プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

マカロニほうれん荘!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、マカロニほうれん荘。
原画展をやっていたので見てきましたが。
その繊細さに打ちのめされました。
印刷はやっぱ荒くなるんだね、という当たり前のコトを再確認。


どうですかね、俺の世代の人ならば、知らない人はいないマンガ、と言っていいんじゃないでしょうか。

当時、俺は小学校高学年でした。
一番なんか、多感な時と言うか、多感前、というか。
精通ころ、というか。
チン毛が生え始め、というか。

ま、チャンピオンで、がきデカと双璧を成していたこの作品。
がきデカは大好きでしたが、マカロニはどっちかというと、「憧れ」な感じでした。

ちょっとエッチっぽい(あくまで「ぽい」)扉絵とか、トシちゃんたちのロックっぽいカッコ、などなど、なんか「大人の感じ」というか、「大人のかっこよさ」を追求したマンガだった、と思う。
女の子はかわいいし。
クマゴロー先生と急にセッション?が始まる場面なんかは、音が聞こえてくるようだった。


そのマカロニが「壊れて」いくのは、ラストの方。
なにせ、もう意味がわからないし、細かい線もなく、背景もなく、ただきんどーちゃんとトシちゃんと馬之助が書かれている、みたいな回もあって。
ただ、スイカを切るだけで一回、とか。

なんかね、当時は「ああ、この作者は壊れちゃったんだな」と思いました。
そして、それこそがなんか「表現だよな」と思ったんです。
自分が壊れちゃっていくのを、そのまま原稿用紙にぶつけていく感じ。
だから、なんかすげえ、それらの「壊れてからのマカロニ」は、俺の中で「これこそ表現」みたいに思ったのね小学生時代。

だから、周囲の「最近のマカロニ、面白くないよね」という声に、どうしても賛同できなかった。
「これもマカロニじゃん」みたいな。
「これが今のマカロニなんだよ!」みたいな気持ちがあって。
面白いとか、そうじゃないとか、そうじゃないんだよ。
これは、鴨川先生の表現なんじゃん!みたいな。
でも、まあそんなことを言ったら孤立しちゃいそうな感じではありましたね。

で、まあ楽しみにして単行本を買ったんだけど、落ちてるのが多いんです。
チャンピオンで確実に読んだ作品が入ってない。
なんだそりゃ…、と。

つまり、出版、という「商業主義」としては、やっぱり「最近のマカロニ、つまらないよね」という大多数のニーズに従うしかないんだな、と。
商業主義と表現、ってのは、もう相容れないんじゃない?みたいな。
そこまでのことを、小学生の時、中学始まった頃かな?に思っていました、イヤな子ども。

俺は音楽をやってましたから、このマカロニの崩壊、そして崩壊を理解しない商業主義、というモノを経て、例えばピアノを弾くにしても、「なんで楽譜どおりに弾かなきゃならんのだ」という思いが強くなりまして。
フリージャズとかを聴くようになりました。
そして、耳コピ。

そして、テレビに出てくる音楽に、どんどん嫌悪感を感じるようになりまして。
「どうせ、これも商業主義のたまものなんだ」みたいな。
「俺が聞きたいのは,崩壊したマカロニだ。そういう表現を俺は聞きたいんだ」みたいなね。

そしたら、東京ニューウェーブ79とか、東京ロッカーズとかのコンピが出て、レンタル屋で借りたりして衝撃を受けまして。
そこからですね。
音楽の指向がインディーに向かって行った。
そして、ハードコアに出会い、高校になった時には立派なハードコアキッズになっていました。

そう考えると、なんかマカロニの崩壊はけっこう俺の中ではエポックな出来事で、すごく影響を受けたと言えます。

その後、まあ、大人になってメジャーの音楽に再び触れ、ちょっとした回帰もありつつ、つまりはまあ、商業主義だって、インディーだって、いいモノはいいし、みたいな。
というのも、俺が高校を出る頃、宝島の侵略が始まって、キャプテンとかでインディーの音源を出すようになって、インディーが商業主義にあらされた時代があって。
そこで、なんかもうヤになっちゃったってのもあったりもしたり。

大人になって、サザンがよいとまけを唄ったりして、あ、商業主義いうても、売れちゃえばやりたいことできるんだよな、とか当たり前のコトを思ったり。

今はやっとフラットになった気がしますけど、それでも殺害塩化は大好きだし、プロレスもメジャーも好きですが、どインディーも好きだったりして。


ま、それはそうと、マカロニほうれん荘、もう一度読みたくなったな。
でも、単行本はもうどっかにいってしまったな…。
未収録作品も入れて、順序もきちんと連載順にしてもらって再発してくれないかな…。







(BGM:「ピンキーマウス・マーチ 」fromYOUTUBE)
→えええええええええー。
いいの、これ…。
本家、著作権にうるさいというけど…。
スポンサーサイト

唯一無二の表現者


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


人は、どんな表現にも意味を求めます。

ワケのわからない絵。
ワケのわからない詩。
だとしても、「何が書いてあるのか」という意味を求めてしまう。
自分の思いや、自分の経験を総動員して、「こういうことなんじゃないか?」みたいなことを考えます。

もちろん、それは発信する側の意味とは違ってくる可能性がある。
でもまあ、受け手は「こうなんじゃないか?」と推理する。

ま、その推理をするのが、アートを楽しむ、みたいなことなんじゃないか、と俺は思うんだけど。

ゲルニカだって、まあただの落書きじゃん、みたいな感じもするわけですよ。
でも、誰かが、もしくは本人が「戦争の愚かしさを表現した」みたいなことを言うと、「確かにそうかも」みたいな。
あ、そういえば、ゲルニカというのは地名なんですね。
そういうことからも、つまりは絵にタイトルをつけることによってなにか推理が一つ進む、みたいなこともあります。

JAGATARAの「もうがまんできない」も、タイトルがあって、あの歌詞があって名曲になってる、というか。


歌にしてもまあその推理を楽しむ、というのは一つ、我々受け手の仕事というか、そんな感じなのではないか、と思うんですが。

が、その「推理をする」という行為が、あまりに「無意味だ」と、それ自体が馬鹿馬鹿しくなってしまう、という、つまり「作品の意味を探る」ということ自体をもう放棄させる作品表現、というのがあります。
といっても、俺がしる限り、二つです。

一つが、日本の最凶バンド、「猛毒」ですね。
このバンドは他の追随を許さない、孤高のバンドだと思うんですけど。

ココに出てくる芸能人を題材にした歌にしてもなんにしても、あまりに意味がなさ過ぎる。
茶化す、というのだったら、もっとやりようがあるだろうけど、若林豪さんをして、「若林オーストラリア」と延々叫び続けられても、それはもう茶化す、という意味でもない。
ただ、豪、が、オーストラリア、とも読める、というだけのことだ。
バカ社長のソロに至っては、シャネルズの「ハリケーン」の「ハリケーン」の部分だけを延々とサンプリングでつなげる、という。
もう、意味がなさ過ぎて、「なんなんだろう?」ということすら受け付けない。

この、あまりの意味のなさが猛毒の真骨頂なんだけど、
ウチが猛毒をつけているんで、ホント、ご本人の耳に入ったらもう大変だ、と思ってて、入らないことを祈っているわけですが。
本気で、この人たちは怖い。
意味がなさ過ぎる。

それって、まああり得ないんですよ。
逆に、こんな歌を作れますか?って話で。


そしてもう一つがゴキブリコンビナートですね。

先日、本公演に行ってきました。
公園内に作られたテントには、「ゴキブリコンビナート」の看板もなく。
そりゃそうだ。
都内の、なんか小綺麗なみなさんが散策してるこんなところで、こんな意味のないお下劣な公演がなされているなどと知られたら即刻大問題になる。
公演のビラにも場所は記載されていない。

でもまあ、わらわらと集まってくる観客。
その全て、98%がレインコートを着ている。
晴れの日、テントの中の演劇を見のにレインコート。
中に入れば、鉄骨が天井にまで組まれており、あとでわかるのだが、上演中に鉄骨が倒れる仕掛けになっていたりする。

演者は、鉄骨の上から下から、あちこちで演じるんだけど、時に滑ったりして、恐ろしいことこの上ない。
見ていて、ヒヤヒヤの連続。
こちらも、いつ、何が、最悪演者が落ちてくるか、ということから身を守らなければならない。
あ、客席はないので、みんなその下とかでテキトウに見るのである。
中央の鉄骨に注目していると、壁側の黒い幕から人がターザンよろしく降ってくる。
緊張感の連続。

確かにね、スジを追えば、何かの表現はありそうで、考えればあるのかもしれない。
でもね、ないよ、これ。
考えるだけムダ。

とにかく、これはゴキブリコンビナートでしかない。
どんな劇だったんですか?と聞かれれば、もう「ゴキブリコンビナートですね」としか答えられない。

スジは一応あるんだけど、いや、あるけど、なんだろう…。
上手く言えないけど、それ自体ももう「ゴキブリコンビナート」なのである。
それ以上に言いようがない。

そういう意味では、猛毒もロックかと言われれば、そうではなく「猛毒」でしかない。


いや、この偉大な作品を生み出す2つの集団は、俺は芸術に対する挑戦じゃないかとすら思える。
が、おそらくそんな大それた意味もない。

ただの、大人のバカ騒ぎ、といった方が近いかもしれない。


そして、俺はこの二つ、とても大好きで、尊敬しているのである。






(BGM:アラジン・スペシャル「がんばれジャイアンツ!!」fromYOUTUBE)
→なにこれ?
ジャイアンツとあまり関係ない下世話な唄かと思いきや、急にがんばれジャイアンツが入ってくる…。
しかし、このジャイアンツのスタメン発表みたいな部分、早すぎたラップ要素もあるというか、なんか頭から離れないじゃないか。
迷曲だな、これ。
迷ってる。

52グラム


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


O.L.H.の「歌謡倫理委員会」を見てきたわけだけれど。
旧面影ラッキーホールね。
今はオンリー・ラブ・ハーツ。
ボーカルのアッキーとリーダーによるトークイベント。

そもそも、面影はかなり歌謡曲よりであって、歌謡曲に対する造詣も深いことは書いたものなんかを読んでもよくわかる。

ま、歌謡曲はいい。
あ、J-POPじゃないですよ。
まだ、テレビで歌謡ショーをやっていて、歌謡曲、ってちゃんと言われていたころの曲たち。

俺が育ってきた時代の歌だからね。

子どものころに好きだった曲、聞いていた曲ってのは一生ついて回るといいます。
先日、ウチの鉢植えの植え替えとかやっていた時、頭の中には「カダンカダンカダン~お花を大切に~」ってのがずっと駆け巡ってましたからね。
前半は「これは 葉の汁を吸うアブラムシ これは 花の色が悪くなるハダニ 黒い星の黒星病 白いカビのうどん粉病 かっぱん病は葉を枯らすのです」となりますが、これも未だにソラで歌える俺と同じ世代の人もたくさんいるかと思います。

ま、これは歌謡曲ではないですが、今でも全部歌える曲っての、ありますね。
山口百恵さんなんかの時代(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-18.html)。
俺はまあ岩崎宏美さんと野口五郎さんが好きでした。

当時は、けっこうギリギリの曲が多かったんだな、と改めて思いましたけど。
山口百恵さんのデビュー曲にしても、処女喪失モノだし。

当時15歳とかでしょ。
意味わかってたんだろうけど、歌わされる気分はどんなだったんだろうか。
そういうあたりからも、歌手ってのは、アイドルってのは、「普通とは違う」って思いましたね。
だって、あんな歌を歌いながら、「普通の15歳」みたいなことを笑顔でやっちゃってるわけでしょ。
普通だったらおかしくなりそうなもんじゃない?

根性も座ってたんだろうし、当時的には、「一旗揚げなきゃ田舎に帰れない」みたいなこともあったのかもしれない。
そうなれば、まあ、多少のことはね、しょうがない、と。
それに耐えられるのがアイドルなんだ、と思ってました。

ま、そんな彼女、彼たちの「耐えた」上にある楽曲を楽しんじゃうというのはどうかとも思わなくもないけれど、でもまあ、音楽に罪はないからな。
そんなわけで、ここのブログのBGM欄でもよく取り上げますが、俺は昭和歌謡がそもそも大好きです。


で、イベントの話ですが、ゲストが伊藤ヨタロウさんで、もうメトロファルス大好きだったから俺。
面影とヨタロウさんがつながってると知って、まあうれしかったな。
先日の成宮さんのイベントで成宮さんと猫道さんがつながってたのもうれしかったし。
たいがい、好きな人たちはつながっておりまして。

ま、話の中身はどれも面白かったけど、江夏豊さん伝説が最高におかしかった。
どれも書くのはなんなので、詳しくは会った時に話します。


で、この日、会場で人間違いをされまして。
「よ~、○○さん、最近あれですよね、どうのこうの~」と話かけられたんだけど、この人を知らない。
しかも、よく聞こえなかったというか、不意に言われたので理解できなかったんだけれど、その○○さん、は、佐藤さん、ではなかったことは確かである。

「あ、人違いです」と言ったんだけど、「え?そう、なんだ~○○さんかと思った。すいません」とずいぶん惜しそうに言われまして。
なんか申し訳ない気になりましたが。

前にも数度間違われたことはあって。
そのたびにその「○○さん」を聞きそびれてしまう。
というのも、不意に言われるし、想定していないから、その人は言ってるけど、頭に入ってこないんだな。

で、誰と間違われたのかいつもわからない。

そこで、その人をおっかけて「誰と間違ったんですか?」と聞くのもなんか変だしなあ、と。
でも、気になるんだよね。
俺は誰に似てるんだ?という。


あ、野猿の誰か、と言われたときは聞き取れた。
「えっと、野猿の○○さんじゃないですか?」と二段階だったからか。
○○はわからなかったけど。

そういえば、顔がまったくわからないんだけど、改札にいて、すごくきれいな女の人が、「佐藤さん!お世話になってます!ちょっと急ぎますんで、すいません!」と改札を走って入っていったことがあるんだけど、誰かわからない。
追っかけるのも変だから、まあ「誰だっけ?」となるわけですが。
いつもはお化粧しない人がしてたんかな、とか思ったり。


てなことで、今回は、かぐや姫の「そんな人ちがい」を聞きながらお別れです。







(BGM:Janko Nilovic「Drug Song」fromYOUTUBE)
→1975年の作品か…。
なんだこの新しいサウンドは…。

背景が見えてくる朗読


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


成宮アイコさんのライブを見に行こうということで、渋谷に行ってきたわけですが、今回は一緒に猫道さん(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3111.html)が出る!ということで。

いや、もう感激です。

調べてみましたら、3年前の正月に猫道さんを見て感動。
もう一度見たいと思いながらなかなか日程が合わず、ついに三年半以上過ぎてしまっておったがな。

今回見た猫道さん。
いや、またしてもなんだろう。
上手く言えないけど、すげえ幸せな気分になるんだよな。

ラップ?
ポエムの朗読?
シンガーソングライター的な?
…いやいや、どれにも当てはまらない。
それが「猫道スタイル!」。

なもんで、上手く説明出来ません。

歌詞?語り?が秀逸なのか?
曲が秀逸なのか?
いや、声がいいのか?

そのどれも何一つ今の状況から外れてしまっては猫道スタイルに非ず。
どれもがすげえバランスで、見てる側に多幸感を投げてくる。

あ、投げてくる、っての、なかなかあってるかもしれない。

ぜひ、みなさんもライブで体現していただきたい。
ネットで調べて足を運んでください。


この日、大島建夫さん、という方が詩の朗読で出てまして。

最初はなんだかよくわからなかった、という感じだったんですが、いや、中盤で語られた詩、いや、小説か?それがもう突き刺さりまして。

ある晩年の男の話。
単純作業に従事してるんだけど、もう腰も肩も、身体ぼろぼろで。
その男がスーパーのレジの若い女の子に恋をしてしまう、という。

しかも、どんでん返しもあり。

どっか、あの名作漫画「四丁目の夕日」を彷彿とさせる世界観を見事に表現してて。
頭の中に、もうぶわっと背景が見えてくるような。
男の独白で話は進むんだけど、なにもその男に感情移入するわけでもなく、でも淡々と純小説を語られてるような雰囲気で。

なんか、引き込まれましたね。
そして、どんでん返しで絶句しました。


俺、やっぱり、こういう「背景の物語」ってのが好きなんだな。
さだまさしさん的な、というか、文字数が多いヤツ、というか。

その人の感情を「俺は悲しい」なんていくら朗読されても、「あらそう?」くらいにしか思えないけど、その人の背景を淡々と語られると弱い。


歌詞を考える、ってのは、けっこう難しい作業で、毎回頭を悩ませます。

彼らが悲しかったこと、イヤだったこと、なんかを聞いたりしてそれを歌詞にするわけだけれど、彼らは「イヤだった」としか表現出来なかったりする。
それを、まあ「何を言われたのか?」「どういう雰囲気だったのか?」みたいなことを深く聞いていって、そこをまあ歌詞にしたりします。

つまり、聞く側に彼らの思いを追体験させる、というか。
そんなことを毎回考えるんだけど。
かといって説明が過ぎると特定されすぎてお客さんは入り込めないだろうなあ、とか。

この大島さんの朗読は、なんかお手本みたいな、素晴らしいモノだった。
ぜひ、これもみなさんに聞いて欲しい。
詩のタイトルも言っていたけど忘れちゃった。


詩の朗読とかって、どっか「気恥ずかしさ」が抜けない。
俺なんかは、ちょっと自身ではできない。
ま、歌詞も同じではあるんだけど、音符がある分、紛れる。

聞いていても、どっか据わりの悪い感じがつきまとうことがあるんだけど、この詩はいや、そういうことを軽く越えてきましたね。


てなことで、いや、なかなか面白いイベントでした。
いろいろな人が出ると、いろいろ出会えるので、やっぱライブっていいよな、と思うんです。
目当ての人だけじゃなくて、そこに出てきたいろいろな人に触れる機会になるというか。


んなわけで、なんかライブにもなかなか足を運べない昨今、いろんなコトを理由にしないで、無理矢理行く機会を作って行かねばな、と思いました。
やっぱ勉強になるし、刺激になるし、そしてなにより楽しい。









(BGM:沢知美「素敵なあなた」fromYOUTUBE)
→ピエールとカトリーヌを彷彿とさせる楽曲、いや、こちらの方がずっと先なんだけど。
途中サビで入ってくるフルートの音色がオシャレを際立たせている。
名曲。

けっこう野球も面白いよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、野球に行ってきましたけど。

ま、どうですか、野球。
俺が子どもの頃、昭和40年代には流行ってましたね。
全員やってた。
義務!みたいな。

消える魔球とか、まあ投げようとしたり、いやいやいや、おいおい、と。
大リーグボール1号くらいだったらなんとか…。
いやいやいやいや、おいおい、と。
ってか、大リーグの人に怒られないか?みたいなこともあったり。

そんなわけですが、最近また野球熱は高まっているのかどうか、とにかくカープ戦のチケットはとりにくいです。


コウヘイと井上と加納さんと、俺のいとことアキと行ってきたわけだけど、加納さんの介助がナオちゃんで、行きの車でナオちゃんに野球について聞いたら「バットでボールを打つんですよね」と。
…ま、そうですね。
グローブで打つとなるとまた違った話になってきますし。

なかなかに、野球熱が高まってる!とは違う感じもしてきました。


ま、いろいろ解説しながら観戦をするわけですけど、「アレはフライだから。どんなにボールが飛んでも捕られたらアウトなワケよ」とかね。
「四球ボールになっちゃうと一塁に行けるワケ」とか。

う~む…。


ま、それはそれで楽しいんでイイとしましょう。

違った意味で面白いのはコウヘイですね。
彼は一応「ベイスターズファン」と自称していますけど、とにかく応援が熱い!
「この球団はカープだよ、ベイスターズじゃないよ」と一応説明したくなる感じ。
井上も同じくベイスターズファン(というか、コウヘイはその影響を受けただけと言う感じ)なんだけど、カープの応援歌唄ってるし。

彼らにしてみると、ジャイアンツ以外は応援、ということもあるらしく。
ま、それは俺もそうだけど。
なにもジャイアンツの選手が悪いわけじゃないのに、まあフロントの感じがあまり好きじゃないですね~井上言うところの読売巨人。

とにかくコウヘイは小さな応援バットをフリフリ応援してるんだが、ま、2本を片手づつ持って叩く、みたいな。
でも、これが当たったり当たらなかったりで、おいおい、と。
この近距離がそんなに当たらないの??という。
まずそのバットに当ててから選手の打率を心配しろ、という気もしなくもないですが、本人楽しいんでイイかな、と思います。
見てる方も楽しいし。

ビール飲んだりしてね、なんか楽しく観戦してました。


しかしね、この日、カープが負けまして。
あ、カープVSヤクルトだったんですけどね。
1点差を追い追われ、という名勝負ではあったんでしょうが、カープファンとしては苦い試合ですよ。

ま、あまり野球は詳しくないですが、ピッチャーの調子が悪かったですね。
守護神的な感じ?なのかな、中崎選手も調子悪かったし。
今村選手もどうもストライクが入らない。

でもね、なんかいいなあ、といつも思うのは、カープファンって、そういう時にあまり「怒った声」をあげないのね。
「おい!てめえ、しっかりしろ!」みたいな、そういうイヤな野次、あるじゃないですか。
いや、ゼロじゃないですが、そういうの、カープ席にいると、あまり聞こえないのがいい。
「大丈夫大丈夫!」なんて言う人もいて、なんかね、そういうのが好き。


だって、よくよく考えてみてくださいよ。
俺だって小学生の時はクラスでチームとか言ってやってたけど、その中の飛び抜けた一人が高校野球に行って、その中の飛び抜けた人がプロになって全国から集まってきてんだよ。
そもそもね、打ちにくい球を投げてるんですから。
打てなくて当然じゃん、みたいなね。

そんな「おまえしっかりしろ!」とか言うなら、お前が打てや、みたいな気持ちになるわけですよ。
最高峰の人たちが、必死にその技術を競い合ってる、その「緊張感」みたいのをもっと楽しみなさいよ、という気がするわけですよ、俺としては。


中崎選手、俺、大好きなんですけど、今回調子が悪かったからといって、嫌いになんかなりません。
そんな時もあります。
完璧な人間なんかいない。

中崎選手を見てご覧なさいよ。
キャッチャーから玉を受け取って、ロージンバックを手にして投げ置く。
そして、右腿アタリのズボンをちょっと触って、胸をちょっと触って、帽子を直す。
で、投げる。

これ、もう決まってるんですよ。
全回、これを彼はやるわけです。
タイミングも計ったように、それをやる。

これね、すげえ緊張感と、おそらくジンクスみたいなモノもあると思うんですよ。
勝負運。
そういうところを見てるとね、いや、ストライクが入らなくて一番ツライのはピッチャーなんだって!って気がしてくるわけです。

それを応援しないで野次るなんてのはね、愛がないですよ、愛が。
ナニサマだ?という。
お前が監督やれや、みたいな。


ま、そんなわけで、なかなかに野球も奥が深いわけであります。





(BGM:あき竹城「乱調花笠音頭」fromYOUTUBE)
→「新婚初夜は~がんばらなくっちゃあ~」
なんだか、山形弁なので、何言ってるかよくわからない感じも多いんだけど、とにかくまあ、男しっかりしろ、みたいな。
「一度は乗りたい 玉、玉、玉、玉の輿~」

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE