FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

鎖の色を自慢し合う奴隷にはなりたくない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「わかるけど、でも…」という台詞が一番先に来たとき、「あ、もうコレはなに言ってもムダだな」と俺は思ってしまう。

保育園には入れない子がいるとして、それで仕事を辞めた人がいる、と。
それについて、「保育園がもっとたくさんあったらいいのにね」という話になって、「そうだね。でも…」って若い人がづつけてきたりすると、「ああ、またか」と思ってしまう。

その先には、社会保障費がどうの、少子化だからどうの、まるで政府の「いいわけ」みたいなモノが続くからだ。
例えば給料のことになって、「もっと昭和の頃のように普通に結婚出来て一軒家買えるくらいの給料になったらいいのにね」と言っても、「そうだよね」のあとに、「でも、今の状況では…」と続く。

この決定的な「従属感」「屈服感」はなんなのだろうか。

自らも非正規の身にありながら、年休も自由に取れない。
単純に労基法違反なのに、それですら「でも今のシフトでは…」とか、現状認識ばかりが得意な若者が多い。

で、まあ、現状のままだ。
なにも変わらない。
保育園も増えなきゃ、給料も増えない。
年休も取れないし、朝から晩まで働いて、家も買えない。
病気で休めばその分の給料は減らされ、おちおち病気にもなれない。
そんな一生のママだ。

いや、彼らはそれに気づいていながら、気づいてないふりをしている。
いや、自分でそれを「変えられる」と思ってない、というのが正しいか。

世の中を変えるのは為政者でもあるが、我々労働者である。
選挙、デモ、ボイコット、スト、まあなんでも方法はある。

けど、今の若者は「スト」を知らない。
国鉄がストをやって、学校が休みになったこともある俺の世代とはちょっと違うのかもしれない。

「そうだよね」というところまではいい。
じゃあ、なんでその先が「でも」なんだろう。

そうなら、その意見をぶつければいいだけの話なんじゃないか。
こと政治のことに関しては、なぜか「意見をぶつけるのはダメ」という、この雰囲気はなんなんだろう。

結果、為政者のいいように、好き勝手やられていることになぜ怒らないんだろう。
俺らの税金なのに。
ヒーヒー言って、休みも取れないで働いて、源泉徴収されてるんだ。
そもそも、消費税10%なんて、1ヶ月以上タダ働きですよ。

それでも文句言わない。
この「奴隷根性」ってのは、なんなんだろう。
単純な話だと思うんだけど。
それでも「俺の方があいつらより恵まれてる」って必死に労働者同士でいがみ合ってて、それってまるで「奴隷が鎖の色を自慢しあう」みたいなことじゃないか。

まあ、ここまできちゃうと、為政者側も楽ちんだろう。

なにせ、政権に忖度しまくりの「ネトウヨ」なる人たちまでいるんだから。
なにが右翼か、なにが愛国か?と思うけど、まともな右翼ではないよね。
どうもネットに政権批判を批判する書き込みをするバイト、というのもあるらしいから、まあ思想でもないのかもしれないな。
ただの思想のない政権支持者かバイトでしかない。


なんか、「イジメ」ってあるでしょう。
今はどこの学校でも多かれ少なかれありますよ、みたいなことを言う人までいます。

まあ、いじめられなかったらセーフ、みたいな。
もう「そんなの当たり前」って、みんな傍観者になってる、みたいな。


なんか、その延長みたいにも見えます。
つまり、もう「いじめるなよ!」って言えなくなっちゃってるんじゃないか、って。

誰かがいじめられてても、「やめろよ!」って言えない感じ、雰囲気、というか。

ここまで政治にいじめられていても、もっとたいへんな人を見つけて、「俺はいじめられてない」って思いたい、だから、「俺には関係ない」「でもさ…」って、いじめる方の代弁をする。
でも、実際いじめられてるのはあんただよ、ってのに、気づいてない。

バイトなのに恵方巻買い取れとか言われて、素直に従ってる若者のみなさん。
それ、イジメですよ。
でも、言い出したらもっとひどくなるんじゃないかって、言い出せずにいますか?。

あなたで止めれば、あなたの後輩は買い取らずに済むかもしれないんだけど、でも、そこまでの勇気は出ませんか?
まあ、凄惨なイジメを経験してきた人は、確かに声を上げられないのはわからなくもないけれど。


でもね、いじめられてるのはあなた、ってことはぜひ頭に置いてほしい。
「そんなことない。だって…」といってるのは、鎖の色を自慢し合ってるのと同じだと思います。


もっと単純に考えましょう。
例えば、消費税、そもそも全て福祉に使うって、導入の時に言ってました。
8%になるときも言ってました。
だからみんな納得したんじゃないですか?

実際、そうなってません。
これ、約束違反でしょ。

「約束違反した」って怒っていいんですよ。
給料1ヶ月分取られて黙ってる必要、ないと思います。


「そう思う。でも…」の「でも」はやめてもいいんだよ。
というか、それ、いじめっ子に荷担してる傍観者と同じだよ。






告知1

(BGM:見岳章「川の流れのように」from「7 on 7 Vol.1」)
→これは名曲なワケで、数多くのカバーが存在するけど、これ、けっこう好きです。
見岳さんといえば、一風堂ってことになりますが、らしいサウンドですね。
このリズムボックス風、それでいてソウルフルに歌い上げてバッチリマッチする感じ。
この感じ、好きなんだな。
スポンサーサイト

「天才はあきらめた」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


嫉妬。
ありますね。
虹の会では基本、同僚もいないし、競争のアレでもないからそんなにないけど、女性関係の嫉妬はずいぶんありましたねなにせ52年も生きてますとそりゃ昔は。

女性関係においての嫉妬、ってのは、もう押さえても押さえてもあふれ出てしまうから、それをどう押さえるか、ってことに苦心することになるわけですが。

あふれ出してしまってストーカーとかになってしまうのかもしれませんが、そんなことをしても彼女の気持ちが戻るわけじゃないのは冷静になればわかります。
でもまあ、冷静じゃいられなくなるほど、嫉妬ってのはあふれるよね。

俺はそんな時、「男はやせ我慢」って自分に言い聞かせることにしていました。
ま、男だけじゃないだろうけど、俺、男なので、心の中ではそう言い聞かせてました。
「やせ我慢してる男が一番カッコいい」と。

どんなに嫉妬があふれてきても、「いやいや、がまんがまん」。
辛いよ、辛いよ!と思っても、「やせ我慢せえ!」と自分に言い聞かせ。
もう、普段通りの生活をきっちりやせ我慢でやりきるんだ!と。
特に普段以上やる必要もなければ、普段以下になる必要もない。
とにかく、なかったことにして、やせ我慢!みたいな。

これね、まあ自分がおかしくならないでいられた自分なりの「自分のコントロール法」ですね。
ま、やせ我慢出来なくて逃げちゃって、そんで数年たってノコノコ普通に現れるような男もいますからね。
やせ我慢出来なくて、もう毎日手紙書いちゃったり。
みっともないでしょ。
そうなるまい!みたいな。

ま、おかげさまで今はそういう嫉妬的なことはない毎日なので、このコントロール法はもうあまり必要ないかもしれないけど、でも若い頃はそんなこともありました。


あと、「心を乱される会話をしてるな~」、という場所からは逃げる、というのもありますね。
だいたい、俺はパソコンに向かう時はヘッドフォンをしてます。
あまり人の会話は聞きたくないんですよね。
話しかけても欲しくない。
まあ、必要であればそれでも話しかけるでしょうから、ほっときます。
俺はまあ、そもそも人と喋るのが苦手なので、よっぽどのことがなければ仲良くなったりはしませんし、知らない人と話すほどチャビじゃない。
そういうのも、たぶん、自分を守るための某なのかな、と思うんですけど。


俺は、なんかすごく高みを目指してるわけじゃないし、とりあえず毎日をとりあえず過ごす、みたいなところがあるから、といってもまあ虹の会の三年後くらいは考えなきゃならんな、とは思いますが、それもまあ、「ビッグになるぜ!」というわけでもないので、基本はあまり向上心がないというか。

それでもまあ、井上たちを鼓舞させるために、「ビッグになろうぜ!」とかは言ったりはしますけど、それもどっか今をしっかりやらせるために言ってる感じもあって。


なんで、例えばお笑いで天下を取ってやる!みたいな人の気持ちはあまりわかりません。


そんなわけで、山里亮太さんの「天才はあきらめた」という文庫本を読みました。
いや、天才じゃん、と俺は思ったんだけど。

この人は努力の人なのね。
そして、自己分析、自分を鼓舞させる天才。
つまり、すごく客観的なんですよ。

この本のあおりとか、帯とかに、なんか「売れたらあいつのことなんか無視する!」みたいな「復讐ノート」的なことがフューチャーされてて、いや、確かにそうなんだけど、それも彼は「自分が努力するためのガソリン」と言い切る。

そういう復讐ノートをつけてる人は多いかもしれない。
いや、一番怖いのは、ノートに書けるほど客観もできてなくて、悶々としてる場合かな。
いつか爆発しちゃうんじゃないか、って思っちゃう。

でも、この人が爆発しないのは、すごく自分を客観的に見てるからですね。
復讐すら、自分の努力のガソリンにするんだ、ってことがはっきりしてる。
そして、実際に努力ができる。
自己客観視が、すごくご名答なんです、きっと。

いや、逆に、「そういう風な思考に自分を持って行ってる」のかもしれない。
やっぱ、お笑いで天下を取るような人は違うな、と思いました。

俺なんかはやっぱ自己を客観視すると言っても、冒頭のように自分を抑えることに必死で、毎日を過ごすことに必死で、なんかあまりそれが「努力」にはつながってないな、と思った、というわけなんですが。


そしてですね、この本がすごいのは、泣ける。
いや、泣いた。
山里さんの努力が報われるM1のシーンとか、いや、泣いたわ。

元々山里さんの深夜のラジオなんかはとても面白くて好きなんです。
ま、この本もラジオで言ってて気になって本屋で注文しました。

というのも、山里さんが「やっぱ本屋で買って欲しい」「本屋がなくなるのはよくない」みたいなことをさらっと言ってて、それもなんかすごく俺の中でフィットしましたんで、ここは通販なんかに頼っちゃいかん、と。

というか、まあそもそもウチはもう本は全部本屋注文ですけどね。
アマゾンファックオフなんで。


これね、まあ成功した人の本ですよ。
でも、偉人伝ではなくて、人間伝というか。

ぜひ、読んでみて欲しいです。
あ、本屋で買ってね。







告知1

(BGM:GO-GO’S「ウィ・ガット・ザ・ビート」from「ザ・エイティーズ」)
→単純でイイよね。
結局、こういう曲がすげえってことなんだよね。
カッコイイと思うんだよね、これ。

バカが過ぎる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


う~む。
いや、深刻な事態なのだが、笑ってしまった。

というのも名古屋城。
改修に伴って、エレベーターをつけない、という話が出てるそうだ。
それが、「史実に忠実に」というコトが理由らしい。

…バカなの?
史実に忠実なら、消防法はどうするの?
史実に忠実に消火器は置きません、って?

いやあ、もう笑っちゃうほどバカなんですけど…。


で、名古屋市が出してきたというバリアフリー新技術、というのがこれまたすごい・
「NPOちゅうぶ」というところが出している機関紙によると、以下。

A.段差を上る車いす型ロボット
B.装着型の移動支援機器
C.VR・分身ロボット

…今、機関紙を見ながら打ち込んでいるわけですが、もうこの辺りで爆笑ですけど。

D,車いすに乗ったまま乗降可能なチェアリフト
E.車いすに乗ったまま乗降可能なハシゴ車

…ハシゴ車って、城の外で吊るんだろうか…。
少なくともハシゴ車は城の中には入れられまい。

F.フォークリフト・高所車業者

…だんだん車いす利用者が「モノ」になってきました。

G.車いす用段差解消機

…なにそれ。
そんなのがあるの?
ってか、段差って云うか、天守閣まで行けんのそれで??

H.搭乗可能なドローン

…ぎゃははははははっははははは。
それは飛行機だもはや。

I.二足の移動補助ロボット
J.パワードスーツ

…アニメの見過ぎだろ…。

K.人工筋肉

…ぎゃははははははははあっはははははははははっははははっははははははっはははは。
すげえ…すごすぎる。
名古屋ってば、城の見物だけで人工筋肉を使うって云うんだから、どれだけ科学が発展しているのか。

で、市長が一番現実的だとして推薦してきたのが「駕篭」!
かごですよ。
お猿のかごや、のかご。

…もうね、笑ってる場合じゃないというか、いや、笑っちゃいますけど、バカすぎでしょ。

ってかね、ここまで見てきて、どう考えても一番楽なのがエレベーターでしょうが!
と、まあ誰もがツッコミますね、これ。


この機関紙にもありますが、これまでのバリアフリー化の流れってのは、エスカルとか、キャタピラ昇降機とか、いろいろ新技術は提案されてきていて、実際にあちこちにあったのよ。
浦和駅とかにもあったし。
でもまあ、結局使い勝手が悪かったり、操作に時間かかったりで、「もう、みんなで持ち上げちゃいましょう」みたいなことが多かったんだよね。

で、エレベーターが残った。
このバリアフリー化の流れをまったく理解してないのね名古屋市。


名古屋城といえば、日本の観光名所の一つでもあります。
いや、別に観光名所だからってワケじゃないですが、もちろん、我々に関係のない話じゃない。
これについては、もう「ナンセンス」。
エレベーターが一番簡単!と、オレも声を上げたいと思います。






告知1

(BGM:南沙織「ファンレター」from「阿久悠を歌った100人 青春時代 GS・フォーク・ニューミュージック編」)
→これは、ずいぶんと後年に新たに録音されたモノらしい。
どうも、当時のアイドル南沙織全盛の時の自分に当てたファンレター、ということなのだろうか。
今もあの頃を後悔していない、というか、なんだろう、う~ん。
なかなかね、自分の若い頃にファンレターを出してあげたい、とは思えないので、なんかちょっとピンとこないんだけども。

大きな子ども


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



NGTの事件があって、なんかすごく気になってネットとかを見ています。

まあ、そもそも48グループについてそんなに興味はなかったし、というか、「会いに行けるアイドル」というコンセプト自体が俺はあまり好きじゃないというところがあって。
売り出し方法としては大成功だろうし、売上げもウハウハなんだろうことは知っているけれど、それにしても、あまりに敷居が低すぎる。
隣の子がアイドルだ、って、それじゃああまりに夢がないというか、そもそもそれはアイドルじゃないじゃん、とか思っちゃうんだな、俺は。

しかも接触ビジネス、いわゆる握手会、みたいなことになるにいたり、「CDに握手券がついている」というのは、ビジネスとしてはもの凄い発明だけど、その先が接触ビジネスなんじゃ、キャバクラだね、というか。
もうアイドルではないな、って思っていました。
「◯本ボトルを入れたらアフター付き合います」みたいなことと同じだから。

しかもそれが十代だったり、二十代前半の子たちときたもんだから、まあこういう事件は起こるべくして起きたといってもいいでしょうね。


でもまあ、この路線の大成功に、結局地下アイドルも大増産されたし、同時に女子プロレスもこの路線になっていってますよね。

ま、ウチにも前にレスラーがいましたけど、結局ね、いろいろ記憶を辿っていくとですね、ファン心理というのが、「どれだけレスラーに覚えてもらうか」みたいなことに傾いていくんだな、って思ったことを思い出しました。
正直、レスラー側の心理ってのと、ファン側の心理は、正直言ってかみ合いません。
いくら売店で品物を買っても、握手会で何度握手をしても、つまり、「たくさん金を使っても」、アイドル側からしたら覚えはしても、記憶はしません。
なんで、売店でこれ見よがしにレスラーと話したがるファンを見ると、ちょっと哀しい気持ちになるわけです。

つまり、アイドルだったら歌や踊り、レスラーだったら、プロレスとしての面白さ、強さ、だったりのことが評価されなきゃ本人にとって意味がないのに、ファンは「この人は自分を覚えてくれる」という物差しをもう一つ持ってる、という感じか。
当然、ファンが思うほどアイドル側は覚えてないし、それよりは踊りの練習をしたいのに、という中で、「お前はなんで俺を覚えてないんだ!こんなに金を使ったのに!」って逆上するファンが現れることは想像に易い。
もちろん、それですぐに襲撃はせずとも、SNSで悪口を拡散、まあそうなると火消しをしなきゃならなくなって、「ごめんなさいね」ってその逆上したファンにこびを売る、という悪循環。

接触ビジネスってのがそういう危険性をはらんでることは誰でも知ってることだと思うんですけどね。
それを十代の子にさせるってのは、バカだと思いますよ。


ま、今回のNGTの事件はそういうファンの暴走じゃなく、どうもメンバーが半グレみたいな連中とつるんでいて、そのメンバーが半グレに他のメンバーを襲わせた、みたいなことらしい。
アイドルが地下組織、やくざとつながっている、なんていうと、美空ひばりさんの時代を思い出したりもしますけど。
あ、美空ひばりさんがどうこうじゃなくて、芸能界自体がやくざだったわけでしょ。
コンサート、興行なんてのは、地元にちゃんと挨拶しなきゃできない時代ってのが確かにあったわけで。
とはいえ、それは「利権を等分する」という行為であって、こういう「他のアイドル(メンバー)が気に入らないから」って直接行動を起こすようなバカではなかったと思います。

で、いろいろネットで追っていくと、この襲撃犯とか、その近辺の人が、もうこれみよがしにSNSで発信してるのね。
自分のやった犯罪、とあるメンバーを追い詰めた、とか、メンバーがもらったプレゼントを俺が換金してる、みたいなことを自慢してる。
そういうSNSの画像がたくさん出てきます。

まあ、美空ひばりさんの時代なら黙ってやっていたことなんでしょうけど、つまり彼らはそれによっての利益だけじゃなく、「俺って、このアイドルたちの裏側知ってるんだぜ」ってのを、とにかく自慢したいんだな、と。
こんなことしてたら足がつくのは明白だし、黙ってやってればいいのに、そうじゃない。
アイドルと寝た、まあそれはそれで喜んでいればいいのに、それを「言いたい!」という自己顕示欲がすげえなあ、と。

つまりはこれも、先のファン心理の「どれだけこのアイドルに俺は覚えられているか」みたいなことの延長なんだわな。
他のファンとの差別化、あいつより俺はすごいファンだ、といいたい、というか。

もう、そのアイドルそっちのけですけどね、これ。
関係ないというか、誰でもいい、というか。


悪いことをやってる、他の人が知らないあのアイドルの裏側を知ってる、というのを自慢したい気持ちってのは、俺からすると中2くらいの感じなんだけど、そういう大人っていうか、大きな子どもが多いんだな、って思いました。

そういうのを相手に営業スマイルをしなきゃいけないのがアイドルだとしたら、ホント、かわいそうだわな。
ってか、そういうことをしたいんならそれはそれでいいけど、そんなことの延長線上に山口百恵さんはいないし、ってか、そう簡単には松田聖子さんにはなれませんって。
逆に、だから、彼女たちはアイドルだったんだってば。







hikouki2中shou

告知1

(BGM:松原隆と東京エコーズ「男と女の合言葉」from「TOKYOムーディー・ナイト」)
→これ、サビのあとの「ほんとねえ~」という字余りがすごすぎて、他のトコがなにも入ってきません。
なんか盆踊りのパクリっぽい…。

壮大なムダ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


沖縄の話ですけど。
辺野古のシュワブゲート前に行って思ったのは、「コレは壮大なムダだな」ということです。

機動隊がいる。
アルソックがいる。
あ、今思ったけど、芸人のあそどっくに似てるな。
そして、座り込んでいる人がいる。

聞けば、アルソックには一日数千万とかかかってるとか?
数千万は大げさとしても、数百万はかかってる感じはします。

で、その人たちは立ってる。
ゲートが閉まるときとかに、立ってるだけ。
座り込んでる人が入らないように、ってことなのか、とにかく立ってる。
まあ、座り込んでる人も、ゲート内に入ろうとはしないから(たぶん、逮捕とかされそう)、正直言って、ここで立ってても、立ってるだけ。

大型のダンプが入ってくるけど、その数1回に100台くらい。
そのために、渋滞が起きる。
一般車両も、そこに巻き込まれている。

でもまあ、簡単な話、交通整理をすれば、一般車両は通れるくらいの道幅がある。
でも、機動隊の人は、「交通渋滞が起きてるから座り込みをやめてください」という。
つまり、そのために、交通渋滞を起こしているんだろうな、というのは推測に易い。

座り込んでいても、最終的には機動隊に排除される。
で、ダンプは入っていく。

でも、そのダンプ、100台はあるけど、なんだか荷物はほぼ見えない。
ダンプというと、山ほど土砂とか積んで幌をかけてるイメージかと思うけど、幌かけてるダンプなんか数台しかない。
「からなんじゃないの?」くらいの。

なんか、それをチェックしてる人によると、「だいたい3割から4割くらいしか積んでない」ということらしいから、それだけでもダンプの数は半分にできる。
まあ、それは数字上のことだけど、おそらく100台は必要ない、とは言えそうだ。

座り込みの排除は、同じ手順で行われる。
まず、機動隊の人が「立って下さい」とメガホンで喋る。
でもまあ、立たないから、一人づつ、機動隊の人が立たせていく。
まあ、なかなか立たない猛者もいるから、一人につき四人の機動隊がつく場合もある。

座り込んでいる人たちも、手弁当だ。
「日当をもらっている」なんてデマを流している人もいるが、休みの日とかに来ているわけだ。
最終的には、ダンプは入ってしまうから、正直な話、これは抵抗を表す記号、ということになる。

前に書いたけど、結局、沖縄の民意が選挙で示された以上、地方自治を重んじるならば、それは他の県にお願いするのが中央のスジだ。

でも、それをなお沖縄で強行しようとしてる。
だから、座り込みが起こる。

で、座り込みの結果、座り込んでいる人も時間を割かれるし、機動隊も投入しなきゃいけないし、アルソックに数百万払わなきゃいけない。
でも、ダンプは入る。
しかも、積載量が少ないときたもんだ。

ムダじゃね?と。
み~んなムダでしょ、これ。
中央が沖縄の選挙結果を真摯に受け止めていれば、こんなムダ、必要ありましたか?って話ですよ。

民意を踏みにじられれば、そりゃ、反対しなきゃ、選挙した意味がない。
それは民主主義の死ですよ。
だから、こうなっちゃうと、そりゃ「何勝手にやってんだ!」というのは当然だ。
座り込みだってハンストだって、そりゃするでしょう。
選挙でダメ、座り込みでもダメ、ハンストでもダメ、って、どこまで沖縄いじめるんですか?って話で。

「座り込みなんかするな」なんて言う人がいるけど、おいおいおい、元凶はどこなんだ?って、そんなこともわかりませんか?民主主義が死んでしまうかもしれない。
それは、あなた自身のの問題ですよ?と。

誰かがツイートしてましたけど、沈もうとする船に乗ってる人が、ハンストやってる、って嘲笑するのもいいけど、あんたもその船、乗ってるからね。

正直、このムダをもっと例えば違うところに使ったらどうでしょう。
地元の人も座り込む時間、買い物とかしたり、アルソックの分、保育園に回すとか。
渋滞が解消された方が、経済も回るでしょう。
日本はもっと景気よくなるような気がするんだわ。

単純にそれだけの話だと思うんだけど、なんでこうなっちゃうのか。
沖縄イジメはもうやめなきゃダメだよ。
結果、日本にとって損失を与えてるだけだと思う。




hikouki2中shou

告知1

(BGM:野本かりあ「野いちご」from「戦争に反対する唯一の手段は。」)
→このアルバムはもう名コンピの一つだと思いますので、これ入手して聞いてほしいんですが。
他も名曲が目白押しですが、この曲はなんだかガレージ感がかっこよくて好きです。
けっこう、曲としては単調というか、簡単なんだけどね。
これはアレンジの勝利だと思う。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE