FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

さて、明日はぜひ藤井の遺作を見る会に来てください


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ウチのハルナは今育休というか、子どもがなかなか保育園に入れなくてお休みというか、いったん離れてるんだけど。

藤井の葬式の時、ウチをバッドな形で離れていった連中が参列していたのを見て、ずいぶん憤ったつぶやきをSNSでしてた。
まあ、彼女は鍵をかけているので拡散しなかったけど、まあ、気持ちは同じだった。
あまり怒ることのない、へろへろ?笑ってる感じのハルナもまあ、憤ることがあるんだなあ、とその時は思ったんだけど。

このことは、似たようなことを葬儀の後に書いたような気がする。

藤井はまあ、障害者本人自身であって、健体者に対しては良好な関係を持とうと、努力はしていたと思う。
じゃなければ、やっぱり介助を必要とする、という意味で、自分の死に直結する。

その部分で、俺と障害者本人とは大きな川がある。
これは藤井だけに限らないけれど。


これまで、藤井がいた頃から虹の会もいろいろあったから、葬儀で弔電をよこした連中の中には、「おいおい、今更なんなんだよ」というヤツもいた。
どっから知ったんだよ、みたいな。

まあ、今でも許せない連中はいる。
けれども、まあ、昔の話だ。

葬儀の席で、俺に涙ながらに声をかけてきた人もいた。
彼女には彼女なりの理屈が当時はあったんだろう。
ただ、方法は幼稚で、なんのスジも通ってなかった。
まあ、もう許すも許さないも、オレにはなんの感慨もない。
当時は藤井もオレも大激怒していたけど。

けどまあ、昔の話だ。


といって、藤井がいなくなったからといって、全てを水に流そう、というのは、おそらく藤井も天国から怒るだろうな。

彼がもし、健体者だったら、やっぱりもっと怒っていたと思う。
彼は「障害者だったから」怒れなかった、ってこともあったと思う。
それを、今になってすべて水に流すわけにもいくまい。

とはいえ、昔の話だ。

葬式とは、生きている人が互いにいろんなことを水に流す機会でもあるとオレは思ってる。
だからまあ、それでまた手をつなげるのなら、死んだ人が結んでくれたものだ、っても思う。

ただな、それは歩み寄りがあってのことで、それがなきゃ話は転がってはいかない。
歩み寄れるかどうかは、この24日の藤井の遺作を見る会でハッキリする気がする。


知り合いが死んだ、ってのは、それがいつの時代であれ、どういう付き合いであったとしても、追悼の気持ちにはなる。
けれど、それにも程度というものがある。

今回の葬儀でわかったのは、みんなわかってないんだな、って。
残された藤井が思ってたことも、言いたかったけど言わなかったことも、わかってないんだな、ってことがよくわかった。


まあね、先に書いた涙ながらに話しかけてきた彼女も、障害者である以上、健体者に媚びは売らなきゃならない。
介助がなければ死ぬから。
本心を言うことではなく、健体者をつなぎ止めなきゃならなかったのかもしれない。
それはまあ、想像ではあるけれど、わからなくはない。

正直ね、いろいろな裏切りみたいなものは、健体者の側の問題なんだよね。
それもまあ、よくわかるよ。
彼女もしょうがなかったのかもしれない。
ただ、それをきちんと理解して「振り回されてます」って言えなきゃ、それはただのバカだけど。


まあ、今は井上達がいて、いろいろなこともあって、やっぱ逃げちゃうヤツもいるんだけど、井上達にはきちんとスジを通してほしいんだよね。
スジを通さなかった連中が、もし、井上が死んだとして葬式に来たら、きっとミツが殴りかかるかもしれない。
「お前なんなんだよ!」って。
まあ、オレは大人なので、それはしないけど。
でも、それができる大人のミツにちょっと憧れはするけれど。

なのに、そこにスジを通さないで、健体者だけ集まって飲みましょう、みたいな、そういうの、やっぱクソだな、と思います。
オレはやっぱ井上の顔がちらついて、そんな場所には行けない。


いくら理解し合いましょう、なんて言ったところで、障害者と健体者の間には、大きな深い川がある。
わかり合えることも、一生あり得ないと俺は思う。

けど、毎日の中で、深い川を越えて手をつなぐことはできる気がする。
それは別に簡単なことで、スジさえ通せばいいんだと俺は思うんだけど。


だって、スジ通さんやつとなんで話をしなきゃならんのだ、ってこともあるじゃない。
それは障害者であろうがそうじゃなかろうが。


ま、ちょっと歯にモノが詰まった言い方してますけど、その辺も含めて24日に。
ぜひいらしてください。


これでもう藤井のことを書くのはいったん終わりにしたいと思います。


イベント詳細 http://www.nijirock.com/blog/?p=11368











(BGM:藍美代子「ミカンが実る頃」fromYOUTUBE)
→この高音はすごい。
ぶれない。
そして声質もキレイ。
この高音を聞くだけでもこの歌を聴く価値があります。
スポンサーサイト

9/24の藤井の遺作を見る会


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


藤井の遺作、動画を彼はいろいろ作っていたので、それを上映しようという会を行うことになりました。

9/24の月祝ですね。
17時から与野駅前のライブハウスホレホレ。

まあ、ここも縁の深い場所で、ウチがワンマンをやりたいということで、駅沿線で、天井の低い会場はないだろうか?と探していたところ、藤井の方で見つけてきてくれた、みたいな流れだったと記憶しています。

トイレが狭く、使えない、みたいなこともあるんですが、ゆかりの深いこの場所で開催することにしました。
みなさんには、ご迷惑ですが、よろしくお願いします。


虹の会としては、藤井がいなくなっても活動は続けていかねばならないわけですから、元日から今日まで、まあいろいろなことをやってきました。

彼自身、個人プレーが多かったのもあって、「なにがどうなってるのかわからない」というところからスタートしたんですが、まあ、会計などはなんとか復旧はしました。
まだ、HPやパソコンのサーバーの関係などは完全に復旧はできていません。

行政との関わりも多くは彼が現実の折衝の場にあたっていたのですが、まあそれはいる人間が未来に向かって交渉を続けていけばいいことなので、それはそれでいいんですけど。

問題はその大量に残されたデジタル関係の処理、ですね。


とはいっても、もうその復旧を目指していてもしょうがないのかもしれない、ということに思い至り。
自分たちのできる感じでの再スタートを、つまりデジタル関係をリセットをしていく時期に来ているようにも思います。

飛び抜けたデジタルアタマの藤井ですから、彼に追いつこうとするのがそもそも間違いのような気がします。
彼の作ったシステムに追いつきたい気持ちはあるし、それがここまでの自分たちを作ってきたわけですが、でもそのシステムを残したところで、藤井が戻ってくるわけでもない。

もう藤井はいないのだ、ということに、我々はそろそろ真剣に向き合わなきゃいけないのかな、と思っています。


今回の企画は、そもそも、彼の急逝のあとすぐに話はなかったわけではないのですが、流れるかな、とも思っていました。
パートナーだったチャビエが手術することが決まっていたりもしたから、その状況でやるというのもどうなのか?というのもありました。

が、葬儀代がなかったということが発覚したのが、葬儀が終わって数週間経って、葬儀屋さんと支払いの話をしたところだったわけです。

彼自身にあるはずだった貯金がなかった。
パートナーが言うんだから、あるはずだったんですけど。

考えれば、デジタルに溶かしているのかもしれないので、まあよくはわからないのですが、でも、考え得る範囲に金がなく、いろいろな要因が重なって、百万近い金が不足しました。

で、まあどうしようか、かなり悩んだんです。
虹の会から補完する方法もないわけではなかった。
けれども、ちょっと待て、と。


今回のコトは、「あるはずだった金がなかった」のが発端ですが、つまり、なきゃ葬式もできない、って話なんですね。
もちろん、福祉葬?という方法もあるんでしょう。

でも、たくさんの人が彼の最後を大きく見送ってやりたい、と思ったとしたら、それはやっぱりどうしたらいいのか?
どうやったらよかったのか?

まあ、はじめから金がないことがわかっていたとしたら、オレらもそれを考えたんだと思います。


彼の存在を、金ではかることはできませんが、彼が死んだということは、彼がいない虹の会になる、ということで、そのことを、やっぱりもっと多くの人に応援してもらいたい、という身勝手な思いが、今回のイベントをやる決断に至りました。

彼が死んだのは、一人の男が死んだ、一人障害者が死んだ、という簡単なことじゃなかったんだ、というのは、オレたちももっと言っていいんじゃないか、と。


個人的には、マジメに、正直に、藤井にはクソ野郎、といいたい。
死んだ状況も含めて、彼にはもっと「生きる」ことへの執着があるべきだったと思っているし、それがその後、我々仲間にどういう影響を与えるのか、もっと考えてほしかった。

彼は、きっと過信していたんだと思う。
年末に電話で話したときに、「ちょっと身体がキツイ」とは言っていた。
自分がお願いしたデジタル処理も、ギリギリになる、みたいな話だった。

なのに、なんで状況を変えなかったのか。
介助者の問題しかり、他の利用者の先頭に立って、どう介助者を使うべきかを論じていた男が、なぜこのような最後になったのか。


怒りは、おさまらない。


でも、この日を最後に、その怒りも封印しようと思う。
いつか、天国で会ったら、その封印を解き、また、昔やったように、大いにつかみ合いのケンカをしようと思う。

その日まで、封印する。

そのための日だとオレは思っています。


みなさんも、その封印にお手伝いをしに来てください。
なんか、脅迫みたいになっちゃうけど、たくさん来ていただければ、きっとなんかオレの気持ちも収まるような気がします。
というか、それがホント、正直な気持ちです。


イベントの詳細 http://www.nijirock.com/blog/?p=11368






(BGM:ラブ・ウインクス「ジミーディーンみたいなあなた」fromYOUTUBE)
→女の子三人組。
キャンディーズ路線で一発いきますか、みたいな感じがすごく、これ、曲までキャンディーズじゃん…。
「暑中お見舞い申し上げます」のフレーズが冒頭に丸ママ出てくるので、いや、完敗だよ。
というか、こういうの好きだよ。
ハーモニーの作り方もキャンディーズでしょ、これ。
◯◯風に曲をつくる、みたいなのって俺、すごく好き。
なんか聞いてて楽しい。
売れはしないだろうけど。

未来は僕らの手の中


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


まあ、25日にこんなイベントがあって。

naritai.jpg

「なりたい自分になる」、ってのは、年度初めに「今年度でこんなコトをしたい」って話のことでありまして。
それを年度終わりに発表しましょう、という。

これ、今考えれば、まあ初動の時点でちょっとうまくいかなかったところもあったようにも思います。
というのも、この「こんなコトがしたい」ってのが思いつかなかった連中は、参加してないんだよね。
ま、もちろん、全員が参加しなければならないわけではないけど、なんでもいいから目標を設定させてもよかったな、と思ったりします。

例えば、まあ寿限無でもいいわけだ。
オグラなんかいけそうだ。
市丸なんかは、例えば休みのシフト(休みの表、という言い方をしてるんだけど)に書かれてる、自分の家に泊まりに来てくれる人を一ヶ月くらい覚えているわけだから、そういうので何かできたかもしれない。

なんか今回は、最初、つまり昨年の段階で、「痩せる」とか、「運動が出来るようになる」とか、どっか「役に立つ感じ」、身体のためになる、とか、見た目がよくなってモテるようになる、みたいな、なんかそういうのがあったなあ、と。

つまり、そうじゃなくて、必要ないけど、一ヶ月の泊まりの人を全員覚えている、とか、ジャニーズのメンバーの名前を言えるとか、なんでもよかったな、と。
ま、それを一年かけてやることですか?と言われると、どうかと思うけど、でもなんでもいいんだよね。
本人が「やる気になって」、がんばれる内容だったらなんでもいいんだもんな。
でもまあ、確かに「一年かけて」というのは気にはなりますが。

だからまあ、具体的にどうこうっていうより、目標の設定に関する考え方として、もっともっと、「役に立たないこと」ってのも入れて考えるべきだったなあ、とまあ、今になって思うんだけど。
それはこっちサイドの力不足だなあ、と。

でもまあ、こういうのが初めてだったので、よくわからなかったというのもあります。
やってみてわかることもあります。


てなことで、まあそれはそうとして、今年はそして中盤にも一度この件について目標を見失ったところもありまして。

ま、実際の専従のいろんな動きもあってそうなっちゃったんだけど、まずもって、どう取り組んだらいいかがよくわからない、という。
あたりまえですけど、初めてなもんで。

でもまあ、もう冬にさしかかる頃、デブの連中の「やせる」からまあ取り組み初めて、なんとかちょっと形になりそうにはなってきました。


こういう「なりたい自分になる」って取り組みは、そもそも彼らには難しいです。

というのも、例えば、「何がしたいか?」という質問にも、彼らは「過去にやったもの」を必ず答えます。
「やったことはないけど、あれやってみたい」というのは、まあ、時に明確なモノがあれば出てくるけど、基本はなかなか難しい。
例えば、にじ屋○周年祭りでなにをやるか?についても、昨年のをまたやりたい、と言い出す。

でも、まあ、実際に過去のものをやりたいというよりも、思いつかないみたいなんだよね。
「何がしたいか?」ってのは、実際には「仮定の話」であって、「未来の話」であって、実はこの辺は彼らは苦手とする分野。
この辺はまあ改めてまた別に書きますが、とにかくなかなか難しい。

それを、「●●が出来るようになったら!」と言えるようにしたい、というのが、まあ今回の目的の一つだと思うんだけど。
この課題をクリアするだけじゃなくて、自分の未来に「こうなりたい」を言っていいんだ、ということですよね。

つまり、未来に開いていくから、未来を信じられるから、「こうなりたい!」って明るく語れるわけじゃないですか。
そういう仲間でありたいから、やっぱ、こういうイベントをやりたい、となるわけで。


ま、そんなわけで、その仲間にアナタも加わってみませんか?
おひまでしたら、どうぞにじ屋にお越し下さい。









(BGM:庄野真代「いちごジャムの作り方教えます」from「The Very Best Collection」)
→これはなんだろう。
「みんなのうた」的な展開。

17日、異性介助について考える。 飲み会も楽しみだな


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「異性介助」
…というとまあ、障害者の人権とか、尊厳の問題とかになったりもするんだけど、まあなかなか介助者側からの意見てのはないもんだなあ、とか思ったりしてるんですけど。

ま、異性介助というのは、男の障害者を女性の介助者が介助するとか、逆もまたありますね。
セクシャリティの問題というのはまあ、あるわけですが、基本的に、異性介助とは「本人の性ではない人による介助」ですね。

これ、まあ日常的に「女性ヘルパーが男性障害者の介助をする」ってのがありますから、なかなか問題にならないというか、そんなもんだろ、みたいな感じもあるんでしょうか世の中的には。

でも、そういう中で、女性のヘルパーがセクハラ的な被害に会ったとかいうこともありますよね。
そういう風に考えると、この「あたりまえ」ってのもちょっと大きく問題があるような気がしてきます。


で、これ逆の場合、男性のヘルパーが女性の介助をする、となると、ちょっと世の中の人の見方も変わってくるかと思うんですが。

まあ、つまりは、介助者が女性であるか男性であるか?によって、異性介助に関する意見ってのは、微妙に変わっていくんですよね。
ここがまず一つのポイントかと思うんだけど。

つまり、そもそもが、ヘルパーというのは女性がやってあたりまえ、というのが前提にあるんだよね。
これはまあ、家庭奉仕員制度から続く長い歴史があります。
同時に、その前に続く歴史、慣習、つまり、「介護は嫁の仕事」という流れがあります。
だから、なかなか「ヘルパー=女性」のイメージが壊せない。


これは保母さんとかも同じで。
でも、なんか保父さんってのもいるけれど、親の反対で女の子のオムツ替えはさせない、とかいう話も聞いたりします。
じゃあまあ、なんでヘルパーはそうならないか?って話なんですけど。

男のヘルパーが来てしまって、男の人にトイレ介助を頼まなければならなかった人はいます。
それは、「人がいないから」という理由なんですね。
今のヘルパー事業は、委託事業ですから、その事業所、会社にヘルパーが所属してるわけだけど、そこに「女の人がいないから」という。

こうなるとですね、異性介助の問題を語るときってのは、事業所を敵にしてしまう論議、になりやすい。
こうなると、ヘルパー側からの意見ってのは出にくくなってしまう。

でも先に書いたように、ヘルパーがセクハラを受けるとか、そういうコトを考えたとき、ヘルパー側の意見も異性介助においては重要になってくる気がするんですよね。


そもそも、この問題は、「自分の娘がおじさんのヘルパーに介助を受けるとしたら?」と考えるとわかりやすいんだけど、感情論になりがちなんですよね。
ま、感情は大事。
そこから話が始まるから。

でも、まあソレばかりを言ってると、どうしても介助者側の意見が出にくくなってしまう、という構造がありますから、ここは何かをもって、「果たして構造的な問題はどこにあるのか?」を考える必要があります。

その構造が、前段の「娘がおじさんに」という感情を越えることができるか?というか。

ま、恐らく越えられないんですけど、越えられないとして、何%くらい高さが足らないのか?というか。
そして、それは歴史の中で、未来に向けて、その高さは上昇するのか、下降するのか?

もっと重要なのは、どうしたら、そもそも最初の感情を抱かないで済むようになっていくだろうか?という。


ま、そんなことを考える集まりを17日土曜日に行いますので、時間があってもなくても来てください。

飲み会も楽しみにしています。


iseikaijo.jpg




(BGM:Lura Lynn「WOMAN」from「FREE AS A BIRD」)
→レゲ風ってのが、どうにも俺は好きじゃないというか、けっこう俺の中でハードル高くて。
これは失格の方。

25日14時に、にじ屋で何かが起こる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


しかし、ここのところついてないよ…。

年末にぎっくり腰。
からの、ちょっとあばらにヒビがいったようで…。
しかも、歯が痛くなってるし。

正月、いや、元旦には藤井が死ぬし。
その後、藤井に関することをパソコンで打とうとするとフリーズするし。
ってか、全体的にパソコンも重たい。


これ、どうなんろうか?と。

これ、もう怪談本の読み過ぎなのだろうか?と。
あ、飛躍してますか?
でもまあ、某かの呪いなのではないか?と。

生き霊とか。
いや、何か触れてはいけないモノに触れてしまった?!とか。
そう思わざるを得ないほどに、なんかもう、次々とおかしな感じ。

というわけで、もうこれは、ため込んでる怪談本をすてるしかない、と決意。


そもそも、俺は一回読んだ本をなかなか手放せない。
けっこう、読んだ本をすぐに手放しちゃう人っていますけど、憧れますね。
そういう身軽な感じな人になりたい、という気持ちもずっとありました。

そんなことでですね、今回は怪談本をいっちゃいましょう、と。


でも、これを捨ててしまったりすると、それはそれで呪いが重たくなりそうな気がします。
というか、そもそもにじ屋に出しますか、と。

ってか、俺は関係者なので、にじ屋で買い物することは基本できないし、だからまあ、提供?もしたことはない。
自分のモノをにじ屋に提供してたら、なんかそれ、違うじゃん、と思うコトもあって。
なんか、俺の財産を提供しちゃったらダメだよな、というか。

俺らが、ここから提供されなきゃならないわけで。
そのために、市民のみなさんが品物を提供してくれるわけなんだから。

同じように、例えばイチマルの親御さんとかにも、提供はなるべくしてほしくはない。
だって、それって、親がイチマルにおこずかいやってるのと同じになっちゃう。

ま、そういう話に展開するのはまたの機会にして。


でもまあ、この際、もうにじ屋に出すしかない。
今回は、まあそうしよう。
これ以上、呪われてもしょうがないし、呪いは、拡散した方がイイ。

って、おいおい。
…それじゃ、みんな買ってくれないぞ、という気がしなくもないですが。

ま、呪い云々は冗談ですよー。


ま、なんにしても、俺は怪談好き。
だから、イベントにしちゃおう、ってことに思い至り。
アナログ盤フェアの最終日にやろうかな、と。
オカルト編集者のアオテツと「怪談を聞く会」をやろう、と。

で、

「25日14時頃から、にじ屋「座ロック」会場で「実話系怪談の本を大量に一気に出放出します。ついては、アナタの恐い体験、不思議体験を佐藤とアオテツ(オカルトに強い編集者)がじっくり聞かせていただきます」を開催。アルコールと多少の何かを用意してお待ちしてます。飲みたいだけの人もどうぞ!」

という140文字の企画をやることにしました。


なんか、不思議な体験とかをお持ちの方、「あれ、なんだったんだろう?」という話とかを聞かせてください。

あ、ただの飲み会とおもっていただいてもOK。
ちょっと怖い話でもみんなでしませんか。

あ、コックリさんでもやったりして。
で、みんなで取り憑かれたりして遊びましょう。







(BGM:沖田浩之「E気持ち」fromYOUTUBE)
→ABC、ABC、E気持ち。
Bはペッティング。
今になって改めて言うと、ちょっと恥ずかしいペッティング。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE