FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

汁漏れ問題


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



なんですか、レジ袋が有料になります、みたいな。
まったく、どうしようもない決まりを作ってきますね日本の政治家は。

レジ袋をなるべく使わせない、ってことが主題らしい。
まあ、有毒ガスが出ますとか、そういうことなんだと思うんだけど。
よく知らんけど。

というか、まあ今、にじ屋でもどうするか調べてますけど、この手間をまず返せ!って感じですけど。
言うこと聞いてほしいなら、ちゃんと説明しろよな。


とまあ、よくよく考えますと、レジ袋ってのはすごく役に立ってるわけですね。
そういうライフスタイルになっている。
家でゴミ箱にはめてみたり。
生ゴミを入れてみたり。
無駄にはしてないんじゃないか、と思うんですよね、みなさん。

しかも、やっぱビニールのいいところは、破れてなければ漏れない、という。
だから家のゴミ箱も清潔に保たれる、みたいなところがあります。
ま、ひいてはゴミ集積場の清潔も保たれる、みたいな。
それは都市の清潔でもあるんだけどね。

ま、だからね、「そういうライフスタイルを変えたいんだ!」ということであるのなら、それはそれで、ちゃんと説明してくれよ。

今までやってたゴミ箱にはめてたのを、どうしたら新しいライフスタイルになるのか、ご提案をしてくれ。
清潔に保ち、なおかつ簡単に使えるのは、今のところレジ袋しかないんですよ。
だから、どうすんのよ、その辺、と。


逆に言えば、これね、結局レジ袋もらわなかったとしても、他のビニール買うことになりますよね。

結局、ビニールってことで言ったら同じじゃん!という。


まあ、これを書いているのはまだ6月なので、7月からどういうトラブルが発生するか知りませんが、コンビニとか大混乱するんじゃねえかな。
だって、先に書いたように、ゴミを入れるために、ものすごい役に立ってるわけですよ。
食べかす、弁当を食べた容器、アイスを食べた後のあれこれ、まあそういうのを入れておいて、次に見つけたゴミ箱に入れる。
ゴミ箱も清潔ですよね、その方が。
アイスの食べたあとのあれこれなんて直接入れられちゃったら、まあもうゴミをまとめる人も大変なんじゃないかと思うんだけど。

というか、そもそも日本にはゴミ箱が少ない。
観光地でさえ、そのビニールに入れたまま持ち歩いて、やっと見つけて捨てる、みたいな現象が起きますよね。
ま、これはオウム以降そうなっちゃったわけですけど。
レジ袋がないとなると、ポイ捨ても増えるんじゃないですか?


いや、といって、ビニールがいろいろと問題を起こしているのもわかります。
だとしたら、それはそこに解決の照準を合わせればいいのに、なんでそれがレジ袋有料化になるわけ?という。
しわ寄せは、家のゴミ箱、ゴミ集積所、街のゴミ箱、街の景観、ってことになるような気がするなあ。


ま、そんな中。
「君らはどうすんの?」と。
井上たちに聞いてみました。
よく弁当を買いに行くコバとかね、「どうする?」と。
買うしかない、となったりしてたんですけど。

そんな話をしていたら、ノブが、「エコバックにすると、つゆが漏れる!」という、これまた現実的な意見を持ってきまして。
そうだよねえ。
そうなったら、エコバックも洗わないと不潔になっちゃうよな、みたいな話をして。

そうなんですよね。
実はこの「汁漏れ問題」が大きい、と言うことにも気づいたんですよ。

というのも、特にコバとか、まあウチの連中、コンビニとかで弁当を買ってきますね。
すると、まあ買って帰ってくると、縦!
弁当が縦!
ま、そういうことが多々、多々、人によっては9割9分あるんです。

まあ、お店の人は考えて入れてくれてるんだと思いますが、歩いているウチにそうなっちゃうんでしょうなあ。
「縦になったら汁漏れ問題が…」とはまあ、なかなか彼らはそこまでは想像できないところがあって。

でもまあ、汁漏れ問題が発生したとして、コンビニ袋だと、その中で被害が完結するんですよ。
ついでに食べたあとの容器も入れちゃえば、まあ被害が広がらずに捨てることができる。

これがエコバックだったとしてみたら、もう毎日洗濯ですよ。
逆に合成洗剤使うじゃん!みたいな。


まったく、なんだか、もう、市丸たち置いてけぼりなんだよな、なんにしてもさ。







書店員

車募集

(BGM:Mahalia Jackson「Great Gettin' Up In The Morning」from「Gospels, Spirituals & Hymns [Disc 1]」)
→ゴスペルってのはとにかくかっこいいし、これを教会でやったりするとか考えるとなおかっこいいよな。
ちょっと日本の寺、とかいうとこういうの、なかなかないよな…。
スポンサーサイト



その時はキレよう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



最近は近所の店に飲みに行くことが多いですが、どうですかね。
まあ、駅前とかでなじみの店、みたいなのはなくはなかったけど、近所でそういう店ができるというのはありがたいことで。

そもそも俺の場合は、職住接近。
ウチから事務所まで信号もない。
どころか冷静に歩いてみると横断歩道もなかったという。

恐ろしいことです。
というか、ありがたいことです。

で、まあ、近所の店にずいぶん通っておりました。
この間。
それはそれでとてもありがたく、楽しかったんですが。


でもまあ、そろそろ駅前くらいまでは出ようかな、と思ってる昨今です。
井上たちにも、都内はちょっと難しいが、駅前くらいならいいだろう、というコロナ解除第三弾くらいを話したところです。
まあ、いろいろ約束事は決めました。
それをきちんとやってね、ということで。

井上たちにしてみると、彼らだけ、俺らと飲んでいても、まあ物足りないわけでしょう。
イベントなんかで知り合った人とコロナ前は「大宮待ち合わせで」とか言って飲みに行ってたわけだから、やっぱそろそろそこに戻したい、という思いもずいぶんあるようで。
その辺もやっていいですよ、誘ってみてもいいですよ、という感じにしようと決断したところなんですが。

そういう、井上たちを誘ってくれる人たちが、俺らの周りにはずいぶんいたりするので、それはとてもありがたいことであります。
普段、俺らと一緒で、まあだから俺らと飲むってのは、それは仕事帰りに同僚と飲むようなあれだけれど、といっても、まあ彼らにとっては俺なんかはどっか「先生」なわけだけれど。
そこから外に広げられる可能性を作ってくれる人たちがいて、ほんとにまあありがたい。

とはいえ、感染は怖い。
いろいろ約束事も作りながら、守らせながら、守りながらやっていきたいと思ってる今日この頃。


近所の店のいいところは、やっぱ「同じ店やってるし」みたいな感じもあるわけですよ。
うちはにじ屋をやっている、そしていろいろポスター貼るのなんかも協力してもらってる。
そういう店に行きたい、という気持ちはすごくあって。
地域で盛り上げたい、というか。
廃業する店も多いと聞きますが、そういう感じの部分で支えあいたいというか。

まあ、俺らの力なんて鼻くそみたいなもんですが、鼻くそも集まればくそ、ということもあります。
くそというか、ボトルを入れるくらいはできるかもしれない、みたいな。


とはいえ、ウチの事務所やお店はそもそも駅から遠いですから。
人に来てもらうとなれば、やっぱ俺らのほうから駅に出る、というのが流れでしょう。
ここの地域も盛り上げたいが、一緒に飲みに行ってくれる人も増やしたい。
そういうわけで、そろそろね。

でも、というか、なんか怖くなってるね。
あれ?駅に出るの、ちょっと怖くない?みたいな。
気づいたら、なんかそういう気持ちもちょっと出てきてしまうくらい強烈なコロナ。
というか、自粛期間。

ずいぶんなんか洗脳されちゃったな、と思いますね。
ステイホーム言われて、どっか「外に出るのは怖い」にそれが変換されてしまったような。

「正しく怖がる」といっても、怖がるに正しくも何もないわけで、怖いものは怖い。
貞子がテレビから出てきてんのに、「正しく怖がれ!」と言ったところでどうにもなりませんわな。
でもまあ、どっかでもみなさん恐る恐るなのは同じなのかな、と思ったりすると、コロナ前のノーガード戦法ではない社会はもうできているような気もしたりしなかったり。


これでまあ、駅前に行こうかと思いますが、よく行っていたおばちゃんの店は大丈夫だったのだろうか、とか、ちょっと心配ですね。
これで廃業とかしてたら、やっぱもう、怒っちゃうな。
金ちゃんと配らないから。
そもそも自粛しろなんて、おかしいし。
「自粛を要請」というわけのわからない日本語については、俺はもう絶対忘れないから。
こういうことをするんだ、政府は、と俺はしかとわかったよ。

俺は仕事としては自粛もできなかったし、リモートもできなかったから、逆にすごいストレスではあったけど、仕事がなくなる、ということはなかった。
それはありがたいのかどうなのか、よくわからないけど、いや、そもそも誰だって仕事はなくなかったはずだからコロナがなければ、いや、補償があれば。
しかも、コロナは誰のせいでもないし。

第二波なんて言うけど、それでまたこの調子で、補償なしの自粛要請なんて言われたら、もう、その時は、キレよう!。
みんなで。

もう二度とあの補償もないステイホーム状態はごめんだよ。





書店員

車募集

(BGM:鈴木トオル「WITHOUT YOU(アルバムバージョン)」from「マリアージュ」)
→これね、まあスタンダートナンバーですね。
いろいろな人が歌ってて、もうどれと最初出会ったのか忘れましたね。
でもまあ、名曲には違いない。
名曲だけにね、まあカラオケになってしまいがちなんですけど、そうなってますねこれは。
基本、Nilssonのバージョンを踏襲してる感じ。

先延ばしにしよう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


前はよく「長生きしようよ」みたいなことを言ってました。

井上たちに健康診断の結果の見方を伝えよう、とかの場面で、そういう言葉を使ってました。
まず「健康に気をつけないと死んじゃうよ」というようなことを言いたくて言ってたんだけど、最近、ちょっと言い方を変えてきてまして。

たいがい、まあ「死にたいの?」と聞けば、「死にたくない」とみんな言います。
けども、目の前にナイフがあるのならまだしも、例えば「肝臓の数値が悪い」みたいなことって、死とはなかなか連動しない。
だって、今は特にどっか痛いわけじゃないし。
動けなくなったわけじゃないし、という。
でも、それを続けていたら、まあ大変なことになるのは目に見えているし、彼らはけっこうそういう「注意する心」というのを持ちにくいところがあって。
それはまあ、「未来を見る力」ってのがなかなか弱い、ってことではあるんですが。

たいがい、「酒はちょっと控えた方がいいよな」とか、「普段はコーラじゃなくてお茶にした方がいいよな」という風に、健康にことさら気を遣ってない人でも、その程度は思うもんだと思うんですが、なかなかそこも難しい。
一度そういう風に思ってしまえば、コーラを飲むこと自体が毒を飲んでいるような気になってしまったりするもんなんですけど。
けども、なかなかそこに持って行けない。

ま、好きなもん飲んでりゃいいじゃない、という意見もある意味成り立つんだけど、それで体を壊すのは彼らも本意ではないんだよね。
そこに思いが至ってないだけで。

と、まあ話がそれそうなんで、ちょっと戻しましょう。
なにを言いたいかというと、「健康に気をつけよう」というのを、どう彼らに伝えるか、ってことですね。

それを「死にたいか?→死にたくない→死にたくないなら、こうしよう」、という流れで話をしていたんだけど、う~ん、ちょっとすわりは悪かったんですよ。
なんかちょっと自分でも、う~ん、とは思っていたけど、それ以上の語彙がなかったというか。
どう伝えたらいいかわからなかったというか。

ツノちゃんなんかは、時に「死んでやるんだからな!」というようなことを言うんですけど、まあいわゆるフラッシュバックの時にそうなる。
まあ、そういう時はあまり真面目に取り合ってもしょうがないし、逆にあまり真面目に取り合ってしまうとそれが逆に固定化しちゃう感じもあるので、あまり取り合わないんですが、そのときに、ふとね、こう言ったんですね、オレ。

「あ、大丈夫だよ、いつか必ず死ねるから」

自分の口からふと出たこの言葉、なかなかなんかフィットしたんですね。

「いつか死ねるからね、今死ななくても大丈夫。急がなくても大丈夫だよ、必ず死ぬの、人は。少なくとも、ツノちゃんはいいかもしれないけど、オレはツノちゃんが死んだら悲しいから、オレが死んでからにしてくれる?。ゆっくりで大丈夫。」

というようなことを言ったら、ツノちゃんはなんか拍子抜けしたような顔になって、「うん」と言っていた。

つまりですね、これまでオレは、なんか「死」をすごく悪いようなモノとして言っていたな、って話なんですよ。
「死にたいの?→死にたくない」ってのは、どっか「死」を悪いモノにしちゃってるというか。
確かに、健康と死を二元論にして、わかりやすく健康が「いいモノ」、死をヒールにしちゃった方がわかりやすい、ってこともないわけじゃない。

けど、違うじゃん、というか。
死をそんなに悪として捉えてしまうのはよくないんじゃないか、って、そこにオレはもしかして据わりの悪さを感じていたんではないか、と思ったわけです。

だって、人は必ず死ぬわけですよ。
これはもう平等なんですよね。
そういう人生の中で、どうやって生きていくか、って話であって。
だから、人生を楽しく生きたいのであれば、「死ぬのはもうちょっと先がいい→だから病気を避けたい→健康でいたい→健康診断の結果は云々」というのが、まっとうな感じだよな、と。

死を悪としてしまえば、それはどっか人生を悪にしちゃう気がしてたんだな、オレは。
で、据わりが悪かった。
つまり、「死との共存」ってのを考えなきゃいけない、というか。
まあ、直接そういうことを話すわけじゃないけど、そういうベースの上で彼らに対していかなきゃいけないのではないかな、って思ったわけです。

「長生きする」、というのはいいんだけど、なんのために?ということが大事で。
そう考えると、死を先延ばしにする、って方がなんかフィットするかな、っていうか。

ま、いろいろ悩んだり、据わりの悪い感じもありつつ毎日進んでいます、て話です。







(BGM:アリス「さらば青春の時」from「ALICE 30 SONGS メンバーズ・ベストセレクション」)
→これね、まあ普通にいい曲だと思うんだけど、最後の「そんな力を与えてほしい」ってところのコードがそれまでの繰り返しとちょっと違う感じですごくいいんだよな。

人類にとっては小さな一歩かもしれないが


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


まあ、毎日市丸たちは仕事をしているわけですけど、昼飯をどうしているかというと、まあ実家通いの連中は弁当を持ってきたりしている時もありますが、ほとんどはコンビニだとかスーパーだとかで弁当やらを買ってくる、ということをしています。

正直、買い物も楽しいっちゃあ楽しいわけで、特に彼らの中には下手すると一人で買い物に行く機会を持てないままきた、というヤツもいるわけです。
施設なんかだと、コンビニへの買い物自体が「行事」になったりするわけですから。
ま、それを平素の毎日で彼らはやっている、ということになります。

とはいえ、まあなんだかんだ近所の店というのは限られてきます。
けれども、けっこういろいろありまして。
近隣には、市丸たちのことを理解してくれるというか、わかってくれる店も多く、まあ安心と言えば安心なので、ある程度自由に彼らは買い物ができているというところもあります。
というか、まあ放置ですけど基本。
だんだん、「あ、この人はちょっとアレな人だな」とわかってきてくれた感じがあるというか。

で、まあ近隣には、コンビニやスーパー、弁当屋さん、それだけじゃなくて、今はテイクアウトをがんばってやってるところもあったりするからいろいろと選択肢はあります。
せっかくなので、色々食べてみたらいいのではないか、と思うんです。
「毎回同じ弁当」というのは、なんかさみしい。
好き嫌いはあるとしても、「毎回同じ」というのはちょっと違う気がする。

ただまあ、どうしても毎回同じ弁当になってしまう、というヤツもいます。
言葉を出すのが難しかったりすると、そもそも周りの人、親とかが「あなたはスパゲティが好きなのよね」とか言って勝手に決めてくれちゃったりすることも多かったでしょう。
同時に、けっこう「こだわり」を発揮しちゃって、「毎回同じ」にしちゃうヤツもいます。
あとは、「この弁当だったら買える」というような自信、みたいなこともあったりするかもしれません。

でもまあ、毎日焼きそばばっかり買ってくるのもどうなんだろう、というのがあります。
モトミ先輩がその感じなんですが。

ある日、アキとモトミがいつもはコンビニに行くんだけど、一番近いスーパーに行こう、となったらしいんです。
アキとしてもモトミの世界を広げたい。
しかしまあ、モトミ先輩はコンビニに行きたかったのか、ものすごい叫んだらしい店の中で。
でもまあ、買い物を終え、帰ってくれば(焼きそばじゃないものを買った)、まあ「おいしいね」とか言って食ってる。
アキとしては「なんなんだまったく」、と思ったわけです。

だけど、まあ叫ばれるのもよくない、というか、普段ならまだしも、このコロナの中、叫ぶのはちょっとはばかられる。
やっぱ、とりあえずはこのコロナの感じの中では、おとなしくコンビニ行けばいいかな、と思っていたらしいんです。

で、それがあった後、まあまたアキとモトミ先輩が昼が一緒、ということがあったらしいんです。
まあ、モトミ一人でコンビニに買いに行っちゃうかな~、と思っていたら、なんかモトミ先輩はしおらしくアキのところに来て「お弁と一緒に行ってください」みたいなことを言ったらしい。
あ、そう、わかった、じゃあ一緒に行くか、となって、まあ今日はコンビニかな、と思っていたらしいんだ。
で、コンビニに向かって歩いて行くんだけど、そしたら、「ここで右手にコンビニ」という場面で止まらないモトミ先輩。
あれあれ?という間に、結局その先にある、また別のスーパーにすんなりと入っちゃったらしく。

で、お弁当も普通に買って、いつもはモトミ先輩はミルクコーヒーみたいなのを買うらしいんだけど、まあこれも正直砂糖多すぎるんで、ちょっとやめさせたいとは思っていたんだけど、そこもなんか紅茶みたいなのにして、それでまた叫ぶかと思いきや、叫ぶこともなく。

そして、まあうまいうまいと食っていた、という。

う~ん、つまりですね、モトミ先輩自体も、別に毎回同じモノを食いたいわけじゃないのではないか?ということなんですよ。
「あのときは叫んじゃったけど、またつれてってくれない?」というのがモトミの真意だったのではないか?という。
あのとき叫んじゃったけど、本意じゃなかったな、みたいな。
そういうところもあるのではないか、というね。
いい話だなあ、と思ってアキから聞いてたんですけど。

そしたら、その翌日は外口さんとモトミ先輩が一緒の昼の時間になったらしく、またモトミが寄ってきて「おべんと云々」という。
なんで、一緒に今度はあの叫んだスーパーに行ったらしいんだけど、別に今度は叫ぶこともなく…、ということだったらしく。

いや、なんかね、「この子はこれが好きなんです」といって同じモノを食わしておけば、まあ毎日は済むのかもしれないけど、でも、ホントにそれがモトミにとって、彼らにとって望む形なのか、というとちょっと違うんじゃないか?という話なんですけどね。

こういう挑戦を一緒にやってくれる専従のみなさんとかがいて、とても頼もしいし、彼らの毎日が広がっていくのではないか。
作業を教えるだけ、じゃなくて、ただ時間あずかるだけ、じゃなくて、彼らと一緒に、彼らの、俺たちの世界が広がっていけばいいな、と俺は思います。
コロナの中、まあ何もできない、ってほっておくんじゃなくて、やっぱそれでもできるところで一歩世界を広げられるような毎日を送って行けるのは幸せなことだと思います。

そりゃ、違う弁当を買う、なんてのは、人類にとっては小さな一歩だけれど、モトミ先輩にとっては大きな一歩なのだから。






(BGM:BALZAC「Sad Nos. 99」from「13 Stairway -The Children of the Night-」)
→よくこの人たちのTシャツは見ますよね。
とにかくかっこいいTシャツで。
サウンドはよく知りませんでしたが、もっとおどろおどろしいのかと思いきや、けっこう爽快だった。

拝む


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


そういえば、コロナのさなかパソコンを増やしまして。

というのは、ネット事務所には「市丸たちが使ってイイパソコン」というのがありまして。
ま、俺らと共用で使わせるわけにもいかないし、なにが起こるかわからないので、いろいろよくわかんないけどサーバーには入れないとか、そういうことを駆使した感じでパソコンを1台置いておいたんです。

でもまあ、アクムが独占しちゃいがちだったり、いや、まあもう一台あってもイイかな、と。
使う予定ということで言うと、市丸、コバ、ヨウコ、井上、アクム、あたりなのかな。

どっかに行きたい!とかを調べたりするのに普段使っているんですね。
プロレスの何ちゃらが何日にあるんだけど、行きたいんだけど一緒に行ってほしい、とか。
そういうの。
そのまあ、きっかけになりますね。

もう世の中どうあれしても「詳しくはWEBで!」ですよ。
その流れは市丸たちをも飲み込んでいると言っていい。

しかもまあ、簡単なんですよね。
ポチッとクリックすれば、次のプロレスの予定が出るわけですから。
字が書けない市丸だって、「大日本プロレス」は読めますから。
そこをお気に入りに入れておいてあげればいい。
ま、「大日本プロレス」が読めるからといって、「大」が読めるかどうかはまた別なんですが、それはそれでまあ、生活力ですね。

あ、そういえば、市丸はアルファベットは「ジェー」といいますね。
たぶん、Jのことだと思うんですが、でもまあ、「WAVE」はちゃんと「プロレスリングウェーブ」というのはわかりますが、じゃあ「W」は?と聞けば、やっぱ「ジェー」といいますね。

でも、オレはそういうのいいと思います。
ぜんぜん、大丈夫。
生活力がすごいなあ、とオレは関心こそすれ、ダメだなあとは全然思いませんけど。


で、まあ中古の浅いパソコンをいただいたというのもあって、ちょうどいいか、と。
ウチのパソコン部隊・アオテツにお願いして入れてもらいまして。

まあ、この間、たくさんの方からマスクをいただいたり、いろいろ頂き物をありがたいことなんですけどね。
いや、もう普段から野菜とかいただいているんで、この時ばかりじゃないですけどね。
ホントありがたい。

で、パソコンもいただきまして。

買うとなると、もう「市丸たちの分まで金ないよ。一台でなんとかしろ!」となる可能性があったんですが、ありがたい。

ま、市丸たちがそういうのを調べるってのはすごく大事なことだし、有用だとは思うんですが、我々が仕事上でなんかのやりとりをしたり、ビラを作ったり、機関紙を作ったり、というのとはやっぱちょっと性格が違いますからね。
あくまで、まあ、「遊び」ではあって。
でも、その「遊びこそ重要じゃねえか!」ってことではあるんだけど、背に腹で、どっか後回しになってしまいます。

もっと言えば、もう調べさせなければ「一緒に行って」といわれることもないし、そうすれば我々も早く帰れるし、休みの日も奴らに付き合う必要もなくなるんですけど、まあそれじゃあ俺たちのやってることの意味がないわけで。


というわけで、増やしたのはいいんだけど、約束事を作ろう、と思いまして。

やっぱね、いただいたモノだから大事に使わせたいわけですよ。
でも、アクムなんかは、時に立ち上がりが遅くてパソコンに当たったりする。
「馬鹿者!」という話なんですけど、まあそういうのもあります。

パソコンはおもちゃではない。
自分を広げる有用なツールなのである。
そしてそれは、自分たちが大事に使わなければダメになってしまう。
そして、そうなったら、もうなにも見れないし、なにも調べられない。
だから、大事にしなきゃいけない。

それをなんとか約束事の中に織り込めないか、と。

で、ちょっと思いついたのが、パソコンの電源を入れたら「よろしくお願いします!」と拝む。
終わってシャットダウンしたら「ありがとうございました!」と拝む、という。

ま、形から入ろう、という。

で、約束事を発表して、実際にみんなで一回やってみよう、と言った時の写真がこちら。

ogamu.jpg

ぎゃははははははははは。
なんか宗教のようになっとる。

でもまあ、こういう形を守らせることで、どっかモノに対する愛情を考えてくれたらな、と思っています。







(BGM:Everything But The Girl「Flipside」from「Walking Wounded」)
→こういうループっぽい曲、好きなんだよな。
特に盛り上がりもない、といわれればそれまでなんだが。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE