プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

立場が違えば


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら



先日、とあるテレビの番組に参加したウチの連中に話しを聞いたら、その中で「障害者が優遇されてるといわれる場面があるがどう思うか?」みたいな質問があったらしく。

いわゆるネズミー王国問題ですか。

昔、ネズミー王国は車イスの人が並ぼうとすると、先に行かせてくれたりしてたんだよね。
でも、それは不公平、っていうんで、まあ今は時間的には同じようになってるみたいで。
つまり、この質問の意図は「障害者を先に行かせるのは不公平」という意見があった、ということなんだけど、ま、その周辺の話しを聞いてるんだろうことはわかる。


これね、馬鹿馬鹿しいと思いませんか?
っていうか、これをテレビが取り上げると、この問題、顕在化しますよね。
それ、どうなんだろう、って常々思うんだけど。

ってか、まあ論議になった方がイイ、っていう考え方もなくはないんだけれど、オレとしては「論議すべきはそこなんだろうか?」としか思えず、論議の意味があるとも思えないという。


オレとしては、別にイイと思うんですよ、ネズミーランドのアトラクションに車イスの人が先に乗る、…う~ん、別にイイじゃん…。

っていうか、そもそも障害者ってのは、普段の社会の中で虐げられてるわけでしょ。
とか言うと、なんかもう「障害者を馬鹿にするな」とか言ってくる人がいるかもしれんが、いやいやいや、よく考えてみましょうよ、と。

今、高校生でバイトしてる子なんてたくさんいますわね。
じゃ、車イスの高校生集めて聞いてみてよ、どのくらいバイトしてるか。
同じ比率だとでも思う?

つまりさ、高校でバイトとか言って、ちょっと年上の異性に出会ってキュンとしたり、手が触れあってドキドキしたり、そういう経験が、その比率の分、車イスの人には少ないんだよ。

ま、もっと簡単に、出かけるだけでもタイヘンだ。
そりゃ、昔に比べたらエレベーターもできた。
けど、駅の端っこにあったりして、時間はかかるし、「走って電車に飛び乗る」なんてことはないのよ。
ってか、まあ走って飛び乗ってイイかどうかの問題は別ね。

つまりね、この「機会」の「格差」ってのは、もうすげえでかいわけ。
これは、現実なんだわ。


なのにね、なんか、こういう時ばかり「不公平だ!」とか言い出す「健体者」ってなんなのよ?って思うワケ。
いや、障害者自身が「不公平だから、私はみなさんと一緒に並びます」って言うんだったら、それはそれでいいの、ってか、そりゃそうしろよ、って話じゃん。

ってかね、たぶん、ネズミーランドだって、車イスに並ばれたら、通路の幅とるとか、いろいろそういう事情があったんだよ、たぶん。
で、サービスみたいにして先入れちゃえばいいじゃん、みたいな。
推測だけど。

それをね、健体者が「不公平だ!」っていうんだったらさ、普段のその駅問題とかさ、バイト問題とかさ、そういうの、不公平じゃない?あんたら、すげえバイトしてるじゃん、みたいな話って、どこでいつ聞いてくれるわけ?
ってか「聞いてくれたわけ?」。
それ、聞きもしないで、なんでネズミーランドのことばかり「不公平だ」って騒ぐわけ?って思う。


つまりね、立場の違いってのがあって。
正しいか間違ってるか、じゃなくて、「あんたが言ったら間違い」ってことってあるでしょう?

たとえば、いろいろあって、情状酌量の余地があったとして、殺人を犯した犯人の親が「うちの子が悪かったんじゃなくて社会が悪かったんだ」とか言ったってダメでしょう。
それを被害者側の方が言うならわかるけど、立場ってもんがあるだろ?ってなるでしょう。
そんなコト言ってたら、話進まないし、その「社会が悪かった」の論議にすらならない。


とまあ、そういうことなんだけど、だから、この問題を健体者社会側から車イスの人が投げかけられたとすると、答えとしては、「まあ、時と場合によるけど、ありがたい時はあります」って答えるしかない、ってのは想像に易い。
というか、それ以外の答えとしたら、「私は断固拒否します」しかないわね。

ってか、テレビってそういう装置だからね。
まあ、そう答えるしかないくらい、わからないんだろうか。
それほど、テレビの人ってのは、「自分の立場」をわきまえてないんだろうか?って疑問がわくわね。


ってか、まあこういうのを放送されると、「そうだよな、不公平だよな」とかってなっちゃう世の中になってきてるからね。
ってのも、もうみんな底辺っていうか、格差社会がここまで広がると、もうたかがネズミーランドの順番くらいで騒いじゃうんだよな。

問題はネズミーランドの順番じゃなくて、ここまで開いた格差なのに、そこには文句を言わない国民をせっせと量産してるんだから、テレビってのは。

その連中がこの問題について「どうですか」って、車イスの人によく聞けるな、って思うが、オレは。


ま、実際、これを書いてる時点(7/31)ではこの番組はまだ放送されてないから、放送を見ないとなんとも言えないけど、まあそんなことで。




(BGM:CarpLovers+「2文字応援歌(シミ)」from「カープソース~ジャズピ味~」)
→広島に行った際に立ち寄ったかき氷屋さんでかかっていたCD。
ジャズでカープ応援歌やっちゃおう、という。
しかも、かなりがちなんで、けっこう面白いし、かっこいいし、ある意味もう笑っちゃう。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP