プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

霊の造形がかわいい、もしくは笑っちゃう場合もないわけではない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレするし。


「サムライプリンセス 外道姫」

ま、キックの際に片足をあげまして、その軸足が回転して、蹴り上げた足によって、バタバタと周りの敵が倒れていく、と。
もうそうなるとそれはマンガですね。
そしてなんだか江戸?戦国?時代的な設定にもかかわらず、人相書きが写真、という。
でもまあ、シーンによっては現代的なモノが風景に映り込んでいたり、服装がタートルネックのセーターだったり、ケイタイがあったりしますので、まあその辺はアレですね。
エレキギターが武器だったり、時代をクロスオーバーさせてるというか、小道具は現代で調達しましたというか。
途中、ビルの中で撮影してるし。
その時代のいろいろで「新しい感じ」を出したいのかな。
って、たぶんテキトウなんだろうな。

希志あいのさんという、AV女優さんが主人公なのね。
それがまあ、暴れ回る、と。
そして強い、と。

そうなると、当然、エロシーンも入ってきます。
でもまあ、だからどうした、という。
エロ狙いなら始めからAV見ますよ、と。

つまりこれは、AV嬢の「裸以外の仕事がしたい」という思いと、「安くてもイイから映画を製作したい」という二者の思惑が交錯して生まれてるジャンルの中の一本。
ま、こうしたモノを作り出しておくことで、AV界は、女の子をつなぎ止めておけます。
「そのうち、裸じゃない仕事もできるようになるから」というのを、まあ口実にできるというか。

構造的には、AVという虚構を継続させるために、AVじゃない世界を構築する、という矛盾。

でもま、それはそれで、こういう作品は嫌いじゃない。
B級にならない二流だったりして時間の無駄ではあるけれど、「そもそも人生がムダなのかもしれんし」と考えると、なにか哲学である。

…ってやかましい。


「デスフォレスト 恐怖の森1~2」

ぎゃははははっははははははっはは。
霊の顔デカイ!
そしてなんかちょっとかわいい感じすらする。

いや、もうスジとかいいんです。
そういうんじゃない。
もうこの顔のインパクトでいいわ。
身長くらいあるでしょ、この顔。
それが、森の中から迫ってきます、と。
森の中の学校の廊下中が顔です、と。

で、その顔に食われちゃう。

う~ん。
ま、2の方がちゃんとはしてるかな。
女子高のビアン的感じ、とかのキャラクター設定がちゃんとしてる分、悪くない。

でもま、なんにしても駄作にはかわりないけど。


「吸血鬼ゴケミドロ 」

1968年製作の映画なんですが。
いや、地球人を皆殺しにするためにやってきた宇宙人軍団!、のプロローグ的な作品。
なんかよくわからないけど、これを見ると、宇宙人がのりうつって死ぬ、のりうつって死ぬ、という感じの繰り返しなので、皆殺しまでずいぶん時間かかりそうだな、と思っていたら、エンディングで蛍光灯の傘のような円盤が大挙してやってきました。

…う~ん…。
やっぱ、技術の発展ってのはすげえな、と。
今の技術でやったら、もっと面白くなるんだろうな。

「政治家」がわかりやすく「権威的」で醜悪で、コントのようで面白かった。


「少女惨殺 スワンズソング」

う~ん…。
この主役の子、なんか「お人形さん」みたい…。
もうなんか作り物のような顔してるからそれが恐いわ…。

これですね、主題とは関係ない、冒頭の自殺とか、なんか意味があったのか、ラストの先生が転げるシーンの意味は?というところはまったくわかりません。
いろいろとネタはふってる感じなんですが、何一つ「つながってない」んだよな…。

なんなのこれ…。

そしてそもそもの主題になる殺人事件については、もう途中で、というかかなり冒頭で「犯人はお母さん」というのはわかってしまいます。
だからですね、余計に軽い印象の映画になってしまいました。

大場久美子さんのお母さん役がなかなかステキです。
恐いです。
鬼気迫るというのはこのことだな。
そして、邪道姫・くどめがちょっと出てました。






(BGM:土屋公平「蜜の味」from「ROUTE S.S.」)
→ギタリストの声、ってのがあって、けっこう好きなんだけど、彼もそうよね。
なんだろ、惹かれる。
スポンサーサイト

33年前のオレたちと会う


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



スタークラブ。
日本でその名を知らないパンクスはおるまい。

思えば33年くらい前だと思う。
高校の時。
千葉に住んでた俺は、千葉のライブハウスでスタークラブを見て以来、俺はHIKAGEさんを見ていない。
「HOT&COOL」という、もうこれは歴史的名盤だと俺は思ってるんだけど、ライブ盤としてもクオリティが高いこのLPが出た頃だったと思う。
俺はこの頃のスタークラブの曲はほとんどをソラで歌えたし、とにかく大好きだった。

その後、ビートパンクとかが出てきて、その流れはすごくキライだったけど、そのずっと前から何もかわらないパンクロックを体現し続けるスタークラブはとにかく俺の中でいつでもスターだった。
だから、DOLLの広告やシティロード、いや、今はHPだけれど、ライブの予定はずっと確認してきた。
でも、なかなか日程が合わなかった。

俺も大人になって、そこそこ忙しくもやらせてもらえている。
ありがたいことである。
高校の時と違って、日程が合わないのもしょうがない。

と思っていたら、なんとスタークラブは40周年だそうで。
その記念の2DAYSのライブがあると。
で、なんとその一日目が俺的には予定が空いてるじゃないか!
行ける!
33年ぶりにスタークラブを見れる!

俺はもうさっそくチケットを買った。


いや、もう会場に入るとスタークラブの曲が流れている。
最近の曲らしく、知らない。
知らないけど、スタークラブの曲。
そして、大画面で細切れっぽい感じでライブの動画が流れている。
よくは見えないけど、その編集具合もスタークラブだ。
両端には大きな「SC」の旗。

もうテンションが上がらない方がどうかしてる。

周りを見れば、もう俺と同じ年くらいの人たちがうようよいる。
もちろん、若い人もたくさんいて、俺が聞いてない最近のスタークラブを好きになった人たちなんだろう。
いや、それもまたいいじゃないか。
パンクは世代を超える。

サラリーマン風だったり、正直、うだつが上がらない感じのメガネをかけた人もいた。
もちろんライダー風の人、ロッカー風の俺と同年代の人も。
みんな、仲間と来た感じで、その仲間と笑ってた。

もしかしたら、あの時、千葉のライブハウスで俺と一緒にスタークラブを見ていた人がいるかもしれないな、とか思いながら。


そして、HIKAGEさん登場。
いや、年とったよ。
当たり前だ。
でも、だからパンクなんじゃないか。

パンクは見てくれでもなければ、ファッションでもない。
あの頃、アウトサイダー論争を経て、我々はパンクとは主張である、ことを学んできたじゃないか。
だからさ、いいんだ。
オジサンになろうが、オバサンになろうが、こうやってスタークラブの40周年を祝えれば、いいんだ、それで。

一緒に、踊ればいいんだ。
それが、きっとオレたちのパンクの答えだ。


あの頃のライブハウスは、とにかくケンカだった。
ハードコアのライブだろうがなんだろうが、とにかくちょっと気に入らない、くらいのことでケンカが起こった。
それはきっとステージ上も同じで。

今回のステージ上で、アナーキーの仲野茂さんとHIKAGEさんがハグしていたけど、そんな場面があり得るはずもなかった。
けど、それは当然のなりゆきのように、戦友がたたえ合うように抱き合ってる姿は、スッと俺の胸に落ちた。


ケンカもした。
でも、こうやって、生き残ってきた。
俺も、あんたも。
イヤなこともあった、イヤなこともした。
子どものために、親のために必死に働いた。
そして、この日、スタークラブのライブで会った、大勢の「どこかで会ったかもしれない知らない俺たち」は、お互いの体をぶつけ合って、歌った。


いいじゃないか。
オレたち50代にとって、それもリアルな進行形のパンクだ。


日本は何でもできる好きなこと 自由気ままなステキな国さ おいしいものも食べられる
日本は治安がすみまで行き届き マジメなつらしていい子になって 誰にだって仕事はあるのさ
日本は資源に食物何もなく アリのようにがむしゃら働き 努力実った島国よ
愛国心は忘れずに マスコミ信じてバカになって 輝く未来は約束されるぜ
I LOVE YOU, JAPAN







(BGM:Faye Wong「アカシアの実 [広東語]」from「Chang You」)
→広東語って、なんかぜんぜんわかんないけど、まったくロックとかのメロディに合わない感じが逆に引っかかっちゃって好き、という。
サザンが勝手にシンドバットで「何歌ってんの?」って引っかけた感じの。

幸せのカギは自分


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、とある集まりに参加して、そこはよく知らないんです。
一回行ったきりで、参加してる常連の人も数人は前にいたときにいた。
特に親しく話したわけでもないので、顔は覚えてるくらいで、でも、そもそも一年ぶりなので向こうは覚えていまい、くらいの。

そもそも、こういう場合、ウチでもそうだけど、外から来た人は大切にしたい。
次も来てほしいから。
実際に、そういう感じだったし、フレンドリーに接してくれてとても嬉しかったんだけど。
そういう場合、あまりこの「内輪のごたごた」は見せたくない、と思うのが常かな、と思うんですけど。

いきなり、ケンカが始まったんです。
というか、女性同士で、言い合いですね。
いや、言い合いというより、一人の人がまくし立ててる。

それがどうにも、こう「目を合わさないで怒りをぶつけてくる」みたいな感じの。
ま、こういう場所でそれをやるのはそもそもおかしな話で、いや、そもそももっと冷静に話をすればいい内容をまくし立ててるようにも聞こえる。
まわりは「まあまあ」となだめているんだが、とにかくその人も「捨て台詞」がとまらないタイプで、延々と続く。
言われている相手も、どっか憤慨しているところがあるようで、あまり相手にしたくない様子。

ま、外の人が来ていてこれはないよな、とは思ったんだけど、まあどう見ても、この「まくし立ててる人」がちょっと「アレだな」という。
後になって、その言われてる人が謝りに来たけれど、まあそういう感じなのか、まくし立ててる人がそういうアレなんだな、と思ったんだけど。

このタイプの人、いわゆる怒りに火がつくと収まらない人、ってのはいて。
その後、このまくし立ててる人とも話す機会があったんだけど、とにかく会話の言葉の最後が笑いなのよ。
で、目も会わないし。

ま、俺もあまり人と目を合わせて離すのは苦手なんで、それがどうこうじゃなくてですね、言いたいのは、「こういうタイプの人いる」という。
いや、まったくこの笑いのタイミングも同じだ、みたいな。


ま、でも、当人にしてみれば「違うよ」って話ですわね。

俺なんかも、まあ外見とかもあるんだろうけど、けっこう話したことがない人、というか、あまり仲よくない人には「違う人」に分類されてることが多い気がするから、その「違うよ」はよくわかる。
でもま、違うよとは言わないし、まあ勝手に思ってくださいって思うから、どうでもいいか、とは思うけど。
そもそも、そんなに仲よくない人にどう思われようとそんなに人生に関係ないし。


ま、で、なんの話をしようと思ったかというと、例の芸能人のYOUTUBEの話でね。
もうお年なんでしょ。
離婚したいとか言いながら、なんかすごく怨みがこもっていて、言ってることとやってることがかなり食い違ってる感じで。

あまり気にしてなかったし、どうでもいいかと思ったんだけど、先日広島に行ったときに朝出かける前にいろいろあって俺に時間があって、なにげなくテレビをつけてベットにごろんとしてたら、もうやるやる。
ずっとこの話題。

おいおいお~い、と。

おそらくこの人は、人にわかってほしい、とおもってやってるから、まあこういう状況を作ってしまうのは自己実現にはつながってしまうだろう。
これが一般人だったらこうはいかない。
誰も聞いてくれない。
でも、彼女の場合は、言ってもいない居場所までテレビは探ろうとしてて笑う。
「どこまで彼女に優しいのだ」というか。


まあね、人というのは、とにかく「うまくいかないこと」があった時に、まず「いいわけ」をし、「自分の何かが足らない」とは考えずに、「敵を作る」ことで、その「うまくいかないこと」を乗り越えようとする傾向があるよな、という。

「人生うまくいかない」と思ったときに、「あいつのせいだ」「この状況のせいだ」とかっていってるウチは、まあ変わらんだろうな。
だって、あいつは自分の思うように変わってくれないし、自分を変えない限り状況も変わらない。

だから、逆に言えばブラック企業にいれば、大いに「この状況のせいだ」と胸を張れる、みたいな、逆張りが生まれちゃうんだよな。
結局、周りのせいにする人ってのは、多少、いい環境になっても、自分で落ちていっちゃうんだよね。
そんな人、たくさん見てきた。

つまり、自分をしっかり見れないんだ。
「ダメな自分」を認められない、というか。


俺なんか、もうダメでいいじゃん、って思うんで、見てて歯がゆいんだが、そういう人は、それ自体が理解できないから。

幸せになれないのは自分のせいだし、幸せになるのは自分のチカラ。
もちろん、それにはいろいろな状況の制約はあるが、それは自分の人生の真ん中にいる自分が前を向いていない限り、多くの人を巻き込めない。
から、変わらない、と言う結果になり、結局、悪循環。


人に当たるのもイイとは思います。
怒りが抑えられないのも、自己防衛だろうからいいんだけど。

でも、それ繰り返してても、そこからは出られない。
イイ事ないと思うよ。

周りが悪い!
わかったよ。
周りが悪い、そうだよね。
でも、一つだけ、ちょっとだけ、自分も変えよう。
(きっとそうすれば、周りも変わるから。)




(BGM:E-Zee Band「Love on My Wings」from「Swingin'」)
→和製AOR?なのか。
ちょっとついていけないところがあります。
いい曲だし、口ずさんじゃうんだけどね。

よく野球を知らないのに、勝手に推測してみた


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ま、俺は野球ってのはあまり好きじゃないというか、けっこうもう一般ウケしてるものに対しては、あまり好きじゃないタイプだから。
マイナーなものが好き、というか。

もうみんなに人気があると、「ケッ!」って気持ちになるという、そういうね。
そういう人いるじゃないですか。
そのタイプですね。

でもまあ、アキの影響で最近見に行くようになって、なかなかね、緊張感がすげえな、って思ってて。
きけば、カープの黒田選手なんかは、昨年引退しましたけど、すごい自己管理というかがすごかったっていうじゃないですか。
ちょっとのケガもできない、みたいな。
万全で臨む!みたいな。

まあ、そりゃそうなんだよね。
全国から「野球バカ」が集まって、まあ県内一二を争うような人たちが集まって各チームに分かれて対戦してる、と。
それだけではなく、外国からも呼んできちゃってる、と。
そうなると、もうレベルってのは同じような感じなのかもしれない。
あとは、気力というか。
精神力、ちょっとしたなんか気のゆるみとかで勝敗が決する、みたいなね。

やっぱ、毎日トレーニングしてるからこそ、「俺は負けるはずがない」と思えるわけでしょ。
一日さぼったりするだけで、「俺は負けるかもしれん…」ってなっちゃうというか。
おそらく、一日やらなかったところで、フィジカルには負ける要因にはならないんだろうけど、メンタルが追い付かない、という感じなんだろうな、と。
そうなると、相手に飲まれちゃう感じになって、思った投球ができない、とかね。

恐ろしいですよね。

スポーツの世界ってのは、プロになれば頂点での闘いで、結局はそういう精神力の闘いだし、身体も万全にしなければ、みたいになるんだろう。
食べ物だって、おそらく気を使ってるんだと思いますよ。

ちょっと我々みたいに「昨日は飲みすぎちゃったから、まあ今日はゆるく仕事するか」みたいなことは許されないというか、それをやってしまったら、動けなくなっちゃう、とか思っちゃうんじゃないかなあ…。

幼馴染で、最近はあってないんだけどピアノをやってる人がいて、その人が言うには、とにかく一日外に出て飲んだとしても、とにかく一日に一時間はピアノの前に座らないと安心できないんだって。
その「一日やらない」ことが、「恐ろしくてしょうがない」そうで。
「弾けなくなっちゃうんじゃないか」って思っちゃうらしい。

ま、だからスポーツのみならず、そうした「人前に出て活躍する人たち」ってのは、そもそもそういう「自分を律する」ってことができるかどうかなんだろうな、と思うわけですが。


俺も子どものころは野球をやってました。
やってました、というか、近所の子たちとやったり、クラスでチームを作って隣のクラスと対戦したり。

ままごとですよ。
遊びですけど、やってました。
もう全部フォアボール、みたいな。

なんで、そのうちキックベースに変わったりして。

でもまあ、だから、野球もルールはそこそこわかりますよ、みたいな感じですけどね。


これが小さいころから野球のチーム、リトルリーグとかいうのに入っていたりしたら違うのかもしれないけど、まあ最初はきっと「野球が楽しい!」から始まってるんだと思うんですけど。
それがきっと、「野球を愛している」みたいになって、「俺の野球を完璧に目指す!」みたいな感じになっていくんだろうな。

だから、いろいろな自制も受け入れられるんじゃないか、と思ったりするわけですが。
「そんな自制してまで野球やらんでも…」というのは、やっぱ素人の意見で、自制することがきっと彼らの野球への愛情を満たす一つの条件なんだと推測したりしますが、素人の自分にはよくわかりません。


で、先日、オールスター戦を工藤さんの家でテレビで見てて。
イチマルが見たい、って言い始めて、まあやっぱね、誰か野球がわかる人と一緒に見たほうが楽しいんですよ、やっぱ。

一人でテレビ、ってのもオツなんだろうけど、一緒にああでもないこうでもない言うのが楽しいというか。
人に寄るんでしょうが、俺はそうですね。

で、見てたんだけど、とにかくなんかあの普通の試合の「ピリピリ感」がないのね。
やっぱ「お祭り」なんだな、って思って。
なんか楽しそうで。

子どものころに野球をやってただ楽しかった、みたいな感じなのかな、とか素人の俺が推測した、って話なんですけど。


昔はさ、俺が小学生の頃は、もうフライが上がっちゃって外野が構えたとしたら、もう走らなかったりしたじゃないさ。
でも、今はけっこう全力で走るでしょ。
で、ピッチャーとかもけっこうちゃんちゃん交代するし、代打専門じゃないけど、そういう感じの人もいたり、なんか、すげえ緊張感なわけ。
これはね、なんか野球人気が復活した一因だと思ったり。

ただまあ、なんかデータ主義に陥ってるというか、その辺はまたこう「人間味がない」みたいな、「巨人の星感がない」みたいな、そんな感じにもなるんで、そこ、行き過ぎると面白くないんだけど。


ま、んなわけで。

このオールスター戦、ミツも一緒に見てたんだけど、ミツは野球を知らない。
でも、まあその日の昼にメールがあって、「佐藤さん今晩は飲もう!」みたいな。
「飲もう!」ったってなあ…、じゃあ、一緒に来るか?と言ったら、「佐藤さんたちと遊びたかったわけだから、なんでもいいんだよ!」と言ってついて来た。

イチマルのテキトウな解説に一緒に笑いながらビールを飲んだりして。
ま、野球がわからなくても、それはそれでそこそこ面白かったみたいです。

やっぱね、友人、友だち、ってのは、自分の趣味とか、自分の興味とかを広げてくれる可能性があるよな、とあらためて思った次第。
一人で見に行くのも楽しかろうけど、「そんなに興味はないけど」って付き合ったモノがけっこう面白かったりする場合もあるからさ。





(BGM:Ennio Morricone「La Pioggia Va in S」from「40th Commemoration: Ultimate Italian Pops Collection 1」)
→イタリアンポップスか。
ミュージカルの一幕を見てるようだな。

誰が儲けているか?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



ま、広島ですが、試合観戦がメインではあるけど、アキはそもそもヒロシマが好きなんだな。
で、まあいろいろ行ってきた。

原爆ドームや資料館はまあ、必須だから、というか、広島に行ったら行くだろ、と言う感じだわな。
今年も行ってきたんだけど。


そもそも、駅に降りたときから平和の文字は躍っていた。
ピース、という文字も躍っていた。

イマドキ、下手したら「平和」と名がついた講演を公民館が許可しないとかね。
つまり「中立でない」みたいなことらしい。

おいおいおい。
戦争と平和の間が中立なの?と。
人類の未来に戦争を選択しにしてイイの?と。

わけわかんないですよ。

先日、ハクソーリッジという映画を見てきたんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4115.html)、ま、見てない人は見てほしいけど、戦争って殺しあいっすよ?
殺していい?
殺されていい?ですか?
…という話でしょ。

そもそも、子どもに「人をいじめちゃいけません」とか言っておきながら、「100人殺したら英雄」ってどういうことなんだ?って話ですよ。


資料館には、たくさんのボランティアの人がいて、なんか、展示を説明してくれる的なことらしいんだけど。
でもさ、よくよく考えたらデスね、そもそもそんな人がたくさんいるってのはさ、ボランティアなんだから、それって「知ってほしい!」って情熱でやってくれてるワケなんだよね。
そのくらいね、今もう、「もう一度しっかり広島のことを振り返ってほしい!」って思ってる人が多い、ってことなんだよね。

じゃなきゃさ、別に当たり前じゃん。
核なんてダメに決まってるじゃん。
単純な話じゃん。

なのに、世の中、そういう方向に行ってないから、みんな危機感を持ってる、ってことなわけだよね。
あれだけタイヘンな被害があって、それなのに、まだ「核保有」なんてのはね、もう人じゃないじゃん。
だからこそ、「ヒロシマを知ってくれ!」なわけでさ。

なんか、もう切ないというか、バカじゃねえか、っていうか…。
死んでいった人たちはさ、この状況をどう思ってるんだろう、と思うとさ…。

無駄死にじゃん。
これで、「核廃絶に向かっています」ならわかるよ。
でも、そうじゃないんだもん。


ま、それもこれも、金なんでしょ?
武器を作るというのは、とにかく金になるといいますよ。

けどさ、人を殺す道具だろ?
それで儲けてどうするよ?って思うけどなあ…。

バランスが…。
相手に攻められたらどうする?みたいなコトを言う人がいるけど、いやいやいや、武器商人ってのはね、どっちが持っててもいいのよ。


冷戦後、米ソは核を削減していくんだけど、まあもちろん、核を削減するのも武器商人のみなさんにとっての商売ではあるんですが、それと同時に、インドとかが核を持つようになっていくのね。
核の拡散。

でもよく考えてみたらさ、それって、武器商人サイドとしては、「全体の数は減らしたくない」って話じゃない?と。


資料館の展示でもね、政治的な側面はたくさん書かれていて。
なんとか条約とか、批准したのどうしたの、とか。

でも、経済的な面、ってのは書かれてないのね。
例えば三菱とか、東芝とか、そういう企業の名前は出てこないし。

「どこが核を作っているか」「販売しているか」というのは重要で、それを辿っていくことで理解できることも多いかと思うんだけど、それはないことになってるの。


社会に於ける物事は、政治的な側面、経済的な側面、つまり体制、階級の両面から迫っていかないと理解できないと思うけど、片面が抜け落ちてるんだ。
平和運動って、まあ当たり前の運動だけど、ってか、運動しなきゃいけない時点でおかしいんだけど、まあそれらも、なんかこの階級的な面ってのはあまりね、聞かれないというか。

ま、つまり、そのくらいヤツらの「支配」ってのは奥深く我々の世界に、というか、思想にも食い込んでるんだと思う。


単純に「戦争反対」だけじゃなくて、「誰が儲けているか?」ってのを、やっぱ考えなきゃいけないと思う。






(BGM:KODOMO BAND「PLEASE DON'T STOP CRYING」from「ROCK」)
→子どもバンドのアルバムのラストは必ずバラードになってたと思うけど間違いか。
これもラストの曲で。
当時、テレビ?だったと思うんだけど、こどもバンドのライブやってて、それがサティスファクションだったと思うんだけど、もうずっと繰り返して煽ってて、中学生くらいだった俺には衝撃だった(すべてうろ覚え)。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE