fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

音楽のチカラとは?


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ぎゃはははっっはははっははははははっっははは。
もうのっけから笑ってますけどね。
こちら、見ていただきたいんですが。
YOUTUBEで、清水英彰「夢の三連単」MV、であります。



いかがでしたでしょうか。
もうね、いい。
たぶん、みなさんの頭の中に「夢のさんれんた~ん」というフシが残っているのではないかと思います。

いやね、これ実はずいぶん前に遭遇はしていて。
数年前に大阪に行った時に朝テレビを付けたらやってて、もう頭から離れず今日に至る。
そしたら、先日飲んでいた時に加納さんが急に思い出したらしく、「ちょっと聞いてほしい」とそこにいたみんなにYOUTUBEで聞かせたわけです。

そしたらなんでしょう、オレが頭に描いていた「夢のさんれんた~ん」を上回る「夢のさんれんた~ん」に驚愕。
いい歌ですよ。
歌って、やっぱ人に伝わってナンボですから。
少なくとも、三連単が夢、ということは伝わってきます。
というか、歌詞的にはそれしかないですから、こちら。

そしてなにやら破天荒な生き方をする三連単を夢見る男、というのも浮かんでくる。
それでいて、もうどっか脳天気。
どこかもう、ギャンブルに溺れていながらどこか憧れる男がそこにいるじゃないですか。

調べてみれば三連単で、超万馬券1460万円なんてのもあったそうで。
もしや、競馬のことよく知りませんが、千円買ってたら一億越えじゃないの…。
おいおいおい…。
確かに夢である。
一発当てさえすれば、もうその後一生働かなくてもいいじゃないか的な。
もう馬券を買わなくてもいいじゃないか、と。

いや、でも買うんだよ、と。
そしてスッてまた逆戻りなんだよぎゃははははっは、と。
結局、「夢のさんれんた~ん」と。

いや、何が言いたいかというと、「音楽ってすごい!」と。
名曲じゃないですか、これ。
ここまで背景を感じさせ、頭に残った曲をみなさん他になにかご存じですか?と。

よくね、「音楽の力」なんていいます。
「復興に音楽の力を」とか。
「平和に音楽の力を」とか。
まあ、そうだと思います。
できると思いますね。

それをこの曲が教えてくれるというか。
この曲こそが音楽の力じゃないか、という。
そんな気がするわけですよ。

競馬はやらないし、三連単の意味はよくわからないが、とりあえず「夢のさんれんた~ん」とは歌っちゃう。
ここね、ココ重要。
実際に復興の言葉は歌ってないかもしれないが、これに勇気づけられた人もいよう。

今回まあ、YOUTUBEがブログに埋め込みができる、ということを再発見というかしたので、こういう感じになっていますが、こちらどうでしょうか。



いやあ、まあもう全然、三連単にはかなわない。
これは知的生涯という名義でバンドでやった時のモノですけど、自分でいうのもなんだけどいい曲だとは思うが、いまいちですね。
元プロレスラーの内藤メアリの入場曲の元、ということになります。

こちらは、同じく知的生涯名義でレコーディングしたモノ。



いや、こちらも自分でいうのはなんだと思いますが、名曲だとは思いますよ。
ただね、難しいよね。
小難しい。
言いたいことはわかるが、まったくもって三連単には届かない。

あ、そういえば、YOUTUBEにアップして、自分のページに入ったら、著作権が云々って警告?があったのがこちらなんだけど、まあしゃあねえな。



というわけで、スーパー猛毒ちんどんもいつライブができるかわかりませんが、「夢のさんれんた~ん」のカバーをやりたいと思っている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
スーパー猛毒ちんどんチャンネルの中に、スーパー猛毒ちんどんの再生リストもあるので、ぜひ見てね。

それと、ちょっとね、ギターがろくすっぽ弾けないオレの弾き語りで勝負する「スーパー単独ちんどん」も、どっか呼んでくれるところあったらコロナ明けたらどこでも行きます。
こちら、オコジョさんが録ってくれた動画を参照のこと。



ぜひ、YOUTUBE本体のページに移ってもらって、そちらコメントに歌詞を投稿しましたので見てください。


というわけで、最後は最近気に入ってるこちらでお別れです。








(BGM:Vladimir Shafranov Trio「Minority」from「Portrate In Music」)
→ピアノ、ベース、ドラムでスピード感のあるアドリブ合戦を繰り広げているという感じの一作。
スリリングでかっこいい。
終わり方も唐突でかっこよすぎる。
スポンサーサイト



間違ってた俺


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





Fujiyamaというレコード屋があって。
三軒茶屋にあるわけですが。
簡単に言うと、下北沢五番街の店主さんが独立した店、ってことになるんだけど。
俺はずっと五番街の方に行っていたんだけど、高校時代とか。
まあ、日本のインディー界で知らない人はいない店だし、店長さんだし、という風に紹介してもいいかと思うんですが。

インディーがいつの間にか「独立」から「メジャー予備軍」になっていったのは、多分俺が高3の頃で、1980年中盤か初盤か。
たぶんまあ、インディーが「商売になる」って感じになったんだろうな。
ラフィンとかウィラードとかがメジャーでデビューしたりして。

でもまあ、それでもインディーでしか流通できない音楽ってのもそのまま残っていて。
つまり、「売る気なかろ?」という。
まあ、そういうのがかっこいいと思っていたし、今も思ってるけど。

で、ぜんぜん久しぶりに、というか、けっこう外に出れなかったじゃないですか今年。
んなもんで、ライブハウス支援Tシャツとか買ったりしてたんです。
行けないし。
でも、潰れても困るし。
やる場所なくなっちゃうから。
たいしたことはできないけど、まあライブに行くのと同じような感じで通販お願いしたりして。
ラフィンのTシャツも買ったか。

CDとかもいくつかこの間に買いましたね。
まあ、スターリンのトラッシュとかも再発されたりしたんで買ったり。
まあこれはミチロウさん追悼、ということで出されたものなんでしょう。
チフスのライブ盤はなぜか2枚買ってしまっていた。
あとは、GALAPAGOS OxYxPxC SHOWとか。
アサイラムのライブとかも買ったり。
ウラワロックンロールセンターの軌跡、みたいな20枚くらい組の買ったり中古で(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5210.html)。
トラッシュのCDとか。
そういえば、シングル盤も持っていたなあ、と思いだした。
もう手元にはないけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5274.html)。
なので、再発して欲しい。

再発と言えば、ストリッパーってバンドが関西にあったと思うんだけど、多分その後違うバンドになってるわけだけど、4曲入りの7インチ再発して欲しいなあ。
手元にもうないので。
あと、名古屋のELLのライブ2枚組、83年だったかの。
改めて聞きたいんだけど、なかなか。
あと、ヘッドエイクとかってバンドがあったと思うんだけど、どこのバンドかわからないけど、ソノシートだったかなあ…、あれもう一回聞きたい。
YOUTUBEとかも探すんだけど、なかなか聞けない…。
あとはまあ、ジュネさんのジュネティックブードゥー2枚組のとか、バジワークシアターのサントラとかももう一度ちゃんと聞きたいなあとか思ったり。

まあ、いつもよりちょっと買ってると思いますね。
で、まあ通販サイトとか、バンドのサイトとか見る機会が増えて、「アレ?こんなの出てたんだ」みたいなこともあったりして。
で、売り切れてたりして。
おいおいおい!欲しいじゃないか、とか。

まあ、あまり通販サイトとか見てなかったというのもあるんだけどさ。
なんだかなあ、その辺、やっぱ定期的に見ないとね。

で、まあFujiyamaの店のHP見たんですけど、いや、もうオリジナルカセットというのが出てたのは知ってたけど、いや、欲しいじゃないか、と思いまして。
そしたら、時代的になんかカセットもなんだから、ということなのか、まあそもそもレコーダーがないモンね。
で、CDRにしてくれているというありがたき幸せ。
こりゃもう手に入れなきゃイカン、と思いまして。
で、通販お願いして。

まあ、内容としては多分あまりここで書かない方がいいのかもしれないので書かないけど、これがもうなんかね、聞いちゃうね。
ポップでキャッチーなJポップだとか、アイドルソングとかが全盛の時代にあって、いや、まあ時代的にも昔の作品だということではあるんだけど、その対極にある音たち。

これはやっぱね、いや、こういうのがね、やっぱ好きなんだ俺。
ライブを録音した、ってモノに至っては、ほぼメンバー紹介だけで終わるし。
いいじゃん。
そんなことやったら、メジャーなら怒られますよきっと。
福山雅治のライブ盤だ!といって、メンバー紹介だけだったらたいがい怒るでしょ。
でも、怒らないね、俺は怒らない。
それを福山さんが出したら、ちょっと見直すくらい。

で、まあいろいろ考えたんだけど、ウチもよく考えたらライブ盤って出せるよな、とか思って。
MC部分だけの、いわゆるオモシロの部分だけとか。
ま、音楽もいいけど、どうですかね。
聞けます?


いやね、違うんですよ。
なんか、音源を出す、と言うことに関して、堅苦しく考えすぎてたかもしれないな。
俺の原点にもっと帰らなきゃいけなかったな、と。
別に、普段の市丸との会話とか収録すりゃよかったんだ(https://youtu.be/pppRvQBTLUI)。

そういえば、殺害のロクデナCDシリーズに素人参加させてもらった知的生涯の方の音源は、まったく知的生涯の曲じゃなくて、ノリの声と当時プロレスラーだったウチの選手の入場曲ををサンプリングしたんだった。

あのノリで行けばよかったんだな。
なんか間違ってた俺。

いろんなコト思い出させてくれた。
やっぱ人ってどっか世の中に親和性が生まれちゃうんだよな…。
それじゃあかんな。
心に常にイチモツもって突き進まにゃ。











(BGM:Miyack「ラクンパルシータ」from「アコーデオン」)
→これ、鍵盤習ってるときに弾いた記憶がある。
しかしアコーディオンというのは一台でこれだけのことがやれるってすげえな。
二本の手だけなのに。
しかもポータブルなのに。

早くライブやりたいね


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、バンドやってますから。
市丸言うところの「スーパーもうろくちんどん」ですか。
なんとなくそっちの方が合ってるのではないかと思っている昨今、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ま、ライブができませんでね。
なにせ、人数が多く、普段から密ですし。
客席に最初からスタンバイしてる演者、というのもなかなかないのではないかと思うわけですけども。
せっかくライブハウスの方でお客さんとかを密にしない努力をしてもらっても無にしてしまう可能性が高すぎて、というか、100%なので、ちょっとできないなあ、と思ってるわけですが。

早くコロナ終われ!

というわけで、でもまあ、バンドやってるわけだから、練習とかはしてるんでしょ?みたいに思われている可能性があるかと思いますが、これ、まったくやってない!
もう、コロナでライブがいくつか中止になってからというもの、まったくやっておりません。
そもそも、ライブに向けて練習の日程を組むという形を取っておりまして、つまりはもう普段からライブありきで、練習と言うよりは「あの会場の場合、どうやって登場するか」とか、「こういう大道具があった方がいいのではないか」と言ったことばかりを考えていますゆえ、皆さんが思う「練習」とはちょっと違う可能性が高い。
そうですね、かなり「振り付け」に時間をかけていることは確かです。

ま、「うまくなる」ということが重要なのではなく、「どう見せるか」なんですよね。
いや、「どう魅せるか」ですか。
それだとかっこよすぎだから、やっぱ「どう見せるか」。

そもそも「すーぱーもうろくちんどん」って言ってる時点でダメなんですよ。
でも、それを修正することができない。
歌詞も同様で、一回間違って覚えてしまった場合、もうそのまんま。
それでも、まあきちんと覚えられるメンバーがいますから成り立ってますけど、つまりは普通は覚えられない場合はオーディションで落とせよ、という話なんですが、そういうのも入れていこう、いや、むしろ、その辺をセンターにしていこう、というのがウチの特徴で。
だから、うまくなるのは諦めて、「もうろくをどう見せるか」を考えている、と、まあこういうことになります。

ま、それにそもそも、練習たってすげえ人数ですから、あまりそれで大声で叫び合うのもバカですから、このご時世。
しかも閉めないとうるさいから閉めるし。
換気できない。

ま、いろいろありますよ。
配信とか。
そういうのもねえ…、あまりこう、さっきも書いたけど、配信だとボロが出ると思うんですよね。
何回も聞かれちゃうと、「すーぱーもうろくちんどん言うてるやんか!」と鳴ってしまう可能性が高い。
なので、まあスッとね。
ライブだとスッといけますから。
その場、1秒のことですからね。
皆さんの方で「スーパー猛毒ちんどん」と変換してもらいやすいじゃないですか。
何度も聞くもんじゃない。

なんで配信は諦めて。

あ、今思ったけど、こういう時に新曲を作っておけばいいのではないか!
ある。
それはある!
GOTO作詞作曲!

ま、今思いついた感じですから、時間をずいぶん無駄にしました。

いや、でも、そもそも新曲も「次のライブの場所は」とか、「次のライブの主催者は」、いや一番大事なのが「セットリストこうしてこうして、いや、ココで一発盛り上がる曲あるといいなあ」とかで作ってますから。
ライブがないと、もうきっかけがないんですよね。

というわけで、な~んもやってないし、やる気もない、という体たらく。

でも、こういうのがね、ライブがやれるときになったら爆発するはずなんですよね。
それを期待しております故、ライブできるようになったら、とにかく呼んで下さい、バンバン!
お待ちしております。

いや、もう自主興行打つか。
誰予防。
いや、誰呼ぼう、というか、誰に出ていただくか。
ワンマンはやっぱキツいですからね。
時間長いと俺が酔っ払い過ぎちゃうし、ハヤテも限界あるし。

あまりバンド仲間みたいのはいないので俺としてはあまり思いつきませんが、無茶なところとか呼んでみたいよなあ。

ミスチルとか。

…ぎゃはははははははははははははは。
多分ダメだし、意味がなさすぎるよ!。
ま、好きですけどね。
好きと呼ぶは違う。


あ、そうか、今思い出したけど、スーパー単独ちんどんで配信してもいいんだよな。
あれなら基本、俺のソロだしな。

といって、まあこの長い自粛期間中、ギターもピアノも一回も触ってないからもう曲忘れちゃったなあ。
我ながら名曲あったと思うんだけどなあ。
いや、そもそもコード符どこ行ったかしら…。
ってか、単独の方でCDとか作ればいいじゃん!
それそれ!
とはいえ、これもライブありきなので、たぶんなにも進まない。

というわけで、一刻も早くコロナ解決してもらって、ライブでお会いしたいモノです!





chugei.jpg

(BGM:Four Tops「Its The Same Old Song」from「Best Hits」)
→イントロからかましてくるイカしたリフったらないよ。
かっこよすぎる。
I Cant Help Myselfとかも好き。

「有名になろう」という情熱はない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





というか、まあ「人気が出たい」というのはわからないけど、好きな音楽で飯を食いたい、というのはよくわかる。
たいがいのバンドマンは、音楽よりも好きではない仕事をやって音楽を続けていたりもする。
これはまあある意味才能を潰してもいると思う。
才能がある人はその才能を音楽だけに費やせたらなんと豊かな音を奏でてくれるか、とか思いますけど。

でもまあ、人気商売ではあるんだよね、音楽は。
だからどうしても「音楽で飯を食いたい」と「人気者になりたい」がイコールになりやすい。

オレなんかの場合は、やっぱ人気者にはなりたくない、というか注目されたくないけれど、まあ好きなことやって飯が食えたらいいなあ、とは思う。
まあ、好きなことってなんだ?っていわれると答えに窮するけれど。
ま、けっこう今の状態がいいのかもしれないので幸せなんだと思う。

人気者っていいますけど、バンドもあんまり注目されると、いろいろ面倒なこともありそうだ。
字が読めない市丸たちに有名税を払わせるのはちょっと酷だ。


それに、まあ特にウチなんかは障害者の云々ということでやってるから、いろいろ攻撃とかもされそう。
そう考えると、もうなにも言わない方がいいんだろうな、とか思ったりもする。
市丸たちの毎日をどうやって表現しようか、ってオレは考えてるんだけど、そういうことをしない方がまあ、「叩かれる」ことはないんだろうな。

何か事故があったら、とか考えると、まあ気が気じゃないですね。
どんなにこっちが体制を整えようが、やっぱ想定外は起こりますから。
今も(書いているのは7月初旬)、まあ多少緊迫したメールが流れてきたところです。

でもまあ、その想定外をなるべく潰す方向にはいます当然。
けれどもそうなると、結局ベットに縛り付けておけばいいじゃない、ということになってしまうので、俺らの毎日とは真逆。
なかなかそこが難しいところであります。

まあ、他の作業所とかの会報なんかが送られてきますけど、写真が全部後頭部、とかね。
「誕生会をやって楽しかったです」とか書いてあるけど、もうぜんぜん楽しそうかどうかわからない、という。
むしろ、もうなんか暗い、という。
時に写真が百万語を超えることってありますからね。
そういう写真がたくさんあるので、ウチではそういうのを伝えていこう、ということでやってますけど。
楽しそうかどうかは、もう見た人が判断してくれ、っていうか。

できるだけ、市丸たちの毎日はお伝えしたい。
もちろん、全部を書いているわけじゃないし、そもそも全部書けないし。
一部でも伝わったらいいかな、といつも思ってるんだけど。

一般の人の「知的障害者像」っていうと、やっぱジャージを履いてお散歩してるイメージかと思うんだけど、そうじゃないですよ、というのをお伝えしたい。
そういう意味では、市丸たちも表現者でなきゃいけないな、と思うんです。
自分が世の中から、知的障害者と言うだけで狭いところに押し込められている、という現実を変えなきゃいけないわけですから。

ま、そういうことはあります。
だから、オレも表現していかなきゃいけないと思うし、こういうのを書いてるわけですけど。


ま、おかげさまで、昨年のワンマンライブも人が入っていただいて、見に来てくれる人がこんなにいるんだ、みたいな。
どっちかというと、この手の障害者云々というと、知り合いで席が埋められちゃうというか、親で埋まっちゃうと言うか、そういうのが多い中、ウチの場合はそういう人たちはいない状態で満員、というありがたい感じになっておりまして。
演者ではないが、スタッフというか、車椅子を舞台に上げる人、とかはいますけどね。
ま、オレはその人たちも演者だとは思ってますが。
なんにしてもありがたいことです。

でもまあ、正直言えば、これ以上にはなりたくない気もしていて。
インディープロレス団体の社長が、やっぱどんどん規模が大きくなるに従って、賛意だけじゃなくなる、というようなことをインタビューで答えていたけれど。
大多数を相手にするってのは生半可なことではやれない、というか。

そもそもバンドで食ってるわけじゃないから、そこまで一生懸命になれるかな、という不安もある。
ま、そんなに人気出ねえよ、心配すんなよ、って話ですけどね。

わかってくれる人だけ来てくれればいいし、気に入らないなら来るなよ、という理屈が通る範囲でやれるのが一番だよな、とか思ったり。

楽しくやれなくなったら、それ以上の「情熱」でカバーしなきゃならない。
それをも乗り越える、くらいの。


まあ、そういう情熱にあふれるバンドマンには、ぜひとももっと上に行っていただきたい。
そこに勝負をかけるには、ちょっとなんか申し訳ないような気持ちなオレです。

でもまあ、早くライブはやりたいですね。
なにしろ「密バンド」ですから。
一刻も早く治療薬を完成させてくれ!









retoroi.jpg

(BGM:Orquesta De La Luz「El Agua De Belen」from「La Historia De La Luz」)
→日本ではサルサの伝道者というか、そういう感じなワケだけれど。
見事になんでしょう、サルサの基本をぶち込まれる一作。

ライブできる日が来たら、お会いしましょうね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ライブができないということで。
いくつかお呼びいただいていたライブも中止や延期になりましたし。
ちょっと予定も入れられない感じになってます。

ウチの場合、まあまず人数が多い。

ライブに来てもらった人にはわかるかと思うんですが、そもそも舞台に上がりきれないんですね。
だから、そもそも市丸たちフロントマンの半分くらいは客席にいる状態で始まらざるを得ない。
この状況ではちょっと、いくらライブハウスさん側がいろいろな努力をしていることを全部ぶち壊してしまうな、と思っておりまして。

しかもまあ、市丸とかに「動きを制限してくれない?」というのはちょっと成り立たない。
というか、まあ成り立つ可能性はなくもないが、それだとなんかあんまりウチの良さが出ないよな、とか思ったり。

そもそもコンセプトが、きちんと並んで歌を歌う、みたいな感じではなく、「市丸たちが自由にやる」ってことなんで、それができないとなると、ちょっとライブ自体やる意味があまり感じられないというのもあります。

というか、それありきのバンドなんだよな…。

まあ、ちゃんと歌詞を聴かせたい、とか言うならオレが歌えばいいわけで、それをこういう形でやる、というのがウチのライブの醍醐味というか、そういうところなんで。
ま、「祭」ですよね要は。
知的障害と言われるフロントマンと祭やってみようぜ!という。

そうなります故、なかなかこう、お店側に迷惑をかける、というか、せっかく人数制限とかしているのに、そういう努力を無にしちゃう気がして、ちょっと当分できないかな、と思ったりしています。

もう一つやれない理由もありまして。
自称リーダー井上なんかは心臓の病気がありますし、フロントでマイクを握るヨウコも呼吸器系の病気があったり、チャビも血管の云々があったり、とか、「コロナに罹患したらあかん人たち」がメンバーに多い、ということがあります。

不特定多数の人に聞いてもらう、というライブの性格上、また「無症状の人もいる」というコロナの性格上、これはちょっとやばい。
同時に、まあメンバーではないけど、普段一緒に活動をしている人たちの中には呼吸器を付けて生活している人もいます。

メンバーは無症状で大丈夫、だったとして、でも戻ってきてうつしてしまう可能性が高い。
しかもうつってしまうだけでなく、感染したら確実に命があぶない人たちがいる、という。

そんなことで、まあライブはちょっとこの波が去らないとダメなかなあ、と思っています。
DMとかで、ライブ楽しみにしていますと言ってくれる人もいるんだけど、確かにそりゃやれるものならやりたいですけど、という感じで今おります。

新しい生活様式なんて言うけど、ウチのライブをどうそこに当てはめればいいのか、ちょっとまあ見通せない、という感じですね。
配信、とかもあるわけですが、まあウチの場合ちょっと配信は違うかな、という思いもあってまだ踏ん切っておりません。


緊急事態宣言の最中、みんなに「コロナが終わったらやりたいことって何?」というのを書かせたことがあります。
まあ、飲みに行きたい、とか、プロレス行きたい、というようなことを書いていて、その中で一人井上が、「ライブやりたい」と書いてました。
さすが自称リーダーだけのことはある。

というか、市丸とかはライブのこと忘れてるんじゃないか?という気さえしてきます昨今。
でもまあ、いつか必ず復活しようと思いますので、その際には集まっていただけたらうれしいです。


まあ、我々のような障害者の云々は、けっこう壊滅的な感じになってる雰囲気もありまして。
前にちょっと書いたところは(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5217.html)閉店してしまいましたし。

そもそも、こういう「不測の事態」に対応することってのが、市丸たちにはちょっと苦手なことがあります。
毎日、だいたいの同じ感じが続くことが重要で、予測がつかないことが起こると立ち往生してしまう、みたいな。
だからこそ、まあ「変化をどう作っていくか」ということを逆に我々は考えてきたんですけど。
そのおかげか、「変化がある」ということが日常でもあって、この変化しなければならない状態、にちょっとは対応できたかな、という気もしています。

他の話を聞くと、そもそもが毎日来ない人、ってのもけっこういるそうで。
親御さんのところから通っていたりしたらそういうことにもなるのかな。
そういうタイプになると、もう「来ない」という感じになってしまう、と。
そうなると、「もう来てもいいんだよ」となっても、「来ない」が今度は勝ってしまう、みたいな感じ。

ウチの場合、まあそもそも毎日みんな来ますし、休みの日でも朝は来ちゃう、みたいな。
さすがにこの間は「休みの日は朝来ないように」とわざわざ言ったところだったんですが。
まあ、「帰属感」みたいなことなんでしょうが、そういうのがそもそもあったのはすごくよかったな、と思います。


なんで、大きくは井上や市丸たち、みんなの状況は変わっていません。
にじ屋もいろいろ工夫しながら開店しています。
今は仕事後に、行くヤツが誘い合って近所の店には飲みに行ったりもしています。
そのうち、野球を見に行ったり、プロレスに行ったりもできるでしょう、きっと。
今は東京の感染が減らないので、ちょっと東京に出るのはみんなでまだ自粛しています。

まあ、そんな感じでだんだん日常を取り戻している、というか、日常はコロナの間もある意味では「日常」だったわけですが、いろいろな遊びにも手を出している感じです。

なんで、みんなはコロナの中にあっても元気ですが、やっぱライブはその先かな、と思っていて、でも必ずその日が来るとも思っていますので、またどこかで会いましょう。


いや、というとすごく楽観的に見えるかもしれませんが、とにかく今は感染しないよう、させないよう、まだ緊張していて、まだまだ気は抜けない感じではあるんです。
マスク云々だけじゃなく、感染者数とかも共有して、行動範囲やいろいろについて把握したりもしてたり。
でも、その中でも、市丸たちは限られた中でも自由に泳いでいると思うし、まあ、もうちょっと、がんばらなきゃならないですね。
つらいけど。

埼玉でもついにクラスター発生?みたいなニュースを受けて(これを書いているのは6月28日)、再度また緊張しているところであります。





書店員

車募集

(BGM:佐渡山豊「沖縄は混血児」from「サバニ」)
→ライブって言うことなのか、「億万長者のお偉い方よ」ってのが天皇に変わってたりして、まあこういうのがライブのいいところだなあ、と思う。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE