FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

2/26からの写真展。グッズもお楽しみに!ってか買ってね。


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょっと前になりますけど、ドラゴンゲートを見てきたわけですが。
ずいぶん昔をのぞけば、二度目ですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4569.html)。

いや、まあ面白かったんだこれ。
真剣に野次ってるおじさんとかいたりして、おそらくまああのオジさんはかなり元とってるね。
多少、正直、うざい感じはあったけど、あそこまで熱くなれるんだったら、もういいよね。
すばらしい。

なんでしょうね、プロレスヲタクを相手にしない感じ、というのも好感が持てますね。
だって、やっぱプロレスをヲタクのモノにしちゃダメだし。
そういうジャンルじゃないよね、プロレスって。
あ、いや、まあそこをターゲットにするプロレスもあるとは思うし、それはそれでいいんだけど、ドラゲーはそこを狙ってない、というのがはっきりしてて気持ちがいい。


なにかやってると、アタマの中が膠着しちゃう、って時があって。
例えば、バンドグッズだったら、やっぱTシャツだよね、とか。

プロレスも同じようなことなのかな、とか思ったりもするんですが。

というのは、やっぱこれまであった「インディープロレス」の枠組みたいなものがあって、その中で自分たちのことも考えちゃうじゃないですか。
いわゆる「アマチュアバンド」、みたいなのも同じようなもんで。

どっか、「新しい枠組み」をご提案していかないと、結局は埋もれちゃうんだよね。

でもまあ、埋もれないと、なかなか仲間はできないし、正直仲間はずれにされてしまう、ということもあります。
バンド同士、仲良しなのもイイですが、ならば別に仲良しじゃなくっていいや、って思ってしまいます今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

仲良くなって、横のつながりができて、みたいなことが「成長」だと錯覚するのがアマチュアで、「んなの、結局上には行ってないじゃん」と思うのがプロなのかな、と。
そう考えると、なんかドラゲーの今の感じというのは、とてもカッコいいなあ、と思います。
実際、結局、客はすごく入ってるわけだし。

ま、プロレスもバンドも表現、という意味では似てる部分があって、他とは違うことをやっていかないと、やっぱお客さんサイドとしては、「他見てても一緒だ」という結果になってしまう。
結局、サザンとかには勝てないわけですよ。
ま、サザンに勝とうとも思ってないわけですが。

とはいえ、その「中身」がなきゃ、そもそも「違うことをやる」ってこと自体ができないわけで、「ロックやりたいから」「ライブやりたい」だけでは、もう、別にいいよ、それは青春の思い出でやってくれよ、と思いますけども。


そんなわけで、ただいま、2月の終わりから行われます写真展(https://twitter.com/SMChingDongSATO/status/1094880862192058368)のことをいろいろ考えているわけですが、まあとにかく場所代をなんとかしなきゃいけない、と。
写真家松澤コウノスケも、そんなに裕福なわけでもなければ、今回はスポンサーがついてるわけでもない。
ウチもまあ、貧乏という意味では同じです。
なので、その辺ね、やっぱどっかで帳尻は合わせたい。

ということで、グッズを販売することになりました。

公式なグッズは出したことがないし、まあ、いいタイミングかな、と。
CD、いわゆる音源とかもまあ欲しいと言ってくれる人もいますけど、どうでしょうね。
まあ、今検討し、多少作業には入っていますが、デモ音源として、ミキサーの参考に、とかは利用しようとは思いますが、実際にみなさんに、つまり一般に出すかどうかはまだデキを見て、あまりにその辺のアマチュアと変わらない、というか、「普通」で埋没しちゃいそうだったら難しいかな。
青春の思い出でやってるわけじゃないんで、まあその辺、音源ほしいといってくれる方も、すんなりと「わーい!次は音源音源!」とならないオレの気持ちもわかっていただけたら幸いです。


てなことで、グッズ。
まあこれが悩んだ。
悩みますよ。
買っていただくわけですから。
ってか、金儲けのために出すわけですから。
場所代のために。

藤井が死んでしまったこともあって、ビジュアル関係、パソコンでの作業がままならないということもありまして。
どうしようかと悩んでいたら、イチマルのところに泊まりに入ってくれてる近藤さんが威力を発揮してくれて、いや、俺が思ったものをカタチにしてくれました。

その死んでしまった藤井が遺したデザインも今回使おうと思って、いろいろ掘り出して近藤さんにバトンタッチしたりして。

そんなこんなで、イイ出来に仕上がったわけです。
現物到着はおそらく間際になるので、まだ予断は許さないとはいえますが、まあやることはやった。
ありがたや。


とはいえ、時間もあまりなく、なんかバンド物販の、いわゆるなモノにちょっと落ち着いちゃったキライがあるので、今後作るときは、もっとなんか考えます。
今までのバンド物販に「ないモノ」をやっぱご提案していかなきゃな、と思って反省しきりです。

近々、グッズについては公開して、宣伝をバンバンしていきますので、一つ、なにとぞよろしくお願いします。
今回がある程度売れてくれると、次が考えられるので、そういう投資のつもりも含めて一つしくよろです。


それとまあ、今回盛況になってもらえると、地方にも写真展は持って行きやすいんで。
例えば大阪で写真展、とか、そういうのもできるし。

バンドで行くとなると、やっぱ百万単位で金がかかるんです。
人数多いから。
なんで、スポンサーを探すためにも、写真展、やったらイイと思うのよね。
ウチを呼びたい、と言ってくれる地方の方もいるんだけど、なにせだいたいそういう人は貧乏なんで、ウチも貧乏で、もうどうしようもない、という。

まず写真展どうでしょう、というか。

そういう意味で、まあ、この写真展を盛況のウチに終わらせたい。
来ない、なんて人がいたら、蝋人形にしてやろうか!、と思います。








告知1

(BGM:前川陽子「暗い夕陽」from「60's CUTIE POP COLLECTION "FIRST DATE EDIT"」)
→これね、とにかく全体のアレンジが秀逸なんだけど、特にAメロの「ほぼベースだけ」ってのがとにかくカッコイイ。
このベースが極端に動くの、好きですね。
そこにギターが踊る。
この頃の歌謡曲はベースがとにかくかっこよくて好きですね。
最近は打ち込みになって、こういう「情念のベース」が少なくなった感じがして悲しい。
スポンサーサイト

困難な時はユーモアしかねえだろ!昨晩はありがとうございました。


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集

んなわけで、今回のセトリは「大体トップか最初の方にやってご機嫌をうかがう曲を一気にやる」という。
そして師匠に来てもらえるという情報もあり、もう師匠持ち歌のあの超名曲をものすごく長くやろう!っていう趣向でお届けしました。

たいがい、ライブというのは、お客さんをのせる(ノリのいい曲、手拍子しやすい曲)→ちょっとしたカバー曲とか→メインで聴かせたい曲→ソロとか一興ある曲→ラストの曲、という構成で考えたりするわけですが、今回はそのアタマの「ノリのいい曲」だけで押し切るという。
ソロは入れましたけど。
いくらなんでも間が持たないと思って。
ま、年末にふさわしい感じといいますか、なんというか、メインで聞かせたい曲はないのかお前!みたいな感じでやらせていただいたわけです。

っていうか、ウチを見て泣いた!みたいな人も多い昨今、そういう曲を省いた、といっても過言ではない。
あ、泣いてもらっていいんですけどね。
そういう意味では、「あの曲を聴きたい!」という人には多少もの足りなかったかな?
でも、今回はホラ、お祝いだから。
しめっぽいのは、ね、またの機会に!

ってか、だからウチのライブは毎回来なきゃダメなのよ!奥さん!
曲多いんだから。
よく言われるのが加納ソロの「足がない」を聞きたいという声なんだけど、ねえ、そう言われちゃうと、なかなかこう、もったいつけちゃうところがあります、性格悪い。

いや、でも師匠の「生きていればよしとする」ってのは、もう名曲だよね。
バックバンドでやらせてほしいくらいです。
ホントに、この曲はなんだろう、ウチにもピッタリくるんだよね。
「難しいことはとりあえずおいといて、生きてればよしとする」
「悲しいことは明日考えるとして、とりあえず生きていればよしとする」
「眠れないけど、でも、生きていればよしとする」
「あああ!ちきちょう!でも、生きていればよしとする」
この曲に、我々なりにいろんなことを凝縮したつもりであります。

昨日のトリ、店長さんがボーカルの「ロックンロールサービス」。
いや、かっこよくて、そしてなんか泣けた。
よろしく哀愁。
店長さんがこんな感じのことを言ってました。
「困難な時にはユーモアしかない」
いや、ほんとそうだよ。
名言過ぎる。
そして、「生きていればよしとする」。

もう、いいじゃん。
ロックで行こう。
ロックで死のう。
生きろ!いつか死ぬから!

やっぱ、対バンのみなさん、みんな素晴らしくて、ライブハウスのイイところってここなんだよね。
目当てのバンドだけじゃなくて、全部見て、そこで何か発見があるし、ロックという(ジャンルはまあいろいろだけど)、音楽というカテゴリーの中で、自分に響くモノが必ずあるんだよね。
なんでまあ、みなさん、ライブハウス、もっと足を運ぼうぜ!

いや、それにしてももちろん生誕祭ということもあってだと思いますが、たくさんのお客さんありがとうございました。
連ドラに出演してる、日本人ならほぼ誰でも知ってる国民的女優さんから、オレの中での国民的女優、ゴキコンのホリ坊さんまで来ていただきまして、終わってからお話までできて、いや、ホントありがとうございます。

でもさ、すげえよな。
国民的女優さんが四谷の地下のライブハウスで、きちんと入り口でお金払って見に来て踊ってくれてるって、すげえ人だと思うし、なんだろう、やっぱ人格者だよね。
あ、別に名前出してイイか。
根岸季衣さんです。
素晴らしい方で、そしてホント感謝です。

今回、この導入曲のオンパレードで引っかかった人は、ぜひ、次回また、ぜひ見に来てください。
次の展開は、次のライブでお届けします。


セットリスト

1.店長誕生日おめでとうの歌
2.スーパー猛毒ちんどんのばちあたり
3.スーパー猛毒ちんどんの妖怪人間
4.エール(クソださい君へ)
5.さようなら世界夫人よ
6.生きていればよしとする(with 元気いいぞう師匠)

seitan01.jpg

seitan02.jpg

seitan03.jpg

seitan04.jpg

seitan05.jpg

seitan06.jpg

seitan07.jpg

seitan08.jpg

seitan09.jpg

seitan10.jpg

seitan11.jpg

seitan12.jpg

seitan13.jpg

seitan14.jpg

seitan15.jpg

seitan16.jpg

seitan17.jpg

seitan18.jpg

seitan19.jpg

seitan20.jpg

seitan40.jpg

seitan21.jpg

seitan22.jpg

seitan23.jpg

seitan24.jpg

seitan25.jpg

seitan26.jpg

seitan27.jpg

seitan28.jpg

seitan29.jpg

seitan30.jpg

seitan31.jpg

seitan32.jpg

seitan33.jpg

seitan34.jpg

seitan35.jpg

seitan36.jpg

seitan37.jpg

seitan38.jpg

seitan39.jpg

seitan46.jpg

seitan41.jpg

seitan42.jpg

seitan43.jpg

seitan44.jpg

seitan45.jpg













shisetu.jpg

げすいい

(BGM:MIYACHI「WAKARIMASEN」fromYOUTUBE)
→「英語わかりません」ってのがアタマに残ってしょうがない。
ホントはすげえわかってるって話ね。

今晩は四谷アウトブレイクに集合DEATH!見せっから!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、極寒じゃないですか。
とか言うと、もう北海道の人とかに怒られると思いますが、いや、埼玉的にはもう限界です。
これ以上の寒さになったら俺はもう冬眠ですね。

という状況の中、今晩はついに四谷アウトブレイク、佐藤店長生誕祭!

いや、ついに来ました。
本当に、佐藤店長にはオレたちを好きになってくれて嬉しいです。
いや、たぶん好きになってくれてると思う。
ん、そうしておく。

しかし問題は、ウチの場合、もうメイクから衣装まで着ちゃって後、四谷に赴くんですわ。
というのも、全体でメイクと着替えに3時間くらいかかるんですね。

一人で着替えさせると、衣装を破っちゃったりする連中も多いので、まあしょうがないんですが。

メイクに至っては、普通のバンドだったら、各々メイクしたりするんでしょうが、ちょとね。
そういうわけにもいきません。
今回はまた助っ人メイクさんが登場する予定なので、なんとかアレですが、それにしてもまあ、時間がかかる。

問題はですね、衣装に着替えないとメイクができない問題です。
しかも、ウチの衣装はほぼ裸、を信条としています。
ま、そこ「信条にするな、冬なんだから」というのも、まあそうなんですけどね。
あまり意味ないんで。

でもまあ、着込んでるより、なんだかんだ裸の方が面白いでしょ。
カッコつけるバンドなら着込んだっていいですけどね。
ウチの場合、カッコつけようにもかっこつかないですから基本。
というか、そういうバンドじゃないんで。

そう考えますと、もうこの極寒の中、みんな平気なのか?というね。
いや、まあ上っ張りとかは着ていきますけどね。
俺なんかは基本褌一丁なので、まあもう、着なきゃそりゃどうしようもないですけど。
そもそも、四谷にたどり着く前に職質必至なんで。

いや、恐ろしい。


でもま、今回はすごく気持ち穏やかにおります。

というのも、もう四谷アウトブレイクってのは、東京のホームグランドですから。
何でも飲み込んでくれるロックの神髄がありますよ。
ロックの神様がいる、という感じ。

そもそも、ロックなんかどうでもいいわけでしょ。
パンクロック、ジャズロック、ロッケンロー、まあいろいろありますけど、そういうのを飲み込んで、そして腰を揺らして、つまり腰をロックしましょう、ってことだから。

ウチはバカロックですけどね。


でもまあ、これが構えちゃう時、あるんだなあ。
やっぱ、知的障害者がフロントマンとなると、いろいろあるでしょ。
世の中って、ロックの前に、そういうこと言ったりするでしょ。

ま、でもまあ、それも一つなんですよ。
知的障害者がフロントマン、それもウチのウリの一つ。
でも、そういうのをロックという次元で飲み込んで欲しいわけ。

けども、なんか難しいこという人いるし、中には「音楽療法が云々」とか的外れなことを言い出す輩がいるじゃない。

ちがうんだって!

というのを、やっぱ「どうやって表現してやろうかこの野郎!」という時もあるんです。
なんか見えない敵と闘ってる、みたいな。
そうなのよね、「見えない」んですよ。

障害者を取り巻くなにやら、って「見えない」んだよね。
だから、あの相模原の事件はそれを「可視化した」って意味で、すげえ意味があったというか、いや、悪い意味で。
「見えないもの」をあぶり出してくれた感じがありますよね。


ま、その辺は15日のイベントでやるとして、いや、そうじゃなくて、15日の「施設のことを飲みながら話す」のイベントだけに来てわかったような気になるんじゃなくてですね、今晩も来て下さいよ。


見えないものがある、あんたが知らないことがある、ってことをまず、見せっから。
市丸たちはね、利用者でもなければ、対象者でもない、ただの一人のおじさんだってコトをさ。








card1

shisetu.jpg

げすいい

(BGM:EXPRESS「もぐらの唄」fromYOUTUBE)
→ま、あきらめたら終わりだと思うし、がんばろうぜ、って思うけど、根性じゃどうしようもないコトもあるんだよな。
ラップだったりのこういう「がんばろうぜ」って、まあ心の支えにはなるんだけど、本気で「なんでもできる」って思っちゃうと、それはそれで違う気もするんだよな。
「意地とプライドでこけそになっても踏ん張ろう」ってのは、応援歌としてはいいし、聞きたいと思うけど、現実にはだめなことはある。

みなさん、明後日は四谷アウトブレイクに大集合!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


つうわけで、明後日だー!
スーパー猛毒ちんどん、四谷のホームグランドに登場であります!

我々、最初の頃、まあバックも今のメンバーとは違ったんだけど、その頃は、障害者関係のイベントとかに出たりしてたんです。

ま、流れとしてはそうですよね。
一応、障害者がフロントマンだし。

ここで、「それも盛り上がるんじゃないか?」と思った人は手を上げていただきたいんだが、ブー!です。

いや、一度盛り上がったことがありました。
ピープルファーストという、知的障害者自身が主催する大会で、そこでは盛り上がりました。
雨の中、野外ですごい人数が踊ってくれました。
ライブあとには「メンバーになりたい!」って人がすげえ集まってくれて。

こりゃいい、と思ったんですけど。
でも、それ以外はほぼ当たらない。

というのも、どうも、親御さんから見ると「珍」が過ぎる、と。
中には、「うちの子は大きな音が苦手なんで」とか言って音を下げさせようとする親まで出現。
気持ちよくクルクル回ってる女の子の手を引いて、「もう帰るわよ」って親が連れて行っちゃうし。
彼女、すごく悲しそうな目をしてたっけ。

ま、総じて、親からのバッシング具合ですね。
だって、親が来てないピープルファーストは大盛り上がりだったし、親が迎えに来るまでは、たいがい盛り上がってもいましたし。

そしてね、たいがいのそういうイベントは親が絡むんですよ。
だから、もうイヤになっちゃって。

で、もう障害者関係のイベントには出ない、って一時決めたんですよ。
だって、もう本気でイヤになる。

そこを突破しようと思っても、親のガードの高さ。
気が狂ったように叫びまくる市丸や、ほぼ裸のウチの連中が「ええじゃないか!」っていくら言っても、逆にそれは親のガードを高くするだけで。

でも、そういう親が絡むイベントではバンドとかもやってたりするんですよ。
歌手の人、誰も知らないような歌手が来て、トトロ歌ったりして。

親もそっちは聞かせるんですよ。
黙ってみんな座ってて。
「手遊びしましょうねえ」とか。
幼稚園か!と。

それも見てられないでしょ。
市丸はもう40だよ?
「右手はパーで」とかやってられます?
というか、それでいいですか?

もうくだらないな、これ、手のつけようがないって思いまして。
外から壊すしかないんだなあ、とつくづく思いまして。
自浄能力には期待出来ない。

なんでまあ、そうは決めたんですがね。
というと、まあ活躍の場がなくなっちゃうんで。
自主興行をずいぶんやってきたんですけどね。

そしたら、元気いいぞう師匠が、四谷アウトブレイクの佐藤店長に話してくれて。
「ぜひ、ライブハウスに出すべきだ」って。
店長も乗ってくれて、そして、毎年数回出させてもらってます。

その中で、たくさん来てくれる人が増えてきて、他のハコでも呼んでいただいて、というのがこれまでの物語でありまして。

だから、いいぞう師匠と佐藤店長には、本当になんか、我々を拾っていただいて、という感謝しかありません。


その佐藤店長の生誕祭ですよ。
ついに呼ばれました。
本当にうれしい。

いつもとはひと味違ったセットリストで臨ませていただきます。
言うなれば、もう一気に駆け抜けます!

ぜひみなさん、いや、四谷アウトブレイク、ホントに面白いブッキングとかしてるから、ロックファンは一度行った方がいいですよ。
ちょうど明後日、いい機会だと思います。

しくよろ~。
当日朝まで、メンバーのツイッターのDMで前売り予約受け付けますので、送ってね。


ライブ詳細こちら → http://www.nijirock.com/nijinokai/modokulive.html








card1

shisetu.jpg

げすいい


(BGM:wonderboy「Pellicule」fromYOUTUBE)
→これ、再開した友だちとの会話をそのまんまラップで語る。
それがなんかさ、すごく心に刺さる。
「俺たちは最初からかっこよくなんかないしな」

というPVを作りたい 誰かZOOMR8の使い方を教えて下さい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「施設のこと」


(リリック1)

毎日同じことの繰り返しで、しかも自分が入りたい時間に風呂も入れないし、食事の時間も献立も人に決められていて。
好きなCDは買えたって、聞ける時間は決められていて。
テレビは9時まででスイッチオフ。
外出は、書類を書いて一週間前までに提出。

あの本が欲しいけど、本を読むには家族に来てもらって本を持ってもらわなきゃ読めない。
アノ服がほしいけど、ボタンの多い服は着せるのにメンドウだからとダメだと言われて、いや、その前に首元にでっかく名前を書かれる。

朝起きれば、勃起もしてるが、トイレの時間は決まってて。
女の職員にさっさとしてよという顔をされ。

話をしたくて、職員につきまとっていたら、薬が増えた。
そのうち、なんだか話をする気もなくなって、ベットから起きるのもおっくうになった。

昨日、隣のベットの友人が死んだ。
朝、死んでたって。


(サビ)

「真実の口」by漆黒

こないかもしれない
かもしれない
夜が怖い
眼を見開いて

既に意識がありませんでした
ありませんでした
ありませんでした
本当に?

ころされる
ころされる
ころされていく

既に意識がありませんでした
ありませんでした
ありませんでした
真実は?

ころされる
ころされる
ころされていく

ころされてたまるか
たまるか
たまるものか


(リリック2)

何があったのか、誰も知らない。
緊急を知らせるコールに彼の手は届いたんだろうか。
届いてたって言われれば、もう誰も見てない。

30年前の彼女は、そんな毎日がイヤで施設から脱出。
トイレも風呂も外出だって自由になったけど、介助をやってくれる人を必死に探さなきゃならなかった。
人探しに毎日を追い立てられて、なんのための脱出だったのか、彼女も悩んでいたけれど、それでも彼女は言った。


(画面にテロップ)

「あそこは鉄格子がないだけだから」
「犯罪を犯した人は、それだって刑期が終われば出れるでしょう?でも、私たちは死ぬまで出れないんだよ?」


(リリック3)

「哀國」by漆黒

いらない人間は
殺しましょう
いらない人間は
閉じ込めましょう
いらない人間は
産むのを辞めましょう
面倒だから
薬で廃人にしましょう
面倒だから
さっさと重症にしましょう
都合の悪いことは全て
蓋をしてしまいましょう


(サビ)


(リリック4)

もうお母ちゃんは60歳。
私を担ぐことなんかできない。
かといって、妹に、義理のお姉さんに私を担いでくれなんて言えない。

新鮮な空気は、職員の配置換えの4月だけ。
新しい職員は、5月になれば、生理のたびに私に言うようになる。
「多いわねえ」

空調はいつだって完璧。
寒さも雨も雪ですら私には関係ない。

私は、ここで一生を終わる。
隣のベットの男の子のほおり出された性器はずいぶん見たけれど、ソレも触らずに、セックスも知らないまま、私はきっと一生を終わる。

キスをしてみたかった。
親でもない、ボランティアでもない男の人とショッピングモールに行って笑いたかった。
何も買わなくてイイから、笑いたかった。

雨の日に出かけるのをためらってみたかった。
雪の日に、車椅子で滑って笑いたかった。
夏の日に、暑くってやになっちゃうって、冷房の効いたコンビニに避難したかった。

人生に悩んで、雑踏に出てみたかった。







(BGM:あいみょん「愛を伝えたいだとか」fromYOUTUBE)
→これは椎名林檎さん路線なのしら。
声が似てるってのはある意味マイナスではあるなあ…。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE