プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

イケメンにやられた!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


鬼神道リターンズ。
ついに完結。
というのも、雁之助さんが引退。

FMWという団体、大仁田さんが辞してからのエンタメ路線FMWが俺は大好きで。
もう毎月後楽園に行っていたし、スカパーのPPVでも録画して改めて見たりするほど好きだった。

今考えると、あの時、絶対エースがハヤブサ選手。
絶対ヒールが雁之助選手、金村選手だったんだな、と。
田中選手や黒田選手、いい選手はいたけれど、エースとはちょっと違う。
エースはあくまでハヤブサ。
いつも痛めつけられて、それでも不死鳥のように甦っていくエース。
痛めつける側が、雁之助選手やボスの冬木選手だった。
ストーリーだけじゃない、見た目も含め、エース、ヒールが適材適所な団体だったな、と。

雁之助選手とハヤブサ選手が同郷の出身、同期、と言うことを考えると、これはなんかすごく深い物語で。
雁之助選手はどう見てもヒール。
エースという見た目ではマッタクない。
ハヤブサはエースでベビー。
どう見ても、そうしか見えない。

きっと、練習は一緒にやっていたんだろうに、でも、そういう自分の「キャラ」もストーリーに練り込んでいく。
プロレスとは、リアルとフェイクの配合でできる物語と考えると、もうなんか、今考えるに泣けてくる。

というのも、ハヤブサ選手は試合中のケガが原因で半身不随に。
数年前に亡くなった。
その事故の試合も現場で見ていたけど、場内は騒然。
浅い試合だったんだけど、その後、大会は続いたんだよね。
なんかね、それでも雁之助選手はヒールとしての試合を続けていたんだと思うと、なんかグッとくるモノがある。

雁之助選手、大好きな選手の一人です。


で、まあそんな鬼神道。
もう試合としては、いい試合が目白押しで。
一つも手を抜いた試合がない。
これもそれも、雁之助さんプロデュースだからこそ、出場する選手が、プロレスアタマを発揮させて試合をやった結果なんだよな、と思うと、なんかそれもグッとくる。

試合開始からの5分間。
互いに全く互いの身体に触れない試合、というのもあって。
いや、これね、書いちゃうとわからないかもしれないけど、ものすごい緊張感だったんですよ。

と思えば、入場してきたかと思ったら、そのマスクマンが実は偽物で、ホンモノは相手の入場中の後ろから殴りかかる、みたいな試合があったり。
市丸はもう何が何だかわからなくなっていたりして。
客までだますとは、してやったりですよ。

プロレスってすげえな、って話なんだけど。


この試合で、黒潮“イケメン”二郎選手というのが出てまして。
もうこれがすげえのよ。
前にも一度見て、また見たかったんだけど、見れてよかった(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3690.html)。

ってのも、もうイケメンなんだもん。

ってね、いや、実際にそんなにイケメンじゃない気もする。
けど、イケメンに見えてくる。
それはなにも、福山さんの曲が入場テーマだからじゃないと思われます。

そう考えたときに、イケメンとは何か?ってことですよね。

これね、もう思い込んだらイケメンなのかもしれない。
本人ね、もうイケメンだと思い込んでる。
だから、イケメンに見える。

顔が多少どうであっても、君もイケメンになれる!というね。
そんな気がしてきます。

例えば、藤井隆さんも、そうですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4126.html)。
おじさんですよ、よく見たら。
ヒゲ濃そうだし。
でもなんか、すごくチャーミングに見えるよね、あの人は。

きっと「自分はチャーミング」って思い込んでるからじゃないか、と。

みんな、イケメンになろう!
いや、とりあえず俺はまたイケメン選手の試合が見たい!!。
女子ではないが、あのイケメンにやられている。







(BGM:原田知世「PARADE」from「フラワーズ」)
→この人は唄もいいのよね。
声の透明感が、このドラムのヌケっていうか、高く抜けるバンドサウンドにあってる。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP