FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

帰る場所がある


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


まあ、どうなんでしょうね。
タイから帰ってきて、もう渦潮のように予定に絡め取られている昨今です。

でもね、まあ帰ってきた翌日は井上達がアキのところに集まってきたりして、いやあ、帰ってきたなあ、って気がしましたね。
ホッとした。
なんていうんだろう、「帰る場所がある幸せ」というか。

帰属感、って言葉があるけど、これがとても重要だって俺は普段思ってて。
それは井上達だけじゃなく、俺たちもそうなのよね。

「帰る場所がある」
このことだけで、人はなんとかなるんじゃないか、って。

場所ってのは、まあ人の集まり、ですけど、そういう仲間がいる、というか。
自分がまず、他の人の帰る場所になる、というか。

先日、サンゲン会、ってのをやったんだけど、これは市丸たち抜きの飲み会で、三ヶ月くらいに一度やってんだけど。
飲み会は数あれど、まあ自分としては、ここがホームだな、と思ってて。

そういえば、この仕事を始めた時、大学出てすぐくらいだから、もう30年前になるけど、もう毎週飲みに行ってたなあ~って思い出す。
三原や竹脇やよしをという、俺の大学の先輩、同窓生、後輩、というメンツで。
彼らはみんな学校の先生だったわけだけど、よくまあ付き合ってくれたよな。

俺は赤い羽根の人が金を持ってくるような生活をしていたから、たいがいは彼らが飲み代を払ってくれていた。

それから30年経って、彼らとサンゲン会、って名前で飲み会をやってるわけだけど、人数も増えたし、なんか仕切りもいつの間にかアキになってる感じになってきたけど、この飲み会の日は、俺は一気にあの日に戻っちゃう。
青春、というか。
気が楽だし、下っ端感で飲めるというか。

今はもう忙しいから、そりゃ毎週は飲みには行かないけど、俺にとってはとても大切で。
こんなに長く、彼らと一緒に飲める幸せ、というのを、ホントかみしめてるわけです。
思い出を語るんじゃなくて、今をまた語り合えるって、すげえなんかありがたい。

「遊びも仕事も全力で」とかって、まあウチのことをよくいうけど、俺自身もそういう毎日を送らせてもらってて、こういう飲み会をとても大事に思っています。

イマドキは、おそらく人との距離感が昔の俺たちよりもずっと遠くなってて、俺たちのようなある意味「ベタベタした」関係、ってのは流行らないのかもしれない。
でも、やっぱ人は他人に支えられて生きてるんだよね。
支えてくれてありがとう、俺も支えるよ、っていう時に、距離感が遠ければそりゃちょっと違うよな、とも思うんだわ。

「ズカズカ踏み込んでこられたくない」って気持ちはわかるけど、でも、そうしなきゃ救えない、ってこともあるじゃない。
特に俺なんかはもう当時けっこうボロボロだったから、彼らにいろいろ言ってもらったりして、お金を払ってもらって、本当に助かったよ。

ま、人にもよるし、その人の人生の考え方によって違うんで、そりゃそれを押しつけようとは思わないけど。
でも、俺はとても幸せだし、みんなにありがとうをいいたい。
今度は、俺もありがとうを言われる人になろうと思う。

で、同窓生の竹脇に言ったんだけど。
竹脇はまあ、偉い先生なので、講演したりもしてたり。
若い先生からのリスペクト感がすごくある人で。
俺には誰も後輩はついてこなかったが、竹脇にはすごくフォロワーがいて。

ちょっとまあ、彼、家庭的なごたごた、っていうか、別にごたごたではないんだけど、いろいろあって。
ここ二回くらい参加できなかったりもしてて。
なんで言ったんですよ。
「お前な、自分が辛い時には、辛いって言え」
「だって、お前、若い子にそう言ってるだろ?自分が言わないでどうする?」って。
そしたら「そうなんだよな、俺の悪いところだってのはわかってるんだけど…」なんて笑ってたけど。

全力で仕事して、全力で遊んでればさ、そりゃね、辛い時もあるでしょ。
特に体力面。
俺らも50を過ぎたわけですから。
そりゃ、体力もなくなるわ。
竹脇なんかマジメだから、すごく勉強してるイイ先生だと思うんだけど。

だから、もうね、辛い時は辛いって言うがイイと思うんですわ。
わかった、じゃあちょっと休め、とか、飲みに行くか?みたいにもなろうかと思うんだけど。
そういうトコロから始まる気がするというか。

それがなんか、いつの日かホームになるんじゃないかな、と俺は思うわけです。

なんで、次回はあなたの「辛いぜ!」を持ちよって、ぜひ参加してみてください。
来年になるけど。










card1

shisetu.jpg

げすいい

(BGM:D.O「イキノビタカラヤルコトガアルNEVER GIVE UP」fromYOUTUBE)
→震災を歌った歌なんだけど。
この人は捕まっちゃうわけだけど、まあ、どうなんだろうな。
犯罪はよくない。
けど、どうなんだろうな、作品は作品で素晴らしいと言いたい。
スポンサーサイト

タイに住みたいくらいの気持ち


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、タイに行ってきたんだけど。
タイで働いている息子が現地の彼女と結婚するとのこともあって、向こうのご家族とも食事をしたりして。

といっても、かしこまったものじゃなく、なんかディナークルーズを予約してくれてて、歌手の人がいたりする。
で、一緒に踊ったりして。

なかなかどうして、まあ素晴らしい感じのご家族でありました。


彼女はというと、とてもまあ真面目な、日本に来るとしたら、学位をとりたい、とか言ってて。
で、自分らしい仕事、自分らしい生き方がしたい、と。

彼女自身はタイでの学位はあるんだけど、彼女に言わせると、タイの学位は日本の同じ学位に比べてやっぱレベルは低いんだ、と。
だから、日本で同じ仕事をしようとしたら、やっぱりもっと勉強しなきゃ、って思ってるらしくて。

こちらはアキと娘ふたりと俺の従姉妹と5人で行ったんだけど、とてもいい感じに仲良くしていただいて、本当に感謝なんですが。
でもまあ、こちら5人ともタイ語はもちろん、英語もほぼおぼつかない、という有様。
息子に通訳してもらって話をする感じなんだけど。
「ごめんね、英語もできなくて」というと、「大丈夫です!私、もっと日本語勉強しますから!」とか、キラキラした目で言ってくれて。

なんだかもう、すごく明るい。
そしてひたむき、前向き。

そしてまあ、どうでもいいんだけど、美人。
すげえ美人で、映画に出てくる子みたい。
ここで写真をお見せ出来ないのが残念です。
自慢したいので、写真はまわりのみんなにはどんどん見せておりますが。

ま、国際結婚。
それ自体がまずチャレンジなんですよね。
にもかかわらず、勉強したい、とかさ、すげえな、って。
愛のチカラって、すごい。


日本にはあこがれがあるようで、でも、正直、俺やアキにしてみたらタイの方がだんぜん魅力があって。
日本に来てガッカリしなきゃいいな、とか思ってます。

今の日本、どうでしょう。
人を蹴落とす社会。
自分さえよければ、の社会。
ネトウヨだかなんだか、他国の人を排斥する社会。
なんだかもう、「日本は進んでる」とか「日本はいい国」とか言われるたびに恥ずかしくなりました。

そりゃ、タイは道は汚いかもしれないし、屋台もすごくて、まっすぐ進めなかったり。
信号は無視するし、外国人は道を渡るにもタイヘン!みたいな。
トゥクトゥクには7人で乗るし、タクシーにも6人で乗るし、つまり運転手入れて7人乗って、みたいな。
まあ、決死隊みたいな、ミッションインポッシブルのトムクルーズの気分でしたけど。

でも、なんかみんな明るかったし、力強かった。
人を蹴落とすんじゃなくて、みんなで力強い、って感じがして。

目が見えない感じの人がギター弾いて歌ってたり。
それも道ばたの屋台に同化していて。


なんだろう、多様性ってなんだろう?っていう。
結局、道をキレイにして、誰かを追い出してるんじゃしょうがないじゃん、というか。
みんながそれぞれ街にいてイイ、ってのは、清潔な街じゃないと思うんだよな。

山谷でカイが生き生きしてたことをなんか思い出した。
つまり、あの街をキレイになんかしちゃったら、カイの居場所は大阪にはなくなるんですよ。

誰かにとって気に入らない、ってのはあるんだと思う。
でも、それを一方的に道徳を振りかざして変えさせちゃうのは、多様性でも何でもない。
気に入らない、を受け入れる、ほっとける、のが多様性であって、「みんな同じにする」のが多様性ではないわけでしょ。
タイの街は、なんだか、みんなが、それぞれ住みやすい街だったように思えた。


んなことを考えていたら、タイの死体写真のパブリック度は高い、って話を思い出して。
死んだ人もなんか別に忌み嫌うとかじゃなくて、共存出来る感じがある、というか。
それって、死んだ人も生きやすい街、ってことなのかなあ、とか思って。


いや、なんかまた行きたいよ。
そしてタイ語をもっと勉強したい、って俺はすごく思った。

タイに愛を感じたのかもしれない。









card1

shisetu.jpg

げすいい

(BGM:MARIA from SIMI LAB「SPASA」fromYOUTUBE)
→このパーティ感、音楽としては嫌いじゃないです。
ただまあ、このノリの中に入ったらどうかと言われたら、ちょっと居心地が悪い感じがします。

ヘパリーゼ地獄


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


おいおいおい、と。
いや、まあ、こんな話で。


外国にいる息子のところに行くにあたり、ヘパリーゼという錠剤を一瓶買ってきて欲しい、とメールがありまして。
まあ、他にもセンベイだとか、日本の菓子的なものを頼まれたりもしましたが、その中の一つが、ヘパリーゼ。

ふむ。

なんか、滋養強壮みたいな?
そういう錠剤だというコトらしいんだけど、俺はよく知らない。

で、息子から来たメールには「ヘパリーゼG」という瓶の写真が添付されてまして。

ふむ。

じゃあ、ドラッグストアに行けばあるだろう、と思い、行ってみたところ、なんと「ヘパリーゼGX」というのしかない。

ええ?エックスついてるやんけ、と。
とはいえ、まあ、これでも似たようなもんだろうし、なんかX言われると改良された感もある。

これでいいかなあ、とは思ったモノの、いや、やっぱ外国に住んでる俺に頼むくらいだから、Gじゃなきゃダメじゃないか?と思ったんだけど、その店にはないんだわ。

ふむ。
困った。
で、その日はスルーしまして。

他の日にまた機会あったんで、他のドラッグストアに行ったところ、ありましたありましたヘパリーゼ、と瓶を見たら、

「ヘパリーゼS」

ぎゃははははははははははははははははははは!
冗談だろ、おいおい。
ふと見ると、全く違う感じの箱で「ヘパリーゼプラスなんたら」ってのがあったが、Gではない。

困った困った。
Gがなかったとしても、少なくとも、SとGXを比べた場合、GXの方が近い感じがする。
しかもこの店にはGXがないじゃないか。

と思って、この日もスルーしまして。

で、また別の店にいったら、ヘパリーゼが並んでおる!
よし!と思ったら、「ヘパリーゼHS」!

ぎゃはははははははははははははははははははははは。
おいおい、と。
Gから遠くなってるがな…。
いや、SHだったかもしれん。
で、この店にはGはもちろん、GXもないし、Sもない、と。

いや、よくよく今考えれば、類似品だった気もするが、あまりに箱的には何もかにもが一緒だったぞ。

というわけで、もうどうにもこうにもヘパリーゼ地獄に陥ったわけですが。
なんでしょう、これ。
ドラッグストアチェーンによって、置くヘパリーゼは変わるんだろうか。
なんか理由でもあるのかな。

ま、いいんですけどね。
いや、世の中まだまだ知らないコトばかりだなあ、って話なんですが。


いや、しかし、そんなこんなで、この記事がアップされる頃にはもう日本に戻ってきてるはずですが、アキと娘と従姉妹も一緒に行ったんだけど(娘たちは日本にいる)、飛行機とかは俺が手配したんだけど、その時間とかをメールとかで送るんだけど。
集合時間にも関わるし、けっこう重要な事項ですよ、この辺。

一気に、みんなのアドレス入れてメールすんだけど。
すると、まあ長女からは返ってくるのに、次女からは返ってこない。

二三日してやっと、「ごめ~ん、最近メール見てなくて」って書いてありましたけど、「じゃあ、お前は携帯で普段なに見てんだよ!」って気持ちになりますが、なにやら、ライン?だとかなんだとか、「お父さんの方こそラインやってよ」と。

知るか!。








(BGM:ベッツィ&クリス「花のように」fromYOUTUBE)
→この外人に日本語で歌わせるシリーズ、昔はなんだかなんでしょう、英語コンプレックスというか、白人コンプレックスの裏返しだったのか、よくありました。
ちょいちょい日本語が不安定で、逆に歌詞が残ってしまう感じも売れる秘訣だったのかもしれない。
勝手にシンドバット効果というか。

怒りの矛先は好き勝手やってるヤツらに


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、コンビニに行ったら、現場風の若い子と店員がもめていました。
もめていたというか、いや、大声を出すとかじゃなくて、静かに若い子が困ってたというか、とにかくレジで時間がかかってたという感じなんだけど。

俺は後ろに並んでいたので、そのやりとりが良く聞こえてきまして。

若い子は、どうも現場で頼まれたのかなんなのか、その領収書がほしい、ということを言っていて。
ま、だったら店員もそれに答えればいいんだけど、よくあるじゃないですか。
レジからズズーッと出てくるレシートの続きみたいな領収書。

それを店員は渡したらしいんだけど、その若者は言うわけ。
「こういう領収書じゃなくてさ。品物の名前とか書いてないの?書いてるのじゃないと受けとっともらえないんだよ」
で、さかんに「これじゃ困ったな…」と大声を張り上げる出もなく、繰り返し、まさに困っていた感じ。

だったらきっとそもそもが紙の領収書もあるだろうに、とか思ったけど、店員は「それしか出せない」みたいなマニュアル対応。
もう平行線です。
なかなからちがあかない。
というか、二人で困ってる。
他にも店員はいたんだけど、助ける感じもなく。

で、まあ若い子の方が折れたというか、あきらめて出て行ったんだけど。


これね、まあ想像ですよ、想像。

でも、おそらく領収書、但し書きがあったり、商品名が書いてあるものじゃないと、その現場では受け取ってもらえない、ということなんだろうか、というのは明らか。
そうなると、この若い子の負担になってしまうなあ…。
そりゃ困るなあ…。

じゃあまあ、今までどうしてたんだ、って話もあるんだけど、その辺はよくわからないけども。
というか、逆に「コンビニで(受け取ってもらえるだけの)領収書を書いてもらうのは難しい」ということがわかっていたから、この若い子に頼んだのかもしれない…。

となると、もうそれはブラックそのものだなあ、とか思ったり。
ま、あくまで想像ですよ、想像。


きっとこの若者は、「しょうがねえなあ」と自分で払ってしまうかもしれない。
そして、コンビニの対応は確かにマニュアル一辺倒で褒められたものじゃないが、コンビニを怨むかもしれないし、受け取ってくれない上司を怨むかもしれない。

そりゃ、ちょっとそうなるよな…。
同じ若い奥さんに愚痴って酒飲んで忘れるか、しょうがねえか、って。


時同じくして、こんなニュースがあって。
毎日新聞のサイトからですけど。

平井卓也・科学技術担当相(60)=衆院香川1区=が、昨秋の衆院選に伴う選挙運動費用収支報告書に、宛名のない領収書61枚、計約700万円分を添付していたことが毎日新聞の取材で分かった。うち27枚はただし書きも空欄だった。宛名がない領収書は支出額の5割近くに達し、専門家は「支出主体や使途が分からないものは領収書と言えず、公職選挙法に抵触する」と指摘している。

…おいおいおい、と。

ってか、そもそも、こういうのが閣僚にならないと出てこないというのがまずおかしいわけだけどもな。
そんな領収書を選管は受け取っちゃうわけ?みたいな。
おかしいじゃん。

とまあ、それはおいといて。

こういうの、議員がやってる、閣僚がやってる、じゃ、ダメでしょう。
なのに、なんで現場の若い子が必死にコンビニで食い下がらなきゃならんわけ?って話ですよ。

それともなにか?
議員や閣僚になったら「やりたい放題です」とでも?
議員ってなんだよ?????


というわけでね、この若者。
ぜひさ、怒ろうよ、この議員にまず!

言わなかったけど、そう思いました。








(BGM:Belle(ベル)「コーヒー一杯の幸福」fromYOUTUBE)
→元恋人と会った感じの。
いわゆる男が情けないアレです。
「手紙一つも僕に なぜ書いてくれなかったの 過ぎてしまったことだけど とても悲しかったよ」
…もうええ…。

霊が実在するという前提、なのか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


菅野久美子さんの書いた「事故物件めぐりをしてきました」、森史之助さんという人が書いた「事故物件に住んでみた」を読んでみたわけですが。

事故物件、というのは、まあ平たく言って、事件とか自殺とか、そんなことで人が死んだ部屋、みたいなことですか。

まあ、どうなんでしょうね。
不気味ではあります。

霊というモノが存在するとするならば、確かにそこには、この世に未練を残した霊が存在してそうだし、後から住んだ人を自殺に追い込みかねない、という気もしてきます。
そうとうな恨みを持ったまま死んだかもしれない。
そう考えると、ちょっと恐ろしいモノがあります。

今は、大島てる、とかいうサイトがあって、事故物件を明確に地図にしている。
というのも、事故物件は隠されがちである、ということなのだろうと思われる。

事故物件というのは、専門用語?で「瑕疵物件」というらしいけど、一つ次の入居者まではその告知の義務はあるモノの、その後はないらしい。
だから、事故があったらとりあえず担当する不動産やの社員なんかを形式上住まわせて、数ヶ月したら入居者を募集する、ということもあるらしい。
つまり、霊ロンダリング、みたいなことだろうか。

それでこの世に自殺するほどの恨みを持った霊がいなくなるとは思えないが、そうやってまあ、「告知義務」だけは免除される、という仕組みである。

それをまあ「悪徳」というか、どうか?

そもそも、世の中は「霊などいない」という建前で回っているから、そもそもこの「間に入居者一人入れればいい」というのも悪徳と言うより、「霊がいるかもしれませんし」という「親切な人」という気もしなくもない。

ただまあ、この告知義務も、そもそも霊の存在を認めてそうしてるわけじゃなく、「気分悪いでしょ?」ということなのだから、まあなんだか回り回って何が何だかもうわからない。
でも、よくよく考えれば、それもそもそもは「霊が残ってるかもしれないし」みたいなこと、って気がしなくもナイ。
ま、よくよく考えれば、物件に限らず言えば、長い歴史の中、人が死んでない土地などなかろう、って気もする。

まあつまり問題は「霊がいるかどうか」と、「霊はその部屋に残るのか?」という部分なんだけれど、その部分がもうなんにしてもなにもわからないので、まあ、周りでみんなでうろうろしてる感じがします。

本当に霊がいるとしたら、もうこの世は霊でいっぱいであろう。
霊も、いい具合に、例えば50年で消える、とかいう寿命があれば別だが。
でも、よく落ち武者の霊は目撃されるが、縄文人的な人の霊、というのは聞いたことがナイので、霊にも寿命があるのかもしれない。

どっちにせよ、まあ部屋どうであろうと、その土地では必ず誰かが死んでる、といって過言ではないはずで…。


さて、そんなわけで、みなさんはどうでしょう?
例えば、瑕疵物件、UR言うところの特別募集物件、というヤツですか。
10万円の家賃のところ、5万円でいいですよ、となったら?

実際、この人たちはその物件に接してるわけだけれど、特に取り憑かれて自殺をしているわけじゃない。
でも、不幸が連鎖する物件も確かにあるにはあるというのがこの本からわかる。
下の階の人から「ずるずるとものを引きずる音がうるさい」などと、全く身に覚えのないことを言われたりはするようだ。

ふむ…。
こうなると、なかなかに難しい選択である。
ギャンブルである。
不幸が連鎖するといっても、本人が死ぬんじゃなくて、友達が泊まりに来たら死んでた、とかいうこともあったりするらしいし、その部屋ではないが、隣の部屋で入居者本人じゃなく、訪ねてきた人同士で事件を起こした、ということもあったり。

つまり、自分の内なるチカラと事故物件の闘いであるのかもしれない。
そうなると、自分の内なるチカラがどの程度かわからないし、中にはもう入居しなくてももらい事故のように、その部屋に訪ねていっただけで事故に遭わないともいえないのである。

というのも、それもこれも「霊がいる」という前提ではあるんだけど。
霊はいなくても、「霊がいる」と信じる人の心がそれを起こしているのかもしれないけど。

さて、そんなことも含めて考えた場合、どうしますか?
住みます?
安いですよ?

ということなんですが、まあわざわざそんなギャンブルをしたくはないよな。
霊がいようがいなかろうが、それを信じようが、なんかちょっと信じちゃうかもしれない気持ちがある限り、やっぱ避けますね。

中には、もしかしたら例えば多少、床が斜めになってる、みたいなことで、精神が不安的になる、んで自殺に追い込まれちゃう…、みたいな物件もあるのかもしれないな、とか思いますし…。









(BGM:夜叉「One More Chance~孤独の賭け~」fromYOUTUBE)
→「ワンモアチャ~ンス!」っていう、「チャ~ンス」の部分のシャウト&エコーが哀しい感じをすげえ出してます。
歌謡曲とロックの間、歌謡ロックみたいな。
この路線、キライじゃないですけどね。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE