FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「有名になろう」という情熱はない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





というか、まあ「人気が出たい」というのはわからないけど、好きな音楽で飯を食いたい、というのはよくわかる。
たいがいのバンドマンは、音楽よりも好きではない仕事をやって音楽を続けていたりもする。
これはまあある意味才能を潰してもいると思う。
才能がある人はその才能を音楽だけに費やせたらなんと豊かな音を奏でてくれるか、とか思いますけど。

でもまあ、人気商売ではあるんだよね、音楽は。
だからどうしても「音楽で飯を食いたい」と「人気者になりたい」がイコールになりやすい。

オレなんかの場合は、やっぱ人気者にはなりたくない、というか注目されたくないけれど、まあ好きなことやって飯が食えたらいいなあ、とは思う。
まあ、好きなことってなんだ?っていわれると答えに窮するけれど。
ま、けっこう今の状態がいいのかもしれないので幸せなんだと思う。

人気者っていいますけど、バンドもあんまり注目されると、いろいろ面倒なこともありそうだ。
字が読めない市丸たちに有名税を払わせるのはちょっと酷だ。


それに、まあ特にウチなんかは障害者の云々ということでやってるから、いろいろ攻撃とかもされそう。
そう考えると、もうなにも言わない方がいいんだろうな、とか思ったりもする。
市丸たちの毎日をどうやって表現しようか、ってオレは考えてるんだけど、そういうことをしない方がまあ、「叩かれる」ことはないんだろうな。

何か事故があったら、とか考えると、まあ気が気じゃないですね。
どんなにこっちが体制を整えようが、やっぱ想定外は起こりますから。
今も(書いているのは7月初旬)、まあ多少緊迫したメールが流れてきたところです。

でもまあ、その想定外をなるべく潰す方向にはいます当然。
けれどもそうなると、結局ベットに縛り付けておけばいいじゃない、ということになってしまうので、俺らの毎日とは真逆。
なかなかそこが難しいところであります。

まあ、他の作業所とかの会報なんかが送られてきますけど、写真が全部後頭部、とかね。
「誕生会をやって楽しかったです」とか書いてあるけど、もうぜんぜん楽しそうかどうかわからない、という。
むしろ、もうなんか暗い、という。
時に写真が百万語を超えることってありますからね。
そういう写真がたくさんあるので、ウチではそういうのを伝えていこう、ということでやってますけど。
楽しそうかどうかは、もう見た人が判断してくれ、っていうか。

できるだけ、市丸たちの毎日はお伝えしたい。
もちろん、全部を書いているわけじゃないし、そもそも全部書けないし。
一部でも伝わったらいいかな、といつも思ってるんだけど。

一般の人の「知的障害者像」っていうと、やっぱジャージを履いてお散歩してるイメージかと思うんだけど、そうじゃないですよ、というのをお伝えしたい。
そういう意味では、市丸たちも表現者でなきゃいけないな、と思うんです。
自分が世の中から、知的障害者と言うだけで狭いところに押し込められている、という現実を変えなきゃいけないわけですから。

ま、そういうことはあります。
だから、オレも表現していかなきゃいけないと思うし、こういうのを書いてるわけですけど。


ま、おかげさまで、昨年のワンマンライブも人が入っていただいて、見に来てくれる人がこんなにいるんだ、みたいな。
どっちかというと、この手の障害者云々というと、知り合いで席が埋められちゃうというか、親で埋まっちゃうと言うか、そういうのが多い中、ウチの場合はそういう人たちはいない状態で満員、というありがたい感じになっておりまして。
演者ではないが、スタッフというか、車椅子を舞台に上げる人、とかはいますけどね。
ま、オレはその人たちも演者だとは思ってますが。
なんにしてもありがたいことです。

でもまあ、正直言えば、これ以上にはなりたくない気もしていて。
インディープロレス団体の社長が、やっぱどんどん規模が大きくなるに従って、賛意だけじゃなくなる、というようなことをインタビューで答えていたけれど。
大多数を相手にするってのは生半可なことではやれない、というか。

そもそもバンドで食ってるわけじゃないから、そこまで一生懸命になれるかな、という不安もある。
ま、そんなに人気出ねえよ、心配すんなよ、って話ですけどね。

わかってくれる人だけ来てくれればいいし、気に入らないなら来るなよ、という理屈が通る範囲でやれるのが一番だよな、とか思ったり。

楽しくやれなくなったら、それ以上の「情熱」でカバーしなきゃならない。
それをも乗り越える、くらいの。


まあ、そういう情熱にあふれるバンドマンには、ぜひとももっと上に行っていただきたい。
そこに勝負をかけるには、ちょっとなんか申し訳ないような気持ちなオレです。

でもまあ、早くライブはやりたいですね。
なにしろ「密バンド」ですから。
一刻も早く治療薬を完成させてくれ!









retoroi.jpg

(BGM:Orquesta De La Luz「El Agua De Belen」from「La Historia De La Luz」)
→日本ではサルサの伝道者というか、そういう感じなワケだけれど。
見事になんでしょう、サルサの基本をぶち込まれる一作。
スポンサーサイト



ライブできる日が来たら、お会いしましょうね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ライブができないということで。
いくつかお呼びいただいていたライブも中止や延期になりましたし。
ちょっと予定も入れられない感じになってます。

ウチの場合、まあまず人数が多い。

ライブに来てもらった人にはわかるかと思うんですが、そもそも舞台に上がりきれないんですね。
だから、そもそも市丸たちフロントマンの半分くらいは客席にいる状態で始まらざるを得ない。
この状況ではちょっと、いくらライブハウスさん側がいろいろな努力をしていることを全部ぶち壊してしまうな、と思っておりまして。

しかもまあ、市丸とかに「動きを制限してくれない?」というのはちょっと成り立たない。
というか、まあ成り立つ可能性はなくもないが、それだとなんかあんまりウチの良さが出ないよな、とか思ったり。

そもそもコンセプトが、きちんと並んで歌を歌う、みたいな感じではなく、「市丸たちが自由にやる」ってことなんで、それができないとなると、ちょっとライブ自体やる意味があまり感じられないというのもあります。

というか、それありきのバンドなんだよな…。

まあ、ちゃんと歌詞を聴かせたい、とか言うならオレが歌えばいいわけで、それをこういう形でやる、というのがウチのライブの醍醐味というか、そういうところなんで。
ま、「祭」ですよね要は。
知的障害と言われるフロントマンと祭やってみようぜ!という。

そうなります故、なかなかこう、お店側に迷惑をかける、というか、せっかく人数制限とかしているのに、そういう努力を無にしちゃう気がして、ちょっと当分できないかな、と思ったりしています。

もう一つやれない理由もありまして。
自称リーダー井上なんかは心臓の病気がありますし、フロントでマイクを握るヨウコも呼吸器系の病気があったり、チャビも血管の云々があったり、とか、「コロナに罹患したらあかん人たち」がメンバーに多い、ということがあります。

不特定多数の人に聞いてもらう、というライブの性格上、また「無症状の人もいる」というコロナの性格上、これはちょっとやばい。
同時に、まあメンバーではないけど、普段一緒に活動をしている人たちの中には呼吸器を付けて生活している人もいます。

メンバーは無症状で大丈夫、だったとして、でも戻ってきてうつしてしまう可能性が高い。
しかもうつってしまうだけでなく、感染したら確実に命があぶない人たちがいる、という。

そんなことで、まあライブはちょっとこの波が去らないとダメなかなあ、と思っています。
DMとかで、ライブ楽しみにしていますと言ってくれる人もいるんだけど、確かにそりゃやれるものならやりたいですけど、という感じで今おります。

新しい生活様式なんて言うけど、ウチのライブをどうそこに当てはめればいいのか、ちょっとまあ見通せない、という感じですね。
配信、とかもあるわけですが、まあウチの場合ちょっと配信は違うかな、という思いもあってまだ踏ん切っておりません。


緊急事態宣言の最中、みんなに「コロナが終わったらやりたいことって何?」というのを書かせたことがあります。
まあ、飲みに行きたい、とか、プロレス行きたい、というようなことを書いていて、その中で一人井上が、「ライブやりたい」と書いてました。
さすが自称リーダーだけのことはある。

というか、市丸とかはライブのこと忘れてるんじゃないか?という気さえしてきます昨今。
でもまあ、いつか必ず復活しようと思いますので、その際には集まっていただけたらうれしいです。


まあ、我々のような障害者の云々は、けっこう壊滅的な感じになってる雰囲気もありまして。
前にちょっと書いたところは(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5217.html)閉店してしまいましたし。

そもそも、こういう「不測の事態」に対応することってのが、市丸たちにはちょっと苦手なことがあります。
毎日、だいたいの同じ感じが続くことが重要で、予測がつかないことが起こると立ち往生してしまう、みたいな。
だからこそ、まあ「変化をどう作っていくか」ということを逆に我々は考えてきたんですけど。
そのおかげか、「変化がある」ということが日常でもあって、この変化しなければならない状態、にちょっとは対応できたかな、という気もしています。

他の話を聞くと、そもそもが毎日来ない人、ってのもけっこういるそうで。
親御さんのところから通っていたりしたらそういうことにもなるのかな。
そういうタイプになると、もう「来ない」という感じになってしまう、と。
そうなると、「もう来てもいいんだよ」となっても、「来ない」が今度は勝ってしまう、みたいな感じ。

ウチの場合、まあそもそも毎日みんな来ますし、休みの日でも朝は来ちゃう、みたいな。
さすがにこの間は「休みの日は朝来ないように」とわざわざ言ったところだったんですが。
まあ、「帰属感」みたいなことなんでしょうが、そういうのがそもそもあったのはすごくよかったな、と思います。


なんで、大きくは井上や市丸たち、みんなの状況は変わっていません。
にじ屋もいろいろ工夫しながら開店しています。
今は仕事後に、行くヤツが誘い合って近所の店には飲みに行ったりもしています。
そのうち、野球を見に行ったり、プロレスに行ったりもできるでしょう、きっと。
今は東京の感染が減らないので、ちょっと東京に出るのはみんなでまだ自粛しています。

まあ、そんな感じでだんだん日常を取り戻している、というか、日常はコロナの間もある意味では「日常」だったわけですが、いろいろな遊びにも手を出している感じです。

なんで、みんなはコロナの中にあっても元気ですが、やっぱライブはその先かな、と思っていて、でも必ずその日が来るとも思っていますので、またどこかで会いましょう。


いや、というとすごく楽観的に見えるかもしれませんが、とにかく今は感染しないよう、させないよう、まだ緊張していて、まだまだ気は抜けない感じではあるんです。
マスク云々だけじゃなく、感染者数とかも共有して、行動範囲やいろいろについて把握したりもしてたり。
でも、その中でも、市丸たちは限られた中でも自由に泳いでいると思うし、まあ、もうちょっと、がんばらなきゃならないですね。
つらいけど。

埼玉でもついにクラスター発生?みたいなニュースを受けて(これを書いているのは6月28日)、再度また緊張しているところであります。





書店員

車募集

(BGM:佐渡山豊「沖縄は混血児」from「サバニ」)
→ライブって言うことなのか、「億万長者のお偉い方よ」ってのが天皇に変わってたりして、まあこういうのがライブのいいところだなあ、と思う。

また必ず会いましょう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



4月のライブが中止になりました。
まあ、主催者のみなさんとしては苦渋の選択だったかと思いますが、俺はこの判断を支持します。
閉鎖空間で、密集、歌う、というのがセットになってるイベントなんで、なにか一つでもその条件が外れれば判断も変わってきたかもしれませんが、今回はそもそも「そういうイベント」である以上、辛いけれども中止、は仕方ないと思います。

もちろん、やって何もなかったかもしれないけど、イベント自体はまたコロナが落ち着いたらやったらイイと思うし、その灯が消える、ということではないと思うし。
その時はまたはせ参じさせてもらいたいと思います。


今の状況は、まあとんでもないと思ってて。
五輪延期が決まったとたんに首都封鎖の話が出るという、ウイルスが五輪のことを気にしてくれているとは思えないので、なんだかんだウイルスの都合ではなく、政治の都合ですね。
そういう施策を打ってくる連中、しかもイベント中止に今の時点で補填もしない、あまつさえ和牛だ、お魚だ、とバカなことを言っている連中には、本当に腹が立ちます。

なんでしょう、結局五輪優先で、ウイルス退治は後回し、つまりは国民を危機にさらしたのは政治なんですよね。
といって、延期が決まってなんかするかと思ったら、「自粛してください」「金は出しません」って、なんのための政府なのか。
というか、なんのために我々は税金を払ってるのか。

というか、海外の報道を見ると、そもそも日本だけが予定通りの開催にこだわっていたような感じだったらしく、どれだけ国民を危機にさらしたかったんだお前は、という。
日本では安倍首相が延期を提案してることになってるらしいけど、IOCの会長は真逆なことを言ってる。
ま、国内の動きでも、ある日を境に延期論に傾いてて、その二三日前にはJCOの委員が延期を言っただけで森会長や山下さん激怒してたことを考えると、どう考えてもIOCの言ってることがアタリなんだろう。

コロナと闘う前に、この政府と闘わなければならないという状況。
これはホント、どうしようもない。

まあ、この辺は原発事故の時も同じでしたけど、どうやって被害を少なく見せるか、ばかりを考えていて、被害そのものをどうにかしようとはまったく思ってない。
もちろん、放射能はもうどうしようもない、という意見はわかるが、ウイルスにどうやって打ち勝つか、というのは可能性がある。
各国が、そのために必死になってるのに、日本では被害を少なく見せるために検査もしない、という状況だったわけでしょ。
延期が決まって、検査数が増えているというのも、これまったく棄民政策じゃないか。
検査数を少なくした矜恃があるのなら、延期が決まってなぜ増える?
というか、その矜恃をしっかり説明しろ。
医療崩壊を防ぐとかバカなことを言ってるが、検査だけで崩壊するならもうそもそもダメだ日本の医療は。


というわけで、まあコロナには闘いたいが、その前にこんなに闘うモノがあると、じゃあステージとしては何をしたらイイか?ということになるわけで。
まあ、ウチのステージは「ただ歌います」ってのはやっぱ違うから。
そこに何か入れなきゃやっぱ成り立たない。
そもそも歌も上手いわけじゃない。
正直、お客さんが撮ったライブ映像とかユーチューブとかに上がってたりするけど、自分は聞いてらんないもん。
まあ、見てはいられるけど。
もうだから、衣装だの舞台装置やネタなんかでお客さんに魔法かけるしかないと思ってて。
まあ、毎回そういう「なにか」、例えば舞台装置もそうですし、曲間になにをやるか、入りはなににするか、衣装をどうするか、メイクをなににするか、みたいなことをすごく考えます。
曲はもちろん、というかむしろそこがまあ俺はライブのキモだと思っていて。
ただ曲をやるんじゃ、プロにかなうわけないんだから。
そこで、今回はすごく悩んでました。

前回の越谷ではわかりにくかったかとは思いますが、なんやかんやこの業界?の権威ポスターをへっぽこバッティングしたりしましたけど、さて、じゃあ今回はなにすればいいか。
う~ん、とすごく考えていました。
ま、そのポスターを越谷の団体の方からもらったので、ちょうど越谷だし、というアレだったんですけど。

いやねえ、やっぱ、この、五輪延期が決まる前の「コロナ放置」は、例えば呼吸器付けてる障害者を抹殺するのと同じことなんですよ。
介助者が来なきゃ死ぬが、その介助者の検査もしてくれない、いや、熱があってもしてくれないって流れになってるでしょ。
そもそも無症状でもかかってるという恐ろしい側面があるわけなのに。

それに対して、まあどうなにか一矢報いるか、しかもエンターテイメントにしなきゃいけない。
この前のようにへっぽこバッティングなのか、いや、同じことやってもなあ…、アルコールでも撒くか、マスク大賞でもやるか、防護服ならぬ防護ステージで障子持ってきてステージの前に立てて1カ所づつ抜いてくか、最終的には防護にならんけどとか、ビニールかぶって出て行って酸欠になるか、トイレットペーパーまいて出るかでもそれは汗で破れて最終的に全員出ちゃうけどまあそれもいいか、とか、いろいろ悩んでいて、でも答えが出ないままだった中、中止の連絡が来た、という。

悩んでたよ、すごく。
だって、やりようがないんだもん。
コロナ相手なのか、その前のクソキャラ相手なのか、いろいろまあ見てる人はその受け取り方が入り乱れちゃうだろうし、実際苦しんでいる人がいる中で、茶化す方向の気持ちも持てない。
となると、もうどうやってエンタメにしたらいいんだ、と。
その上、よくよく考えてみたら、その時点でうつっちゃってるという最悪の事態も考えられたわけで。


万全の状況でやれなかったことについてはとても悔しいです。
でもま、ぜひまた再スタートする時には声をかけていただけたら、と思っています。
期待にかなうような、最高のステージをやることを約束します。






(BGM:KARA「私は…(ing)」from「KARA BEST 2007-2010」)
→ま、韓国のアイドルの闇、みたいなことってずいぶんニュースになってるし、実際に自殺してる人も多かったりして。
ということではあるんですが、俺はなんか韓国語ってのがけっこう耳触りがよくて。
テレビでやってる韓国ドラマとかが字幕だったりするんだけど、あれ、好きなんだよな。
ワケわかんないけど、なんか心地いい、という。
一切わかりませんけど。

今気づいた


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




先日のライブで思ったコトがあって。

俺は前々から、ウチのバンドのことを「ドインディーの米米CLUB」と言っていたんですけど。
そういう流れで、とにかく「歌でもない」「楽器でもない」というパートを入れても来ました。
あまり狭いところだとできないんだけど、正式には「旗」とか、「書道」といったパートがあります。

そういうバンドが好きなんだ、俺は。

それに、そもそも歌詞覚えてないんですよ。
今回リハに出て、で、出番まで時間があったんで、ちょっと飲みにいったんです。
そこにまあ、予定外だったんだけど、朝大事件を起こした市丸も連れて行っていて。
というのも、みんなの中に入れとくと、まあまたなんかやらかすだろうなあ、という予測がありまして。

それが幸いしてか、まあライブ自体まで問題なく、ライブもなんなくやれたんでよかったんだけど。

で、飲んでる最中に、「ちょっと歌ってみろ」といったところ、まったく歌詞を覚えていない。
「今日やる曲の一曲も、2行目から歌詞覚えてないやんけ!」と。

大爆笑したわけですが。
いや、まあ笑うところなのかどうかは論議が分かれるかと思いますが、まあ笑う方ですね。

ミツなんかも言うんだけど、「音楽の授業が大嫌いだった」って。
養護学校で音楽の授業が大嫌い、ってもうなんか意味がわからなくて。
ま、養護学校だけじゃないですけどね。
音を楽しむことを教えるはずの授業が嫌い、って言われると、もうどうしようもないです。

でも、ちんどんの練習は楽しいそうで、そりゃそうかな。
まあものすごい授業感でやってますね、俺は。
学生時代に教育実習やっててすごく役に立ってると思うんだけど。
それでもまあ、楽しいそうで、それはよかったんですけど。

歌詞を覚えるのが得意なヤツもいます。
イノウエはソロを歌いきりますから、覚えているし、ヨウコも、オグも、カブキも、ノブもコバも、歌詞は入ってる。
けどまあ、覚えられないヤツもいるわけ。

というか、ウチの場合は、いま「柵」ってパートがあって、舞台にすら上がれないヤツもいるわけだけれど。
耳栓して「彼を守る柵」に入っています。

だから、まあどうでもいいんですよね。
音楽の完成度先にありきだったら、そもそも俺が歌えばいいんで。
でも、俺は歌わないし、基本、ネタ以外は喋らないようにしてるんだけど。
ネタはネタで大事なんで。
そこは俺担当、みたいな。


ま、そんなわけで、そういう「歌わないけど踊ってる」みたいなメンバーがいる米米は憧れでもあって。
といっても、そんなにファンとかじゃないんで、ライブとか見たことないですけどね。
でもまあ、「ダンサー」とかじゃなくて、なんかとりあえず「いる」みたいなメンバーですね。

つまりは、まあジェームス小野田さんですよ。
あのバンドは彼なくしては成り立たない。
音楽の完成度で言えば、カールスモーキーさんだけいればいいんだろうけど、そうじゃない。
それではなんのエンタメにもならない。
と、俺は思っていて。

で、まあ書道とか、旗とか、柵とか、かなり前には正座ってパートもありましたけど、そういうのを基本的にはすごく考えてきていました。


しかし、今回のライブで思いましたわ。
「もしかして、俺がジェームス小野田?と」。

いや、一応、俺には指揮という大事な役割がありますし、事前には衣装やメイク、振り付けや動きやなんらかの小芝居、みたいなことも作っています。

けど、ステージに上がったら、俺なんにもしてないじゃん。
まあ指揮はしてるけど、それだけじゃん。
「ここで終わり、ここでソロ」とかって合図してるだけ。
歌ってないし、なんとなく時々振り付けして、ビール飲んで客を煽ってるだけじゃん。
ということに気づきました。

だからまあ、つまりは俺はステージの作り手としては重要な役割をしてきてると思っていますが、ステージ上でもそれなりに意味あるじゃん、というか重要じゃん、と。
なにせ、ジェームス小野田さんなんだから。


というような話を終演後にアオテツとしていたら、「今気づいたの?」と言われました。






バレンタインSNS用画像

(BGM:THE BOOGIE JACK「終列車」from「名古屋大合唱」)
→よくできてますわ。
いい曲。
間奏とかも飽きない。
途中リズムオフにしたりして、飽きない。
お手本にしなきゃと思う。

昨晩は越谷ありがとう。またどこかで会いましょう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


昨晩は越谷ありがとうございました。
みなさんが一緒に踊ってくれて楽しかったです。

実は当日朝に大事件勃発でタイヘンな騒ぎの中、本番に突入しました。
その件はまた改めて書きますが、翌日の今もまだその大事件はどっかくすぶっております。

結局は、毎日が闘いで、毎日が事件の連続で、知的障害者がほのぼのやってるだけじゃなくて、時に怒りは爆発するし、ケンカは起こるし。
毎日やってればそういうことは必ずあるわけで。

その中で、何がどれだけ伝わっていくのかはわからないけど、でもバンドは市丸たちにとってとても大事なモノなので、今後もまあゆるゆる続けて行こうと思います。

終演後トイレで会った人が、「すごく音楽はノリノリで楽しいんですけど、歌詞を聴くと笑ってらんないですよね…」とか言ってきてくれたのが印象的でした。

ま、そうなんだよね。
市丸たちの毎日はそもそもが闘いで、彼らが普通に青春して生きていくというのは簡単なことじゃなくて、すごく大変なんだ。
でも、それをどうやって表現するか。
「感動」というタイトルを付けるのも違うし、どっかにこもって「講演会」をするのも違う気がする。
「今、なう、生きている」ということをやっぱ笑って踊ってみちゃおうか、みたいな。
簡単じゃないことを難しい言葉で言うのはもうウンザリなんだ。

ま、どこまでやれたかわからないけど、楽しんでくれたら、単純に市丸たちと踊ってくれたらそれでOKかな。

またどこかで会いましょう。


セトリ

1.夢見る少女
2.GOGO猛毒作戦
3.金持ちになりたい
4.トクちゃん
5.さようなら世界夫人よ
6.しょんべん
7.エール(クソださい君へ)
8.グローリー号に乗れ~感動するなら金をくれ


koshi1.jpg

koshi2.jpg

koshi3.jpg

koshi4.jpg

koshi5.jpg

koshi6.jpg

koshi7.jpg

koshi8.jpg

koshi9.jpg

koshi10.jpg

koshi11.jpg

koshi12.jpg

koshi13.jpg

koshi14.jpg

koshi15.jpg

koshi16.jpg

koshi17.jpg

koshi18.jpg

koshi19.jpg

koshi20.jpg






jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:KC & the Sunshine Band「That's the way i like it」from「僕たちの洋楽ヒット 7 [1973-75]」)
→誰でも知ってる(と思うが)曲なんだよね。
あ、こういうタイトルだったの?
こんなバンドがやってたの?ということを今になって知るという。
まあ、どうでしょう、当時はネットとかなかったからね。
すぐに調べられませんから。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE