プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「攻めのホラー」ではない ★ 映画 「IT」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょっと前になりますか、工藤さん+αで、「IT」を見てきました。
スティーブンキング原作のホラーとのことで、まあなかなか前評判も悪くない。

見た結果、どうかというと、これはスタンドバイミーのホラー版というね。
ま、そりゃそうです。
むしろそれでいいんです。

27年ごとに子どもを狙った殺人事件が起こる街。
それがちょうど今年、ということで、少年たちはその殺人犯、まあ予告編にあったピエロですね、それと闘う、というお話。
ま、ピエロかどうか?ということになると、ピエロではありますが、相手の子どもに会わせて、その子の怖いモノになる、みたいな感じもありまして、まあ、亡霊というかその類いなんでしょうか。

しかしまあ、実体はある感じで、フィジカルに闘ったりします。
その辺はちょっとまあ、一考の余地はある。
フィジカルで悪いわけじゃないが、そうなると、ちょっといろいろ整合性が…。

ま、全体はちゃんと恐くなっている。
音、急に登場、急にフェイドアウト、ホラーの基本をきちんと踏襲した作り。
特に目新しい「怖がらせ」はないものの、やっぱりピエロは恐い、というね。
そういう「どっか懐かしい」感じのホラーでもあります。

それでいて、全体が「子どもの頃の夏休みの思い出」のような、どっか「幕がかかった感じ」「残像的な感じ」であって、それが子ども特有の「記憶のあやうさ」みたいなモノも表現していて、「果たしてこれは現実だったんだろうか」みたいな。

そう書いちゃうと、まあ「一夏の思い出」みたいになっちゃうけど、実際に27年ごとに殺人事件は起きているというのは新聞で追跡済みだし、実際に親を殺しちゃったり、いじめられっ子も死んでしまう。
そう考えると、かなりリアルな「大事件」なんだけど、なにせ登場人物のほぼほぼが子どもであるということもあって、なんか「ぼんやりとした感じ」で終わります。


この映画、特殊なのは、先に書いたように、とにかく大人が出てこない、という。
スティーブンキング独特の世界観というか、「大人は異物である」ということを、徹底的に我々に突きつける。
そして、今回の映画、出てくる大人はみんなクズ。

いじめられてる現場の脇を車で通っても無視。
子どもを性的虐待してる親。
子どもを手元に置いておきたいがために、子どもにウソの病気がある、と吹き込んでる親。
そして冒頭の、大雨の中、排水溝をのぞき込んでる子を見てんのに何も言わない大人。
どいつもこいつも、もう異物を超えて、人によっては犯罪者なんですけど、そういう。

つまりはまあ、子どもと大人を対比させて、子どもの世界というのを際立たせてる、というか。
子どもは、どんな親に育てられようとも、子どもの世界の中で正常に成長していくのだ、というか。
そういう映画ですね、これは。

ここでは大人は存在しないし、もっと言えば、邪魔する存在でしかない。
だから、大人の力を全く借りずに、彼らはピエロと闘うわけです。
それはまあ、子どもから思春期への階段というか、そういうもののメタファーではありますね。


闘うと言っても、ココに出てくる主人公たちは「LOSER」。
つまり、負け犬。
そう呼ばれてるグループ。
いじめられっ子ですね。
とはいえ、果敢に向かっていきますよ、みんな。


一緒に行ったコウヘイに、どこが恐かったか?と聞いたら、「石を投げ合うシーン」と言っていて、それはどういうシーンかというと、いじめっ子グループとこの主人公たちグループ、いわゆるいじめられっ子が川の両サイドで石を投げ合う、というね。
つまり、いじめられっ子たちが、まるで両手をグルグル回して捨て身の戦術をやるように、石を投げ始めた、というシーンなんだけど。

これ、まあ本編に関係ないというか、いや、主役たちの心情を考えるに大いに関係はあるんだけど、いわゆる「ピエロがらみじゃない部分」でありまして。
つまり、もっと「ピエロに殺されるところ」とか言うかと思っていたので、ちょっと意外だった、という。

つまり、この部分がかなり「リアル」な「子ども同士の戦争」を表していて、それはいじめられっ子だったコウヘイにはかなり響いたらしかった。


一方コバは、「泣いちゃいました」というので、何を言ってるのかと思いきや、「恐くて泣いた」と。
「続編があるとしたら、もう、行かないと思います」と言ってました。


というわけで。
ま、どうでしょう。
ホラーとしてよかったとは思います。
なかなか恐かったし、驚かせてもくれた。

う~ん。
ただ、なんていうか、ひじょうに「優等生的な出来のホラーだな」と。
一般ウケという意味では、もうこれでイイと思うし、充分。
しかし、ホラー好きとしては、もう一歩、何か攻めて欲しかったかな。






(BGM:瀧竜二「仁義」fromYOUTUBE)
→ジャケで仁義切ってます。
そして、歌いません。
誰なの?歌手じゃないの?ガチなの?
スポンサーサイト

エンドロールの曲、けっこう重要


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「嫌な女」

吉田洋さん、木村佳乃さんが、真逆の40代女子を演じている物語。
木村さんは自由奔放、みたいな。
吉田さんは四角四面、真面目一徹、みたいな。

この物語、二人のストーリーではなく、弁護士である吉田さんのお話。
木村さんの「明るい」「明るく見える」生き方を、弁護士として側面から見ていく手法をとって、木村さんの哀しさっていうか、そういうのにも共感できるし、それによって変わっていく吉田さんにも共感できる、というような感じの映画ね。

いや、イイ映画です。
最初の吉田さんの表情と、ラストのゴッホの偽物を見る吉田さんの表情が、もう真逆、っていうほど違うのね。
女優さんってすげえな、って話なんだけど。

人生ってやっぱ、みんなタイヘンだよね。
でもま、生まれたから。
死ぬまで生きましょ。

…って、この映画で一つだけ、おいおいおい、と言いたい点として、エンドロールの曲だけどさ、これじゃないよね?
作り手の方、わかってるよね?
ここで、あの曲で、もう一回感動!、じゃん。
タイアップとかに負けるなよ。


「ピンクとグレー」

これ、騙されたわ。
冒頭の役割が本当は入れ替わってる、というアレだね、これ。

まあ、最後の結論というか、柳楽さん演じる自死した男の理屈がちょっと俺にはマッタク理解ができない感じなので、今一つ落ちはしませんでしたけど、でもまあ、そういうオチなんだな、この映画。

俺はあなたじゃないし、あなたは俺じゃない。


「青春H 再会」

やりたいことはわかる。
けど、正直苦しい。
のは、ヒロイン二人がちょっと区別がつかない、というか、画面から魅力が伝わってこない。
ので、この二人の対比から感じるモノがないんです。

高校当時のままの初恋の人。
途中までは仲良く進むんだけど、プツンと彼女はむこうを向いてしまう。
が、実はその初恋の人自身がもう一人の今の彼女だった、という結論は正直もうシュールにしかならないし、実際にはその当時のままの恋人も今は三十で、自分だけが当時のままの彼女を抱いていた、みたいな、ちょっともうパラレルが過ぎるわけですが。

どうなんでしょうか。
実際にこの主人公が金がない、出口がないところをさまよっていて、という設定はわかるんですが、あまり人生に真摯に向き合ってないというか、脳天気な感じすらしてしまうので、このパラレルもあまり生きてこないんだよな…。

イイと思うんだけど。
発想はいいし、この世界観はキライじゃない。
でも、やっぱ演技力なのかな…。
で、やりたいコトはわかるが伝わってこない、という結論になってしまう。


「スクラップ・ヘブン」

加瀬亮さん、オダギリジョーさん、栗山千明さんというステキな配役。
全体を覆う退屈、退廃、出口なしの閉塞感。

まあ、わかるんですけどね。
閉塞した世の中を爆破しよう、みたいな。
突破しよう、みたいな。

でも、映画的には最終的に爆破とかの破壊活動は達成できなかった、みたいにして終わっちゃうことが多い中、まあこれはなんか「仕掛けた」感じのところで終わってる感じなのかな。
まあ、実際にその後の爆破されたり、という感じの表現はないので、そこは残念。
もう思い切って、映画なんだから、警視庁くらいはぶっ飛ばしてもらいたかったかな。

エンドロールの曲がイイです。
調べたらフジファブリックという人たちらしい。


「モンスターズ・クラブ」

ユナボマーをモデルにした感じの一作。
ま、雪山に孤独に暮らす男の物語なので、基本、動きがないというか、セリフのやりとりもない。
というか、多少はあるんだけど、基本孤独の物語なんで。
主人公の独白というか、朗読に映像がかぶってるような、そんな映画。

どうなんですかね。
こう、静かな映画です。
爆破犯人という物騒な主人公であるのに、なんか現実味がない。

好きな人は好きかもしれないけど、ちょっと一般ウケする映画ではないな。
俺にもウケない。


「魔法のiらんど 呪われた学校」

「iらんど」ってなに?
と思って検索してみたら「ガールズエンターテイメントサイト」だそうです。

…まったくわからん。

ま、その中から生まれた映画ってことなのかな。
ガールズと呪いが遠いと思った人はちょっと勘違いしてて、なんていうか、ホラーとかそういうのに近い感じもあるねこのガーズルエンターテイメント。
携帯小説とかそういう。

で、まあ中身ですけど。
恐くはないですね。
まあ、でも頑張ってるとは思います。
けどなんだろう。
やり尽くされたパターンであって、なおかつホラー愛みたいのはちょっと感じられない。






(BGM:立花京子「わたしだけ愛して」fromYOUTUBE)
→「チュチュチュチュ~チュチュ~」って軽い感じの歌唱ではじまりますけど、そんな軽い内容ではないのだけど、歌詞が盛り上がってくると「チュチュチュチュ~チュチュ~」という軽いタッチに戻ってしまう。
ふざけてんのか?!と。
いや、でもまあ、耳には残ってしまうから悔しい。

日本の怪談はホラーに非ず


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「オキナワノコワイハナシ2013&2014」

これ、ちゃんとしてます。
こと、2014の方の最初のエピソード。
泣いた。
涙が止まらん。

これはまあホラー映画というより、怪談のオムニバスってことになるわけですが、日本の怪談ってのはね、恐いだけじゃダメ、って改めて思った。
稲川さんの怪談を聞きに行った時も、けっこう泣いた話もあったよな、と思い出す。

もちろん、Jホラーというのもその流れの中にあって、だからこそ、海外でもうけているという面もあるわけで。
繊細で、哀しくて、でも凶暴な霊、みたいな。
すべてが一つの話の中に両立している、みたいなね。

他にも沖縄だからこそ、の話も。
特に2014の方、ぜひ見てください。
怖い話苦手な人も、ぜひ。
きっとレンタルとかできるんだと思うので。


「本当はエロいグリム童話 RED SWORD レッド・スウォード」

仁科百華さんですよね。
ま、何もないです。
ホント、なにも残らないし、なにも見てない、俺。
逆にすげえな、という。


「市民ポリス69」

多発する犯罪に、ボランティアによる市民ポリスを設立。
どっか「裁判員制度」を思いおこさせる設定だが、まああんな感じで、市民ポリスが選ばれ、悪に立ち向かう。
なんか、あり得ない話でありながら、どっか「ありえるんじゃねえか」的世界観で、近未来のようで、コメディになってない感もある。

登場する俳優さんとかを一見すると、正直コメディをやりたかったのか、セリフなんかも多少そういう向きもある。
でも、正直俺には笑える感じではなかった。

なんでまあ、淡々と単純なラブストーリーモノ、冴えない中年のロードムービーとして見るコトになるんですが、まあ、それでも充分楽しめたかな。
これ、主演の酒井敏也さんの力によるモノではないかと俺は思う。
けっこう登場人物のキャラが立ってるので、それに振り回される感じでまとまりがない中、内容的にも、酒井さんが中心で踏ん張って物語を成立させてる感じ。


「恐怖女子高校 女暴力教室 & 暴行リンチ教室」

ま、なんですか70年代当初の映画で。
いや、もう正義がハッキリしてるでしょ。
学校サイド、政治家サイドはもう絶対悪だし。
主人公はスケバンだけど正義だし。

いいなあ、こういうの。


「ちはやふる 上の句 & 下の句」

ま、広瀬すずちゃんですね。
もうなんでしょう、この今や「少女マンガの主人公」をやらせたら右に出るモノがない(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4023.html)。
一生懸命、前向き、かわいい、周りの男の子がほのかに好きになる、チアダンやかるたに夢中で何も見えない、試合が終わるとすべてを使い果たしたのか気絶する。
…もうすべての要素が彼女につまっています。

前はこのラインに綾瀬はるかさんがいたような気がしますが、今やもうすずちゃんですね。
疑いようがない。

そしてまあ、この青春感。
なんでしょう、「仲間と闘う」ということへの単純な感動。
そもそもかるたって個人戦のイメージがありますが、団体戦というのもあって。
いや、でも「個人戦こそ団体戦」みたいなね。
そういうことで闘ったりするんですこの子たち。

で、相手がスゲエ強くて、どっちかというとワンマンで、みたいなね。
それを仲間との友情で勝ち進んでいく、というのが王道。
そして、この映画はその通りの中身。

負けるとわかってても前に出る。
仲間のために、自分が闘う。
ま、涙出ますわね、こういうの。

強敵相手に単純に一枚札をとる、という場面で泣けてしまう。
仲間を見て「一人じゃない」とつぶやく場面で泣けてしまう。
団体戦で自分が捨て駒になることを志願する場面で泣けてしまう。

ま、そういうもんだ青春。

出来る子も、出来ない子も、みんなで一つ。
…あれ?なんかできすぎててイヤですか?

いや、いいじゃない。
理想?あり得ない?
いや、でも、こういう仲間を見つけよ。
みんなが、そう思ってるんだから、できるはず。

そして、青春に遅い、ということはない。
…と思う。





(BGM:紫四郎「ある魂に捧げる歌」fromYOUTUBE)
→この鬼気迫る歌唱はなんだろう。
レクイエムとしては、あまりに攻撃的である。
「三畳一間で寂しく死んだ いったい誰が悪いのか」
…う~む…。

リアルを見たいか? ★ 映画 「アウトレイジ最終章」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さん+αで「アウトレイジ最終章」を見てきました。

どうでしょう、最終章。
ここまで盛大に拡げてきた風呂敷をたたみましょうか、みたいな。
そんな感じか。

タケシさんが生き残ってますから、まあ、アウトレイジ終着駅としては死ななきゃ終わらないよな、というのはあります。
だって、アウトレイジはタケシさん扮するネジが一本おちてしまった感じのヤクザが、ハチャメチャに自滅していく物語なワケですから。

だからまあ、前回でも1回目でも、タケシさんが死んじゃえばこの映画は終わるはずだったわけで、逆を言えば、今回死ななければならない必然性もないですね。
物語的にも別に死ななくてもOKでした。

ま、この物語をもう終わりにしよう、ってことなんでしょう。
次に行きたい、というか。
勝手な妄想ですけど。
というか、もうタケシ監督には違うのを撮ってもらいたい。

正直、アウトレイジには飽きた…。
…けどまあ、一応、ラストを見届けようと思って見てきました。

そういう人、多いんではないか、と思ったり。


さて、物語は特になにもありません。
下手を打ったヤクザがなんとかコトを納めようと金積んだりなんだり、そういう組同士のトラブルとは全く別に、若手を殺されたタケシさんが組を潰す。
実際、組の集まりにマシンガンもって乱入。
殺しちゃう。

ま、そんな話。

格闘シーンもなければ、殺陣もない。
撃ちまくるだけ。

リアルっちゃあリアル。
こんなもんでしょ。

ヤクザがとにかく「金にキタナイ」ってのも、リアル。
「これだと1億積まないとなあ…」とか。
「さっきもう一億わたしたじゃないですか」とか。

要は金。
手打ちも金。
仁義も任侠もあったもんじゃない。
それもきっとリアルなんだろうな。

そう考えると、もうヤクザが「ヤクザ映画の中でこっちを感動させてくれたヤクザ」じゃなくなったんだろうな、という。
ま、ある意味、昔からこんなもんだったのかもしれないけどね、ヤクザって知らんけど。
高倉健さんや菅原文太さんが幻想を作っていたのかもしれない。
ま、昔はそういう需要もあったし、そういう存在でもあったんだろうな。
でも、もうなんか、ヤクザはゾンビと同じで、「片っ端から撃ち殺しちゃえばいい存在」になってしまったのかもしれない。


つまり、「ヤクザと一般人」を明確に分けて、って実際に暴対法なんかで、ヤクザはがんじがらめなんでしょう。
つまりもう明確に分けられていて。
「ヤクザ一人死んでもしょうがねえだろ」くらいの感じ、というか。

オウムに破防法が適応された時もそうだけど、「ヤクザだからいいんだ」って話は、実は恐ろしくて。

実際、今、盗聴法だって問題があるとは言われてるけど、「ヤクザに使いますから」とか「薬物の取引を云々」みたいなことで納得させられちゃってるというか。
共謀罪も通っちゃったけど、これ、おそらくヤクザから持ってかれるんじゃないか、と。
そうなれば、世論は共謀罪賛成にもっと傾くだろう、みたいな。

つまり、ヤクザを市民から切り離しておけば、為政者にとってはヤクザは使い道が山ほどあるんだよな。


しかしそれも、ヤクザを使う側が一方的に悪いわけじゃない。
ヤクザ自身にも問題はあるわけ。
というか、そもそも「はぐれモノ」がヤクザなんだから、それはそれでしょうがないんだけど。

「誰もがはぐれない世の中」ってのは、まあ現実にはあり得ないという感じもあって。
でも、「なるたけ誰もはぐれない世の中」ってのは、「実現しようとする社会」でなければならないとは思いますけど。


ま、そんなわけで。
アウトレイジ、無事完結しました。
タケシさん、「実は生きてました」の入る余地がない感じで自害。

…しかしなんだろう。
で?どうした?って感じしか浮かばない死ではありました。
もうちょっと暴れてもよかったのでは?
ちょっとなんか残念。








(BGM:浜恵子「恵子の電話」fromYOUTUBE)
→「あなたが好き好きだから、電話で愛してね」
…意味わからんけど、まあ3分だけ愛して、みたいな、公衆電話時代の。

「寝てる間に連れてこられた」なんて、普通起きるわ…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「1303号室」

前に「アパートメント1303号室」ってのを見ましたが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3907.html)、アレはなんかこの日本作品のリメイク版、だったそうで。
こっちがオリジナルだそうで。

これ、リメイク版を見たときは「霊なのにチカラ技過ぎる!」と思ったんだけど。
いや、つまりこれ、話が面白くないんだ。

部屋で悲しい事件が起きた。
その後、その部屋に済む女性はことごとく投身自殺。
なにせ13階。

というだけの話。
霊の話としてはもう使い古されてるし、わかりやすすぎるし、どうにもこうにも。
謎解きったって、答えは早々になんかわかっちゃうし。
だからまあ、あとはフィジカルに怖がらせないと、みたいなリメイク版に仕上がったんだな。

ってか、ハリウッドもよくこの版権買ったなあ、という。


「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」

ホラーというより、せまってくるパンダメイクのデッキブラシもってる集団が登場するコメディですね、これ。
しかもスジがわかりにくい。
ゲームが絡む場合、「ルール」が単純でないと、見てる方がつらい。

しかし、これ、もう演技がひどいのよ…。
こういう演技がひどい映画の一群、まああるっちゃあままあるけど、こういうのに出てる人は、完成後にこれを最後まで見ていられるんだろうか。
恥ずかしくて見てられない、ということにはならないもんなのだろうか。


「極限推理コロシアム」

テレビで数日にわたって放送された特番ドラマらしい。
いわゆる「知らぬ間に一つの部屋に集められている人たち」が、「知らぬ間にゲームに巻き込まれている」という、SAWテイスト映画。

これですね、それぞれのキャラクターが非常にテレビ的でわかりやすく入り込みやすい。
しかも綾瀬はるかさんがかわいいし、主演の柏原崇さんがかっこいい。

ゲームの中身は、この集められた人たちが次々殺されちゃっていくのだが、この中にその殺人犯がいる、という話で、その犯人を当てろ、と。
ま、これ、綾瀬はるかさんと柏原崇さんは残るだろう、ということが冒頭でわかってしまうが、まあそれはしょうがない。
どんどん人が殺されていき、犯人らしき人がいないじゃん、という展開がまあ、面白いというか、推理力が試されるところというか。

でもまあ、「だったらみんなで固まって過ごせばいいじゃん」というね。
「一人になるのを辞めよう」みたいな。
そうしたら殺人も起きないし、イヤ起きてもすぐに犯人わかるし、みたいなことになっちゃうわけで、そこが根本的に設定に無理があるわけだけれど、でもまあ、それはしょうがないよね。
そもそも、「知らない間に集められてる」に無理があるんだから。


「鎧 サムライゾンビ」

エンドロールの曲!。
…というわけで、なんでこんなにメロウな曲を…。

ま、それはいいとして。
これ、けっこう「残りあと20分」くらいのところで、十分終わってもいい感じなんだけど、そこからその残り20分で「何でこんなことが起きたのか」という解説が行われます。
それがまあ、いわゆる輪廻転生的なことなんだけど、「なるほどそういうことか」とも思う一方、「別にそこはどうでもいいじゃん…」という気がしなくもない。

でもまあ見てみれば、やりたかった、のはわかる。
ちゃんとドラマにしたかったんだと思う。
前世でのつながり、関係性を逆転させることで、「今生で殺される因縁」をはっきりさせて、しかも今回、主役とかを殺した側を哀しく描く、というか。
もっというと、「これまた来世で続くんだぜ」というドラマになるというか。

ま、ドラマ的にはいいが、逆に言うとなんかあまり恐くなくなっちゃいますね、この手のネタ晴らしは。
といって、前半そんなに恐いわけでもないんだけど、いや恐くはないが、なかなかのバイオレンスな感じなので、それはそれでけっこうよかったんですけども。

って、ま、どっちでもいいか。
ヘンテコな映画には違いない。

いしだ壱成さんの演技がなんかすげえいい感じで、俺、この人好きだわ。


「HALLOWEEN NIGHTMARE ハロウィン ナイトメア2 」

ハロウィンに殺される都市伝説みたいな。
女子高生が主人公なんだけど。
実際にまあ仲間が二人行方不明に…。

…という流れでデスね。
しかし、結局意味がよくわかりません。
なんで主人公だけ生き残れたのか?
なんかの呪い?なのはわかったけど、なんなの?というか…。

演技が苦しいのと相まって、結局何もわかりません。








(BGM:ノーランズ「セクシー・ミュージック」fromYOUTUBE)
→衣装とかを見るに、別にこうセクシーで売る気はあまりなかった感じなのかな。
よく知らんけど。
でもまあ、この曲が爆発的に売れたからな。
いや、名曲だと思うけど。
よくできてる。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE