fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

敬語を使わないすごさ


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、ハルナが産休明けで復帰するということで。
本当は4/1に来るはずが、三人の子どもが相次いでコロナになったり、インフルになったり。
で、先日来たわけだけれど。

…そうなのよね。
一人が学校でもらってくると、そりゃ次々なっちゃう。
で、治ったと思ったら今度は自分が…という。

なんか自分も三人の子どもがいっぺんに保育園、ということもあったけど、どうだったかなあ…。
なんかもう忘れちゃったんですが、そんな感じだったよな、とはぼんやり思い出す。
俺の場合は、まあ当時の妻と交代交代ができたんでまだあれだったけど、今はコロナとかもあるから、なんなら濃厚接触者ということになっちゃうから、交代交代言うても、仕事自体にも行けなかったりもするんだな。

しかもいろいろな感染症が学校とかで流行ってるらしく、なんか当時と今はなんか違う感じもしたり。
今の方が大変だよね、なんか。
当時はけっこうインフルとかも熱下がったら平気で学校行かせてたりしたし、ってか、今思い出したけど、たいがい俺はうつらなかったしななぜか。
濃厚接触者なんて言葉もなかったし。

てなことで。
まあ、それはいい。
子育ては大変だ、ってことですよね、うん。
誰もがご存じのことだとは思います。
思うが、その辺が全く改善されないどころか、俺の時代より今の方が現実問題大変だなんて、やっぱどっか少子化に歯止めはかからんよな、と思います。

で、ハルナと久々に会って思ったんだけど。

彼女はとにかく敬語を使わないんですよ。
意識してるわけじゃないと思うんだけどね。
そういう意識が出来る子でもないんで。
ナチュラルにそういう人なんだろうと思います。

たいがい俺には敬語使う人が多い中、ハルナだけはなんか使わない。
ため口。

そもそもなんかハルナって、なにも出来ないんですよ。
いや、なにも、ってことはない。
沢山のことが出来るが、沢山のことが出来ない、みたいな。
しかも世の中のことをよく知らない、というか。
竹輪は魚のすり身でしょ?ってことも知らないという感じの。
じゃあ竹輪って何だと思ってたんだよ?と聞けば、「竹輪でしょ?」みたいな。
けっこうヌケ作君というか、そういう面もあって。
つまり、愛らしいヤツなんですよ。

その上敬語を使わない、という。
これね、なかなかの才能ですよ。

でも、思ったんですよね。
むしろみんな敬語やめたらいいんじゃなかろうか?みたいな。

いや、というか反省しましたよね。

俺がね、やっぱ敬語使ってるんですよ普段。
そりゃイチマルたちの前で若い子と話すとかはほぼ演技がかってるし、それにまあ、飲みに行ったり、という場面ではさすがに敬語では話さないが、若い子には普段の会話では、なにかっていうと敬語使ってるところがある。
「●●できますか?」とか。
「飲みに行くんですけど、お時間あったら来てもらいたいんです」とか。

ま、それも悪くない。
丁寧に言ってるわけだし、俺としては「命令にしたくない」という思いもあります。

でもやっぱ、それってどっか「壁作ってる」のかもしれない、という。
ハルナと久しぶりにあってそう思ったりして。
確かに、何だろう、ハルナのあの感じ、いいよな、ヌケ作なのになんか物怖じしないし…、とは思っていたんですけど、その理由の一つは「敬語使わない」だったんだな、と思いまして。

つまり彼女には壁がないんですよ。
一つのこと、例えばにじ屋だったり、イチマルたちに対したりってことの中で、俺もハルナも同じなんですよね。
立場はもちろん違うが、それぞれの立場で立ち向かっている、という。
立ち向かってる、という一体感が大事なんであって、立場の違い、ってのは二の次じゃん、という。

無理に乱暴な言葉を使う必要もないし、ってかそれサイアクだからそれはナイけど。
そうじゃなくて、「ナチュラルに敬語を使わない」って技法を彼女から学びたいし、若い子にはマネをしてもらいたいな、と思ったりしている昨今です。













(BGM:タイガー・ジェット・シン、浅野起州「早口言葉なのだ」from「BEST HIT I.W.A.」)
→これね、もう二人で早口言葉をやるだけという。
…タイガージェットシンといえば、アントニオ猪木さんを東京・新宿伊勢丹前で襲撃する事件を起こしたことでも有名である。
悪役中の悪役。
いや、月日は巡るし、人の心は月日の中でどんどんネイクドになっていくのだと言うことを実感出来る一作。
スポンサーサイト



新しい佐藤さん


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





専従辞めようと思ってまして。
ま、急になに言ってんだ?って話なんですけど。

そもそも、ここで仕事をするようになったのは「成り行き」みたいな部分でしかなく。
ここでも何度か書いたかもしれないけど、ホント俺って流されやすい性格なのか、こういうことになってしまい。
なんで、なにか崇高な思いがあったわけでもなく。
給料がもらえない時からやってきて、まあやっと普通に給料もらえるようになってきて、という。
三十年以上やるとはそもそも思ってもなく。

とはいえ、そんなに「やりたいこと」なんてのがあるわけでもない。
子どもが小さいウチはお金も必要だからやらなきゃ、というのもあったけど、今となってはもう子どもも大人である。
離婚もしたけど、彼らも独立というかしてるし、ありがたいことにいい関係を作れていて。

というかですね、ホントは60歳になったら辞めようと思ってたんだけど、いろいろ後進のこととかも考えたらだんだん辞めていこうかなあ、と。
なんで、専従としての給料体系からは来年以降抜けます、という話をみんなにはしたところで。

そりゃお金はないよりあったに越したことはないが、子どもにもお金がかかるわけじゃないし、もういいかなあ、とか思ったり。
確かに老後に不安がないワケではないが、イチマルに介護してもらおうかと本気で思っています。
だから、彼らと生きていく、ということには何にも変わりはないんだけど、給料はもうそんなにいいかな、という。
辞めたってやりたいこともなければ、他の仕事に就くとかもまったく考えられないというか、そもそも俺はなにもできる気がしないので、それはそれで結局は今まで通り動くんだとは思いますけど。

アキが働いている、というのもあるし、幸いにも身体の調子が悪いわけでもなく。
なんでまあ、ちょっと形を変えて、自分の立ち位置を変えてみようかな、と。

ま、これまで専従が年齢でやめる、いわゆる定年、みたいなことってなかったんですよね。
俺が最初の専従だから当然ではあるんだが、まあそういう。
だから、辞め方もちょっと考えたいというか、なんか道を作りたいなあ、とか思ったり思わなかったり。

とはいえ、何も変わりませんけど、たぶん。
事務所にはデスクを置いておいてもらうし、これまでのいろいろな手当はなくなるけど、ベース的な給料はもらうつもりですし。

やっぱ若い子にはまだまだ伝えたいこともたくさんあるわけで、それはゆっくり伝えていきたい。
そこに注力しようと思ったり思わなかったり。
加えて、なんか新しいこともね、ちょいちょい始めたり始めなかったりしようかなあ、とか。
今の俺だからできることを。
この辺はちょっと確かに色々考えるとワクワクしている。

なんか、ずっと流されて生きてきて、今回は初めてなんか自分で考えた結論って気がしますね。
確かに、賞与とかもずっと受け取りを拒否してきたり、それは自分なりの考えがあってのことだったんだけど、それの集大成ですかね。

ま、新しい佐藤さんを今後も応援してやってください。
そして、若い子をこれまで以上に応援してやってください。





(BGM:T-SQUARE「RADIO STAR」from「NATURAL」)
→日本のフュージョンと言えば彼らですね。
この曲はなんかダンサブル。
冒頭のラジオの英語でのDJ、ディスクジョッキーの方ですが、それがなかなかいいな。
こういう遊び心好き。

選択肢


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





知的障害とか、ボーダー的な若い女の子が風俗に勤めることで生活をしている、という話がよくツイッターで見かけるようになった気がする。
ま、ツイッターなので、そういう側面で風俗のことを考える傾向のある人を俺がフォローしている、ってことではあるんだけど。

これは今に始まったことではなく、昔からこの手の話はあって。

風俗の話になると、「女の人はお金がなくても風俗に行けば稼げるからいいよな」というような人がいて。
いや、よくないだろ…。
ある人が風俗に勤めるとしたら、この人とやらなきゃならないのか…と電車の中を見回したが「ああ、全部ムリ…」と思ったという話を思い出す。
というか、まあ風俗は最後だ。
そもそも路上生活が難しい女性が風俗に頼らざるを得ない、というのは最後だからだろう。

ってか、別に男の人が勤める風俗もあると思うけど、その辺が欠落しているのかな。
それも、キレイな女性相手ってワケじゃないだろう。
自分よりがたいのいい男に無理矢理、ということも風俗ではあるわけで。

ま、それはそれとして。
この手の話には、知的障害者も自分で選ぶ権利があるのだから、その主体性を尊重しろよ、別に風俗でもいいじゃないか、という意見を言う人がいる。

しかし、この話には決定的に欠落していると思う点があって。

というのは、選択肢がないわけですよ。
風俗を選ぶ、というのは、もう最後なワケです。
それ以外に道がないのに、主体性とかってやっぱおかしいと思うんだよね。

いくつかの未来が選択できなければ、そこに主体性ってあります?という。

そもそも、知的に障害があったら、福祉につながる方法だってわからない、という場合もあろうかと思うんだよ。
ってか、ある。
例えば、経験的な例だと、知的に障害がある親の元に育ってきた子は、まわりの手がなければ福祉につながれなかったりするんだよね。
今の俺の上の世代って、時代的に知的障害と言って手帳を取る人ばっかりじゃないんだよね。
だからまあ、我々がその手続きをしていかないと福祉とはつながれない。
けどまあ、それはたまたま我々がいたからなんだけど、そういうことがなかったら、その窓口は断たれてしまう。
誰かが気づいてそこをつなげてやれればいいけど、って、たいがいは学校とかでその辺はつながっていったりするんだけど。
でも、それでもそこからこぼれ落ちてしまう人はいる。

まあ、もちろん、福祉だけじゃないと思うんだよね。
どっかの会社とかで雇ってくれればいいし、それもキチンとした形で。
そうなれば、会社と風俗、で選択肢は少なくとも二つになる。
でもまあ、会社でウマくいかなくて風俗に、というのが現実だろうから、それはかなり仮説も仮説、ちょっとあり得ない気は経験上するけど。

ま、何が言いたいかというと、選択肢がないのに「自分の意思だから」って、ズルいな、って思うわけ。

何を今選ぶのか、ってのは、未来そのもののハズで。
その未来が一つしかないのなら、選ぶもなにもないじゃん、と。

今の非正規が多いという状況もそうだけど、なかなか一度非正規になると抜け出せない、って話があって。
これもなんか、どっか選択肢を狭められているような気がする。
少ない選択肢から選ばなきゃならない、というのは、やっぱツラいよ。

だからいい大学に行けばよかったのに、資格を取ればよかったのに、俺は取ったよ、という人も時々いるんだけどさ。
ま、そりゃそれでいいと思うんだけど、非正規を土台に社会が構成されているとしたら、それは個人の努力だけの問題じゃなく、社会の問題でもあるんだよね。
その社会で競わされて、そりゃ苦労したんでしょうが、それも非正規を度台にしてるのには変わらない。
個人の努力を軽視したくもないし、それはそれで尊いと思う。
けれども、それが全てではない、と思う。

風俗を選んだ、いや、風俗しか選択肢がない子に「あなたの意思なんだから」って突き放すのは、やっぱ社会の責任を果たしていないと俺は思う。

大事なことは選択肢がどれだけ豊かにあるか、ってことなんだと。
そんなことを思います、って話です。






(BGM:アルド・チッコリーニ「ピカデリー」from「近代名曲の世界 Vol.8 色」)
→誰でも知ってる曲ってのがあって、これもその一つといっていいでしょう。
で、ちょっと忘れがちだけれど、そういう曲にもタイトルがある、と。
あたりまえだけど。
いや、初めてタイトルを知りました。

kanukibochu.jpg

プロレス的展開


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「猪木問答」というのがありまして。
2002年2月1日に新日本プロレスの北海道立総合体育センター大会、リング上での出来事なんですが。

ま、時代としてはトップレスラーだった武藤選手が離脱。
それにスタッフ、数人の選手も追随。
世の中は格闘技が隆盛を極め、プロレスは暗黒時代に突入していた。
新日のトップ、いや、神であったアントニオ猪木さんも格闘技にシフトしているようにも見えた時だった。

蝶野選手の試合が終わり、猪木さんを呼び込む。
そこで蝶野選手はアントニオ猪木さんと新日のプロレスの方向性について喧々諤々やる予定だったという。
猪木さんから「プロレスをやる」という言葉を引き出したかったんだとかなんとか、まあ都市伝説めいてますが、そう言われています。
が、そこに感情が高ぶった数人のトップレスラーがリングに上がったもんだから、そういうシャープな話にはならず…というのが猪木問答の始まりだったとか始まりじゃなかったとか。

で、そこで猪木さんはそのリングに上がったレスラー一人一人に、「お前は怒っているか?」と問いかける。

もう、正直、この時点でポカンなワケです。
「怒ってるか?」というのは、確かにいろいろ取り方が出来ますが、「リングに上がったんだから、なんか言いたいことがあるのだろう」=「怒ってるんだろう」ということなのかどうか。
「猪木さんに怒っている」という理屈もあるし、その前に退団した武藤選手に、という捉え方も出来るし、プロレス界に、という取り方も出来る。
ま、だから何を聞かれているかよくわからないのである。
確かにこの時の新日は迷走していた感じはある。
この猪木さんの質問も迷走していると言っていい。

で、「怒ってますよ」と答える選手に、特になにかその先の会話を考えさせるような返答をするでもなく、猪木さんは次々聞いていく。
最後の棚橋選手が違う答をするのだけれど、それは後になって「前の三人がストレートに答えて撃沈していたので、猪木さんの問いに答えちゃダメなんだな、と思って」と語っている。

これを「猪木問答事件」と言います。

ま、このあたりが猪木さんのすごいところである。
これね、もし、リングに上がったレスラーが猪木さんに襲いかかっていたら時代は変わったのかもしれない。
プロレスのストーリーとして、そこから何か生まれた可能性はあった。

でも、それができなかったんだよね。
猪木さんのあまりにも自由な問いに、彼らは呑まれてしまったのである。
ま、言ってみると禅問答である。
目の前の僧侶に、何の答えも出来ない、みたいな。

で、何が言いたいかというと、これ、プロレスファンとしては最高に面白いんですよ。
でも、一般的には、答のない問いを投げかけて、その答をどれが正解でどれが不正解なのかも示さない猪木さんの行動に、もしかしてイラつくかもしれない。
というか、「何これ?」ってなることは確実である。

つまりですね、プロレスって答がない、ってことなんだよね。

どっちに転んでもいいし、何が正解かもない。
その後、面白い、楽しい展開さえ待っていればいいのである。
エンタメなんだから、それはそうなのである。

我々も時々、プロレス的展開、という言葉を使ったりするんだけど、それってまあ「きっかけ」なんだよね。
後につながるような「きっかけ」。
「そっから楽しく展開していけるんじゃない?」という。
バッドなコトだったとして、例えば誰かが「もらしちゃった」というようなコトがあったとして、でも、それをきっかけとしてなんか一歩先の展開が作れるんじゃないか?と思ったりして。
先日、といってもずいぶん前だけれど、その流れで、男だけが集まっていろいろとお互いのコトを話したり、助け合おう、みたいな話に発展したことがあった。
それで互いの距離が縮まったり、お互いの苦労や困っていることを共有できるのなら、漏らしたのもちょっとした「きっかけ」をくれたいい出来事だった、ということもできる。

どっちに転んでも正解はない。
正解はないが、どうせだったら、それをきっかけとしてプロレス的展開を考えた方がいい、という風に思うんだよな。

バッドなきっかけも、何が答かわからないような問いも、全て「きっかけ」になる可能性がある。
どうせ起こってしまったバッドなことも、ハッピーエンドに持っていけたら、と思う。

俺がプロレスを好きなのはこの辺なんだな、きっと。
どう転がるかわからない。
でも、それをハッピーエンドに持っていくには、やっぱプロレスアタマが必要。

ま、そんな風に思ってる、という話でした。






(BGM:Red Snapper「Digging Doctor What What」from「Prince Blimey」)
→な、何じゃこのかっこよさは…。
ジャズっぽくもあり、ダブっぽくもあり、ブレイクビーツっぽかったりするんだけど、どっか肉体的なライブ感がすごい。
どっかテクノ的な感じすらする。
なんじゃこりゃ。
カッコよすぎじゃん。

kanukibochu.jpg

近くにいること


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





前に大学に勤めていた学者さんが、学生の初恋、みたいなことの調査を手伝ったときに、多くが「隣の席だった」というようなことが多かったという。
つまりは、「身体が近いと好きになる」という。

まあ、初恋ですからね。
冷静に考えると、そもそも異性と近くなるチャンスというのは早々ない、というところもありますよね。
小学校中学校、とかいう感じですから。
たまたま隣の席になって喋ったりする機会が増えると、まあその人のことがわかる、という。

習い事で一緒に通っていた、とか。
どっか異性、ってだけで意識もするし。
その中で、見てるテレビ番組が一緒だったりすると、その話をするために一生懸命その番組を見たり、みたいな。

ま、初恋だけじゃないかもしれない。
同じコミュニティの中で、自分と適齢というか、そういう人ってある程度限られてきますから。
職場で既婚者とかじゃなく、と考えると、そんなに候補になる人っていなくて。
そうなると、やっぱそこで食事に行ったり、ということも増えていったりして、だんだん気になっていく、みたいな。

今はマッチングアプリ?みたいなこともあるようですが、そもそものコミュニティが成り立ってないのかもしれない。
まあ、趣味の集まりとかがある人はいいけど、そうじゃないと仕事だけになっちゃって。
近所のコミュニティも今は同じアパートでも誰が住んでるかわからない、みたいなこともありますから。
仕事場も、お金のためだけに働いていたら、やっぱそれって共通の思いを持つ仲間、にはならないもんな。
ギスギスするだけで。

それにそもそも中小企業とかだと、同期がいない、とか。
そうなるとこれまたうまいことマッチングしない、という。

吊り橋効果、なんて言葉もありまして。
吊り橋を渡るとドキドキする。
一人だってドキドキするわけだが、二人でドキドキ渡ると、なんだか恋に陥ってる気持ちになる、という。

つまりはまあ、仕事でも一緒に何かを成し遂げたりするとやっぱ近くなる、というような。
学校の文化祭とか部活なんかもそういうところがあるのかもしれない。
優勝目指して頑張っていたら、気持ちが近くなる、というのはなんか経験的にもわかる感じがしますね。

それもまあ、身体が近い、という風にも捕らえられるわけです。

一方、遠距離恋愛なんてのもありまして。
夫婦で転勤とかそういう。
ちょっともう何かワケわからないですよね。
夫婦であっちこっちで転勤とかって、だからやっぱ嫌がらせだよな、と。

単身赴任で行った先の職場の異性としっぽりやっちゃう、みたいなドラマの設定は多いですが、これもなんか「わかるわ~」って人が多いからなんだろう。
つまりはまあ、身体が近い人と恋仲になる、ってのは、なんとなくみんな思ってることなのかもしれないな、と。

ま、そもそも生まれたばかりの動物の赤ん坊は近くにいた個体を親と認識する、みたいなこともありますよね。
それも近くだから、という風に考えると、結局それは動物的な感覚なのかもしれない。

それに勝る「頭で考える愛」、ってか、「理性的な愛」というのはなかなか人間には難しいのかも。
ってか、やっぱ人間も動物ですから。

翻って、市丸たちと生活していて思うのは、大事なのは近くにいることだと思っていて。
毎朝しっかりと来るとか。
朝運動から付き合ってやれる、とか。
困ったときに、解決するだけじゃなく、ってか、解決する前に「隣にいれるか」というような。
一緒に飲みに行けるか、とか。
上から目線で、っていうか、違う地平で「教える」「指導する」「支援する」なんてことじゃなくて、一緒に遊べるか、という。
その辺が大事なんだよな、っていつも思っていて。
問題を解決するのは確かに難しいし、誰にもできるコトではないが、その前に彼らの隣にいれるか、という。
それができると、彼らは俺たちのことを信頼してくれる、というような気がするんだよね。
そして、問題解決はその先にあるというか。

近くにいるって大事だな、って話です。






(BGM:福井舞「アイのうた」from「アイのうた」)
→いい歌なんだろうな。
ま、よく聞く感じのミディアムバラード。
スルッと左の耳から右の耳に抜けちゃう感じのキレイなメロディ。

kanukibochu.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE