FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

脳トレ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





よくオカルト系の動画ってのがありまして。
昔だったらVHSとかで発売されてたりして。
読者、いや、視聴者からの投稿で成り立ってる、みたいな体の。
今はもう配信、みたいなことになってるわけですが。

これ、ルーツは心霊写真だったんですね。
それが本に載る、みたいな。
読者から投稿された心霊写真を使った本、みたいな。
故中岡俊哉先生の「恐怖の心霊写真集」とかって新書版の本とかありました。

ま、俺は楽しんで読んでました。
とはいえ、そもそも白黒だったり、というか、俺が小学生の低学年くらいまでは白黒写真とか普通にありましたからね、しょうがないと言えばしょうがないんですが。
同時にそれを当時の印刷技術で再現するわけなんで、もうよくわかんないわけです。
みんなで「どこどこ!」なんて言ったりして。
「ここだよー!」
「○○ちゃん、霊能力あるんじゃない?」
「ええー、怖いよ~」みたいな。

ま、そのくらい薄ぼんやりしてたわけです。
でもまあ、白い修正液のようなもので霊が書かれていたりして、「え?これが?」みたいな。
結局は木の枝がそう見えてるだけじゃん、みたいな。
でもまあ確かに顔には見えるから、霊かなあ、みたいな感じですね小学生なんてのは。

で、時代も変わって、それが動くことになります。
普段、例えば旅行に行ったときになんとなく撮ったビデオ映像に「心霊が写っていた!」というね。
もうそもそもここのところは旅行に行っても写真でもなかろう、と。
そういうことなのかどうなのか。
俺は写真すら時々思い出して「ああ、撮っとけばよかったな」というタイプだけれど、ま、時代なのでしょう、としておきましょう。
で、それを投稿してもらって、一本のビデオにしよう、という。

ま、ただこの動画の場合の問題は、尺が稼ぎやすいという。
問題というか、作り手としては楽ちん、ということなんですが。
つまり、霊が映ってるのはたいがい一瞬なんですよ。
むしろずっと映っていたらそりゃ大問題というか、ちょっと新聞とかにも載りそうですね。

だけれど、そうなると、その一瞬だけを切り取って連続で紹介してしまうと、何本も何本も投稿してもらわなきゃならなくなります。
つまり、例えば60分の尺に仕上げようとした場合、霊は一瞬ですから、投稿数は60本は必要。
けども、そう都合よく投稿は集まってきません。
多分。
というか、まあそもそも意地悪な見方ですが、投稿自体もスタッフが作ってる可能性もあります。
ま、そうは思いたくありませんが、だとしても、60本違うシュチュエーションで映像を撮るのはそう簡単ではない。

これが本で心霊写真だった場合、やっぱ200頁の本を作るとしたら、100枚くらいの心霊写真が欲しい、となって、けっこうたいへん、というか。
いや、逆に良心的、努力家、真面目、という気がします。

が、これが動画になったら、前後を長くすれば、例えば10本でも60分になったりするんですよ。
つまり、量産するために、霊が出る部分前後がすごく長くなるわけです。
ちょっとどうですか、もうこのあたりで心霊写真に対して、心霊動画の方が「あこぎ」という感じがしませんか?。

あ、いや、ま、それはいいとして。

で、たいがいが、まあ3分とか5分とかの映像がそのまま流れて、霊が出る瞬間を経て、後30秒くらい、まあモノによっては2分くらい、という流れの後、一回映像は切れます。
そこで急にナレーションが流れます。
「おわかりいただけただろうか」
と。

いやいや、どこで出るかもわからんし、暗いし、そもそも素人映像(という体)ですから手ぶれもすごいし…おわかりいただけなかったなあ、みたいなことがここであります。
でも、だからといって、再び巻き戻す必要はありません。
画面にはこう出ます。
「Replay」
つまり、もう一度やってくれるんです。
しかも、前後は切って、霊のポイント周辺だけ。

これはなかなか優しいかな、と思いますが、これが終わるともう一回くるんだな。
「おわかりいただけただろうか」
と。
で、もう一回「Replay」。
んでもって、次はもっと霊のポイント前後だけ!。
しかも今度はスローモーションで見せてくれます。
なんなら、霊にズームまでしてくれて、じゃじゃじゃ~ん、とそこで霊にフォーカスしたところでストップしたりします。

いや、ありがたいことです。
実に優しいと言えます。
ってか、「Replay」のとこまで早送りしちゃえばいいじゃん!という気もしなくもないところもなくもないような気がする。

で、まあ、ここまでが説明なんですが。

この前、アオテツとアキとこの手の動画をきちんと早送りせず見ながら飲んでて。
で、そのうち、「あ、ここ?」とか「今出たんじゃね?」とかいう話になるんですよ。
つまり、もう「霊を探せ!」になってる。

昔、人気のテレビでありましたね。
「ナンチャンを探せ」ですね。

で、それがなんか「もうこれ脳トレじゃん」ということになりまして。
そして「これは脳トレ上級者編だわ」みたいな。
「これはもう脳トレ的には脳が老けてる人でもわかるわ!」みたいな。

もう俺らは脳トレとしてやってる、というね。
つまりはまあ、こうした「心霊動画」的なDVDとかは、もう脳トレなんです。
…いや、違うけど、脳トレですと言い切っていいかと思います。








(BGM:Stevie Wonder「Smile」from「The Complete Stevie Wonder」)
→スタンダートを昔風のサウンドでお届けしております。
このハイハットが鳴りっぱなしというか、そういうのなんかいい感じ。
スポンサーサイト



不思議体験


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ちょっと説明が面倒なんですけど、使っている人ならまあわかってくれると思うんですが。

ガチャベルト、というのがあります。
バックルのところが金属の平べったい筒になってて、そこにベルトを通す。
その筒の中に金属の棒が入っていて、それがスライドし、グググっとベルトが固定される方に動かすとベルトが止まる、と。
穴が空いているベルトとは違って、細かい調節ができるので便利ですね。

これ、まあ筒状に棒が通っているから、上から見ると、身体から棒の外側にベルトを通さないと締まらないようになっています。
ま、棒はスライドするから、棒を中心に身体の内側にもベルトは通らないわけじゃない。でもまあ、外側を通さないと締まらない、つまりベルトとしては使えない。

ま、特にジーパンとかだと、このタイプのベルトをしている人も多いと思います。
なぜなら、まあ楽だからですね。
ちょっと「おなかいっぱいだ」「ちょっと苦しい」という場合、ベルトを緩める、という局面に、穴が空いているベルトの場合、一度ベルトを外さないともう一つ緩い穴に通せないですが、これだと棒をスライドさせることで、ベルトを外さないで緩めることができます。

俺はまあもっぱらこちらのベルトを使っています。

確かにフォーマルには合わない気がしますが、ラフな場合、というか俺の場合はほぼ365日ラフなんですけど、ガチャベルトはとても便利。

で、まあズボンに関しては、一回履いても、そうそう毎回洗濯とかしないわけです。
あ、俺の場合ね。
ほいで、まあ正味四五本をサイクルとして履く、みたいな。
俺の場合、常にこう、履いたズボンが四五本あって、そういう「履いたけどまた履く」を入れる箱みたいのがあって、そこに入れておく。
で、そこから選んで履く、みたいな。

洗うモンは洗濯機の方に、ということになりますね。
まあ洗濯に出すモノがあれば、新たなズボンを「履いたけどまた履くボックス」に投入し、という感じのサイクルですね。

で、「履いたけどまた履くボックス」に入れる場合、まあベルトつけたまま置いておくことになります。
ガチャベルト、俺は二本を愛用していまして。
でもまあ、ズボンいうても、「ベルトを使わなくてOK」みたいなモノもあるわけで、例えばなんでしょう、ゴムになっている、とか。
ひもで結ぶタイプ、とか。
そもそも、けっこう「ぴっちり」だからベルトがいらない、とか。
なんで、この2本があればベルトは事足りる。

ラスタ柄と、殺害塩化ビニールの二本を所有しているわけですが、まあもうなんでしょう、腰にしっくりきてますねしっくり。

で、ベルト通すのって、最初けっこうめんどくさいですよね。
焦ってると、ベルト通しを一つ飛ばしちゃったりとか。
市丸とかに至っては、けっこうそこでねじれちゃっていたりしますから、面倒な作業というか、どっか「難しい作業」とも言えるかもしれません。

なんで、もう「つけたまま」ですね。
ベルトを緩めて、その筒状のところにも通したまま、脱いでおく。
そうすれば、再度ベルトを筒状に通す必要もなく、ただ履いてグググっと棒をスライドさせて固定すればよろしい。
とても簡単です。
これが穴ベルトとなると、一回やっぱ外さなきゃいけないから、履くときにバックルに通す、という作業が必要になります。
そういうのもいらない。

だから、ベルトは常に身体から見て棒の外側に通りっぱなしになってるわけです。
で、履いてそれを締める、という繰り返し。

ということで、ここまで説明でした。
お付き合いありがとうございます。
こっからが本論で、まあ本論短いんですけど。

先日ですね、これ、まあ履こうと思っていつものようにベルトを引っ張って棒をスライドして締めようと思ったら、締まらないんですよ。
え?と。
壊れた?と。
いやあ、すげえしっくりきてるから、これ壊れたらやだな、とか思いまして、で、よくよくベルトを見たわけです。

そしたらですね。
ベルトが棒の内側通ってるじゃないか!

んんんんん?
いや、待て待て。
ベルト自体は筒から抜いていないにもかかわらず、なんで棒を貫通して内側に来てるのだ?と。

昨晩、なにもハッセルアベさん(@Nove_Hassel_Abe)のマジックを見に行ったわけでもないのに、貫通してるじゃないの!
まあ、これが昨晩ハッセルアベさんのマジックを見に行っていたとしたらあり得るんですよ。
いや、あり得そう。
「帰ったらびっくりしますよ」みたいな。
そのくらいすごいので、まあハッセルアベさんのマジックをぜひ見に行ってもらいたいんですが。
…と、まあそれはいいとして。

おかしい。
これ、絶対おかしい。

だって、こうなるためには、一回筒からベルトを抜いて、わざわざ通りにくい棒の内側を通さないとダメなわけです。
しかも、たいがいもうベルトの方も慣れたモンで、筒に入れれば自動的に外側を通るもんなんですよ。
まあ、そういうチカラ加減で俺の方もやっている、と言うことなんだけれど。

う~む。

いや、だからといって、この日、とんでもない天変地異が起こったとか、事故に遭って腰を強打した、とか、慢性のぎっくり腰が再発した、ということもなかったんだけど。

なんでしょう、もうなんかわからないんですよ。

もし、「不思議な体験とかありますか?」と聞かれたら、この話をしようと思いますが、まあまず説明がめんどくさい。








(BGM:喜納昌吉「ハイサイ口説」from「Nirai Pana」)
→なんでしょうかね、この突き抜ける青空を感じさせるメロディ。
沖縄に住んだこともないけれど、どっか身体の奥の何かが反応してくる。
沖縄に住みたい、と思う理由の一つでもある。
沖縄音階、好きなんだな俺。

不安なお盆


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



まあ、お盆ですよ。
といっても、近所の盆踊りも中止になるといいます。
ニュースを見ると、なんだか帰省する人も少ないらしい。
当然、お墓参りに行く人も少なかろう。

ま、そんなことを考えていますとね、どうなのか。

…いや、つまりですね、お盆には天国から死んだ人が戻ってくると言いますよ。
死んだ人にとってはコロナも関係ないわけで、まあ密も何も関係なく、じゃんじゃん帰ってきちゃうことになりますね。

それも例年であれば、お墓参りとかでその死んだ人の霊も慰められるというか。
ああ、帰ってきてよかったな、ということになると思うんだけど、盆踊りもなければお墓参りにも来ない、となると、死んだ人の立場はどうなるのか、と。

戻ってきたはいいけど、誰も相手にしてくれない、みたいなことですよね。
霊としてはどういう気持ちになるだろうか、と。


それでなくてもコロナで大変なところ、この霊の「せっかく帰ってきたのに誰も迎えに来てくれない」という、寂しい気持ちが何らかの形で爆発するとは考えられないだろうか。
ホラー映画をたくさん見て、怪談の本をたくさん読んできたオレとしては、迎えてくれない霊ほどたちが悪いモノはない、と言い切ることができます。

それらが悪霊となってこの日本に襲いかかるとは考えられないだろうか。

例えば、誰かに取り憑く。
取り憑かれる方は衰弱して死んでしまう、と。
もしくは、人に危害を加える悪霊になる可能性もある。

そういう人が増えたら、コロナと悪霊でダブルパンチになります。


ま、みなさんはどう思ってるかしりませんが、霊の力を馬鹿にしてはいけないと思いますね。
よく、心霊スポットに行って、不遜な態度を取ったことで一生そこにいた悪霊に取り憑かれてしまうということも聞きます。
あ、あのときに蹴っ飛ばした地蔵…、蹴っ飛ばさなければよかった…、みたいな。
地蔵の腕を折ればたいがい、自分も腕を折りますし、それが首だったらと思うとぞっとしますね。
事故現場に手向けられた花を蹴飛ばした…、蹴飛ばさなきゃよかった…、みたいな。
その場合は、その事故と同じ感じで死んだりします。

そういうことですよ。


ま、霊を信じてない、という方もいると思います。
オレもどっちかというと信じてない方ではありますが、でも地蔵は蹴らないし、事故現場の花も蹴りません。
そういうことをしてはいけないんです。
これは、霊云々と言うより、人としてどうか、ということになりますか。


けど、今回のお盆については、霊サイドにしてみると、国を挙げて「蹴っ飛ばしてる」感じなワケです。
だって、戻ってくるとわかっているお盆に盆踊りもしない。
霊を鎮めようという気持ちがない、と見られても仕方ない。
お墓参りにも、なぜ孫が来ないのか、と。
そういう否定的な感情を持ってしまう霊がいるわけです。

それはもう、彼らにしてみると蹴飛ばされたも同じですね。
ぞんざいに扱われてる、俺たちを馬鹿にするな、と。
そう彼らが怒ったとして仕方がないとも言えます。

「おまえら、(生きてる)人としてどうなんだ!」と、善良な霊すら怒る可能性もある。


つまりですね、まあ、帰省は自粛しましょう、盆踊りは止めましょう、というのはわかる。
わかるけど、そっちに挨拶してるのか?という問題です。

そっちにスジを通したのか?と。

もし、それが通ってなかった場合、彼らの暴走は誰が止めるのか。
これはコロナを止めるより難しいのではないか。


いや、冗談を書いているわけでもなく、けっこうまじなんですよ。
みなさんは不安じゃないのでしょうか…。

今年の夏は海に入ろうなんてことは止めといた方がいいと思いますね。
引っ張られること間違いない。




車募集


(BGM:Mariah Carey Feat. Twista「One & Only」from「The Emancipation Of Mimi」)
→この人については、やっぱあのクリスマスの曲と言うことになりますけど、もちろん別の曲もあるわけで。
なんだろうな、この曲は終始早口なので、これ歌詞見せられてもまったく口ずさめない自信がある。

アナログが怖い


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「UVB76」ってのがあるそうで。
あった、なのかな。

ロシアのどこかから発信されてる放送ですね。
ずっと白色雑音を送り続けているという。

一旦止まったものの、また再開しているとかいないとか。

いやあ、どうですか。
わけわかんないですね。


ま、こういうのはたいがい短波なんですけど、海外まで飛ばせちゃうから。
でも、AMラジオでも聞けますか、北朝鮮の暗号の放送。

これもよく聞いてる人がいて、二週間に一度繰り返しているとかいないとか。
ま、信じるか信じないかは俺次第なんですけど、まあどっちでもいいかな。


結局ですね、この「スパイに暗号を送るためにラジオ局を開設する」という壮大なアレがまずすごい。
しかも、それが誰だって聞けちゃう、と言うのがまたすごい。

まあ、そりゃそうですね。
電波ですから。

つまり、ものすごい広大なところに電波出しちゃって、んでもって、それは暗号にしてあるから受け取ったあんたが解読しなさい、という。
一般の人は解読できませんから大丈夫です、という確信、というか。
その辺がね、スパイってのはすげえ世界だな、と思うわけですが。


イマドキはインターネットとかなんでしょうかね。
でも、そっちの方がやっぱハッキングとかされそう。

一部にはマリアナウェブとかなんとか言うんですか?深層ウエブがあるとかないとか。
かなりこれは眉唾な気がしますが。


やっぱ、アナログに勝る「秘密保持」ってのはないわけだよなあ、とか思います。
「新聞記者」という映画(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4856.html)でも、なんだかんだUSBは手渡す、みたいな。
大事なことは会って話す、みたいな。
メールのやりとりなんか、危なくてしょうがねえや、みたいなことなんでしょう。

こわいこわい。


だってまあ、よく考えたら、「あんたの子、今○○小学校行ってるんだよな」ということを言われちゃった方が怖い。
メールで「あなたがクリックしたサイトの料金を払って下さい」という直接的な脅迫よりずっと怖いじゃないですか。
んなの、無視するでしょ?
でも、実際あった人にそう言われたら、湾曲だけれどそりゃ怖いですよ。


世の中ってのは、まあ俺らが知らないことがたくさんあるんだわな。
ドイツの森には知られてない地下の要塞みたいなのがあるとかないとか。
一方で、インドの方、センチネル島では、今だ外の人と接触しようとしない部族がいるとか。

まあ、世界は狭くなったとはいうけど、まだまだ広い。

よくよく考えたら、知らない土地に行ってその裏路地、なんてのだって、俺らが知らないルールがあるかもしれない。
歌舞伎町のとあるビルには、「普通だと大丈夫なことでも、歌舞伎町のルールがありますから、ここで騒がないように」とか書いてあったりしますからね。

結局アナログが怖いんですよね。
だって、自分が見てきた、経験した世界なんか、ほんのちょっとなんですから。


結局、俺たちは何も知らないで死ぬんです。
でもまあ、それでいいんですよ。
無理して広い場所に出ようとしなくたって、毎日そこそこの友だちと知り合って、そこそこ世界がちょっとだけ広がって、毎日楽しく暮らして行ければいいんです。

ネットで何を見ようが、知った気になろうが、そこはあまり関係ない。
結局は、アナログだから。
いくら、有名人のこぼれ話を知っていたって、その有名人が友だちじゃない以上、そんなのはデジタルの波間に消える話なんですし。


ユーチューバーとかいますけど、ネットをもう仮想世界じゃなくて、現実世界だと思ってる感もあって。
いろいろ見てると、なんか痛々しいというか、確かにそれで売上げとかを気にしてるんでしょうからそれでいいんですけど、商売に必死でイイと思いますけど。
でもまあ、現実じゃないですからね。
というか、おそらくデジタルの世界がゴールじゃないんでしょ?この人達は。
よく知らないけど。

大事なのは、やっぱ会うことだよな。
ま、そんなことを、ロシアのスパイの話から思ったわけです。








akigasebulog.jpg

wannmannblog.jpg

(BGM:日本ビクターリズムジョーカー「街の四人組」from「Sing ! Sing ! Sing !」)
→ドゥワップ感を押し出した昭和の名作じゃなかろか。
カッコイイんだなあ、これ。
リズムジョーカーってグループ名もいい。
50年早かったよな、これ。

もう面白がっちゃえ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


先日、時間があって、アオテツと飲みにいって。

ま、もうね、どうですか。
けっこう毎晩埋まってる毎日を過ごしておりまして。
ありがたいことなんですけどね。

こんな感じで時間が空くというのもなかなかないというか。
アキとも「家でゆっくりする時間がない」ということを常日頃から言っておりますが、まあそれもなんでしょう、愚痴というより、ありがたい、の方が勝っております。
そのくらいがちょうどいい、というか、そう言えるだけの仲間がいるというかね、用事があるというか、そういうのがいい。
特にアキはいろいろ誘ってくれる人が多い人だから、そういうアキのコトを誇りに思っているところであります。


で、まあなんか、もう二三日前から遠足前の気分になり。
「もう、ゆっくりずっと飲んじゃえ!」くらいの。
わくわくしますね、こういうの。
そしたら、ふたを開けてみたら、7時間以上同じ居酒屋で飲んでました。

まあ、そもそも俺は酒が好きというわけじゃないので、ゆっくりゆっくりですけど、そうじゃなくてですね、話す方だな。
話すことが山ほどあるというか。

終わりの方に合流したアキに、「よくそんなに話すことあるね!」と言われましたけど、あるんですね、これが。

やっぱほら、メンバーによっては話を変えなきゃいけないところってやっぱあるじゃないですか。
でもまあ、アオテツとだったら、もうたいがい話しますから。
2人で7時間。
別に長くはない。


ま、それはいいんです。
で、そこでちょっと問題が起きまして。
いや、起きてないんだけど、過去にあったという、とあるひとにふりかかった「とある話」を掘り下げよう、というね、ことで二人で方向性が一致しまして。
現在進行形の話でもあって。
しかも、オレらに関わりがないわけじゃない、という。

これがまあ、もちろんオカルト方面ですよ。
これね、色々なタブーに抵触するんで、ここでは書けないので、ザックリ言うとこういうことです。

とある場所に行った。
その帰りの車の中から、おかしくなった人がいる、と。

もうね、これ、その場所に問題があったんじゃないか?と普通なら気づきそうなもんだけど。
気づいてないのよね、その人ら。
何か無縁仏とかを蹴っ飛ばしたんじゃないか?とか。
で、なんか霊が取り憑いたのではないか?みたいな。


…いや、こういう話をデスね、荒唐無稽、というのは簡単です。
「じゃあ幽霊っているのかよ?」という人がいますけど、いや、それは物理的にはいないかもしれないが、「人の心の中に霊はいるんだよ」と。
この辺ですね。
これが理解されるかどうかなんですけど。

つまりですね、取り憑かれた、という人の多くはデスね、取り憑かれているんです。
そして、それは心の中の幽霊に取り憑かれている、と。
そう考えれば、幽霊はいるんです。
それを否定したところで、なにも解決しないのではないか?と俺は思うんだけど。

もちろん、その隙を突いて霊感商法という、金儲けに走るヤカラがいますが、その人は、おそらくその人自身の心の幽霊にやられます。
長くはないでしょう。

つまり、真摯にその幽霊に一緒に対峙する姿勢だって、やっぱ必要だと思うんだよな。
それに、もしかして物理的に幽霊がいるとしたら、それも解決の一つかも知れないわけで。
なんだって、これ、試してみる価値はあるんじゃないか?と。
っていうかですね、深刻に難しく考えても解決策が出てこないのなら、いろいろな面からアプローチした方が、いや、それが多少「オモシロがり」だったとしても、もうそっちがいいんじゃねえの?というか。
「困難にぶち当たった時はユーモアしかねえだろ!」という佐藤店長の名言もあります。


で、まあ書けないことが多いんですが、突撃した方がイイ、という結論にいたり。
MMRですね。
「キバヤシ!」でお馴染みの、マガジンミステリーレポートです。
んで、当事者に近い人を呼んで、近いうちに話を聞こう、ってか呑もうって話になって。

数日空けず再度また飲みに行って、そこでいろいろと新たな事実が判明したこともありました。

これはおそらくどこにも発表できないと思いますが、ちょっとこれはこれでエンタメ的にもわくわくしているところです。






(BGM:JAPAN「黒人ならば」from「果てしなき反抗」)
→ま、ねっとりしたボーカルとメロディラインという印象のあるJAPANだけれど、これを聞くと、すげえリズムを大事にしてたバンドなんだなあ、って再発見します。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE