FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ワンマンに向かう道②


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



今回のワンマンで、どうしても問題だったのが、ハヤテのことで。
ワンマン前にも書いたんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4954.html)。
ハヤテは、ここに来たのがこの5月。
正直、まったく馴染んでいません。

それでも、この前にじ屋に行ったらそれなりになにか仕事を頼まれてやっていたし、ちょっとづつは馴染んではいるのかもしれない。

けど、やっぱ環境が変わったりすると何をしでかすかわからない。
とにかく「警報器鳴らし問題」もあるんで、どうにもこっちも警戒せざるを得ない。

どうしようか、とは思ったんです。

確かに、スーパー猛毒ちんどんは遊びだし、仕事じゃない。
やりたくなければやらなくてもいい。

けど、まあ「仲間感」というのもある。
最初に突き放してしまえば、それが基本になってしまって、彼はそこから抜け出すのは難しいだろう、とも思った。
つまり、仲間に入れておく、けれども、もちろん歌うなんてことはできない、けど、仲間には入れておきたい、という。


そういえば、最初の頃、オグラが荒れていたこと。
市丸が今はいないAを殴ってどうしたこうした、もうそりゃ意までは考えられない感じだったこともあった。
でも、まあなんとか、「仲間になろうよ」で、なんとか、今の状態になった。
もちろん、今もまだ問題はあるんだけど。
でも、安心感はある。

それはまあ、うまくいったんだと思う。
方程式があるわけじゃないから、どうなるかわからない。
わからないけど、とにかく毎日の中で「どうやって仲間に入れていこうか」を考える。
実行する。
それが、たまたまオグラや市丸にはうまくフィットしたんだと思う。

そういえば、オグラが最初来た時、俺は自信がなかった。
こいつは始めてダメかもしれない、と思った。
荒れすぎていたからだ。
俺を殴る、食器を投げるというようなこともあった。
どうしようかと思ったけど、「ダメならダメだな」という気持ちもあった。

だって、万能じゃない。
神じゃないんだから、そりゃできないことはできない。

ハヤテに対して、今俺もものすごい無力感を感じているんだけど、それでも、まああの時のオグラを思い出せば、何かする価値はあるかもしれない、とは思える。
やれるだけなんかしなきゃいけない。
それでダメならそこまでだ。


で、まあいろいろ考えた結果、つまりはまあ、みんなの中には入れるけど、音だとかみんなの狂乱とか、そういうのから守ってやればいいんだな、と。
で、柵を設置することにしたんです。
ベビーベットの枠だけを置く。
その中に入ってていいよ、と。
漫画読んでてもいいし、寝ててもいい。
でも、みんなと一緒の場所にはいなさい、と。

練習の時から、その枠を使っていました。
カズミが耳栓をくれて、それをするようにもなった。
練習の前になると、「佐藤さん、耳栓」というようになった。

荒れるかと思ったけど、とにかくその柵の中にいて、こっちはまったく干渉しない。
それをやったら、まあ練習は普段2時間弱とかやるんだけど、耐えていた。
耐えていた、というと大げさだけど、つまりは「俺の役割」として、彼は柵の中にいたわけだ。

これね、つまり、彼もまあ「柵の中にいる」というメンバーなワケです。
それでいいや、と思って。
音楽に関係ないパートがあるバンドって、すげえいいじゃないですか。
「柵の中」ってパートがあるバンド、たぶんウチが世界始めてじゃない?
こりゃいいや、と。


ま、そんなわけで、来てくれた人はわかるかと思うけど、提灯持っていったり、畳も2畳ほど持参。
その他楽器などもあったから、そうですね、もちこんだモノがトラック一台分くらいありましたよ。

我ながらバカかと思いましたけど、でも、中止になった秋ヶ瀬フェスには、今だからいうけど、鉄骨4メートルを持ち込もうと思ってましたから。
主催者に止められたらどうしようかとも思ってました。
史上最大の舞台を、転換の間に作っちゃって、設置してある舞台の他に舞台を作る、という。
地獄の盆踊り、というテーマでやぐら作っちゃえ、って。
もうスタッフ総出で、全力でやっちゃえ、と。
前もって打ち合わせまで終えてました。
あとはやるだけ、というトコロまでいってたんですけどね。
台風で中止になっちゃいました。
今考えると、すげえこと考えてたな、と思ったんだけど。

ま、そんな打ち合わせをライブハウスとの間に入ってくれた朗読詩人のアイコチャンとやってたんだけど、最後の最後、前日くらいだったかに、「楽器の配置とか希望ありますか?」と連絡がきて、「あ、音楽のこと忘れてた」と思いましたね。

そう。
まあ、音楽も大事でしょうけど、舞台装置もやっぱ大事だし、衣装も大事。
歌唱力のない我々は、そういうところで、思いをアンプを通すように拡大することが必要。


ま、そんなわけで、スーパー猛毒ちんどんは進んでいくのでありました。







1110te小

n1.jpg

(BGM:森高千里「私がおばさんになっても」fromYOUTUBE)
→ニューセルフカバーがYOUTUBEに上がっていました。
メローにまとめられてます。
ま、でもこれはイントロのリードギターが全てだと思っているので、ちょっとこれはこれでいいけれど、あの突き抜け感はないので惜しい。
けど、とにかく名曲。
これはすごく好きな一曲です。
スポンサーサイト



ワンマンに向かう道


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ま、ワンマンの時の話なんですけど、酔っ払っちゃってよく覚えてないんで、準備段階の話で。

ネタ曲というか、まあ呼ばれたライブだと時間的な制約もあるのでなかなかやれないんだけど。
途中、ネタっぽいことをやる、という。
といっても、まあ普段の会話をね、見せたい、というのがあるんだけど、一応笑いも入れなきゃいけないな、とも思っていて。

ドキュメンタリーバンドということですから。
普段をお伝えしたいんだけど、なかなかそれって難しくて。

というのも、やっぱああいう舞台に立つと、彼らは「それなりの顔」をするんですよね、当たり前だけど。
でも、そこをどう引き戻すか?ということなんだけど。
普段面白いことを言ってるのを、そのまま言ってくれればイインだけど、なかなかそうもいかないわけです。

で、ある程度もう「ネタ」としちゃって、やっていこう、という。
普段の会話の中で面白かったのを俺が覚えておいて、何回か同じ質問したりしてそれを強化する、と。
で、それをそのままその舞台でやってくれればいいんだけど。

とはいえ、まあ、再現性はないわけです。
市丸とこの前面影ラッキーホールのライブに行ったんだけど、その始まるまえに言ってましたよ。
「ねえねえ、ゲストに志村けんさん出てくれたらいいね!」
…出ねえよ、と。
むしろそうなると、面影さんの方がゲストになるわ、みたいな。
ってか、どこで面影さんと志村さんが結びついたのかがよくわからない。
市丸は普段から面影好きで、けっこう事務所とかで流してて歌ってたり、ライブもほとんど一緒に行ってる。
けど、その中で一度も志村さんとの接点はなかったわけです。

けども、「志村さん出たらいいのに!」と。
もう意味わかんないんですけど。
まあ、そりゃ出たらいいけど、どっからそういうことになるのかがよくわからない。
とは言っても、これも再現性がないので、おそらく彼はもう覚えてないと思います。

なんでまあ、いくつかネタを仕込んでいくわけです。

オグラとかカブキとか、あまり目立たないんで、やっぱ目立たせてやりたい、というのもあって、いくつか仕込んでいったんだけど、それもオグラは時にブラックオグさんになって、返事もしなくなる時があるんです。
でも、「あ、いいよ、それじゃ目立てないけどいいの?」と聞くと、即ホワイトオグさんに戻るんですね。

コウヘイなんかもそうで、彼は下向いちゃうし、声が小さいので、まあそれでも今普通に会話できるようになったけど、なんでしょう、いわゆる気が小さいのか、そういう性格なのか、とにかく声が小さい。
相手の顔も見れない、みたいな。
でも、まあ市丸みたいな声のデカイ、真ん中にいるヤツにすごく憧れているのもよくわかる。
だから、「あ、それじゃ声小さいわ。市丸みたいな人気者(ちんどんにおいての、という意味ですね、基本、市丸は嫌われてるんで)になりたくないのか?」と聞くと、やっぱすぐに大きな声になるんですね。

カブキもそうで、大きな声で言わないと目立てないけど?というと、きちんと答え直したりする。

なんでしょうね。
みんな、とにかく目立ちたいんです。

これはなかなか面白い現象で、ま、簡単に言うと「人気者になりたい」という。

いや、でも冷静に考えたら、そりゃそうですよね。
誰だって人気者になりたい。

でも、なれない。
なれないからひねくれたりすることもあるでしょ。
「いえいえ、私なんて…」みたいな遠慮で、「なれない自分」を正当化するでしょ。

彼らにはそれがない。
ストレートに「俺は人気者になりたい」という行動をしてくる。

そういう意味では、スーパー猛毒ちんどんというのは、とにかくみなさんが彼らを見ている。
彼らは言わばスーパースターなワケです。
その舞台の上では。
その快感というのは、彼らには何をも変えがたいのだと思います。

そもそも、健体者という大多数の存在に怯えながら、字が読めない、メニューが読めない、店の名前が読めない、計算がデキないから知らない店で買い物ができない、なぜなら、店員さんが健体者で怖いから、という。
そういう人生を歩んできてる彼らが、堂々と道の真ん中を、しかも「人気者」で大手を振って歩ける感じ、なんだろうな、と。

コウヘイは最初「ちんどんは出ない」と言っていた。
おぐらもおなじ。
でも、今は、「それじゃ人気者になれないなあ」と言えば、すぐに大きな声で答え直し、「俺は人気者になりたい」を前面に出してくる。
「もしかしたら、俺も人気者になれるのかもしれない」と彼らは思ったのかもしれない。

俺はなんか、人気者になれなくて、「私の人生はこんなもんだし」とか諦念で生きてる人たちより、もうずっとずっと気持ちよく彼らと遊んでいられる。

どんな状況にあっても、自分の思いにはストレートでありたい。
プライドや、かっこ悪さや、何度挑戦してもダメだった思いとか、そりゃいろいろあるよ。
でも、俺も人気者になりたい。

スーパー猛毒ちんどんとは、そういう意味で、ドキュメンタリーバンドだ、と思うわけです。






1110te小

n1.jpg

(BGM:シュリークス「私は好奇心の強い女」fromYOUTUBE)
→イルカさんね。
これは名作だな。
ぜひ全ての邦楽ファンに聞いて欲しい。

渋谷ありがとう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


昨晩はありがとうございました。
また精進して行きたいと思います。

とりあえず、セトリ。

前説:ホワイトホール(ノブ&オグ)
①たけす
②GOGO猛毒作戦
③金持ちになりたい
④トクちゃん
⑤プレゼント
⑥エール~クソださい君へ
⑦豊満音頭
⑧竹田の子守唄
⑨スーパー猛毒ちんどんの踊るダメ人間
⑩あんたの年金がなかったら一家が生活できないの
⑪しょんべん
⑫足がない
⑬いじめ
⑭グローリー号に乗れ!~感動するなら金をくれ
EC)スーパー猛毒ちんどんの数え唄

なっちゃんがギターで、写真家松沢がしの笛で、上尾ちんどんの重鎮、古沢さんにちんどん太鼓で参加していただき、なかなか派手なステージになったのではないかな、と思います。
中央に畳を敷いちゃったり、ハヤテ防護用柵を設置したり、客席を狭くしちゃいましたが、とても多くの方に来ていただき、本当によかった。
立ち見になってしまった方も、すいません。
でもまあ、ガラガラだったらどうしようと思っていたので、それはよかったです。

まあ椅子席ということで、やっぱごまかしがききませんね。
いろいろ難しいなあ、というのを実感したステージとなりました。
かといって、スタンディングも見てる人疲れるよな、とかは思うんですよね。

なかなか難しいところであります。

次回は12/8四谷アウトブレイク佐藤店長生誕祭に出場します。
来てください。

shibu000.jpg

shibu00.jpg

shibu01.jpg

shibu02.jpg

shibu03.jpg

shibu04.jpg

shibu05.jpg

shibu06.jpg

shibu07.jpg

shibu08.jpg

shibu09.jpg

shibu10.jpg

shibu11.jpg

shibu12.jpg

shibu13.jpg

shibu14.jpg

shibu15.jpg

shibu16.jpg




n1.jpg

(BGM:ヴォーカル・ショップ「たまにゃ のどかに」from「テレビまんが懐かしのB面コレクション」)
→「たまにゃボケッと行こうぜGO!」
おいおいおいおい、と。
これはマッハゴーゴーゴーの終わりの唄ですね。
ま、たまにゃのどかにボケッといこうじゃないか。
闘い漬けの毎日だから。

とにかく明日、最高の舞台、最高の演奏、最高の歌をお届けしまっせ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



明日晩本番なわけですが、本番に向けてまあ準備というのがあります。
準備がおそろかだと向こうに行ってテンパりマス。
そうなると、いい演奏もできませんわ。
なので、準備はしていかなきゃいけないわけですが、けっこう間の抜けた連中が多いので、ちょっと心配ではあります。
まあ、その場合は、それはそれでネタか、と割り切ろうと思う。

で、一番たいへんなのがメイクなんですよね。
なにせ、写真とか見てもらえればわかるように、ウチの場合メイクと衣装がキモってところがあります。
いや、まあ楽曲ももちろんしっかり聞いて欲しいわけですけども、一応ね、その辺の「出オチ感」も大事にしておきたい。

やっぱ、「障害者ががんばって歌ってます」的な感じはいやなわけです。
その辺を払拭するには、「なんかおかしな連中がいるゾおい!」というね、そういう感じに持っていきたい。
なにせ、そもそも「おかしな連中」なんですから。

衣装は前もって衣装合わせという儀式、というか、そういうのをやるんだけれど、これがまあ大変。
にじ屋のバックヤードの奥の奥の方に「衣装部屋」というのがあるんだが、これがもうパンパンなんだよ。
普段から片づけておけ!というおしかりごもっとも。
なかなかそれができないのであった。
自堕落な性格。
今日できることは明日もできる、という役に立たない格言を胸に生きているが故か、もうどうしようも無い状態になってる。
これをまずは一回かたさないと衣装合わせに突入できない。

しかも、衣装合わせはにじ屋の開店中にやるので、中には「ビラ配り出ま~す」なんてこともあるので、時間もみなきゃならない。
一人一人やるので、まあ時間もかかる。

ま、毎回そのくらいメンドクサイ作業になってるわけですが、今回はいつも付き合ってくれる米本さんが膝の故障。
ちょっと歩けません、と。
おいおい、と。
おいおい教の気分でおい。

でもまあ、けっこう衣装合わせはミズエの力によってノーストレスで進み、けっこう楽しい衣装になったかな。
カブキは今回裸で行く、とのことで、まあ裸ってワケにはいきませんが、それなりに新しい境地に至った感じがします。
ミツは「カッコイイ方向で」とのことだったので、すげえカッコイイ衣装にしたのだが!!
…これについては、もう現地で見ていただくしかございません。

ま、そんなこんなで衣装合わせも終え、なんだかんだ明日は本番に向けてメイクをするわけですけど、出番は1930頃なんだけれど、まあ移動時間もあります。
それと、今回はリハも全員でやりますから、って、普段は全員ではやらないんですよ。
正直、まあ市丸たちはじゃまなんで。
でも今回は、動き含めてやりたい、ということで、それだけ今回は気合いが入ってる、ということです。
それと同時に、いろいろ装飾物も会場にやりたいと思ってるので、その時間もあります。

なんで、ライブハウスに入るのは、まあみなさんが思うより早い時間なんですね。

しかも、にじ屋は14時までは開店!
なにせ、日銭稼がにゃ、市丸たちは家賃を払えなくなるもんで。
リアルドキュメンタリーバンド。

なんで、にじ屋の開店中に、仕事しながらメイクも平行してやります。
その上、前にも書いたが、米本の負傷でメイク人員が足らない!
ウチのメイクのキモ、なっちゃんも自分の仕事の都合でギリになるとか!!!

ぬおおおおおおおおお~!
やれんのか俺!
書くの、ほぼ俺だけじゃないか!

きっついなあ。

いや、でもやるんだよ、って話ですけど、メイクにほぼ3時間近くかかりますからね。
彼ら自分たちで書けりゃいいですけど、そういうあれでもないですからね。
もっというと、衣装だって自分で着れない連中が多い。

はてさてどうなる!
俺は疲れ切った状態で本番に臨むことになるのか!
それとも!

…その辺は、ぜひ当日本番のステージでご確認ください。

予約まだOKですよ!
めんどうな方は、ツイッターDMでお知らせ下さい。
受付の方に伝えておきます。




wannmannblog.jpg

(BGM:牙「ジャイアニズム」from「ちんすこう」)
→中身はなんかラブソングみたいなんですけど。
しかしタイトルは「ジャイアニズム」。
いいなあ、タイトルがいいよ、とにかくこれは。
っていうか、これはドラム打ち込みなのかしら。
こういうのを宅録とかで録っててくれたらなんか最高な気分になる。
「俺の生き様ジャイアニズム!」

満員目指しております ★ 11/2ワンマンきてね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




まあ、どうしたってライブ前というのは気もそぞろというか、そんな感じになります。
なにせライブは水ものですわね。
どうなるかわからない。
一応、全力は尽くしているわけだけれど、ひっくり返らないとも限らない。

ま、基本不安症だと思います。
逆に、こういう時に不安にならない人がいるんだろうか?とも思うワケですが。


明日テストだ!とか、運動会だ!とか、まあいろいろありましたよね、子どもの頃から。
でも、けっこう緊張したコトってなかったような気がします。
「ま、テストダメだったらしょうがねえわな」というのが根底にあったんだな、俺の場合は。
というか、別にそもそもテストなんかはどうでもいいというか、う~ん、あまりそういうことを言うと怒られるのかもしれないけど、どうでもいいわな、としかちょっと思えないワタクシ。

就職試験、とかだったらちょっと違ったんだろうか。
う~む。
しかし、俺の場合はやりたいことがなかったので、そんなに緊張したとも思えない。
「ダメだったら別を考えるか」というのが根底にあったという気がします。

ま、どっちにせよ俺の場合は就職試験は受けることなく、というよりも就職したという感じはマッタクなく、大学でやってたことをそのままやってるという感じなので、就職も何もないんだけど。

高校の時にやってたバンドとかでも、そんなに緊張することはなかった。
そもそもがパンク。
笑い飛ばせなくて何がパンクだと思いますし。

なんで、あまり緊張したコトってないのかもしれません。


いや、ものすごい高い壁にぶち当たって、回避困難かと思われるような壁を前にして怯んだことは何度もありますけど、それはちょっと緊張とは違いますね。
それはもうがむしゃらにやれることをやるしかないわけで。

あ、一つ思い出した。
離婚の話を子どもたちにする時は緊張したわ。
でもまあ、それも元奥さんと二人の最後の共同作業、みたいなことで緊張も半分ではありますけど、なかなかもう共同作業が成り立たない状況ではありましたからちょっと困ったところもあったりなかったりではありましたけれども。

あー、もう一個思い出した。
娘が警察にお世話になった時は焦りましたね。
あれは迎えに行く時緊張したわ。

あー!思い出した!
小2の時?かな、クラスでもけっこうかわいかった確か幸田さん?だったかなんだったか名前そんな感じの女の子がバレンタインにチョコレートくれたんですよ。
みんなに、って感じじゃなくて、俺だけに、みたいな感じで。
その時は一気に汗吹き出して緊張したわ。
歩けなくなったの覚えてる。
足もつれちゃって。

あー!あるある!。
なんか、荷物運ぶんで路駐してたらベンツが停まってすごまれた時。
「覚えてろよ」とか言ってたから覚えてますけど、う~ん、特にもう忘れていいかな。

…ま、思い返すに、緊張したことはありましたね。


でもまあ、よくよく考えたら、忘れちゃうほどのことではあるんだよね。
その後、それでどうなったこともなく。
余計な心配なんだよな、たぶん。

といって、それが必ずしもうまく進むと言い切れるかというとそういうことでもなく。
今度こそ、うまくいかない、ということも考えられる。

ま、どうでしょうね、ライブに関しては、やっぱなんとなく「責任」みたいなことを考えたりはします。
一応、プロデューサーなわけだから、俺がしくじるというのは、全体が失敗する、ということでもあって。
音楽的な面はたぶんなんとかなると思うんですけどね。
その他の面ですよね。
いろいろ不安はぬぐいきれないところはあります。

ただまあ、毎回こんなこと思ってるのは事実で。
でもまあ何とかなっちゃってるのも事実で。

ま、できる限りヌケがないように準備して、当日に臨みたいと思っています。

ホント、練習においてはすごくいいデキなので、そこに心配はないんで、あとはみなさんに来てもらうばかりであります。

あ、そうそう、お客さんが集まるかどうかが一番緊張する点だったわ。
満員御礼で行きたいなあ。






wannmannblog.jpg

(BGM:向井秀徳「PINK TV」from「タダダー ! トリビュート 私服刑事」)
→これすごいなあ。
何拍子なの?これ?
こういうの、やりたいなあ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE