FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

文脈で


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


まあ、前に書きました「失敗なんか悪いことじゃない」(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4567.html)って話ですけど。

これ、まあみんなを前にして話をしたんです。
新人も入りましたしね。

だからまあ、別に井上たちだけに話そうと思ったわけでもなくて。
みんな、そういう気持ちでね、そういう場所にしなきゃいけないわけだから。
特にまあ、健体者、新しい人には話しておかなきゃならないことだなあ、と思って。
そっち比重ですかね。


でもまあ、話としては井上たちにわかるように話さなきゃならないので、それなりに準備もします。

まあ、それはいいんですけど。

で、井上たちが世の中でどういう場所にいるか?ということをわかってもらいたいと思って、途中で話をターンする時に、こんな風に言いました。

「君たちは失敗作なんです」

ま、これね、これだけ聞けば、ひどいこと言ってます。
ま、続きとしては、だからこそ、失敗を恐れない、そして、失敗作といってる連中の鼻をみんなで明かしてやろうぜ、ってことなんですけどね。
優生保護法とかのことにもちょっとふれました。


こういう言葉ってのは、普段けっこう彼らは我々が思う以上に言われてるようで。

例えばコンビニ。
支払いでもたもたしちゃったりすると、会計終わったあとに「バカがまた来たよ」とか言われたりすることもあるという。
明確に邪魔者扱いされて、あっちに行って、というようなこととか。

なんで、それを反復してやると、けっこう彼らは普段のその言われたことのフラストレーションをどう昇華させたらいいか、ってことで、こっちを向いてくれます。


ま、世の中は差別に溢れているわけです。
差別って言葉は難しいけど、ここでは、まあ簡単に「井上たちを馬鹿にする言葉や事象」としておきましょう。
そういうモノが、世の中には溢れている。

それに、どうやって逆襲するか?
どう反論するか?
どう闘うか?

それを一緒に考えていく時に、どうしたって差別を描かなければ、言葉にして伝えなければ、彼らには何を言ってるのかわかりません。


言葉狩り、なんてことが70年代とかにあったわけだけど、ソレもナンセンスで、つまりじゃあ「世の中のことをありのままに書いたらダメなんですか?」って話になっちゃうんですね。

もちろん、井上たちを貶めるために「バカ」って言うのなら、それは狩ってイイかとは思いますが、その「貶められてる現状」をどう表現するか、ってことになれば、それはまた話は別で。
つまり、言葉がダメなんじゃなくて、文脈の問題ではあるわけです。

そういうことがまあ今は浸透してきていて、言葉狩りそのものはナンセンス、って位置づけになってるかと思いますけど。


つまりですね、普段から言われてる、言われてなくても、その目線はいつだって自分たちを「邪魔者」「こっちにこないで」と言っている、ということを彼らは感じてるわけです。
それって、一般のみなさんにはなかなか伝わってない。

特に、差別と闘おう、なんて人は、おそらくそういうことを「しない」だろうし、する場所、にも行かないだろうと考えると、その感じをなかなか想像出来なかろう、と。
なんか簡単に「最近はそんなあからさまな差別はないんじゃないですか?」とか言っちゃう人、いるじゃないですか。

つまり、その受けた差別を表現して伝えて、「オレたちを障害者だからって理由で馬鹿にすんなよ!」をもっと大きな声にしなければならない。


ま、もちろん、言葉そのものは気をつけて使わなきゃいけないとは思います。
でも、言葉一つ一つに気を取られてしまって、なにも伝わらない、なにも前に進まない、っていうのが一番馬鹿馬鹿しいかな、とも思います。









(BGM:MONO NO AWARE「イワンコッチャナイ」fromYOUTUBE)
→なんと言ったらいいか、普通のロックなんだけど。
他を聞いたらもっといろいろ出てくるんだろうか。
ボーカルが一直線、無骨な感じは好きですね。
あまり歌い上げる感じというのもどうかと思いますし。
スポンサーサイト

伝われ~


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


肥満、というのは万病の元だと言われます。
できれば、体重は減らしていきたいな、と思うワケですが。
成人病だったりの発症率も高くなるし、そうなると、いろいろなことができなくなったりすることもあるという。
アルコールは控えろだとか、塩分がどうとか、下手すれば登山も無理、とか旅行も…だとか…。
無病息災なんて昔は言われていたけれど、まあ一病息災くらいの感じでいけたらいいんだけど。

若い頃は、それでも「太く短く生きていければいいンだ俺は!」なんてつっぱっていたって、50を過ぎると、実際に死が近くなってきますから、そうも言ってられない。
俺なんかは今、もう長生きしたくて仕方がない。

ま、それはそうと、とにかくそういうことの元に肥満があるといいますよ。

なんでまあ、いろいろ気をつけるわけです。
「これはカロリー過多だな」「醤油かけ過ぎるとお米食べたくなっちゃうしなあ」とか。
「ちょっとやっぱり運動した方がいいかな」とか。

30を過ぎたらやっぱやせにくくなるし、気をつかっても気をつかってもなかなかどうして、うまく体重は落ちてくれなかったり。
でもまあ、つまり逆を返せば、気を使わなかったとしたら太ることは確実で、現状維持でも気を使っていくことは大事だな、と思うわけで。

どっちにしろ、30を越えたらそういうことを考える時期。
そこで考えるかどうかで先が決まると言ってもいいような気がします。


で、まあウチの連中ですけど。
太りすぎ、という傾向にあるのと、大丈夫、という連中の両極がいるわけですが、それはまあ体質もあるようで。
その中のやっぱ太りすぎの連中に「やせよう」という風に持っていくのはけっこう難しい。

そもそも先の見通しを持つことが難しい、というのもあります。
今の瞬間のことはいいとして、その先どうするか?どうなるか?どうなっちゃうか?ということの「想像力」をしっかり働かせるのは彼らは苦手。

「今痛い!」というのはいいんだけど(よくないけど)、「これから先、病気になっちゃうよ」というのは、なかなか伝わらないのです。


いろいろ調べてみると、やっぱり肥満に悩んでいるという話はけっこうあって。
活動的なコトがさせられてない、とか、やっぱ日常的にコーラ飲んじゃう、みたいな。

まあ、中にはコーラを飲ませないと大騒ぎするから仕方なく渡しちゃう、って親も多いのは経験的にわかるわ。
毎日のことだし、それでおとなしくなるなら、もう渡しちゃうしかない、くらいに追い詰められちゃう親御さんは多い。

けっこう作業所やグループホームなんかではきっちりやってて、その間は体重はきちんと維持出来るんだけど、例えば週末に家に帰ったりすると、週明けにはやっぱ2キロ太って帰ってくる、みたいな。
ウチでもあったな(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-2312.html)。
苦い思い出ですね。


いろいろネットで調べてみると、いろいろ取り組んでるところもあるけれど、彼ら本人になんか教える、みたいなことはなかなかヒットしなかった。
まあ、確かに、ウチだって市丸やカイにそんなことを話したところで馬耳東風だろうというのは想像に易い。

けど、井上はどうか?ヨウコはどうか?理解出来る部分はあるんじゃないか?
それに、まず関わる健体者、つまり専従だったり、スズだったり、シノさんや、森さんたちだって、それを考え、実行出来たらどうだろう。
なにも考えない集団にいるより、彼らを取り巻く我々がまずそれに気をつけ実行することは、おそらく彼らにも影響するに違いない。

それに、そもそも彼らは俺になりたい、と思ってる部分があって、それはとてもまあ、「やりやすい」状況ではあるんです。
憧れてもらえるのは、嬉しいとかそういうのもあるけれど、そういう感情より、とにかく「やりやすい」です。
だって、俺がやればいいんだもん。
そうすれば、「番長がやってるから、俺もやりたい!」って彼らは言い始めてくれる。

つまりはまあ、「環境」だよね。
それも一つの大きな手段になるんじゃないか、と俺は思ってるわけです。


んなわけで、今年やった健康診断の結果について説明する、という会を持つことにして、そこでいろいろと彼らに話しました。
コーラにどれくらい砂糖が入っているか実験から、カロリー表などなど、まあいろいろやってみました。
詳しくはアレですが、今回のやせるための俺からの提案、ということで、汁を導入しよう、とか、食べる順番とか、まあジュースはやめようとかは前から言ってたんだけど、そういうことも改めて。


ま、一生懸命勉強して、考えて、準備したつもりですけど、どこまで伝わったかわからない。
けど、まずは我々が、健体者サイドが実行しなきゃな、と思います。
その中にいる彼らが、どうそれを見て、どう行動出来るか?
ま、それはわからないけど、でも、俺はみんなが死ぬところは見たくないんだよね。
知的障害者は一般に短命とも言われてます。
そう考えると、なんかやっぱ、ちょっと身に迫る部分もあるわけで。

でも、まあ彼らが死ぬのは見たくないな。
泣きそうだし。

なんで、なんか一つでも伝わってくれていることを願ってる、ってところです。










(BGM:石田ゆり「悲しみのアリア」fromYOUTUBE)
→この頃の歌手のみなさんは、とにかく唄がうまい。
ジャケ写を見ると、そんなにかわいい、という感じではないが、それでも大事なのは歌唱力、という感じがして逆に好感が持てます。
ってか、ピーターさんにも見えるな。
内容としては大して面白くはないです。

走ることに理由などない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、戸田マラソンというのに出場したんだけど。
といっても、俺は5キロの部。
オグラも5キロ。
他の連中はハーフに出場。

昨年は腰の痛みとかがあったり痛風が出てたりして、そもそもマラソン戦線から遠のいていたこともあって、復調していく一歩、という感じかな。
といっても、腰はよくなったわけではないので、だましだまし感はあります。

毎朝走っているのが2キロ弱なので(他の大多数はそれを約2周なので、倍走ってる)、5キロというのは想定ができない範囲ではない。
まあ、今年の腰の感じもいけるんではないか、ということで。
当日はコルセットを臀部からあばらまで2枚巻いて臨んだ。
走ったあとも、今回は腰の痛みが増すこともなく、まあ想定内だ。


オグラは、そもそもここに来た時に歩けていなかった。
けども、最近は朝のマラソンも遅いながら俺と同じコースを走っている。
今年のアタマには競馬場のリレーにも出た(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4380.html)。
「次はマラソン大会だな」とは、つまり昨シーズンから話してはいた。

けど、正直、走りきれるかどうかというと、普段の走りからするとちょっとおぼつかない。
スタートはいい。
本人、走る気は満々なのである。
しかし、数百メートルでその速度はダウン。
ほぼ歩いているのと同じ感じになってしまう。

走るフォームもなんだか上に飛び跳ねてしまう。
兎が跳んでるような。
少なくともマラソンに向く走り方ではない。
かなりエネルギーを消費しているように見える。

ただ、彼が走っている後ろをついていくと思うことがある。
ふくらはぎだ。
ここに来たばかりの時は、ふくらはぎが「ふにょふにょ」だった。
筋肉というモノがマッタクない感じだった。

それが、彼の走り、というか跳躍のような走りのたびに筋肉がきっちりと律動している。
彼の「走りたい!」という走る気満々、に、筋肉が答えてくれているんだな、と思わずにはいられなかった。

そんなオグラだから、最初から制限時間オーバー、というのは違うかな、という思いが我々にもあった。
出鼻をくじく必要はない。
まず完走。
というわけで、5キロの部に出場、と相成った。

なにせ、まだまだ、先はあるんだ。
次は10キロの部というのもあるし、その後にはみんなと同じハーフ、フル、がある。
長い人生、急ぐ必要はない。

制限時間は1時間。
まあ、オグラは普段の2キロ弱を20分くらいかけて走ってる感じだから、ちょうどいい制限時間だ。
気を抜けば入れないし、つまり、今の自分の精一杯を出せば入れない時間じゃない。

走り始めは上々。
オグラはそもそもかなり「やる気」である。
悲壮感漂う「やる気」ではなく、走ること自体が「嬉しい」。
そんな感じの「やる気」。
これからのマラソンに、わくわくしている感じ。

いつもならすぐに落ちるペースなんだが、回りがもうたくさん走ってるからか、ペースが落ちない。
ちょっとだけ落ちてきた時に「前の人についていけ!」と檄を飛ばすと、ちゃんとまたペースが復調する。

つまりはまあ、地力があるんだ、こいつ。

朝のマラソンでは同じペースで走ってくれる人は少ないから、どうしても一人になる場面が多くなる。
そうなれば、やっぱりペースは落ちる。
というのも、朝のマラソンはタイムを競ってるわけではないので、とにかく走ることが目標だから、早くいく必要はそんなにない。

でも、今回は制限時間があるから。
いつもよりペースを上げるぞ、とはスタート前に何度も彼に言っていた。

途中、歩く場面もあった。
坂が何カ所かあったりして。
でも、ほぼ基本、走りきったと言ってイイと思う。

最後のトラックに入って、いったん、そこがゴールかと止まるオグラ。
おそらく、彼としてももう限界だったんだと思う。
「違う!向こうだ!走れ!」と檄を飛ばすが、そこからはなかなかスピードが上がらない。
「上げろ!上げろ!」とケツを叩くようにして最後の力を振り絞らせた。
最後の直線で、やっとオグラもゴールが見えたんだろう。
グン、とスピードが上がった。

タイムは36分。
あり得ないタイムだと思った。

よくやった。
ゴールして、つい、思わず握手をしてしまった。

3キロを超えた時、時間を見て、「これは行ける」と思って、俺も気が抜けたのか、オグラの走る姿を見て、ちょっとジンときた。
3キロまでは、もう心配の方が勝ってて、そんなこと思いもしなかったけど。

オグラのお姉さんと俺とは普段から飲みに行く間柄なんだけど、まあ俺の数少ない友人のアオテツとお付き合いしてることもある。
その姉ちゃんも見に来てて、俺らは知らないけど、ゴールしたオグラを見て号泣してたって、応援に来てくれてた加納が言ってた。
加納はそれを見て爆笑しちゃった、と言ってた。

イイ感じだ。

ハーフのゴールを待って(ハーフは俺らがゴールする前にスタートしていた)、みんな辛いだろうに、どうだったか?ってまず聞かれたオグラは、まんざらでもなく、「完走したんですよオ」と笑ってた。


マラソンは正直だ。
努力やがんばりが、そのまま結果に出る。
しかも、難しいルールがない。
他のスポーツに比べて、コウヘイやコバが活躍できる最上のスポーツだと思う。

ハーフを1時間40分台でゴールしたコウヘイは、俺らの中でトップだった。
いや、すごい記録だと思う。
でも、2時間30分かかって、途中、いろいろあったミツもすごい。
足の裏に水ぶくれを作りながら、完走したノブもすごい。

もちろん、棄権するのも勇気だ。
それはよく話す。

でも、最後まで走ろうとする彼らも、また勇気だと思う。
勝利至上主義に陥ることなく、最後まで、やりきることをこれからも応援したいと思う。
そして、自分もまた、ハーフに復活したいと思う。
なにせ、俺って、二回くらいしか制限時間内完走できてないし。


走ることに理由はあまりなくて、そもそも走りたくて走ってるワケじゃない。
でも、やっぱりみんなの中にいたら、走りたい。
そして、最後までやりきる自分でありたい。
今年棄権であったとしても、また来年がある。
最後までやりきれない、などということは、あきらめない限り、ないのだ。

「あの」オグラが、5キロ完走したんだ。
俺にあきらめる何か、など、まったくどこにもない。







(BGM:Kとブルンネン「何故に二人はここに」fromYOUTUBE)
→「なぜに僕たち二人、産まれて来たの 誰も答えてくれず 海が青いだけ」
…ちょっとは自分で考えろってば。

失敗なんて悪いことじゃない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


失敗というのは、なかなか大きな声では言えません。
例えば遅刻、例えば報告を忘れた、などなど。

健体者であろうが、そうでなかろうが、これは同じ。
でも、ウチでは、「失敗こそ大きな声で言おう」ということをよく言います。

特に健体者なんかは、ここに来たばかりの時に、なかなかこの辺が難しい。
ま、世の中は失敗を許しません。
遅刻なんかしようもんならイヤミを言われ、降格され、下手すればクビになるような時代です。
そりゃ、失敗を大きな声で言いたくなくなります。
小さくなって、目立たないようにしよう、って感じになるんでしょう。

これは外からきたカブキとかオグラなんかもそうで。
約束事を守れなかった時に、「守れなかったね」というと、「守った!」と言い張ったりする。
いやいやいや、そうじゃなくて、と。
なんでウソつくの?と。
そうじゃなくて、「守れなかったけど、これから気をつける」って言えばいいじゃない、と話すんだけど。


でもどうなんでしょう。
失敗なんて、しょうがないじゃない、って思うんだよね。

しちゃったんだし。
それに、失敗したくて失敗する人なんかいるだろうか?とも。
逆に言えば、失敗をした時に、ああ、失敗した!次は気をつけよう!っておもった方が人間成長するじゃん、みたいな。

失敗をこそこそ隠していたんでは、何も生まれないんじゃないか、と。

ま、それは誰が考えてもそうかと思うんですけど。
どういう失敗だったとしても、そう考えるしかない、という。
反省して、次にいかす、それしかない。


そして、失敗については、もう一つ、思うことがあって。
ちょっと表現が難しいんだけど、書くことにチャレンジしてみますと、こんなことです。

というのは、井上たちは今の時代の中では、「失敗作」なんです。
悔しいけど。
だから、優生保護法なんかもある。
優生保護思想については大いに腹が立つし、論議もしたいけど、同時に「失敗」ということの意味を変える、ということも必要なんじゃないか、と。

井上たちを失敗作、と言われることに腹を立てるのは当然だけど、この世の中の「失敗」なんてのがどれだけ馬鹿馬鹿しいか、ってことも同時にあるような気がして。

つまり、失敗して反省して云々、と言う風に考えると、失敗は成功の母なわけです。
失敗してこそ、成功がある、みたいな。

なんだ、失敗ってすげえじゃん、みたいな。
なんでそんな「すげえ」失敗を隠すのよ、みたいな。


自分が失敗を隠していたんでは、失敗を忌み嫌うんであれば、やっぱ井上たちは浮かばれないというか。
オレたちが、「失敗していいじゃん」って思わない限り、行動しない限り、やっぱ世の中の「失敗は悪」ということから、オレたちも井上たちも逃れられないんじゃないか、って思うんだよな。


先のカブキやオグラのルールを守る、って話。
それはとても大事なことだけれど、守れなかった時に、じゃあ「次、がんばるぜ」ってのがさ、すごく大事だと思うんだ。
そのためには、一回ルールを破った、という失敗を自分で認めた方がいい。
自分で認めて、次、がんばる、ということでいいじゃない。

失敗を認める。
今の世の中で、それは難しいことだし、辛いことかもしれないけど、でも、井上たちはそういう世の中を「失敗作」として生きている。
そんなの悔しいじゃないか。

だから、「失敗」の意味を、少なくともオレたちは日常の中で変えなきゃいけない、って思う。
世の中が言う失敗、こそこそ隠すべきな失敗、ではなく、母なる失敗、というか、意味のある失敗、というか、成功のための大事な失敗、というか。

世の中がいう「失敗」なんて、大したことないじゃん、というか。
他人が失敗言ったところで気にする必要なんかないんだ、というか。
堂々としてろ、って。

だからやっぱ失敗は大きな声で言うべきだ、って俺は思うんだよね。
ってか、逆に「失敗を忌み嫌い、こそこそ隠す」ことはしちゃいけないんだ。

そんな世の中、くそ食らえ、です。











(BGM:有馬竜之介「土曜日に集まれ!」fromYOUTUBE)
→どひゃ~ん。
「土曜日に、い~、あっ、教会へ黒い服着て集まれよ~」
この、冒頭の「い~、あっ、」にノックアウトされましたわ。
途中の語りももう入ってきやしません。

地に足をつけて、自分ファーストで


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


人のためになにかをする。
簡単にいうけどなかなか難しい。

そもそも俺なんかは「めんどくさい」が口癖なので、どっか人のためより自分のことを優先してしまう傾向があるな、と思うし。
それに、どっか打算もあって。
俺がやらなくても、誰かやるだろう、みたいな。
めんどくさいし、みたいな。

だから、「人のためと見せかけて自分のため」という戦法をとったりすることになるわけです。
「君のためだよ」なんて言われて、「お前のためだろうが!」ということ、よくあるでしょ。
それですね。
俺ってけっこうそういう人なんじゃないか、という気がします。
イヤなヤツだ。

しかし、「君のため」ってなんだ?
お前に俺のことがわかってたまるか!みたいなこともないですか?。
ま、だから、この「君のためだよ」という台詞は言うべきじゃないですよね。
う~む。
メモメモ…。


人のため、というと、どっか「自己犠牲」みたいな感じがつきまといます。
といって、自己犠牲で何かされても、「そこまではけっこうです」という気持ちにもなりますよね。
俺に金をくれた人が明日破産した、なんて言われたら、ちょっと金返します、となります。

つまりはまあ、「人のため」って言ってる時点でちょっとダメなのかもしれません。


最近、再婚して思うのは、とにかく「俺は幸せでなければならない」って。
そもそも、前のパートナーもいるわけですし、俺の場合、子どももいます。
だから、彼らのためにも、そりゃ幸せじゃなかったら、なんで離婚したん?って話になりますし。

それに、やっぱり井上たちに「みんなで楽しく生きていこう」「幸せに長生きしよう」みたいなことを言ったところで、自分が苦しんで苦しんでいたら、そりゃやっぱ寝言になっちゃう。
最終的には、まあ彼らに言いたいのは、「満足して死のう」って話ですから。
自分が満足出来てなかったらなかなかねえ、彼らにも伝わらないというか。

だからまず、なんか自分が幸せにならなかったら、少なくとも幸せだと思えなかったらダメなんじゃないかな、というね。


井上たちを相手にする仕事をしていると、どっか「自己犠牲」みたいな感じで見られることが多いんですけど。
それはきっと、昔の篤志家みたいな感じで見られてるんですかね。
自腹を切って、みたいな。
ま、でも篤志家さんも、そうやって「いい人ですね」って言われるのが快感だからやってるんだとは思うんですけど。

でも、まあそういう「施し」から抜け出そうとしたのが福祉ですから。
確かに、その金は今やアメリカの武器を買う金ばかりが増えて、どんどん減ってる感じなわけですけど。
話に聞けば、保育とか介護とかって仕事は、他の仕事に比べて、同年代で給与にして月10万とか少ない、という話もあります。
まあ、10万とは言わなくても、けっこう少ない、というのは実感ですね。

だからまあ、篤志家みたいに言われてもしょうがないんだけど。
「他の仕事を選んでいたらよかったのに。10万低い、誰かがやらなきゃならない仕事を一生懸命やってくれてありがとう」みたいなことなのか。
だとしたら、まあ当たってはいるわけですけど。


つまりはまあ、なにが言いたいかというと、だとしたらですよ。
そういう給料が低い状況で、例えば結婚出来ない、みたいな話もあるわけですよ。
なのに、市丸に「幸せになれ」というのは、やっぱ伝わらないですわ。

市丸も井上も、俺の真似をしたいんだから。
というか、職員ってそういう仕事だとは思うんですよ、ある部分で。
憧れられてなんぼ。

で、職員が幸せそうじゃなかったら、やっぱ彼らもそうはならない。
というか、まあ彼らが俺らの真似をしたいと思ってくれないと、そもそも話が通じない。
「こうした方がいいよ」が通じなくなっちゃうわけで。

だからそもそも、もっと福祉に金を回して欲しい。
10万の格差はいくらなんでも大きすぎる。
結婚出来ない、明日の生活が不安じゃ、では彼らに人生の話もできない。

だから、考え方としては、「自分が幸せになりたい」でいいんだと思うんです。
そのために、一生懸命になる。
その姿を真似してもらえばいいわけでしょ。


先日、他のとこの職員とかに会った時に、ちょっと違和感だったんですよね。
「彼らのために一生懸命なんです」という自分に酔ってないか?って。
「自分のことは後回し」という感じ、というか…。

そうじゃなくて、自分が幸せになりたい、って一生懸命になることが先じゃないか?って思ったのよね。


自分のことより人のこと、ってよく言うけど。
だけれど、それってつまりは自分のことなんだよね。





(BGM:山口水希「アッシー・ミツグ・ネッシー君」 fromYOUTUBE)
→バブってます。
「赤坂新宿、アッシーアッシー、車で走る 水希の便利なアッシー君」
…ぎゃはははははははははははは。
そりゃ車で走るだろうよ、と。
マラソンじゃないんだから。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE