FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

それは大人ではない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


学習性無力感という言葉があるそうで。

「どうせ自分は努力したところで上手くいかない」とか「自分が何かをしても何も変わらない」みたいな感情。
まあ、それは誰しもあるかとは思うけど、んで、結果「何も行動しなくなっちゃう」と。
結果、そりゃ行動しないからどうにもならないわけで、「ほらね、やっぱ無駄だったじゃん」みたいな形で「達観」みたいな感じになっちゃう。

まあ、毎度毎度努力をしても前に進まない、みたいな場合、そりゃそうなっても仕方ない気もします。

どうしてそういう思考パターンになるか。
小さい頃に親に抑圧された、教師に…、まあいろいろあるだろうことは想像に難くない。
が、小さい頃は特にそんなことなかったのに、社会に出て会社で何を努力しても認められない、体を壊しても自己責任にされる、みたいな環境に置かれたら、まあ最初は「おかしい」とは思うでしょうが、その行動すら潰されてしまえば、そのうちそれは「どうせ」に変化してしまうだろうな。
いや、「おかしい」とは思いながらも、「でもどうせ…」になっちゃうんだろうな。

自らに確実に不利益が降りかかってるにもかかわらず、それをおかしいとは一応思いながらも、「行動を起こせない」というのは、やっぱちょっと苦しい。

で、ちょっと考えてみたらば、多くの人、俺の世代から下とか若い人にそういう人の中に当てはまる感じの人が多いような気がしてきた。
異議があっても言わない。
そして、異議を唱える人はうっとおしい。
でも、陰では不平や不満を言ってる、みたいな。

異議を表立って言う気力がなくなっちゃったんだな。
そう考えると、なんかいろいろ合点がいくような気がした。

イジメだったりがあると、やっぱそりゃ「どうせ何やってもいじめられる」となるのは当然だろうし、見て見ぬふりをしなければ、次に自分にイジメの矛先が向く。
そんな汲汲とした十代を送っていたなんて考えると、そりゃもう「何をやっても無駄」って思っちゃうよな…。
んで、非正規で雇用されて、雇い止めにあっても自分の力ではどうにもならない。
契約切れのたびに、次の仕事が見つかるかどうか、つまり食い扶持を確保できるかどうかにおびえる。
上司に文句を言えばすぐに切られてしまうから、不利益があろうが訴えることなどできない。

そんな生活を繰り返していたら、そりゃやっぱ無気力になるよな。
「どうせ何やっても無駄」って。
非正規が蔓延したのは政治の問題なんだけど、自分が非正規で辛い思いをしていても、その政治を変えよう、とは思えなくなる。
自分では投票にも行かないのに、選挙の結果を見て、「ほらやっぱりね」とつぶやく。

そして、変えよう、とする人はうっとおしくもなる。
「無駄なのに、なにやってんのよ」って。

多くの人がそうなっていくことで、それが「大人」であるかのような錯覚も社会には生まれる。
「どうせ変えられない」が、「変わらない社会に従って不利益を被りながら生きていくのが大人」という風に変換されていく。

社長に無理を言われようが、得意先に無茶な要求をされようが、「それはいくら何でも無理」と言って行動を起こすことはしない。
どうせ無理なんだから。
何も変わらないんだから。

だから、その無理を必死にこなすのが大人なんだよ。
大人は辛いんだよ、と。
無気力にならず、一生懸命やってる人を「おまえら甘い」とか言うようになる。
よくデモを、「暇があっていいですね」なんて揶揄する人がいるけれど、そういう感じか。
ツイッターに書き込む気力くらいはあるのかもしれない。
というか、あれは匿名だから、自分が言ってるのでもないのだろう。

日本の子どもは自己肯定感が低い、といわれるけど、それとこの学習性無力症は無関係ではあるまい。
子どもの頃から、自分には何もできない、と教育されてきているのかもしれない。
そういう社会になってしまっているのかもしれない。

よく、戦前の流れの中で、その時代を知らない俺なんかは「どうして戦争に賛成したのか?」とかってことを素朴に思ったりするけれど、こうした「何を言っても変わらない」が究極にまで社会に広がったとき、人はもう何の判断もできなくなるのかもしれない。
戦争反対、を叫ぶ人を揶揄し、隅に追いやるようになるのかもしれない。

そして翻って、今の日本も、あのときのような状況に覆われていないだろうか。
ここから我々はどう抜け出せばいいのだろうか。
「あなたには意味がある」
「あなたは大切な存在である」
何度叫んでも、何度話しても、それが揶揄されてしまうとしたら、もうなにか手立てがないようにも思えてしまう。






tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:Akon「Bananza [Belly Dancer]」from「Street Vibes 2006」)
→アフリカンなんだな。
ルーツミュージック?そういうのをふりかけた感じのコンピ。
すごく楽しいけどね。
スポンサーサイト

霊のせい!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



どうにも気分が乗らない時ってありますね。
今がまさにそういう感じなんですけど、どうも先月終わりから気分が冴えない。
聞けば、「天気じゃないですか」とか、「気圧じゃないですか」みたいなことも言われますが、まあそんな気もする。
予定が詰まりすぎ、というのもあるだろう。
体力が追いつかないというか。

一つ一つの予定に関しては、そんなにイヤだとかそういうのはないんだけど、とにかく全体に重い。

こんなことで夏を乗り切れるだろうか。

否。
乗り切れん!。

鬱じゃないかと思うんですけどね。
でもまあ、聞けばあまり当てはまらない。
結局、年なのかもしれない。

なんでまあ、もうゆるゆる運転することにしてるわけです。
そもそもが怠け者なので、なにもしなくていいや、って思うとずっと本を読んでられますし、その途中で寝れますし。

そもそもまあ、めんどくさがりなんですよね。
省電力運転したいんです基本。

まあ、俺はアキと一緒にすんでいて、アキが楽しいので、家に帰るととても毎日楽しいので、なんとかなっておりますね。
とてもステキな毎日を本当にありがとう、と俺は言いたい←こういうことを俺は照れずに公に言えるタイプ。


ま、それはそれとして、なんかクーラーな気もするんですよ。
先月終わりの山形の旅行で、まあ部屋にクーラーかかってて、消してねた方がイイかなあ、とか思っていたんだけど、結局酔っ払って帰ってきてそのまま寝てしまうという状況になりまして、なんとなく冴えない。

クーラーばっかり浴びてると、まあ気持ちいいし寝れるし、暑くないし、さっぱりとするし、なんか気分はいいんですけど、翌朝つらい、というか、外に出るとぐったりしちゃうというか。
そこから何かバタッとだるくなった気がしますので、あの三泊四日が遠因か、とか思ったり思わなかったり。

本部事務所が、実はもうガラス張りなので、暑いのでクーラーつけてるのが通常運行なんですけど、それもね、まあアレですけど、でもつけなきゃ直射日光でやられますんで仕方ない。


もしくは、あの山形の宿で何かが取り憑いた?という可能性も捨てきれない。
…捨てきれるか…。

いや、捨てきれないとしましょう。
確かにあの宿は老舗と言うし、古かったんですよね。
コケシが大量に飾ってあったりして、恐ろしいったらありゃしないところではあった。

どうですかね。
う~ん。
かといって、そういうきっかけがあったとは思い出せないわけですけど。

でも、話を聞けば、まったく気にしてなかった、まったく覚えはないが、たまたまその時踏んだ石が墓石だった…。
…みたいなコトも聞きますよ。

いやあ、霊って怖いわ…。

悪意があったのならともかく、たまたま踏んだ、いやいや、人は歩みをすすめる時、必ず何かしら踏みますからね。
それが墓石だったから…って、おいおいおい。

しかしまあ、よくよく考えれば、悪意がなくても交通事故とか起きちゃいますし、因果関係とは悪意とはまったく無関係なのかもしれない。


とかまあ、やっぱ人はやっぱ調子が悪かったりすると、どうしても霊のせいとかにしちゃうよねー。
とか、他の人のせいにしたりさ。
「アイツが悪いから、俺がこんなに…」みたいな。

ま、たいがいそういう風に思ってしまう時は、本気で調子が悪いので、とりあえず休むことですね。
という話でした。







tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:BLOODY FARMER「猛虎の姿に」from「Stick To One's Principles」)
→決して上手くはない。
けれども、いい。
こういうの好き。
なんでしょう、この感じなんだよな、俺のパンクを触発してくる何かって。

選挙に行こう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



選挙の投票率が低いというのは、まあ民度が低いって話なんで、恥ずかしいよなあと思うんですけど。
大人として、「選挙に行かない」という判断をよくできるな、とか思います。
親じゃないにしても、未来の子どものため、というか、そういう行動が出来ないというのは、ちょっと哀しいモノがあります。

まあ、実際今や一億総貧困ですから、「自分のことで精一杯」という人もいるだろうけど、確かにもう中年になったら奨学金のことは関係ないかもしれないけど、「同じような苦労はさせたくない」とか、そういう気持ちになってくれたらいいなあ、と思うんですが。


先日、ネットのニュースで、性教育のことが書いてあるのがあって。
フィンランドの性教育について、学校でこんな風に教えているというのである。

「性暴力は、自分の意思に反して起こる性的な行為である。例えば、性的なほのめかし、中傷、触ること、誘導すること、圧力をかけること、強制すること等で、対面で、或いは携帯やインターネットなどを通じて起きる。それを我慢したり、受け入れたり、それに従ったりする必要はない。中学2年生の男子の5分の1、女子の4分の1が、こうしたことを経験している」

「性暴力は、知り合いから受けるケースが多い。隣人、交際相手、同級生、友人、親戚、新しい知り合い。加害者が知人であり、時には愛する人であるということが、他人にそれを話しにくくし、時には恥ずかしいとさえ思わせてしまう。被害者は、たまたま起きてしまっただけだとか、誤解だったとか、自分が悪かったとか考えてしまう。起きた事を忘れ、まるで何もなかったかのように思いたくなる」

「もし、被害にあった場合は、一人にならず助けを求めなさい」

「薬物を使って眠らされ、抵抗力をなくした人に対する性的侵害は、犯罪である。たとえば、触ること、写真を撮ることは禁止されている」

「外見から、性暴力をふるう人を見分けることはできない。美貌、裕福、人気者、頭脳明晰、若い人かもしれない。(略)性暴力は、表に出にくい犯罪である。警察に通報されるのは、実際の行為のごく一部にすぎない。行為について警察に通報したくない、する勇気がない、できない等と感じやすい。それは、若い人にとって性暴力が理解を超える経験で、それが犯罪であると理解していないからである」

「信頼できる人に話す。助けを求める。一人で抱え込まない。警察に通報する。72時間以内に起きた場合はシャワーを浴びたり、服を着替えたりしない。着替えた場合は、警察の捜査のために洗濯しないでおく」


特に最後の部分は、捜査のための心構えである。
日本では、避妊すら教えない、という感じもあるから隔世の感がある。

で、この記事はこうまとめていた。

 社会の、あるいは人間の暗部について教えることを日本の教育は嫌う。しかし、子どもを狙った性犯罪は日本でも数多く発生しているのは周知の事実。毎年千人前後の13歳未満の子どもが強制わいせつの被害に遭っている。これはあくまでも警察が把握している人数なので、実際にはその何倍もいると見ていい。


これ、なんだか日本って「大人の起こす犯罪に対して、大人が隠している」という感じがしたんです。
逆に、「そういうバカな大人がいる」ということを、もっと我々は子どもに教えていいのではないだろうか。
そうすることによって、「バカなことをする大人」をきちんと追い詰めることが出来るような気がして。
逆に言えば、今の日本はそうした「バカなことをする大人」を容認してしまってるのではないか?

近親者や友人から性的な何かを受けたとして、そういう大人をぶっ飛ばす大人がいなかったら、やっぱり子どもは絶望してしまうような気がして。


先に書いたフィンランドの子どもに対する教科書の内容には、どこか「大人の決意」のようなモノが感じられるな、俺には。
一方、日本の「避妊を教える必要はない」というのは、どこか「大人の決意」を放棄しているように感じる。
だって、実際に被害に遭ってる子どもがいるんだから、それでも性のことについてちゃんと伝えないというのは、どっか「臭い物にふた」で、ほっておいているだけじゃないか、と思うわけです。


なんか、日本の大人は幼稚だって気がするんです。
どっか毅然としてない、というか。
モノを言わないことが処世術、みたいな感じになっちゃってるというか。

もちろん、それでも空気を読まずに自分の言いたいコトを言ってる人もいると思うけど、そうじゃない人が多い、というか。
「大勢の中の一人」であることが大義、というか。

で、自分の子どもが被害に遭ったりして、そこで気づいて行動を起こしたりして、でもそれがなんか叩かれたりして。
出る杭は打たれる、みたいな。


横並び、ってのは為政者にとって都合がいいだけで、他にはいいことないですよね。
子どもだって絶望する。
被害に遭った、というだけで、横並びから外れるから、被害に遭った子を責めちゃったりする結果になっちゃいますよね、これ。

ま、結局こうなっちゃうと、「なにもしない方がイイ」ってことになって、でもなにもしないのはつらいですから、ネットに匿名でバカなこと書き込んだりしちゃうわけでしょ。
悪循環ですよね、こんなの。

きちんと教育が行われていたら、被害者が叩かれるようなことも少なくなるような気がするし、そもそも、そんな被害者を叩く側を叩く風潮がもっときちんと産まれるような気がする。


つまり、自分の意思や信念によって、自分で行動を起こそう、ということなんですけど。
その姿を子どもたちに見せよう、という。

んなわけで、まず選挙に行って、自分の意見を社会にぶつける姿を子どもたちに見せましょうよ、と俺は思います。








tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:鹿島とも子「走れニコ」from「Soft rock Hippies」)
→このアルバムはすごくカッコイイので、昭和歌謡を見直すためにもぜひ聞いていただきたい。
今でも通用するでしょ、この感じ。

オカルトの引力


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


松閣オルタさんという人が書いた「オカルトクロニクル」という本を買いまして、他にも以前に買って読み切ってない本がたくさんあるにもかかわらず先に読破してしまいました。
ウサギとカメいうところのカメ現象。

ま、俺はオカルトがすごく好きで、なんでしょう、オカルト少年、いや中年、いや壮年。
けっこういろいろなオカルトスタンダートは押さえてはいるつもりでいましたけど、この本には知らない事件とかもけっこうあった。

で、まあ「オカルトクロニクル」は、そもそもネットのページでありまして、本を読んでからそちらを見ましたら、もう面白くて面白くて止まらない。
特に海外の事件なんかは知らないモノが多く、興味深く読みました。
これね、ぜひみなさんも読んでみてくださいな面白いんで。


オカルトってのは、まあ解決させようと思ったら解決できちゃう、というところがあります。
集団ヒステリーとか言っちゃえば、たいがい解決します。
もしくは誤認。
たいがいはこれでもう全部解決、なんですが。

あとは、北朝鮮に連れ去られた。
…ま、これはちょっと深刻ですが、でもけっこうそう考えるとまったくもって丸く収まる、という事例もあったりします。
が、まあこれはそれ自体が闇のベールに包まれているので、オカルトと言っていいようなよくないような。
まあ、そんな連れ去る、いわゆる拉致ですけど、そういうことを国家が率先してしてるってのがもうどうしようもない話ですけどね。
まあ、これは拉致の状況がハッキリしない以上、解決はしていないわけですが。


でもどうですかね。
死体が実際にあると、もうこれは誤認でも何でもなくなってしまうわけで。

七人が連続して自殺した事件とかね。
どうしてそうなってしまったのか、それぞれに関わりがある人もいるし、そうじゃない人もいるんだけど、前に自殺した仲間の葬式で「俺たちはコイツの分まで生きていこう」なんて熱く語ってた人がそう簡単に自殺するだろうか。
これはまあ集団ヒステリーで説明できないことはないんだけれど…。


井の頭公園のバラバラ事件だって、死体はあるわけですよね。
でも、誰が何の目的で、いや、そもそもどうやって死体を切り刻んだのかもよくわかっていない。

特に後者は、絶対に「やった人」がいるわけですよ。
自然にそうはならないし、そもそも誤認でも何でもない。
実際に死体はあるんだから。

そう考えると、「誰なんだ?」というのは、誰でも思います。
世田谷一家殺人事件も同様で。
こんだけ盛大にやっておいて、なぜ犯人が捕まらないのか、と。

いやあ、もう不可思議というか、「なんのため?」がわからないから怖い。
「なんのため?」がわかれば、ある程度の防衛策もとれるけど、それがわからないとなると、いつ何時それが自分たちにふりかかるかわからない。


ま、世の中の全ては理知的に解決されているわけじゃないってことですよね。
ディアトロフ峠事件だって、ずいぶん前の事件だけれど、まあ逆にずいぶん前だからかもしれないけど、解決はしてない。
山で9人の大学生(一人ちょっと正体不明の人が混ざってる)が死んだ事件。
衣服に放射能が残っていたというのも不可思議。
ってか、読めば読むほど意味がわからない。

ただ、どこかで事実誤認があって、それが合成の誤謬よろしく積み重なってしまったのかもしれない、とも思う。
なんかどこか「マジメに捜査してんの?」とかとも思ったりもする。
「もうわかんないから、なんかあって、みんなテントの外に出て凍死した、ってことでどう?」みたいな感じで決めウチしちゃってるのではないか的な感じもプンプン。
そうなると、どっかこれは「軍の秘密兵器の実験だったんじゃないか?」的な陰謀論に発展します。

つまり、まあどう決着をつけても、つけようとしても「終わらない」のがオカルトのイイところでありまして。
人の想像力には果てがない、というか。


そういえば、ウチの近所で十年くらい前に火事があったんですけど、その火事がどうも世田谷の事件に酷似してるんじゃないか、という噂が立ったことがあります。
ネットでもけっこうそれは記事になっていて。
その火事も結局はどうして起きたのかよくわからないまま今に至っているとか。

そうやって未解決事件は拡散し、オカルト化し、果ては陰謀論にまで発展し、人々の興味という生き血を吸って増殖し続けていく。
人は理解できないことを、なんとか理解しようとしますから。

ま、その人間の所行そのものがオカルトを産んでるんでしょう。
オカルトとは、まあ人の想像力と防衛本能のたまもの、というか。






tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:THE CRAZY TEDS「GRANDFATHER'S CLOCK」from「ROUGH HOUSE R & R vol.2」)
→なんすかこのゴキゲンなサウンド。

耐えられなかった話


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


先日山形に行った際に久々に電車に乗りました。
というか、あまり外出てないんじゃないか俺。
そもそもウチの事務所とかが駅から遠いので、車で出かけちゃうことが多い。

ほいだら、大宮駅、まあ中核駅ですよね。
新宿とかよりは全然小さいけど、こっから東北とかに行くターミナル駅というか。
まあ、ラッシュの時間というのもあったでしょうが、怖いんですよ。
歩けない。

というのも、なんか殺気立ってる感じが、すげえの。
怯んじゃって歩くのが怖い!という気持ちに!
この話をアオテツ(@aotetsu8) にしたら、まあ彼は今都内に電車通勤してるわけだけれど、「いや、そもそもあの状況で穏やかな気持ちを保つのは無理だよ」と。

う~む…。
そうか、それでも乗り続けなければ仕事に行けないとなると、もうそりゃ大変だわ、と。
俺はたまたま、というか、まあ事務所まで徒歩で行けますし、この状況を一回経てから仕事に行くということがないので、よく知らなかったわ。


この殺気に対抗するには、少なくとも「遮断」という方法が必要だろう。
じゃないと、やられちゃう感じ。
遮断しないとしたら、こっちも殺気出すか!にならないと対抗できないよな…。
というか、これがもう通常になっちゃったら、もう普段の生活も殺伐としていくだろな…。

よく、電車内でベビーカーに「邪魔だ!」とか言ったり、子どもが泣いてるのに逆切れする大人がいるとか聞きます。
いや、いくらなんでも、そんなバカいるのか?と思ったけど、こりゃ、この殺気に飲まれちゃったらそうもなるような気もしました。
といって、そういうことを言う人を擁護する気はないんですが、でもこの殺気、尋常じゃないな、と。

いや、俺が敏感なだけなんだろうか。
普段殺気立ってない、ということなのか。
そうでもないと思うけどなあ…。


ツイッターとかでも殺気だったことを発言する人は多くて、まあ匿名だからなんでしょうけど、車いすに乗った候補者に「障害治してから出ろ」とかね。
まあ、バカなんで相手にするアレでもないですが、匿名だし。
でもまあ、そういうことを「言わずにはおれない」という精神状態はあまりに荒廃が過ぎるように思う。

どっか、車内で赤ん坊が泣いて逆切れする人と似てる感じ、というか。
一方で、子どもを殺しちゃったとかのニュースも絶えません。

なんかこう、日本全体が殺気立ってるというか、荒廃が過ぎるというか。
日本はなんでこんな焼け野原になっちゃったんでしょうか。


おそらく答えは一つあって、もちろんそれが全てじゃないけど、考えつくのが「貧困」なんだよな。
方やテレビなんかじゃ紀行番組なんかもやってて、旅行なんて行けるわけないじゃん、みたいな感じの貧困。
食べるに困る、みたいな。

で、やっぱ、金がなければ心が荒むのよ。
例えば、狭い場所に親子四人とかで暮らしてると、やっぱつらいわけ。
多少、距離感が持てるスペースってのがないと、やっぱ相手に当たっちゃったりしちゃうんだよな。
ましてや、ネット難民なんてことがありますが、ネット喫茶の狭い範囲に寝なければならないとすれば、そりゃやっぱ荒みますよ。

簡単に考えればわかるけど、それらを解消するのは金なんだよね。
金。


中間層が貧困に落ちちゃって、誰もが汲々として仕事に向かわなきゃならない現実。
そして、その職場でも必死にならなきゃクビになってしまう現実。
言わば、同僚を蹴落としてでも生き残れないような現実。

この殺気が集まってるのが駅なのではないか、と思ったり。
オカルト的に言うと、もう気が悪いというか。
こうなると、悪い雰囲気だからそこから自分を守るために「知らんぷり」したりする。
殺気は放置され、敏感な人はそれにやられ、自らも殺気の一員と化す。

こりゃ悪循環だ。


もちろん、貧困だけが原因じゃなかろうが、あの駅の殺気はやっぱ尋常じゃないと思う。
あれが日常なんだと思うと、なんか日本の未来が怖くなる。

「いや、それに耐えて働くのが大人だよ」、って声も聞こえてくるけど、いやいやいや、みんなでもっとラクしない?
搾取される奴隷やめない?
なんで奴隷同士で足引っ張り合う必要ないじゃん。
どっちが従順な奴隷かを自慢し合ったってしょうがなくない?


選挙、行きましょ。
奴隷がひっくり返せるとしたら、一票だと思います。
このままでいいから投票しない、じゃなくて、このままだと、どう考えてもどんどんひどくなると思います。





sennkyoshou.jpg

(BGM:ザ・スターリン「猟奇ハンター」from「スターリニズム・ネイキッド」)
→このポップな感じというのは初期スターリンの一つのスタイルというか。
この辺がけっこう当時ディスられたあれなのかな。
文学的ってのもあったか。
でも今聞くといいんだよな。
ミチロウさん、合掌。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE