プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

なにがパーフェクト、なんだろうか…この先が気になる…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ま、本を読みたい。
本を読むというのは、ネットでなんか検索して読むとか、スマホでなんか読むとか、そういうことを超えるなにかの「文化的匂い」がするから好きだ。

古くさい。
紙のムダ。
内容は同じじゃないか、というのは至極ごもっともで、そのことを否定するつもりもないし、スマホの本とか、そういうのを否定するわけじゃない。
イイと思う。
ソレが好きな人はソレでイイと思う。

でも、俺は紙の本が好きだ。

とはいえ、なかなか読む時間がない、という現実。
読みたい本が部屋に積み重なっている、という現実があります。
でも、時折読む。

そうすると、なにか、豊かな気持ちになるから不思議である。

思えば、昔から好きだった。
小学生の高学年の頃から、文庫版の星新一ショートショートとか読んでた。
とにかく短編が好きで、結末を想像させるお話とか、摩訶不思議な噺とか、その先の話を作りたくなるような話とかが好きだった。

同時に、マンガもすごく好きだった。
中学の時に本屋で見かけたガロにはまった。
いわゆる商業誌も読んでいたけど。
永井豪さんのおもらいくんとか好きだったし、聖マッスルとかね。
小学校の頃からがきデカはバイブルだったけど。
あと、今、単行本が絶版らしい、チャンピオン連載だったカリュウドとかね。

最近はもっぱらマンガは読まず、実話系怪談だわね。
元オカルト系を仕事にしていたアオテツ(@aotetsu)に、「これはいい」とか、薦めたりして。
「追跡調査すべきだ」みたいな。

ま、そのやりとりで改めて思ったことは、実話系怪談。
つまり、実話である、ということが重要なんですけど、「誰かから聞いた話」というのを作家さんが書いているわけですね。
でも、意地悪く言えば、作家さんが作ってしまえばいい、という話でもあるわけです。
だって、それが実話かどうか、誰から聞いたか、そこには書かれないわけですから。
っていうか、書いたところで、別にこっちは追跡できるわけじゃない。

でも、俺は実話系怪談が好きで。
それはなぜかというと、「こんな話作れない」という話がけっこうあるからなんですね。

つまり、「これ、作りやってるな?」という本はわかるんです。
「作り得る話」というのと、「作れない話」というのがやっぱりあるんですよ。

あまりの突飛な展開。
AからB、まではわかっても、そっからなぜCに展開せずにXに行くの?または、「あ」になっちゃうみたいな話。
ローマ字から平仮名に変換されちゃうような展開、というか。

こうなると、もう常人が考えたとは思えない。
ま、作家が常人であるかどうかはまた別の話ですが、どう考えても「実際にあったんだろうな」としか思えない。

事実は小説よりも奇なり、とはよく言ったモンで。

ぜひね、みなさんも「作りか作りじゃないか」みたいなことを分けながら読んでみるのも面白いかと思います。


ま、そんなわけで、そういう話とは全く別に、先日、ウチのドラマーのきっちんがマンガを貸してくれて。
ま、連載中なのかな、途中までなんですけど。
「パーフェクトワールド」という有賀リエさん、という方が書いたマンガ。

少女マンガなのかしら。
少女漫画的絵がら。

簡単に言うと、車いす、中途障害の男の人とその高校の時、車椅子になる前の彼と同級生だった女の子の恋愛ドラマですね。
その二人が、再び仕事で再開して、みたいなことで、恋が始まる。

いや、泣いたわ。
何度か書いた、この話↓。
ま、亡くなった前会長の話なんだけどさ。

重なる重なる。
そして、もうなんか泣けて泣けて仕方がない。

これ、もし、機会があったら、読んでみてくださいぜひ。





(BGM:金髪のジョージ「ボーイッシュ・ベイビー」fromYOUTUBE)
→このAメロの寸足らず感、なんだろう、と思ったら、4拍子3小節が一つの塊だからだな。
普通は偶数にするからね。
ま、なんという冒険だろうジョージ、金髪の。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP