FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

地に足をつけて、自分ファーストで


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


人のためになにかをする。
簡単にいうけどなかなか難しい。

そもそも俺なんかは「めんどくさい」が口癖なので、どっか人のためより自分のことを優先してしまう傾向があるな、と思うし。
それに、どっか打算もあって。
俺がやらなくても、誰かやるだろう、みたいな。
めんどくさいし、みたいな。

だから、「人のためと見せかけて自分のため」という戦法をとったりすることになるわけです。
「君のためだよ」なんて言われて、「お前のためだろうが!」ということ、よくあるでしょ。
それですね。
俺ってけっこうそういう人なんじゃないか、という気がします。
イヤなヤツだ。

しかし、「君のため」ってなんだ?
お前に俺のことがわかってたまるか!みたいなこともないですか?。
ま、だから、この「君のためだよ」という台詞は言うべきじゃないですよね。
う~む。
メモメモ…。


人のため、というと、どっか「自己犠牲」みたいな感じがつきまといます。
といって、自己犠牲で何かされても、「そこまではけっこうです」という気持ちにもなりますよね。
俺に金をくれた人が明日破産した、なんて言われたら、ちょっと金返します、となります。

つまりはまあ、「人のため」って言ってる時点でちょっとダメなのかもしれません。


最近、再婚して思うのは、とにかく「俺は幸せでなければならない」って。
そもそも、前のパートナーもいるわけですし、俺の場合、子どももいます。
だから、彼らのためにも、そりゃ幸せじゃなかったら、なんで離婚したん?って話になりますし。

それに、やっぱり井上たちに「みんなで楽しく生きていこう」「幸せに長生きしよう」みたいなことを言ったところで、自分が苦しんで苦しんでいたら、そりゃやっぱ寝言になっちゃう。
最終的には、まあ彼らに言いたいのは、「満足して死のう」って話ですから。
自分が満足出来てなかったらなかなかねえ、彼らにも伝わらないというか。

だからまず、なんか自分が幸せにならなかったら、少なくとも幸せだと思えなかったらダメなんじゃないかな、というね。


井上たちを相手にする仕事をしていると、どっか「自己犠牲」みたいな感じで見られることが多いんですけど。
それはきっと、昔の篤志家みたいな感じで見られてるんですかね。
自腹を切って、みたいな。
ま、でも篤志家さんも、そうやって「いい人ですね」って言われるのが快感だからやってるんだとは思うんですけど。

でも、まあそういう「施し」から抜け出そうとしたのが福祉ですから。
確かに、その金は今やアメリカの武器を買う金ばかりが増えて、どんどん減ってる感じなわけですけど。
話に聞けば、保育とか介護とかって仕事は、他の仕事に比べて、同年代で給与にして月10万とか少ない、という話もあります。
まあ、10万とは言わなくても、けっこう少ない、というのは実感ですね。

だからまあ、篤志家みたいに言われてもしょうがないんだけど。
「他の仕事を選んでいたらよかったのに。10万低い、誰かがやらなきゃならない仕事を一生懸命やってくれてありがとう」みたいなことなのか。
だとしたら、まあ当たってはいるわけですけど。


つまりはまあ、なにが言いたいかというと、だとしたらですよ。
そういう給料が低い状況で、例えば結婚出来ない、みたいな話もあるわけですよ。
なのに、市丸に「幸せになれ」というのは、やっぱ伝わらないですわ。

市丸も井上も、俺の真似をしたいんだから。
というか、職員ってそういう仕事だとは思うんですよ、ある部分で。
憧れられてなんぼ。

で、職員が幸せそうじゃなかったら、やっぱ彼らもそうはならない。
というか、まあ彼らが俺らの真似をしたいと思ってくれないと、そもそも話が通じない。
「こうした方がいいよ」が通じなくなっちゃうわけで。

だからそもそも、もっと福祉に金を回して欲しい。
10万の格差はいくらなんでも大きすぎる。
結婚出来ない、明日の生活が不安じゃ、では彼らに人生の話もできない。

だから、考え方としては、「自分が幸せになりたい」でいいんだと思うんです。
そのために、一生懸命になる。
その姿を真似してもらえばいいわけでしょ。


先日、他のとこの職員とかに会った時に、ちょっと違和感だったんですよね。
「彼らのために一生懸命なんです」という自分に酔ってないか?って。
「自分のことは後回し」という感じ、というか…。

そうじゃなくて、自分が幸せになりたい、って一生懸命になることが先じゃないか?って思ったのよね。


自分のことより人のこと、ってよく言うけど。
だけれど、それってつまりは自分のことなんだよね。





(BGM:山口水希「アッシー・ミツグ・ネッシー君」 fromYOUTUBE)
→バブってます。
「赤坂新宿、アッシーアッシー、車で走る 水希の便利なアッシー君」
…ぎゃはははははははははははは。
そりゃ車で走るだろうよ、と。
マラソンじゃないんだから。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP