プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

偉そうで申し訳ありませんが


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


この前、マカロニほうれん荘のコトをちょっと書きましたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4462.html)。
つまりはまあ、表現作品に関しての商業主義に対する嫌悪感を持てるようになったのは、マカロニのおかげだ、みたいな話だったわけですが。
太陽肛門スパパーンさんいうところの「資本主義との親和性」ですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3608.html)。
親和性が高ければ高いほど、俺の嫌悪感も上がっていく、みたいな。

あ、そういえば、ちょっと話変わりますが、ってそんなに変わってないんだけど、セブンイレブンのCMで清志郎さんのデイドリームビリーバーが使われてるけど、あれもなあ、なんか俺はちょっとイヤ。
セブンイレブンを応援してほしくない。
といっても、もう故人ですからしょうがないのか…。


ま、おかげさまで取材なんかを受けたり、記事にしてもらったりすることがあって。
NHKの番組なんかは、何週間にもわたっての取材で、大きな感じでしたけど。

こういう場合、「受けた方がいいのか?」という疑問が常につきまとうんです。
少なくとも例えばNHKについては、ずっと断っていたので、「基本、断りたい方向」、ではあります。

ただ、先日、NHKを見てにじ屋に来てくれたという方もいたりしたから、それなりに宣伝になるし、「知ってもらうにはいい機会じゃないの?」という意見はごもっともなんだよね。
だから、ムゲに断るのも、ちょっともったいない、というか…。
そういうのもあるよね。


元気いいぞう師匠という、偉大な方に応援していただいて、ライブハウスにも出たり出来るようになって、いろいろ感じることは、「メジャーでもがんばってる個人の人はいる」ということですよね。
きっと、NHKの担当の人もそういう感じだったかな。
数ヶ月の付き合い、というか基本断わったままの期間を経て、信用できるな、とまあ踏んで了解をしたわけです。

同時に、インディーでもいいぞう師匠のように、もう大阪にいったときに痛感したのは、飲み屋でなんか挨拶してくる人とかいるわけ。
テレビに出てなくても大者、って方が確実にいて、そんな方とお付き合いさせてもらってるわけなんですけど。

すごい人は、メジャー、インディーにかかわらずいるんですよね。

新聞始め、記者の方も、なかなか面白い方がいて、飲み会だといっちゃあ、取材というわけじゃないんだけど飲みにきてくれるというか。
深夜までつきあってくれたりして。
そうなると、もう記事どうこうじゃないからね。
なんか書きたい、と言われれば、断るも何も、「あ、どうぞどうぞ」みたいな感じになってくる。


で、新聞は別として、ネット記事とかだと、できあがった記事を見せてくれるところもあるし、NHKもナレーションのチェックをお願いします、というのはありました。
けど、俺はそこでは基本見ないことにしています。

というのも、もうそれはその取材した側の「作品」だと思うからです。
オレたちのバンドを題材にした作品。

だから、そこに俺が口を出すのはヘンだと思うんです。


つまり、できあがったその作品が「面白くねえや」って俺自身が思うコトもあるし、「これなんだ?」って笑っちゃうこともある。
でも、それは、その人の作品だから。
俺らとはもう距離ができあがっているモノだ、と思ってるわけです。

単純に、これらのことを「宣伝だ」と取ってしまえば、間違いは正した方がイイ。
特に、我々のような「障害者がフロントマン」というバンドの場合、間違われることは多い。
なんだかんだ、そもそも世の中にバイアスがあるから。
できあがったモノを見れば「ああ、この人はそのバイアスから逃れられてないんだな」と思うこともあったりする。

でも、それも含めて、それらの人は、「自分の作品」として、しっかり表現すべきだと思うし、そこに誤解が生じるのであれば、それも現実で、そもそも「誤解されやすいバンドですよ」ということで、いいんじゃないか、って思うコトもあって。
そういう緊張感の中で、オレたちは一緒に、取材される側、する側という距離感で、イイ作品をお互い作りましょう、って思うワケですね。


というか、そもそも、そういうモノ、いわゆる第4の権力だとか第5の権力だと言われるメディアを「宣伝」として捉えること自体、すごく「資本主義との親和性」が高いんじゃないか、って思うコトもあるわけです。
だから、これらは「宣伝」じゃなくて、「アナタの作品でしょ?」と俺は位置づけていたい、という気持ちが強い。

いや、まあウチのバンドなんてのは、いくら誤解された記事を書かれても、来てもらえば一発でそれを吹っ飛ばす自信はある。
だからまあ、来ない連中が何いっても、まあどうでもいいっちゃあ、いいんです。

同じように、俺に話を聞きに来ない、という、つまり、バンドのコンポーズ、楽曲から歌詞から、衣装、演出、を作ってる(曲自体や編曲はバックのメンバーと作ってるわけだけど)俺に話を聞きに来ないで、まあウチのバンドのことを書いちゃう人ってのも、まあ信用はできない。
ウチのバンドを知ろうとしてない、って俺は思うから。

でもまあ、それで記事を発表しちゃうってのも、その程度のアナタの作品ですよ、ってことだよね。
だからね、思うんですよ。
自分の価値を下げない方がイイですよ。
その記事を書いた人も、その記事を掲載したメディアの人も、って。


先日なんかネットに載った記事では、冒頭に俺らの言葉じゃなく、アイコちゃんのキラーフレーズがさもオレたちが言ったように書かれていて、もう読む気をなくしました。
それはアイコちゃんが訂正を促してくれて訂正されたようですけど(実は訂正後は見てない)、ま、アイコちゃんありがとう、なんですが。
アイコちゃんとは仲間だし、近い関係だからそういう間違いもあったのかもしれないけど、ちょっと調べればわかることなんだよね、こんなの。


「宣伝になるから」みたいなことで、取材者に頭を下げるようなことは、基本オレたちはしません。
だから、ちゃんと金払って、ライブに来てもらって、それでどうだこうだで、この人はちゃんと自分の作品を作ろうとしてるな、と思ったら話はします。


偉そうですが、取材と言えばなんでもありがたがってくれる、と思ってる方に、一応注意DEATH!。
お互い、作品を作る者として、緊張感持ってやりましょう。




(BGM:倍賞美津子「いつも一緒に」fromYOUTUBE)
→これ、猪木ボンバイエのB面ですけど、これいいじゃないの。
「男は闘いに今日もまた出かける~」
基本、ボンバイエのメロディですが、ところどころ、聞いたことのあるような洋楽の超名曲が入ってきます。
そして、これを歌い上げる倍賞さん、ステキだわ~。
スポンサーサイト

「私たちは障害者です」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


機関紙今月号に書いたんですけど、ちんどんのことで書き忘れていたことがあったな、と思いまして。

ま、機関紙については、なんていうか、紙媒体にこだわって作ってるところもありますので、まあ、それももう古いんだろうな。
どっかでターニングポイントは作って行かなきゃならないんでしょうけど、今のところ、そういう感じでありまして、HP関係もちょっと藤井の急死でパスワードがわからず更新できない有様なので、その辺があれしたら考えようかとも思っていたりいなかったり。

なんでまあ、機関紙は会員の方には郵送していますけれど、それ以外でも読んでみたい、という方がいたら、にじ屋でも配布していますので、店員に声かけて下さい。
また、何かしらの方法でアクセスしていただければ、見本としてお送りすることも可能です。

なんにしても、まあ力入れて作っているので、ぜひみなさんに読んでいただきたい。
スーパー猛毒ちんどんでいえば、メンバーのみんなの日常が垣間見れるイイ紙面になってると思いますので、何卒、ということで。


さて、本題ですけど、前回のライブではチャビエが手術前ということで、「唄わない」どころか、「しゃべらない」ということで。
というか、ドクターストップですね。

でも、ステージには上がりたい、ということで、知り合いのにじ屋の隣の葬儀屋さんに死に装束と卒塔婆をいただいてきて、それをまとって彼女はステージに上がりまして。
ラストの曲で、卒塔婆を佐藤店長にぶちこわしていただき、手術の成功を祈願する、という。
卒塔婆には、なんだか「超猛毒珍鈍・珍好運好萬好」などと、やたら達筆で書かれていまして、バチアタリにもほどがある、という。

ま、そこまではいいんですけど、そんなわけで、彼女がしゃべらない、と。

ウチのライブに来てくれた方ならわかるかと思いますが、MCというのがありまして。
曲の間のおしゃべり、ですね。
これはまあ、調弦とかもありますから、なくてはならない部分ではありまして。
それを普段はチャビエと井上で掛け合う、というのがスタイルでした。

俺は基本しゃべらないので、というか、まあツッコミがあればしゃべりますけど、それもマイクとかじゃなくて、ですね。
本当のツッコミはやりますけど、「しゃべる」という役割は俺にはないわけです。

でもまあ、今回ばかりはチャビエがしゃべれないとなると、井上一人ではどうにも暴走するかもなあ、というのもあり。
掛け合った方がよかろう、という。
どうしようかな~と思ったんですけど、まあ、しゃべろう、と。

チャビエの分を、まあうまいこと掛け合えるかどうかわからないけど、いつもと違って「しゃべる」も自分のワークとしてライブでやろうと思って。

MC自体は、そんなに問題なく進んだと思うんです。
で、帰る道中、ふと気づきまして。

「そういえば、俺も井上も、その他のメンバーも、障害者って言葉を発してないな」と。
途中、井上が、「みなさんみたいな普通の人でも悩みがあるでしょう?」みたいにふった部分はあったけど。
普通の人て…、みたいな感じですけど。

いや、何も考えてなかったんですよ。
障害者って言葉を使わないようにしよう、なんて気持ちもなかったし、思ってもいなかった。
そこに矜恃もなく。

でもまあ、自然にしゃべっていて出てこないんだから、それは言わなくてイイんだな、ってことなんだな、と。

まあ、みんな騒いでくれ、唄ってくれ、のってくれ!って言ってるわけですから、そこに障害者かどうかは特に垣根があるわけではなく、なにもオレたちは「わかってください」なんて唄ってるわけでもないし、自分たちの日常を唄ってるわけで。

そう考えたら、なんかすげえじゃん、とか思って。

「オレたちは障害者です」って言ってしまったとたん、おそらくお客さんだって反応に困る。
「だから何?」とも言いたくなるだろうけど、相手が障害者である以上、その言葉だって飲み込む、というのが、小さい頃から学校で「障害者には優しくしましょう」と言われて育ってきたみなさんの反応かと思います。

そこにはまあ、何も生まれないわけで。
憐れみや同情は否定しなきゃ始まらない。

そう考えた時、ナチュラルにそれを言わなかったライブって、なかなかイイじゃん、というか、なかなかすげえな、と思った、という話でした。





(BGM:The B-G System「i don't wanna be your man」fromYOUTUBE)
→1969年の作品なんだけれど、これ、YOUTUBEだと横尾さんが作ってるの?PVみたいになってて、これがえらくカッコイイのよ。

午前様!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、まあ、楽しくライブもおわったわけですけど。
一、二週間前までは、チャビエが喋れない、ということでかなりどうしようか悩んだりもしたんだけど、まあ俺が喋っちゃえばいいか、と。
同時に、今回はラストステージになるギターのトランポリンに唄ってもらえばイイ、という結論にたどり着き、まあどうにかなるか、と。
ってのも、彼はものすごく歌が上手いのであります。
俺も普段はまああまり喋ったりしないけど、まあ今回はよかろうというか、そんな感じで。


すずが今回初参加したわけですけど、というか、すずありきの新曲を作りました。
彼女は、高校で合唱部にいたらしく、しかも高校時代はすぐそこ、という。
俺みたいに、高校時代は数十年前です、というのとは違って、やっぱ歌えるわけです。
旋律をちゃんと歌えるというか、ね。
そういうの、活かしていこう、という。

なんか、見に来てくれた方のツイートを見たら、終演後にすずに聞いたら「もう怖いモノはない」とか言ってたらしく、まあ頼もしいことです。

でも、出番が近づくに緊張はしていたらしく、「ステージに上がったら(メイクが映えるように)メガネを外せ」と言っていたのに、外し忘れ、途中で気づいたらしいけど、「途中で外すのもどうか?」ということで、まあそのまま続行したらしく。
後で聞いて笑っちゃったんですけど。

なにせ、ウチはあまり「緊張する」ってヤツがいないので、新鮮でイイですね、「緊張しました」ってのはやっぱ。


衣装をね、やっぱ考えます。

毎回まあ、悩むんです。
そもそも、衣装部屋がもうキッタナイことこの上ないので、もうめんどくさくて。
一度、ちゃんと片づけようと思いながら、次のステージになってしまう、という。
この俺のめんどくさがりが全ての元凶です。
だからまあ、自業自得なんですけど。

米本さんと、毎回悩み悩み各人にあわせて衣装を考えるんだけど。
特にすずに関しては、初めてだし、どうしたらいいか、と思ったんだけど、かなり強気の衣装を本人がやってくれる、とのことだったので、でもまあ、なんかよかったと思います。
衣装を着てみた写真を親にも見せて云々、なんて言ってたから、なんかよかったなあ、って。
「親に見せたい衣装」って、なんかいいじゃん。


一方、「親には絶対見せられない」という衣装もあるわけで。
特にコウヘイとかそうですけど、そもそも「ブログにもツイッターにものせられないよ、これ…」、という。
市丸の片玉とか含め。

でもまあ、この辺はかなり個人の要望が強いし、アウトブレイクなんで、まあイイと思っています。
野外だとちょっと俺も止めますけど…。
この辺は、現地ライブでお楽しみください。


ま、今回は実は当日全体休みの日だったんです。
しかも、出番が21:40とのことで、夕方に集合しました。

たいがいはにじ屋をやりながら、それと平行して衣装を着てメイク、というのをするんです。
だから、一人一人を呼んで、一人一人衣装を着せて(一人で着れない衣装も多々ある)、という流れになるけど、それが今回は一斉休みなんで、全員で一斉にできる。

これね、まあ早くできたんだわ。

やっぱ、全体を見通せるし、うまい具合に「次、はい、次」みたいな感じでやれるのね。
オートメーションという言葉が浮かびますよ。

今回は、ウチのメイクの重要人物なっちゃんが仕事で来れない(ってか平日だしなそもそも)ってことで、かなりやばいかと思ったんだけど、その穴をすずやTAROさんに埋めてもらって、仕上がりはともかく、まあ思ったよりスムーズにいきました。


ま、「早くできることはイイコトだ」、と思いがちですが、これ、ウチに限っては「顔を触ってしまう時間が増える」ということでもありまして、それはそれでどうか…という。
以前には、メイクをしてからホッサになってしまって、メイクをしたことを全く忘れてしまい、顔を手でぐしゃぐちゃにしてしまったという、ミツのような不幸な出来事も出てくるわけで。

ゆっくり現地でやれればいいですけど、なかなかウチのメンバー全部が入れる楽屋があるライブハウスなんてのはそうそうありません。
人数が多すぎなんじゃな…。


終演して、フロアにみんなで出て、お客さんとも話し、メイクをしたまま衣装を着たまま事務所に戻ったのがもう24時近く。
そして、メイク落とし。
これがまあタイヘンなんだけど。
油で落としていくんで、まあ、すげえ時間がかかるし、そもそもけっこう辛いんですね。
そんなメイク落としと格闘し、解散したのは25時過ぎ。

なかなかできることじゃない体験をさせていただきました。

知的障害の彼らが、ステージに呼ばれて出て、そしてたくさんの方に「かっこよかった」と言ってもらって、お客さんにお酒をおごってもらい、帰るのが25時。
よくよく考えれば、俺なんかならともかく、きっと、まあ、彼らにしてみたらなかなかできない体験だと思うんだ。

ステキだと思うんですよ。
こういうの。
「昨日は午前様だったぜ」なんて、言ってみたいんだぜ、井上達だって。
ま、問題は「午前様」って言葉を彼らは知らない、って話なんですけど。


てなことで、楽しかったと言ってくれたみなさん、本当にうれしかったです。
今回はちょっと時間が短く、しかも井上がしゃべりすぎ、楽曲の時間がちょっとアレだったんで、いや、次来てくれたら、また違ったスーパー猛毒ちんどんをおみせします。

チャビエ復帰次第ですが、当ブログやツイッター、フェイスブックをぜひチェックして、また来てくださいね。

お楽しみは、これからだ!






(BGM:三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」fromYOUTUBE)
→この人、一時けっこう持ち上げられてて。
新作落語とかやってたと思うんだけど、なんか俺はあまり面白いと思えなくて。
これもなんかENJOHとかって書いてあったりして、なんかなあ…と。
関西のテントさんもそうだけど、持ち上げられて一番かっこ悪い感じに仕上がってるヤツです。

次もお楽しみに!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、昨晩は本当にたくさんの方に見に来ていただきました。
井上がまだメイクの段階で胸に「満員御礼と書いてくれ」とマジックを持ってきましたけど、なんかホントに満員といった感じで。
ありがたいことです。

いや、聞けば、もう共演してくださったみなさんが素晴らしかったと。
俺は後発部隊だったので、見れなかったバンドもたくさんあるんだけど、ちょっと見れたバンド、「やすしーず」はヤバイ。
このバンドは、とにかく全てのロックファンに見てもらわなければならないと思いました。

てなことで、個人的には、楽器を車から降ろそうと思ったら折れる、という。
チンドン太鼓のつなぎ目が折れたんですけど、まあ経年劣化ですね。
ちょっとそろそろ手入れをしてほしい、という楽器の叫びだったかと思ったりしております。
ごめんね太鼓。

そんなこんなの反省点もあったりなかったり、でもまあ、こんな感じかな。
上を見ればキリがないが、足元もなんか充分誇れるかな、と思ったり。

来てくださったみなさんにも、嬉しい声をたくさんいただき、また次、がんばろうと思います。

まず、アウトブレイクのみなさん、佐藤店長さんに感謝です!
いつも素晴らしい場所を作っていただき、本当にありがたい。

そして、ギターのトランポリン、ありがとう。
九州に帰郷っても、楽しく暮らしてください!
そして、新ギター、キケンジくん!これからよろしく!

そして加えれば、ちゃびえ、手術大成功して戻ってきてください。
なにせ、多くの「もっとスーパー猛毒ちんどんを見たい!」という人が待っています!

そしてなにより、多くのみなさん、スーパー猛毒ちんどんのファンになってくれてありがとう!

チャビエが復帰次第、またやります!
お楽しみは、これからだ!


セトリ

1.たけす
2.GO!GO!猛毒作戦!
3.あんまり大して変わらない
4.俺の名前をちゃんと言え!(新曲)
5.俺は仲間がほしい(カレー)
6.グローリー号に乗れ~感動するなら金をくれ
EC.スーパー猛毒ちんどんの数え唄


新曲「俺の名前をちゃんと言え!」の歌詞はこんなのでした。
中盤は、すずとキッチンのデュオであります。


俺の名前をちゃんと言え
俺はスーパースター
俺の名前をちゃんと言え
俺はスーパースター
俺の名前をちゃんと言え
俺はスーパースター
俺の名前をちゃんと言え

おまえはいらない
普通じゃない
誰も話しかけてなんかくれない
名前を書けるか?
迷惑かけるな

部屋にはカギをかけておく監視
一人で外に出てくのは禁止
親はどこにいる
親を呼んでこい

俺はだた普通に生きていたいだけなのに

運転手はもたもたして
にらみつける
乗客の目が
お前はいらない
お前は邪魔だ
黙って部屋に閉じこもってろ

ヒトと思えない
普通じゃないから
かわいそうでしょう
感動的よね

俺はだた普通に生きていたいだけなのに
もう、もう、ガマンができない!


ob01.jpg

ob02.jpg

ob03.jpg

ob06.jpg

ob07.jpg

ob09.jpg

ob10.jpg

ob12.jpg

ob13.jpg

ob16.jpg

ob17.jpg

ob32.jpg

ob31.jpg

ob30.jpg

ob28.jpg

ob26.jpg

ob25.jpg

ob23.jpg

ob21.jpg

ob20.jpg

ob19.jpg


フェイスブック(https://www.facebook.com/SMChingDong)にも違う写真をあげましたので、よかったら見てください。





(BGM:沢知美「ブルーモーニングブルース」fromYOUTUBE)
→いや、もうこのサビにおけるベースの踊り方ったらないね。
どこまで高音に行くんだ、おい!と。
なんか、最近の曲って言っても通じると思う、これ。
古さを感じさせない。

さて、今夜は騒いじゃうぜ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


さて、そんなわけで、衣装合わせもなんだかもうけっこう大忙しの中、今日当日です。
みなさん、ワクワクしてますか?
俺はしているぞ!

というわけで、今回はギターのトランポリンがラスト。
九州の田舎の方に戻るとのことで。
前から考えていたことだそうで、年齢的なこともあわせて、これ以上伸ばせない、ということで。
残念ですが、でも、彼の旅立ちを応援したいと思います。


ウチがまだバックが固まってなかった頃、彼がステージを見て「ギターを弾きたい」とたずねてきてくれたのが、今のサウンドになるきっかけになりました。
その後、彼が若い頃やっていたバンドの盟友、コジマさんがベースを弾いてくれることになって、ドラムをキッチンが叩いてくれるようになって、という流れで。

この流れの中で、「ちんどん」はどんどん薄まって、セトリによっては俺が楽器、ちんどん太鼓を持っていかない、という回もままあったり。
そんなこんなで、やりたかった「ロックショー」に、近づきました。


彼は、そもそもヘンテコな人で、ちょっと話せばわかりますけど、ま、一言で言って「普通じゃない」。
いや、褒め言葉ですよ。
ぶっ飛んでる感じというか、それでいて酒が飲めなかった、なんて話を聞くと、ちょっとなんかおかしいんだけど。

そんなわけで、ちょっと彼の私生活はよくわからないのだけれど、きっとまあ九州でも楽しく暮らしていけるだろうな、と。


本当に、彼と別れるのは辛いけど、でも、新しい一歩。
オレたちも新しい一歩を踏み出せるように、彼がギターを弾きたいと言ってくれたバンドであり続けられるように、がんばろうと思います。


そんな彼の門出を祝すためにも、みなさん、今晩、ぜひ四谷アウトブレイクにおいで下さい。
お待ちしております。

猛毒予約メールは締め切りましたが、ある程度の時間まで、ツイッターのDMなどで予約を受け付けます(@SMChingDongSATO)。
もちろん、当日券で来てもらえばいいんだけど、せっかくだから、前売り料金で入ってもらって、差額はぜひキンミヤ焼酎を楽しんで下さい!







(BGM:梅宮辰夫 「ウッシッシ節」fromYOUTUBE)
→これ、ダイナマイトロックのA面。
ダイナマイトロックがB面だったとはな。
といって、こちらに期待ができるかというとそうでもなく、なぜこっちをA面にしたのかがよくわからない。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE