プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

プロレスとは何か?その答えはわからないけど


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


久々にプロレスダブルヘッダー。
昼興行、夜興行のハシゴ。
聖地後楽園から新宿のリングへ。
プロレス三昧の一日、なかなかいいです。

まずはPURE-J。
JWP解散後、名前を変えて再スタートしたPURE-J。
JWPといえば、全女と並ぶ老舗。
PURE-Jになっても、いわゆる王道女子プロレスを展開しております。

ま、逆に、その辺がプロレス用語的に言うと「カテエ」と言われる所以でもありまして。
時代に逆行するほどのカタさ。
アイドル然としたプロレスでもなく、凶器を振り回すでもない、ピュアな女子プロレスを展開。

いや、硬すぎるのはどうかとは思いますが、嫌いじゃないですね。
凶器をもっと容認したらいいんじゃないかな、とは思いますけど。
このままじゃ、「絶対ヒール」が登場できないんで、ストーリーに幅ができない、というか…。

この団体がステキなのは、引退した選手がチケット販売だったり、売店だったりをしにきてるところですね。
いわゆる「ファミリー」的な感じが、とても居心地がいい。

さて、試合ですが、この日のメインは中森華子選手VS希月あおい選手の選手権試合。
中森選手のベルトにフリーの希月選手が挑戦。
いつも笑顔の希月選手に対し、「その笑顔を捨てさせてやる」みたいな流れがありまして。

中森選手は、団体のベルトを守り抜きたいから必死。
でも、その闘いを見ながらね、なにも希月選手も必死じゃないわけじゃない、ってのがなんかわかってくる試合で。
彼女の色は、笑顔。
笑顔で突破していくファイター。

でも、フリーでやってる以上、こういう「ベルトに挑戦する」って機会はそうそうない。
この試合にかける気持ちは、並々ならぬモノがあったと思う。
それを、笑顔で突破したかったんだ、希月選手は。

中森選手が勝利のあとのマイクで、感極まって泣きそうになったんだ。
その時にね、なんか、この後楽園という大舞台のメインを必死になっていい試合にしようとした二人の友情というか、その二人の一つになった塊というか、そういうのを感じて、おれもなんか泣きそうになったわ。

二人でいい試合をする、ってのが「ぬるい」とか思っちゃうなら、それはプロレスが足りません。
だって、相手に勝つためだけの試合のほうがずっと楽じゃない?
プロレスは闘いであるけれど、いや、もしかしたら自分との闘いなのかもしれない。
お客さん相手の真剣勝負。
そっちの方が、ずっとずっときついだろ…。
それを思わせてくれた、すごくイイ試合だったな、と。


で、夜はガッツワールドというプロレス団体の解散興行。
雁之助選手の引退興行でもありまして。

ガッツワールド。
プロレスがよっぽど好きじゃなきゃ、そうそう知らない団体だと思う。
でも、プロレス好きが必死に運営してきた団体なんだよね。
13年とかやってたみたい。

デカイ団体はそりゃそれでしっかりして、見てて楽しいけど、こういう「一生懸命な団体」ってのも、そりゃプロレス技術は低いかもしれない、でも、プロレス愛を感じて楽しいのだ。
やっぱ、試合だけじゃ食えないから。
メジャーでやってる人たちは一日プロレスのことだけ考えればいいかもしれないけど、食い扶持は確保しなきゃならないから、そういうことをぬって必死に練習してる感じなんだろう。
それって、すげえことだよな、って思って。
なんか応援したくなる。

バンドとかも同じじゃん、それは。

で、まあ内状はわからないけど、その解散興行。
そりゃ見送らなきゃプロレスファンとはいえないな、という。
そして、アキが現役時代にとてもお世話になった雁之助選手の引退ということもあって駆け付けました。

シメっぽくなるかと思いきや、全裸男が二人登場するなど、もうプロレスのおもちゃ箱をひっくり返したような興行で、なんか楽しかったな。


プロレスとは何か?
その答えはわからないけど、でも、やっぱプロレス最高!と思った一日でした。






(BGM:Kuzle「Smej se」Yu Punk Vol.1 78 - 82 fromYOUTUBE)
→なんていうんだろう、これぞパンク美学、って感じがするんだけど。
あわないリズム隊、特に早いわけじゃないのに、なんかすげえ疾走感のあるスピード感。
この辺がどうか?ってことなんだろうな。
つまり、なんかメロコアとかってのがあまり好きになれないのは、俺はコッチが好きだからだと思う。
スポンサーサイト

橋本選手の未来!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、大日後楽園大会。
BJシングルの頂点を決める一騎当千最終日。

いや、この日、早くも中之上選手VS橋本大地選手の再戦(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4373.html)。
一寸早いんじゃないか?と言う気もしますが、こちらは公式戦なので、仕方がないですね。
この組み合わせ、大日ストロングの目玉カードとなった感があります。

やっぱ、団体側としても、メインは信頼できる選手にあずけたい。
そりゃそうです。
そういう意味で、中之上選手は、もう大日ですごく信頼される選手になったんだな、と実感。
いや、もう場内中之上コールがすごかった。

しかもこの日はチャンピオンの大地選手を下しての勝利。
言うことないです。


しかし心配なのは、橋本和樹選手。
数分で試合が決してしまいました。
とはいえ、最初に場外があって、それが長かったので、それほど短い印象はありませんでしたが、試合の分数としては3分とかで。
対するは鈴木秀樹選手。

まあ、でかいんだわ。
ジュニアの体格である橋本選手はどう見ても不利。
その中、鈴木選手の入場口まで突進しての攻撃。
気持ちが見えてよかった。

けども、まあ続かなかった。

橋本選手のアタマの中には、きっともっともっと長いスパンのストーリーがあって、我々ファンとしてはその先を見守っていくしかないのでしょう。
その時、きっと橋本選手はすごい選手になる、って、でもしっかりと思えた試合だった。
目先の勝ちじゃない、というか。

橋本選手は、にじ屋に来るときもいろいろと仕切ってくれていて、ウチのコウヘイとかはもう大好きでしょうがない。
近くで見さていただいて、なんだろう、その兄貴感、すげえ。
ウチの連中にも分け隔てなく、特別扱いするでもなく、自然に接してくれて、とても俺はうれしいし、素晴らしい人間力のある選手だと思っています。

そんなわけで、橋本和樹選手の未来に、とても興味が湧きました。


そして、デスマッチの方ではタッグ選手権試合がありまして。
これがまあ、久しぶりに、といっちゃあアレですが、大日のデスマッチここにあり、という試合でありました。

ノコギリを巡る攻防もあったんだけど、竹田選手が出したノコギリを受けながらも、奪って後、捨ててしまうイサミ選手。
この辺、デスマッチに対する美学というか、イデオロギー対立みたいなのが見て取れました。


大日のデスマッチが、いわゆる「狂っていく」という、葛西選手の色がやっぱ強い流れにありました。
葛西選手は、とにかく素晴らしい選手で、殺害のコンピにも登場してたかと思うんだけど、とにかく「アタマのネジが100本くらい外れてる」選手で。
もう大人気の選手で。
俺も大好きなんだけど。
日本のデスマッチファイターの今やトップと言ってイイ。

その葛西選手が大日に参戦しなくなって(所属は別の団体)、やっぱ、大日はもっと色がね、なんか欲しい。

デスマッチって、エスカレートしていっちゃうから。
蛍光灯も、最初のインパクトは強いけど、見慣れちゃうとちょっと普通になってきちゃう。
だから、デスマッチアタマ、みたいなモノが必要になってくるわけだけれど。

そう考えたときに、デスマッチのイデオロギー対立みたいなものがね、もっと見たいな、と思いましたね。

俺は今、サムライTVも契約してないし、ほぼプロレス雑誌も見ない、いわゆるプロレス通じゃない形で試合を見に行ってる。
そういう俺っちにもそのイデオロギー対立を試合の中で見せてくれたらうれしいなあ、と。

インテリデスマッチファイター、みたいなね。
「それでは相手に効きませんね。メガネをクイックイ」みたいな。
って、ウケないのかな~そうなっちゃうと…。

って、やっぱ、蛍光灯アタマでウケるんだから、リミッター外さないと試合なんかできないよな…。
冷静にやるなんて、そりゃ無理か…。
だけどやっぱ、エスカレートしていっちゃうのは、やっぱちょっと怖い気も…。









(BGM:SPK「MEKANO」fromYOUTUBE)
→これはなんていうんだろ。
オルタネイティブ?ノイズ?
ビートがしっかりしてて、この曲は聴きやすい。

情念! 大日本プロレス新木場大会


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ちょっともう先月になります、大日本プロレス新木場大会。
ただいまストロングBJ、デスマッチじゃない方のリーグ戦真っ最中。

この日、野村選手VS神谷選手、という試合がメインイベントだったんだけど、これ、すばらしかった。
野村選手、負けはしたけど、彼が絡むと名勝負が生まれる感じがすげえ。
先輩の神谷選手が、後輩の野村選手を充分に引き上げ、輝かせる試合だったな、と思いました。

野村選手。
とにかく顔がイイ。
かわいい。
普段。
にじ屋にも来てくれたけど、ホントに優しそうな青年である。

にもかかわらず、試合になると鬼の形相になる。
というか、もう無骨、というか、先輩を先輩とも思わないような好戦的な顔をする。
まずここがいい。

表情、大事だな、って話なんですけど。

もう大日ストロングのエースといっていい関本選手も表情がすげえ。
逆エビをかけたときの鬼の形相、技を返された時の驚愕の表情。
もうそれが、技にいたる「思い」みたいなことを、たくさん伝えてくれる。

俺らも、普段の生活の中でやっぱ表情って大事で、市丸に対するとき、いいとき、悪いとき、ってのがあるけれど、表情を変えるだけでやっぱ彼らに入っていく言葉の数が変わってくる。
もう、舞台俳優さながらに俺なんかも表情作ったりして「それはダメだ」というのを伝えたり、「それいいじゃん!」ってなことを伝えたりしている昨今であります。

で、野村選手に話を戻すと、とにかくこの人はバチバチなのである。
バチバチ、というのは、今はなきバトラーツという団体発信の言葉だと思うんだけど。
いわゆる、飛んだり、アクロバティックな技を展開するような「キレイなプロレス」ではなく、情念で突き進む、とにかく「相手をしばき倒す!」みたいな試合。

そうした情念のぶつかり合いは、見てる側の心に突き刺さる。
そう、俺たちはこれが見たかったのである。

技のキレイなプロレスも見たい。
そりゃそれも素晴らしい。

でも、そこに「勝負」がなければ、やっぱりプロレスたり得ない。
勝負、とは、「相手をとにかく倒す」ということである。
プロレスは技の発表会ではないのである。
なにも技の多い選手がいい、素晴らしい、というわけじゃないのである。

もうわけがわからなくなって、相手に張り手を喰らわす。
何度も何度も打ち込んでいく。
そのむき出しの「勝ちたい!」が、客の心をわしづかみにする。

野村選手は、それを試合で表現できる素晴らしい選手だと思いました。
大日の野村選手、とにかく注目しておいた方がイイと思います。


そして、他の試合では、もう相手を攻めるのに没頭してしまい、ロープエスケープであることも忘れて打ち込んでいく選手がいました。
もちろん、ロープであれば反則ですから、レフリーが止めます。
しかし、もう選手は攻めるので必死。
レフリーを振り払ってしまう。
もんどり打って倒れるレフリー。

いや、いいですね、こういうの。
情念に溢れている。

でも、冷静に考えれば、レフリーに暴行を加えたら反則。
ロープで反則、レフリー暴行で反則、ダブル反則ですが、こういう場面で客はどっと湧くわけです。
「いいぞ!」「そこだ!」
まあ、格下で、負けそうな選手がそれをやったもんだから、場内は一斉にそのダブル反則の選手に声援を送るわけです。

こんなスポーツ、他にありますか?と。
いや、ない、と即断言。
そこがね、プロレスのすごいところなんだよな。


そういえば、野村選手の試合で、リング外に落ちていく両選手。
もう、場外乱闘がバンバン行われていく。
情念に従って、突き進む両選手。
場外に相手を叩きつける!
そんなとき、レフリーは場外カウントをとります。
20までに戻らなければ負け。
両者リングアウト、と言うこともありうる。

でも、正直、この二人には場外カウントなど届かない。
なにせ、もう、相手を倒すことだけなんだから。

いや、もう場内涌きました。

そんな時、レフリーの20カウントは、ちょっと間延びしたりして。
14と15の間に、4つくらい入るくらいのカウントになったりして。
レフリーもその情念に巻き込まれているわけです。
二人の死闘に巻き込まれている。

ま、無事、両者リングに戻れたわけですが、これを「レフリーがちゃんとカウント取ってたら両者リングアウトじゃん」みたいなコトを言うのは無粋ですね。
そうじゃない。
レフリーすら巻き込まれる選手の情念、なんです。

いやあ、プロレスってイイなあ。







(BGM:佐野元春「サムデイ」from「ザ・ゴールデン・リング~佐野元春ウィズ・ザ・ハートランド・ライヴ1983-1994 Disc 3」)
→この曲をはじめて聞いたとき、「こんなサウンドを作る日本人がいるんだ!」という感動があった。
この曲だけで、いや、すげえな、って。

イケメンにやられた!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


鬼神道リターンズ。
ついに完結。
というのも、雁之助さんが引退。

FMWという団体、大仁田さんが辞してからのエンタメ路線FMWが俺は大好きで。
もう毎月後楽園に行っていたし、スカパーのPPVでも録画して改めて見たりするほど好きだった。

今考えると、あの時、絶対エースがハヤブサ選手。
絶対ヒールが雁之助選手、金村選手だったんだな、と。
田中選手や黒田選手、いい選手はいたけれど、エースとはちょっと違う。
エースはあくまでハヤブサ。
いつも痛めつけられて、それでも不死鳥のように甦っていくエース。
痛めつける側が、雁之助選手やボスの冬木選手だった。
ストーリーだけじゃない、見た目も含め、エース、ヒールが適材適所な団体だったな、と。

雁之助選手とハヤブサ選手が同郷の出身、同期、と言うことを考えると、これはなんかすごく深い物語で。
雁之助選手はどう見てもヒール。
エースという見た目ではマッタクない。
ハヤブサはエースでベビー。
どう見ても、そうしか見えない。

きっと、練習は一緒にやっていたんだろうに、でも、そういう自分の「キャラ」もストーリーに練り込んでいく。
プロレスとは、リアルとフェイクの配合でできる物語と考えると、もうなんか、今考えるに泣けてくる。

というのも、ハヤブサ選手は試合中のケガが原因で半身不随に。
数年前に亡くなった。
その事故の試合も現場で見ていたけど、場内は騒然。
浅い試合だったんだけど、その後、大会は続いたんだよね。
なんかね、それでも雁之助選手はヒールとしての試合を続けていたんだと思うと、なんかグッとくるモノがある。

雁之助選手、大好きな選手の一人です。


で、まあそんな鬼神道。
もう試合としては、いい試合が目白押しで。
一つも手を抜いた試合がない。
これもそれも、雁之助さんプロデュースだからこそ、出場する選手が、プロレスアタマを発揮させて試合をやった結果なんだよな、と思うと、なんかそれもグッとくる。

試合開始からの5分間。
互いに全く互いの身体に触れない試合、というのもあって。
いや、これね、書いちゃうとわからないかもしれないけど、ものすごい緊張感だったんですよ。

と思えば、入場してきたかと思ったら、そのマスクマンが実は偽物で、ホンモノは相手の入場中の後ろから殴りかかる、みたいな試合があったり。
市丸はもう何が何だかわからなくなっていたりして。
客までだますとは、してやったりですよ。

プロレスってすげえな、って話なんだけど。


この試合で、黒潮“イケメン”二郎選手というのが出てまして。
もうこれがすげえのよ。
前にも一度見て、また見たかったんだけど、見れてよかった(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3690.html)。

ってのも、もうイケメンなんだもん。

ってね、いや、実際にそんなにイケメンじゃない気もする。
けど、イケメンに見えてくる。
それはなにも、福山さんの曲が入場テーマだからじゃないと思われます。

そう考えたときに、イケメンとは何か?ってことですよね。

これね、もう思い込んだらイケメンなのかもしれない。
本人ね、もうイケメンだと思い込んでる。
だから、イケメンに見える。

顔が多少どうであっても、君もイケメンになれる!というね。
そんな気がしてきます。

例えば、藤井隆さんも、そうですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4126.html)。
おじさんですよ、よく見たら。
ヒゲ濃そうだし。
でもなんか、すごくチャーミングに見えるよね、あの人は。

きっと「自分はチャーミング」って思い込んでるからじゃないか、と。

みんな、イケメンになろう!
いや、とりあえず俺はまたイケメン選手の試合が見たい!!。
女子ではないが、あのイケメンにやられている。







(BGM:原田知世「PARADE」from「フラワーズ」)
→この人は唄もいいのよね。
声の透明感が、このドラムのヌケっていうか、高く抜けるバンドサウンドにあってる。

ニチョケン!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ま、ものごとには好き嫌いというのがありますから、俺が好きなものでも、他の人が好きとは限らない。

お酒とかでもそうで、飲める人もそうじゃない人もいる。
だから、お酒は勧めないようにしてるんだけど、飲め飲め!とか言うアレほどなんか醜いモノはありませんから。

いろいろな遊びでも、だからまあ、誘うのって難しいですよね。
これは誰しも同じかと思うんですが。

特に、新人には気を使いますね。
俺が誘えば、やっぱパワハラ的なこともありますし。
ものすごく「おそるおそる」という感じになります。

たいがいは杞憂に終わりますが、でも、だからといって気を抜かず、「おそるおそる」はちゃんとしよう、と思ってて。


プロレスも、なかなか新人のスズを誘う、ってのがアレで、でもまあカブキのこともあるし、一緒に行ってくれたら助かるし、みたいな流れもあって、前に一緒に行ったらけっこう楽しんでくれたみたいで(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4330.html)。
ちょうどね、大日本プロレスがにじ屋を襲撃する、という直前だったこともあって、誘う背中を押してくれたこともありました。

で、その時はデスマッチもなかったし、バラモンも出なかったんで、みんなが「バラモンはガチ」とか普段言ってることもあって、しかもまあ、そもそも蛍光灯デスマッチなんてのは、間近で見ないとその魅力は百万言を尽くしたところで伝わりません。
で、これもまたおそるおそる「行きませんか?」というと、「ぜひ❤!」と言ってくれたので、まあ、一緒に行きました。

ま、今、専従職員が少ないから、どうしてもカブキの介助の問題とかで、「プロレスに行くのでちょっとだけ早引けする」ってのが難しいこともあるんだよね。
逆にスズなんかはそれも気にしていたのかもしれないな。
どっちにしてもまあ、こうした「おそるおそる」を積み重ねて、そのうち「おそるおそらなくなる」んだろうな、ってことでありまして。

ま、それはいいんだけど。


市丸なんかは、スズが行く、となると、もう俄然張り切るわけです。
「俺、スズちゃんに説明するから!」と、やる気満々なわけでありまして。

この辺もイイですね。

とはいえ、もう試合が始まれば、市丸はノリノリで。
冒頭の社長の挨拶から「いよ!待ってました!」のノリで拍手喝采、スズのことなんか忘れちゃうわけです。
好きな選手が出てくれば、身を乗り出し、入場曲をノリノリで手拍子、キメの言葉やポーズを一緒にやることで自分が精一杯。
スズのことなんか忘れちゃってるわけです。

でもまあ、よくよく考えたら、「こうやってプロレスってのは楽しむもんだ」と伝えていると思えば、それはそれでいいように思ったり。


で、先日の後楽園大会で、次回のタッグ選手権の試合が決まりまして。
ヤンキー二丁拳銃が挑戦する、と。
ヤンキー二丁拳銃、とは、宮本選手とイサミ選手のタッグ名なんですが。

で、ヤンキー二丁拳銃、ってのを「ニチョケン」と略すんですね。
帰りの車の中で、このことが話題になりまして。

「ニチョケンが次、挑戦ですね!」とコバ。
「でもさ、ニチョケンって言っても、スズにはわからないから、ちゃんと言ってやらないと」とアキが言う。
「ニチョケンの正式な名前は?」と聞くと、コバが言いました。

「ヤンキー二刀流です」

…ぎゃははははははははははははははは。
チョは?ケンは!

というわけで、ニチョケンのTシャツがあったら買いたいと言うほどのニチョケンファンのコウヘイに聞いたところ、「ニチョ拳銃です」と。
…ニチョてなんだニチョて!
市丸は「イチョウケンジだろ!」
…もうスズには正式名称がなにも伝わりません。

ま、もうみんな「ニチョケン」って言ってるからね、いいんですけど。

「三代目血みどろブラザース」は、市丸に言わせれば「チビクロ軍団」となるし、でもまあ、これは最小デスマッチファイター佐久田選手がいるので、あながち間違ってない気もしてしまったり。

ヘラクレス千賀選手に至っては、市丸は「テロテロテンガ」と言っているので、しかしもう千賀選手が大好きなので、これが何度も出てくる。
最初は出てくるたびに笑っちゃってたが、まあもうなんか慣れた。


てなことで、この日の後楽園。
メインで中之上選手が勝ちまして。
当然、メインで勝った選手が最後マイクで大会をしめますのが、プロレスの掟。
しかし、ちょっと中之上選手、マイクが苦手な感じがすごい(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4338.html)。

この日も、目新しいことは言わず、愚直に「今日はありがとうございました!これからも大日本プロレスをよろしくお願いします!」という、もうなんていうか、英会話で言うところの「ハウドゥユドゥー」くらいのアレでしめてくれました。

いや、それがなんか中之上選手らしくて、俺はとてもなんかよかったなあ。

バラモンにも盛大に水をかけられたし。
そうそう、スズに「バラモンはガチだから」「水かけないだろうとか、そういうの通じないから」と真剣に言っていたんだけど、そしたら、携帯をカバンにしまう前に、ジップロックに入れてからカバンにしまっていたので、なんか「あ、楽しんでくれてるな」と思った次第です。





(BGM:Simon & Garfunkel「Mrs. Robinson」from「The Simon and Garfunkel Collection: 17 of Their All-Time Greatest Recordings」)
→この人たちの曲って、どれもが「教科書」みたいなんだよね。
明日にかける橋はバラードの、ボクサーは物語調の、みたいな。
これはなんだろう、レディマドンナか。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE