プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

なるべく「説得しない」 その2(ラスト)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4085.htmlのつづき。


で、この彼女がやめる、って話をした時のことになるんだけど、ミツが「バカにされた気がする」って言っていたんです。

で、「どうしてそういう気持ちになったのか?」という感じになったんだけど、それは聞いてもちょっと出てこないよ、ってそれ以上の追求?を止めてもらったんですが。

ま、言われた側からしてみたら、「二度とそういうことにならないように、聞きたい」のは当然で、悪気がないことも充分にわかる。
当然そういう流れになるのもわかる。

けど、やっぱりこれってのは、「なんでいじめられたと思ったの?」という問いと同じで、それを答えられる人はいいけど、答えられない人の方が多いんではないか?というか。
で、まあ、「よくわからないけど、そう思った」って答えが「通用してくれれば」なんの問題もないんだけど、そうじゃない場合、つまり「なんでそう思ったか」を答えられなかったり、答えたとして、それが「答えになっていなかったり」「逆に反論を招いたり」「説得を招いたり」というコトになった場合に、「そもそもそれはイジメじゃない」と認定されるのが怖い。

それは「そう思った」ことを潰してしまう。

もちろん、「誤解」ということはある。
だから、それは簡単に「違う」ということはできるけど、多くの場合、「単純な誤解」というのは、けっこうすぐに判明する、というか、気づくんだけど、そうじゃない場合は、やっぱ「それは誤解だよ」と「説得」が始まってしまうタイプのヤツになるんだよね。


そもそも、健体者のやめると言った彼女と障害者であるミツとの間には、格差がある。
もちろん、障害者でも金持ちはいるから、そういうことではなく、具体的にミツ(やウチの連中)と彼女の間には、少なくとも「機会格差」みたいなことはある。

だって、ミツは「ここに来たからいいけど、他に行っていたら、カブキやオグラのようになっていた」ということはよく言う。
それは、高等部時代の実習なんかからそう思ったらしい。
その後も、まあいろいろなところを見に行って、そして今回オグラを見て、本当に「施設なんかに入ったら大変なことになる」と思っているようだ。


今でも、オグラは、時々年齢がわからなくなる。
というか、どこまでが本気なのかどうなのかがわからないんだが、十歳、とにかくさばを読む感じになる。
いろいろ聞いてみると、「施設に入った歳に生まれた」ということを言う。
その主張が、とにかく変わらない。
時々、そのスイッチが入るのだ。

かなり、精神的な問題、ということになるんだろうけど、そうなると、「違うよ、おまえは●年生まれの▲歳だ」ということが「いや、そうじゃないんですよ、■年生まれなんです」となる。
「施設に入ったすぐあとに生まれたんです」と言う時もある。

少なくとも、そんなことはあり得ないんだが、でも、それが彼の中では「正解」になってしまう。
鬼気迫るといった表情で、「事実」を否定するので、ちょっと怖くなる。


で、コレまで見てきた多くの場合、親戚が施設行きを薦めることが多い、というのもミツはわかっていて、まあそういう事例が多くあったと言うことだけど、親亡き後に、よほど踏ん張らないと大変なことになるな、みたいなことは頭に入ってるらしく。

つまり、彼はクビ皮一枚でつながってる感じというか、もちろん、ココがイヤになったら彼はどっかに行くことを考えるだろうが、コバと同じように、まあ家出をしてまでも、高校を辞めてまでも来たい場所なワケだから、まあ今のところはいいんだろうけど。
でも、選択肢がないんだよね。

細かい選択肢はあるけれど、大きな、つまり「勤め先を変える」とかの選択肢はないんだな。
いや、あるんだけど、現実的に、今はない、と考えるしかない、状況にいる、という。


こうなると、彼女の「辞めたい」ってのは、ミツにとってみると、ちょっとやっぱり「カチン」ときたのかもしれない。

もちろん、彼女は、ここでの生活を「イヤだ」とか思っていたわけじゃない。
すごく悩んだ結果として、新しい挑戦をする、と決めたわけで、なにもここでの生活やミツとかの生活を「下に見た結果」ではないのだけど、ミツにとってみたら、コレまでやめた人の多くの感じもあって、そう思ってるんだろうかな、とは思うんだけど。

彼女にしてみたらまあ、いい迷惑だけど、でも、まあ「やめた人が大嫌いな人になる」井上達にとって、彼女が初めての「辞めてもずっと仲間」という人になってもらえたらいいな、と思っている。
それを繰り返していくことでしか、このミツの「バカにされた感じ」は消えないんだろうな、とか。

「バカにしてないよ」って百回繰り返したところで、きっとミツには響かないんだろうな、と。
「なんで?なんで?」と聞きたい気持ちはあるのはわかる。
でも、それは逆に前回書いたカブキじゃないけど、健体者側が、「彼らの気持ちの表現を潰すために説得をする」というコトになるんじゃないかと思って、あまりオススメしたくないのである。





(BGM:新東京正義乃士「運のない男」from YOUTUBE)
→ナゴム方向、ってことしかわかりません。
当時聞いてたわけでもなかった。
ナゴムは避けていた…。
ちょっと調べてみたら、ああ、三柴理さんがピアノ弾いてるのか。
確かに、ピアノ前面のバンドでありますな。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP