fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

明日はにじ屋でマットプロレス!観戦無料!投げ銭大歓迎!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





先日、HOTシュシュの代表の千春さんがツイートしてて。
まあ、まとめると「財政難である」と。
観にきたい!と思う人を増やしていきたい、と。
他団体の客を取るとかじゃなくて、プロレスを見てなかった人や昔見てた人に来てもらいたい、と。
そして、最後に、「いつか見に行こう」の「いつか」はないかもしれない、とも。

なんにしても、手弁当でやるというのはとても大変なことだ。
最初の一年二年くらいならなんとかなっても、その先が見えないとそれすら続かなかったりする。
震災のボランティアとかも同じかもしれない。
継続的な支援は、やっぱりしっかり国などがやってくれないと、ボランティア頼みは必ず息が切れてしまう。
大事なことは、手弁当でやってくれている人たちに、見通しを見せてやれるかどうか?だと思う。

ずっと昔。
俺が大学を卒業したころ。
24時間介助を必要とする前会長、故工藤さんがこの近くのアパートを借りて生活を始めて。
最初はほぼすべてボランティアでやってきた。
まさに手弁当である。

俺は昼間の介助ということで、ボランティアではなく、専従って形になることになって。
というのは、やっぱ日中昼間に男性のボランティアは当時集まらなかった。
というか、夜の泊りの介助もなかなか埋まらず、最初のころは募集しながらだったから、ほぼ24時間365日の介助が続いた。
そりゃ、ちょっとおかしくもなった。

給料は月に5万円もらって。
でもまあ、もちろん生活できないから。
バザーなんかをやって、自分の給料を稼がなきゃならなくて。
でもまあ、そのお手伝いにたくさんの人が来てくれて。
当日のみながらず、普段から。
最終的には、多くの市民の方から提供品をもらえるようになり、一日で200万とかの売上を上げるようになった。
当日のお手伝いさんも、100人以上の人が集まってくれた。

そうやって、多くの人の手弁当で支えられたわけだけれど、一方で、全体に必要な介助のうち、3割でも4割でもなんとかしなきゃならない、と思っていて。
さっきに書いたけど、「見通し」だ。
手弁当で来てくれる皆さんに、見通しを見せなきゃいけない、と。

現実的には、行政からのヘルパー派遣などである。
そもそも、ヘルパーは必要な人に派遣すると言いながら、現実的にはほぼ使えなかった。
そもそも当時、男性のヘルパーはいなかった、というのもある。

市に相談に行き、いろいろな制度の組み合わせを提案され、まあここまでなんとかやってきたわけだけれど。
そういえば、市に相談に行ったら、我々の機関紙を読んで「もっとがんばってやりなさい」と我々が直接知らない方が相談に行ってた、という話もあった。
ちなみにこれは福祉の事業ではなく、古紙リサイクルの関係の話だった。

確かに、手弁当というのはやってる間は楽しい。
たくさんの方の協力は本当にありがたかった。
バザーなんかは「文化祭ノリ」といったら怒られるかもしれないが、そういうところもある。
もちろん、災害ボランティアなんかはそういう感じではないんだと思う。
だから全部がそうだ、ということではなく。

そういう意味ではバザーなんかは確かに楽しいけど、文化祭はいつか終わることがはっきりしてるから徹夜も続けられる。
何度もバザーが続けば、やっぱりそれはもたない。
手弁当は長くもたない。

確かに、我々のやってきた手弁当と、千春代表がやろうとしていることはちょっと性格が違う。
まあ、「勝手にプロレスやりたいってやってるだけだろ」と言われたらそれまでである。
でも、彼らのプロレスを見ていると、なんだかレスラーの彼らはHOTシュシュが居場所なんだろうな、って感じる。
そもそも俺はけっこうプロレス団体に「一座感」を求めるところがありまして。
666とか、バサラなんかはすごくそういう感じがして好きなんだけど。
HOTシュシュはまさにその一座感がすごい。
なんで俺は応援したい、というところもあって。

もしですよ。
なかなか自分の居場所がやっと見つかった、みたいな時。
その場所、守りたいじゃないですか。
自分がそうなった時に、一緒に守ってくれる人がいたら嬉しいじゃないですか。

てなわけで、俺は自分がそうなった時のために、やっぱり彼らの居場所が今後も続いていくことを応援したいと思います。

というわけで、明日はそのHOTシュシュがにじ屋に来ます。
観戦無料ですが、楽しかったら、ぜひ投げ銭もお願いします。






(BGM:シリアル⇔NUMBER「いろは歌」from「SAL ~空中散歩~」)
→さてビジュアル系ってことで。
正直、どのバンドを聞いても同じような声に聞こえますけど、まあそういうジャンルといったら怒られるのか。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



2・4にじ屋マットプロレスは俺も楽しみ!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





HOTシュシュさんの動画チャンネルがありまして。
田村様とタニー。という。
こちら、なんか現在チャンネル登録者数を増やしたいとのことで、ちょっと見て面白かったらぜひ登録してくださいね。

で、まあにじ屋にゆづき選手たちが来てくれた時に、動画を撮っていて。
「上げますね」って話だったんです。
ま、こちらも宣伝になりますから、ありがとうございますーって感じで。
なにせ、自分たちのチャンネルは開店休業状態ですから…。

ま、撮った日から、情報公開までにちょっと日がありまして。
情報公開でその動画を見たんですね。
いや、とてもよくできていて、やり慣れているな~という感じで。
ありがたし。

でね、まあHOTシュシュさんからしたら、にじ屋でマットプロレスをやります、という宣伝なわけですね。

これね、まあHOTシュシュさんの意図はわからないのだけれど、そこに「障害者云々」ってのが一切なかったんですよ。
これね、いや、いいなあ、と思ったんですね。
あ、いや、別に本気でその辺はどっちでもいいんですけど、ウチとしては。
そもそもHOTシュシュさんの動画ですし。
我々が口を出す話でもないし、たとえ出したとしても、「どっちでもいいっす」と言ったのではなかろうかと思います。

でね、ちょっと思ったのは、ある意味、これってよくある「慰問」という「スタイル」ではあって。
障害者の施設とか、老人のなんかとか、保育園とか。
そういうところに行く的な。
ま、どうこうではないですけど、
恐らくは、それが「いいことやってる」という団体の感じにつながるんだろうな、と思うんです。
つまりは、好感度アップ、みたいな。

いや、今の時代、Z世代とか言われる昨今、果たしてそういうのが好感度アップにつながるのかどうかはよくわかりません。
でもまあ、わざわざお金を介在しないで来てくれるというのは、なんらかのそういう好感度アップとかがあって、というある意味「ギブアンドテイク」みたいな感じはあったりなかったりするんだろうな、と思ったり思わなかったり。

でも、前にウチに来てくれた大日さんもそうなんですが、HOTシュシュさんも、まったく「障害者の店員が云々」って言ってない。

あ、さっき書いたように、いいんですよ、言ってなくて。
そして、それをお願いしたわけでもない、という事実は書いておきたい。

その辺がなんか潔いというか、なんだろう…、まあそういうことじゃないんだな、というのがよくわかったというか。
言い方は悪いけど、慰問と言えば(慰問という言葉を使わずとも、そういう感じの)、多少の好感度アップ的なこともあった「かも」しれない。
でも、そういうのを彼らはまったく考えてなかったんだな、って。
恐らく、HOTシュシュさんはそういうこと関係なく、にじ屋でやりたい、ということだったんだな、と。

それはそれでなんかとてもありがたいな、と思って。

確かに、千春代表にはアキもカズミも選手時代にお世話になっていて、そういう話が通じやすい、というのもあると思います。
もっと試合できる場所を広げたい、とも間接的に聞きました。

というか、例えば、会場の大きさは別として、とにかくどっかの会場でお金を取って試合をやる、ってのは、少なくとも「見よう」としてくれる人が来るわけですよね。
ファンも来るでしょう。
選手のことも多少調べて来るでしょう。

でも、今回のにじ屋での試合は、見る人がまったくHOTシュシュを知らない、という可能性が高い。
「にじ屋のイベントだから」と来てくれる人も多いです。
ま、それが我々の狙いなんですけどね。
この機会にプロレスを好きになってもらいたい、という。

だから、何を言いたいかというと、いつもの試合の感じでは恐らくいけないじゃないですか。
かなり、力量が問われることを彼らはしようとしてるな、って思ったのね。
まだ若い団体だし、選手もキャリアが浅い。
すごい挑戦だな、って。

ま、プロレスってそもそも興行の世界から始まっているわけで、その辺ですよね。
どっかの駐車場で、なんかお祭りみたいなことが始まってる、みたいな。

なんかね、選手たちの新しい面が当日見れるんじゃないかと思って、それもとても楽しみにしています(上から目線というわけではないのだが、なんとなく上からっぽくてごめんなさい)。






(BGM:周渝民「試著愛我一天」from「記得我愛你」)
→なんか、普通のラブソング。
サウンドもなんだか爽やかで、ポップ。
声も甘いし、なかなか売れそうな一作。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg

2・4(日)はにじ屋にマットプロレスが来ます!みんな来てね!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





2・4には、にじ屋にHOTシュシュが来てくれます。
そのことで、ぜひ近所のプロレスファンに届いて欲しい、という話を書きました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6529.html)。

一方で、プロレスファンじゃない人、見たことない人、にも来てもらいたくて。
というのは、きっと好きになってもらえると思うから。

「プロレスって野蛮でしょ」とか、いろいろあると思うんです。
「こわ~い」とか。

いや、確かに怖いかもしれない。
なにせ、まあまだどの選手がやってくるのかがわからないが、あのヒールの選手が来た場合、確かに怖い。
逃げないと。
避難ですね、避難。
恐らくチェーンを振り回してくると思うので。

でもね、たぶん大丈夫なんですよね。
だって、ヒールの選手ばかりじゃないのですから。
ベビー、つまりいいモノの選手だっている。
だから、きっと守ってくれるはず!

というか、それがプロレス!

今回のプロレスで、ぜひ知って欲しいんです。
プロレスの楽しさ。
奥深さ。
それで、プロレス好きになってもらいたい。
それが今回の趣旨の一つであります。

にじ屋のお客さんには、プロレスを好きになってもらいたい。
HOTシュシュをすきになってもらいたい。
プロレスファンには、にじ屋のファンになってもらいたい、という。

もうそんな欲張りなことを考えていますよ。

ただねえ、ちょっと寒いよね、きっと。
これを書いている段階ではまだ天気予報もわからないのだけれど。
なのにビールを出そうというね。
温かい日本酒とかの方がいいのではなかろうか…。
ま、その辺も天気と相談しつつ。

食べ物の方も、いろいろ考えています。
逢芳食堂さんが何か出してくれるという話もあったり。

ちょうどスタートが13時ということで。
お昼時にかかりますから、ちょっと早く来ていただいて、いろいろお話でもどうでしょう。
にじ屋の店員で話したい人、ってのがいる、ってお客さんもいるとかないとかって話も聞きますよ。
ま、その人が作業で手一杯ということもあろうかと思いますが。

でもまあ、楽しい祭にできたらな、と思っています。
コロナ以降、こんなイベントをにじ屋でやるのは久しぶりでありまして。
我々も力が入っています。

コロナもありましたし、最近、にじ屋から足が遠のいてるな、という方もいるかと思います。
ぜひこの機に来ていただけたら。

もちろん、「手伝いをしたい」という方も大募集しています!
いろいろやってもらいたい作業はあるかと思います故。

プロレスの良さは、ドラマだと思います。
小さい選手が大きい選手に勝つ。
凶器を振り回す選手に、素手で立ち向かって勝つ。
ベテランが上り調子の若手に負ける。
…それって、やっぱ人生なんですよね。

どんな敵が来ようとも、自分が信じる闘い方で戦い抜く。
人生にはツラいこともあるけれど、でも、負けない、という勇気を俺はプロレスからもらっていると思う。
そして、もう60が近くなって、俺もいつか若い子に道は譲らなきゃいけない。
というか、譲りたい。
そして、その時には自分以上の力をつけてもらって道を譲らなきゃいけない。
その時の哀しみや、そして試合には負けたベテランが見せる試合を越えた勝負。
簡単に言っちゃうっとそんなような。

そして、HOTシュシュは新しい団体なので、選手がそもそも成長過程。
それ自体もどっかドキュメンタリー。
なんか、こういういわゆる「ドサ」的な大会も初めてだそうで。
これまではファンがやってくる会場でヤッていたモノが、果たしてプロレスを知らない、HOTシュシュを知らないお客さんを前にして、どんな闘いを見せてくれるか。

それもとても楽しみにしていますプロレスファンとしては。









(BGM:Idlewild「Captain」from「Captain [Japanese Version]」)
→すごいこれはニルバーナっぽいというか、どっかその辺のパンクっぽい衝動がつまっている。
知らなかったな、このバンド。
いいバンドは数限りないな、ホント。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg

2・4、にじ屋にプロレス団体「HOTシュシュ」が来ますよ!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





2・4にHOTシュシュがにじ屋にやってくる、ということで。
まあ、宣伝活動をしています。

近所の店にいろいろポスターなどを貼ってもらっているのだけれど、昔に比べてやっぱり普段呑みに行ってるお店とかが増えてまして。
コロナのことがあって、状況を段階的に、駅前には行かない、近所の店ならOKとかって約束をしていたりもしていて、近所の店の開拓が進みました。
何にしてもイチマルや井上たちが飲みに行ったりもするので、俺らもちょくちょく顔を出して「いつもありがとうございます」、みたいなことは言っていたりして。

昔は近所の店がわからないので、すぐコンビニ、とかが上がってきましたけど、そういうのは今回は「貼るのをお願いしたい場所」としては出てこず。
ま、コンビニはたいがい断られたりして、ってこともあったりなかったり。
店長さん次第なんでしょうけど。
時間がかかったりもするんだけど、普段呑みに行ってる場所だと、すぐに「いいよ~!」なんて言われるから気がちょっとラクですね。

とはいえ、俺はそういうのがかなり苦手な人。
そもそも、お店に行って顔は向こうも知ってくれて、「いつもありがとう」とか話しかけてくれようとしても、なかなか俺から答えられない、という事態も。
ましてや、自分から話しかける、ということもなく。
でもたいがい誰かと一緒なので、その人が喋ってくれて乗り切る、みたいな。
で、みんなはマスターとかと話して盛り上がっていても、俺だけはちょっと入れないなあ…みたいな感じもあったりなかったり。
アキがそういうのなかなかやってくれるところもあったりなかったりなのでいつも助かっています。

そういう俺の性格もわかってくれているんでしょうが、一カ所行って欲しい、と言われまして。
確かにその店は俺だなあ…、と納得するところもあり。
わかりました、と。

で、行ってみたけど、まあ店の人もシャイなんだろうな…。
なかなかどうして。
そもそも、話したことはなかったけど、顔はもうお互い知ってる、みたいなところはあって。
いつもの買い物をして、「実は今日、お願いがありまして」と切り出しました。
「私、にじ屋の関係の…」というと、それはわかってくれていたようで、話したことなかったけど、まあにじ屋の周知度って近所では高いんだな、と思ったり。
ありがたい。
で、「今度プロレスがですね…」と話すと、「ああ、俺、この前、そこの体育館に新日が来たときに行ったよ」みたいな。
話早いじゃん…という。

話してみるもんだな、という話でね。
やっぱプロレス好きな人と喋ったり飲みに行ったりはしたいわけじゃないですか。

前に、ロスインゴ(新日のユニット)のTシャツを着ている、恐らくは大学生だと思うんですが、いたんですよ。
ま、やっぱ新日は浸透力が違うね。
とはいえ、さっとすれ違っちゃいますから。
というか、なんて言いますか?
「あ、ロスインゴ、僕も好きです」って感じか。
とはいえ、さっとそんなセリフが出てくるほど社交性はない。
俺はまあ内藤選手の目を開くポーズをすればよかったな、と思ったんだけど、もしかして、お兄ちゃんのTシャツをワケもわからず着ていた可能性もあって。
そうなると、もうそれって不審者ですし。
結局そんなことを考えている間にプロレスファンという同志をスルーしてしまうという事態に。

すごく昔に、お金がなくて廃品回収というのをヤッていた時期があります。
まあ、まだ雑紙とかが高かった時代ですね。
そうすると雑誌とかも出てるじゃないですか。
週刊ゴングだったか、週刊プロレスが大量に出ている家、とかあるんですよね。
あれもどういうアレなんですかね。
もう昔のだからいらない、ということも考えられるし、実家だったんだが、一人暮らしをするようになったのでもう捨てる、とか。
もしかしたら、プロレスに飽きた、ってこともあったりなかったりするかもしれん。
というか、雑誌を出してくれているのに、わざわざピンポンしてたずねるのもおかしい。

てなことでですね。
何が言いたいかというと、やっぱプロレスファンの輪を広げましょうよ、という。
いや、広げたい、と。
広げましょう、って、なに人任せにしてるんだって話ですね。

にじ屋にはそもそも元プロレスラーもいますし、って、最近はあまりにじ屋の店舗の方じゃない仕事もやったりしていてなかなか会えないかもしれませんが。
でもまあ、この2・4の機会に、「近所のプロレスファン」の方にもぜひ会いたいんですよね。
ビールや食べ物も用意するので、楽しくプロレス談義ができたら、と思っています。

お待ちしています。






(BGM:神人「おめでとう 2」from「おめでとう」)
→シンガーソングライター&スピリチュアルメッセンジャー、という。
で、神人。
もうね、すごいわ。
で、「生まれてきてくれてありがとう」。
ま、そうは思うけど、こういう名義でこういうタイトルでやられてしまっては信者以外には広がらん。
が、それでいいのか…。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg

2/4はにじ屋にマットプロレスが来ます!みんな来てね!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





プロレス好きというのはまあもう何度も書いているわけです。
やっぱプロレスは面白い。
八百長だという人もいるかもしれないが、正直まあどっちでもいいですねもう。
見に行ったらそういう気持ちになると思いますよ。

そこで展開されるのは、ライバルストーリーだったり。
上り調子の若手にベテランが負けてしまう、とか。
悪役とベビーの闘いだったり。
まあ、力道山の時代から、悪役に責められ責められ、それでも勝つ、みたいなのもありますね。
その試合で、実際問題どっちが強いかなんてのはあまり意味がないというか、どっちでもいい。
そういうのは相撲やボクシングにまかせておけばいいと思います。

プロレスは、どっちが強いかじゃなくて、勝つに至る、負けるに至る物語。
だから、八百長だろうがなんだろうがいいんです。
一遍の映画を見てる、と思ったらいいと思います。
それを本気で痛みを伴って、録画じゃなくリアルタイムで表現するんだから、すごい肉体芸術だと思いますよ、ホント。

で、まあ最初はね、現地で見てその物語に感動する、みたいなことから始まりますよ。
それで満足できるんだけど。
だんだんそれじゃ満足できなくなって。

不穏試合なんて言葉がありますが、不透明決着、みたいな。
「なんかさっきのレフリーおかしくない?」とか。
「負けた方がなんか笑ってたのは何だったのか」とか
これが他団体との交流戦や対抗戦だと余計にわからないときがあって。
そもそも「何だったの?あのマイク?」みたいな。
前哨戦、なんてのがあって、選手権試合の前に組まれたりして。
「前哨戦で勝ったけど、ベルトが掛かったらどうだろうか…」とか。

試合だけじゃなく、そういう推理も楽しくなってくるんですね。
こうなると、試合だけじゃなく、最後のマイクやバックステージのインタビューなんかも見たくなってくる。
なんなら、バックステージのインタビュー時に対戦相手が殴り込んできたり、全く関係ない第三の選手がなだれ込んできたりして。
あ、次の挑戦者はこの選手か?みたいな。

これを書いているのは1月の20日なんだけど、まあいろいろニュースもありまして。
まずオカダ選手退団、という。
日本最大の団体、新日本のエースをずっとつとめてきた。
ま、新日ファンとしては大きなショックである一方、アメリカ進出って言われてて、がんばって、というエールも多い。
これもね、なんか寸前に棚橋選手という、これまた新日本の顔ですね。
オカダ選手の前のエース、といったら怒られるか、まあその選手が社長になったんですよ。
棚橋選手のキャラもあるんですけど、これもかなり好意的にニュースになってて。
きっとね、まあ棚橋選手が社長なら平気だ!というね。
オカダ選手の退団は昨日今日決まったことじゃないだろうから、そういう線もあったのかな、まず棚橋選手の社長就任でファンを安心させて、「オカダ選手が抜けても大丈夫、むしろなんか新しい流れが出てくるんじゃないか」という期待感が出てくる、と。

そういう推理をしたくなってくる、のよね。

ちょうど中島選手という、全日のチャンピオンも迷走してまして。
俺はあんまり全日は見てないのでわからないが、どうも社長がイマイチファンに嫌われてるようで、そのラインでなんかストーリーを作ろうとしてるのか、失踪してみたり、なんか覆面男に操られてる感じのツイートしてみたり。
こうなると、その覆面男は誰なんだ?ってことにもなりましてね。
なかなか推理が面白い。
とはいえ、全日ファンがこれを受け入れるかどうかは別なんだけど、俺は面白いかな。

つまりはリングだけじゃなく、リング外のことまで楽しむようになっていくという。
こうなるとプロレスの沼にハマりますね。
選手のツイッターをフォローしてみたり、ということになります。

でね、最近、ちょっと思ったんですけどね。
リング→リング外、と興味が広がっていって、だんだんそれでも満足できない感じになっていくんですよ。
しかしまあ、もうリング外までいっちゃってますから。
それ以上に広がるってのはないんですよ。
あとは例えばアメリカンプロレスを見るとか、男子しか見なかったけど、女子プロレスも見るとか、そういうジャンルの問題になってくるしかない。
ま、俺の場合はけっこう何でも見ますし、WWEもリアルタイムじゃないけど無料のウチに見たり。

そうなると、なんかプロレスに関してもうちょっと足らない…という気持ちが出てくるんですね。
あ、俺だけかな。

これね、多分もう「やる」しかないんですよね。

例えばですよ、ここにリングがあったら。
「プロレスごっこ」をしてみると思います。
「ちょっとやってみない?」と。
で、「イヤオ!」と。
あ、これ、今はWWE、元新日の中邑選手のヤツですけど。
プロレスファンならきっとやるでしょうに1000点賭けます。

さっきニュースでどこかの医者が飲み会でラリアットやってしまい解雇?的なのが流れてきましたが、この人もきっと「足らなかった」んで、まあリングもないのにやっちゃった、という感じなのかな、と思ったり思わなかったり。
んな、プロレス知らない人に(かどうかわからないが)ラリアットなんかしちゃダメでしょそもそも。
プロレスはお互いの信頼感がなければ成り立たない世界ですよ。
そこね、しっかり抑えておきたい。

てなことで。
2/4はにじ屋にマットプロレスが来ます。
HOTシュシュ、という、アキやカズミがお世話になった人が代表になってるプロレス団体なんだけど。
ぜひ来てもらって。
観戦無料ですが、選手のグッヅを買うとか、あ、投げ銭システムなので、よかったと思ったら投げ銭もお願いします。
プロレスだけじゃなく、お祭りにしようと思うので、模擬店的なコトもやります。
お酒も出します。

みんな来てね。






(BGM:BEGIN「太陽のチルドレン」from「BEGIN BEST 1990-2000」)
→どっか基地問題を思わせる歌詞。
でもまあ、攻撃的では全くなく、どっちでもとれる感じとでもいうか。
でもまあ逆に沖縄の人たちってこういう感じではあるんだよね。
単純にファックオフアメリカ、にならない感じ、という。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE