プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

それでも神になる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



かおるさんの骨の一部は、大阪の一心寺ってとこにあずけられていて。
そこは、みんなの骨を集めて仏像を作る、というね。
十年に一回、仏像になるそうで。
彼女の遺言で、ここに骨をおさめることになった。

彼女が亡くなって、まだそんなにたってないけど、ちょうど、その仏像の時期が今月やってきまして。
今月、この十年間に集まった骨で作った仏像のお披露目がありまして。

で、大阪に行ってきました。


ま、もう普段はかおるさんのことを思い出すこともそんなにはありません。
何かの時に、「彼女がいてくれたらな」と思ったりはするけれど、それ以上のモノではない。
時間というのは恐ろしいモノで、あんなに悲しかった彼女の死もその角が取れて丸くなっていく。


彼女は専門学校生だったとき、事故に遭って半身マヒになった。
彼女が悪かったわけじゃない。
いきなり車が突っ込んできた。
で、そのまま、彼女はもう歩くことができなくなった。

彼女にしてみたら不意打ちで人生の岐路がやってきた。
強制的に、彼女はそれまでの夢も、人生でおぼろげであっても引いていたレール、みたいなモノから降ろされた。

リハビリの毎日。
それは彼女にとって、「これからの人生が真っ暗」であることも同時に叩き込む。
いや、今からもう35年以上前の話だからね。
もう「リハビリしたところで行く場所などない」という時代。

田舎の生活がイヤ、というのもあって、東京の専門学校に通うことになった彼女。
もちろん、服飾の仕事もやりたかった。
彼女が事故に遭う前に作ったという服も、彼女の死後、一人暮らしの彼女の部屋の押し入れから出てきた。

田舎の農家の家に戻って、ただ毎日日向ぼっこする毎日が待っている。
彼女は、実際にそう思っていた。

リハビリの毎日。
数年にもわたる入院生活の中で、彼女の東京の部屋に転がり込んでいた、半同棲していた彼氏は一度も見舞いに来なかった。
彼の荷物も、着替えもたくさん部屋にはあったはずなのに、彼女の親は、入院数ヶ月したところで部屋には「戻れない」ことを知り、「部屋は引き払ったから」とかおるさんに告げた。
そもそも半同棲なんて親には言ってなかったし、「彼の荷物は?」とは聞けなかったよ、と後に彼女は俺に笑って言った。
笑えないぜ、と俺は思った。

ま、とにかく最悪だ。
一瞬にして、彼女はすべての未来を失った。


でもまあ、彼女は虹の会の存在を知り、田舎で日向ぼっこの生活ではなく、自分に課された社会の矛盾と闘う道を選ぶことになる。
それはまあ、彼女がしたかったことではない。
けれど、あの時代の、あの状況の中で、彼女が生きていくために必要なコトだった。
闘わなければ、一人で住むこともできなかったのだ。

そして、多くの友とも出会っただろう。
でもさ、それが、彼女の「あの一瞬ですべてを失った」喪失感を埋めるモノになったんだろうか。


彼女は、あの一瞬、そしてリハビリの間、そしてこっちに来てからだって、神様をずっと怨んできたと思う。
「なぜ私が」
「なんで事故に遭わなきゃいけないの」
「神も仏もない」
彼女は、何度神に恨みごとを言っただろうか。
何度、泣きながら、心の底で叫んだだろうか。


でもさ、そのご開帳された仏様を見てさ。
彼女は、その怨み続けた仏様になったんだ、って思ったらさ。
仏様になりたかったんだ、って思ったらさ。

俺の悩みや、俺の煩悩なんてのはね、俺の人生なんてのはね。
まだまだなんですよ。

俺なんかね、まだまだなんですよ。






(BGM:ホギー青山「マリリンモンロー行かないで」from YOUTUBE)
→ホギーであってますか?ホギーで。
もうね、この冒頭、イントロの前からあえいじゃってるでしょ。
エロ声歌謡が究極までいっちゃったみたいな。
いや、もうなんか聞いてられない、でも聞きたい。
スポンサーサイト

お母さんのただ一つの心配ごと


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ガチ。かなり急いでる。誰かいないか?フルタイム可能、とにかく相談。


てなことで。
先月の母の日のプレゼントというのは、ちょっと「みんなもなんかしようよ!」みたいなことで、考えたんです(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4055.htmlhttp://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4061.html)。
けれど、まあ、父の日ってのはやっぱそんなにね…。

実際に、ショッピングモールにおいての「特別コーナー」がそもそもありませんでしたからね。
母の日はもう盛大に入り口ど真ん中に「感謝しましょう」感があったんですけど、父の日の特別コーナーというのはなく、その場所はお中元売り場になっていました。
「ご配送受付コーナー」とかもあったりして。

ま、場所にもよるんでしょうが、ウチの近所はそうでした。
といっても、各売り場、例えばお酒売り場やお花売り場に、それぞれ「お父さんありがとう」とのし紙がついた日本酒があったり、造花があったり、というのはありましたけど、一堂に会して、入り口中央にドカ~ンと、という場所がなかったのは、なんだか「選ぶのタイヘン!」ということにもなり、それはそれで「おっくうになっちゃうな、こりゃ」と思ったりしました。

ま、どうでしょう。
やっぱ、お父さん、となると「なにを贈ったらいいか」が釈然としないというか。
靴下?
ハンケチ?
…まあ、そういう感じでしょうかね。
ネクタイ、とか。
といっても、例えば俺なんかはスーツも着ないし、ハンカチも持たないか…。
ネクタイもいらん。
ほぼ礼服用の真っ黒の一本で50年生きてきました。

贈る側が大人になれば、なんかお父さんがほしそうなモノ、というのはわからなくもないような気がしなくもない感じもありますけど、子どもの時だと難しいよな、やっぱ。
そうなると、マーケティング的にね。
子どもが食いつかないとなると、ちょっと苦しいかな、という判断もあるのかないのか。


ま、そんなこんなもあるわけですが、でも、どうしてもツノちゃんにはお父さんになにか贈りなよ、という気持ちがあって。

というのも、お母さんが数年前に亡くなって、そのお母さんの一番の心配がお父さんとツノが一緒に仲良くやっていけるかどうか?みたいなことで。
お母さんが入院してる時、何度かツノと一緒にお見舞いに行ったんですけど。
ちょっと遠くの病院だったもので、ツノも場所を知らないようなところで。
そのお母さんによれば、あんまりお父さんと話さなかったらしいんだよね、お母さんによれば。
だからもし自分が亡くなったら、とても心配だ、って。

が、まあふたを開けてみたらけっこう仲良くやっているようで、それまで乗らなかったお父さんの車にも乗って出かけたりしてるようで。

まあ、よかったな、お母さんも安心してることだろ、と思っていたら、お父さんがお弁当を作ってくれるようになった、ということで。
その弁当がなんだかだんだんこう「うまくなっている」というか。
不器用なお弁当が、どんどん「ベテランママが作る弁当」になっていく過程の物語を見るようだ、というか。

そもそも、ツノのお父さんは凝り性である、みたいな話はちょっとちょっと聞いていたんだけれど、お母さんとは話したことはあっても、実際にお父さんと話したことはほぼなく。
お母さんの手術の時、お葬式の時くらいで。
でもまあ、どっちかというと無骨な、不器用そうな感じというか、少なくとも社交的ではない感じというか。
そういう人が一生懸命お弁当を作る姿ってのが、なんかすごく微笑ましいというか。

なんで、「お弁当を作ってくれているお父さん」に、なにかしよう、って話はしていたんだけど、ツノによれば、お父さんは「そんなものはいらん!」と一蹴してるらしく。

まあ、そういう人っぽい感じは確かにあったな、と思うんだけど、今思えば。

人には二種類あって、こういう「感謝イベント」や誕生日イベントにのる人とのらない人。
俺はここまでの人生、アキと再婚するまでは後者だったので、ツノのお父さんの気持ちもよくわかる。

とすると、無理矢理なんかするのもちょっとな、ということもあり、どうしようか…とツノと考えた結果、まあ家に飾るインテリア、という感じのモノに落ち着いたんですけど。
特別にお父さんにあげる、というより、お父さんとの家に置くモノ、みたいな感じで。


で、先週のライブ前、仕事終わりにまあそんな相談をしてると、カブキが「ねえ、私も行ってイイ?」というので、「おまえもなにか贈りたいわけ?」と聞けば、贈りたい、と。
そう言われてみれば、どうもカブキの家もかなりお父さんがいろいろがんばってる、という話も漏れ伝わってくるところがありまして。

よし、じゃあおまえもなんか贈れ、ってことになって、まあその二人と買い物に行っていろいろアレしたんですけど。


お父さん方が喜んでくれたらいいんだけど。





(BGM:Hi-Posi「嘲笑」from YOUTUBE)
→ま、たけしさんの名曲、玉置さんの作った曲ということになるのかな。
普通のカバーだな、これは。

ドッキリを仕掛けてどっきりする


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



毎朝、イチマルたちと飯を食っているが、これは別に仕事じゃないんでどうでもいいんだけど、でもまあ、一緒に食べている。
ごはんを一緒に食べるというのはなかなか楽しいモンで、ご飯がガソリンじゃなく、コミュニケーションの材料かと思えてくる。

ま、昔から「同じ釜の飯を食う」みたいなことを言います。
アナクロなことを、何の根拠もなく振りまくつもりはマッタクないのだが、実際にやってみると、けっこうコレって当たってるな、と思う経験的に。

食う、というのは「日常」の行為なので、ことさら一回の食事を取り出してどうこうではないんだな。
そういうことじゃなく、「一緒に飯を食う」というのは、「日常を一緒に過ごす」ことと同義。
それは、「気に入ろうが気に入らなかろうが」「仲よくなくとも」一緒に過ごす、という「宣言」でもあると思ってる。

そういう意味では、俺は彼らとは立場が違うわけで、その中で「朝飯を一緒に食う」、ってのはすごく重要だと思って、まあ眠い目をこすりながら毎朝ネットに行くわけですが。


って、堅い話をしましたが。
そういうことはまあ置いといて。

やっぱ、朝一緒の時間ができる、というのは、面白いコトが増えるってコトでもあって。
単純に、まあ「面白くてイイじゃん」という早起き。
「面白>眠い」という。


先日の朝、大きくは二つのことがありまして。

①オグラ宛てにお母さんから手紙が届いた。それに泣いてしまった。
②イチマルの「直感推理力」のすごさを改めて実感した。
という。


まず①ですが。
母の日にカードを送ったんですよ。
当然、オグラが一言書いて。

で、実は、秘密のルートでお母さんが読みながら泣いている、という話は耳に入っていたんです。
もちろん、感激の涙です。

それを知っていたんですが、まあ知ってることは秘密ですから言えない。
「カード届いたかな」なんて話は出るモノの、「どうだろうね」としか言えない。

が、そのお母さんからネット宛てで、オグラの名前で手紙が届きまして。
オグラが読んで。
なんかちょっと照れ隠しみたいに笑ってるのはわかったんですが。

で、「読ませてくれない?」と聞いたら「ぜひ」というので、読ませてもらったんだけど。
その中に、「何度もカードを読んでは感激で泣いています」と書かれてて。

オグラのコレまでのことや、今のお母さんの身体のこととか、いろいろ合わせてアタマの中に一気にきて、泣いちゃったわ飯時に。

いや、よく考えたら、「母の日になんかしよう」ってアキと話した結果、「母の日にカードを送ろう」って流れにしようとして、いろいろ画策して実現させたのは俺で、つまりは、俺が仕掛けたカードのやりとり。
それに俺が泣く、というね。

つまり、ドッキリを仕掛けた側がどっきりした、みたいな。
なんか、してやられたよ。

素晴らしいよね。
種をまいたら、ちゃんと大きくして返してくれる。
そういう集団である、という素晴らしさも嬉しかったな。


で、②。
イチマルが「今度の●日、一緒に●●プロレスに行ってくれない?」と言ってきた。
ま、いつもなら「わかった」とか、そういう話になるんだけど、実はその日、イチマルたちが大好きなバンド、□□のライブがあった。
で、実はもうチケットは数枚余分に買っていた。
しかし、まだイチマルたちに「一緒に行くか?」とは言ってなかった。
そういう、こうタイムラグの中のその日の朝食だったわけです。
つまり告知してなかった=イチマルたちは知らないはず、という。

で、「あ?その日なの?あ、その日、プロレス行くかあ…?」とふと言ってみたところ、急に市丸、「あ!!!佐藤さん!俺も□□のライブに行きます!」と。

…読心術である。
恐ろしいことこの上ない。

なんの直感なのか…。


そういえば、かなり昔、俺がイチマルの家に泊まっていた時、急に市丸が起きてきて「今地震だった?」と聞いてきたから、「え?揺れてないよ」と言って、でもまあ、テレビつけたら、熊本の地震だったこともあった。
確かに大震災ではあったけど、関東までは体感できるほど揺れなかった。

確かに、まあだから直感はすげえんだとは思うが…。


ま、そんな毎朝を過ごしております。




(BGM:Elvis Costello「Pump It Up」from「Very Best of」)
→なにがどうってコトでもないんだけど、この録音の空気感がロックだわなあ。
おそらくスタジオはロックで充満していたのだと思う。

いや、決してそんな、みなさんの好意に甘えようなんて、そういうアレじゃないんですけど…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、けっこうな人数で買い物に行きまして。
どうしても、その日に各々買いに行かなければならないモノがありまして。

…って、あれか、もう日にちが過ぎた頃にアップされる予定だから書いていいのか。
「母の日」ですね。

毎年、母の日のことは気になっていながら、なにもできないまま過ぎていっていたのであります。
けっこうこの時期、忙しいわけ。
で、気づいたら過ぎてる。

これじゃいかん!というわけで、いろいろ考えた結果、カードを書こう、ということになりまして。
結局、多くは実家で暮らしてませんから、直接渡せない。
かといって、モノを送るとなるとちょっとなあ…。
宅急便も親御さんが一発で受け取れるとも限らない。
しかも、秘密裏に送るわけだから、逆にメンドウかも、とかいろいろ考え。

カード、いいじゃない。
というわけで、もうあまり日にちもなく、その夜くらいしか、というわけで、みんなで買いに行ったんだ。
徒歩圏内、ではなく、車で行く感じのモール的なところに行ったんです。


ま、そういう流れが一つありまして。

もう一つこの買い物に向けての流れがありまして。
朝飯をね、みんなで食ってるんですけど、それって、お米や野菜をまあ、いただくんです。
自分の農園で野菜を作ったとか、そういう人とか、まあお米送ってくるから、とか。
そういうのでね、けっこう普段からいただくんで、それを使ってるんです。

だから、基本、買ったことがない。
それで一年過ごせちゃう。

…くらい、いただいているんで、ありがたいな、って話なんですけど。

しかしですね、ついに米が尽きまして。
こんなこと、けっこうここ二三年で初めてかな、と思うんですけど。

でもやっぱ、乾麺とかもあるんだけど、米がラクなんですよ。
炊飯器セットしちゃえばいいんでね、用意する側としては。
だからやっぱ、米がほしい、となりまして。

けど、今までは朝飯でお金を集めてなかったし、しかし米を買うとなると…とかいろいろめんどうなこともあるよなあ…とか思っていたら、なんか、ちょっとづつ余ったお金とかをとっておいたのがある、ということで、お米買うくらいの分はあります、という話もあり。

じゃあ、ソレ使ってとりあえず買うか、と。

しかし、今まで買ってなかったのに「買う」というところに踏み込むのにはちょっと躊躇もあるわけです。

「買わずに来た」というなんかあまり意味のないというか、結果的な「矜恃」みたいなモノまであったりして、しかし、米がないのも…。
というところの板挟みで、「どうする?どうする?」となりましたが、結局は「買おう!」と。

これもう、みんなで決意した、みたいな感じで。
けっこう「よし!買うぞ!」なんて。


で、まあちょうどいいからカードといっしょに買おう、となって。
モールだから、カードも売ってるが、米も売ってる。


で、帰ってきた時に、誰となく気づきました。
「米買うの忘れてるじゃん!」


そうなんですよね。
あれだけみんなで「よし!買うぞ!」とか出がけに意を決したという感じで言っていたのに、忘れる、という。
十人以上いたんですよ。
誰一人、ですわ。

んなこと、ありますか?と。
イチマルたちだけじゃないんですよ。
専従も三四人いて、この体たらく。
呆れましたわ。


というわけで、今もお米がないのでありました。




(BGM:DOG'GIE DOGG「R.R.B」from「Hair of The DOGG That Bit ME」)
→ラスティック。
カッコイイ。
いや、もうね、YOUTUBEとかですぐ見たほうがイイですよ。
ライブまだやってるんだろうか。
こういうのをやりたいのよね、オレとしては。

ニュースで一番簡単


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



井上やコバが朝メシの時に、「昨日あったこと」なんてのを話してくれます。
あ、いや、話してくれる、というか、話すように言ってます。

食事はみんなで話ながら楽しく、というコトを言ってますが、ほっとくとけっこうみんな「だま~って食べてる」っこともあって。
食事が、ガソリン補給のような感じになっているなあ、と。

いやいやいや、人間の食事はただの栄養補給じゃないはずだ、という思いもあり、なるべく喋りながら食べたい、と思って、「なんでもいいからなんか話そう」ってことをよく言うんです。
それと合コンなんかのこともあり、「おしゃべりが面白い人がモテる」ってこともよく言います。

もう一つ、オグラなんかをみてるとなんか「昨日のことがないことになってる」とも思うコトがありまして。
施設暮らしが長かったオグラは、最近やっと会話が成立するようになってきた感じで、やっと「人間になって来たかな」、と。
ソレまでは、もう「ヒト科の動物」って感じで、昨日のことも関係なく、とにかく「今、生きてる、食ってる」、という。

そんなこともあって、オグラに「昨日あったことを思いだして話す」ってことを朝飯の時に言ってるんです。
で、毎朝、「昨日、テレビの仰天ニュース(という番組があるらしい)で、男の人が殺人をして…」とかって話をしたり、「にじ屋で、3か条(にじ屋で品物を整理する時の標語みたいなもの)をやったんです」とか、「うどんみたいなものを食べました」とか話すようになってきて。

そうなると、他の連中も巻き込んで、「おまえはうどん派なの?そば派なの?」みたいなことになって、そこから話が広がっていきますね。
「話ができる食卓」みたいなモノがちょっとちょっとできつつあるというか。

そんなことをやっていたら、コバや井上なんかは、まあ昨日見た映画とかプロレスだとか、そういうのを「こうだったああだった」と話すようになった。
ま、オグラもその中に入ってくるようになってきたというか。


ま、どうもこうもないんですが、で、話のキッカケとして、合コンだとかデートだとかを想定して、「話すことに悩んだ時は、天気の話と昨日のテレビの話」ってことを言ってます。

今日は寒いみたい、とか。
なんか、昨日テレビでみたけど、あの災害タイヘンですね、とか。
そんな話、別に彼らじゃなくても、俺らも話題がなかったらやりますね。
というか、よく知らない人と話さなきゃならない時は、その辺から話題を入れて行くのが常道でしょう。

で、まあ、テレビの話がよく出てくるんですが。
番組云々は、まあオレがそもそもその番組を見てないので、何とも言えないというか、「へ~」ってしか言えないというか、話題が浅くなってしまうというか。
そもそも彼らの説明はそんなに上手じゃないですからね。
かといって、「なんなの?」「どういう話?」って、聞きただしていく感じ、にもしたくない。
こっちは冷静に聞きたいだけだが、彼らにとっては、なんか聞き糾されてる、って感じられるようなこともあるかと。

そんな感じなので、全体的になんとなくニュースの話、になっていくことが多い。
その方が、オレの方も話が広げられる可能性が結果的に高いことを彼らが学習し始めているというか。


で、よくコバが殺人事件の話をするんですよ。
「誰が殺された」「動機は捜査中」みたいなことを言ってくる。
大きな政治ニュースがあった時も、トランプ氏当選なんて時も、どっかの地方の殺人事件のニュースをやっていたんでしょう、その話をしてくる。

「おまえ殺人好きだな」ということになるわけですが、ちょっとまあ心配、というか。
おまえ、殺したいのか?みたいな。
でもまあ、そういうコトじゃないんだな。
暴力衝動があるタイプでもないし。

そしたら、この前、井上が言ってたんですよ。

「あのね、コバが好きていうけど、殺人そのものが好きなんじゃなくて、殺人は簡単なんだよ」
「誰が殺した、誰が殺された」
「借金で、恋人にふられて…」
つまり、「ニュースの中で一番簡単」と。

ああ、そうかそうか。
なるほどなあ、と。
言われてみればそうかもしれないな。

政治スキャンダルなんて、実際に「誰が悪いか」なんてのを読み取るのは難しいわけですよ。
小保方さんも、結局いい人だったのかどうなのか、じっさいのところよくわからんし。
というか、「いい人か悪い人か」って区別もたいした意味がないというか。

けど、殺人はもう「いい人悪い人」ってのがはっきりしてますから。
いや、まあそういう表面だけじゃないコトもありますが、でもまあ、情状酌量は別として、殺した方が悪いのは世の常です。


ま、そんなわけで、いろいろね、彼らには彼らの理屈というか、そういうのがあるという話でした。





(BGM:川澄綾子「淡色Noon」from「AA」)
→なんでこのCDがあるのかわからないが。
いわゆる声優さんシリーズか?
でも、AAってなあ…。
ラフィンしか思い浮かばん。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE