FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

おいおいおい、と ★ 映画 「ジュラシックワールド・炎の王国」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


つうわけで、「ジェラシックワールド」を見にいってきたわけですが、まあ、見にいく予定ではなかったんですけど、いろいろ時間を潰す必要性に迫られ、ちょうど時間がよかったのがこちらの作品だった、という。

ま、でもハリウッド超大作ですから。
金かけたぶん、ものすごいいい映画である可能性も高ければ、方やなに大の大人がこんなくだらんもんに金かけおって、みたいなこともあるわけですが。
でもまあ、後者も、それはそれで愉快じゃないか、ということもあります。

ダメ映画好きな俺としては、まあどっちに転んでもOKかな、という。
それに、前作もみてまして(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3344.html)。
まあ、遺伝子を掛け合わせて恐竜を作る、という時点でもう恐竜が暴走するわな、ということは確定既定路線。
前作はその通り暴走してジュラシックパークは壊滅。
でも、その時の感想として、「こいつら懲りてねえ。またやるわこいつら」と思っていただけに、まあ、その「またやるわ」を見にいってみようじゃないか、というね。

ま、時間潰すにはちょうどいい期待度、という感じですか。


ま、で、どうだったか?ですけどね。

やっぱ人間ってダメ!という結論ですね。
な~んも反省しない。

ま、戦争は終わりませんし、あの事故を経ても、まだ日本では原発が再稼働しちゃうという世の中ですから。
そんなことはもう映画の中だけじゃないというか、映画に言われなくてもわかってるというか。

で、本作では、また恐竜の最強を作ろう、なんてヤツが現れ、しかもコイツ、それを売って商売しようというロクデナシ!
カラオケで越路吹雪さん歌ってこい!


内容ですが、金持ちがもう死にそうで、その人から全権を譲り受けた若い実業家みたいなのが、その金持ちの金にモノ言わせて、その金持ちの家の地下に勝手に恐竜飼育場みたいの作っちゃう。
で、壊滅したジュラシックパークから(その島では恐竜は生きてるわけだ)、恐竜を連れてきて競りにかける、という荒唐無稽な物語。
新作の恐竜も作っちゃう!!

おいおいおい、と。

まず、いくら死にそうだって言ったって、自分ちの地下で恐竜がギャアアギャアいってたら気づくでしょうが!
しかも競りやったり研究者とか、すげえ人数が屋敷に入ってるでしょうが!

それと、今回はこの競りの最中に恐竜が暴走しまして、屋敷の中を恐竜が行ったり来たりする!。
壁にぶつかったり、ドアで阻まれたりしながら恐竜が大暴れ!

おいおいおい、と。

ドアくらい破るだろ、恐竜なんだから。
ってか、廊下の底抜けるだろ…。

って、まあそんなわけで、前作、二十年くらい前の元作品に比べ、スケールダウンがものすごい。
って、同時にCGはすごいんですけどね。
ホントに生きてるみたいに恐竜が暴れ回る!

おいおいおい、と。

むしろなんか、すげえチャチに見えるがな…。
そこだけ際立っちゃうと、ドアを蹴破れない恐竜がなんか哀れだよ…。


てなことで、まあでもこの映画がカルト的な人気を得そうだな、というのは、この恐竜たち、屋敷から最終的には逃げちゃうんですね。
逃げちゃうというか、この金持ちの孫娘(という設定のクローンらしいけど、それはそれで荒唐無稽)が、非常脱出ボタン押しちゃうの。
で、み~んな外に出ちゃう。

おいおいおい、と。

いいのか!?
ま、イイも悪いも押しちゃったから。
で、もう街中恐竜だらけに!!

つまりですね、これ、「歴史の繰り返し」を言いたいわけです。
こうやって恐竜の全盛期があったのだ、みたいな。
これから人類は恐竜に滅ぼされ、恐竜天下の地球になって、そしてまた進化していって人間が生まれ、みたいな。

未来と同時に、過去に壮大な物語を想像させるラストが、これなかなかにカルト的人気を高めそうだし、ジュラシックワールド、まさにワールドな展開の次作の製作がとりあえず決まったな、というか。







(BGM:紫艶「しましょのヨーコ」fromYOUTUBE)
→ま、いわゆるやさぐれ歌謡の行き過ぎ版。
「教えてあげる一から十まで」
「待ちきれない女!」
「しましょ!楽しいこと!しましょ!」
…う~む。
「してみなくちゃわからないわ ホントのこと」
…う~む。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP