プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

プロレスってのは、結局「どうやって勝つか?」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先週は、久しぶりにプロレスを二日連続で見に行きました。

プロレスもバンバン見に行きたいんだけど、団体数も増えて、正直、小さな大会も増えて、こうなってくると、なかなか行けない団体、というのが増えちゃって、そうなると、まあもう流れもわからないし、選手も分からなくなってしまって、足が遠のいてしまう、ということになる。

女子プロレスに至っては、過去には全女だけ見に行ってればすべてをカバーできたといってもいい。
が、まあもう団体が多すぎて、それぞれにエースがいて、みたいなことになりますから、正直、追い切れない。

同時にまあ、おかげさまでちょっと色々予定もあったりして、なかなか行けない、というのもあるわけですけどね。


まずは大日の新木場大会。
いや、新木場大会はいい。
後楽園ももちろんいいが、まず、最初に挨拶に上がる社長の出で立ちが普段着っぽくてイイ。
後楽園ではスーツなのに、新木場ではなんかラフなカッコであがる登坂社長。
その使い分けがすてきだし、そもそも、なんか「こっちがつい拍手しちゃう」絶妙なマイクの盛り上げ方がすごい。
それでいて、まったくやらしくないし、まったく玄人くさくもないというか、素朴でつい拍手しちゃうというか。

これ、ライブとかでも参考にしたいっていつも思うんだけど。
ま、それはいいとして。


よくプロレスの試合には、「ベテランVS新人」という闘いがあります。
これね、もう勝敗が分かってるわけですよ。
ベテランが勝つに決まってる。
いや、まあ万が一、ってこともありますが、文字通り万が一、0.01%くらいだわ。
それって、まあ統計上はあり得ない、ということでよかろうかと。

にもかかわらず、「心が躍る」のである。
それって「どんな負け方を見せてくれるだろう?」なんである。

他のスポーツではこんなことはまずない。
野球で勝敗が決まっていたら、観衆はおそらく三分の一くらいになると思う。
いや、入らんかもしれん。

つまりね、プロレスってのは「勝敗じゃない」ってことなんだわな。
「どういう経緯で負けるか?」逆に言えば、「どういう経緯で勝つの?」という。

もっというと、いくらベテランだからって、最初に決め技を出して秒殺しちゃダメだ、って話になります。
いや、最初に決め技出せば、そりゃ、勝てますよ。
でもね、それじゃダメ。
新人相手に、そもそも大人げなさ過ぎる。

それに、まあ客は「どうやって勝つの?」を見たいのだから、そんな簡単に決め技じゃダメなのよ。
ってか、それでもイイ場合はあるけれど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3334.html)、たいがいはゆっくり勝ちパターンを見せていただきたい。
そう考えると、ベテランVS新人、という試合は、ベテランにかなり求められるモノが多いとも言えますな。

大日の大会では、関本選手VS加藤選手という試合があり、まあ加藤選手、新人ながらイイ選手なんですよ。
にじ屋にも来てくれて、打ち上げもすげえトンパチ感もあって、すてきだった。
それに対する関本選手は大日のもうエース選手の一角といってイイ。

もう絵に描いたようなベテランVS新人なわけですが、これがなかなかよかった。

加藤選手も頑張ったし、試合後に関本選手が手をさしのべたのをひっぱたいて返しましたからね。
プロレスファンは、そういう「向こうっ気の強さ」に惚れるんですよね。


そして翌日のフリーダムズでは、6人タッグですが、新人とちょっと前の新人、の対決がなんか勃発したというか。
これがなんか面白くて。

というのも、ドラゴンリブレ選手ってのが、マスクマンなんだけど、細いし、正直、弱い、というキャラというか。
でも、まあすごく頑張ってて。
意地はすごいというか、それこそ向こうっ気の強さはなかなか見るところがあって、けっこう好きなんですけど。

で、その後にデビューしたのが平田選手という。
これがまた身体がデカイ。
正直、身体の厚さが、先輩のドラゴンリブレ選手が二人分くらいある。

タッグながら、負けたリブレ選手。
「次はシングルで、絶対に負けないから」とマイク。

…いや、身体の厚さ半分なんだから、どう見ても負けそうだが…。
と思うのだが、しかし、先輩である以上、負けるわけにはいかないじゃないですか。
それに、そういう「意地」はすごそうなんだよね、リブレ選手。

だからね、あまり多くのファンの皆さんはあまり注目してないのかもしれないが、俺としては、この二人のシングルマッチを見たいので、次も行こうと思ってる。

ま、これなんかは、「勝敗が決まってる」というより、「勝敗が気になりすぎるマッチ」ですね、はい。




(BGM:高橋美枝「ひとりぼっちは嫌い」fromYOUTUBE)
→ひとりぼっちは嫌い。
あなた、そばにいて。
できたらレコードも買ってほしい。
スポンサーサイト

プロレスの技以外の部分だって重要、という意見をひっくり返すラリアット


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


大日本プロレス後楽園大会に行ってきたわけですけれど。

先日のにじ屋大会後、すぐの大会ということで。
って、まあにじ屋大会はどうもこうもそういう流れとは別個なわけですけれど。

この日、とにかく感激したのは中之上選手ですね。
この選手、とにかく不器用というイメージだった。
というか、まあそのイメージ通りなんだけど、まず、マイクとかあまり聞いたことがない。

たぶん、苦手なのではないか?と思う。

そりゃそうだ。
よく考えてみてほしいけれど、千人とかの前で喋るわけですから。
いくら、「言いたいことがある!」ったって、言えます?
いや、逆に言いたいことがあるからこそ、もう言葉に詰まっちゃう、みたいな。

ま、告白とかする、と考えてみたらいいかもしれません。

「俺はお前のベルトを獲りたい!」というのは、どっか「俺はお前のハートを奪いたい!」に似ている。
それを、まあ千人の前で言う、と考えると、もう足震えませんか、って話。

でもまあ、プロレスラーの中には、この「マイク」を効果的に、見事に千人の客を惹きつけるようなことをスッと言っちゃう人が多い。
それって、プロレスの技がより光る、ということになるわけです。

同じ素晴らしいプロレスを展開したとしても、この試合後のマイク一つで、勝ちが負けになったり、負けた人がきらびやかに光ったりもするわけです。

そう考えると、プロレスってのは技だけじゃないんだよね。
試合後のマイクはもちろん、試合前の入場、コスチューム、メイク、そんなことだって、重要なのであります。

なにせ、エンターテイメントですから。

で、この中之上選手、試合も悪くないし、いや、むしろ非常にパワーあふれるいい試合をすると思うんですよ。
けどね、この辺の「プラス部分」、が、なんか不器用そうなんだな。
ソンをしてるな、というか。

しかしですね、この日の中之上選手、こうした「プロレスの技以外の部分だって重要」という意見をですね、もうひっくり返すくらいのすげえ技を繰り出して勝ったんです。
いや、特別な技じゃなくて、普通の技です。

ラリアット、という。

もう、まあ多くの選手がやりますし、基本の技と言っていい。
腕を振り回したり、向かってくる相手に対し、腕で相手をなぎ倒す、というね。
単純な技なんだけど、いや、これがもうすばらしくて。

逆になんか、「プロレス以外の部分だって重要」なんて言ったら恥ずかしくなるくらいの強烈なラリアットが決まりまして。
いや、もう説得力がすごい。
これ、まあ誰が見たって、「プロレスってすげえ」って思ってもらえる一撃だったと思うんだけど。

で、勝ったのね。
しかも、現王者に勝っちゃった。
そうなると、当然、「次はベルトをかけて対戦しろ」って要求する、という流れになります。

が、そこが中之上選手ね。
やっぱ、マイクは不器用。
対戦を要求したのち、「いい返事待ってます」とか言っちゃうし、最後も「絶対、お前からベルトを獲ってやるからな!」ではなく、「よろしくお願いします」とか言っちゃうし、いやいやいや、なんか礼儀正しいというか、まさに告白にしか聞こえない、という。

なんか、もうそれが味ですね、これ。
つまり、「マイク不器用味」。
こうなると、もう不器用でいいじゃん、となるわけで、それも味なんだから、と。

って、もうプロレスって、ホントなんでもアリなんだよな、って思うわけですが。
うまくなくても、光るものさえあればいいんだ、みたいな。

おそらく、まあプロレスの魅力ってそこだろうし、市丸たちに通じるものがあるよな、みたいにおぼろげに感じてるのも、その辺なんだろうな、と思ったりします。

で、ま、タイトルマッチは決まったんだけど、現王者は橋本大地選手。
誰もがご存じ、故橋本真也選手の子どもさん。

俺、大好きなんだよね…。

それだけに、なんか悩むわー。
どっちを応援するか。
なんか、この試合見てたら、すげえ中之上選手に勝ってもらいたくもなっちゃって。
だって、やっぱ不器用サイドを応援したいじゃないですか。

って、まあ、どっちでもええわけですが。


というわけで、この日、メインのデスマッチで、ついにノコギリ?が登場して、切り刻まれる、という。
そして、そこで試合が決まる、ということになってしまってまして。

いや、こうなると凶器ではなく、武器になっちゃうんだな…。

デスマッチにおいて、凶器のエスカレートが一番危惧されるところなわけだけれど、ただ、そうなると、どこを落としどころにするか、って話にはなっちゃって。

日本の、いや、世界が注目するデスマッチをやる大日本プロレス。
つまり、デスマッチで世界をけん引してるともいえるわけですが、今後、この路線を突き進むのか、それとも何か違うデスマッチを作り出すのか?

俺としては、「インテリデスマッチ」というジャンルを確立させて、今の「クレイジー路線」と、デスマッチのイデオロギー対決をやったりしてほしい。

やっぱ、デスマッチって、イデオロギーが大事だと思うから。


あ、そういえば、先日にじ屋大会を取り仕切ってくれた橋本和樹選手はタイトルマッチで敗れてしまいました…。
ウチのみんなは、とても残念そうでありました。

でも、きっといつか和樹選手はベルトを獲ってくれると思っています。
って、きっと近いうちに。




(BGM:水越けいこ「ほほにキスして・・」fromYOUTUBE)
→頬にキスして、そしてさよなら、今日の日は忘れない。
これはなんかおぼろげに覚えています。
ちょっと大人の女っぽくて、子どもだったの俺はなんかときめいた。

明日は大日本プロレス IN にじ屋!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、ついに明日ですね大日本プロレスにじ屋襲撃!
…って、まあ今回はそういう「対決感」ではなく、「仲良く」を前面に出したイベントになる、と聞いています。

これまで、大日本プロレスとにじ屋組が血で血を洗う抗争を繰り広げてきたわけですが、今回、9回目にしてやっと何か雪解けムード、ということなんでしょうか。

もちろん、大日本の皆さんにプロレスで挑むなどということではなく、ビール一気飲み対決、かき氷一気食い対決…いやいや、一気食いは体によくないけども、まあずっとそんな気が触れたような対決をやってきました。

今回はなにか、にじ屋組も大日本のみなさんも、そしてお客さんも含めてシャッフルでチームを決めて対決するとか。
「仲良く対決」みたいなことらしいです。


もちろん、試合もその後にきちんとあります。
ビール、そして選手のちゃんこなんかもやる予定なので、みなさん一日楽しむつもりで来て下さい。

俺は飲み過ぎないように注意しないとなー。
毎年大日の日は最後記憶がないから。

今回、にじ屋の駐車場でやるので、車を止めるスペースがありません。
なんとか車以外できて下さい。


てなことで、数日前に大日本の新木場大会に行ってきたんですが、それが若手だけの大会で、「問ワズ語リ~TO WAS GAT EARLY~」というタイトルがついてまして。
毎試合後にマイクをやりますよ、という。
問わずじゃないじゃん、というね。
問うじゃん、問うてしゃべるじゃん!むしろ、という。

いや、メインの選手、いわゆるベテラン勢が出ない、ということで、どうなんだろう、という気もありましたけど、見てみたらこれ、すごくよかったんだわ。

なんていうか、もう気持ちが前面に出てくるね。
駆け引きとか一切なし。
バチバチの闘いがリングにありました。

正直、ベテランとかでベルトが絡むと、他団体との対抗戦でも「あ、こっちが勝つのか」みたいな「見通し」というか、「がっかり」というか、そういうのがあったりします。
つまりなんだろう、団体同士の思惑がからむというか。

でも、若手、新人の大会においては、そういうことでもないというか。
その辺、けっこう薄くなる。
で、選手の気持ちの方が強く出る、という結果になる、というか。


で、今回はスズちゃんが初プロレス観戦、ということで。

まあ、どうだろうな、やっぱ最初、蛍光灯を見た方が、バラモンが出るときの方が…とか思ったりしたけど、いやいやいや。
とてもなんか楽しんでくれたようでよかった。

やっぱどうでしょうね。
スズちゃんも新人ですから、どっかこう視点もいろいろまたあったのかもしれません。

気持ちで当たるしかない!とかね。
そうなんだよね。

ウチだったら例えばやっぱ井上とかに、もう気持ちで当たるしかない。
「障害者とは云々」なんて教科書読んだって、そんなの井上には伝わらないわけです。
いや、教科書なんかより、まず当たるしかない。
教科書はその後ですわ。

そう考えると、この若手の大会。
まさにもう「当たるしかない」「当たって砕けるしかない」みたいなところもあって、なんか感情移入しやすいわな。

いや、俺、必ず次回もこの大会は見に行きたいと思いました、はい。
で、まずはにじ屋大会に来てくださいな!








(BGM:THE JANET「あの娘の胸に途中下車」fromYOUTUBE)
→1975年。
駅前であなたは手を振ってくれて、俺の心は明るくなるのだ。
他の娘のアドレスなんかもう紙切れ同然。
君と出会って世界が変わった。
というようなことを、高音でまくし立ててくるので、ちょっとどうでしょう。

IWAジャパンの磁場を久々に見た


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、アイスリボンのレフリーである佐藤淳一レフリーの引退興行がありました。

淳一さんといえば、コバの命を救ってくれた人でありまして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-1373.html)。
あの時は肝が冷えました。

で、救ってもらったのはこっちの方なのに、その後、コバたちを飲みに誘ってくれたりして。
逆だろ、という話なんだけど、なんかコバたちのことを気に入ってくれて。

もちろん、レスラーだった二人も大いにお世話になったようであります。
アキ曰く、「淳一さんがいなかったら、続けてられなかったと思う」と。
ま、もちろんそういう人は何人かいるらしいのですが、その中でも重要な方だった、と聞いております。

そんなわけで、引退にはもうこれははせ参じない、という話はないわけでありまして。


レフリーが引退興行をやるってのは、あまり聞く話ではありません。
自主興行ってのは聞きますけど、引退興行はちょっと聞かない…。

というのも、「引退試合」とは言うモノの、それはあくまで勝負する選手のものであって、レフリーはそれを裁く側であって…みたいなこともありますよ。
というか、まあレフリーは歳を重ねても続けやすい。
少なくとも、選手に比べて現役は長くやれると考えてイイかと思います。

でもまあ、淳一さんの場合は、いろいろとご家庭の事情もあったりで、一線を退く決意をしたのだとか。
それだけに、最後に未練を残さないためにも、こういう大会を企画したというのは、なんかファンにとっても嬉しい。

それに、それがプロレスなんじゃないか、というか。
レフリーが引退興行、いいじゃないか、というか。
なんでもありがプロレスなんだから。

というか、誰かが始めれば、こういうのも次からの人もあるかな、というのもあったり。
何にしても、最初の人というのはね、大変なことです。

そして、選手だけにとどまらず、多くの人が、引退を祝う?惜しむという感じで集まっていて、それはもう淳一さんの人徳であります。
こうした、自分のやってきたことへの一区切りの場面にどれだけ多くの人に集まってもらえるかというのは、まさしくその人がそこまで「どれだけのことをやってきたか」ということですからね。
なんか、すげえな、と思いました。


その昔、IWAジャパンという団体があって、今は休業中、ということのようですが、なかなかどうして、昭和のプロレス、不器用な感じのプロレス、それでいて、エンターテイメントをやろうとした感じのプロレス団体がありまして。

ひじょうにね、俺は好きだったんです。

サムライというスカパーのプロレスチャンネルでプロレスニュースの番組があったんですが、それで時々、IWAの社長がマスクマンとか怪人に襲われている場面が流れてきました。
そりゃ大ニュースですよ。
新宿2丁目の路上で、なんだかよくわからない「怪人が人を襲っている」んですから。
デビルマンの序章のような。
9時のNHKニュースのトップにもふさわしいかと思いますが、そこではニュースにならず、このサムライのニュースでしか流れないんですけど。

というのは、おそらく、この時に襲われるのが浅野社長という、当時のIWAジャパンの社長さんだけだからですね。
怪人は何回か襲ってきますが、つねに被害者は浅野社長。
現場は浅野社長が経営する2丁目の定食屋さんの前。
この部分がまったく毎回変わらないので、地上波的ニュースバリューにかけるのかもしれません。

というかですね、このタイガージェットシンがアントニオ猪木夫妻を新宿の路上で襲った事件をまるでなぞったようなこの「事件」は、そもそもがおおよそプロレス的で、プロレスの教科書的な「プロレス原理」で、なんかそれが逆に当時新しい、という。

こうした無骨な、無理矢理なストーリー展開に花を添えていたのは、IWAの後半に登場する「ハルミヤコ」という女性の登場人物でありまして。
なんか、浅野社長に敵対する勢力のボス、みたいな感じなんだけど、よくわからない。
けど、いつもヒールを履いて、颯爽とリングに上がっては浅野社長や正規軍を挑発し、怪人軍団を率いている、という。

もうね、つまりまあ、平たく言っちゃえば、完全に茶番なんですけど、これをやりきるハルミヤコさんという人に、俺は大いに魅力を感じましたね。

怪人軍団がやられれば、セコンドで「オーマイゴッド!」的なアメリカンな大ぶりゼスチャーをし、怪人軍団が優勢になれば、お客さんに拍手を強要したり。

いや、こういうね、「選手じゃない」「レフリーでもない」けど、なんか「いる」という人の存在は、プロレスを格段に面白く、わかりやすくしてくれる。
というかですね、いなきゃダメですよ。

だって、そんなのがいるスポーツあります?
陸上で、なんか他の選手にツバはいたりするセコンドがついてますか?と。
相撲は?
しかも、いってみれば、時折土俵にも上がる感じの人ですよ。


てなことで、淳一さんはそのIWAのスタッフとして働いていたこともあるらしく、まあつまりはプロレス界の深部に関わってきた人だったんだと改めて。

そして、一夜限りのIWA復活試合もあったりして、なんか、楽しい大会だったな。





(BGM:郷希理沙「チンジャラ」fromYOUTUBE)
→いや、これなに?
意味のない言葉の羅列…。
そしてちょっとしたジャジーなピアノの間奏…。
と思ったら、数小節だけちんどん入ってくるし…。
凝ってるなあ…。
これはちょっと皆さんに聞いてほしい。

また大日本プロレスがにじ屋に来てくれたら嬉しいなあ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


先日、大日本プロレスの新木場大会に行ってきました。

この日の大会は、第一試合からメインまで、どれも面白かった。
どれもスイングしてた。

大日はまあたいがい毎大会面白いですが、いろいろな団体を見ていますと、時に「ちょっときついな」と思う大会もあります。
「早く終わんないかな」みたいな。

プロレスの試合って、やっぱ順番ってのがあるな、と思うんです。
第一試合は新人がゴツゴツ当たって。
大技じゃなくて、関節技で終わる、みたいな感じがいい。
第二試合、いわゆる昔で言えば「小人プロレス枠」になりますが、コミカルな試合。
そして、第三試合で中堅が盛り上げて、第四試合とかで、タッグチームの遺恨がある試合とか。
で、セミ、メインではタイトルマッチが絡む試合、みたいな。

こうなると、やっぱこっちも盛り上がっていくというか。
最初から最後まで、「とりあえず選手組み合わせてみました」なんてことでは、プロレスの大会は成り立たないのであります。

この日は、きっと試合順もよかったんだな。


そういえば、プロレスをテレビではなく現場で見るようになってすぐの時、まあほぼ全女を見てましたけど、「ああ、終わらないで」「まだまだ闘い続けて欲しい」みたいな気持ちになったモノです。
つまりまあ、「もっと見ていたい」という。
あの頃は、どんな試合でもまあまあ楽しかったんだな。

今はやっぱもう何大会、何百大会も見てきて、目が肥えてしまったというか。
それはまあイイ点でもあり、悪い点でもあるのかもしれない。

最初見たときの感動、というのがやっぱ薄れてしまいます。


そういう意味で言えば、大日本さんは、もうけっこう見てますから。
おそらく最も見てると思います。
シャドウWX選手が火だるまになったり。
ザンディグ選手が車の上から火を放った机の上におちてきたり。
外国の選手が後楽園のバルコニーから階下の机にダイブ。
でも、机が割れなかったとき…、とか。

ま、印象というとやっぱそういうデスマッチの「スゴい部分」ですけど。
大日はそういうのを続けてきてるわけで、なかなかすげえよな、と思います。


一方で、ストロング部門、いわゆるデスマッチじゃない方の闘いがこれまた最近すげえ白熱していて。
ジュニアの試合なんかは、はげしい。
バチバチのやり合いである。
そういう意味では、今だベルトを戴冠してない橋本和樹選手を中心に回ってるようにも見える。
だって、橋本選手はそもそもバチバチ感すごかったし。
橋本選手がいつかベルトを巻くときが、大日ジュニアが最高潮に盛り上がる時というか、大日ジュニアが形になる時、なのかもしれない。


そして、コミカルなんだよね。
大日はコミカル名試合もいい。
まあ、中心はバラモン兄弟ですけど、横浜が生んだバカ兄弟、というキャッチフレーズ。
ホンモノっぽいので、人間的には全く近寄りたくないんだけど、リングを見てる客としては楽しい。

そしてまあ、彼ら、水ぶちまけるでしょ。
客席水浸しでしょ。
いや、これ、見てない人は、「客にはそこそこ少しかかる程度だろ」と思われがちなんだが、ガチでバケツをアタマの上でひっくり返されます。
よける暇がないくらいの速さでバケツ真っ逆さま。

やり過ぎだ、と言えばやり過ぎですよ。
でもまあ、いいんです。
もうそういうもんだから。
時にそれをよく知らないお客さんがいて「被害」にあったりして、「ああ~もう~」となりますが、それもまた楽しい、なんて言ったら被害に遭った方に申し訳ないけど。


そんなわけで、今の大日は、当然デスマッチ、そしてストロングも充実、コミカルも充実、というね、けっこう完全無欠っぽい。
そして、運営に家族感がすげえあって、なんか一度みにいくと、なんかハマる。

ぜひね、みなさん、大日本プロレスへGOですよ!




(BGM:中野ゆう子「妻になれない」fromYOUTUBE)
→「偽のダイヤをつけてはいても あなた愛した心はホント」
このパターンの需要って、どこにあるんだろう。
妻になれない女性サイド?
妾がほしい男性サイド?
…ま、どっちにしても、なんだか不幸臭しかしない…。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE