プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

駐車場での車イスマーク


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、といっても結構前になりますけど、車で都内に行きました。
加納さんものっていて、車イスをそのままのせることが出来るリフトがついてる車で行ってまして。

で、まあ駐車場に停める、ということになるわけですが。
事前にネットで調べていた駐車場に、「満車」マークが出ていました。
結構広い駐車場で、そうですね、もう百台とか停められるし、前にもそこを使ったことがありました。
満車ってコトはなかったので、まあ近くでなんかのイベント的なコトがあったのかもしれません。
その辺はまあよくはわかりません。

けど、まあなんにしても満車。
困ったな、と。
とはいえ、ま、近所にも駐車場はあるでしょうから、ちょっと回ってみればいいことなんで、ちょっと回ってみるか、と思ったんですけど、見つけたんです。

その駐車場、入り口にバーがあるタイプなんですが、そのすぐ入り口の前の駐車スペースが一台分空いている。
よく見てみると、そこの地面には車イスマークが大きく書いてあって、つまりは「障害者用の駐車場」ということらしかった。

こりゃどういうことか。
まあ、台数としてはおそらくこのスペース分は常に「カウントしない」で、満車表示になるんだな、と。
確かに、この分も入れてしまっていたら、障害者の人のためのスペースを作ったのに、その当事者にちゃんと使われない、という事態になろう。
つまり、マックスだったとして、この駐車場はスペース的に一台分少ない分の収入しか入ってこない、というシステムですね。
そうやって、まあ、障害者用、というのを有効利用しよう、ということだと考えることが出来ますね。

なるほどな、と。
それはまあ、理にかなってるな、とは思ったんですけど。


でも、有効利用、という意味で言えば、今、まさにこちら障害者の人を乗せてきて、ココを使いたい、という場面でもある。
正直、他の駐車場を回ってもいいけれど、実際、時間もそんなに無いと言えばない。
ここで停められてしまえば、話が早い。

と思って、辺りを見回すが、まあ、つまりは無人駐車場。
こういう時に、人がいてくれたらスムーズなんだけどなあ…とか思いながら、バーのあたりに書いてある電話番号に電話する。

携帯電話ってスゲエ発明だな、と思うわけですが。

すると、けっこうなコール数の後に女性の人が出た。
こちらの駐車場の位置を伝え、満車であること、でも、障害者用が一台分空いていて、実際に今、障害者の人をのせてきたこの車を停めたいのだが、と用件を伝える。

すると「ちょっと待ってください」と。

ふむ。
まあ、このタイプの話は実際にないよな、とは思ったんだ。
だから、待たされるのもしょうがないか、と。
というのも、やっぱ車イスの人がここに来て、しかも満車だけど、障害者用が空いている、という事態は、そうそうあるもんじゃないし、そもそも、それで「電話するか?」というと。

でもまあ、こっちが言ってることは理にはかなっている。

しかし、よくよく考えると、ココは無人であって、実際にカメラがあったとしても、「障害者が乗っている」ことを照明するのは難しい。
手帳を見せる、などの方法をとってる駐車場(それは料金減免のため)も都内にあるんだが、そういうそもそもカメラ的なモノは見当たらない。

つまり、向こうにしてみれば、「俺が嘘をついているんではないか?」「障害者だと偽って、その障害者用スペースに停めようとしているのではないか」という疑念が生まれるのは当然だよな、と。
それは「有効利用」にはならない。

待たされている間にそんなことを考えたんだけど、果たして、やっぱり向こうは困っているようで、しかし、その困っている要因は、どうも、その電話先の場所からこのゲートを上げる術がない、と。
なるほど。
まあ、術があるかどうかはこちらにはわからない。
だからこそ、「あなたが嘘をついている可能性があるので開けられません」というよりは、耳触りはいい。
うまいこと断るもんだな、と思っていたら、一台の車がそもそも出口から出て行ったので、満車マークが消えた。

ので、電話口の女性に「一台出たので、満車が消えました。大丈夫です。入ります」と伝えて、電話を切った。


こうした、車イスマークの駐車スペースに関するいろいろってのはけっこうあるんだけど、停めらんないな、と思って、停まってる車たちを見ると、「どう見ても、これはヤクザですね」という車も多い。
といって、まあその人が障害者ではない、という証明はできないので、何とも言えないけど。

まあ、民度の問題というか、そもそも障害者じゃないのにこういう場所に停めるような大人にはなりたくないよな、というか、どうしようもないクズだと思うわけですが。


ま、そういうヤカラがいるおかげで、どんどんまあ駐車スペースを管理する側と実際にそこを利用したい人との間に齟齬が生まれてしまう。
なんという未成熟な世の中なんだろう、と思いますが、まあ幼稚な人も多いですからしょうがないのかな。




(BGM:皆口裕子「3月17日 ガールフレンド」from「ポケットにあったあの日」)
→ま、なんでこれが俺のライブラリーにあるのかわからない。
声優さんみたいですね。
スポンサーサイト

早子早愛の行方

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画★「凸凹にふくらんだ風船」
映画の予告編はこちら  詳細はオフィスラムカーナまで。

お知らせ&募集などはこちらをクリック
ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 



ちょっと説明がめんどくさかったので、あまりここで触れなかったんですけど、月一回の評議委員会のあと、アキ主導で「金八2」を一話づつ見る、という会をやっています。
まあ、見てもイイし、見なくてもイイし、会議終わったあとだから。
この会の秀逸なところは毎回、前回の放送についての「テストをやる」ってとこですね。
ま、おふざけ半分なワケですが。

そもそもは、何度か書いていると思いますが、俺が「金八原理主義者」なんです。
ま、これもふざけ半分ですが、実際に、自分を構成するモノは何か、と問われれば、金八2でしょう、という。
普段オレが言う言葉のほとんどは、ほぼココの台詞といってイイです。
なので、今回こうやってみんなで見ると、ネタバレすることも多くあるわけですが。
俺は、何度も何度もビデオを繰り返し見ていたので、ほぼ全ての回において台詞を再現できるほどであります。

金八2のいいところは、加藤君のくだりは当然ですが、珠子さんにつきます。
彼女と墨東工業によって、あの世界観は成立していると思っています。
というようなことを、飲んだりすると熱く語ることもある俺ですが(最近はないかな?)、それを聞いていたアキとしては、世代が違うこともあって、そもそも「よく見たことがない。一度きちんと見たい!」ということになったらしく。
まあ、当然、それは他の人も同じように思っていた人もいるわけで、それでこの会が始まったと言うことになるわけです。

で、そのテストなんですが、昨日はついに珠子さんの回がテストだったんですね。
もちろん、市丸とかが、まともにアレするわけがないわけですが、みんな見る人は一斉にテストをします。
そこまでが全てパロディというか、まあプロレス的世界観なんですけど。

テスト用紙がこれ。
kinnhachi.jpg
ちゃんと当時っぽくわら半紙にコピーしてある。
ま、それはいいんですが、今回は、珠子さんの手紙、まあ金八2を少しでも知ってる人なら、というか、俺の世代ならマストというか、誰でも知ってると思いますが、あの有名な手紙ですね。
誰もが泣いた、あの手紙です。
「荒川の川風も~」から始まるヤツね。
あれを全文印刷してあって、一部文字が抜けていて、それを埋めましょう、というテスト。
ま、俺なんかだともうソラで言えるわけですが。

というわけで、その内容がどれだけすばらしいかは、レンタルでもして見てください。
今回は、その市丸の回答をちょっとご紹介したい。

()が、歯抜けになっていて、そこを埋める、というテストです。
「荒川の川風も、名物の(空っ風)と相まって、本当に一番寒い季節になって…」
→市丸の回答
「荒川の川風も、名物の(草もち)と相まって、本当に一番寒い季節になって…」
…ぎゃはははははは!「名物→草もち!」イイじゃないの!

「なんだかわからないけど、(涙が)出てまいりました」
→「なんだかわからないけど、(ライオンが)出てまいりました」
…ぎゃはははっはあはげぼっげぼ…。
ホントにホントにホントにホントに…って言ってる場合じゃないですわ。
近すぎちゃってど~しよっ!

「愛は自分で(築くモノ)」
→「愛は自分で(愛は勝つ)」
…だー!ははははは…
KANだそれはKAN!

「それで何度も何度も(お経のように)、口の中でとなえるのですが…」
→「それで何度も何度も(しつこい)、口の中でとなえるのですが…」
…ぎゃはははははははははっは!
もう、笑いが止まらん…。

「今さら私が(ちょっかい)出さなくても、あいつは新しいかみさんと…」
→「今さら私が(チョコレート)出さなくても、あいつは新しいかみさんと…」
…ぎゃははは!なぜか「ちょ」があってるという、不可思議。

「中学校の時、(陸上)をやっていたから、そんな風に考えました」
→「中学校の時、(柔道)をやっていたから、そんな風に考えました」
…くくくくくくっっっっっっ…それはおまえだ。おまえが柔道部だったんだろが。

「だから、わざわざ(波風)を立てるような手紙を出すのをやめたんです」
→「だから、わざわざ(家)を立てるような手紙を出すのをやめたんです」
…ぎゃーーーーはははは…立てる=建てる=家を建てる、という…

「あとは(自習)します」
→「あとは(寝ます)します」
…ぎゃはははははっはあっはははははははげげgはえはは…

あかんわ…。すごいわ…。岡女だったら視聴率跳ね上がるわ…。
もう久しぶりに大爆笑してしまった。
みんなにこの回答を紹介し、もちろん大爆笑。
「すごい回答だよ!すごいじゃん市丸!」と言われ、なぜかどや顔の市丸…。
なんだか、もう、秘めたる可能性のカタマリというか…。
意気軒昂たるモノがあるじゃない!朝ですから!というか…。




にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

親から独立した生活をしたいと思っている障害者の方、親の元気なウチになんとか障害を持つ子どもと離れて暮らす方向に持って行きたいという親御さん、親亡き後の不安、などなど、その辺の相談にのっています。お気軽にどうぞ。
まずはコメントください。非公開で対応します。


(BGM:UNDERGROUND SEARCHLIE「がんばったがダメ」from「アオヌマシズマ」)
→オーケンさんのユニットね。
「がんばったけれど、ダメだったよ」…
…まあそんなこともあるわけだ。
がんばれば夢は叶う、ってのと、がんばったけれどダメだった、ってのは、同時に同量で真理として存在するのが人生。
そこのところのバランスが崩れると、ロクなコトがない。

仲間に恥じぬよう、がんばっていこう

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画★「凸凹にふくらんだ風船」
映画の予告編はこちら  詳細はオフィスラムカーナまで。

お知らせ&募集などはこちらをクリック
ツイッターは「@SMChingDongSATO」 まとめは→ http://twilog.org/SMChingDongSATO 

次回公演★7/15(月祝) 【猛毒の花道~スーパー猛毒ちんどんのヒット全曲集】
18:30開演 ライブハウスホレホレにて。 まだ料金未定です。でも予定は空けといて~!




昨日は、7/15(月祝)の次回公演「猛毒の花道」に向けての楽隊練習。
新曲「スーパー猛毒ちんどんの数え歌(仮)」を中心にやりましたけれど、これがまた名曲だ。
いやいや、これがオリジナルと呼べるのかどうかは論議が別れるところかと思うが、まったくもって、一応、オリジナルであります。
なんかの曲に似ているとしたら、たまたまですね。

その後、ニジロックTVの「スーパー猛毒ちんどんチャンネル」の収録を行いました。
あまりにノープランで収録に突入してしまったために、ちょっとグダグダになってしまったけれど、フリーセッションもアリ、きっと藤井が編集でうまいことやってくれるような気がします。
ニジロックTVで近々アップされると思うので、お楽しみに。




他にも、昨日、夕方にほんびいに来てみたら、こんなことやってて。
撮影
どうも、次回公演のポスターの撮影のようであります。
マシンガンに日本刀、といった小道具が使われておりました。
はてさて、どんなポスターになるんでしょう。
楽しみです。


というわけで、昨日は一日二日酔いでありました。
というのも、一昨日はサンゲン会でありまして、久し振りに同級生のコウヘイも来てくれて、楽しい飲み会になりました。
さんげん1

どうも、後半記憶がまったくありませんで、どうやって帰ってきたのか、どうして靴下が片方ないのか、コンさんが翌朝、「駐車料金、余ったので返します」ってお金くれたけど、気前よく金をばらまいていたのか、どうなのか。
話したいと思っていたこともあったけど、それは話せたのか、どうなのか。

ま、酒には弱い。
おなかもヘンであります。

記憶の断片を辿ってみると、こんな話をしていたな。
今東京の学校で副校長をしているコウヘイと、埼玉で教師をしている竹脇と、オレは同級生なんだけれど、一般的に、この3人を知っている人の多くは、見た目とか、公務員じゃないとか、働き始めの給料が5万円とか、そういうので、「オレが一番、型破り」という印象があると思うのだが、それはまったく逆である。
おそらく、オレが一番堅実であると思われる。
なんだかんだ言って、オレは自分のやりたいことを実現するために、けっこう外堀からきちんと埋めてきているというか、そういう「計算高さ」があるし、それを実行できる堅実さがある。
そういう意味で、おそらく彼らは、非常に多くの人に頼りにされ、他の教師のみなさんよりも忙しい毎日を送っているわけだけれど、オレにしてみると、ちょっとまどろっこしい。
いや、だから、きっと彼らが教師としてやりたかったが、実際にいろんな制約で出来ないことを、オレが毎日やっている、ということかもしれない。

こうやって、時々彼らと会って、彼らの分も、自分はがんばろうと思うし、彼らのがんばりに恥じることのないように、よりがんばっていきたいと思うわけです。

あ、そうそう、こんなハルナからこんな写真も送られてきていました。
米本さんの誕生日だったそうで、お店にお願いしていたようであります。
さんげん2
なんと、還暦ですって。
なお元気でいきましょうね!




にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

親から独立した生活をしたいと思っている障害者の方、親の元気なウチになんとか障害を持つ子どもと離れて暮らす方向に持って行きたいという親御さん、親亡き後の不安、などなど、その辺の相談にのっています。お気軽にどうぞ。
まずはコメントください。非公開で対応します。


(BGM:Schadaraparr「大脱走」from「東芝クラシックス 95-97」)
→これは大脱走と言ってもブロンソンズの方のトラック。
まあ、そのトラックがかっこいいというのもありますけど、なんだかジャングルを思わせるリズムに仕上がっていたりして、さらにカッコよくなっているという。

ついに本日! ジャパンツアー4! 18時にホレホレに集合!

スーパー猛毒ちんどんライブ・ジャパンツアー第4弾
『猛毒天国』
with【RAN-TIN (ランチン)=ランキンタクシー&ノダチン】
 

日時:7月21日(土) 17:30開場/18:00開演   詳細はこちらをクリック!
ジャパンツアー4フライヤー表

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画「凸凹にふくらんだ風船」無事完成!
映画の予告編はこちら
各地で上映会も可能かとも思いますので、詳細は監督の中村さん(オフィスラムカーナ:連絡先090-8726-4722)までたずねてみて下さい。

お知らせ&募集などはこちらをクリック  ツイッターは「@SMChingDongSATO」




というわけで、ついに今日です。
いつになく緊張しているのは、新曲だったり、新アレンジ、構成が新しかったり、ネタがあったり、いろいろ新しいからかな。
まあ、始まってしまえば楽しいだけなんですけど、それまでの緊張感というのはなかなかライブ以外では感じられない、至福の瞬間であります。


さて、今回は三線のトミザワがお休みです。
精神的な病気で長期休暇をもらっております。
実は、オレのメイク、顔の般若心経はいつも彼女が書いています。
彼女は、書道師範の腕前の持ち主でありまして、彼女に書いてもらうのがまあ一番安心というワケなんですね。
というか、彼女ありきのメイクだったわけで、今回はできません。
他のことを考えよう。

トミザワは、虹の会を知ってる方には、オレの右腕的な感じで捉えている方も多いかと思うのですが、かなり考え方は違います。
物事のとらえ方も違うし、バックにある知識量も、彼女は大学院も出ていますから、オレとは比べものになりません。
もちろん、彼女とオレでは虹の会に来た理由もかなり違います。

物事を進めていく上では、必ずしも「正しいこと」が多くの人の心をとらえるとは限らない。
人間とはグレーなモノで、虹の会のような組織の場合、今は就職情報誌にも広告が出せる身分ですが、基本的には給料よりも「家族感」だったり、「一体感」だったり、「何かを目指す求心力」だったりします。
それらは、必ずしも「正しいこと」を主張しても実現できないモノなんですね。
「正しいこと」で求心力を得ようとすれば、それはある意味「宗教」にもなってしまうので、オレはあまり好きではない、ということもあるんですが。

いろいろな考え方があって、いろいろな人がいて、できる人がいて、できない人がいて、というのが団体の理想の形であって、運動を進める上で一つの方法論を上の人がごり押しして、それが通るようなのには、先がないように思うんです。
だから、ゆるやかな団結と、ゆるやかな規制と、ゆるやかに「他人にあわせるところ」がないと、なかなか団体の上に立って組織運営をするのは難しい。
その「折り合い」がうまくつけられないと、どんどんおいつまってもいってしまう。

折り合い、とは、どっか「適当にやり過ごす」ことでもあって、「不真面目」に構えていないとできないところもあります。
「ま、そこはいいか」と思うところがないと、難しい。
生真面目な性格だと、ここがうまくいかない。

真面目なことは悪いことじゃない。
全く悪くない。
けど、どうしても、「折り合い」というところでつまずきがちである。
ま、きっとこれは別にウチみたいなところじゃなくても、多くの企業なんかでも同じかと思います。


折り合いがつかないということを、自分のせいにしたり、他人のせいにしたり、人はそこでいろいろと、自分に対する嫌悪感を抱くようになる。
自分に嫌悪感をもってしまうと、何をがんばっても達成感が得られないし、砂を噛むような思いしか残らなくなってしまう。

折り合いをつける、つまり他人を受け入れると言うことは自分を受け入れることであって、それは自分が折れることでもあったりする。
これが、まあ「人間グレー」というか、そういうことなんだけれど、ぜひそんなことも彼女にはわかってもらいたいな、と思う。


長い目で見れば、今回の欠席はそんなに大きなことではない。
音量の大きな場所が今は難しいというのだから、それはそれでいいと思う。
オレは「完治しろ」なんて思わない。
できるところから、また始めたらいいと思う。
またいきなり専従の一番の先輩(オレを除いて)という位置に戻ってなんかしようとしたら、それは難しいと思う。

そんな彼女のことも含めて、今日のステージは次につながるような、いいものにしようと思います。


当日券あり、皆さん来てね!

スーパー猛毒ちんどん過去写真24



にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

(BGM:スパルタローカルズ「ほたる」from「セコンドファンファーレ」)
→若いバンドですよね。俺から見たらまあだいたいほぼ年下なのだが。
なんでしょう、この人達の魅力って、なんか、「綱渡り感」なんだな。
こう、一歩間違うと脱力、というか。
ボーカルの細い感じもあるんだけど、ギターのリフがどうも哀しい。
哀しいといっても、サンタナのそれではなく、乾いている。
このギター、なかなかステキです。

なにはなくとも、とりあえず、オレは髪の毛が欲しい

スーパー猛毒ちんどんでは、出演依頼を待っています!
スーパー猛毒ちんどんPV「にじ屋の唄」→ここをクリックぅ!!

映像ディレクターの中村氏による我々のドキュメンタリー映画「凸凹にふくらんだ風船」無事完成!
映画の予告編はこちら
各地で上映会も可能かとも思いますので、詳細は監督の中村さん(オフィスラムカーナ:連絡先090-8726-4722)までたずねてみて下さい。

アナログ盤フェアを含む、にじ屋冬の大作戦など、いろいろなお知らせ・募集はココをクリック




カイの頭をかっこよくしたのは書きました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1258.html)。
それはそれで、まあ評判はよく。
カイ頭3
まあ、確かにこうやってみても、イイ色だよな。
我ながらよくできたと思うんですが。

しかし、いろいろありまして、どうしてもこれでは「反省感」が出ていないということに気づき、あることをきっかけに、ばっさりやりました。
カイ頭2
こんな感じなんですが、まあ、それはいいんです。
で、これはなにをしているかというと、機関紙の原稿のために、絵を描いている。
「成人をみんなに祝ってもらった時のことを書け」というお題で、その時の写真を見ながら絵を描いているところです。

で、顔らしきモノを書き、最後にわざわざアキに「う!う!」と言いながら頭を指さし、その後、絵に髪の毛を足したという。
ぎゃはははは。
それなりに堪えているか。よろしいよろしい。
で、できた絵がこんな感じ。
カイあたま
確かに髪の毛が足されている。


まあね、髪の毛っていうのはかなり人の印象を左右します。
同じ佐藤さんがいたとして、人というのは「ハゲの佐藤さん」と「ふさふさの佐藤さん」という風にまず頭の中で認識するらしいですよ。
そうやって頭の中で佐藤さんを整理するということらしい。

オレなんかもそうですが、髪の毛を染めているというのは、「カタギじゃない」という風に思われることが多いですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-40.html)。
そりゃそうか。
ま、そんな気はする。
「なんか特殊な仕事をなさっている」という風に思われることが多い。
今、PTAの役員をしているという話は書きましたが、みなさんがどう思っているのかわかりませんが、オレとしてもあまり進んで自分の正体を明かすのもめんどうなんで、説明も面倒だし。
でも、まあ聞かれたりして答えなきゃならない時は答えますけど、「ああ、がっかりするだろうなあ」と思うんです。
きっとそれこそ「売れない役者なんです」とかって答えた方がきっとみなさんの期待に添えるだろうなあ、と思いながら、「障害者団体の専従職員をしています」なんて答えるんだけど、まあ、つまらんわな。

これはまあ、アキやカズミなんかもよく言われるそうです。
「そういう髪型してて、普段は平気なの?」みたいな。
そういう時に、彼女たちは、「これがウチでは普通なんで」という風に答えるとか言っていたけど、そうだわなあ。
ウチは基本的に専従とかに対して「ジャージ禁止」とかっていうことを言ったりするなあ、オレ(オレがけっこう着てるんだけど。他の専従にはね。)。
介助とかで、ジャージ着ていたり、ましてやエプロンをしているなんて、もう考えただけでぞっとする。
そういうのって、どっか障害者のことを「対象」って思ってるよな、って思うんだよ、オレ。
だから、ジャージなんかだったら、逆に「動きにくくていいから、もっともっと、すげえかっこつけて下さい」、って言う。

だってさあ、かっこ悪いの、イヤじゃん。
同世代の子たちから見て、かっこいい方に入ってないのはイヤなんですよ。
つまり、前にも書いたかもしれないけど、キムタク(という例が古いが)と比べれば、どう考えたってオレなんかはかっこ悪いけれども、オレと同じ1966年生まれを並べて、例えば女の子が「寝たい方」「寝たくない方」って分けたとして、その「寝たい方」に入ってないとイヤなんです。
まあ実際にどうかは、その女の子の趣味にもよるかと思いますが、でも、がんばりたい。
髪や服装で変わるのだったら、がんばりたいよ、オレは。
まあ、もう持って生まれた顔とかはしょうがないとしても。

という、まあそういうことで、特にどうもこうもないんですが、そういうわけです。


しかしまあ寒いですな。
底冷えする。
ネットの水道は昨日凍って出なかったのに、水を出して帰ったのかどうか、今日も出ない…。
う~ん。
文明が自然に負けたのか、それとも、最後の人が出すのを忘れたというバカチン現象か、まあその辺はよくわかりませんけれども、昨日は最後専従がいたと思うんだけどなあ…。
っていうか、そもそも水道が出ないとか、もう東京圏では尋常じゃない寒さなんだな、これ。
こんなに春が待ち遠しい冬は、久しぶりな気がします。
なんか、身体も心も縮こまっちゃう感じがするよ。


まあ、そんな中、昨日ですか、にじ屋本体のブログとかぶりますけど、とても面白いことがありました。
モトミ発表
にじ屋売り上げ発表。
にじ屋の日はこうやってネットに戻って一日の反省的なことをするんですけど、売上げの発表は誰がやるとは決まっていないモノの、やっぱ「読める人」になるわけです。
でも、この日はモトミが漫然と売り上げノートを離さない。
やりたかったんだなあ~。
数字の発表は横から覗いたツノやハルナっちがやってくれて、でも彼女としてはちょっとやった気分にもなったりしていたようで。
ステキなことです。
「やりたい!」って、ステキなことです。
写真的には、ちょっと意地悪な会計のオバサンが帳面見てる感じに仕上がっていて、それもまたステキであります。




にじ屋ブログが最近なかなか面白いぞ!みんながんばって書いておるようだ。虹の会本体HP「NIJIROCK.COM」からどうぞ!

(BGM:Eagles「Desperado」from「Hell Freezes Over」)
→これは、イーグルスだったわけですね。
もう誰の曲が元なのかがわからないスタンダートね。
超名曲だ。
これは、ライブレコーディング?的な新録。
オーケストラも加わった感じの、壮大な「ならず者」の世界。
それは、儚く、哀しいものなのでありました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE