プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

この世界には触れたくない… ★ 映画 「孤狼の血」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


おひとり様で「孤狼の血」という映画を見てきました。

にじ屋の値段付けをしていたら、食器が新聞にくるまってたりするわけですが、その全面広告が出てて、「テレビではやれない」なんて出てました。
もう「テレビなんかには飽き飽きだろ?」ということが宣伝になるわけですよね。
ま、そのくらいテレビはもうつまらないのはみんなご承知で。

芸人をひな壇に座らせてヨウツベで見たことがあるような「びっくり映像」みたりすんのが特番だってんだからあきれる。
どうみてもフェイク、というかネット上ではもうフェイクが確定してる心霊に「怖いですねえ~。寝られなくなっちゃう」とかゲストが言ってんだから、作ってる側の見識ももうよくわからなくなる。

ま、そういうわけで、そういう意味でまあ、この宣伝はいいんでしょうけど。
でも、見終わって感じたのは、こんなの昭和の時代には太陽にほえろでもやってたような気がするぞ、というテレビに対する絶望感。
実際やってたかどうかは印象なんでわからないけど。

いや、この映画での、テレビでやれないってのは、警察のメチャクチャかげんってとこ?
まあ、斬られた首が転がる、なんてのは確かにね、わかります。
でもそんなのは、これまでもいくらでもホラーであったわけだし、2時間ドラマでも死体くらいは出るでしょう?
血の量はともかく。
名作「とんぼ」の最終回とかなんかは、もっと血が出てました。
ま、昔の話で、今はもう再放送できないという話なのかもしれませんが。

豚のくそを食わせる部分、とか?
う~ん…そんなに問題があるように思えないけど、これが問題なら、もう今のテレビは漂白が過ぎるな。
逆に、現実社会で「テレビを越えてやろう」なんてイジメが作り出されるのは当然で、ヨウツベなんかでは、まあけっこう過激なことをやってる人もいるんでしょ?そういうのは見ないので知らないけど。

ま、おそらくは、作品全体を覆う、「警察のめちゃくちゃさ」というか、主役の刑事役所広司さんのメチャクチャさ、ってとこなんでしょうか?
プラスして、もう警察上から下まで賄賂とか受け取ってたりしてるしな。

でもそれが放送できない、ってのもおかしな話で、だって、今だって警察メチャクチャじゃん…。
現実を描けないとしたら、なんなの?テレビって?みたいな。

と、まあ、それはいいとして。
単純にそういうことじゃなくて「テレビでやれない」って売り文句にしたいだけなんでしょうから、…っていう、そういう風に思われちゃうのも、映画も結局は同じ穴の狢じゃん、みたいになっちゃいますから気を付けたいものです。


さて、内容ですが、マル暴の刑事、役所広司さんの昭和の終わりころの活躍を描いた作品、というか、活躍とか言っちゃいかんか。
裏金はもらうし、やくざをリンチしちゃうし、やくざ系列の店に放火(と言ってもボヤ騒ぎ)をしちゃうし。
でもまあ、対抗勢力両方からそれなりの信頼はうけている、というか。
ま、見た目ヤクザなんですけど。
そういう、刑事ものでありながら、やくざ映画である、という感じの映画ですね。

この映画の優れているところは、メガネ君がしっかりいて、それが松坂桃李さんの新人刑事。
役所広司さんの行き過ぎた感じを、イイ感じで距離を取って見ていてくれる。

というのも、実は彼は監察官。
いわゆる、警官の不正を調査する人たちですね。
本庁から派遣されてきた、みたいな。
でも、それは役所広司さん始め、同僚や先輩は知らない…はずだった、んですが…。

ま、みなさんもここまで書けばわかる通り、孤高の狼の血はこの松坂桃李さんに引き継がれていく、というラストになっております。


暴力団を抑えるには、ただ法制度を作っちゃえばいいのか、という問題が常にあって。
そういう観点から暴対法がいかがななものか、という意見もあります。
鳴り物入りで強行採決されてしまった共謀罪も、最初は暴力団に適応されるのではないか、と言われています。
そうすれば世の中も納得するだろう、みたいな。

ってか、その前に公文書偽造も共謀罪の一つなんでしょ財務省?。
とまあ、それはいいとして。

つまりは、抑えれば抑えるほど彼らは地下に潜って、もうどうにも手出しができなくなる、ということですね。
「破門状」だったり、そういう「指揮系統」がはっきりしてるからこそ、監視もできるしうまく「操る」こともできる。

ただ抑えるだけじゃなくて、調教師よろしく互いに敵対する暴力団をうまくなだめて収めることが大事だろ、そうしないと、カタギを巻き込んだ抗争になる、みたいな理屈ですね。
そうなると、まあその「なだめる」過程においては、やっぱり「警察」の枠をちょっと飛び出る必要性もあったりして、というのは、警察とも取引をしなければならないわけでしょ、彼らとしては。
だから、その橋渡しとして役所広司さんのような刑事がいる、みたいな。

それがまあ、すげえ暴力的に描かれているのがこの作品で、おそらく昭和のころはこんなことがあったんだろう、と「思わせてくれる」映画です。
実際はわからないけど。


ひどい刑事なんだけど、見ているうちにどんどん役所広司さんに感情移入していってしまいます。
松坂桃李さんも同じように、距離を取っていたのがどんどん引き込まれていく。

そこがこの映画の面白いところで、ただの漂白された「刑事もの」にはない、なにかがあります。
お時間があったら、ぜひ見てほしい一作です。





(BGM:石田純一「ジゴロ」fromYOUTUBE)
→かっこいいバック、時に入る女性のあえぎ声…。
なんかやりたいことはわかるんだけど、とにかく歌がちょっとね…。
スポンサーサイト

怒りの無法地帯 ★ 映画 「スリー・ビルボード」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


工藤さんちで「スリー・ビルボード」を見たんですけど。
いやはや…。

どっちかというと、単館系の内容かと思うんですが、けっこう公開当時はシネコンでもやってました。
これがね、けっこう大衆向けに受けてしまう、というのがちょっと逆に恐ろしいという感じもしましたね。

娘がレイプされた末に殺されてしまった事件がなかなか解決しないのに業を煮やしたお母さんが、警察をけしかける感じの看板を出す、ってところから話が始まります。
ま、南部の田舎なんですね。
時、ちょっと前、って感じなのか?、現代なのか?。
ま、現代でも通じるっちゃあ通じるんだけど…。

警察は仕事をしてないわけじゃないんだろうけど、「黒人をリンチする」みたいな流れもちょいちょい見え隠れしていて、いわゆる警官による黒人銃殺みたいなことを意識しているのか。
加えて、田舎の役所感もすごくて、ダメ人間の巣窟、という感じもあったりなかったり。

そんな警察を疎ましく思っているのは、なにも被害者の母親である主人公だけではないんだな。

そんな感じなので、この看板が立てられて、警察VS母親、となるのかと思いきや、まあそういう部分も残しつつ、実はその警察署長はいい人で、聡明で、なかなかにひとかどの人物。
一生懸命捜査を再開するんだけど、そういうこととは全く別に彼はガンに冒されていて、死んじゃうのね。
しかも自殺。

遺書はちゃんと残されていて、まあ、病気を苦にして、というか、それを世話する奥さんへの思いが自殺になってしまった、ということではありまして。
同時に、母親にも遺書を書いていたり、部下にも書いていたりします。
そこに書かれていることは、ひじょうになかなかの内容で、確かに彼が人望があったことを伺わせます。

ま、そんなこんなで物語は転がっていくんだけど、いや、ホント、転がっていく、というのがまさにピッタリくるような感じなんですけど。
当てもなく、転がっていく、というか。
リアルと言えば、リアルではあります。
逆に、最終的に、まあどうにも結末が「ない」といった感じでもあって、消化不良はあります。
けど、「ココで終わってくれてよかった」という感じもあったり…。


これ、出てくる人が、ことごとく「バカ」。
よくある偏見で言いますと、田舎の、あまり勉強してない感じの人、というか、ドンキの前にたむろってる感じというか。
グッドウィルハンティングのマッドデイモンの仲間に似ているというか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4437.html)。

一方、母親がきちんとした了見、警察の怠慢を訴える、みたいなね、そういうことの上にこの看板を立てているかというと、そうでもなく、もう一方的な「怒り」がそうさせているだけで。
怒りが怒りに火をつけてしまうと言うか、次々、互いに人を痛めつけてしまうのよね、この映画…。

唯一まともなのが署長さんなんだけど、死んじゃうし…。
ま、あとこびと症の人が出てきて、彼はまともっちゃあまともだけど、ある意味ちょい役なんだよな…。

劇中で、ちょっとネジの抜けたかわいい女の子が言う、「怒りは怒りしか生まない」という一言が、この映画の全てなのかな、と。
ま、その女の子も、「いや、私の言葉じゃないわ。本のしおりに書いてあったの」とか言ってて、まあその場の感じを見てなにをか判断して言った、とかじゃなくて、ただ言ってるだけなんですけど、的を得ちゃってる、という感じでキュートなんですけどバカ、という。

バカが言うからこそ、なんか深みがある、というか。
これを署長さんとか、母親、それかこびと症の人が言っちゃったら、あまり核心に迫らなかった感じですが、バカが言うからこそ、この映画が引き立った、というか。


いや、つまりは、この「怒り」の無法地帯を、どう収拾しましょうか、ということなんですよね。
この映画では、収拾されないまま終わりますが、なんか収拾に向かう何か、も見えるような感じはあります。
というのは、犯人が見つからないから、ではあるんですけど。

そう考えると、見終わった直後は「あの人が(それらしい人が一人登場する)犯人でイイじゃん!」とか思っちゃったんですが、見つかっちゃったら、それがもしかしたら怒りが終わっちゃうきっかけになる可能性があるからダメだったんだな。
犯人が見つからない状態で、この怒りの無法地帯をどのように人は統治するか、というのがこの映画の根本だったのか、と今気づきました。

いや、なんともどうにも身動きがとれない苦しい映画でありました。






(BGM:Petite M'amie(麻里圭子)「Girlfriend」fromYOUTUBE)
→あらら…。
夜明けのスキャットよろしく、この人がずっとキュートに笑ってるだけ、という…。
これは恐ろしい一曲。

ぎゃはははははははは ★ 映画 「ランペイジ」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ぎゃははははっははははは。

というわけで、「ランペイジ」を見てきたわけですが。
なにせ、宣伝文句が「巨大化が止まらない!」。
ぎゃはははははははははははは。
よきところで止まれ止まれ…。

ま、この宣伝文句に惹かれました。
宣伝文句というか、コピーって大事だな、って話ですけど。

だって、もうバカっぽさ満開じゃないですか。
バカが花開いちゃってる。

こりゃ見るしかなかろう,と思っていました。
しかもこれは3D、いや、4Dで見よう、と。
大がかりなばかばかしさでこちらも臨みたい、というか。
ばかばかしいからこそ、それを再生するにはばかばかしいほどの大がかりな装置が必要であろう、という判断ですね。

で、見に行ったわけですが、これ、もうバカ映画全開。
というより、全壊。
最高ですわ、これ。

スジとしては、悪の企業が巨大化するウィルス?ガス?みたいなのを研究して、それがまあいろいろあって、動物たちが吸っちゃう。
で、巨大化。
計3匹の巨大化した動物が街に向かってしまう!。
困った。
街に乱入。
最終的には、飼育係?の主人公、ロック様と心が通じ合ってるゴリラが(そのゴリラも巨大化してるんだけど)、凶暴化してたが、人の心?を取り戻し、ロック様と一緒に残った二匹を倒してめでたしめでたし。

ま、いろいろ言いたいことはたくさんあるんですけど、

大きくは、動物を世話してきた主人公のロック様にしてみたら、「巨大化した彼らは被害者だ!」ということになります。
が、彼と近しいゴリラはなんとか助けようとするモノの、残り二匹はなんの躊躇もなくぶっ殺してしまいます。

…おいおい。
巨大化した彼らは被害者じゃなかったんかい…。

巨大化はいいとして、凶暴化もしちゃうわけだけど、その狂暴化を抑えるワクチン、みたいなのが3本あったと思うんだけど、それ、三体一つ一つに飲ませればよかったんじゃ…。
なんか、仲のいいゴリラに三本飲ませちゃって。
ま、最終的に残りの2匹は見殺しといった様相です。

冒頭に出てきたロック様に行為を寄せる研修生みたいな女の子、男の子たち、そして同僚らしき男は冒頭だけであとは出てこないし。
この人たちと最後まで闘うんかと思ってたわ…。
途中でどんどん登場人物が新たに現れていく、というなんだか「行き当たりばったり感」溢れる展開なのよね。

そして、最初はロック様と敵対するが助けられて味方になる謎のエージェントの吹き替えキャストがなんとアナゴさんじゃないか。
もう、なんだか、「ふぐたくん」とかいいそうなアレで。
いや、もうハマッてましたけど、ハマリ過ぎで笑ってしまう、という。

ラストは、街が壊滅しちゃってて、その中で避難する家族だったりをクローズアップ、ゴリラもその救助に当たったりして。
「コイツがこの人たちを救ったんだ」みたいなエンディングにしたいんだろうけど、おいおい、お前が壊したんだって…。
そもそも、なぜそんなに急にみんなそんな巨大化したゴリラを信用しとるんだ…。
さっきまでビルをぶっ壊したゴリラだぞ…。

いやあ、まあもう気持ちいいまでのバカッぷり。
説明も足らなければ、伏線もほぼない。
唯一伏線らしきモノが回収されたのは、悪の企業の社長姉弟が、姉は「私なら殺す」みたいなことを言ってて、「それはダメだよ~」みたいな、臆病な弟、というのが前に出てて、ラストに向かってのところで、ロック様を撃てない弟の銃を奪い、躊躇なく撃ってしまう姉、というところくらいか。
ま、この二人が、なんだか「バカ兄弟」を地でいってて、白衣を着てたらドリフです。

だいたい、この類いの映画は、巨大化した後、「あいつらの弱点は○○だ!」となって、その弱点を攻めようとする、という展開なんですけど、それもない。
チカラ技であたまを潰す、みたいな。

なんだか、もう、苦笑の連続。
いや、いい映画ですね。
大の大人が、すげえ金とCG使って、こんな映画作ってる世の中ってのは、すばらしいですよ。

一緒に行ったコウヘイは、もう途中怖くて、4Dだから椅子も動くし、目をそらしたりしてましたね。
それだけ、まあ迫力のあるCG。

それはすげえんだけど、それを無駄遣いしている、というところまでは、コウヘイには伝わらず、つまりはまあ、そういう映画でした。






(BGM:HAKO (覇虎)「Wannabe」fromYOUTUBE)
→スパイスガールズのカバーと言うことになりますけど、いや、唄いきるね~。
デキはいいです。

「お前は宝くじが当たっているのに、引替に行く勇気がないだけだ」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「グッドウィルハンティング」

マッドデイモン若かりし頃の。
天才孤児を演じてます。
悪い仲間とつるんでるけど、…まあ悪いっていうか、普通のダメな子たち、って感じなんだけど。
これがなんかすごくリアル。
マッドデイモンの仲間の、この、「ワケのわからない感じ」「すぐに会話を理解しない感じ」というの、あるなあ。
悪気はないのに、なんかもうバカすぎて理解できなくて場の空気を凍らす、みたいな。
底辺校あるあるみたいな。

ま、そんなことで。
この映画、カッコイイのは、その仲間。
天才のマッドデイモンに、「俺が20年後にここにいるのはしょうがない。でも、お前が20年後もここにいたら俺はぶっ殺す」と。
「お前は宝くじが当たっているのに、引替に行く勇気がないだけだ」と。

いや、これね、コレを言える友情ってスゲエと思うんだよね。
たいがいは、嫉妬しちゃうし、足引っぱっちゃう。
ヤクザは組織を抜けるのにいろいろなことを課したりする。
それだけ「俺らだけ置いてカタギになるなんて許さない」ってアレがあるわけね。

それをこのセリフで飛び越えてくるの、かっこいい。
この役者さんもなんかカッコイイ。
調べたら、ベン・アフレックって人だった。
ファンになったわ。




「ベイビードライバー」

子どもの頃、両親と乗っていた車が衝突事故を起こし、親はその事故で死亡。
以来、衝突の時の音が耳鳴りとなって鳴り続け、そのためにずっとヘッドフォンで音楽を聴いてる主人公。
読唇術も身につけ、とにかくずっとヘッドフォン。
しかし、運転の腕はピカイチで、いろいろあって悪党に使われている。

ま、その悪党とソリが合わなかったりしながら、最終的には組織を抜けようとするんだが…、という物語。
これ、なかなか秀逸なのは、ちゃんと復讐をする。
そして、捕まり、刑期を終えて恋人とハッピーエンド、というね。
ハッピーエンドまでが長いが、まあコレの方がすっきりするよね。
やっぱ、復讐は復讐でも、逃げおおせちゃったらダメだもんな…。

全編、なんらかの音楽が鳴っていて、ミュージックビデオみたいな。
そして、なんか主人公も軽快でキュートな男の子。
ヒロインも50Sっぽい雰囲気を醸し出していてキュート。
キュート+キュート+ロック=踊りたくなる、という感じの映画。
主人公のように、コーヒーをトレイにのっけて、街を颯爽と歩きたくなった。
この手の「歩きたくなるかっこいい映画」はけっこう好きだわ。


「ライト/オフ」

ライトを消すと浮かび上がる霊と闘う姉と弟。
どうも、そのお母さんが子どもの頃の友だち(死んでる)、が出てきてるようで。
で、物語を複雑にしているのは、お母さんに精神疾患があって、冒頭、「もしかしたら全ての某はお母さんがしでかしてるんじゃないか?」という感じもあるんですね。
でも、実際、ライトを消すと見えちゃうんだなあ、これが。
どうもお母さんの中の「ごめんなさい」みたいな気持ちが、実体になっちゃった、みたいなことらしい。
う~む…、実体になっちゃうか…。
恐ろしい話です。


「2LDK」

小池栄子さんともう一人の美人さんの女優さん、二人によるシュチュエーションスリラー。
って、スリラーか?これ。
というより、いわゆる「女のドロドロ劇」。

ルームシェアしてる二人。
同じ事務所かなんかに所属している、なんか女優の卵、みたいな。
とにかくまあ、お互いにイヤイヤで、嫉妬とかそういうのがすげえ。
けど、なんか普段は抑えている感じなんだけど。

明日発表のオーディションを二人とも受けていて、その前日に感情が爆発する。
といっても、まあ徐々にエスカレートしていくのね。
その感じ、なかなかよくできてる。
特にまあ、大切なモノを壊されて「きいーーーーっ!」ってなる表情とか、なかなかいいのよ、これ。

小池栄子さんのアイアンクロ-からの畳返し?、とか、もう一人の彼女が急にチェーンソー持ち出すとか、もうどっかコメディチックな感じすら逆にリアル。
ナチュラルになんかありそう。
あ、チェーンソー、たまたま部屋に置いてあったのね、そかそか、とか。
そしてまあ、「一軒家プロレス」の様相を呈していきます。
というか、もう熱湯かけたり、感電させたり、プロレスを超えて、ガチに常軌を逸脱していく二人。

まあ、なかなか面白いです、これ。
あり得ない世界を、実にリアルに表現できてると思う。







(BGM:金井克子+ザ・ブルー・ビーツ+ミニ・ガールズ 「ミニミニ・ガール」fromYOUTUBE)
→いや、ミニスカートってのは、衝撃的なファッションだったんだろう。
ほぼなんか歌詞はないンですけど、ふ~とかほ~とか言ってます。
ゴーゴーギギッギー、とか。
でも、その中でも、ちょっとしたところで歌の上手さが光るわ、これ。

ま、戯言おいといて仕事仕事! ★ 映画 「ラプラスの魔女」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


コバ言うところの「ラブラブ魔女」を見てきたわけですが、まあ、コバとコウヘイが行きたいって言うもんで、一緒に。

ま、一般には「ラプラスの魔女」ですね。

広瀬すずちゃんというのは、まあとにかくかわいいので、見てるだけで安定感がありますが、ちょっとどうでしょう。
笑顔があまりない役だったので、イマイチ感もありました。
すずちゃんとしても、いろいろな役をやりたいんでしょうけど、やっぱ顔がかわいいというのは、やっぱマイナス要因もあります。

最近は西城秀樹さんの訃報も流れてきましたけど、当時、やっぱかっこよかったでしょ。
今見てももちろんかっこいいですけど、ああなっちゃうと、当時はやっぱ「顔がいいからなあ」みたいな、どっかひいちゃう感覚もありました。
今見れば、まあ歌は上手いし、すげえなあ、と。
歌手として一流だったよな、って思うんだけど、当時はその辺まで思いが至らなかったというか。

そういうね、やっぱ「整いすぎてるが故の不幸」ってのもあるんだろうな、と思ったり思わなかったり。
ま、俺にはあまり関係のないことなので、大きなお世話ですわね。


で、まあこの映画。
見た方いますかね?
ちょっとどうでしょう。
正直、もう辛かったですね。
これ、面白いんでしょうか?

手術を受けて、一般の人にはない、いわゆる「超能力的なこと」を身につけてしまう、というのが話の発端になってるんだけど。
予知ですね、予知。

ま、予知と言うよりは、物理的に、科学的に一瞬にして風向きなんかを推測することができる、みたいな。

この時点で、もうかなり設定が突飛すぎるんですね。
ついていけない。


冒頭の、硫化水素?かなんかを使った殺人も、正直、現実的には無理っぽい。
ま、これも映画の中ではすずちゃんが一瞬の風向きとかそういうのを計算して実際やっては見せるモノの、野外でこのタイプの殺人はあり得なさすぎる…。
だって、その風向きを待ってる間に相手が動いちゃったらどうすんのよ…。
しかも、それは一瞬の出来事というか、一瞬の風向きをとらえる、見たいな話なわけで、やっぱ無理だよねえ…。


てなことで。
ま、もうついて行けないことこの上なく、しかもあまりすずちゃんがキャピキャピしてないし、笑わないしで、なんか魅力半減だし、これはきつかったな…。


しかし、この「普通の人にはない力を身につける」っていう設定、最近よくあるような気がする。
漫画原作なんかだと、例えば東京喰種も亜人も、ある意味そういうことですよ。

この「常人を越えたい」という気持ちは、確かに誰にでもある。
よくある設定としては、「霊感がある」なんて言ってクラスの注目を集めちゃって、実際にはそんなのなくて、嘘つき呼ばわりされちゃう、みたいな。

つまりはまあ、霊感があれば人気者になれる、ってのが、まずあればこそ、の設定ですよね。
普通の人にはないチカラ、ってのに、人は憧れるし、頼りたくなる、というか。


しかしなあ、ま、そんなのは物語の中だけです。
現実には喰種もいないし、亜人もいない。
予知出来る人もいない。
…な~んて書くと、「いや、予知出来る人を知ってる!」なんて人が出てきちゃうところが、もう、なんかいびつというか、よく考えてみなさいな、って諭したくなっちゃうというか…。

ま、オウムがそうでしたよね。
超能力を身につけよう、みたいな入り口の作り方もしてたんだよね、あの団体は。
超能力を身につけて、クラスで人気者になろう!みたいなことなのかどうなのか、まあ俗っぽいったらありゃしないわけですけど。


ま、あまりあこがれが講じると、ヘンテコなものに引っかかりますから、みなさん気をつけましょう。
実際には、そんなの無理っすから。
しょうがないから、ふつーの人として、ふつーに、もう嫌々仕事やったりして生きていくしかないんですわ…。
残念ですが、まあそういうことで、今日も仕事がんばりましょう。







(BGM:ザ・テンプターズ「今日を生きよう」fromYOUTUBE)
→ブルーフィルムのカバーでいいなあ、と思っていたが、元曲をここではじめて聞いた。
単純な繰り返しなんだけど、残るよね。
名曲。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE