fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

穀倉地帯


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





レモンの木にイモムシ的なものがやってきまして。
まあ、毎年どっかにはやってきます。
どこから来るものか。
昨年だったかはパセリが大豊作だったんだけど、それを全部食べちゃいましたねイモムシ。
今年はパセリがなく、なんだかレモンの木がなかなか良い感じで葉が出ていると思ったら、こちらにやってきたという。

う~む。
ウチを狙っているのか、どうなのか。

レモンというのは、一つの実ができるためには25枚の葉が必要、と言われます。
なので、とにかく葉を保持しなければ実ができないわけです。
というか、25枚しか葉がなかった場合、一つの実しかならない、という事態になります。

まあ、やっぱレモンは育てたいじゃないですか。
なんなら自分のとこでレモンがなっていた場合、もう肉料理とかに搾りたい。
ま、パセリも同様で、ちょっとだけ料理に乗せてみたい。
というようなわけで、確かに絶対的に必要ではないが、しかし確実に食生活が豊かになるのがレモンやパセリなのである。

しかし、その葉っぱをイモムシが食べてしまっているという事態。
これね、ネットなんかで調べてみると、「取り除きましょう」と。

…ん?
「取り除く」?。

まあさっと言っちゃってますが、すなわち取って遠くに放り投げろ、ということなのか。
取り除く言うても…。
どう取り除きますか?というか、取り除いた後のイモムシはどうしますか?という。
葉っぱサイドから言ってみれば、「取り除く」でいいんだけど、イモムシサイドからの観点が足らないというか。

いや、恐らくは「言いにくい」のではなかろうか。
イモムシを放り投げろ!とか、もしくは「抹殺せよ」ということについては、やっぱ書きにくい。
なので、「取り除きましょう」に落ち着いた、という。
そんな印象があります。

やはり、近くにほかしてしまっては戻ってきてしまう。
これは何度か体験しているところですが、かといって、隣の駐車場にほかしてしまうのは忍びない。
とはいえ、近くに森のようなところがあるかと言えばない。

…というか、どう運ぶ?
というか、まずどう捕獲するか?という。

触ります?
いや、まあ全然平気、って人もいるでしょうが、オレは苦手なんですね…。
触れないよ、なんなら見るのも気持ち悪いんだから。
というか、近所の家の庭においてくるわけにもいかない。

一度、車にでも乗せて森林公園とか、そういうところに行かねばならないのか。
が、しかし、捕獲したイモムシが車の中で逃げたりしたら阿鼻叫喚である。
ヘタしたら大事故につながりかねない。

ま、なら捨ててしまえばいいか、というとそれもどうか。

そもそも、庭でそうした植物、作物を育てたいというのは、どっか「共存」的なコトでもあって。
多少の虫にひるんでいてはいけないのではなかろうか、という気持ちもある。

というか、イモムシには罪はないではないか。

なんなら、イモムシにとってレモンの葉っぱは主食なんである。
というか、それしか多分食ってない。

重要である。
彼らにとって、重要な穀倉地帯なんである。

翻って、人もそうだ。
ウクライナの穀倉地帯を頼りにしているのは日本人である我々も同じである。
穀倉地帯を取り上げられれば、どうにも動きが取れないのである。
それを我々はいま身に染みて感じているではないか。

イモムシにとっては、このレモンの葉っぱが穀倉地帯なのである。
これを取り上げていいモノか。
いや、イモムシを取り除いて、この穀倉地帯を我々が支配することは、どこか人間の争いごとに似てはいないだろうか?

そもそも、レモンやパセリは我々にとってサブなのである。
なければないで済むではないか。
けれども、イモムシにとっては主食なんである。
というか、それしか多分食ってない。

果たしてレモンの葉っぱから彼らを追放することが正しいのか?

しかしそうなると、なぜレモンの木を買ってきたのか?ということにもなってしまう。
イモムシの穀倉地帯を作るためではなかったはずである。

というわけで、イモムシに苦慮している今日この頃なんである。







(BGM:薗田憲一とデキシーキングス「日本の四季12ヶ月」from「幼き日の思い出を」)
→正月の雅楽っぽい響きから早春賦、春の小川、七夕、赤とんぼなどなどがメドレーで繰り出される、まさに日本の四季。
この老練なご機嫌なナンバーは日本人誰にも染み入る構成になってるし、ジャズとしてもアドリブこそないものの、いい入門編になると思う。
スポンサーサイト



冷静でいたい


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





しかしまあ、4360万円。
ちょっと引っかかりますね。
そんなことないですか?

あ、「けしからん!」みたいなことではないです別に。

だって、振り込まれちゃっただけじゃないですか。
ま、返せばいい、って話だけど、それはモラルの問題で。

例えば、政党助成金とかでも政党に振り込まれるわけだけれど、使い切らなかったりすると、政党の基金的なものに降ろしちゃったりする、というじゃないですか。
在阪の政党で、そういう話も聞きましたよ。

多かったら返せばいいのに、返さない。
ま、モラルの問題なんでしょうね。

コロナ関連費が11兆円不明だとも言いますが、これもまあたぶん振り込まれていて、コロナじゃなかったところに使っちゃった、というのは、「カジノにツッコんだ」というのと構造上は変わらないような気もする。
というか、「不明」である以上、これはカジノにツッコんだな!といわれても仕方ない。
違うというのなら、明らかにすべきである。

金を返さないことについて、なんでそういうことをするんだ!と怒る気持ちはわからないではないですよ。
でも、だったら、在阪の政党だったり、今の政権に怒らないのはなんでですか?と。
なんで彼だけつるし上げるの?という気もする。

彼をつるし上げるのなら、まずそこは説明してもらいたい。

しかしそもそもどうですかね。
この人は、お金を手にしようと思って振り込まれたとか、口座番号を操作したとか、何かを騙した、とかそういうことじゃないじゃないですか。
たまたま入ってた、と。

なんなら、これ町役場のミスでしょう。

なんで町役場が上から目線で「返していただきたい!」とか言ってるのか。
「申し訳ありません、間違っちゃいました、返していただけないでしょうか」ってのならわかる。
それをなんで今回のことを鬼の首でも取ったように彼が悪い!と上からもの言ってるのか、意味がわからない。

町役場がすべきことは「カジノに使ったか事実を確認したい」じゃなくて、「今後こうした間違った振り込みをしないように徹底する」ってことなんじゃないのか。

だって、もらい事故じゃないか。
振り込みました、ってまあ、4360万だから問題になったけど、これ1万円くらいだったらわかんないよ。
使っちゃう可能性、高くない?
みなさんはどうですか?
そこまで通帳とかちゃんと見てます?
あ、見てますかごめんなさい。
オレなんかはもうわかんないな。

で、使っちゃったら逮捕、って、もうものすごいおとり捜査じゃね?と思ってしまう。

返さなかった、という道義的責任において、彼に非はあると思いますよ。
でも、だったら、道義的責任において、11兆円の使途不明金を出している政府はもっとタチが悪い。
なんなら、確信犯じゃないか。
彼は、企んだわけでもなく、青天の霹靂で金が振り込まれてただけなんだから。

なんで彼だけつるし上げるの?
意味がわかんない。

意味がわかんないし、こういう「一人をつるし上げて終わりにしようとする雰囲気」が簡単に作られてしまうというのが怖い。

もっと冷静になろう。

例の遊覧船だって、なんとか省のハンコはもらってるわけですよ。
にもかかわらず、あの社長だけが悪い的な感じになってるけど、なんとか省は仕事してなかったんか!ということならないのがオレには薄ら怖い。

マスコミやいろいろがそうやって「誰かをつるし上げる」ということにおいて、ものすごく活躍しているのは明らかで、なんかな、もうちょっと落ち着いてくんねえか?

道義的に責任はある、というのは当然そうだと思う。
けれども、なんだか、彼だけをつるし上げて終わりにしようとする雰囲気に、そしてそういう雰囲気が今回簡単に作られてしまっているのが怖い。






(BGM:松山千春「泣いてしまいたい」from「起承転結 VII」)
→オレが子どもの頃に「恋」とか、「季節の中で」とかが流行って、友達が好きでよく聞いたりしました。
すごく最近になって聞いてみて、声ですね、声がいい。
ダミ声の逆というか。

よくわかってなかった…


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





よくよく考えたら、確かに不思議なんですよね。

ちょっとこういう話題はあまり触れたくない気持ちがあるんだけど、結論を導くために必要なのよね。
「音姫」ってあれです。
女子トイレには音姫がある、という話はなんか聞いていて、最近は男子トイレにもあったりしますね。
つまりは、ウンコしたりオシッコしたりするときの音を消すために、そのボタンを押すと音が流れて聞かれなくて済む、という。

ふむ。

まあ、なんとなくわかりますね。
以前には、音を聞かれたくないからオシッコとかする時に一回水を流す、そんでもって、終わってから通常の使い方で水を流す、という二回流す、ということもあったそうで、それは無駄だ、と。
エコ関係なのかどうなのかはわからないけど、音姫というのが開発された、ということらしい。

まあ、そもそも音がどうなのか?ってコトに関しては、人によるんだろうし、オレなんかはお互い様だからブリブリやっても気にならないけど、気になる人はいるんだと思います。
でも、こうやって音姫が開発されてあちこちに付いているというのは、そういう人が多いんだろう、というコトが推測されます。

これ、簡単に言えば、家のトイレには必要ないんですよね。
一人だったらまずいらない。
だって、聞かれる相手がいない。
だけど、公共の場所だと必要、ってコトですね。
他人がいるから。
それでも、トイレに入った時点で誰もいなければ、別にそんなことは気にしなくてもイイワケですよね。

つまり、トイレは一人で行けばそんなに恥ずかしいことはない、という結論になります。
ま、ここまでは推論としてそんなに間違ってないと思うんですけど。

で、こっからが本題なんですが、にもかかわらず、例えば学校時代とかですね。
休み時間にトイレに行く、まあ休み時間は十分?くらいしかないから、多くの人がトイレに同時に行く。
これは仕方ない。
けど、そうじゃない場面。
けっこうゆとりがある時にでも、女の子はけっこう一緒にトイレに行ったりしてましたよね。
「一緒に行こう」的なコトもあるし、私も私も、的なコトもあったり。
ま、これ、ちょっとこの後書くことをツイートで知って、そういえばそうだったような…、と思いだした感じだし、俺自身は女子ではなかったので、ハッキリとはしないけど、でも今考えるとそうだったと思う。

でね、こと「音を聞かれたくない」ということと、「一緒に行く」ってのは、相反するじゃないですか。
できるだけ一人で行った方がいいのに、でも一緒に行く。

これね、誰だったか知らない人がツイートしてたんですけど、「女子はトイレで危険な目に遭うことがある。だから一緒に行く」という。
「そうやって、子どもの頃から親に言われた」という人もいた。
公園とかで一人で公共のトイレに行かないで、友達と必ず行きなさい、としつけというか、親に注意をされていた、という。

ここでガッテンですね。

確かに、トイレに男の人がいた、とか、トイレで変質者、とかって話はよく聞きます。
この前の新日本プロレスのオーカーン選手が女の子を救ったという話も、トイレが最初の舞台だったかと思います。

しかも、なんならトイレってお尻出すわけでしょう。
まあ、男の人ならポコチン出すわけで。
大事なところを晒す、というか。
だから、瞬時に逃げにくい、というのもありますよね。
ズボン下ろしたまま走れないし。

だから、やっぱ危険なんだ、と。

オレは親にそういうことを言われたことがなかった。
他の人はわからないけど、なんとなく今までの男としての生きてきた中で、男の子はあまりそういう「意識」はないと思うんだ。
子どもの頃に、親に強烈にそうやって注意された経験は男の子にはあまりないように思う。
まあ、男の子も危険だとは思うけど、そこまでは言われない感じ、というか。

つまりさ、女の子って、トイレに行くだけで「身の危険」を、小さい頃から抱えていたんだな、と思いまして。
きっともう日常のことになって、無自覚に「一緒にトイレ行こう」という感じになってるとしたら、なんだかもうとても申し訳ないというか、いや、そんな世の中、ホントイヤだよね!って話。








ブログ用

(BGM:BLACK BISCUITS「Bye-Bye (北京語バージョン)」from「Bye-Bye」)
→どっか北京語バージョンとかに惹かれます。
ビートルズがドイツ語で「She Loves You」をレコーディングしたこともあるワケですが、そういうところにバンドのやる気が見えるというか。

逆効果な人たち


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、ノーマスクを主張する人たちってのがおります。
何度も書いてきました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5873.htmlなどなど)。
結局ね、陰謀論が元ですよ。

とはいえ、けっこう高学歴だとか、政治のことをきっちり考えてるような人たちもハマってる。
まあ「政府のいうことは信じない」とかってのはわかる。
わかるが、だからといって「コロナは本当は存在しない」ということはない。
自分に都合のいい論議を積み上げて事実かのように主張するが、そりゃ、都合の悪い論を無視していればそういう結論も出ようというモノだ。
もう何度も書いたからあれだけれど、彼らの主張はエセ医学を元にしている。
「物質は存在しない」「物質とは波動である」なんて主張、「政府が言ってる言ってない」に関わらず、科学の基礎だけ考えてもとうてい受け入れられるはずがない。

というようなことはもういいんだけど、しかし大変なことになってるな、と思いました。
というのも、ツイートで、この「反マスク」のみなさんがこんなの流してて。

「運動会で来校される方はマスク着用して下さいと記載してあるので今から校長と議論します」

…おいおいおい…。
校長も大変だ…。
オレの仲間というか、ブレインにも校長だのがいるけれど、こりゃもう余計な時間とらされちゃうわ…。

なにせ、もう「信じてる」人たちを納得させるコトってのはできないんですよね。
信者を脱会させるだけでも大変な苦労があったというのはオウムの時にも我々は経験済みです。
だから、この人達は、とにかく「意味のない論議をふっかけてる」に過ぎない。
時間の無駄なんである。

これが、子どもに関わること、例えば「うちの子がイジメを受けているようだが学校が認識してくれない」とかって内容であればこれは校長が「無駄だ」というのはおかしい。
どう考えてもそんな校長は許されない。

そもそも、校長は生徒の話、親の話、どちらもしっかりと聞かなければならない。
そういう仕事なんである。
だからこそ、この「ノーマスク」の話はどうにも邪魔だ。
こういう話があって、校長の時間が取られてしまい、その間、子どものコトを考えられなくなる、という実害もある。
そして、もっとまずいのは、こうしたバカバカしい話を聞かなかったことで、「あの校長は話を聞かない」などということになってしまうことで、まともな校長が追い詰められてしまう可能性もある。
その校長はイジメの話を聞いていた、いい校長だったのにのに…ということになりかねないではないか。

いや、まあね、親がどういう信条を持っていても対応しなければならない、というのはわかる。
わかるが、いくら何でも「ノーマスク」はあり得ない。
「ハワイ島にゴジラが出てるんだぞ!」とあまり変わらないではないか。
んなことあり得ないのは常識だ、それは。
言いがかりじゃないか。

なにも、全てを鵜呑みにしろとは言わないよ。
もちろん、そんな風にも思ってない。
むしろ、政治が言うことを鵜呑みになんかしない。
与党はもちろん、オレは今の野党も信じていない。
だけれど、いくら何でも、ゴジラは映画の上の話だ。
そしてコロナは現実だ。

マスクをした方がいい、しない方がいい、というのは論議はある。
野外ならマスクはいらないのではないか、という論議にもなっている。
だから、今のところ、その結論を待つしかないんだなあ。
反対派も賛成派?もきっちり意見出し合って話し合うしかないんだから。
それを、好き勝手な、自分に有利な意見だけ聞いて、積み上げて「ノーマスク」みたいな結論では意味がないんだよ。
もうちょっとマスクをすべきの人の意見も聞いた方がいい。
あんたが、校長に「ノーマスク」をねじ込んで聞かせようとしてるのと同じように。

まあ、マスクをしてるからインフルエンザも広がらなかったのではないか、という意見もある。
別にするくらいいいじゃないかと思うが、強制されるのがイヤなのか、それともいろいろな面でもう「マスクはイヤ」なのか。
どっちにしても、自分勝手でしかないじゃないか、という気がするわ。

確かに強制されるのはイヤだ。
それに、マスクができない、という人もいると思う。
例えばウチのツノちゃんとかも苦手だ。
カイなんかも苦手だ(それでも毎日の中で、特に強要はしなかったけどするようになったけど)。
でも、逆にこういう「ノーマスク」の人たちの存在って、そういう「マスクができない人」に対してもなんだか逆効果になるんだよ。

その辺、わかんないかな…。








ブログ用

(BGM:森高千里「ミラクルウーマン」from「ミラクルライト」)
→ミラクルライトというシングルのB面ということになりますが、「ミラクルウーマン」という森高さんの歌声がちょこっと乗るだけの、ご機嫌なリラックスナンバー。
こういうのB面に持ってくるセンスが好き。

エンディングテーマ


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ゴルゴ13のアニメのことについてはちょっと書いたんですけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5756.html)。
やっぱですね、主題歌、エンディングテーマがひどい。
前にも書いたけど、ゴルゴに「ボク」は似合わないし、「君と走り出したい」とか、そういうのはダメなんですよ。
もう、毎回ツッコミながらエンディングテーマとかを聞いてるんですけど。

で、アキがいいましたね。
「これさ、ゴルゴって、他になんか登場人物いないの?」と。
「え?」と。
「だってさ、だいたいエンディングテーマって、脇役の人が歌ったりするじゃん」
「あ~なるほど~」と。
なるほど~、というか、ゴルゴを「ひみつのアッコちゃん」のように思っているのか。
「ハクション大魔王」のように思っているのか、と考えるとちょっとそれはそれでどうかと思ったりはしたが、でもまあ、エンディングテーマで、そのパターンなくはない。

しかしどうだろう。
ゴルゴでまず「殺されない登場人物」がいるだろうか。
ハクション大魔王に対するあくびちゃんのような。
う~む…。
と思っていたら、思い出しました。
このオジさん。

gannsumi.jpg

ガンスミス(銃職人)ですね。
名前もあるんですね、デイブ・マッカートニーさん。
ゴルゴを長年愛している人にしてみたら、「あ~確かに!」とうなづいていただけるであろう。
ゴルゴの無茶な要求にも、毎回キッチリこたえてくる。
どこか、一匹狼の、プライド高きガンスミス。
しかし、なにかこちらが感情移入できる感じの「一般人感」もなくはない。
それはおそらく軽口を叩くところかと思うが、つい「何に使うんだい!」と聞いちゃったりして、「あんたには愚問だったな。聞かなかったことにしてくれ」みたいな。
でもまあ、腕は超一流。
なにせ、ゴルゴが信頼して仕事を任せているのだから。

こうなると、エンディングテーマを歌うとしたら、彼しかいないのではないか、と思えてくる。
ある意味、相棒ではないか。

というわけで、デイブ・マッカートニーさんが歌うとして、どんな歌になるか、考えてみる。

「オレは世界屈指のガンスミス」
→女房子どもがいるわけじゃねえが、そんな幸せ望んじゃいねえ。
オレの女房は銃なのさ、ああ、銃なのさ。
いつもニコニコ現金払い。
振り込みなんか信じちゃいない。
闇夜に生きるガンスミス、ああ、ガンスミス。

「ガンスミス・ブルース~おまえさんにゃあかなわない」
→いつもの無茶な要求かい。
正確に仕上げなきゃオレの身も危ない。
でも、そんな無茶な要求がきらいじゃないさ。
なにせ、オレは世界屈指のガンスミス。
そんなおまえさんにゃあかなわない、ああ、かなわない。

デイブの「そりゃ無理だ節」
→あんたプラスチックで銃身作れって、一発撃ったら終わりだよ。
あ、あんたにゃ二発目はいらねえか。
何に使うか聞かないさ、ああ、聞かないさ。
真空で撃てる銃なんて、あんた反動で飛んでっちゃうよ。
え?反動のない獣を作れって?
そりゃ物理法則無視してる、ああ、無視してる。

「オレは出っ歯のガンスミス」
→ちょっと歯が出たガンスミス。
それがオレのトレードマーク。
街で見かけても声かけてくれるな。
闇で生きてくガンスミス、ああ、ガンスミス。
歳も取ったがまだ現役、ああ、まだ現役。

どうだろうか。
これをきっちりアニメの声優さんに歌ってもらう。
曲はサザンあたりに作ってもらったらどうだろうか。
お調子のいい曲調にしていただいて…。

って、ダメだよなあ…。
だって、そもそもエンディングテーマがデイブさんだとしたら、主題歌はゴルゴに歌ってもらわなければならない。
そうなると、声優さんは舘ひろしさんである。
つまり「泣かないで」となる。

…あかん。
泣かないで、って撃っちゃダメだし、そもそも泣くとかそういうのはゴルゴには似合わないのである。
そもそも笑ったところを見たところもないが、泣いたところも見たことがない。
泣くも泣かないも、そういう感情を見せてしまったらゴルゴにはならないのである。

というわけで、ゴルゴのアニメ見て下さい。








ブログ用

(BGM:MOOMIN「栽培したい ~世界中で~」from「Rise Again」)
→まあ、歌詞としては「希望の種植えて生きがいになるような夢を栽培したい」ってことなんだけどね。
この人達のことをよく知らないけど、レゲのリズムで栽培したい、と言われれば、やっぱ栽培したいモノは決まってる気がするが、まあそういうダブルミーニングを歌詞に見いだすことができず。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE