きていくというのは簡単なことじゃなくて、すごく大変なんだ。
でも、それをどうやって表現するか。
「感動」というタイトルを付けるのも違うし、どっかにこもって「講演会」をするのも違う気がする。
「今、なう、生きている」ということをやっぱ笑って踊ってみちゃおうか、みたいな。
簡単じゃないことを難しい言葉で言うのはもうウンザリなんだ。

ま、どこまでやれたかわからないけど、楽しんでくれたら、単純に市丸たちと踊ってくれたらそれでOKかな。

またどこかで会いましょう。


セトリ

1.夢見る少女
2.GOGO猛毒作戦
3.金持ちになりたい
4.トクちゃん
5.さようなら世界夫人よ
6.しょんべん
7.エール(クソださい君へ)
8.グローリー号に乗れ~感動するなら金をくれ


koshi1.jpg

koshi2.jpg

koshi3.jpg

koshi4.jpg

koshi5.jpg

koshi6.jpg

koshi7.jpg

koshi8.jpg

koshi9.jpg

koshi10.jpg

koshi11.jpg

koshi12.jpg

koshi13.jpg

koshi14.jpg

koshi15.jpg

koshi16.jpg

koshi17.jpg

koshi18.jpg

koshi19.jpg

koshi20.jpg






jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:KC & the Sunshine Band「That's the way i like it」from「僕たちの洋楽ヒット 7 [1973-75]」)
→誰でも知ってる(と思うが)曲なんだよね。
あ、こういうタイトルだったの?
こんなバンドがやってたの?ということを今になって知るという。
まあ、どうでしょう、当時はネットとかなかったからね。
すぐに調べられませんから。

今晩は越谷に集合!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




さて、2/2、今晩は越谷でライブ。
県内久しぶりなので張り切っております。


ついにアレ持っていこう!。
ここのところ公判?だとかでまた注目されてますし、ここだな、うん。

ホントは燃やしたいけど、ライブハウス的にはアカンよな、たぶん…。

ま、いろいろ考えておりますよ。
みなさん、ぜひ来た方がイイ。

今のところ、ちょっとこのあとライブの予定が入ってません故、これを逃すと遠いぞ!
時間も通常都内でやるよりちょっと長いので、楽しんでいただけるかと思います。


予約まだ間に合うよ。
ツイッターのDMなら15時くらいまで前売りにしちゃうねもう当日だけど。


というわけで、しかし、スーパー猛毒ちんどんいうても、「普段何やってるの?」みたいなことってあるかと思いますが、こんなコトをやっているということで、今配布中の機関紙からちょっとだけ紹介します。





「もちつき」イノウエ

大もり上がり!!
毎年恒例の新春もちつきですが去年9月にやった、バンブーフェスティバルと同じくらい盛り上りました。
実は、今回のもちつきのもち米は、おれの中学生のときの先生がもち米をくれました。
おれの中学生の時の先生とは、休みの日、夕食を食べに行っています。
卒業して22年たっても今だに、おれの事を、心配してくれて今回もち米をくれました。
毎回もち米買っているので先生には、たすかりました。
先生は、毎年各団体にもち米をむりょうでさしあげているそうです。
もち米はネットにまだあります。
当日は、好例の甘酒も完売して人気でししまいも、マジックも外でなんだか将棋もやってたりしておれは、加納さんのおじさん、甥っ子「小一」の男の子とやったりして。
始めて加納さんの甥っ子に将棋に勝ってしまいました。
「奇跡」か!!
2回やり2回目ではやっぱり負けてしまいました。
もちつきの日はにじ屋着物市、スピードくじ3本立初日の日でした。
いっきに3つも同士にやりすこしふわんでしたが、にじ屋の中では着物市スピードくじ宣伝してたのでなんだかにぎやかでした。
にじ屋全体が盛り上りでした。
おれも着物を着て将棋をしたり店内でもちつきの宣伝をしていました。
9月にやった、バンブーフェスティバルににていました。
鉄丸さんが夜までのこってくれたので、打ち上げもやりました。
いつも、のこってしまうおもちも今回全部完売してうれしかったです。それに、今回にじ屋で仕事する人駐車場せいりする人もちつきの準備する人と別れてそれぞれ別れて仕事ができじぶんたちがすばらしい1日をすごせたと思いました。
自分たちは、それぞれとくいな所で仕事がんばれてすごいな~。
それが、ネットの2019年度の方針だと思います。
「いっしょうけんめい楽をする」!!


「決めてないのにできる地力」あき

今年は、年末年始の日程的に、にじ屋を四日から開けるとなったものの、なんかしようよとなって。にじ屋をやりながら飲み会(イッテンヨン・イッテンゴにじ屋飲み会2DAYS)をやっちゃうことにした。
前日まで休んでるから、準備も当日の朝から。
料理関係は、スナックけいこ(料理好きのケイコさんが引き受けてくれるとこうなる)でやってもらうし、みずえちゃんが一緒に買い物行ってくれるし、会場はミツやすずちゃんが作ってくれるし。
あまり何も決めてないのに、それぞれ動いて飲み会が始まった。
ケイコさんはいつものように楽しそうに料理を準備してくれているし、市丸やミツは昼から座ったきり立ち上がらないし。モトミもだ。
そこにお客さんの麦倉さんが、お鍋におでんを作ってもってきてくれたのはうれしかった。カセットコンロも持参で。車じゃまた飲めないか…と思ったら車じゃないと。大宮から歩いてきてくれたというのだから、楽しい。
これから仕事にいくという、藝大の関係で出会った佐藤さんが寄ってくれたり、同じく保田さんも来てくれて市丸たちと一緒にのめたり、正月早々で来れるのか来れないのか人の動きも予測できない中、うれしかった。そこにアオテツさんや内輪も加わって。
なぜか山村紅葉として本気メイク(byみずえ)で仕上げてもらったカブキも役割をやりきった感もあり、なんかめちゃくちゃで意味わかんない、ホントにただの飲み会だったのに、こうして来てくれる人がいて、それぞれが動いてまたこの挑戦を乗り切れた。


「山村紅葉になったこと」カブキ

年末年始の忘年会と、イッテンヨン・イッテンゴの呑み会の2回、山村紅葉のメイクを
しました。メイクは2回ともみずえちゃんはやってくれました。頭はすずちゃんとけいこさんがやってくれました。
年末の忘年会ではからあげやカレーや紅茶がありました。とてもおいしかったです。私はおっちいさんと友だちになりました。おっちいさんはグラニフの服を着ていました。私も欲しい服があるので今度買いに行きたいです。あと、近藤さんと年賀状の住所と電話番号の交換をしました。あと、あかりちゃんのことも色々話しました。今度、あかりちゃんと「アナと雪の女王2」の映画を見に行けたら良いなと思います。 両方とも食べて飲んでばっかりだったので、次回はビンゴゲームやカルタ取りをぜひしたいです。

みずえ:あかりちゃん、アナ雪すきなの?
カブキ:分からない
みずえ:えー
みずえ:(紅葉の)メイクの出来はどうだったの?
カブキ: 目の中にまる書いたじゃない?
みずえ:アイメイク、囲ったやつ?
カブキ:とても印象的でした。あと髪をまとめたのが印象的でした。赤とかがとても印象的でした。
みずえ:山村紅葉には近づけたの? 
カブキ:うーん、近づけました。うーん、メイクが。次回は、うーん、綾瀬はるかのメイクをやりたいです。
みんなにえー!!と責められる。 (似てる人やったら面白いよ、一回冷静になって考えろ、など。)
カブキ:じゃあ、泉ピン子さんがバスガイド役の、ぴったんこカンカンの中でやっていたバラエティ番組のやりたい。
みずえ:バスガイドの服が着たいの?
カブキ:ううん、メイク。バスガイドさんの服も着たいです。TBSから取り寄せたいと思います。
みずえ:そんなツテあるの?
カブキ:お姉ちゃんがTBSショップでバイトしてたから。


「浅草に行ったこと」すず

篠塚さんにお誘いをもらって、7日に昼から浅草に飲みに!今回は篠塚さん、タカノブさん、みずえさん、ミツさん、私、と言うメンバー。上野経由で田原町、と言うところ電車を降り、しばらくあるくと賑やかな商店街の様な通りへ出た。更に進むと人も増え、いつの間にか浅草演芸ホールのある通りに出た。今日の寄席に出る人がデカく貼り出されていたけど、木久扇師匠の名前が!テレビで出てる人の声が生できけるのかぁ、と思うと通り過ぎただけでなんだかワクワク。
 しばらくすると、赤提灯とビニールシートで覆われたたくさんの飲み屋が並ぶ通りに来た。篠さんが迷わずある一件に入っていったので後に続く。フィルムで覆われていたから分からなかったけど、女将さんとお客さんの声が飛び交う賑やかな店だった。料理もおいしいし、お手頃。店員さんも明るくて、女将さんは特にスコーンと抜けたような話し方をする人で、なんだか聞いていて気持ちが良かったな。篠さん曰く、この通りの中では一番美味しい店、とのこと。こんだけ店が並んでるのに、流石詳しい…。真っ昼間だと言うのにサラリーマンもOLぽい人も多い。いいのか。営業の途中とかじゃないのかな…?
 その後は山谷にある泪橋ホールと言うお店にいって、なんとあの、「月夜釜合戦」を観に行くことに!篠さんが調べてくれたおかげで上映していると言う情報をキャッチできた。ずっと見たいと思っていた映画だったから、とても嬉しかった。徒歩で移動中、お酒と寒さのダブルパンチで強烈な尿意に襲われて、行きしなコンビニとかでトイレ借りたらいいや、と思っていたら、全然無い。その代わりに喫茶店(いわゆるそういう店の案内所になっているらしい)といかがわしい店はいっぱいあった。限界も近く内心結構焦っていたら、篠さんがある建物にスッと入っていった。扉を見ると「ほおずきの会」と言う団体の事務所だった。篠さんがむかし出入りしていた団体らしい。「あら、篠塚さんですよね?お久しぶりです。どうされたんですか?」「トイレ借りに来ました」と言う会話の後、お手洗いを借りることが出来て、ホッと一息。去年酉の市に連れていてもらったときに、飲み屋を出していた団体だ、と思いだした。
 静かで人の気配のない山谷の町を歩きながら「この辺はもっと西成みたいにおっちゃんがいて、路上で変な物打ってたりしたけど、キレイになっちゃったな」と篠さんが話してくれて、西成もいつかこうなって仕舞うのかと思ったら、ぞっとした。山谷に住んでた労働者のおっちゃん達は、いったい何処に追いやられてしまったんだろう。
 そうこうしてるうちに泪橋ホールに到着。店内の壁には昔のヤクザ映画や洋画のポスターが一面に貼ってあって、それに混じって、上映している最近映画のポスターがあちこちに貼ってあった。黒髪を一つに結んだ女性店主さんがガラガラと天井に仕舞っていたスクリーンを引っ張り、いよいよ上映。大阪でみた西成の景色と、いったときには閉まっていたセンターの中、警官と衝突するおっちゃん達を見ていたら、なんだかもうやりきれない気持ちになって泣いてしまった。力も金もある人達が、これ以上西成の人からなにを取ろうって言うんだろう、何でそんなことが出来るんだ、とむかつきで更に涙がにじんだ。こんなに強い怒りとやりきれなさで泣くなんて思わなかった。
 私は西成には居ないけど、西成で見た事、感じた気持ちは絶対に忘れないし、薄れさせたくないんだ、と言うことが分かった。はなままさんに連れて行ってもらったとき、閉められたセンター前であったおっちゃんの顔も、もらったスポドリの重さも、私にとっては代えがたい物なんだな、と気がつけたことは、とても嬉しい。誘ってくれた篠塚さんに感謝。


虹の会では月に1回機関紙を出しています。
にじ屋でも配布しているし、遠方の方には郵送しますのでご連絡ください。
会員になってもらうと、毎月送ります。

ウチの動きがわかるようなわかんないような感じになってるので、ぜひ手にとって欲しいと思ってるわけですが。
今月号は80P、写真やらなんやらつまってます。
あなたも手に取ってみてちょ!









koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:チッツ「おしっこ環状線」from「吐きだめオムニバス 2009」)
→くだらないと思いきや、いやいや、すげえちゃんとした音楽になっておりまして。
だからこそ、なんか「空からおしっこしてやりたい」が響く。
けっこう名曲じゃなかろうか。

日曜2日は応援しくよろ!越谷に結集だ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




ま、今度の日曜の晩ですね。
どうなりますか、やってみないとわかりませんが、楽しいステージをやるよ、とにかく。

結局、肩に力を入れたところで、市丸たちがどう動くかも和からないンだからどうにもならない。
ま、とりあえずアクムが無意味に非常ベルを押さないことだけを祈っている。

越谷のみなさんには是非来て欲しいと思ってるわけですが、それ以外でも、県東?(埼玉県東部でよろしいんだよね)というのかな、そのアタリの人は大集合していただかないわけにはいかない。
なにせ、ライブハウスのHPを見たら、キャパ300と書いてあるじゃないか。


あまり存じ上げてなくて失礼極まりないことですが、共演者の「今西太一とミスターマックス」って方々。
さっき動画とかを見ましたけど、こりゃすごいな。
素では負けるな、当然だけど。
けどまあ、素ではいかないから。
なんとかこう、食らいつけるようなステージを展開するぞ!
「おー!」←幻聴。

と思って、今度は東京ペッパーズというみなさんを検索しましたら、これがおいおい、かっこよすぎるじゃないか。
アイリッシュ全開。
こんなカッコイイバンドがあったことを知らなかった俺は後悔しているよ。
アイリッシュ、そもそも大好きなんだよな。
それをやろうとして、「グローリー号に乗れ」って曲はアイリッシュにしたんだった。

そして、OAのヘルメッツさん。
捜してみたら写真が出てきた。
いや、怪しい。
写真がもうカッコイイじゃないか。


…いや、ま、ま、まずいぞこれは。
太刀打ちできるだろうか…。
ま、なにも太刀打ちしなくてもいいんだけど。

ってか、見たいじゃねえか!。
どれも見たいじゃねえか!
出てる場合じゃないんじゃないかこれ!。


出演じゃなかったら見に行くね、これは確実に。


いや、どうしよう。

というのも、実は、我々の場合、メイクや衣装で5時間くらいかかるんですよ。
というのも、一人一人自分でやれないですからね。
俺が一人一人書く、みたいなことなんで、時間がかかる。

でも、どうも楽屋が狭いとのことで、現地ではできない。
コッチでやっていく予定でいます。
で、メイクしたまま車に乗って移動、と。

そうなると、リハもすっ飛ばさざるを得ないところがありまして。
バックのメンバーにリハを託す形になります。
これはまあだいたいどこのライブハウスも楽屋が狭いのでそうなるんですが。
というか、メンバーが多すぎて楽屋が狭いんです。
ライブハウス側の問題ではありません。

なにせ、スタッフ入れて30人近い人数いますから。
「数で勝負」という。

でも、最初から見たいじゃないか。
う~ん、どうしよう。

それと同時に、結局衣装もメイクもある意味「ひどい」ですからね。
あまりそういうメンバーがごちゃッとフロアにいるのは演者のみなさんもやりにくかろうと思うんです。

しかし見たいじゃないか…。


これね、お客さん。
来るしかないですよ。
俺が見たい!けど、見れるかどうかちょっと未知数な今、みなさんの心に彼らの演奏を焼き付けていただいて、そしてウチも見ていただく、と。
そういう流れでお願いしたいところですよ、ホント。


みなさんね。
こんな素晴らしいメンツが埼玉の東部?に結集するわけですから、来るしかない。
「どうしようかなあ」と思ってる人がいたらですね。
来た方がイイです。

そして、最初からきちんと見ていただいて、ライブハウスの面白さも堪能していただきたい。


ちなみに、ウチはこのあと7月かな?に予定が入っていますが、そこまでどこからもオファーが来ておりませんので、ここで見ないと中毒が出ますよ。
なにせ猛毒ですから。
ヤクギレといった状況になる可能性があります。

ので、万難を排して、今度の日曜は必ず越谷に来て下さい。
俺かメンバーのツイッターDMにメッセージくれたら予約OKです。
前売り料金になります。
もしくはにじ屋にTEL、もしくは店員に直接で予約できます。


越谷イージーゴーイングスHP https://www.easygoings.net/index.html







koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:3D「2x3=六輔」from「毒王」)
→日本が誇るバンド、猛毒の「2x3=六輔」のリミックス。
というか、このアルバムは猛毒のリミックスアルバムということで、まあ必携盤ではあります。
名曲、曲っていうか…。
こういうのが本気でロック界に流通しなきゃダメだよな、やっぱ。

20200202は越谷に来て欲しい!の巻


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


まあ、いろいろ考えたんですけど。
いや、越谷の公演に向けてどうするか?という。

ま、曲をやりましょう。
そこはまあ仕方ない、バンドですし、行ってみたら漫才だった、というのもみなさん納得いきますまい。
一応、バンドやるということでお金を取ってるわけなので、そこをまったく外すのは人としてよろしくない。
といって、まあ、書いてて思ったけど、曲をやらない、という選択もなくはないのか…。
人として某かを捨てるのなら、ありだな…。

でもまあ、曲はやります。
そこまで突き抜けてませんわ。
というか、まあスーパー猛毒ちんどんは市丸たちのバンドだから、彼らの表現の中にそういうアレもあるワケなので、いつか、まあそういう機会があったら考えよう。

で、冒頭に戻りますけど、いろいろ考えたわけです。

まず思うに、新曲はない。
今のところ、ピンと来る構想がないので、新曲は作ってない。
というか、才能が枯渇しているという噂もある。
とはいえ、レパートリーも多いので、その辺は大丈夫だ。
ちゃんとみなさんが聞きたい何かはやるハズである。
時間もちょっと長いので、そこはお楽しみに!という感じである。

なにせ、音源は作ってないので、まあベースはあるのでいろいろいじって作ろうかとも思っているけど、まだ実現には至ってない。
至りたいが、こればかりはスケジュールの問題もある。
んなわけなので、もうライブに来てもらうしかないのである。
あとはまあ、見に来てくれて撮ってくれた人がYOUTUBEとかに上げてくれているので、見てみてもらうしかない。
音的に自分が納得出来るかというとそれはもちろんできないのだが、まあそれも一興だろう。
バンドは知らない人が拡散し、勝手に解釈されてしまうモノだし、だからといって、それがコンポーザーの俺の意に沿わなくてもまあ、それはしょうがない。
俺だってこれまで出してきた音に納得してるわけじゃない。
ま、全てが経過であるんだから、それは当たり前なんだけど。

とにかくまあ、直接感じてもらうには、直接、俺たちの音の表現をあなたなりに理解してもらうためには、今のところライブに来てもらうしかない。
というわけで、是非来て欲しいんだけど。


というわけで、越谷。
なにせ、久しぶりの県内。
しかも、もしかしたら越谷言われても知らん、という人もいるかもしれない。
いや、俺もよく知らない。

一度だけ越谷という駅には行ったことがある。
ガード下の中華屋さんでラーメンなどを食った記憶がある。

そもそも電車に詳しくないので調べてみたら、会場は越谷駅のそば。
越谷駅は東武伊勢佐木線の駅である。
JRで行くとすると、武蔵野線の新越谷という駅で乗り換えて一駅。
武蔵野線には京浜東北線の南浦和で乗り換える。
こう考えると、なかなか困難な道のりな気がするが、それを越えてきて欲しいものである。
車だと、外環(C3)から4号線に入ってちょっと行った感じだ。
もしかしたら車の方が便がいいかもしれない。
実際、俺も越谷に行ったときは車だったわ。

ただ、ここのライブハウスは行ったことがあるけれど、いいハコだと思うんですよ。
音も悪くなかったし、越谷の地でロックをやりたい、という感じに溢れている感じがして俺は好感を持ったんだよね。
なもんで、まあお話を受けたわけだけれど。

都内でやるのはある意味簡単、…ではないと思うけど、そういうのをちょっと郊外の駅でやるというのは、それなりの矜恃がいる、と思う。
そういう意味で、こういうハコは大いに応援したいと思うし、頼りにしたいと思う。
こういう場所をツブしちゃいけない。
文化を、ロックを一極集中にしちゃいかんのだよ。
音楽は人の生活の中にあるべきなんだから。

だから、特に近隣の方には来て欲しいんだよね。
で、このライブハウスのことももっと近くに感じて欲しいし、おそらくそういう、近隣の音楽を愛する人にもっと集まって欲しい場所になるべきだと思うんだわ。

イン・サイタマ。
なにせ、サイタマでやってますから、そこは大事にしたい。
浦和レッズとかってサッカーチームがありますけど、ああいう感じで、スーパー浦和ちんどん、みたいなことで応援してくれるとありがたいが、浦和レッズのヘイト応援の問題もあったので、容認できることとできないことはあるが。

そんな感じで、とりあえず越谷で!やる!。


で、まあ冒頭に戻りましていろいろ考えたんですけど、やっぱ「ダサいことを、くだらないことを一生懸命やる」というね。
そういう精神をしっかりと公演の中で表現していきたい。

ともすると、アマチュアは、すぐに照れる。
すぐに素を出すことでウケようとしたりするじゃん。
プロレスのマイクとかでも聞いてられないのが時々あるけど、それってだいたいこの類い。
どんなにくだらなくても、ダメなストーリーでも最後までやりきってもらわないと見てられない。

んなわけで、まあ新曲?ではないけど、ちょっとした「いつもと違うこと」をやろうと思ってますので、みなさん期待して見に来てください。


前売り予約はバンドメンバーのツイッターのDMや、ここのコメントでもOKです。
イージーゴーイングスHP
https://www.easygoings.net/index.html









2020もち

koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:西城秀樹「ホップステップジャンプ」from「続 青春歌年鑑 1979 Plus」)
→ま、YMCAの二番煎じも出しておく、というのが当時の歌謡界らしくて潔い。
正直、子どもの俺でも「これは狙いすぎだろ」と思いました。

四谷アウトブレイク、ロックが愛したハコ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


というわけで、四谷ありがとう。
佐藤店長ありがとう!
本当に、佐藤店長といいぞう師匠には感謝しかありません。
その二人がいなかったら、今の感じでやれてないとも思うので、そういう意味で、ほんと恩人です。
その生誕祭に登場することができて、本当にありがたいと思っています。

さて、セトリ。

1.たけす
2.GOGO猛毒作戦
3.がんばろう
4.豊満音頭
5.竹田の子守唄(アコースティックちんどんVer)
6.生きていればよしとする

というわけで、実はノドをやられてまして、声を出すと痛い、という状況でありましたが、なんだか酒のチカラで乗り切った、というロクデナしは俺。
ちょっとこのまま二三日休む予定。
インフルとかじゃないんで安心して欲しいんですが、時々あるんですよ。
扁桃腺だか、首のリンパだか腫れちゃうんだよな小学生の時から。

でもまあ、なんとか乗り切れましたかね。
どうでしたでしょうか。

今回は、ちょっと「気楽にいこう」というのがありました。
というのも、まあ、前月にワンマンがありまして、けっこう練習はしていたし、楽曲の構成とかも整えていたので、大丈夫でしょう、というのもありました。

それに、やっぱあまりコンを詰めるというのもどうでしょう。
決まり切った演奏をするよりも、オレらとしては日々変わっていく音楽を提供した方がオレららしいのではないか、という気もしたりしなかったり。

てなことで、今回は一ヶ月のインターバルで、なんと練習一回で臨んだんだけど、その練習がなかなかに出来が良くてデスね。
俺としてはホッとしたわけですけど。

その練習の時、まあハヤテは柵に入ってるんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4976.html)。
面白かったのは、「豊満音頭」の最後にテトリスの例のロシア民謡みたいのをくっつけてるんだけど。
練習の時に、まあバックがいなかったので、あの曲が俺は弾けない。
んで、手拍子でみんなで「タ~タララ~ララ」ってやって動きの練習したの。
まあ、その後もいろいろあって練習が終了。
で、全部終わってから、ハヤテが耳栓を俺に返しに来て、「ねえ、あの曲テトリス?」と聞いてきた。

ぎゃははははははははは。
聞いてるじゃん。
ものすごく注意深く聞いてるじゃん。
…というね。

ま、俺としては「よしきた!」みたいな感じになったんですよ。
やっぱ、どっからハヤテにアプローチできるかわからなかったから。
でもそこで悟られてもいけないので、「そう」と簡単に返しておきました。

ゲーム音楽ね。
ちょっと今後考えていこうかな。

そういえば、メイクを終えてこっちから向かう道中、リハで先乗りしていたチャビに、いろいろ電話とかメールで状況を聞きながら向かっていまして。
というのも、まあ入りをどうしようかとかありまして。
同時に、舞台装置を置けるかどうかみたいなこともあって。
で、会場の様子を聞いたんだけど。
「もうどのバンドもすごい盛り上げてるから、相当飛ばさないと負ける!」と返信が来ましたけど、いやいやいやいやいや、そうじゃなくて、俺は会場で物販がどこにあって、どのスペースが空いているかとかのハード面を聞きたかったんじゃ!

そりゃ、四谷アウトブレイク、本気でいかなきゃやられる。
だって、あそこはロックが愛したハコだ。


次は来年2/2にオファーが来ておりまして、そこが次になる予定です。
埼玉越谷で開催ということで、ぜひとも埼玉のみなさんお集まりください。

outb01.jpg

outb02.jpg

outb03.jpg

outb04.jpg

outb05.jpg

outb06.jpg




01_20191209110145666.jpg

(BGM:Paradise Lost「体温」from「火曜サスペンス劇場 [主題歌集DX] 2」)
→火サスの曲を集めたようですね。
しかし、このタイトルがいいよな。
「体温」
…もうなんか医療だし。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE