fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

久々にスーパー猛毒ちんどんの話


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「新根室プロレス物語」のことを前に書いたんですが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6558.html)。
ま、イケてない人がリングの上で輝く、みたいなね。
そして新根室プロレスに憧れて選手になろうという人もいるという。

これ、なかなかすごい話なんですよね。
恐らく、プロレスだけじゃなく、いろいろな場面でこうしたことが起こっていくと世の中変わるよな、と思います。

正直、「この人はテレビだったらアウトだよな…」という選手もいたんですよ。
でも、その彼も仲間であって、キャラはちゃんとあって。
彼自身もリングに上がることを楽しみにしているし、仲間もそれを待っている、みたいな。

この辺、「誰だって活躍できる」みたいなね。
カッコよく言うと、「誰でもスポットライトを浴びることができるんだ」、という。

で、これはラジオ(https://open.spotify.com/show/1qEIvendeyIKPwq8T8g5fb?si=983a874f32ff4f22&nd=1&utm_medium=organic&product=open&%24full_url=https%3A%2F%2Fopen.spotify.com%2Fshow%2F1qEIvendeyIKPwq8T8g5fb%3Fsi%3D983a874f32ff4f22&feature=organic&_branch_match_id=1270910968827580680&_branch_referrer=H4sIAAAAAAAAA7WN3wqCMByFn2ZeKm5WK5AISpBuuug%2B1txPh2ub%2B5P49s2gRwgOHDiHj28IwfpDUXhrgoQlZ9bmSuqxOFpnushDbazQGcIVRKUe0al6WBFETgg3Keud%2F2huXmnyg5lTldOlfQvdiaW93uaJ3mm%2FgScijZeInPeUMLqrgGCACjD%2BKphST8bHP2oQ3uou7WUGgoXoRG1cz7TkHzv4JFwJAQAA)でアキが言ってたんですけど、「もう全くスーパー猛毒ちんどんじゃないか」って。

いや、ちょっと気づかなかったですけど、そうかもしれないな、と思って。
ま、新根室と同じと言われたらもう「イエイエワタクシなんて」という感じですが、でも確かにそうかもしれない。

新根室の彼らは、「学校時代の文化祭なんて楽しくなかった」みたいなことを言っていて。
「今が遅れてきた青春です」みたいな。

…確かに言ってるわ…。
「市丸たちの青春を取り戻す」みたいなこと。

確かにイチマルや井上たちは学校時代イケてない。
なんならいじめられた経験の方が出てくるのよね。
全く「光ってない」。

けど、スーパー猛毒ちんどんのステージに上がれば、彼らはスーパースターで、文字通りスポットライトを浴びる。
そして、多くの健体者含むお客さんが、自分たちの一挙手一投足で盛り上がってくれる。
なんなら、カテゴライズするならば、彼らをいじめてた人たち、というと言い過ぎだが、そういうことだ。

それを俺はまあやりたかったわけよね。
逆転するんだ、って。
スーパー猛毒ちんどんは、「逆襲だ」とよく言いますのはこの辺ですね。

確かにそれって、井上たちだけじゃなくて、スズもアキもそうかもしれない。
イケてたかどうかは別として、しかし半裸でステージでスポットライトを浴びる人生になると彼らが思っていたかというとそれはなかろう。
少なくともスズなんかは引き籠もっていたわけで。

でも、彼らは堂々とやってるよね。
まるでプロかのようにステージで振る舞う。

確かにね、衣装決めるとき、「これでいってみようか?」「こんな雰囲気でいってみよう」とか、キャラつけていきますよ。
ま、いろいろ相談しながら、ってことではあるけど、最終的には俺が決める。
でもまあ、肉付けは彼ら自身だからね。
それをどうやって表現するかは彼らに委ねられてて。
でもまあ、彼らはみごとに「魔法」にかかってくれる。
そして、見ているお客さんにも「魔法」にかけられたらサイコウだな、と思ってる次第。

そもそも、市丸たちをステージにあげていいのか?という問題もあったりなかったりする気もしなくもない。
「見世物にしてるのか」と言われればそうかもしれないが、いや、でもそうじゃない。
「見世物上等だよ」ってことなんだよね。

そして、井上たちはステージに上がることを楽しみにしている。
自分の最高の舞台だと思っている。
この辺りだよね。
まあもう彼らは魔法にかかってしまっています。
バンドという魔法に。

そもそも、ライブの中で「振り付け」がある曲は練習するけど、かといってじゃあそれをどうやるのかは彼ら次第で。
イチマルなんかは客席にツッコんで向こうの方に行っちゃうし、当日どう動くかは彼ら次第でありまして。
MCも、「何を言うか」とかは相談してないんです。
井上が勝手に喋る。
ま、喋る場面は決めてますよ、二曲目と三曲目の間に調弦するから、そこでなんかお願い、とかは伝えていますが、何を、というのは当日の井上次第。
正直、歌もそんなにしっかり練習してるわけじゃないんだよね。

俺は、彼らが逆襲できればいいので。
彼らの青春であればいいので。

しかしまあ、それって「当日何が起こるかわからない」ということでもありまして。
カイが発作で漏らす可能性だってある。
その辺も含めて、衣装など作り込んではいるけれど、まあドキュメントでもある。

だからまあスーパー猛毒ちんどんってプロレスじゃない?と言われればそんな気がします。

コロナもソロソロ大丈夫だったら、今年は少なくとも練習を再開したいところ、と一応期間区切って宣言しておきます。






(BGM:山口百恵「イミテイション・ゴールド (ニューアレンジ)」from「百恵回帰」)
→う~ん、まあ時代なんですけどね。
ちょっとダサいアレンジになっちゃってますかね。
このリズムボックスの音(だと思うんだけど)はちょっといただけない。
スポンサーサイト



悩んでいます


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





すげえ悩んでましてね。
これを書いているのは9月の半ばなんですが。

来年の春頃にライブに出ないかとお誘いを受けまして。
ま、正直、もう「スーパー猛毒ちんどん」の歌は、そもそも井上たちが忘れちゃってる問題もありまして。
コロナのおかげで、そんなことになってますよ。

ライブはやらなくても練習はしてるのでは?という人もいるかと思うけど、やってないんですね。
そもそも歌って密室で、というのは怖い。
基礎疾患的なコトもある。
同時に、彼らの誰かが罹患してしまうと困る。
そもそも、カイを一人で置いてはおけない。

そんなこともあって、躊躇してたんですよ。
「やっても平気かな」
「多分平気なんじゃないかな」
みたいな空気感が何度かあったわけですが、それでも「超安全策をとろう」と。

しかしまあ、そんなことをしていたら、もう早3年以上経ってる、と。
歌わないで3年経ってますと、もう歌詞忘れるんですよね。
というか、曲もうろ覚えになっている。
いや、バックのメンバーはまた集まってくれるのか?とか。
いろいろまあ問題山積。

コロナ前はおしなべて二ヶ月に一遍くらいは何処かで呼んでいただいてやってましたから、まあ日常の中に入ってましたけど、こう長く続くと、改めてバンドのことを日常に入れて行く作業もそもそも難しかったり。
というか、めんどうになっちゃって。

まったくコロナのやろう!という感じですけど。

しかし正直、俺としては来年やらなかったらもう一生やらない気がしてきまして。
ちょっと考えなければならない。

ま、ワンマンから始めようかな、とも思っていたんです。
が、しかし、歌詞を覚え直すところから、となると、ワンマンで二時間とかやるためにはものすごい曲数覚えなおさなきゃならないですからね。
できんのか?と。
徐々に思い出していくしかないのではないか?という気もしますよ。

改めて曲を思い出すと、なかなかいい曲があると思うんですよね。
歌詞に注目が集まりがちかと思うけど、俺としてはやっぱ曲だよね。
それなりに凝った作りになってる曲もあるワケで、それらに関しては思い入れもある。
そこはまあ、頑張って作ってるわけです。
それらをこのまま埋もらせるのも自分としてそれでいいのか?というのもある。

そもそもスーパー猛毒ちんどんを見てにじ屋に来てくれたり、それこそ泊まりに入ってくれたりする人もいるわけです。
そういうことを考えると、やっぱバンド活動は大きかったわけだし、大事にもしていきたい。

そりゃやった方がいいに決まってる。
少なくとも、来年が勝負。
来年できなかったらもうダメだ、という切羽詰まっている気持ちです。
あ、なぜ来年と言ってるかというと、正直練習に三、四ヶ月くらいはゆうにかかるとおもっているんですね。
歌詞を覚えるのを含め、元に戻すための練習、というか。

しかしねえ、まあ今またコロナが増えてるとか言ってるでしょ。
そりゃそうだよね。
5類にしました、ってマスクも自由で、なんてやってればそうなる。
コロナサイドからしてみたら、人間のそんな決め事は関係ないもんな。
じゃんじゃん増えるよそりゃ。

ここで活動を再開してコロナになったら、まあこの3年何だったのか?ということにもなりますから。
ってか、まあ基礎疾患的なコト考えると、井上とか罹ったらまずいからね。
そこは慎重にならざるを得ない。

同時に、やっぱめんどくさいんですよね。
面倒くさいなんて言っちゃダメかもしれないけど、けっこうやっぱスーパー猛毒ちんどんはやるのが大変。
なにせ人数が多い。
しかも統制が取れないメンバーも多い。
そんな中でライブをやるわけですから。
楽器の腕を磨けばいい、だけでは済まないというか。

てなことでねえ。
スパッとね、「コロナ終わりです」「特効薬できました!」になんねえかな。
そうすれば踏ん切りも付くんだけど…という残暑の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。







(BGM:Real「うろたえろ」from「Democratic Ghetto」)
→リアル。
好きなバンドの一つ。
この曲は昔シングルだったかソノシートを買って聞いた。
とはいえ、バージョンは全く違う新録。
懐かしさだけで聞いちゃリアルはダメなんだと思うけど、やっぱ懐かしい。

chinnpinn.jpg

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP