プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

めんどくさいことこそ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、みんなで旅行に行ったんだけど、そのときに、まあ、お金を集めたりするわけです。
旅行費用ですね、宿に払うお金とかを集める。

もちろん、まあ自分ではなんともできない連中もいますから、それに関してはまあ一緒に貯金とかおろしたり、用意することになります。
井上とかは(金額とかじゃなくて、意思として)自分で用意できないわけじゃないけど、それでもやっぱり貯金額が心配だから、相談に来たりして、まあそんな感じでこの「お金集め」が進みます。

「◯曜日の仕事終わりの時間に集めます」みたいなアナウンスがあって、それに向かってみんな用意する。
ま、それは俺なんかも同じで、その日までに用意してもっていく。
そして、担当の人に渡す、ということですね。

これ、まあ必ずこの「期日」を守れない人がいます。

カブキなんだけど。

カブキはまあ自宅から通っているし、よくはわからないけど、現実的に財布は親の管理下にあって、こちらではなにがどうなってるかわからない。
ので、まあカブキとしては、「親に言う→親からお金をもらう→もってきて渡す」という流れをこなさなければならない。

つまり、カブキはコレができないのである。

他の作業所から来たカブキは、もうこの「親に言う→親からお金をもらう→もってきて渡す」というのを、親がやるもんだ、と思っている。
いや、「もう自分でやらなきゃ」とは思っていると思うんだけど、急にこういう話が来た時に対応できない。

今までなら、「お手紙」や「連絡帳」で、親と職員がやりとりをして、「本人がいくら集めるかを知らなくても」、もう親が職員にお金を渡す。
逆に言えば、そこで期日通りに渡さないと、「しっかりしてない親」って烙印になってしまう。
だから、親はちゃんとやるんだよね、こういうの。

しかし、ウチでは連絡帳はないし、そもそも親とは連絡とらないし、ってか、「旅行に行く」ことすら親御さんがわかってないこともあろう。
だから、カブキ本人がちゃんと言わないと、ダメなのよね。
ってか、大人の集まりですから、そこはまあ当然なんですけど。
行くのは親じゃなくて、本人なんだから。
親ががんばって金準備して払って、本人はその苦労は何も知らない、なんてのはやっぱおかしい。


「旅行に行くことすらわからないかもしれない」って今、書いたけど、それを本人が家で伝えてれば、まあ伝わってるだろうけど、そもそも障害をもった子の話をきちんと聞くかどうかって怪しい。
つまりね、もっと言うと、「連絡帳」「お手紙」を続けている以上、親は子どもの言うことを本気に聞かないのよ。
連絡帳の方が正しい、って。

大事なのは、「本人が行くのだ」「行くための努力は本人がするべきだ」ということなんだよね。
そこはっきりさせないと、話が始まらない。
「生きてるのはあなたで、親じゃない。職員じゃない」
それがまずわからないと。


形式だけとしても、それをどうやって表現するか?わかってもらうか?

だから、カブキには毎回お金を持ってこない、ということを繰り返させています。
親にこっそり伝えれば、まあなんとかなるんでしょう。
手紙でももたせればなんとかなるんでしょうが、でもカブキは締め切りの日に「何でもってこなかったの?」と「しょうがない、もう明日もって来なよ」といえば、明日にはもってくるのです。

つまりは、まあ最初の「お金の締め切り」の話を彼女はよく聞いてないんですよね。
みんなの会話、会議での発言、いろんなモノが、自分には関係ない、って思い込んでる。

言葉は自分の要求を伝えるためのモノで、人の言いたいことを理解するためのモノだ、ってのはよくわかってない。
人生には、「自分の要求」だけではなくて、「集団の約束」を守らなければならないってコトの方が実はたくさんある、ってことも彼女はわかってない。

そのことは、言葉で説明しても難しいので、この「お金を集める」ってのは、なかなかにいい機会だよな、と俺は思っています。


失敗をさせる、というのは、確かにめんどうなんです。
足並みがそろわないと、金集めも難儀します。

でも、しょうがない。
カブキがそこから「自分がなんとかしなきゃ」っていつか思ってくれるとしたら、それはそれで俺はしょうがねえかな、って思っています。






(BGM:山下達郎「YOUR EYES」from「ベスト・パック 2(1979-1982)」)
→山下達郎さんってのは、俺が中学の時、すごく好きで。
よくレンタルしてテープに録音して聞いてました。
山下達郎さんは、なんかのインタビューで、「アレンジャーってのが日本にはあまりいないけど、その仕事は重要だと思ってる」みたいなことを言ってて、いや、ホントにそうだよな、とか、生意気に思ってました。
鍵盤を習っていましたけど、楽譜通りに弾くのはあまり好きじゃなかった。
「俺の演奏をしたい」ってのが強くて、まあ、よく先生には「違うでしょ」って言われてた。
スポンサーサイト

笑っちゃう、けど、いや、なんか哀しい…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ウチの連中の近しい人に出産があり、まあ有り体な話だけれど、「赤ちゃんはどこから生まれるか?」的な話になったりしました。

ま、それはまあ、みんなわかってる。
…と思ってた。

が、どうもカブキだけがちょっとなんか怪しい。
問い詰めてみると、「おなかでしょ!」と。
そりゃね、おなかが大きくなるから、おなかからでしょうなあ、というのはわかるんだけど、「出口がどこか?」という話ですよ、出口。

すると、「ヘソ!」と。
みんなは大爆笑。
その大爆笑を受けて、カブキは、「アレ?なんか私オカシイコト言った?」という感じ。
「アレ?アレ?」と、ガチで悩むカブキ。

答えによってはまあ、大爆笑、ってこともままあります人生。
けれども、たいがいの場合は、それにつられて自分も笑っちゃうことが多い。
けど、この時のカブキはがちで「え?え?」という反応で、なんかおかしかった。

本気でわからないんだな、と思いました。

ってか、ヘソって…。
…痛い。
男の俺でも想像するに痛いじゃないか。
かといって、マンコも痛そうだけど…。
ちょっとその痛みは俺には未知だけれど。

で、まあ、教えちゃうのは面白くないので、家の人に聞いてきな、と。
明日その答えを教えて、と。
さて、親はなんて言うんだろう、という興味もあり。

そして迎えた翌日、カブキは「なんか、聞けなかった…」と。

ぎゃははははは。
いや、なんかそれは正しい。

「でも、コウノトリの本(?だったか、ビデオ?だったか)を見たらわかったんだけど、もしかしてだけど、シリから?」

ぎゃはははははははははっは。
シリて…。
ま、正解には近づいたけど。


で、いや、ちょっとまてよ、こいつ?あれ?と。
「赤ちゃんて、なんでできるの?」と聞いてみた。

そういえば、思い出したんですね。
カブキとのこんな会話を、アキから聞いてた。

「私もモトミちゃんも、いい年だから、ちゃんと検査した方がイイと思うのよね」
え?なんの?
「ホラ、年頃だから、赤ちゃんできてるかもしれないから(と、さも普通に)」
(絶句)

…おいおいおい、と。

どうも、カブキとしては、「年頃になると赤ちゃんは自然におなかの中にできて、そうなったら結婚しなければならない」ということらしいのだ。

ま、その結婚の話にはそれはそれで面白い、といったら、カブキがちょっとかわいそうだけど、そういう話があるんだけど、それはまた改めて。


ま、話を戻しましてね、「赤ちゃんて、なんでできるの?」ということの答えについて、カブキはかなり長考。

俺には「自然にできる」という説を唱えるでもなく、かなり悩んでいました。
で、その答えが、「ブーケを受け取ったから」。

…ぎゃはははははっははははは。
少子化だ。
そりゃ少子化にもなる…。


ま、もうなんか、こうなるとどこから説明していいのかわからない。

ってかさ、いや、これはマジメな話で言うんだけど、小学校の五年生くらいで、女の子だけ集めて授業とかやってたりしたでしょ。
今はもうないのかな。
あれは生理のこととか、そういう話だと聞いてるけど、その時に、そういうなんかセックスのこととかも教えないんだろうか。

ってか、教えた方がいいんじゃないだろうか。
避妊も一緒に教えた方が。
まあ、小学生だとアレかもしれないけど、中学生とかになったら。
ってか、それはまあだから女子だけである必要はないけど、ってか、どちらも教えるべきだと思うけど。

ってか、いや、ちょっとまて。
ここで考えられる結論は、

①生理のことは教えても、セックスのことについては、教えない?
②教えないとしても、イヤ、普通、友だちとかから知識を得るだろう?
③セックスに対しての興味?というか、そういうのはわかないんだろうか?それが子どもにつながらない、ということなのだろうか?
④もしや、学校の友だちも、先生も、その他も、カブキにだけ、この話題を避けている?「本人が聞きたがるわけじゃないから」という理由で?

てなことですが、まあなんにしても、なんか30才を越えて、実際に結婚してもいいかな、と思う(といっても、セックスが抜きだから、そもそもどういうレベルでそう思ってるのかがわからないけれど)人もいるカブキが、セックスのことを知らない、ということの不自然さが、なんかちょっと笑っちゃうけど、でも、哀しいよ、なんか。




(BGM:ゴキブリコンビナート「カンバッテクレナイカ(ちょっぴりスパイシー)」from「ちょっぴりスパイシー」)
→「足場から落ちた俺たちは人生の落伍者」から始まる労働賛歌。
ってか、山野一さんの「四丁目の夕日」のBGMですね。
あのマンガはとにかく俺のバイブルというか、好きとかそういうのを越えて、人生の指針というか、そういうアレなんですが。
ゴキコン、いや、また次の本公演をとにかく見たい。

それでも俺たちは進む


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先月末、勝田マラソンがありました。
ま、何人かは毎年参加しています。

この日、朝は天気がよかったんですが、途中から雪が降る感じの波乱の天気になりまして。
荷物番の俺としては苦しい天気となりました。


この日出場しましたミツは、天気が急に悪くなったりすると、どうも発作が起こってしまう感じがありまして。
「気圧のせいじゃないか?」といってるんですが。
つまり、こういう天気が急変する日は、まあ発作が起こりやすい。

案の定、やっぱり発作になってしまいまして。

最初、アキと「一緒に走ろう!なんか調子がいい!」と走り始めたらしいんだけど、なんかそのうちアキにいわせれば「急にいなくなって」。
「あ、これは発作だな」とはすぐに思ったらしいんだけど。

で、こうなって発作になってしまうと、人事不詳になってしまうので、つまり名前を聞いても答えないし、どっちかというとワケもなく攻撃的な感じになるのがミツ。
会話も成立しない、しかもなんか睨んでる、みたいなことになると、救護班の人たちとしては、これはオオゴトだ、となるわけです。
ま、てんかんの発作ってのは、実際見てみないとちょっと恐いというか、そういうのもあります。

実際は、まあミツの場合は、数分で戻ってくるので、ちょっと座って休んでればOKなんだけど、その場面に遭遇した一般の方が救急車を呼んでくれた、みたいなこともこれまでもあって、そうなると、これけっこう面倒なんですよね。
こういう言い方はアレだけど、ミツの場合はほっといてくれればいいんだが、まあありがたいコトに親切にされてしまうと、どうにもこう、病院と連絡とるというか、いや、そもそもどこに行ってるかもわからないし、みたいな事態になります。
マラソン中も同じようなコトで、一度運ばれたこともあって、その時もけっこう難儀したんです。

だから、アキとしては探そう、と。
それに、ちょっと戻ればいるだろう、という読みもあったようなんだけど。
それになにより「一緒に走ろう」って言ったわけだし、みたいなこともあり。

そしたら、まあ何キロか戻る感じのあたりにいた、と。
でも、まあもう「どこにいるかわからない」という感じらしく。
救護、というか、もうどんどんマラソンの人には抜かれていって、その「最後尾の係の人」に、「大丈夫ですか?」といわれる感じだったらしく。

で、意識が戻ってきて、ちょっと走り始めたらしいんだけど、また発作。
歩いて行こうかとも思ったが、まあこれ以上、最後尾の係の人の手を煩わせるのも、なんか「本来の最後尾のランナー」に申し訳ない、ということでミツリタイヤ。
アキも悩んだらしいんだけど、この最後尾ラインから上がるのもちょっと苦しいと判断。
それに、ミツを置いていってどうなるものか?というのもあり、リタイアした、と。

ま、この後、ミツは戻ってきても発作の連続で、ちょっと不測の事態も起きたりして、いや、アキと帰ってきてよかったと思いましたね。
ナイス判断だったと思います。


外口さんは、まあ膝も悪いし、気管支的なこともちょっと気になっていたらしく、あまりコンディションはよくない。
30キロ地点、最後の足きりポイントで、今回は棄権しようか、とかなり悩んだ感じで25キロあたりを通過。

ただ、今回のマラソンで、イチマルかコバに勝つ、という目標を立てていた外口さん。
まあ、でも、イチマルと競ってるわけでもなく、おそらく、もうずいぶん先に二人とも行ってるはずで、コンディションを整えて来年に懸ける、という判断もありかと思っていた、と。

ま、そのくらいコンディションは悪かったらしい。


そしたら、後に話しを聞けば、「30キロ寸前にあった、ランナー用の簡易トイレから、イチマルが飛び出てきたんですよ」と。
「なんでこんなところにお前、いるんだよ!、と泣きそうになりました」
「もう行くしかない」
「イチマルと、とにかく30キロを超えて、あと12キロ、最終的にイチマルに勝たねば…」
「なんでこんなところにイチマル!」と、まあそんな感じで走り続けたらしく。

その時、外口さんはこちらにメールをよこしてました。

「市丸と外口、30キロ通過。
制限時間6分前。
ああ、もう、通過してしまった…。
(30キロ手前の)西原集会所の手前で前を歩いている市丸に遭遇。
西原に着いたのが、制限時間の20分前。
制限時間がある30キロまで西原からあと2キロ。
ああ、もう行くしかない。
立ったままお新香を数切れつまんで、トイレに行こうとする市丸を制止して、行くしかない。
体的にも時間的にも、気持ちが折れていたのに、ああ、もう、市丸のせいだ。
くそー、行くしかない」

そしてその後、35キロ地点で、外口さんからこんなメールが来てました。

「市丸、外口、35キロ通過。
市丸、右足が痛そう。
市丸も外口も、地獄だ。
前に行くしかない地獄。
でもその先には、みんなが待ってるから。
6時間には間に合わないかもしれないけれど、がんばれ市丸、がんばれオレ!]

俺、このメールで泣いた。

そして、あと3キロの地点で、外口さんからメール。

「あと3キロ。
どっかで市丸を追い抜かないと。」

これでまた俺泣く。

そして、外口さんゴール。
気になるイチマルは、そこからまた20分くらい後にゴール。

もう外口さんは、何度も「なんであそこで会っちゃったんだ!」と言ってました。


これ、なんかすごく外口さんらしいな、と思ったんだけど。

いや、というか、一人じゃ走れないじゃん。
いや、走れる人もいるでしょう。
自分で目標を決めて、自分でそこに突っ込んでいける人もいるでしょう。

でも、俺たち一般人というか、いや、もっと弱い人たちなんだな、きっと。
「みんながいなきゃ走れない。」

朝の運動だってそうかもしれない。
いや、にじ屋だって、なんだって、みんながいるから、がんばれてるのかもしれない。
イチマルもきっとそれは同じで。


できるからやってるわけでもなく。
俺も、外口さんも、イチマルも、自分を突破するために、毎日生きている。





(BGM:回牧葉ユミ「回転木馬」fromYOUTUBE)
→さみしくてふと海に行ったら、あなたが岩にもたれてギターを弾きながら歌っていたの。
どこの誰かも知らないあなたと、その晩、結ばれたのよね。
ごつごつした岩の上は、ちょっと背中が痛かったけれど、私は運命を感じたのよ。
女になった幸せで、私はちょっと泣いてしまったけど。
…みたいな。

やる気を買う


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


大日さんとの筋肉火祭り、まあ楽しく終わったわけですけれど。
途中の交流戦に至る、こんな話もあったんです、というのを書きます。


橋本選手との打ち合わせから戻ったアキによれば、にじ屋との対抗戦ならぬ交流戦で、「ゼスチャーゲームをやる」と。
で、にじ屋の連中がゼスチャーをやる側にしたらいいんじゃないか、って話になったらしい。

橋本選手がそういってくれるなら、やろうじゃないか、ってか、ゼスチャーなら、ウチの連中が問題出す側にならなきゃ面白くない。
俺もその通りだと思った。

けど、けっこう一般の人は、ウチの連中にそういうことを「やらせるの」を、なんか避けたり、ちょっと考え込んじゃったりするきらいがある。
どっか、「知的障害者にこんなこと言っていいのか」みたいな、「遠慮」がほの見えるのだ。

でも、ここまでずっと「筋肉火祭り」を、「大日とにじ屋のばかまつり」と公言してはばからない大日の橋本選手は言うことが違う。
そう、ウチの連中は、やりたくてしょうがないのだ。
遠慮なんかしてほしくない。
ってか、目立ちたい!

それに、俺の意見としても、まあ、正直、ヤツらは出題の字が読めるかどうかも怪しいんだから、面白くならないわけがない。
ゼスチャー、いいじゃん、やろうじゃん、と。

が、まあ誰を出場させるか?という問題が浮上。
そりゃそうだ。
まあ、みんなやりたい。

で、朝飯のさなかとかに、練習、というか、やらせてみた。
一番面白いヤツ、中くらいのヤツ、そして、しっかりできるヤツ、の3名を選ぼう、と俺は思っていたわけです。
ま、結果、みんな面白かったんですけど、それはいい。

選ぶ観点はいくつかあったんだけど、コウヘイは当落線上にありました。
けど、毎朝そんなことをしていたら、アキのところにコウヘイからメールが来た、と。

その内容はこんなのでした。
「コウヘイです。明日のジェスチャ―ゲームは、うどん、蕎麦、ラーメン、野球、ゴルフ、犬、パンダ、猫、サッカー、バスケット、卓球、水泳、陸上、ボ―リング、スキー、棒高跳び、メロン、レモン、オレンジ、ミカン、ゆず、像、牛、猿、鳥、いのしし、虎、アイス、花、小麦粉、フラミンゴ、魚、アクセサリー、俳優、女優、飛行機です。」

…ぎゃははははははははは。
飛行機です!。
断定です!。

…いやいやいや、お題は俺がつくるから…。
ってか、ミカンてどうやるんだよ!
ミカンとオレンジの違いは!

…ってか、ゆずて…。
いやいや、ちょっとまて、女優ってなんだ女優…。
…もう、ハラがよじれるくらい笑いまして。

そもそも、ゾウさんもロクにできない男が、なぜゆず…。
アイスて…。
溶けるのか?溶けるのか?

いや、でも、俺は思ったんですよ。
これは、もうね、気合いが違う。

このやる気、どうでしょう。
彼を選抜する以外にないな、と俺は思いました。

という、こういう毎日を俺はおくってるわけですけど、いや、楽しい。
そして、その一端を、筋肉火祭りという場所で、みなさんにお見せできたのをとてもうれしく思います。

…ってか、「小麦粉」ってどうやんだよ!




(BGM:倉田まり子「恋はAmi Ami」fromYOUTUBE)
→アミアミなリズムに、ちょっと大げさな振り付け。
最終的には、なんかスキャンダルでいなくなったわけだけれど、今改めてちょっと調べてみると、これはスキャンダルを「仕掛けられた感」がものすごい…。
当時は中学生だったか、子どもだったし、ネットはないし、よくわからなかったけど。
でもまあ、中高生のファンを離れさせるにはその程度のスキャンダルの仕掛けでよかった、ってことでもあるわな。

自省、自省


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


大雪でした。
もうなんか、スキー場を歩いているような。
前日が「筋肉火祭り9」だったので、もう一日ズレていたら、と思うと背筋がぞっとします。

でもまあ、ウチは基本的にイベントに関しては天気には恵まれてる方で。
けっこう雨が降らない。

ありがたいことです。


ま、こういう感じになると、俄然テンションがあがる感じってのはあって。
ま、ホント、いろいろ大変な思いをされた方もいると思うので、そこはホント申し訳ないんだけど。

どうもこの「帰れない!」みたいなことがイベントになってしまう、というか。
「チェーン巻きますか」みたいな。

そりゃまあ、普段巻くことはないですから。
この期にやらんでどうする!という感じではありますけど。

コンさんなんかは、けっこうテンションが上がるタイプですね。
「あ~◯◯線、止まりましたね」
「もう入場規制らしいです」
みたいなことを、なんかこう、どう言っていいか、大きな声では言えませんが、ちょっと喜んでいるようにも見える、というか。
いや、そんなことはないと思うんですけど、ちょっとだけ、この「雪イベント」を楽しんでいるような…。

いや、もう電車止まって大変な人もたくさんいるので、そんな喜んでるわけじゃないんですけど、まあなんていうか、イベントとして、というか。


そうこうしてたら、事務所の暖房が効かなくなってきて、インターネットで調べたら室外機が雪で埋まってるんじゃないか、ということになり、それを外口さんとコンさんで払いに行ったりして。
で、暖かい風が復活したりして。

でも、またそのうち涼しい風になっちゃって、同じ事の繰り返し、という。
でもなんか、もう竹ぼうきもっていそいそ外に出て雪を払ってる、というか。
なんなら、ヘルメットかぶって行く、くらいの、なんか非日常イベント。


ノブなんかは、雪をわざわざ事務所の中にもってきて、オグラの背中に入れたりして、オグラが「つめた~い!」とかいってて、まあなんかもう犬レベルですね。

それもこれも、まあみんな近くに住んでるんで、「歩いて帰れ」みたいなことで、そのあたりの交通事情は関係なく生きていける、というのがこの「気楽」な一因ではあるんですけど。


新人スズは、雪国出身ということで、まあ「この程度は普通ですね」ということなんですね。
「あ、別に普通に歩けますね~」みたいな。
こともなく言う。

前にテレビで見ましたけど、雪国の人は、雪が積もっていてもヒールで歩いたりしてるでしょ。

ま、そりゃそうなんだよね。
でも、関東平野に住む我々としては、もうどうにもならんわけです。
スノトレ履いてても滑る。


そう考えると、この雪の中、スズは高校とか通ってたわけでしょ。
すげえよな、と思うんだけど、でもまあそこの人にとっては普通、というね。
…う~ん。
だからまあ、東京には東京の辛さもあるじゃん、みたいなことか。
雪国には「雪国あるある」があるじゃん、みたいな。

「どのくらい辛いか」とか。
「どのくらい大変か」とか、そういうの、まあ比較したり、「俺の方があいつより辛い!」なんて言うのが、どれだけばかばかしいか、って話ですね。

みんな辛いし、みんななんか「あるある」を抱えている、というか。


なんか世の中が「いらいら」してて、なんか芸能人が不倫をしたとか、なんかちょっとしたことでクレームつけたりして。
いらいらしやすくなった、んじゃなくて、普段そのいらいらを出せないから、なにかちょっとしたことで、みんな爆発しちゃう、みたいな世の中になっててうんざりなんだけどさ。

ま、大変だけど。
俺も大変。
でも、みんなも大変。

そう思ったら、どうですか。
いいじゃないですか、ちょっと店員が注文間違ったくらいでそんなに怒鳴らなくても、って。
俺もその店員さんも、まあがんばってるんだ、ってことで。

いらいらをぶつけると、いらいらは返ってきますから。


いや、というか、ま、俺、けっこうイライラしがちなので、気をつけなきゃ、って話で。
自省ね、自省。
雪の日に、そんなことを反省したり。




(BGM:みかんむくっ「ちんダン」fromYOUTUBE)
→こういうソノシートの音源がYOUTUBEでよみがえってくるのはうれしい。
が、あのソノシートを手にした時の感じ、ジャケットの、今考えるとただのコピーの「安さ」みたいなモノまではやっぱりYOUTUBEには再現できない。
これはだから、文化であって、音ではない、というか。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE