FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

いやあ、プロレスの基本!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


今の日本のプロレスは、やっとこう復興してきた、と言われています。
低迷期がありましたからね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4480.html)。

低迷から救ったのは新日だと思います。
プロレスを知らない人でも猪木さんは知ってると思いますが、猪木さんの団体ですね。
彼は今は退いていますが。

新日は日本のプロレス界のトップ団体と言っていいわけですが、もう一つ、実は一般にはあまり知られてないかもしれないけど、ドラゴンゲートという団体がすごい人気であります。
新日をのぞけば一人勝ち、とも言われています。

といって、実はあまり見にいく機会はなく、すごく昔に文体だったか、そして埼玉にあったカツラスタジオに見にいった記憶があります。
まあ、プロレスってストーリーでもあるので、団体ごとに、「これを見にいく」みたいな感じになりがちで、あまりまんべんなく見る、ということがない、というのもあります。
で、その中から、ドラゴンゲートは抜けていました。

ドラゴンゲートから分派したエルドラドなんかは見にいったりしてたな、とか今思い出しましたけど、ドラゲーのあまりの躍進ぶりに、インディー好きな俺の食指が動かなかったというのもあるかな。


で、ちょっと縁あって、ドラゲーを見る機会に恵まれまして。
まあ、見にいってみたい、とは思ってましたから、ご縁ありがたくちょうだいしまして行って参りました。

結果からいうとですね、面白かった。
今度はお金払ってちゃんとまた行きたいと思いました。

会場はフルハウス、満員。
券の引替だけでも長い行列。
でもなんか、誘導はしっかりしてるというか、すいすい進む。

会場に入りましたら、他の団体と違うのは、プロレスTシャツとかを着てる人が少ない。
仕事帰りのOLさん、スーツの人、なんかが多い。
女子トイレは満員が過ぎて長蛇の列、みたいな。

そして選手はビルドアップされた筋肉の塊といっていいか、WWEを見てるような感じ。
おそらく、この体型を維持するための某もきっとしっかりしてるんだろう、と思わせてくれる。

入場も華やかで、しっかり時間をかけているし、俳優の小沢仁志さんが花束持ってきたりしてて、まあ華やかなことこの上ない。
選手のスーパースター感がすごいのね。
新日のそれに匹敵する感じの。


第一試合の冒頭、子どもを呼び込んで会場と一体になってコールする、みたいなのがあったり、客の口を開けさせる工夫もある。
なにより、各選手のマイクがうまい。
演技者としても一流だなあ、というのを感じさせてくれる。

これで試合内容がしょぼかったらどうしようもないけど、それがまあ、なんかハイスピードな展開でまったく飽きさせない。
もともとがルチャの選手を養成する「闘龍門」から始まった団体だから、そりゃ飛ぶ飛ぶ。体操選手のような身のこなしで、タッグでも次々に選手がリングインしては、展開をめまぐるしく変える。
ルチャはそもそもタッチしなくてもいい、みたいなこともあったりするからなのか、その辺、ちょっとルール的にゆるかったりすることもあるんだけど。


メインイベントでは、いいモノVS悪者、というわかりやすいプロレスで、しかもいいモノが悪者に寝返る!という裏切り劇もありまして。
場内騒然。
一瞬、何が起こったのか、となりましたが、お客さんの中には本気で怒ってる人もいて。
「どうしてなんだよ!」みたいに怒鳴ってる人とかいて。

いやあ、すげえ面白いですよ。
そこまで客の心を動かすストーリー、ってか、まあ裏切りなんてのはプロレスの中でも単純が過ぎるストーリーですけど、こういうの、わかりやすくていいし、グッときますね。
久しぶりにこの「裏切り劇」を見て、なんかプロレスの基本を見たような気分になりました。


いや、まあメジャーの団体、人気がある団体が面白い、っていうんじゃなくて、これまでも見てきたし書いてきましたけど、インディーの団体でも面白いのはたくさんありますから。
それぞれにファンの人はいるわけでね。
目につく機会が少ないだけで。

だからまあ、見てみなきゃわからない、ということですわ。

なかなかね、行けない、という事情はあります。
けども、まあいろんな団体をやっぱ見にいきたいなあ、短い人生だし、と思いました。






(BGM:ぶりっ子ままさんず「きもちんよか」fromYOUTUBE)
→これ、なんかのCMだった気がする。


と、この改行の間に調べたら、楽太郎さん(当時)が出てた入浴剤のアレだ。
思い出したぞ。
ま、それに便乗した一枚なんでしょう。
唄があまりにきちんとしすぎてて、なんかちょっと哀しくもある。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP