FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「こっち側」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


あまり都内には出ないし、出たとしても車が多く、駅に行くコトってあまりありません。
時折、駅にいくと、なんか「世の中ってこんな感じなのかな」みたいなことを良くも悪くも痛感したりします。
つまりはまあ、世の中を知らないなあオレ、というか。


ラグビーW杯というのがあるそうですが、その運営でボランティアを募集する、と。
なんか、全国で一万人を集めようという規模らしいけど。

ま、五輪でもボランティアを募集するとかなんとか、巨大なスポンサー料を集めておいてボランティアかよ、とか、どうも大学にはその間休講にしろ、とか政府がいってたりするようで、「学徒動員かよ」みたいなツイートもずいぶんありまして。
確かに、通訳や薬剤師なんかボランティアで募集しないでちゃんとお金払ったらいいのに、と思うんだけど、その金、どこに行っちゃうんだよ、というのも含めて。

まあ、ツイッターというのは、同じ意見の傾向の人がタイムライン上に現れるから、それが世論ではない、というのは充分にわかったつもりではいたけど、それにしてもこの灼熱の中、ボランティアやる人いるのかよ…とか思ってたんです。
普通に考えて。

そしたら、どうも先行募集していたW杯の方、3万8千人の応募があったとか。
もう仰天しましたけど、つまりはまあ、そういうことですよね。

つまりはまあ、俺って世の中知らんなあ、と。


世の中の仕組みとか、資本主義とは何か、民主主義とは何か?体制とは?階級とは?なんてことを知らなくても、まあ人は生きているわけで、そして、それが大多数なわけだから、一生懸命「政権とは国民と対置する装置である」なんて言ったところで通じない。
W杯?やってみるか?みたいな人の方が多いわけだ。
テレビを見て、ああ、オリンピック楽しみだ、なんて人が多いわけだ。
というか、大多数なワケだ。
NHKが「五輪開催メリット」として「国威発揚」を一番にあげていたことへの疑問とか、そういうのもあまり感じないんだろう。

もっと言えば、五輪憲章に反することを堂々とNHKが発したところで、誰もなんとも思わない、のが、まあ国民なんだよね。
向こうサイドにしてみたら、隠す必要もない、というか。
容易いわな。

って、まあこの「向こうサイド」って言葉の意味もきっとわからないんだろうか。


話ちょっと戻しまして。

新宿駅の深夜近くには、ホームレスの人たちがたくさんいて。
猛暑の中ですよ。
夜になってもきっと地面近くは30度?いや、もっとなのかもしれない、というくらいのムンムンとした中。

寝る予定の場所にダンボールとかを敷いて、まあまだ人通りが多いからか、立ってる人もいて。
ぼんやりと行き交う人を見てる。

まあ、4割のホームレスの人が襲撃を受けている、というデータもありますから、うかつに寝れない、というのもあるでしょう。
暑くて横になれない、というのもあるのかもしれなかった気候だったけど。


それをまあ、疎ましげに見てるサラリーマンも多くて。
なんか、そっちにめげちゃったよ。

よくよく考えてみなさいよ、だって、そんな風に人が行き交う中、横になれます?
酔っ払ってるならともかく、そうじゃないんだよ。

なんでそう邪険にできるんだろうか。
というか、彼らを放りだしたのは、オレたちがいるこの「社会」なのに。
その反省は、その人たちにはないんだろうか。

いや、なにか活動しろとか行動しろ、ってコトまで言うつもりはないけど、「お休みのトコロすいません」くらいの感じはあってもいいと思うんだけど。

「こっち」にいる身としてはさ。


交番があって、なんか女性がすごく警官にからんでる感じで。
というか、きっと警官が連れてきたんだと思うんだな。
ちょっと確かに尋常じゃなかった。

道行く人が、「警官もあんなの相手にしなきゃならないなんてタイヘンだわ」とか笑ってて。

いや、警官もタイヘンだと思う。
でもさ、彼女、どう考えても、どう見ても行き場のない人じゃん。
正直、まともな判断ができるようにも見えない。
知的に障害があるのかもしれない。


そもそもさ、行き場があったらさ、警察にからまないよ。

累犯障害者って言葉があって、行き場がなくて、刑務所の方が暮らしやすいって軽犯罪を重ねちゃう知的障害者、というようなことだと思うんだけど、行き場がなかったらさ、そりゃさ、そうなるって…。

で、その行き場を作ってこなかったのはさ、オレたちがいる「こっち側の社会」じゃないさ。


それを嘲笑できる神経ってのが、まあわからないな、と思ったけど、つまりはまあ、その人はなにもわかってないんだ。

五輪憲章も、社会の構造も、何も知らないんだ。
そして、それが大多数なんだよね。


自分たちのやってることが、「こっち側」のマスターベーションにならないようにしなきゃならないな、とつくづく思った新宿駅深夜、でした。







(BGM:城卓矢「骨まで愛して」fromYOUTUBE)
→「生きてる限りはどこまでも 探し続ける恋ねぐら」
恋ねぐら!
というわけで、名歌詞だなあ、これ。
スポンサーサイト

底なしのバカ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


山本太郎議員が、国会のカジノ法案採決の時に「カジノ法案より被災地を」みたいな垂れ幕を掲げたことで、なんか懲罰を受けることになったとかいう記事を見ました。

あの大洪水の最中に宴席をやっていたとか、まあ、それはもう前からの日程だったのかもしれないから、一万歩譲ってしょうがないとして、じゃあさてその後対策を国会でやるのかと思いきやカジノ法案優先、というのが今の自民党政権の正体。

この流れは、事実。
どういうつもりがあろうが、事実。

しかもまあ、宴席の写真を議員自身がツイッターで楽しげに上げる、というばかばかしさ。
「(ありがちなパターンとして)赤旗がすっぱ抜いたのかと思いきや、自分で漏らすんだから話にならない」って誰かがツイートしてたけど、その通りで。
先に書いたように宴席はもうしょうがないとして、でもそれをなにもほぼリアルタイムで拡散する必要性はない。
洪水に流されそうになって、まんじりともしない夜を過ごした人もたくさんいるのに。

議員とは、そういうものだ。
コレが別に一般人だったら、その日に久しぶりの同窓会があって、楽しくてツイートしました、ってのはわかる。
というか、別にそれはそれでいい。

けど、議員とは、市民のために働く人のことだ。
だから、市民に生命の危機が迫ってる時に「いえ~い!」みたいなことは、市民のために働くことを放棄した、ってことになる。
いや、宴席を隠していたとしてもあかんことだろうけど、自ら「放棄してますよ~」ってばらすバカがどこにいる?
というか、もう市民のために働くことなど放棄してるんだ、こいつら。

じゃなきゃ、こんなコトするはずがない。
逆に、もう「国民のことなど知りませ~ん」「災害も自己責任でしくよろ」という意思表明をしたかった、というのなら、このツイートは理解出来る。
というか、そのほかの合理的な理由が全く見つからない。
ま、発信者がバカっていうのならわからなくもないが。


で、まあ、もちろんこの宴席は批判を受けましたよ。
当たり前です。、
で、国会が始まって、それをバカなりに反省してけんけんがくがく被災地をどうするかの論議をするのかと思いきや、カジノ法案ときたもんだ。

…底なしのバカかよ、と。


で、まあそれに業を煮やした山本議員も質問とかで言ってました。
カジノより被災地だろ?!と。

ま、至極まっとう、というか、普通です。
褒める要素すら見つからないほど普通のことを言ってる。
この発言を褒めたり持ち上げたりするほど国会が地盤沈下したとも思いたくもない、という感じですね。

でも、まったく政権側はそれに真摯に応えようとしない。
その結果、まああの垂れ幕になったんでしょう。


今は、冒頭のツイートするような底抜けに浅はかな人たちが政権を握っちゃってます。
しかも安定多数ときたもんだ。

少数派は、それでなくても意見を出しにくいのが現状。
場所がない、時間がない、テレビも政権の言い分ばかりを垂れ流すような状況ですから、どうやったら意見を表明出来るか?ってことを彼らも考えたんだと思うんですね。
それがあの垂れ幕、ということなんでしょう。


だいたいにおいて、多数派は少数派の意見を「出しやすい」状況を作らなければ民主的な運営ってのはできないんです。

例えば、身近なこと言えば、やっぱウチでも新人の意見は「出にくい」。
だから、とりあえず、どういう形ででも出してくれるように、議事とかとは関係なく、意見を聞く姿勢を持たなきゃならない、って思うんですね。
後から蒸し返すような意見だろうと、取り上げるには取り上げなきゃいけない、と俺は思います。
ま、取り上げる、ってことですね。
それを受け入れるかどうかはまた論議になりますけど。

後から蒸し返すような意見、を「民主的な手つづきを踏んでない」と言って切り捨ててたら、新人はもう意見言ってくれなくなりますよ。

というか、いやいや違うな、そういう手続き論をしたいんじゃなくてですね、そういう「雰囲気」を作らなきゃいけないと俺は思うんです。


でも、この垂れ幕を多数派が懲罰の対象にするってのはね、実際に国会できちんと真摯に対応してるのならともかく、「私はカジノの担当ではなくIRの担当です」なんて「ご飯論」ですり替えて、最終的には強行採決でしょ。
そりゃね、民主主義的な手続きを放棄してるのはどっちだ?って話になりますよ。

多数派はね、もっと大きく構えなきゃダメなんですよ。
今の政権は多数派なのに、肝が小さすぎる。
「よっしゃよっしゃ、意見を聞こうじゃないか」でいいじゃないか。
「まあ、いいじゃないか、言わせておけば」でいいところ、必死に懲罰を持ち出すなんて、多数派のやるこっちゃないですよ。
それすらしないんだから。

底なしだよ、底なし。
つまりはもう意見を封殺する、論議をしない、という姿勢でしかないわけだよね、この懲罰。
これはもう独裁です。
自ら国民のためには働かないも~ん、と拡散し、少数派、反対派の意見はスルーし、垂れ幕も懲罰、なんてのはね、事実上の民意、それも特に反意への封殺です。
ついに来たか、って感じがして、俺はこの記事、すごい怖かった。


多数派がきちんと少数派の意見、反意をとりあげる雰囲気を作り上げてさえいれば、テロも半減するんじゃないでしょうか。
結局の話、封殺、排除が、テロを生むんだから。
人を傷つけるテロがいいとは全くもって思わないし断罪されるべきだが、その原因を作り出している多数派、世界の警察だとかいう国もきっちり断罪されるべきだろう。

荒谷二中の先生方が最初からちゃんと加藤たちの話を聞いていれば、放送室に逃げ込むなんてことにはならなかったわけで。
金八先生もその後の会議で「法に触れさせた側の責任はどうなるんですか?」と説いてましたね。

いや、ま、金八2を出すまでもなく、なんでこんなにセコいことになってしまったんだ、って話。
もっと大らかにいろ多数派自民党よ!





(BGM:和泉雅子 山内賢「二人の銀座」fromYOUTUBE)
→山内賢さんが歌が上手い!
そして男前!
強弱とかがはっきりしてていいなあ。
歌唱指導、という言葉が浮かぶイカした昭和歌謡。

ウィンウィンってなんだよ…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、近所のショッピングモールに、いつ行っても行列ができているお店がありまして。
食べ物屋さんですね。
一見して、もう「おしゃれ」いや、「しゃれおつ」というか、「オサレ」というか。

ま、そんなに行列に並んでまでも行きたい感じではない。
そもそも、おしゃれな店には何かわからないがアレルギーがある。

が、たまたま午後の2時すぎか、しかも平日、そのくらいに昼飯を食べるか、となって、アキとどこに行こうか考えていたら、その店がすいてるわけ。

あ、すいてるじゃん、と。
平日で昼とかだったらすいてんだ、みたいな話になって、行くことにしました。

いや、「そんなに混んでいる」原因を知りたいとも思いました。


行ってみれば、というか、近づいてみるとハワイアンの店で、パンケーキもあるしステーキ的なモノもある。
明るい店内。
確かにビーチっぽいかもしれない。
へえ~なるほどね、となりまして。
まあ、行ってみますか、と。

店内を見回すと、まあ時間も時間ということもあり、パンケーキを頼んでいる人が多かった。
ウェイトレスさんがやってきて、メニューの説明をさせてもらえますか?と。
あ、そう、と。
で、コレが一番人気です、とか、今日もオムレツは何々です、みたいなことをしゃべっているようで、いや、もう何も入ってこないの。

聞く気がなかったというわけでもないんだけど、もうなんか、言葉に力がない。
メモを蕩々と読んでる感じ。
というか、何も読んではいないんだけど、暗記したモノを必死にそらんじてる感じ。

そういうのって、もう入ってこないわけ。
彼女は、俺たちに言葉を届けようとしてるのではなく、マニュアルで発声してるだけ。

で、まあしょうがないから、あ、終わったの?ありがと、みたいな感じで。

で、この店のパンケーキというのが、ホイップクリーム的なモノがものすごく鬼のように突っ立ってる、というのが売りらしく。
じゃ、まあそれ頼みましょうか、となり。

お飲み物はよろしいですか?と聞かれたんだけど、いや、いいです、と。
だって、なんかもうなんとかドリンクとか、よくわからんし。
そんな甘い物を食べるんだから、甘い物飲みたくないし、水でいいし、とか思いまして。


で、そのパンケーキがやってまいりました。
確かに山ですね。
クリームが山になってる。

確かになあ、これは楽しいわ、と思っていたら、なんか持ってきたウェイトレスさんがなんか言ったんだよ。

パッと言ってることが理解出来ず、「え?」と聞き返すと、「このパンケーキをバックにお二人のお写真をお撮りしましょうか?」というようなことを言っている。

言ってる意味がわかっても、何を言ってるかよくわからない。
「え?」と一瞬、考えました。

で、気づきました。
あ、これ、インスタ映えというやつか、と。

「あ、けっこうです」と丁重にお断りし、いや、ちょっとアキと苦笑いしちゃいました。


おそらく、この写真を撮って、インスタに上げる。
それは、このお店の宣伝にもなるわけですよね。
だからまあ店員さんはそう言ったんでしょう。
というか、「撮ってください」とあまり言われるんで、いうようになったのかもしれません。

でもさあ…。

まず、このパンケーキを「写真に撮るだけの価値があるモノかどうか」というのは、客サイドが決めることで、お店の人に「撮りましょうか?」って言われる筋合いはないわけ。
というか、そこまで自信あるわけ?
ちょっと言ってて恥ずかしくない?と思って、なんかそのウェイトレスさんに同情しちゃいました。


いや、おそらくですね、これ、「このすごいパンケーキを撮ればあなたのインスタもいいね!がたまるし、お店も宣伝になるし、ウィンウィンですよね」みたいな、そういうね、「へんてこなウィンウィン」を押しつけられた気がして、なんかちょっと気恥ずかしくなりました。

いや、別にいいね!いらねえし、そもそもインスタ映えって何だよ!という俺らに対しても彼女はマニュアルとして言わなきゃならんのか、と思うと、なんかなあ、と。


いや、料理はとてもおいしかったし、パンケーキもおいしかった。
値段もよかったですが、おいしかったので、それはいいんだけど。


帰り際に「ま、おいしかったけど、一回来れたから、もう次はいいかな~」とアキが言っていて、激しく同意したのでした。






(BGM:中井貴一「君はトロピカル」fromYOUTUBE)
→もう、完全に中井貴一さん以外の何物でもない歌声、あたりまえなんだけど。
どうして、これを吹き込もうと思ったんだろうか。
「ワハ~ン」というもだえ声?が最高にいかしている。

もう後悔したくない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


人が死んでしまってから、「あれ?もっとあの人と飲みに行ったりすればよかった」と思うことがあります。

俺は、そもそもがあまり人付き合いがいい方ではないので、けっこう付き合いが広くないし、新しく仲間になる、みたいなことってのが基本苦手。

ちょっと顔見知り、顔を知ってる、みたいな場合、挨拶されてもなかなか上手く返せない。
変なことを言っちゃったりして(と俺がきっと思い込んでるだけかも)、あとですげえ後悔したりします。

だから、話しかけてくれるのはありがたいんだけど、なかなかこう上手く返せないというか、どうしたらいいかよくわかんなくなっちゃって、素っ気なくなっちゃうコトが多くて申し訳ないんですけども。
しかもまあ、どうも俺は基本「厳ついタイプ」らしく、怖く見えちゃうんだろうか。
ごめんなさいね、としか言いようがないんですが。
そんな気は本人はないんだけど、生まれついてこの顔なんで。

回りに人がいれば、まあその人が代わりに喋ってくれる感じがあって。
俺がまあ一人、ってことはあまりないんで、そこはきっと相手方も感じてくれるんだと思うんです。
「あ、こいつは話してもダメだな」みたいな空気。
それはもうありがたいというか、直感してくれてありがとう、ということになりますけど。

で、回りの人がまあ対応してくれる、という感じで毎日やっております。


それでも中には、それを感じてもなお、なのか、感じないのか、ぐいぐい俺にくる人、ってのがたまにいて。
それがまたちょっと苦手で。

つまりはまあ、チャビみたいなのが苦手なんですね。
彼女はもういいんですけど、彼女と遠い位置にいて彼女と話す、となったら、もう俺ひいちゃうな、みたいな感じ。

彼女は誰とでも仲良くなっちゃうでしょ。
事務所に来た工事の人とも、「え?なに?お酒飲まないの?」なんて話しててびっくりするんだけど。
いつ仲良くなったんだよ…、みたいな。

チャビが仲間でホントによかったと思うんですけど。


で、まあそういう感じで来た感じの人がいて。
先日、ちょっと前になくなったという連絡がありました。

特につながりがあったわけじゃないんだけど、今考えると、ちょっと面白いおじさんだったよな、って思って。
あ、もっと話しておけばよかった、ってその連絡を聞いた瞬間に思いました。

逆に、飲みに誘えば来てくれただろうになあ、と。
なんか、彼の生前はそういうことを思わなかったな、とか思って。


やっぱもっといろいろ話さなきゃな。

俺はそもそも人の話を聞くのが苦手かもしれない。
自分のことばっかり喋っちゃう。
遮っても喋っちゃってるな、と思うコトがあって反省してるんだけど。

人生、一度しかないんですから。
そう考えたら、それが交わるってのはなかなかね、ないことだし、ぐいぐい来てくれたというのは、交わりたかったということなわけで。

なんでそれに応えなかったんだろう、と思うと、なんか申し訳なく、そして自分も悔しい気持ちになりました。


俺の場合、必要があっても話さない、みたいなこともあって、なにも意地悪してるとかそういうことじゃないんですが、自分にとってすごいそれってハードルが高いんですよ。
でも、「高いから無理」みたいなことを言ってると、やっぱ後悔するんだな。

今年ももう半分過ぎましたけど、今年のこり、飲み仲間を増やそう。
現実問題、飲みに行く時間もなかなかとれないんだけど、でも、増やそう。

なんか、もうあまり後悔したくない。





(BGM:中島らも「いいんだぜ」fromYOUTUBE)
→これは曲としては簡単な作りだけれど、歌詞が素晴らしすぎる。
作家さんらしいといえばそれまでだけど、これはイイ。
こういう曲が世の中に溢れる時代にしたいものだ。
とりあえず、カバーしたい気分だ。

THAT’S J-POP!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、というか、かなり前です。
ちょっととあるライブで思いましたことがあります。
「よくある歌詞」ということについて。

例えばこんなの。
とある方が歌っていた歌詞のフレーズで印象的だったのを、その場でメモしました。


笑いかたを忘れそう
大きな愛に包まれて
かすかに笑えた気がした
二人してバカみたいだなって笑ったね
思い描く未来
僕のことをわすれても構わないよ
君が町を出ていく
ほんとはさみしがりや
いつからか愛してるって言えなくなった
消えていった町並みを見つめて
言葉にならない感情
色褪せていく風景
世界の裏側で
思い出が走馬灯のようになって僕を苦しめる
僕らは昔話を始めた
そして、僕らは少しだけ笑った
思い出が走馬灯のようになって僕を苦しめる
オレたちはどこまでも行けると思っていた
何度も何度でも
切なさが胸の奥で弾けた
悲しみが僕を包み込んでしまうその前に


ぎゃはははははははははははは。
いやいや、笑っちゃいかん。
こうした歌詞に支えられて歌謡曲は莫大な利益を上げているのである。
それが、日本の歌謡文化を支えているのだから、馬鹿にしてはいけない。


って、しかし、このいくつかの文字列を並べると、「世界の裏側で」っていう歌になります。


「世界の裏側で」

世界の裏側で
僕らは昔話を始めた
そして、僕らは少しだけ笑った
オレたちはどこまでも行けると思っていた

君が町を出ていく
消えていった町並みを見つめて
色褪せていく風景
思い出が走馬灯のようになって僕を苦しめる

いつからか愛してるって言えなくなった
切なさが胸の奥で弾けた
思い描く未来
笑いかたを忘れそう

僕のことをわすれても構わないよ
ほんとはさみしがりや
二人してバカみたいだなって笑ったね
何度も何度でも

大きな愛に包まれて
かすかに笑えた気がした
二人してバカみたいだなって笑ったね

言葉にならない感情
悲しみが僕を包み込んでしまうその前に


ね。
なんか、J-POPになったでしょ?

これ、実際に、とある方の数曲の歌の中で気になったフレーズを取り出して、それを組み直したわけで、いや、すげえでしょ?

っていうか、別に「世界の裏側で」、じゃなくてもいいんです。
順序変えたら、違うタイトルでもいけます。
っていうか、このままでも別に「世界の裏側で」ってタイトルである必要もありません。


ま、もう何が何だか、別にいいたいことなんか何もないのに、歌詞ができあがる、この不可思議。
逆に言えば、どこからでもどの角度からでもどうとでも感情移入出来るんだよね、このフレーズ群。

「よこはまたそがれ」ですね。
それでも売れる。
売れりゃいいんです。
というか、売れれば天下なんです歌謡界。
とりあえず売れなきゃ意味がない。


だから、別にこういうのを否定してるんじゃないですよ。
あるんです、こういうのは。
そして、どっからでも、どうとでもとれる、ってのはある意味、デカい数相手にするには重要なんですよ。
それはそれですごく才能だとも思います。


ただね、まあ俺はこういうのはちょっと作れませんけど。
ってか、作りませんけど。






(BGM:のこいのこ「運の悪いヒポポタマス 」fromYOUTUBE)
→子ども番組で「運の悪いヒポポタマス~」と歌われても、ヒポポタマスとは何か?子どももひっかかったろう。
とにかく、ヒポポタマス、ってところが早口っぽくてなんかステキなんだな、これ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE