プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

丁寧な警官


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



がち!誰か!!


てなことで。
先日、ライブ直前ですかね、森さんと飯を食おうという話になって、というか、まあ大げさなメシで、都内で予約して、みたいな。
ま、とても楽しい食事だったわけですけど、それはいいとして、予約の時間というのがありまして。
でも余裕があったので、特に急ぐこともなく、とりあえず駅まで森さんとアキと車で向かっていたんです。

そしたら「ぴぴぴぴぴー」と。

あら?

…そうですね、案の定、警察で、どうも一時停止無視、と。
あらら。
標識にマッタク気づかなかったな、ということなんだけど、まあそんなに経験上はアブナイということもなく。

でもまあ、標識はあったようで、一時停止してませんよ!と。
一応、一時停止の標識がなくても、交差点の感じから止まりはしたと思うんだけど、ダメです、と。
止まってません、と。

う~む。

ま、しょうがない。
ず~~~っと違反とかしてないわけで、もうかなり久しぶり。

で、免許見せてください、っていうから、「ゴメン、とても急いでいます」とその警官に伝えたんです。
ま、予約の時間があるので。

「わかりました」と警官。
で、なんか白バイの方で書類を書いて戻ってきた警官が「ええっと、佐藤さん」とその書類を見ながら言う。

「いやいやいや、免許裏書きの方だって言ったじゃない…。俺、内藤ですよ」というと、「あ?!すいません」と、またその書類書き直しらしく戻っていく。

俺はこの二三年で再婚して姓がアキの方の姓になって、住所も変わったので、免許の裏側にそれが書いてあるんですね。
だから、まあそれを最初に伝えたんだけど、おそらく「住所の方」は、良くある話だからそれを参照したんだろうけど、「男が名前を変える」ってのは少ないから、ノーマークで、住所だけ新住所にして、あとは表書きのサトウ、にしちゃったらしい。

まあ、一事が万事、細かいことだけど、こういうことなんだよね、男が姓を変えるって。
しかも、車の中からその作業を見ていると、書き直しの方がメンドクサイ感じになっていて、時間かかるったらありゃしない…。


んなわけだったんですが、いや、それにしても、とにかく警官の対応が「ていねい」なんだ。
急いでいる、と伝えると、「了解しました」みたいな。

敬語、というか、敬語でもないんだけど、敬語っぽいというか。

う~ん。
まあ、標識がそもそも見えにくいじゃないか!みたいなことはおいておいたとして、違反してるのはこっちなんで、怒られてもしょうがない場面ではあるんだけど、えらく丁寧。
ずいぶん違反とかしてないんで忘れてたけど、こんな感じだったっけ?

なんかこう居心地が悪いというか、こっちはこっちでなんか特にまあなんか過剰に「ごめんなさいごめんなさい」という感じでもなく、フラットな感じで時間が過ぎていく。

う~む。
ま、でも、こっちが悪い、ということには変わりはない、という。


ま、ぶっちゃけ、交通違反なんていうのは「捕まっちゃって運が悪い」の世界なんですよね。
すべての一時停止のところでやってるならともかく、「時々」「たまたまそこ」でやってるもんだから、いわゆる「抜き打ちテスト」みたいな感じ。
全部の一時停止でやってば、一斉テストになるわけで、なんの不公平感もないけど、とにかく抜き打ちだから。
しかも、一斉テストなしで、抜き打ちしかない、という。

その抜き打ちで「違反ですよ」となるわけだから、まあ、警察の方も多少「申し訳ない」気持ちなんだろうか。
ま、でも現実的に、抜き打ちでしか取り締まりはできないわけで、この辺のジレンマね。


しかしながら、抜き打ちといっても、その後、その日は夜中までいろいろあったので断続的に運転し通しだったのだが、やっぱ一時停止には気をつけたモンね。
そういう意味では、抜き打ちでも効果はある、ということでいいんだろうか。
ま、いいんだろうな。




(BGM:Phew「himitsu no knife」from YOUTUBE)
→このバックの感じ、どっか賛美歌のようで、それでいてデジタルっぽくて、そこに乗ってくるPHEWさんの声は、どっか投げやりだけど、どっか暖かくもあって。
PHEWさんの曲は、とにかく聞いてて不思議な感じになる。
スポンサーサイト

もう原因はどうでもイイや


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



みんな来てね。


てなことで。

精神科医の人が、「精神科の治療中に絶対にしてはならないルール」ということで、「昼夜逆転」「自分の部屋で悩むこと」「考えても答えの出ない問題を悩むこと」「悪くなった原因を過去に求めること」の4つは絶対にしてはいけない、とツイートしてまして。

ふむ。
なんかわかる気がしますね。


そもそも、なんか悩みなんてのは、そこそこ答えがないですからね。
答えがあったら悩まない、という理屈も成り立ちます。

「どうしようもない不安」みたいなモノって、誰にでもあるかと思うんです。
オレにもあります。

先日、今恋人ができて幸せだ、という人と話をしていて、いや、それでも過去の自分と照らしてみた時に、「これでいいのかな、という不安はある」みたいなコトを言ってましたけど。

いや、そもそも、幸せなら幸せなりに不安、というのはあるんだよね。
全身で幸せを感じている一方、「これを失ったら」という恐怖が同時に湧いてくるというか。
それまでが「失いがちな人生」だった人にとっては、それを多く感じるかもしれません。

でもだからといって、その恋を辞退するという選択は必要なくて。
不安は不安なんですよ。
考えてもしょうがない、というか。

しかも、それって、考えたって、漠然とした「将来への不安」であって、いやいや、それってそもそも人間が幽霊を「作り出した」ようなもんで。
つまり、「死」が恐いからこそ、人は「幽霊になって死後も生きる」って魔法を自分にかけたわけでしょ。
それが、幽霊の始まりだと俺は思ってるんだけど。
そしたら、本当に幽霊が出た、というね。
いや、そのくらい、人間にとって「恐怖」ってのは重いんだよね。

ま、そんなわけで、オレはけっこう「あまり考えないで、行動しよう」って話をよくするんだけど。


それと、「自分の部屋で悩まない」ってのも、なんかわかるなあ。

「とにかく朝来る」みたいなことも俺はいったりします。
いや、逆に「休みなさい」って話もしますけど、その辺は、まあ状況ですけど。

でも悩んじゃって、辛くなった時に、もう仕事にも行きたくもなくなるんだけど、「とりあえず来なさい」という。
ま、なにもしないけど、なんか市丸たちの中に放り込まれたら、なんとかなるでしょ、というか。
悩みを一時忘れるじゃん、というか。


それと「原因を探さない」ってのもね。
いや、まあ原因を探さなきゃ解決できない、という流れはわかるし、そういう「解決の仕方」ってのを、小さい頃から叩き込まれてきた気もするんだけどね。

例えば、友だちとケンカしちゃった、としたら、先生から「何が悪かったの?」「どっちが先に手を上げたの?」というようなね、ことをずっと言われてきた気がする。

でも、それってもうどうでもいいというか、そういう「原因は何?」っていうのって、なんか不毛なコトって多いんだよね。
というか、原因なんかない、とか。
原因はもう忘れてしまっている、みたいなこととか。

そういうことが「悩み」になるんであって、原因が簡単にわかることって、ま、悩みにならんような気がする。

例えばそもそも、オレはアキと再婚して本当によかったと思うけど、「アキのどこが好きですか?」と聞かれると、答えるのが難しい。
いろいろあるけど、それを答えたところで、それはどれもウソのような気もする。

人生の上で大切な「好き」ということだって、その「原因」、みたいなことはわからない、ってことなような気もするんです。

だから、もう原因を探すのはやめよう、みたいな。
そういう気持ちがオレにはあります。


市丸やカイが、とんでもない行動をしてみたりすることがあって、「なんでこんなことしたんだろう」ってことを考えちゃうことがあります。
けど、それを「オレの物差し」で、推し量って「こうだろう」と原因を結論づけるのは、本当は危険なことなんだよね。

だって、やっぱオレと市丸たちの物差しは違うんだから。

なんでね、まあ、最近は、「原因より今後どうしたらいいか」だけを考えるようにね、しよう、と心がけてますけど、なかなか難しいけど。


ま、原因はあるんだよね。
でも、ソレを探すのは、あまり有効じゃないというかね。
そんなコトも思ってまして。


ま、でも悩むのが人間ですからね。
適度に悩みたい、という感じですか。






(BGM:Chako「Be joyful always」from「Affection」)
→誰かわからん。
なんでこの音源があるのかもわからん。
きっと、ピアノバックにゴスペルっぽいのをやりたいんだろうなあ~、というのはわかる。

どっからどこまでが儲けなのか?マッタクわからない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、つってもスゲエ前、都内の繁華街で時間を潰すことになりまして。
時間を潰すってのは、考えようによっては逆に楽しい時間なワケですが。
特にオレの場合は映画ね。
都内の単館でやってるような映画を見れるワケなんで、ちょっと嬉しい。

で、まあ映画館に。
夕刻です。
おそらくサラリーマンの方も仕事が終わったくらいの時間。

見たい映画がありまして。
いってみたところ、これがなんと満席だという。

映画で満席って、最近聞かないけども、まあ満席だと。
…あらら。
実はこの映画、一ヶ月くらい前からやってる映画で、特にそんなに話題というわけでもない。
まさかこんな満席だなんて、と驚嘆したわけです。

でも映画好きとしては、「映画が復活してきたのかな」と多少嬉しい気持ちもありまして。
でもまあ、うれしがってる場合でもなく、仕方ないので、次点だった映画に行こうということで、繁華街を歩く。
まあ、めっきり少なくなった映画館ですが、都内の繁華街となればまだ数軒あります。
というより、巨大シネコンが3~4軒あるし。

で、次にいったのは、小さな映画館だったんですが、これがまた満席!。

おいおいおいおい、と。
嬉しい悲鳴か?と。
いや、別にもう嬉しくないわ、と。

よくよく後で考えてみたら、この日はレディースディだったんですね。
だとしても、すごい人気です。

ま、そりゃそうだよな。
1800円の映画が1000円とかで見れるんでしょ?
1100円だったかな。
かなりの値引き。

それでも、映画にお客さんが戻ってきてくれるんだったら、って話なんでしょうけど、しかも、なんかカップルとかも多かったし。
つまりまあ、女性を安くすれば男性も一緒に来る、という法則のヤツですね。
そしておそらく、安くなった分、ポップコーンとか飲み物とか買っちゃうの法則。
結局は、ウィンウィンでしょ、みたいなことですか?
よくわかんないけど。


で、しょうがないんで、巨大チェーンの古本屋で本を数冊買い、二階席があるハンバーガーチェーンで読んでました。
たまたまなんだけど、その座った場所から下の歩道の喧噪が見えまして。

ま、すげえ人が行き交う。
人間交差点です。
…って、いや、ま、つい書いちゃいましたけど、なんかそんな感じというか。

繁華街ってのは、逆に孤独をあぶり出すというか、そういう感じってありますね。
たくさんの人が行き交って、笑い声が絶えないような場所だからこそ、なんだかちょっと哀しい、みたいな。


最近よく見るのは、缶ビールとか飲んでる人。
スゲエ増えたと思う。
ちょっとコンビニの袋に入れて、こそっと飲んでる人もいれば、堂々と数人で飲んでたりもする。

一昔前は、そういう人ってあまりいなかったと思うんだけど。
「アブナイヤツ」みたいな。
まあ、そういう人が増えたのか、そう「見られたい人」が増えたのか。

それともまあ、店に入る「金がない」のか。


そんな中、客引きみたいな人もいて。
オレは客引きについていったことはないんだけど、あれってどういうシステムなんですかね。
お店と契約ってことなんでしょうけど、あれでなんか儲かるんでしょうか?

まあ、奥まった店、ということならわかるんですけど、別にこの目の前の通りに面した店ですら客引きがいるでしょ?

わからんなあ。
見てたら、その間、一人も結局お客さんを捕まえられてなくて。
どうなっちゃうんだろうと思って、ずっと見ちゃって、おかげでなんか本もろくすっぽ読めなかったんですけど、30分?いや小一時間ですか、一人も捕まえられない。

あれで、商売になるのかしら?
ってか、すげえ数の客引きがいますよ。

アレで成り立つシステムがわからん。





(BGM:Real & Contemporaine「大地の牙」from YOUTUBE)
→反日武装戦線、みたいな感じのことを謳ってたような気がしますREAL。
要は、この歌詞の世界、ボーカルの感じについて行けるか、って感じかとは思うんだが。
オレとしては、ADKから出たのが好きだった。

●●を大切にしてるだろうお宅


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



難しい話はしないわよ。


てなことで。

ビラを配ってると、いろいろとありますけど。

よく「ビラ入れるな!」とかいう貼り紙があったりするので、貼り紙には神経をとがらせているわけですが。

で、ある時、ポストに何かが貼ってあったので、ちょっとまあなんだろうか?と見てみたら、子どもの字で「○○ちゃんへ。遊ぼうっていってたけど、お母さんと○○(近所のスーパー)に行くことになったけど、11時くらいに帰ってくるから待ってて」と書いてありまして(平仮名でしたが漢字にしました)。
いや、なんかいいですね。
小学生とか幼稚園生とか、ケイタイがあるわけじゃないですし、そう考えると、なんか原始的ですが、昔はこういうやり方してたよね。
まさに「伝言板に君のこと~ボクは書いて帰ります~」の世界、というか。
あ、急に書いちゃいましたけど、私鉄沿線ですよ、野口五郎さんですよ~。

今はなんですか、もう「新宿でね」なんて言って、あの迷路の街・新宿の待ち合わせの場所も決めないじゃないですか。
「ついたら連絡ね!」とか言って。
なんか、昔はもっと、場所と時間をきっちり決めてたよね。

そんなことを思い出させてくれてありがとう、誰か知らないけど、子どもよ。


あとはやっぱ、名前ですけど。

「松山しげるさん」とかね。
惜しいなあ、と思うんです。
「まつやましげる」…う~ん…黒というよりグレーくらいか…。
ま、勝手な言い分ですよ。
んなこと言われても、松山さん困っちゃうと思うんですが、もう、ごめんなさい。
名前だけで。

「大関さん」というのが、向かい同士だったりして。
表札としては、「大関」VS「大関」ですからね。
もうなんか「立ちあい」「時間制限いっぱい」とか思っちゃいますよね。
まあ、おそらく親戚とかなんだとは思うんですけど。

金さんと蓮池さんが向かい同士で、う~む…ということもあるわけですが。

「香田晋太郎さん」とか。
いや、もうね、芸能界を引退されてるわけだし、引き合いに出すのもどうかとは思うんだけども。

よくまあいろいろありますけど、子どもの自転車とかが玄関に置いてあって、「うしろがた○○」って書いてあって。
珍しい苗字だな、と思って調べてみたら、「後潟さん」という字になるみたいですね。
全国で数百人しかいないらしい。
どっか恐怖新聞を思い出すというか、それは鬼形礼ですね。
うしろの百太郎と鬼形礼が混ざった感じのね。

他にも、「胸組」という方もいるんですね。
これも調べてみたら、数百人しかいないみたい。
むねぐみ、とそのままの読み方になるみたい。

「浦和さん」という方もいらっしゃって。
昔は浦和市だったから、浦和を二回書く、というね。
なかなかね、あれです。

「生形」って方もいらっしゃる。
調べてみたら、うぶかたさん、という感じの読み方になるらしいんだけど、パッと見て、稲川さんを思い出しちゃったホラーマニアのオレ。
「生き人形」を略したのかな、と。
恐ろしい話ですよ。


丁寧な方、というのもいて。
貼り神があって。
「ワタクシ、○○は、難聴のため、インターホンの音が聞こえなかったりして、みなさんにご迷惑を云々」とびっしり小さい紙に書いてある。
しかも、おそらく濡れないようにというコトだと思うんだけど、その紙をビニール袋的なモノに入れていたりして。
いや、小さい紙にびっしり字、というあたりに多少の電波も感じつつ、でも内容はとてもご丁寧で、スジが通っておりまして、素晴らしい、という。

あとね、すげえ●●を大切にしてる方だと思うんですが、庭じゅう●●があったりとか。
すげえなあ、と思っていたら、玄関脇のカーテンのスキマから偶然見えた家の中も●●だらけでした。
…いや、これはやっぱちょっと書けない…。


やっぱね、オレは佐藤なので、もう「苗字で話が盛り上がる」ってコトはないんですよ。
あ、「オレのおじさんが佐藤としおさんで、ソルト&シュガーなんだよね!」というネタはありますが、他にはない。

そう考えると、ちょっと珍しい苗字とかって、とりあえず初対面の方と打ち解けるネタがあって、多少うらやましいところもあります。





(BGM:大塚愛「プラネタリウム」from「Ai am Best」)
→ま、よく知らないんです。
でもこの曲はヒットしましたよね。
聞いたことがあるし、カラオケで歌う人もいる。
そういう意味では、この人の歌唱というより、カラオケで誰か仲間が歌ってるヤツを知っている。

意味不明な手帳が遺品からでてきたら…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



久々にご本人がわくわくする企画~。


てなことで。
「罪の声」という塩田武士さんが書いた本を読んだわけだけど。

もう、厚い本で。
しかもあまり読まない小説。
アオテツ(@aotetsu)が貸してくれたんだけど、というかくれたんだけど。
面白いから読んでみて、って。

アオテツというのはおかしな男で、とにかく読んだ本とか見たDVDとかを、よくくれちゃうんだよ。
というのも、なんか「何も持っていたくない」というタイプの人のようで。
どんどん「身軽にする」という男で。

俺なんかは捨てられない方なので、なんともまあ気分はよくわからないんですけど…。


それはまあそれとして、そのくれるもの、ってのがことごとく「当たり」なんだよね。
まず趣味が合う、ってのがあるんだけど。
「これ、たぶん、あなた好きだと思うよ」みたいなね。
編集を仕事にしてるだけあって、その辺の嗅覚というのは広く効くというのもあって、信頼してるんだが、いや、これがまた面白かった。


グリコ森永事件を題材にしたフィクション。
アオテツ曰く「売れた小説だよ」とのことで、確かにもう引き込まれるというか、うまくできている。
あからさまに「グリコ森永事件」を題材にしていて、それを隠しもしない。
名前がちょっと違うだけだ。

事件の解明されている部分をそのまま使い、真犯人に迫る。
しかも、あの「子どもの声での電話」を軸に、真犯人に迫るのである。
なかなか面白い設定というか、目の付け所がマニアックというか、いいとこをついてくる。


これ、主人公の一人が父の遺品を整理しているとテープが出てきて、それがどうも自分の声なんだけど、あの事件で使われたテープである、ということが発覚。
同時に出てきた手帳には、それらしい記述が…。

という流れで、「俺は子どもで分からなかったが犯罪に加担していたのか?」「いや、父親が?」という…。
そんなことでまあ、それを追っていく。
同時に、未解決事件を追う、ということで、雑誌記者が動く。

その二人は最後の最後、出会うんだけど…。
もう一人、電話の声をした子がいて…。


まあ、そんな話で。
スリリングでなかなか面白い。
後半、多少チカラ技を感じなくもないが、スピード感もなかなかよろしい。

完全にまあ、映画化したほうがいいですよね、これ。
実際の事件を扱ってるから、その辺どうか、ってのはなくはないけど。
父親を疑う一人の主人公は吉岡秀隆さん、雑誌記者の方は小出恵介さんでどうでしょうか。

ただなあ、これ、ヒロイン的な人が出てこないんだよね。
映画化にあたっては、広瀬すずちゃんを吉岡さんの妹さんとしてキャスティングしたらどうでしょうか。
原作には出てきませんが、映画化にあたってはしょうがない。
途中出てくる板長さんは、笹野高志さんで決まりでしょう。


しかしねえ、この「持ってた」「残ってた」という。
そのテープや手帳をなぜ「残していたか」ということに関しては、もうわからないわけだけど、だって、すぐ捨てればよかったじゃん、という。
アオテツみたいにすぐになんでも「持ってられない」って人だった場合は、こんなドラマは生まれません。

このお父さんが「なぜ捨てられなかったか」というのはちょっとわからないけど、でもこういう「捨てられない」ものもありますよね。
なんか「前の彼女のもの」とかっていうのであれば、新しい彼女ができたときに捨てられるタイミングがあったりするけれど、タイミングがないものってのもある。

子どものころにコミックの間に挟まってたカタログみたいなやつ、とか。
それがなんか面白くて、よく見てて、なんか捨てるに捨てられないなあ、とか。
二度と同じものは出てこないだろうな、とか思ったり。

特におまけはそうですよね。
小学生の時にビートルズのレコードを買ったらもらったディスコグラフィーとか。
なんかね、きっとまだ実家のどこかとかにあると思うんですけど。

俺はフィギュアとかはあまり興味はないんだけど、こういう「紙」に弱い。
ま、重ねられるし、なんかの本に挟んでとっとけばいいし、楽は楽ですが、たまるはたまりますね。

きっと、俺が死んでしまったらもうどうにもならないゴミでしょうけどね。
動物の中では人間だけが「モノに価値を付ける」とかっていいますが、ま、だからそれを「とっとく」というのは、人間らしいと理解して、まあこんな事件のようなことはないことを祈りますが、ま、いいとしましょう。
ゴミ屋敷とかってなるとそれはそれでまあまわりは困るけど…。







(BGM:北乃きい「浮間舟渡」from「心」)
→これ、ウチの近所の駅の名前なんだけどさ。
なんか噂ではけっこう駅前の風景はきちんと考証されているらしい。
この子と浮間舟渡、なんのゆかりがあるんだろうか?

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE