FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

アイムラッキーマン


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「生きてるって言ってみろ」という名曲があります。

毎日の仕事に疲れ果て、しかし、家族が待つ家のドアの前で入れずにいる、というような姿が浮かぶ、昭和に作られた曲の中で、まあ俺としてはベストの部類に入りますね。
こんなに男の辛さを、社会の辛さを体現した曲ってないと思います。

俺はまあ、前の結婚の時には似たような気持ちはありました。
家に居場所がない、みたいな。

まあ今考えれば、そんなこともなかったんだと思いますが、自分も追い詰められてたんだろうな、と思います。

ただ、その時はそういうもんだと思って生きてますから、それが不幸だとか思ってたわけじゃなくて。
あまり考えたことはなかったんですけど。

今、再婚してよかったのは、まあアキとは一緒に仕事をしているので、だいたい一緒に帰るわけですが、それが嬉しいんだね。
「家に帰るのは嬉しい」「家に帰ると落ち着く」とか、そういう風に今思うようになって、なんか、あの時はすごい追い詰められてたんだな、と改めて思ったみたいな。

逆に今、「家に帰るのがつらい」という人がいたら、もう、なんか、すごくなんだろう、がんばれ!というのとは違うけど、何かできることがあったら言ってください、って思う。
もちろん、何もできないんだけど。
でも、そういう気持ちになる。

今は、多少のことがあっても、家に帰ればなんとかなる、というか落ち着ける、みたいな気持ちになれる。
クサクサした気持ちになった一日でも、帰ればなんとかなる。

いわゆる「ホームグランド」がある、というか。

それが今はありがたい。
ありがたいというか、それを感じられなかったあの時、どうやって毎日を過ごしていたのか、もうなんか思い出せない。

ましてや、家がない、ネットカフェで毎晩過ごしています、という人も多いという昨今。
そのクサクサしたモノを毎日引きずって、毎日それが積み重なって、そりゃ、つらいよね。
たいへんだよね、って思う。

今考えたら、けっこう本部事務所、ホンビイのソファで寝てたな。
で、明け方に帰ったりして。
その方がラクだったのかな。
俺にはまあ、そういう場所もあったから。

なんとかなってたのかもしれない。

そりゃやっぱ、一人でいる方が楽なときは誰にでもあります。
でもまあ、一人でいる×2、とか×3、とかも、なんかいいもので。
その感じは、ちょっと今まで俺はわからなかったのかもしれない。

で、俺がまあ幸せだったのは、回りがけっこう助けてくれたから。
大学時代の先輩や後輩とか。
同輩からは好かれてなかったのであまり友達はいませんが。

不幸って、不幸を呼び寄せてしまうところがあります。
クサクサした気持ちの時には、あまり「幸せな人」とは会いたくなくなってしまう。
そういう人たちと徒党を組んで、クサクサを倍増させて、なんとなく自分たちを慰める、みたいな。

でもなんか、俺の場合は、それでも飲みに誘ってくれる人もいたし、その離婚、再婚をまたいで新しい友人ができたりして、なんかそれはありがたかった。
「誘えば飲みに行ってくれる友人がいる」「誘ってくれる友人がいる」というのは、なんにしても救われる。
そして、クサクサした気持ちも、帰る頃にはなんか和らいでいたりして。

まあ、ラッキーだったんだな。
なんかここまでラッキーでした。
アンラッキーだと思ってたこともありましたが、今考えたらそれもラッキー、とは言えないまでも、ラッキーに向かう一つの何かだったのかもしれない、という風に思える。

なんかそれはありがたいことだわな。

ま、これからは他の人を助けなきゃダメだな。
そういう人生を歩んでいかなきゃいけないな。

なんか、そんな当たり前のことをすごく思います、最近になってようやっと。





baka.jpg

(BGM:今野英明 / 吾妻光良 / The Swinging Boppers「あこがれの地へ」from「CollaBo GumBos I」)
→このアルバムの豪華さと言ったらない。
吾妻さんはもちろん、トータス松本さん、スカパラ、うつみようこさん、麗蘭まで参加している。
ボガンボスのことは実はリアルタイムではさっぱり聞いてなくて、訃報の後にいろいろ聞きまして、ちょっと気づくのが遅かった。
スポンサーサイト



親はなくとも


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ま、今年の春になりますか、タイに行ったというのは、息子の結婚式です。
息子は日本企業のタイ工場で仕事をしていて、近々日本に戻るそうですが、まあその時はまだタイにいて。
タイの方と結婚するということで、結婚式をやるから来てくれるか?と。

行きます、と。
で、行ってきたんだけど。

うちの子は三兄弟で、兄、妹、妹、という構成です。
一番下の妹が専門学校を出て、今年から働くことになりました。
そういう感じの年齢。

俺は数年前に離婚していて、まあだから彼らには申し訳ないことをしたと思いますが、それでもまあ前の奥さんと話し合って、我々の将来のことも考えて決めたことなので、理解してもらうしかない、という気持ちでいるわけですが。

まあ、とはいえ、なんだかんだは彼らの中にあるとは思うんです。
でも、その妹妹と一緒に、アキも一緒に結婚式に行けるというのは、きっと幸せなことだと思います。
端から見たら、なかなかない取り合わせなのかも知れないけど、でも、そういうセットで行動出来ることも多くて、それはきっと、子どもたちがよく出来た子たちだからだと思います。

今回じゃなくて、昨年タイに行ったときに、真ん中の娘が携帯を落としたんです。
タイで。
もうそうなっちゃうと、WIFIがあれば通じるけど、そもそも電波が発信されてないし、探しようがない。
いった場所などに電話を入れてみたり、いろいろしました。

もちろんそれらは、タイに住んでいる兄がやってくれました。

その日は、実はその結婚相手の家族とはじめての顔合わせ、みたいな側面もあって、けっこう慌ただしい中だったんだけど、それでも兄は「なんでなくしたんだよ」とかは言わない。
オレたちと相手の家族の橋渡しをしながら、一方でその問い合わせの電話とか、保険会社にどうしたらいいか聞いてくれたりしてた。

ま、優しいな、って話なんですけど。

今回もちょっと妹が熱を出して、きっとまあ急に暑いところに行って熱中症的なコトかと思いますが、それでちょっと予定が飛んだりもして。
それでもまあ、みんな優しいわけ。

それもべたべたした感じじゃなく、いい感じの距離感というか。
責めないし、かといって、べたべたもしない。
ちょうどいい感じ。
熱を出したことで、兄が住んでいるという部屋に行くことになったんだけど、「それもよかったよね」とか言う感じの。

なんかこう、なんでしょう。
人が苦しんでいる、というコトに対して、「おいつめない」みたいな感じね。

なんか素晴らしい子たちに育ったんだな、と思ったんだけど。
ま、それはもちろん、前妻の素晴らしさもたくさんあると思います。


今、虐待のコトとかがニュースになって、けっこう「どうやって育てたらいいんだ?」と思ってる人は多いんだと思います。
核家族になって、親一人が抱えなきゃならない、ということもあるでしょう。
出口のない感じの中、子どもは言うことを聞いてくれないし、誰にも相談出来ないし、かといって「怒っちゃいけない」なんてことも聞く。

う~ん、どうしたらいいんだろう、ってすごく悩むと思います。
で、俺は果たしてどうしていただろうか?と改めて考えたんですけど、あまり何にも考えてなかった、という結果になりました。


離婚するくらいだから、そんなに夫婦仲はよくはなかったし、まあぐれたこともありましたし、警察のご厄介になったこともあります。
子どもをどこかに連れて行く余裕はなかったので、日曜とかはよくウチの事務所でバザーの準備とかを一緒にやったりしました。
みんなにかわいがってもらって、まあそんな感じで。
習い事も、塾にも行かせませんでした。
だからまあ、なんだろう、決して「絵に描いたようなファミリー感」はなかったと思います。

でもまあ、全般的に今になって思えば、いい子に育ったな、と思っています。
心配はまだもちろんありますけど。


う~ん、だからなんだろう。
だから、もう悩まない方がいいし、悩むと袋小路にハマっちゃうから、なんか「自分が縛られちゃうまま友」とかじゃなくて、「自分の友達」をしっかり作って、自分がまず救われることかな。
育児とはあまり関係ないけど、でもきっとなんか自分がまわりに救われてなかったら、どうにもならなかった気だけはする。

だって、やっぱ子どものコトって一番の悩みになっちゃうんですよね。
そうなると、「どうしてあんたは言うこと聞かないの!」ってなっちゃう。

でも、そうは言っても、なっちゃいますよ。
なるなる。

よくわかんないけど、でも「褒める子育て」とか、そういう「キャッチーな言葉」にあまり惑わされない方がいいのではないか?と思っている今日この頃です。






tanndokuchuu.jpg

baka.jpg

(BGM:LOVE LOVE STRAW「Love 2 Slipp」from「COME TASTE THE FLOWER'S」)
→どこかDIPを彷彿とさせるギターサウンド、の人たちが集まっておりますコンピ。
これはなんか、すげえイントロが美しい進行なので、ちょっと気になった。

千葉


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集

gw3-2chuu

現在、にじ屋イベント・10連休をぶっ飛ばせ!開催中です!
みなさんぜひにじ屋に足をお運び下さい!
詳細 http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4803.html

今日は、俺としてはものすごく思い入れの強いイベント開催なんです。

すごく昔に、こんなコトを書いていて→
http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-677.html に飛んでみてください。

この時に、「この話以外のことは禁止のイベント」と書きました。
それをついに、積年の思いをもって今日開催です。

「俺はみかんなんかじゃない。人間だ」
みなさん、ぜひ足を運んでください。

ああ、墨東興業Tシャツが間に合わなかったのはひじょうに残念ですが、この企画は思いだしたようにまたやりますので、その際には準備します。



てなことで、今回はそんな日々を送っていた俺の少年時代の話を辿る物語(でもない)。

津田沼に歌いに行って(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4797.html)、千葉ということで、高校まで千葉にいたもんで、帰りちょっと足をのばしてみよう、と。
というのも、まあ津田沼に泊まりまして。
翌日、ということですね。

まず、中学とか高校とか、そのあたりで使っていた駅とか。
京成線と国鉄、今のJRですが、どちらも使える感じの場所だったんだけど、京成の「みどり台駅」というところと国鉄の「西千葉駅」の間をなんだかよく歩いた気がして、ギターを抱えてという感じだったけど、ノブやイチマルも引き連れてアキと一緒に歩いたんだけど。

いや、まず驚いたのは、駅が変わってない。
当時、みどり台駅の隣の駅は無人駅だったような記憶があります。
みどり台もそれに毛が生えたような感じだったんですが。
まあ今は自動改札ですからアレですが、その面影がまだありましたね。
基本変わってない。
まあ、そりゃそうなんでしょうけど。

同時に、当時はもっと距離があると思ってたんですね、みどり台から西千葉駅。
ま、いろいろ誘惑も多かった。
というのは、ちょっとした文房具屋とか、レコード店とか、ゲームセンターとかがあったりもしていましたが、今はけっこうなくなってた。
千葉大学の前なんだけどね。
なんか、最近はそういうのはあまり流行ってないのかどうなのか。

それにまあ、自分も小さかったから、というのもあるでしょう。
歩く速さも違う。

小学校の時に友だちが住んでいたマンションがあったんだけど、まあ団地はあったけど、マンションってのはあまりなくて、当時はすごく高いと思っていたけど、今回見たら思いのほか低かった。

高校のそばの駅は様変わりしてまして、もう何もわかりませんでした。
でもまあ、「あ、ここに本屋あったな」とか、「ドムドムバーガー」があった、とか、そういうのはちょいちょい思い出しましたけど。

おそらく、自分の記憶も曖昧なんだな。
高校といえばもう大人だと思っていたけど、結局子どもの頃の記憶、みたいな感じになっているのか。
まあ、35年も前のコトだからしょうがないのか。
実際、もう埼玉に住んでいる方が長いんだもんな。

住んでいた団地もバスで通ってみましたけど、なんでしょう、もっと巨大だった気がするけど、けっこう「こんなもんか」と。
千葉の埋め立て地、巨大団地がいくつもあった場所なんですけど、そりゃ、埼玉の団地に比べたらすげえもうでかいわけですが、なんかね、「こんなもんか」と。
4つ小学校があったくらいなので、もうそりゃ巨大団地だったんですけどね。
当時の生活圏を考えれば、そりゃ団地群は巨大だったでしょうけど、生活圏が広がった今になって見てみると、それはけっこう小さなもの、としてカテゴライズされてしまう、というか。

う~む。
とにかく、なんか「歩いたらけっこうある」と思っていたところが、どれもけっこう近くて。


ただね、なんかやっぱ千葉に戻って、リアルにその場所を歩いて行くと、その時の記憶がちょっと甦るような気もしました。
いや、まあもう様変わりはしてるんだけど。

気もした、というのは、おそらく、正直、記憶は甦ってないけど、なんか「甦った気がしてる」んだな。
これは「昔の場所に行けば、甦った気になる」という法則か。

なんかまあその時に思ったこととか、そういうのはなんとなくわき出る気はするけど、わき出てないような気もする、というか。
実際にはなんかよくわからない感じになりましたね。

でもまあ、なんか懐かしい感じはする、くらいの。


まあ、正直、それでもずっと行ってはみたかったんです。
千葉。
でも、まあ毎日に流されてはや35年。
「もう昔の面影ないよ」とは、中学の同級生のウチの前ドラマーにいわれていたけど、それでも行ってみたかった。
けっこうずっと行ってみたかった。

今回、ちょこっとだけど、行ってこれてよかったな。

またなんか機会があったらぜひ千葉には再び行って、ちょっと今度はギターケースとかナシで足をのばしてみたい。
やっぱ、ギターケースってちょっと重いのよ。
かといって、イチマルに持たせるとあちこちぶつけるし。


というわけで、千葉でまたどっか呼んでくれたら最優先で歌いに行きたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
あ、それだと同じくギターケースは持ったままか~。


追記・再録・何度でも)

「今日のイベントに寄せて」

 だけど、本当のわけはね、先生、私、ある女に手紙を書いてやりたかったの。
 女の意地。こんな女でも、意地を噛めばこうなるんだってことをみせてやりたかったんだ。
 そいつの息子、来月結婚するんだ。
 お嫁さんはきっと、今日の恵津子先生みたいにいい着物着ちゃって、綺麗だろうな。
 あたしだってね、最初からキャバレーのホステスじゃなかったんだから。
 母ちゃんが長いこと寝込んでたし、父ちゃんがまあだらしなかったから、中学出てさ、すぐ働いたけど、昼間工場行って、夜は茶店でアルバイトだったよ。
 茶店でも、レジなんかしてるとき、受け取りくれ、なんていう人がいてね、相手の名前どういう時書いていいかわかんなくってさ、もっと勉強しとけばよかったな、って恥かいちゃったけどさ。
 十八の時ね、恋人ができたんだ。そこの茶店によく来る大学生。
 向こうは、ちょうど失恋したてだったからそんな気になったかもしれないけど、あたしもおっちょこちょいなところがあるもんだから、すぐにそいつのアパートに行ったりなんかしてさ。
 田舎の人だからね、下宿してたんだよね。
 泣き虫でさ、えばりくさるくせに、あたしが脅かすとすぐ泣くんだよね。
 だから仕方ないから、よく父ちゃんに嘘ついて、掃除や洗濯やあっちのご用に通っちゃった。
 でもね、二人とも純情だったから続いたんだよ。
 でさ、あいつ遂に大学卒業して、去年いい会社に入れてさ、そして結婚しようなんて言うんだもん。
 そうなるかな、と思ったこともあったけどさ。
 お袋に会わすっていうから、あたしビックリしちゃったわよ。ほんとぶったまげたわよ。

 でも、いざとなったら、そいつのお袋ぐずぐず言い始めてさ、あたし手紙書いたんだ。
 あたしは、そいつをこんなにも愛してるっていう売り込みのね。
 おまけに相思相愛です、って書いてやったの。
 あれって、相手の相に、思うに愛でしょ。
 それがね、あたしは覚えがないんだけど、早い子で早子(そうし)、早く愛する、って書いたんだって。
 …どうして笑わないの?先生。
 お客さんに話すと、みんなお腹かかえて笑うもん。
 …いいんだよ先生。もう吹っ切っちゃったんだもん。
 それにあたしも悪いんだよね。始めにかっこつけてさ、高校出てるくらいのことはふいてたしさ。
 だからお前は嘘つきだ、何でそんな手紙書いたんだ!ってあいつもうカンカンよ。
 …うん、わかってる。
 あいつも、お袋に、自分が勉強教えてやるから、なんて言ってくれたらしいんだけど。
 そんな手紙書くような女はうちの嫁にできない、ってババアはすげえ剣幕よ。
 それでもね、あたしたち続いてたんだけど、会社に勤めるようになるとやっぱ、時間もないし、頭のいい美人もいっぱいいるしさ。
 部長が、どうしてもお見合いしろとすすめるんでごめん、って泣くんだ。
 その頃は、いよいようちの母ちゃんがだめで入院したりさ、お金もいったし、思いきってフラワーボックスに移ったりしてさ。仕方なかったんじゃないの。
 でもね、あたし、あのお袋には一言だけ言ってやりたいと思ってたんだ。
 お前の息子が一人前になれたのは、お前のお陰じゃない、このあたしがいたからだって。
 ノイローゼになったときも、肺炎でうんうん唸っていたときも、あたしの、この中学出のバカな身体がいつでも手を伸ばせば届くところにあったからだ、って。
 ホントだよ、先生。
 朝飯くわしてやったって、あいつからは一文ももらってないし、オールただだったわよ。
 だけど、そういうの、愛って言うんでしょ?。今でもぜんぜん悔しいなんて思ってないもん。そういうことしている間、あたしずっと楽しかったんだし…。
 だから、ホントに自分の息子を幸せにしたいんなら、今度の嫁さんには脇から口出しするな、って言ってやりたいんだ。
 あたし、なんとしてでも漢字間違わないでちゃんと書きたいの。


これで泣かない人間などどこにもいなかろう。
俺は書きながらまた泣いた。
おそらく2万34回目くらいだ。






gw3-2shou

tanndokuiro1000.jpg

bakagann.jpg

(BGM:D.M「チョスナ ! ナシテ ?」from「GALAX 2」)
→当時は「なんだこりゃ」と思いましたけど、これはけっこう難解に作られてるのかもしれない。
改めて聞くと、ギターもドラムもキーボードもバラバラかと思いきや、けっこうフィットしてたりして、最後はちゃんと最初に戻ったりして、なんだかすげえ感じすらしてくる。
曲名の意味がわかりませんけど、これはきっと、なにがなんだかわかりません、ってことなんでしょう。

ラブレター


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



人は、恵まれた人に何をか言われても、自分が恵まれていない立場であると、その中身に寄らず、なかなか受け入れられなかったりする。

「あんたにはわかりっこない」って、話を遮ったりする。

その気持ちは、俺にはよくわかる。
自分がそうだったから。

金がなくて、家賃で精一杯で、子どもがいて。
子どもがおねだりをすることもなかった。
無理だって、最初からわかってたからだろうな。
今考えれば、不憫な思いもさせたかもしれない。

あの時は、まともに就職した連中が、どっか敵に見えていた。

貧乏人に醤油を贈るようなバカな真似をするモノではない。
貧乏人にはメロンだ。
醤油はなにを削っても買うけど、メロンは買わないからだ。

そんな身勝手な貧乏人の論理を振りかざして、「お前らにはわからない」と俺はバリアを張っていた。


でも、よくよく考えれば、俺はまともな家に育ち、というか、親父はほぼ家にいなかったけど、でも高度経済成長の頃はどこの家でもそんなもんだった。
多少ヒステリーなところのあるお袋に育てられたが、それもそんなもんだ。
別に今、親に感謝しこそすれ、何かネガティブな感情はない。
金に困ったこともなかった。
だから、実家に行けばなんとかなった。
そう考えると、あまりにそれは理不尽なバリアだったと今なら思える。


けど、子どもの頃から金がない、不幸せな家に育つというのは、俺の苦しみなど屁だろう。
親が死んだことも、子が死んだこともない俺の苦しみなど、たいした話ではない。

だから思うのだ。
君はどうして俺の話を聞いてくれるのだろう。
俺をそうやって受け入れてくれるのだろう。

いや、それはとてもありがたく、嬉しいことなのだけれど。
というか、君は俺にとって数少ない飲みに誘える仲間だから。
本当に大切に思っている。


君は、本当に大きな人なのだろう。
いろいろなことに板挟みになっても、それでも前を向くのをやめない。
いや、俺の話を受け入れてくれる。

俺がどれだけ小さな男か思い知らされる。


人は時に、自分の思いがすべての人の思いだと勘違いする。
産まれて来た場所が違って、育ってきた毎日が違うのだから、そんなわけがないのに、「なんで君は○○しないのか?」などと平気で言ってしまう。

俺は幸せに生きてきたから、そりゃ悩みも苦難もたくさんあったが、そんなものは世の中の不幸に比べたら天国だと思う。
悩む自由があれば、願う自由があれば、本当は幸せなんだ。
そんな俺が偉そうに言えた義理はどこにもない。


それでも君が俺の話を聞いてくれるという、その姿に、俺は自分の勘違いをしかと受け止めるよ。
その機会は、きっとこれまでもたくさんあっただろうに、俺は50を過ぎてそのことを本当によくわかった気がする。


確かなことは、君がどんな状況に置かれていても、たとえ俺の話を聞きたくなくなっても、俺は君のことを待ってる。
君のことを大切に思っている。
それはきっとずっと変わらない。

お節介だと石を投げてもいいさ。
俺にとっては、そんなことは大したことじゃない。


さて、今日も晴れた。
洗濯でも干して、車に乗って、いつものように仕事に行こう。
そして、もし時間があったら、どっかで待ち合わせて飲みに行こうか。





!cid_5815616651420597218472324.jpg

!cid_900729868198324142774919.jpg

moutokulitt.jpg

occhi.jpg

(BGM:HANG ON THE BOX「YELLOW BANANA」from「EDGE OF PUNK」)
→なんかこれバカっぽくて気になる。
英語歌詞なんだけど、小学生が英語しゃべってるみたい。
英語圏の人に通じないと思う。

宣伝


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


佐藤先生は、毎週1回、みんなの訓練ということで来るようになりまして、もうずいぶんたちます。
御年87歳ということですが、とにかく「市丸たちに会いたい」という気持ちが、先生を動かしているようです。

そもそもは、井上の動かない左手だったり、けいれんを起こしてしまうミツの手だったり、そういうのをやってくれていたんだけど。
今は、勉強、字を教えてもらったりもしてるらしい。
それを見ていた他の連中も「俺も教えて欲しい」となって、佐藤先生としてはけっこうな人数を一日で相手することになる。


というのも、けっこうその道では高名な先生で、30歳の、30年間開かなかった肘を一瞬で開いてしまった、とか、よだれを止めてしまった、とか、それらは「魔法」とか言われてるらしい。
出るところに出れば、それなりに講演料も取れる人なんだろうけど、今はウチに来るだけですね。
あとは、近所の碁会所にいくくらい。

と、まあなんでよく知ってるかというと、俺の親父だからですね。


虹の会は、親を入れない、というのを基本にしてますから、うちの親父を入れるのはどうか?という論議は確かにあって、しかし、もう佐藤先生へのミツ達の絶大なる信頼感がすごい(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4584.html など)。

なにせ、佐藤先生に「早く教わりたい」のである。
佐藤先生の「井上くん達に会いたい」と相思相愛なので、まあヨシとしよう、と。
同時に、偉ぶったところがないというか、身体が動いていた頃は市丸たちとゴミとかのまとめを粛々とやる、みたいなところもあって。
で、まあ、毎週やってもらっている、と。


各々カリキュラムが違うらしく、何をやっているかの全貌は俺もつかんでいませんが、佐藤先生のおかげか、普段喋らないカイが字を書いてしまったり、そうした奇跡はけっこう目にしています。

その佐藤先生ですが、機関紙に毎月連載を書いてくれていて。
Kくん、とか書いてますけど、コバですね、その辺はなんか昔の先生らしいんですけど、そういうことを書いてくれていて。

で、佐藤先生としても、生きているウチに本を出したい、という思いがあったようで。
これをまとめる、ということになったようです。
その本が、現代書館というところから「私を育ててくれた子どもたち」という本として出るようです。


俺からしてみると、まあ老後の生き甲斐として、ボケないためにもいいのかな、という思いもありますが、あまりに「彼らのために行かなければ…」という使命感が強すぎて、具合が悪いときにも来ようとして、お袋から「今週は休みなさいって言って!」と言われることもしばしば。
その辺がまあ、子どもというか、同じような精神構造なのかもしれません。
もうちょっと年を考えてもらいたい、とは思いますね。


よく、俺がこの道を歩んでいることに関して、「お父さんの影響はあるんですか?」と聞かれることがあります。

確かにあると思います。

よくウチにも卒業した「教え子」がたくさん来ていたし、電話もよくかかってきていた。
親父がいないと、お袋が対応したりして、なんだかもう、そういう姿は見てきました。

ま、有り体に言えば、立派な人なんです。
そして、努力家。
朝も早くから起きて、毎朝なにかしら書いている人でした、俺の勉強机で。
俺が起きる頃、親父は学校に行くので、その間、俺の机を使っていたようです。
勝手に部屋に入るな!という気持ちもありましたが、狭い団地暮らしだったのでそこは仕方ない、とも思っていました。


ま、そんな感じですから、親父とどこかに出かけた、という記憶はあまりありません。
日曜だとか、そんな日も「卒業生と会う」とかどこかの運動会だとかなんだとか、いろいろ行ってましたし。
小さい頃は、よく連れて行かれました。
つまり、それが休日の過ごし方でもありました。
親父の学校のプールにもよく入りました。
すいててよかったけど、まああのプールに一人は寂しいものでもありました。
今考えると、でも、必ず体育の若手の先生とかが来てくれて、なんか教えてくれたりもして。
俺一人プールは心配だったのでしょう。
つまり、まあ「佐藤先生、俺、お子さんに付き合いますよ」という若手の先生が親父の周りにはいたと言うことだと思います。


どうでしょうかね。
影響はあるでしょう。
親だから。

でもまあ、彼のようになりたい、とはあまり思ったことはありません。


それは、おそらく時代が違うんです。
正直、彼の子どもたち(親父から見た市丸たち)に対する熱さ、というのには敬服しますし、それはもしかしたら俺もそういう面があるかもしれない。
でも、努力家ではないけれど。
そこはお袋の血を引いてしまった。

でも、それを「どう表現するか?」という意味や、社会が排他的になってきている昨今の状況のことや、そういうことをあわせ考えたときに、おそらく俺は親父のやり方は古いと思っているんだと思います。


でも、温故知新。
そういう歴史を知って、今の時代の中で、それをどう活かすか。
未来に向かっていくか。

そういう意味で、この本で大いに勉強させてもらいたいと思います。






(BGM:中塚武「Magic Colors」from「Beautiful Techno」)
→これね、いや、すげえカッコいいですよ。
この軽い感じ、そしてヴォコーダーの声の重なり方、ちょっとした不協和音、なんだかどれをとってもカッコいいし、どれを抜いても成り立たないというか、ぎりぎりで成り立ってる感じ。
ブレイクビーツの入り方も、バンドのそれじゃなく、テクノのそれ、というか。
いや、よくできてる。
カッコいい。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE