FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

王道 ★ 映画 「ちはやふる 結び」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


「ちはやふる 結び」を見てきたわけですが。
前回の「上の句」「下の句」はビデオで見ました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4245.html)。

ま、「ちんこふる 下の句」ってAVがそろそろ出てるのではないかと思う昨今、広瀬すずちゃんをそんな感じで使ってくれるな、って感じですけども。

ま、どうですかね広瀬すずちゃん。
かわいいですね。
はまり役だと思います。
普段の「ぬけた女の子」と、競技かるたの時の目をひんむいた感じ、なんか、まあどっちもかわいいです。

ただまあ、制服を着てる感じは、ちょっとAVっぽいかな。
やっぱ、ちょっと大人っぽい。
しかしそこがいいんじゃないか!、というAV風の見立てもあるわけですけど。


いや、この手の「少女マンガ」。
いまだにあるんですね。

いろんなコトにまぬけな女子高生が、一直線にかるたに打ち込む。
かるた以外は見えない。
もちろんかるたばっかりやってるから成績は悪い。
そして、かわいい。
まわりの男子にはモテるんだけど、男には今のとこ興味がない、みたいな。

まあ、理想ですよね。
まず、打ち込むモノがある、という。
そして、勉強とか「いわゆるなもの」にぶれないで、それに一直線になれる、という。
次に、かわいい、という。
加えて、まぬけ。
ちょっとした天然。
つまりなにも余計なことを考えなくてイイ感じ。
最後に、モテる。

このライン。
思春期の女の子の理想を一手に引き受けてる感じがします。

ただまあ、この手の子は、現実には女子からは嫌われる、みたいなこともあって。
いや、それは上記の理想、をどっか「作り事でやってる」場合なのかな。
実際は、受験勉強もしないでかるたなんかやれないわけで。
つまりいわゆる「ブリッ子じゃん」みたいな流れで、嫌われてるような気もする。

でもここに出てくる広瀬すずちゃんのように、それが全てマジであった場合は、やっぱそれは理想なのかもしれないね。
嫌われたとしても、それはまあやっかみか、というか。

だからまあ、そんなことで、この手の「少女マンガ」は絶滅しないのかもしれん。
マンガの中なら「勉強とかしない」とかいう理想が存在してもおかしくないから。


ただね、これを見て思ったのは、このラインの女の子、なんとなく「男子の理想なんじゃないか?」という気もしてきまして。
いつだって一直線のまなざし。
自分にも一直線。
時に「バカバカバカ!」なんて抱きついてきたりもする。
しかもかわいい。
そりゃ、キュンとする。

こんな子が彼女だったら、そばにいてくれたら、と思うと、きゅんきゅんでしょう。
一緒にかるたさえやってれば、彼女は自分を裏切ったりはしない。
好きになってくれたら、おそらく一途。
脇目もふらないだろうという確信さえ持てる。
こりゃもう、男子ヒューヒューです。

つまり、まあ思春期女子の目指すところは男子の理想、ってことなのかな、と思ったり思わなかったり。

ま、この時期、モテるかモテないか、だからな、人生。
…あ、俺だけ?


てなことで、映画ですけど。

「上の句下の句」は、正直泣いちゃったんですね。
競技かるた、ってものを知らんから。
団体戦、なんてのがあることも知らなかった。
ま、高校の部活の話ですから、仲間との友情、みたいなのがメインテーマになってきていて、最終的にそこにやられたわけですが。

今回の結び、は、結局これまでのストーリーを回収する、みたいなことで、高校卒業までを描いてるんだけど、恋がテーマになってて。
上記のような主人公なので、軽~い感じの三角関係なんですけど。
で、最終的には「私にはかるたしかない。男には今興味がない」みたいなことにはなるんだけど。

そんなわけで、まあ団体戦に於ける友情みたいなモノも描かれはしますけど、前作よりは浅い。
しかも恋が成就するしない、なんてのが結末にならないだけに、結局現状維持というか。

つまり、ストーリーが進んでいるようで進んでない感じで終わる。
感動もない。

ま、つまり、広瀬すずちゃんのかわいさだけを見るべき映画なんだろうな、ということであります。
で、まあどうでもいいんですけど、俺は敵役の松岡菜優さんがかわいかったなあ、と思いました。





(BGM:Anathema「Your Ulster」VA Anarchopunk Vol 4 - Anti-Capitalism fromYOUTUBE)
→けっこうドラマチックな展開を見せる曲なんだけど。
冒頭のギターのポロロンで、チューニングがあってないことが露見するわけですが、そういうことはまああまりどうでもいいわけです。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP