FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

仲間が増えるというのはなんにしても嬉しいことです


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


さて、お盆休み前の日に、新人みずえちゃんの歓迎会なんか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4531.htmlのツイート部分)をやって。
先月から来てくれてたんだけどね。

始めはイチマルが「カラオケ行こうよ」と言ったんだけど、それってまあスズの時の歓迎会だったんですね。
というのも、スズは合唱部だった、というのがあったからで、「歓迎会=カラオケ」というわけじゃない。
じゃなくても、イチマルなんかは「決まったことしかしない」という、自閉症の教科書のような人ですから。

そういう「=図式」はちょっとイヤなので、カラオケがまあ簡単ではあったんだけど、違うのにしよう、と。
だって、カラオケは行けばいいし、あと金払えばいいから簡単じゃん。
逆に言えば、市丸が言い出しさえしなければカラオケに行ってた可能性も大。

というか、カラオケって、けっこう人が出るじゃないですか。
新人のことを知る、俺たちのことを知ってもらう、という意味でも、とてもカラオケはけっこう有効なわけですよ。
どんな歌を歌うのか、とか、世代とか、趣味とか、そういうのが出ますから。

でもまあ、もう市丸が言い出したのでカラオケはナイ、と。

アキや外口さんや加納さんなんかがいろいろ考えてくれたらしく、結局なぜかまずボーリング、という。

…もう歓迎会じゃないですけどね。
特にボーリング好きな人、うまい人がいるわけでもなく、低レベルの闘いが繰り広げられ、でもまあ、面白かったですけどね。

コバが右手で投げてるから、なんでやねん!お前、左利きじゃん!左で投げろよ、と。
そう言ってたら、右利きのツノまでが左で投げるという。
ま、どっちで投げてもそうそう倒れるピンの数は変わらない、ということもあったりして、利き手ってなんだよ!と。

まあ、ツノはそもそも悩みがちなんですよね。
ピンが倒れない、ということで悩んでしまう。
地団駄踏んでましたけど、どんどんしたところでピンは倒れません。

ま、そんなに真面目にやるもんでもないし、そういう感じでもなかったんだけどね。
でもまあ、ツノはやっぱ真面目なんだよなあ。
他の人は倒れてるのに、自分は倒れない!みたいな。

だからって投げ方を変えるわけでもナイというか、変えられないというか。
投げ終わった後に、必至にボールに「こっち行け!こっち行け!」って身体で念を送ってるんだけど、それもやっぱりうまくいかず。

なかなかねえ…。

そんなにまあいいんだよ、倒れなくても。
そういうゲームなんだから、と言ってはみるモノの、ツノは投げるたびにしょっぱい顔で帰ってきておりました。

モトミ先輩なんかも、やる気があるんだかないんだか。
どっちかというと、ないんですけどね。
でも、倒れるとなんか多少、堂々と戻ってくるし、ガーターに入っても最後までボールを見送る、という。
ガーターのボールを苦々しくにらむ、というか。

なかなかね、面白かったんですけど。

で、ネット事務所の前でバーベキュー、となりまして。
もう、一日かけての歓迎会となりました。
というか、結局ボーリングで騒いで、バーベキューで飲んで騒いで、という。

どうでしょうかね、みずえちゃんにとって、歓迎会になったのかどうか。
でもま、最後に挨拶してもらったら、なんかとてもいいこと言ってて。
嬉しいことというか。

一緒にこれからも楽しくやっていけたらな、と思っています。

やっぱ、遊びも一生懸命やって、自分の人生を明るく、楽しく生きていきたい。
なんだろう、苦しむことが大事なことなんかじゃなくて、苦しいって、目指すモノがあるから結果、まあ後になって「苦しかったよな」、って話でしかないと思うんだよね。

しかも楽しいこと、明るいこと、って、一人よりも二人の方が倍になるというか、そういうこともあると思うのよね。
自分に再び倍になって戻ってくるというか。
つまりは、それって、相手にも倍になって返しているということでもあって。

どっちにしても、できないことはできないし。
だったらもう、楽しくやるしかないんだわ。

ま、覚えてもらうことはまだまだたくさんあるけれど、それもこれからだな。

なんにしても、仲間が増えるというのは嬉しいことです。
職員が増えた、ってことでもないのよね。
仲間が増えて、嬉しいです。







(BGM:クラフト「僕にまかせてください」fromYOUTUBE)
→やけにさだまさしさんだなあ、と思ったら、作詞作曲がさださんだった。
歌詞が抜群にいい。
泣ける。
スポンサーサイト

距離を縮めてきた男


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


さて、北浦和のライブ前日には休みのイチマルとコバと、そしてアキと、まずはプロレス昼興行に行ってきましたけど。

どうですかね。
こう、「団体の閉塞感」みたいなことをテーマにした試合もあったんだけど、う~む、なんか結局閉塞感を感じてしまったりしまわなかったり。

メインで負けた選手のマイクはなかなか勢いだけでよかったけども。
勢いだけでいいんだな、ということを学ぶ。


で、そのまま二人にはな~にも告げずにアキの実家へ車を走らす。
途中、イチマルが「どうしたのこっちじゃないよ」とか言いそうだったので、「寝てて」と。

イチマルは、前にアキの実家に一緒に行った時に、ま~、そりゃ堪能しまして。
よく、また行きたい、と言っていたんですね。
なんで、もう先に言っちゃうとうるさくてしょうがないだろう、ということもありまして。
サプライズも半分。


ま、なんでこんなに忙しい日程で実家まで行ったかというと、甥っ子、妹の三人兄弟だけで実家、じいちゃんばあちゃん、我々からするとお父さんお母さんの家に泊まりに来ている、というね。
ちょっとじゃあ会おうか、というか、そんな感じで。

小学校2年を先頭に男三人。
まあ、もうなかなかに賑やかな三人なんですけど。

「イチマルさん」とか言っちゃって、すぐに名前も覚えてくれましたが、イチマルは覚えられない、という。
「えっと、なんだってなんだって」とか言っちゃって。

…追い抜かれております。


実家が線路のそばにありまして、窓から電車を見るのが楽しみだったイチマル。
そういえば、新幹線で大阪とかに行った時も、ずっと連結部分にいて外を眺めていたっけ。
指定券、ムダじゃん!くらいの。
ま、おかげで俺は足を伸ばして座れたんでヨシとしますけど。

で、そしたら、「イチマルさん、いつまで電車見てるんですか?」とか聞かれちゃって。
「だはははは~」なんて笑って誤魔化すイチマル。

でもまあ、時にこっちに来てビール飲んだり、飯を食ったりはしてたんですけど。


で、一方、イチマルはそもそも子どもが苦手で。
というか、好きなんだと思うんだけど、手が出せないというか。
どうしたらいいかよくわからないというか。
いろいろ聞かれてもすぐに答えられないし、でも、なんかかまいたい、みたいな、そういう男なんですね。

ずいぶん前になりますけど、加納さんの実家に行った時に甥っ子が来てて、その甥っ子を始めてだっこしたんです。
そのことがすごく嬉しかったらしく、何度も何度も「加納さんの、ほら、あの子、ダッコしたんだよね、俺」というのをずっと言ってるんですね。

つまりはまあ、嬉しかったんでしょうね。

その子がとても逆に賢い子で、ダッコされてくれた、が正解なのかもしれませんが、でもなんかいい体験だったんです。

そういう流れの中、イチマルとしては、今回もちょっと期待、というか、そういうのはあったと思うんです。
子どもたちを見る目が、まあそりゃなんだか優しかった。


夜も更け、三人はそろそろ眠くなってきた気配があり、風呂に入れてやって布団を敷いてやって。
そこでまあゴロゴロしてたんだけど。
それでもまあ、うっさい。

で、その部屋でイチマルは電車を見ていたわけです。
なんかこう、イチマルとしては電車もあるけど、子どもをかまいたい、という感じもプンプンあって、面白かったんだけど。
イチマルは窓を向いている。
3人は布団の上でゴロゴロしながら騒いでる、という図式。

で、ほっといた。
4人がどうなるものか?と思ったんだけど。

そしたら、気づけば静かになってて。
様子を見に行くと、イチマルが寝かしつけるように、彼らの真ん中に座ってました。

ぎゃはははははははははははは。

実際に寝かしつけたんかどうか、それはわからないけど、彼なりに、ここは寝る場面だ、ということで、距離を縮めたのかもしれないな、と思うと、ちょっと笑った。


この子たちが大きくなったら、きっとイチマルのことを覚えていたら、「きっとあのオジサンは、ちょっと変なオジサンだったのだな」ということに気づくでしょう。
でも、そのオジサンと楽しく酒を飲んでいる俺たちやおじいちゃんたちのことを思い出して、「生きる」ってことの意味をもしかしたら考えてくれるかもしれない。

成績が悪くて悩んでしまったら、思い出して欲しい。

「それでも楽しく生きられる」ってこと。
「仲間さえいれば、生きていける」ってことを。





(BGM:ジャニス・イアン「ユー・アー・ラブ~復活の日テーマ~」fromYOUTUBE)
→これはね、名曲だと思います。
映画のスケールの壮大さがよく出てるというか。
子どもの頃、この映画はかなりテレビCMとかもやってたような気がする。
でもホントに子どもだったんで、見に行くことはなかったけど。

「相談に来いよ」というハードルの高さ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


つうわけで、健康診断ってのが年に一度あるんだけど。
二三人が一組で行くんだけど、オレは今年はミツと市丸と一緒だった。

いろいろとメンドウはありますけど。
細かいところというか、例えば受付で「提出物の確認お願いします」みたいなのが、パッといかなかったり。
これ、まあどうでもいいんですよ、受付の人サイドにしてみても。
今は病院とかもいちいち確認したりしなきゃならない、みたいな、コンプリートルネッサンス?だか、コンプレッサー?かなんか、そういうのがありますよ。
だから、まあやってるわけでしょ。
「はいはい。OKです」と言えばいいわけなんだけど、それがまあ市丸なんかはサッとわからないからさ。
向こうもまあ、一からやり直さなきゃならなかったり。

ま、一からやり直すのはそれはそれでいいんだろうけど、それがまあ、そもそも難しいわけで。

てなわけなんだけど、実はこの病院で健診をやるようになって二年目なんだけど、その前は違う病院で。
いろいろありまして、この病院に変わったんだけど。

今年は、その辺、「あ、こういう人たちなのね」というのがわかってくれてるというか、そういう感じだったんで、なんかスムーズにいきました。
向こうさんのコミュニケーション能力が上がった、というか。

具体的にどうこう、ってのは言えないけど、なんか楽でしたね。
ま、つまり全体的にわかりやすく言ってくれるようになったというか、例えばモノを見せていってくれたり。
一回そういう感じになると、彼らも向こうの人との雰囲気を「イイ感じ」って受け取るから、一気に好転するんだわ。


これね、話をしにいって、向こうが紋切り型だったりすると、彼らは身構えちゃうんだ。

ま、でもそれはコンビニなんかだと普通のことというか、向こうさんが悪いわけでもないんだと思うんだけど。
パッとわからないでしょ、市丸がちょっと、というかかなり理解力が足らない、とか。
だから、それを責めるつもりはないんだけど。

でもまあ、最初そうだったとしても、話をすればわかるじゃない。
お金のやりとりでもなんでも、「あ、コイツはちょっと理解力足らんな」と。

そうしたら、まあそこでそれにあわせた対応、つまり、この病院の人のような感じしてくれさえすれば、そこで二人の対応は好転して、彼らも次、身構えることはないと思うんだが。

でもまあ、気づいてもわかるように説明してくれない人もいる。
いじめてるんだか、「てめえこんなのわからないのか」って自分の不満を市丸たちにぶつけてるんだか、そういう人も多い。

そうなると、ミツなんかは「あのコンビニは俺のコトをバカ扱いするからイヤだ」となる。


ま、とはいえコンビニなんかだったら、別に行かなきゃいいわけだし、それで済む。

これが、役所だったりしたらどうか?
彼らが施設にいたとして、施設の職員とか、相談しなきゃならない相手がそういう感じだったらどうか?
あ、学校の先生とかもあるかな。

これ、もう一気に身構えちゃって、「しゃべるのが怖い」となる。
となると、話をしなきゃならない、相談しなきゃならないことがあっても、彼らはその「怖い」が勝っちゃって、行かなくなっちゃうんだな。
というか、「行く」って思い起こせなくなる。

というか、彼らはけっこうそういう目にずっと遭ってきてて、小学校や中学校でいじめられてきて、そもそも「友だちに頼る」なんてことすらできない。
中には、親に頼れない、というのもいなくもない。

つまり、話を聞いてくれる人以外は、彼らにとっては敵なのだ。
意識はしてないんだろうけど。

で、なにか困ったことがあってもガマンしてしまう。
例えば、家で洗濯機が壊れていてもガマンしてしまう、とか。

そして、それを続けていると、どんどん「外に相談する」「外に思いを排出する」って機能が低下していってしまうのではないか?と彼らを見て思う。
一人の殻に閉じこもらざるを得なくなり、独り言で誰かに相談しているモノの、誰にも相談できているわけではなく、そのままそのままの時間が過ぎ、一日が過ぎ、十日が過ぎ、一年が過ぎ…。
その繰り返し。

医者にももしかして痛さを相談できなかったとしたら、彼らの痛みは我慢にガマンを重ねて悪化するだけになってしまう。


よく単純に「相談すればいいじゃないか」なんていう人がいるけど、そもそも、それって難しいんだわ。

おそらくこれ、知的に障害があるから、だけじゃなくて、生活に困窮してる、社会生活になかなかうまく適応していけない、みたいな場合でも同じだと思う。
あっちでイヤな思いをし、コッチでイヤな思いをし、って繰り返して、どんどん「自分の殻」だけが自分の社会になっていってしまう、という意味で。

そして、その殻を打ち破る、自ら相談に行くとかね、そういうのって、彼らの努力とかじゃなくて、その殻を外側から崩さなきゃだめなんだわ。
その殻は、彼らにとっては、彼らが生きていくために作った殻なワケだから。
それを自分で破りなさい、ってのは、死になさい、ってコトを言ってるのと同じなの。

「相談に行く」というハードルは、そういう高さである、ってコトね。








(BGM:松居直美「ギザギザハートの子守唄」fromYOUTUBE)
→いや、まあどういう経緯なんでしょうかね。
やっぱりこの人には演歌が似合うなあ。

鍵では解決しない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


まあ、西永福のライブの前だからずいぶん前になりますか。
ウチの事務所がある自治会の盆踊りに行ってきましたけど。
ま、もうね、毎年席まで準備していただいて、本当にありがたいことこの上ないんですけど。

イチマルなんかは「明日のライブと盆踊り、どっちに力入れるわけ?」と聞いたら、迷わず「盆踊り!」言うてましたわ。

…おいおい、と。

ま、練習、なんてのもあるんですよ、盆踊りには。
ちょっとちょっと井上を中心に行けるメンバーが参加してたりもしてて。
練習の様子は正直まったくわかりませんけど、井上とコバ、とかで行ってるんで。
でもまあ、彼らのことだから、すげえ真剣にやってると思うんだよね。

アキが自治会の方なのか、そういう方から聞いたらしいんだけど、「いや、みんな踊り上手くなってるわよ」って。
…う~む…とちょっとアキと笑っちゃったんだけど、でもまあ、なんかね、思ったんだけど、すげえみんな自信ある感じというか、おどおど感がなくて、「俺が踊らなきゃ!」みたいのがあったりして、その辺、なんか彼らの素直さだなあ、と思ったり。

その辺がまあ、みなさんに気に入られたのか、婦人会に混じって踊り続ける部分を買っていただいたのか、よくしていただいて。


ま、これもなんか、別に「参加しましょう!」みたいなことを最初は言ったかもしれないけど、いつの間にかね、こう、年中行事になりました。
この日にライブのオファーがあってもちょっと受けられないな、みたいな感じもあったりします。
…って、そう考えるとイチマルの云々もそう間違ってないのかもしれない…。
いやいや、そういうことじゃないけども。


そしてね、いろいろな方が声をかけてくれる。
にじ屋のお客さんもいますし、近所の付き合いというのもある。
こんにちわ~なんて市丸が言われてたり、アキがまあいろいろな人と話してたり、アキに聞いたところによると、「虹の会のみんなは、普段通りかかっても挨拶してくれて嬉しいのよ」みたいなこと言ってくれてた人もいたそうで。

そうね、この「挨拶」。
しよう、というのは、けっこう言ってました。


たまたま、3・11の前に思い立って地震の話をしたことがあって。
その時に、「とにかく何かあったら避難所に行って、騒がない。必ず迎えに行くから、静かに待ってろ」ということをまず言いまして。
加えて、「必ず普段からよく見る顔の人は挨拶しなさい。マラソンでも通り過ぎる人にはおはようございます、とか言いなさい」ということを言いました。

これはちょっとコスイ考えですけど、そうやって普段から挨拶していたら、避難所でよくしてもらえるんじゃないか、というところがありました。

みんな一緒の時に地震だの災害があればいいですけど、ってない方がいいですけど、バラバラの可能性もある。
休みもバラバラなので、みんな一緒、とはいかない。

3・11の時も、自閉症の子がうまく溶け込めなくて避難所には入れなかった、みたいな話もずいぶん記事とかになってました。

なんで、やっぱ心配は心配で。
でも、普段挨拶してたら、「あ、この人はにじ屋の人だ」ってわかってくれて、まあ避難所の仲間に入れてくれるんじゃないか、というね。


イチマルとビラを配っていると、俺は知らない、沢山の人がイチマルに「がんばれよ!」なんて言ってくる。
後で誰?って聞くと、「◯◯さん、にじ屋のお客さん、実家は岡山」とか、実家をなんで知ってんだよお前…、という。

でもね、それだけ、まあ普段からいろいろ話してる、ってことだろうな、と思うんだわ。


相模原の事件があって、鍵をかけましょうとか、そういうことを言ってるところも沢山あるし、実際に、作業中は外から鍵をかけるというところもあると聞きます。
でもね、それ、どうなんだろう?って思うんです。

もうね、攻めるしかないんじゃないか。
いや、攻めるって言い方はよくないけど、なんだろう、もう思い切ってこっちから出て行っちゃったらどうなんだろう?って。

イチマルや井上たちが近所の人に挨拶して、挨拶される、その堂々とした姿を見ていると、俺はそれは不可能じゃないんじゃないか?と思うのだ。

そして、彼ら知的障害者にも一人一人名前があるんだ、ということをもっと沢山の人に理解してもらうことが、あのような事件を防ぐ一つの方法なんじゃないかと。
いや、この方法以外に、正直何も思いつかない。










(BGM:田山雅充「愛することから始めてみませんか」fromYOUTUBE)
→「愛することから始めてみませんか、僕と歩き出しませんか」
う~む。
確かにまあ、そうかもしれんけど、かなり強引な告白じゃないかという気がする。

さて、ライブを明日に控え、普段のメンバーの感じを写真でお届けするか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ここ二ヶ月くらいのいろいろ。

20180729blog2.jpg

20180729blog3.jpg

20180729blog4.jpg

20180729blog5.jpg

20180729blog7.jpg

20180729blog10.jpg

20180729blog11.jpg

20180729blog12.jpg

20180729blog13.jpg

20180729blog15.jpg

20180729blog16.jpg

20180729blog17.jpg

20180729blog18.jpg

20180729blog19.jpg

20180729blog20.jpg

20180729blog21.jpg

20180729blog22.jpg

20180729blog23.jpg

20180729blog24.jpg

20180729blog25.jpg

20180729blog26.jpg

20180729blog27.jpg

20180729blog28.jpg

20180729blog29.jpg

20180729blog30.jpg

20180729blog31.jpg

20180729blog32.jpg

20180729blog33.jpg

20180729blog34.jpg

20180729blog35.jpg

20180729blog36.jpg

20180729blog37.jpg

20180729blog38.jpg

20180729blog39.jpg

20180729blog40.jpg







(BGM:橋幸夫「潮来笠」fromYOUTUBE)
→ま、この曲と言えば、ぼんちおさむさんですよね、俺の世代はやっぱ。
伊太郎ってのがね、語感もいい。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE