プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

表現者として襟を正す


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ラッドなんとかというバンドが「HINOMARU」だとかいう曲を書いたとかで話題になっている。
そのバンドを俺は知らなかった。
どうも、けっこう人気のあるバンドのようだ。

こういうバンドがこうした戦意高揚の曲を書いて、なんたらのスポーツの国際大会なんかのテーマ曲になることが昨今続いてる。
椎名りんごさんの歌もそうだった。

ま、その後、その作詞をしたメンバーは、「軍歌のつもりはなかった」と弁解しているが、「この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊、さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に」という歌詞は、あまりといえばあまりである。


ダイナマイトの発明も、なにも「人を殺すためじゃなかった」と。
放射線もそうだ。
原子力が人を殺す、大量に、そして後世に残る障害をもたらすことを「想定してなかった」というのは、確かにそうかもしれない。
だって、そうした科学の発展は、確かに大量虐殺だけではなく、人類の発展にも寄与した。

でも、人を殺しもした。


そういうことを考えたとき、表現者はそこのところにもっと敏感じゃなきゃいけない。
この人は「軍歌のつもりではない」とは言うけど、戦争になったら、これはテーマ曲になる。
流行ってるバンド、若者がきいてるんだろう、そう考えたら、若者が戦場で敵に突撃する時に、みんなで歌うかもしれない。
特攻に、散りゆくことがはっきりしている時に、上官はこれを若者に歌わせるかもしれない。


昔、バンドを始めたころ、軍艦マーチをワンフレーズインストでインターナショナルにくっつけて演ったことがある。
インターナショナル、という歌が、確かに抵抗の歌であり、そこに軍艦マーチをくっつけることで、なんか多様な感じも出したかった。
そもそも、軍艦マーチは「ちんどんらしい楽曲」であったこともある。

けれど、日本が不穏になり、どうもこれは右傾化がすげくなってきた、となった時に、軍艦マーチをくっつけるのはやめた。
もうバランス云々ではない時代になった、と思ったからだ。
その数年後、安保法制は通り、共謀罪まで通り、どうにもならない世の中になった。
あとは、どこかで紛争が勃発すれば、アメリカの兵力として自衛隊が戦争できるようになった。

おそらく、もう二度と軍艦マーチはくっつけない。


表現することは、かならず自分の意図しない方向にそれが曲解されることがある。
取材が嫌いだ、というのも、そういうところもある(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4463.html)。
「利用される」ことがある。
しかも、最悪の方向に。

この作詞者は、その後の弁解めいたコメントで、争いは嫌いだ、戦争は嫌いだ、とはっきり言っている。
なのだからこそ、これが「利用されるかもしれない」と敏感に感じ取らなきゃいけなかった。

というか、これはあまりに戦時中の歌詞である。
どうとっても、これは「利用されるにきまってる」。

実際、「なんでこんないい曲に反発するんだ!」という筋違いの意見までネットには多くある。
つまり、もう利用され始めているのである。
「戦争を危惧する人たち」を駆逐するために、この歌が試金石のように使われてしまっている。


こんな簡単なことが「想像できなかった」とするのなら、やっぱりそれはいくら「戦争が嫌いだ」といっても通用しないんじゃないだろうか。
そもそも、歌詞を作るなんていうのは想像が成せる技で、この言葉を聞いた人が「どう感じるか」「どういう影響があるか」を想像することから始まるモノじゃないかと俺は思うのだ。
その中に、「この歌詞なら売れる」とかいうのももちろん含まれる。

いや、読み違えることはある。
想像だから。
でも、それにしても、この歌詞はあまりにどうだろう。

あまりに時代を読み違えてないだろうか。
そんな風に時代に敏感じゃない人たちが歌う歌が流行ってる、ってのも、なんか怖い。


いや、そりゃ軍歌を専門に作りたい、という人もいると思う。
それならまあ、それでいい。
そういう歌を作りたいんだから。
そう表現すればいい。
それには反論ができる。
ま、今のうちは。

けれども、「戦争はイヤだ」という表現者が、この言葉のチョイスはないンじゃないかと思う。
いや、これが「戦争はイヤだ」の人の言葉のチョイスで、それが「普通」なのだ、とするのなら、もうそりゃ逆に恐ろしい。
右傾化ここに極まる、って感じだよね…。


いや、恐らくこの人は,この曲が「売れる」と踏んだのだろう。
そして、この曲によって、多くの某かの今後の「売れる道筋」みたいなモノを「取り付けたかった」のだろう。
五輪のテーマ曲だったり、官営のイベントのテーマ曲になれば、そりゃテレビにも多く流れる。
誰だって、一発屋で終わりたくはない。
いや、彼らがどのくらい売れてるのかは知らないので、一発屋かどうかは知らないが。
いや、彼自身ではなく、それはバンドの維持のため、事務所の発展?のため、だったかもしれない。
それが、「戦争はイヤだ」をおそらく越えたんだろう。

ならば、「戦争はイヤです。そんなつもりで作ったんじゃない」なんて言わないで、「売れるために作りました」って言ってほしかった。
これを「戦争はイヤですな歌です」と、「売れてる人」が定義づけることが、果たしてどれだけ恐ろしいことにつながるか、つまり、「中央線」をそこに設定することがどういう結果をもたらすか、をもっと考えてほしかった。
この歌もアレだけど、同時にそれに対する弁解が、もっと状況を「戦争」の方向に持っていってる、ってことを、やっぱ考えてほしかった。
せめて、ノーコメントで押し通してほしかった。

いや、すべて前提は「戦争がイヤなのなら」ということですが。


ま、俺は聞かないよ。
でも、問題は,この曲が「利用される」ということであって、俺が聞く聞かない、誰が聞く聞かない、という話ではない。
これは、まあ「売れてる彼らだからこそ」「若者に人気がある彼らだからこそ」の部分なんだけど。

彼らが売れてなかったら、別にまあどうでもいいっちゃあ、いい。
利用する方も利用できないわけで。


売れることで、放送禁止と言われていた「よいとまけ」をテレビにのせた歌手もいる。
売れることで、そりゃ表現は自由になる。
けれども、一方で、自分の意思とは違う方向に使われる可能性は飛躍的に高くなる。
それを誰しもが望まない。
そこには想像力を働かせないと。


同じ歌を作る者として、表現を作る者として、いや、とても勉強になったというか、自分もしっかり考えなきゃいけないな、と思いました。






(BGM:河見史朗「牡鹿物語」fromYOUTUBE)
→いや、これいいよ。
途中の語りもいいし、牡鹿の悲しみを歌いあげるという趣旨がよくわからないところもいい。
こういう曲があるから、まだまだ昭和歌謡は奥が深い。
「牝鹿こいしと鳴く牡鹿…」
どこか早口言葉のようでもある。
スポンサーサイト

自分の首を絞めるな


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


引っ越したアオテツが、自転車を直そうと思って、近所に自転車屋さんがないか検索した、と。
そしたら、すぐ近所にあって、ラッキーということになった、という。

ま、ここまでは通常のインターネットの使い方なわけです。
便利になりました。
パンクしてたら自転車で走り回って探すこともできません。
座って自転車屋さんの場所がわかるなんていうのは、ネット時代ならでは、ということになります。

しかしまあ、今のネットのアレは、ちょっとおかしなことになっていて。

場所を調べると、いわゆるユーザーの声、みたいなモノも表示される、と。
そしたら、その自転車屋さんの評価が鬼のように低かったらしく。
でもまあ、別にそれは気にせず行ってみたらば、「別に普通の自転車屋さんなんだよね」と。

う~む。
その意見を見るに、「ため口がイヤ」とかそういうことが書いてあったらしく。

おいおいおい、と。

自転車屋さんなんて言うのは、「おい、こんな乗り方して、自転車がかわいそうだろ!」とか怒ってくれる場所でしょうに。
少なくとも俺の子どもの頃はそうだったな。

それでいいじゃん、と思うんだけど、どうですか?


自転車屋さんは自転車を愛してくれているところの方が、俺は嬉しいし、俺の乗り方が悪いのなら教えて欲しい。
何でもかんでもお客様は神様です、っていうんだったら、自転車屋は基本「パンクしてくれて万々歳!」になっちゃうじゃないか。
そしたら、それはそれで怒るんだろ?
評価下げるんだろ?


いや、まあね、いろいろ事情がわからないからどうも言えないよ。
ま、何が言いたいかというと、この「一方的な個人の意見」を垂れ流すことができるのがネットなんだよね、って話よ。

あ、コレもそうだね。
つまりは、そういう「個人の意見」っていうことを前提にネットの情報を収集しないと、間違っちゃうよな、という話で。


「あの人、人殺しだから」とかって、知らない人に急に言われたら、その言ってきた人の方がおかしいと誰もが思うでしょう。
「お前の方が怖いわ」となる。

それと同じレベルなんだよネットなんて。
そういう風な関係性の上での発言なのに、ネットになるとそれを鵜呑みにする人の多いこと多いこと。

そして、そのおかげで社会生活がままならなくなってしまう人までいる。
スマイリーキクチさんなんかの記事を読むと、ホント、なんかとんでもない世の中になったな、と思うんですけど。


巨大掲示板とか、勝手なこと書いてるバカがいるよ。
ウチの連中がプロレスラーになって、いや、ホントにそれはよくわかった。
な~んも真実がない。
のに、何の根拠もなく断言するバカがいて、それに釣られるバカがいて、必死に論議したりしてる。
あのマスクマンは誰だとかそういう話から始まって、いわゆるゴシップ関係も。
いやいやいや、実際聞けば、そういうことじゃないんだってよ、ってコトがたくさんあって。
というか、プロレスなんかはそもそも虚実ない交ぜの物語を作るエンターテイメントだから余計なんだけど、いや、もう笑ったわ。

こういうブログもあちこちのHPもそうだけどね。
本当かどうかは、貴方が確かめればいいし、考えればいいし、鵜呑みにする必要などない。

特にユーザーレビューなんてのは、一番たちが悪いから、しっかり見極めないと、物量に踊らされる。


ネトウヨなんてのはその代表でしょう。
社会の構造も、社会学も経済学も知らない人が、勝手に安倍政権は外交が素晴らしい、なんて言ってる。
おいおいおい、と。
安倍さんのおかげで孤立してんだろうが、という、ごくあたりまえのことが見えなくなってしまう。
社会を知りたかったら、社会学も勉強したらどう?って思うんだけど。

果てには、「BBCまで安倍さんを貶める偽ニュースを流している」などと言い始める始末。
ま、これはもう政権の物量投入にまんまと踊らされてるわけでしょ。
実際、政権批判への批判をネットに書けばお金がもらえる、というバイトもあるわけでね。

その辺、複合的に考えりゃいいのに、自分の満たされない毎日を、排他主義に置き換えてネットに書き込み満足している。

ま、彼らは事実なんかどうでもいいんだろうけど。
自分のカタルシスを満足させられれば。

で、またそれを鵜呑みにし、それに踊らされる人がいて、という悪循環(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4305.html)。


ネットは個人の意見。
法人の意見、会社の意見、まあいろいろあるけど、とにかく、誰かの、どっかの集団の意見でしかないわけだから。

そういう利用の仕方をしないと、結局、首が絞まるのは利用してる俺たちだと思うよ。
結局、考えるのは、自分なんだ。






(BGM:「Kwuan Tai Duew Luk Phen」fromYOUTUBE)
→全てのポップファンに聞いて欲しいタイポップ。

簡単なコールを考える、ってのは確かに難しい。う~む…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


最低賃金はあまりに低すぎる、というのは、もう自明である。
日本では非正規と正規雇用ではあまりに格差がありすぎる。
しかも、今、なかなか正規で雇ってくれるところも少ないとかで、非正規での収入を収入の軸にせざるを得ない人が多かったりする。

例えば東京の最賃は958円らしい。
これをまあ週40時間で計算すると、38320円。
まあ、4万円としましょう。
1ヶ月を4.2週と考えると、16万8千円です。
家賃、税金、健康保険だとか、水高熱だとか、まあ考えたら、残りませんよ。

この最低賃金を1500円にまで上げるべきだ、という意見が今あります。
そうなると、上記の式でざっと計算して25万円と言うことになります。

確かに、16万ではどうにもならないが、25万だったら、貯蓄は難しいかもしれないが、なんとか毎日は生活できるかもしれない額にはなる。
といっても、まあ質素な生活だ。
というか、今は、それにも満たないのだ、ということですね。


ま、正規と非正規の賃金を揃えていく、というのは政府側も言っていて、ま、だったらこの最賃を上げちゃうのがまず手なんじゃないかと思いますが、なんだかもう、いろいろ違う話になっちゃっててアテにならないわけですが。

といっても、まあ日本の経済自体が地盤沈下してますから、企業が耐えうるか、というのが確かに問題で。
日本の99%が中小企業と言われてます。
大企業はともかく、中小がそれに耐えられるかというとちょっときびしい。

つまりはまあ、所得の再分配をもっとちゃんとやってもらわないとどうにもならないわけではありまして。
あるところにはあるんだろうから。

で、まあそれはそういうわけで、ぜひ1500円を一つの目標として運動していこう、ってのはすごく賛同するし、その通りだと思うんです。


前に書いたんですけど、安保法制とかの時に、デモで「This is what democracy looks like」ってコールがあって、そりゃわかんねえって、って(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4038.html)。
一緒に言えねえって、と。
難しいコールやられたんじゃ、大卒しかわかんねえじゃねえか、ということを言いたかったわけですが、大卒でもさっとはわからんぞ。

で、この「最賃1500円」なんですけど、いや、さっきも書いたように、ものすごく重要な取り組みだと思うんですよ。

が、ですね、なんかその合い言葉?なんかわからないけど、それがこんなのなんです。

「生きてても いいよと語る 1500円」

おいおいおい、と。

五七五にしたかったのはわかる。
でも、冷静になれば、「1500円」は七?である。
それに、1500円は語らねえし。

いや、水を差すつもりじゃないんだけど、俺はちょっと恥ずかしくてこれは言えない…。
センスもなんだか…。

わかる。
本当にその通りだと思う。
1500円でやっと生きられる、最低ラインでもある、というのはその通りだ。
でも、なんかすげえこれ、道徳的な響きがあるし、詩的で、いや、とりあえずとにかくなんかちょっと恥ずかしいんだよ…。

俺だけ?


前に、デモにはマイルドヤンキー層がいない(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-2869.html)と書きましたが、この標語?ではその層には全く届かないだろう、と俺は推測するんです。

マイルドヤンキー層といえば、オラオラ、へいへいとか言って、何ザイル?とか、そういう感じですよ。
そして、その層が動かなければ、社会は動かないような気もするわけです。

もっとなんだろう、こうアタマで考えたんじゃない、心に響くキラーフレーズはないもんだろうか。
1500円、という言葉も入れつつ、言いやすく、簡単な。

…う~む…。
ダメだ。
確かに思い浮かばんな…。

いや、ごめんなさい。
対案が出ません。

ま、簡単に、
「最賃1500円にしろ!それでも生活ギリ!」
…でももうこれでは文章だしな…。






(BGM:オーロラ三人娘「クールな恋」fromYOUTUBE)
→元曲はゴールデンカップスなのか。
これ、すげえカッコイイと思うのは、歌が下手なんだよ。
残っちゃうパターン。

一人一万円だとしても、すげえ額になりますよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょいちょい思うコトってあるんだけど。
税金ね。


個人的に某かに出演させてもらったりすると、お金をもらったりすることがあります。
源泉徴収票までもらったりして、こうなると、確定申告が必要になってきます。
ま、それはいいとしましょう。
すればいいんで。

俺の場合、普段の給料も、源泉徴収されています。
で、そのシステムはまあ「税金の取りっぱぐれが起こらないように」って話で、まあわからなくはない。

けども、まあたいがい、戻ってくるじゃないですか。
年末調整とか言って。

あれね、まあ戻ってきてうれしい!なんてね、思っちゃいますけど、その分を集めると、ずいぶんになるわけでしょ。
例えば、ひとり1万円戻るとして、1万人いたら、もう億ですよ。

それね、まあザッと一年預けている、みたいなことですよ。
一年とは言わないけど、まあそういうことですね。
あずけている。

なのに、戻ってきてうれしい、ってね、ダメだと思うんですよ。

やっぱ、預けている以上、利子が返ってこなきゃオカシイ。
たとえ1円でも2円でも、やっぱ戻ってこなきゃな、と思うんだけど。

どうなんでしょう、その辺。


税金と言えば、先日、こんなメールがきました。


単刀直入に言いますとあなたに無償でまずは2900万円渡します。その後月200万円渡します。
私は主婦でありながら主人に内緒でネットビジネスで収入を得ています。
それが去年から収入が跳ね上がり、税金の問題が出てきました。
そこで毎月の収入の税金対策としてあなたに収入の一部を送金し、税金対策としたいのです。
ここで重要なのがお互いがお互いを知らない相手だという事。
ですのでこうして連絡をさせて頂きました。
ちなみに今の平均月収が700万程度ですので大体毎月200万以上をあなたにと思っています。
これで税率も下がるので私も結果的には損はしません。
私が送金したものはその時点であなたの物ですので何に使おうが自由ですし、勿論返金も絶対に申し立てませんので安心してください。
なのでこのメールを保存して頂いても構いません。
まずは昨年1年分の3割、2900万をお礼も込めて送金したいのですが宜しいですか?
その後、今後毎月の送金も受け入れをお願いしたいのです。
ご連絡お待ちしております。


…おそろしい。
メチャクチャですわ。

というか、これが真実だとしたら、やっぱその分を社会に役立つ寄付とかに使える、とも考えられるわけで、それはなんかすごくいい税制じゃないか、って気がしますね。

ま、問題は、このメールが「詐欺だ」ということですけど。

しかしまあ、これで引っかかった場合、どうなるんでしょう。
前にちょっと見たアレだと、「100万円当たりました!」のメールが来た場合、それをタテに裁判を争ったら勝てた、というような話があったと思います。

なので、これも、真剣に取り合って「よこせ!」と申し立てた場合、もしかしたら毎月の不労所得が約束されるかもしれません。


ってか、それはそうと、アキが住宅ローンを組んでいろいろあって、どうも税金が免除される、みたいなのがあって。
でも、なんかその手続きが昨年一部できてなかったらしく、今年、その書類が送られてこない、という事態に。
問い合わせて、「一部の手続きが終わってない」ってことがわかったわけですが、おいおいおい、と。

税金を払ってない場合には徹底的に追ってくるわりに、税金が安くなるための手続きについては放置、というね。
この辺については、まあしょうがないとは思いますが、だって、納税は国民の義務だから。

でも、その税金についての「正義」も、彼らの仕事だと思いますけど。
そう考えると、とてもなんか腹が立つわけです。








(BGM:水原弘「へんな女」fromYOUTUBE)
→「ウパウパチンチンウパウパチン」という冒頭はさておいて。
いや、これね、歌詞がイイ。
「ヘンな女に会いました ヘンなところで逢いました ヘンな気持ちになっちゃって云々」
「ヘン」という言葉が何回出てくるのか、うまくできてるな、これ。

フィジカルをほぐす


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


身体が痛いというか、そもそも腰が痛いので、朝のマラソンも走れたり走れなかったり。
元から腰が悪いというか、ぎっくり腰も年1で起きたりする。

今年のアタマにアキの親戚のお葬式があって、そのときがぎっくり腰の治りかけで、まあちょっと痛かったわけです。
立ってられないというか。
で、先日もアキの親戚の葬儀があって、そのときにみなさんに「腰は大丈夫ですか?」とか聞かれてしまい、てっきりもう腰が痛い人として認識されちゃったな、と思ってる昨今。

ま、よくよく考えてみると、肩もすごく凝ってる気がするし、もうなんかそれが日常になってしまっている。

徐々に、徐々にそれが悪くなってるというか、徐々に身体を包囲されていく感じというか、それでも、徐々だから、ゆでガエルよろしく、なかなか「どうにかしよう」と動き出せないまま、50を越えてしまった。

ま、最近、腰が酷いというか、秋になったらマラソンを走りたいというのもあって、整形外科なんかには行ったんだけど、どうも、生まれつきの背骨のなんかしらがあるんで、手術どうこうとかじゃなくて、もっと姿勢とかを考えなきゃダメですよ、みたいに言われまして。
ふむ、どうしたもんか、と。


アキの知り合い、というか、まあカズミの同級生でそういうマッサージというか、なんだろう、整体?そういうのをやってる人がいて、アキは時々通っていたんだけど。

今回、ぜひ行った方がいい、というアキの勧めもあって、一緒にやってもらったのね。
オイルかなんか塗ります、身体を触っていきます、みたいな。


こういうのをやってもらったことがないので、かなり緊張して臨んだんだけど、これがね、なんか、どうだろう。
いや、なんかよかったんだな。
劇的にどうこう、というのは、どうだろう、ないっちゃあないんだけど、今の感じは、数十年前に戻ったというか、「痛みが固定しちゃって、もうほっといてる」感じの痛みじゃなくて。
上手く言えないけど、なんかよかったので、また機会あれば行きたいと思うんだけど。


最初に、「普通に立ってください」と言われたんで、立ったんだけど、「足のどっちかが着いてないですね」と言われて、確かにそう思って足について考えると、片足がついてない感覚なの。
つまりまあ、片足に重心が偏ってる、って話なんですけどね。

なるほどなあ、と思って。
気にしてなかったわそういうの。

で、それ、何十分か身体をいろいろやってもらって、終わると、ちゃんと両足に重心いくんだわ。
ま、プラセボというか、最初に言われてるから、というのもあるかもしれないけど、でも、自分としてはちょっとそういうことも頭では理解し、懐疑的な気持ち半分に立ってみたモノの、いや、やっぱりそれでも両足に重心いってるじゃん、という。

いや、それになんか肩が開いた感じがする。
最初「立ってください」言われた時に、手の甲が前に向いていたんですよ。
別に何も気にしないと、そうなっちゃってた。
つまりまあ、肩が内側向いちゃってたわけですね。

でも、終わってから立つと、普通に横向きになってる。
これもまあ、足に気を取られていたから、手のことを全く忘れていて、なんとなくぶらんと下げただけだったんだけど。
言われて、普通に横向きになってるのに気づいた。

ふむふむ、なかなかすげえなあ、と思ったわけですけど。


なんかね、そう言うと、かなりバリバリと、引っ張ったり回したり、そういう乱暴な感じのことをやったのかと思われるかもしれんが、そういうことは全くなく、すげえ、なでてる感じなんだわ。

最初は、どういう風にやられてるのか、というのが気になるし、そもそも、触られるたびに最初は「ぞわわわわ~」と、やってる人には申し訳ないが鳥肌が立っちゃって、気分がいいというよりも、なんかもう、ぞわわわ~という感じだったんですけど。

でも、最終的には寝ちゃっていたようです。
最後の4分の1くらいかと思うんですけど。

そのくらい、まあ、あまり無理なことはされてない。
にもかかわらず、なんかこう、ちょっとまともな身体になってる感じがしまして、なんかびっくりしたというか、なんの魔法だ?って感じで。


どういう理屈なんだろうな、これは。
こういうのをちょっと勉強しておけば、って、もちろん、プロになろうとかじゃなくて、理屈だけでもなんかわかってたら、カブキが姿勢を崩しちゃうのも、スッと触ってなおせたりはしないもんだろうか、とか思ったり。


俺らの普段って言うのは、やっぱ、メンタルにどうこう、ということを考えるわけです。
フィジカルな事ってのは、そのための補完としてしか考えていない、というか。
マラソンも、その「達成感」のためにやったり、「競争心」をあおるためだったり、まあ、その時によっていろいろあるわけだけれど。

しかし、まあフィジカルから入る、ってこともあるんだよな、やっぱ、と。

格闘技では「心技体」、なんて言いますけど、まあ、フィジカルなことも奥が深く、なんかちょっと勉強してみたいな、と思った、という話です。





(BGM:SUCCESS「恋のF 1グランプリ」fromYOUTUBE)
→YOUTUBEで見てますが、これ、全く唄ってないのな。
口パクを隠しもしない姿勢が好感が持てる。
…わけはない。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE