fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

本当の死因は焼死??


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「暖めれば生き返る」って聞いたことないですか?
「ペットが動かないんですけど!」みたいな時に、どうも「温めると生き返る」という。
あ、暖める、と温める、どっちが正しいのだろうか。
ま、いっか。

動かないハムスターとかを、暖かいタオルみたいなので巻いたり、ドライヤーとかで適度に温めることで生き返る!という話なんですが。

ま、これですね、きちんと見ていくと、「それは仮死状態なんです」ということらしい。
仮死状態にある場合は、温めるとそこから復活するらしい。
本当に死んじゃってる場合は、温めようがなんだろうがムリ、と。
つまり、仮死状態を「死んじゃった」と勘違いした飼い主が温めたら「生き返った」と勘違いした、ということらしい。

…ふむ。

しかし怖いのは、仮死状態って状態ですよね。
これ、ネットでさっと調べてみると、「呼吸や心拍の一方または両方が停止し、意識もなく、外見上死んだかのように見えるが、自然にまたは適切な処置により蘇生する余地のある状態。」てなコトが書いてある。

…いやあ、どうですか。
呼吸や心拍が止まって意識がなかったら、そりゃなんか死んでるように見えるよな…。
だからまあ、仮死状態、ということなんですけども。

もしですよ。
その状態で、「死んだ」ということにされて、葬式とかになっちゃって。
もうお察しのことかと思いますが、火葬されたとしますよ。
暖まりますね。
恐らくは、だんだん火が強くなっていくんでしょう。
火葬されたことないからわからないけど。
ま、火葬されれば灰になっちゃいますから、そりゃもう仮死状態とかそういうことじゃなくて、死とかそういうことじゃなくて、もう「物体」になっちゃいます。

が、その初期段階ね。
火葬の初期段階。
だんだん暖かくなっていく最中に、生き返ったらどうしますか??
どんなにわめいても、オイあけてくれ!といったところで、恐らくあの厚い壁に阻まれて誰にも通じない。
もう、せっかく生き返ったのに灰になっちゃう…。
熱かろう…。
その恐ろしさを想像するに生きてる心地しなくないですか?
まあ、生きてる心地ってか、死んじゃうわけなんだけど。

ま、人間の場合、勝手に周りが「死んじゃった」と判断することはないわけです。
医者が判断して、「ご臨終です」ということになっている。
そこからお通夜だったり葬式だったりを経たり経なかったりして火葬、と。
なんで、医者を信用できればいいですが、もしですよ、いや、もしですが、仮死状態だったら、と。
そこが恐ろしい。

とはいえ、なんか調べると、「ご臨終です」から24時間経たないと火葬はしてはいけないことになってるとかなってないとか。
つまり、仮死状態だった場合に備えて、24時間間を置く、と。
…って、可能性あるんかい!
でも、24時間経つとたいがい死斑とかが出たりして、死んでることは確実になるという。
問題は仮死状態か本当に死んでるか、なので、まあこれが最善なのでしょう。

しかしですね、たいがい死んじゃうとドライアイスとかで冷やしたりするじゃないですか。
つまり温めるの反対。
いやあ…、なんかトラップを仕掛けられている気がする。

昔から、火葬場で生き返る!という話はありまして。
ドタバタと炉から音がするから係の人が小窓から見てみると、焼けながら人がドタバタしてる、という。
この場合、係の人は「もう助からないから」と、見て見ぬふりをするというおまけまでついています。

いやあ、怖い。
もう絶対的に逃げられない状況で焼かれるという。
その恐怖を煽った都市伝説なんでしょう。

ま、だから作り話だとはわかってはいるのだけれど、でも怖い。
そもそも、あの炉が厳重なんですよね。
みなさんも火葬に立ち会うこともあるかと思いますが、とにかく重たそうじゃないですか。
絶対あかなそう。
でもね、そこまでする必要があるのか?って話じゃないですか?
だって、動かないモノを焼くんですよ。
確かに「部屋の中が熱くなっちゃうから」みたいなことかもしれないけど、それにしても…。
というわけで、まあ火葬が怖い、という話でした。





(BGM:METROFARCE「MISTRAL」from「盗賊どもの夜会服 - Deluxe Edition」)
→メンバーも音質には満足して内的な発言もしてるけど、でも好きですね。
当時レコードでも出てたと思うけど、それは買えなくて。
メトロファルスはすごく好きなんだよね。

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



ブラックボックス


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





オカルトとは何か、ということを皆さんは普段考えないと思いますが、なので、まあちょっとココで考えてみましょう。

ま、オカルトってのは辞書的には「超自然的なこと、神秘的現象」ということになっています。
平たく言うと、お化けとか。
UFOとか。
ま、ツチノコや河童も入ってきますかね。
妖怪枠で。
超能力とかもありますね。
「偶然の一致!」なんてのもあって、例えばケネディ大統領にまつわる百年前の出来事との奇妙な一致、とか。

ま、科学で解明できない、というか。
今のところ解明されてませんよ、というね。
だから、科学的に解明されたらオカルトから晴れて卒業、ということになります。

先日、アオテツと心霊写真の話になりまして。
ってか、そういう配信番組を見てました。
で、「なんで人は心霊写真を撮るのか?」という問いにぶち当たりまして。
つまりこれは「霊が映った」のではなく、「霊を撮った」とまず我々は前提として考えている、というのがあります。
あ、ちょっとわかりにくいか。
つまりちょっとした光の点を霊だ!と言い張ることもできるわけで、つまり「この光は霊だ!と主張すること」が心霊写真を作ってると我々としては考えていて。
で、その上に立って「なぜ人は心霊写真を作るのか」というね。
そういう問いですね。

で、一つキーになるのが「写真」だな、と。
だって、そもそもシャッターを切ったらそこにいた人が映る、という現象。
怖くないですか?
おかしくないですか?
まあ、フィルムが感光するから、ってことなんですが、なんかにわかには信じがたい。
つまり、「カメラ」というものが、「ブラックボックスなのである」という。
なかなかその構造が凡人に理解しがたいところがある。
だから、「死んだ婆ちゃんも映るよなあ」みたいな発想が生まれる。
3人で撮るときには「真ん中の人は死んじゃう」みたいな。
そういう流言が生まれるわけです。
それもこれも、カメラがブラックボックスだからですね。

って、冷静に考えたら、フィルムに感光させる、ってのはわかりやすいが、だったらデジカメってどういう仕組み?とかも思ったり。
そうやって映ってるわけ?
その場を切り取るのがカメラだとしたら、なんだかカメラって怖い…、って気がしてきませんか?

つまり、それがオカルトが生まれる土壌なワケです。
それがだんだん今やパソコンとかにもなってきて。

そうですよね、パソコンもよくわからない。
「故障した」というけど、まあ直してもらったりもするけど、直ったけど「何が故障してたかわからない」とかっていうことあるじゃないですか。
いわゆる「再起動で誤魔化す」みたいな。
つまりはパソコンもブラックボックスなんですよ。
だから、「怪談の原稿を打っていたらパソコンがフリーズした」というようなことが起こる。
「夜中にタブレットを見たらお婆ちゃんの顔が映っていた」というようなことが起こる。

これ、パソコンがブラックボックスじゃなかったら起きないんです。

テレビもそうですね。
電波を受信して画を映すっていうけど、ニワカに信じがたい。
なので、「深夜の砂嵐の画面が急に止んで、明日の死亡者、という番組が始まった」ということが起きる。

携帯もそう。
「心霊スポットに行ったら婆ちゃんから着信があって「帰れ!」という。慌てて帰ったけど、後になって着信履歴を見たらその着信は無かった」ということが起きる。

つまりですね、ブラックボックスがあるところオカルトがあるワケです。
根源的に人はブラックボックスが怖いんですよね。
だから、人は「これは地縛霊の仕業です」とかって結論づける。
けど、それが地縛霊なのか浮遊霊なのか、そんなのは本当はわからない、いや、そもそも霊サイドにそういう区分けがあるのかどうかすらわからない。
なのに、そうやって「わかったような気になる」ことで、人は安心する。

そもそも、霊ってのが「死んでも魂が生き続ける」ってことなんだよね。
死というブラックボックスが怖い人間は、そうやって死を解明したような気になる。
死ぬのは怖いけど、霊になって残るんだったら…、ということを人は勝手に結論づけて安心する。
「おじいちゃんが昨日迎えに来たけど、昨日は行かなかった」という婆ちゃんが今日死んだりするのは、つまりは「向こうの世界にはこっちと同じ人間関係がある」と安心したいからなのではないか?という。

オカルトがバカバカしい、っていう人もいるけど、そもそもコロナが怖いからって陰謀論が跋扈する今の時代だよ?
オカルトとは何か?
ブラックボックスは何か?
我々人間は何を怖がっているのか?というようなことをしっかり今こそ考える必要があるのではないか。

その時に「オカルトとは何か」という答に我々は近づいていくのである。






(BGM:水谷千重子「お祭り女」from「人生かぞえ歌」)
→歌がうまいんだな。
そして、コブシとかももう必要以上にやっちゃう!みたいなところがまたいいんだろう。
ってか、それができるってのがすごいよな。

男性介助者
kabuboshu.jpg
akusese.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP