fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

断言する人は怪しい


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





どうして反マスクとかの陰謀論にハマる人がいるのだろう、と言うような話を飲みながらしてたんですが。
例えば、いわゆる「ガンは治療するな」とかって人たちもいますよね。
とんでもない理屈だと思うんだけど、でも信じてる人がいる。
そして、若くして死んじゃった人もいます。

これらをまとめてエセ医学と呼ぶことにしますが、そういう理屈をなぜ信じてしまうのか。
まあ、医学の面だけじゃないですよね。
ビーガンとかも行き過ぎれば身体を壊しちゃったりする。
ま、健康とかってのはけっこうこういう狂信的な人たちを産み出す傾向にあります。

ま、俺もジャンクフードは好きじゃないし、好んで食べようとは思わないが、まあ時には口にする。
それは飲み会だったり、いろいろな流れだったりがあるから。
だから、好きじゃないが、そんなに徹底的に自分から排除しよう、とは思っていない。
徹夜した後はたいがいジャンクフードを欲したりもするし、ストレスがかかるとそういう傾向もあると思う。
それもあまり否定したくない。
ま、いいじゃないか、くらいの。

こういうことを言えば、ジャンクフードと言われているモノを口にしなくても、多くのところで身体に悪いモノを口にしてるんだよ、とか言われそうである。
でもまあ、いいんだよ、それはそれで、とも思う。
ま、たいがいの人はそんな感じで暮らしてると思うんですよ。
でも、時にそれが絶対になっちゃう人というのがいて。
ガンなのに治療しないというのを選択して死んじゃったりする。
ま、死にたかったのならそれでもいいが、その人も死にたかったワケではないのだと思う。
信じる人は救われる、というが、信じる人が死んじゃうんだから、反ガン治療の罪は深い。
ま、本人が信じたいなら信じてもいいんですが、結果、まわりはその決断のおかげで苦しむことになる。

でね、なんでエセ医学を信じるか、ということなんですけど。
彼らの教祖、いわゆる反ガン治療であれば近藤誠さんとか。
反ワクチンだったら、神真都Q会とかか。
そういう人たちってのは、断言するんだよね。
断言してくれる。

でも、冷静に考えると、本当に医学を勉強している人は、おそらくは断言しないんですよね。
学問というのは、深まれば深まるほど、「自分がわからないことがわかる」ってことになっていくんだと思うんです。
だから、断言をしない。

逆に言えば、断言するというのは、そもそも、「わかってない」ということだともいえるように思う。
「俺はこう思います」というのはあっても、それは「完全な理屈ではないかもしれない」というのもセット。
それがわかるのが、学問を追究した人の態度であって、断言できちゃうというのはむしろ学問を知らない、とも言えると思ってる。

ま、たいがいエセ医学や健康療法的なコトにハマる人ってのは悩んでいるわけです。
がんになってしまった、とか。
体調が悪い、とか。
だから、「こうしなさい」と断言してくれる人にすがってしまう、というのはわからなくはない。
そういうおいつまった人に、冷静になれ、というのも確かに伝わらないと思う。
本当の学問は「わからないことがわかることなのだ」というのも、冷静になればわかるのだと思うが、それはおいつまった人には伝わらない。
断言する人が怪しい、とは思わない。
むしろ信じてしまう。

だから問題は、それによって「信者」を増やし、著作を売り、講演会で儲ける人達なのだろう。
彼らは、仮説だろうが、諸説の中の一つであろうがなんだろうが、とにかく「断言すること」が儲けにつながることを知っている。
だから、断言を繰り返す。

本当の世の中はグレーだ。
白も黒もない。
正しいと判断することがあったとしても、立場が変われば間違っていることもあるかもしれない。
もっと学問や前提の精査が進めば、今の仮定はひっくり返るかもしれない。
そういうのが世の中であって、白と黒に分けられるモノではない。

でも、それはとても不安なことだ。
自分が信じている道が正しいかどうかがわからない、ということであったら、信念を持って生きていくことなどできない。
特においつまった状況に置かれれば、人は不安定になり道に迷う。
そして、それが通常の世の中なのだが、それは確かにおいつまった状況では耐えがたい苦難だ。

だから人は断言してくれる人を欲している。
わかる。
わかるが、それは決してまわりの人たちを幸せにしない、ということも経験で俺は知っている。







(BGM:ジャニーズWEST「ズンドコ パラダイス」from「ラッキィィィィィィィ7」)
→まあ、関西ノリってことなんでしょうね。
いいタレントさんの集まりだと思うので、早いところジャニーズ事務所を抜けて活躍してくれることを祈っています。
スポンサーサイト



人は誰しも自分を特別に思ってもらいたい


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





AV女優のことを書いている本で、「(ある意味)ベテランになるほど価値が下がっていく」というようなコトが書いてあって。
ちょっと何の本だか忘れましたが、そういう。
なんかわかる気はします。
新人、初めて、というモノに見る側はファンタジーを感じるからなのだろう。

先日風俗に勤めているらしき女性のツイートで、キャバクラはバカのふりをして客に自分をバカにさせることで成り立ってる、というようなのがありまして。
キャバ嬢は自ら負けることで客を勝たせてやっている、というようなことですね。
男の支配欲を満たしてやるというか。
でも、それはもう八百長なんですよね。
そういう「八百長だ」と言うことがわかった上で、勝たせてもやっているわけだから。
しかもそれを客に悟られてはいけない。
本心の「お前を勝たせてやってんだよバカ」というのがバレちゃいけないわけだ。
で、そうなると、必然的にそれは「ベテランであってはいけない」ということになる。
だって、ベテランはそういう八百長を仕掛けてくる、というのは想像が付く。
だから、いつだって「素人」「新人」をウリにしていた方がいいのである。
逆に言うと、キャバクラや風俗に行っているのに、いかにもキャバ嬢、風俗嬢という人は指名が取れない、ということになる。
つまりベテランが否定されるのである。

もっと言うと、客は欺されるためにお金を払っているとも言えます。
欺されるというか、いい感じで言うと、嬢が作るファンタジーを楽しみに行っている、という。
ただ問題は、男が上位に立つことで成り立つ、上位に立たせてやることで成り立つファンタジーだから、人によってはいろいろな問題を起こしたりするわけだけれど。

「女の人が決してやってはいけないことは、男のためにバカのふりをすることだ」という言葉は誰が言ったのか、俺はなかなか名言だと思うんだけれど。
でも、バカになることで成り立つのがいわゆる風俗だったり、いわゆる男が勘違いする疑似恋愛みたいなことなのかな、と思うんだけれど。
だから、普段の生活でそういうことをしてはいけないよな、とつくづく思うわけです。

前に書いたと思うけど、ちょっと探せなかったんだが、ある時、夜まで仕事をしていて、数人で。
女性も何人かいて、その一人に、とある男性(皆知ってる人)からメールがあったんですね。
「酔っ払いすぎちゃって歩けません」みたいな。
で、「こういうメールが来たんですけど」となって、そしたら女性陣がみんなで「こういう場合は、どこにいるの?とか聞いちゃ駄目!がんばれ!って返しな」と言ってて。
その男性はそもそもそこにいた女性にとっては少なくとも性的にも恋的にも対象にならないというのがわかっていた上での対応なんだけれど。
で、まあ特にコトも無く仕事を続けたんだけど。
ああ、女性ってのはいろいろ考えなきゃならないんだな、ということを改めて感じたんです。

確かに、男の人は、いや女の人もかもしれないが、「ヨシヨシ」をしてもらいたい、というのがあって。
だから、「してくれそうな人」にそういう「心配させるようなことを言う」。
そこでうまくマッチングしてしまうこともあろう。
しかし先の女性陣の反応からすると、「そういうことをしては相手に勘違いさせる」という恐怖があるように見える。
言われたこっちは普通に「大丈夫かしら」と心配して「どこにいるの?」と聞くところ、やっぱそう言えない、言わない、というのはその「勘違い」がものすごく恐ろしいコトがわかる。
勘違いさせるとめんどうだし、「それは勘違いだよ」という時に彼を激高させる可能性もあるのかもしれない。

人は誰しも「あなたは特別」だと思ってもらいたい。
しかし時に、普通に心配した言葉を「特別だ」と思ってしまうこともあるのかもしれない。
なぜなら、「あなたは特別」と思ってもらいたいのだから。
そういう方向にやっぱり気持ちが引っ張られるのかもしれない。

そこで悲劇が生まれるというか。

冒頭に戻りますと、風俗は、その勘違いを勘違いのママ維持するシステムで成り立っているんだな、と。
それって先の女性陣の反応からすると、かなり危ない橋なんだよな…。
普段の生活では「どこにいるの?とか聞いちゃ駄目!」と勘違いをさせない努力をしているわけだから。

京アニの事件の加害者が、担当だった看護婦さんの一人に恋心を抱いた、というようなニュースがあった。
よくはわからないが、あれも普通に看護しているだけなんだろうけど、それを「特別」と勘違いした結果なのかもしれない。
ま、普通の看護すら特別に思えるような生い立ち、というのにもちょっと同情はするし、そこをやっぱりもっと解明していく必要があろう。
第二の彼を作らないためにも。

でもやっぱしっかりと持っておかなければならないのは、「特別に思ってくれる人」などにはなかなか出会えない。
金を出しても無理である。
特別だと思ってもらえると思い込むほど恐ろしいコトは無い。

いや、そんなこと言ったらもう絶望しか残らないけどさ…。






(BGM:DJ ゴーストバスターズ「オバンギャルド」from「電電オバケカーニバル」)
→どっかで聞いた感じかと思ったら、DUMDUMTV(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5588.html)だ、といったら怒られるか。
でもこういうの好きなんだよね。
ノイズなんだが、聞いてて飽きない。

それってデジタルっぽくなくない?


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





2月の初旬に書いていますが。
こんなニュース(産経新聞)が流れてきましたね。

経済協力開発機構(OECD)がこのほど発表した2023年版「デジタル政府指数」で、日本は調査対象の加盟33カ国中、31位に落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大を教訓に、政府の電子化を強力に進める加盟国が目立つ半面、日本の対応は遅れ、前回順位の5位から急落した

う~む…。

タイトルは産経らしく日本は「コロナ禍の対応遅れ」と書いているが、そもそもデジタル庁を作ったり、マイナンバーとかも進めようとしてたり、まあやってはいるんだよね。
でもむしろ5位から急落という。

デジタルが進まない理由をコロナに求めるのは恐らく逆で、コロナがあったからこそデジタル化は進まなきゃならないだろう。
しかしまあ、それが進んでいない、と。

ま、デジタル化っていうと、マイナンバーカードがカギというか、メインにしたい感じはある。
だから、マイナンバーカードを性急に進めようとしているのもわからなくはない。
どうしたってデジタル化を進めようとしている人たちにとって、急落は恥ずかしい。
しかしまあ、公務員ですらマイナ保険証の利用率は5%以下。
世の中からはずいぶん反発を喰らっている。

こうなると、「反発してる連中が悪い」という逆さまな論議をふっかけてくる人がツイッターなんかにも溢れてくるが、それはちょっとどうか。
つまりは、穴が多すぎるからだろう。
性急に進めようとして、穴が多すぎてどうにも理解が得られない、というのが正解なのではなかろうか。

そもそも、マイナンバーカードは携行するモノだったっけ?とか。
なんか「番号を人に見られないように」とか言ってたような言ってなかったような。
結果として、携行して身分証明書にするとか、それ、番号を人に見せてるじゃん的なことになってて。
ってか、市丸たちや自分で管理できない人の対策もまるでないままであると言っていい。

しかも病院ではむしろ「紙の保険証のままがいい」という声も上がっているとか。
医師会とかが反対しているとかもニュースで見た気がする。
確かに、制度ややり方が変わることに戸惑う部分もあるだろうが、やっぱり現場の意見は重要になってくると思う。

それを、マイナ保険証を使えば診療報酬を上げるとか、そういう「やり方」に、国民サイドとしてはどっかうんざりしているところもあるのではないか。
少なくとも俺はそうだ。
カードを作ればポイントあげるとか。
餌で釣られる家畜のような気分になる。

別に、マイナンバーカードの有用性をしっかり伝えてくれればいいのだが。

ってか、デジタルの良さってあると思うんだよね。
あ、よくデジタルの意味が俺わかってないけど。

でも、パッと思いつくのが、文書とか?
文書とかもデジタルの方がいいじゃない。
紙じゃ探しても探しても、ってことになる。
重いし。
コピー機とか回すのも大変だし。
なんで、デジタル化、いいと思うんですよ。
あ、そこだけの理由だけど。

でも、やっぱ情報漏洩とかそういうのは困るじゃない。
3年前には、500万人分の情報が中国に漏れた、ってニュースもあった。
それ、解決したわけ?って。

そういう不信感が積み重なってるのよね。
だから、穴がないシステムをやっぱ作るべきなんだよね。

それを作らないで、餌をぶら下げて家畜が食らいついてくるだろう、みたいな態度がまずなんとなくデジタルじゃないよな、と思う。







(BGM:Nooran Sisters「Whose Gonna Rock You?」from「I'm In The Mood For Dancing」)
→スーフィー音楽という、スーフィーという詩人の作品に触発された信仰音楽というのがあるらしく。
その有名なスーフィー歌手の娘さん二人でヌーラン姉妹、という。
インドですね。
ま、この楽曲はもう信仰音楽とかって感じじゃなくて、どっか普通のロックミュージック。

kanukibochu.jpg

ダイエットは明日から


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「認知的不協和」って言葉があるそうで。

自分の中の認知に矛盾する二つの考えがあるときに感じるストレス、みたいなことらしい。
例えば、今俺の中にある「タバコを吸いたい」というのと、「タバコをやめたい」という二つの思いは確かに矛盾しています。
それに対して感じるストレス、みたいなことですね。

まあ、結果として俺は「タバコを吸うと気が落ち着くから」とかって理由を作って、まあ吸ってるわけです。
「今さらやめるのもどうか」とか。
とにかく吸う理由を探している感じになります。

でもまあ、「タバコをやめたい」という思いは確実にあるわけです。
だから、面と向かってその問題に直面すると、やっぱストレスにはなるわけです。

これ、なかなか面白いですね。

例えば、昇進できなかった、と。
自分より能力が劣ってると思っていた人が昇進した、と。
そんな時、人は、「アイツは上に取り入ったんだ」とか思うことでそのストレスを緩和しようとする。
「俺は結局現場が好きだから」とか。

なかなか深い。

すごく並んでやっと入ったラーメン屋。
しかしそんなに美味しくなかった、とする。
でも、並んだ自分を正当化したいから、「美味しかったかな?」「うん、美味しかったよ」と思ったりする。

ダイエットもそうですかね。
「ま、明日から」って自分を正当化するというか。

こう考えると、人って、常に自分を正当化したい、正当化する生きものなんだな、と思いますね。
あ、悪い意味ばかりじゃなくて。

免疫、なんて言葉もありますが、心の免疫というか。
それによって人は生きていけるという。
「自分が生きてていい」と錯覚することが出来る、みたいな感じかな。

それがなかったら、もしかしたら人は「自分は生きていていい」と思えない動物なのかもしれない。
だから、心の免疫を信じるというか、自分の行為の正当化をダメなことだと思わない方がいいのかな、とか思ったり。

ま、しかし今の世の中、どうしたって貧困から抜け出せなかったりする状況が続いていて。
炊き出しにもたくさんの人が並ぶような状況…。
こうなると、自分が思ってる生活と実際の生活に差異が生まれますから。
そのストレスたるや、そもそも生活できない、ということが発端なだけにかなりすごいことになるのは想像に難くない。
このストレスは、自分の中の思い、とは違うから、どうにもならない。
考えても考えてもどうにもならないんだよね。
ま、選挙に行こう、とかは思いますが、それもなんやかんや野党が弱かったりして、地方選でも負けが続いたりすると、そこにまた思いと現実の差異が生まれてストレスになる。

こういう状況が続くと、その差異を埋めるために、「もう政治のことは考えない」「社会のことは考えない」という事態になったりする。
これは何の解決にもならないことはわかっていても、でも差異のストレスを解消するためにはそうするしかない、というのもなんかわかる。

今回の大震災の時。
政府は「行くな」と言った。
そしたら、付和雷同して、「政府がそう言ってるんだから従え」という人がツイッター上でも溢れた。
どう考えてもおかしな話だ。
そもそも議員が行かないでどうする。
というか、13日まで知事が現地に行ってないという…。
んなバカな…。
渋滞してるから、って、実際には渋滞してない映像も多く流れてきた。
被災地の状況すらわからない中、多くの人ががれきの下でなくなってしまった。

そういう事実を考察することもなく、「政府が言ってるんだから従え」という。
これはなんかもしかしたら、もう認知的不協和が行くところまで行ってしまった姿なのかもしれない。
色々社会のことを考えると自分の中の矛盾がストレスになってしまうから、とにかく「従えばいい」、という。
それでストレスを緩和させてるようにも思える。

なんか恐ろしい時代になってるな…、と思う。
先の大戦前のドイツがこんな感じだったのではないか、とさえ。





(BGM:アルジアンドニンプス「side2」from「デヴューシングル」)
→主と妊婦なのかどうなのか、もうバンド?グループ名からどっか不安にさせてくれる。
フジヤマカセットシリーズ。

kanukibochu.jpg

なぜ日本では大規模な労働運動が生まれないか


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





フランスで大規模な農民のデモが起こっているという。
なんか、あまり日本のニュースではやらないけど、ツイッターなんかでは流れてきていて。

ま、先日そういえば、池袋の西武がストライキを行ったけれど、そういうのって日本ではあまり見かけなくなった。
俺が子どもの頃は、よく国鉄はストライキをしていた。
朝7までに解除されなかったら学校は休みになったりもしていて(俺が通っていたのは国立大学の付属小だったので、電車通学の児童もたくさんいた)、けっこうそれは風物詩だった。
が、まあJRになって見なくなった。
国鉄の分割民営化は「日本最大の労組潰しだ」と言ってた人がいたけど、まあそうかもしれないな、と思う。
というか、そうなってしまった。

これ、なんで日本では大きな労働運動、ストライキやデモが起こらないのか、って不思議でしょうがないわけなんだけど。
だって、ここまで非正規だとかで搾り取られて、格差もすごく開いているのに、大企業の内部留保はどんどんでかくなっている。
なのに、労働者は沈黙している。
ストライキもデモも起こらない。

と思っていたら、ツイッターで「産業別労働運動を日本に広めよう」というのが流れてきて、それを読んだらちょっとなんか「なぜ日本で大きな労働運動が起きないか」がわかった気がしまして。

まず、欧州の労働組合は「産業別になっている」ということなんだね。
だから例えば、印刷業はいろんな印刷企業で働く労働者が参加している、と。
ま、その中で、例えば印刷労組A、印刷労組B、というのもあって、協調したり反発したり、みたいなことをしていたりもする。
ただまあ、そこはあまり重要ではなく、要は「印刷業」が、企業の枠を越えて労組が成立している、というコトが重要。

これはどういうことかというと、印刷労組は、全ての印刷業に関わる労働者の賃上げを求められる、ということなんだよね。
どの企業が、というのではなく、印刷業全ての企業に、そこで働く労働者の賃上げを求めることができる。
それに企業側が答えられなければ、印刷産業全体でストライキを打つことができる、という。
それで企業側が折れれば、印刷業全ての労働者の賃金が上がる。

一方、日本の場合は、労組が企業単位なんだよね。
だから、印刷会社Cが労組の賃上げに応じなかった場合、応じた印刷会社Dよりも、業績が上がってしまう、ということが起きてしまう。
つまり、応じれば応じるほど人件費は上がるわけだから、企業としてはうまくない。

この日本式だと、一つの企業がその企業の労働者の要求を受け入れる、というのは難しくなる。
だって、受け入れると企業としてはソンになる。
結局、賃金はなかなか上がらない、ということになる。
産業別労働運動だと、ストライキも全ての印刷企業に関わるし、どっかの企業だけが「ソンをする」という状況にならない。

企業ごとの労組だからといって、じゃあストライキが打てるかというと、それも簡単ではない。
ストライキを打てば、その分の仕事が他の印刷会社に移ることになる。
結果として、企業は衰退するかもしれないが、そうなれば、極論すると労働者の賃金そのものが確保できなくなってしまう可能性もある。
労働運動は、企業を罰することも時には目的になるかもしれないが、そもそも自分の賃金を上げるためのものであるからして、ストライキそのものが自分の首を絞めることになる。

これが印刷業全てで労働者がストライキ、という形になれば、特定の印刷会社がソンをする、トクをする、という状況じゃなくなる。

日本の場合、また中小企業が多いコトも特徴でありまして。
大企業の労組が頑張って賃金を上げたとする。
その大企業は、下請けの中小企業にその分、安い値段で仕事を回すことになる。
そうなったら、少なくとも中小は賃金を上げることが不可能となる。
つまり、同じ印刷業だったとして、そこで労働運動は分断が生まれてしまうのだ。
逆に、中小企業が賃上げをすれば、大企業はその分のコストを負担しなければならなくなる。
つまり、企業別の労働運動で賃金を上げようとするのはそもそもかなり難しいのではなかろうか、とオレは思ったわけ。
だって、そこにあるのは分断でしかない。

大企業の賃金が上がれば他の企業にも波及していく、というのは、そもそも産業別労組が成り立ってなきゃならないのだ。
企業別である限り、それはない。
むしろ格差が広がると考えた方がいい。

しかし、なんでこの「企業別労組」に日本はこだわってしまっているのか、という。
ほとんどの大企業は自社の中に労組を組織させている。
そしてそれは、自動的に労働者がその企業の労組に加入する、ということで成り立っているという。
これをユニオンショップ協約、というらしい。
つまり、どっかの大企業に勤めれば、自然とその大企業の労組に加入する、というか、している、のである。
そして、強制的に賃金から「組合費」を受け取ることができる。
つまり企業内労組は、黙っていても社員がいる限り、組合費を取りっぱぐれなく集められる。
そして、組合はそこからストライキ資金のための「闘争資金」を積み立てている。
とはいえ、実際にはストライキなど打てはしないことは先に書いたとおりだ。
この闘争資金、一説によれば、NTT労組は闘争資金だけで550億あるという。
これを運用すれば、その益だけで労組には莫大な利益が入ってくる。

これが、いわゆる連合だのの「労働運動貴族」の正体である。

この状況を彼らが手放すはずがない。
だから、日本では産業別労働運動に移行できない、すなわち賃金が上がらない、と考えることが出来る。

どうでしょう?
簡単にまとめたつもりですが、もしわからなかったら調べてください。

今我々に必要なのは、今の日本の労働者運動とか言ってるモノを「君らは労働者のための運動をしていない」と、徹底的に批判することだろう。
そして、欧州の「産業別労働組合」をもっと学んでいくことではなかろうか、と思っている。






(BGM:M-Pact「Jingle Bells」from「The Carol Commission」)
→アカペラグループなんですね。
どっかソウルフルでカッコいいです、これ。

kanukibochu.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE