プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

お客さんにしない (番外編)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


実は前回の原稿はもう数ヶ月前に書いてあったモノでした。
そして、そこに書かれたことは、それよりも数ヶ月前、なので、もう全体としては半年くらい前の出来事ということになります。

井上たちが専従に対して「いいたいこと」、というのを、紙に書いて持ってきた。
それを、みんなで話をして、というのをやったわけですけど。

その後、半年くらいたったある日、ミツと井上がウチに飯を食いに来たときに、急にこのときの話を始めました。

「今年、一番の出来事は、あの紙に書いたことだった」と井上は急に始めた。
オレと一緒にいたアキも、一瞬なんのことだかわからなかった。
なにせ、このことは半年も前のことだ。

で、いろいろ聞いてみると、このときの紙に書いてオレに持ってきた、という話だということが判明。
聞けば、この事がとにかく今年一番の出来事。
一番よかったことだ、と。

なぜなら、その後、外口さんはとても話しやすくなったし、ミツにいわせれば、「外口さんが怒ってたのは、オレたちのことを考えてくれてたからだ、ってことが今はとてもよくわかる」とも言っていた。

そういえば、「外口さんとは出かけたくない」と書いていた井上は、外口さんにお願いして、一緒に競馬に行く計画を立ててもいるらしい。


この間、前回書いたように、外口さんは彼らから出た紙に書かれた意見に対し、一つ一つ説明をしなかった。
けれども、何かは彼らに伝わったということだ。
半年かかって。

あの紙がターニングポイントだった、ということなのだろう。
井上たちにとっても、おそらく外口さんにとっても、一つのいい出来事であったことは間違いないのだろう。


ミツと井上は家が同じアパートの隣同士なのだが、聞けば、休みが同じだった日などは、ベランダで鉢合わせするときもあり、その時とかに、紙に書いたようなことを2人で話していたんだよね、と。
それがまあ、オーバーに現れた、というのはとてもよかったんだろうな。

言いたいことがあっても、「どうしたらいいかわからない」というのは、出口がなくて苦しい。
よくまあ、愚痴の言い合い、みたいなことが世の中にはあるけれど、似たような感じというか、変わりようがないことというのは、けっこう苦しいものだ。

「障害を持った子は毎日が変わることを嫌がるんですよ」などとわかったようなことを言う人がいるが、「変われる可能性があるけど、とりあえず変わらない」と、「変わらないことを強制される」のは違う。
施設のメニューが毎日同じ事の繰り返し、明日もあさっても、という場合、もうそれは「変える方法がわからない」人たち、にとっては、それは強制と同じである。

だから、その施設のメニューを変えよう、というのも一つの考え方なんだけど、オレはそうじゃなくて、「まわりを変えさせる方法を身につけさせたらどうか」というね、そういう意味で、このことはよかったな、と思うわけです。

まあ、ウチはいわゆる「施設」ではないし、毎日のことが決まってるわけでも、毎年のことも決まってない。
行事、があるようで、ない団体でもある。
けど、まあ「変えたいことがあって、それを変える方法の一つが、紙に書いて誰かに渡す」、ということが分かったというのは、中身のみならず、彼らにとって今回の一つの成果だったように思う。


ま、この「紙に書く」というの、なかなかよかったな、と思って。
けっこうこの時点では苦し紛れだった感じもあったけど。

彼らはやっぱり、「違和感があるな」と思ったときに、すぐに反論できないんだよね。
いや、「違和感があるな」ということすら怪しい。
つまり、「意識が表面化していない」というか。


この呑んでいるとき、井上は同時に「2人は(オレとアキは)いつも、すらすら話が出るけど、オレなんかは「何話したらいいか」って考えちゃう」と。

「いや、別に、この魚がうまいと思ったら、うまいね、って話してるだけだよ」などと会話を続けていて思ったのは、つまり、彼らは「この魚がうまい」とは思ってないのかもしれない、ということだ。
いや、うまいとは思っているが、それを「言語化して」うまい、と認識しているわけではないというか。
そういう感じをちょっと思ったんだな。

そう考えると、彼らに必要なことは、「今の心の中を言語化する」ってことなんだよね。
その一つが、まあこの紙だったかな、と。

そんなことを思いました半年後に。




(BGM:東ひかり「ネオンばなし」fromYOUTUBE)
→ジャケはけっこう若い洋装の女性のすてきなポーズなんだけど、曲はド演歌。
「酒のさかなに聞かせてあげる 惚れて尽くした艶話 私が女になったのも~」
…いらんいらん。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP