FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

簡単な話じゃん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


ま、少子化なんて言われて久しい。
というか、もうずいぶん前から「高齢化社会」「少子化」というのはずっと社会のキーワードになってた。
なってはいたけど、なんら手は打たれてないように見える。

というと、消費税は高齢化社会に向けて作られた税なんじゃないの?という意見もあるかと思います。
確かに、増税分は社会保障に使う、とか言ってましたが、その約束はなされてない。
1割しか使われてない、というニュースもある。

まあ、つまり消費税ってのは「高齢化社会のため」っていうから勘違いしちゃうけど、働く人が少なくなるから所得税が取れなくなる。
だから、その分の補填の税金だ、ということが考えられる。
確かにこれは「高齢化社会のため」ではあるが、オレたち庶民が考える「高齢化社会のため」ではない。


よくよく考えてみたら、少子化や高齢化社会の問題は、早くに対策を立てないとどうにもならないわけですね。
出生率が1.4なんかになってから言ったんでは遅いわけです。
一昨年の数字ですけど。
少子化はその前からわかりきっていたことで、その対策を打ってこなかった、というか、実際に数字が向上していない、ということは、政府の無策を示しています。

にもかかわらず、政府は2025年までに1.8にするとか言ってる。
これまでずっと減少してきて、昨年も減少することは確実にもかかわらず、そういうことを言ってる。
そして、「子を産まないのは自分勝手だ」とかなんとか、まあ言いたい放題。
無策を棚に上げた厚顔無恥とはこのことで。


まあ、少子化を解決するには、まず保育園の充実とか、そういうことをすればいいわけです。
これは誰にだってわかることです。
子どもを預けられる場所がなければ、子どもを産むことはできません。

同時に、給与収入が下がっている今、子どもを産む、という決断がなかなかできないわけで、給与を上げる策を考えなければならない。
貯蓄ゼロが単身世帯で4割、2人以上の世帯でも3割、という日銀の調査結果もあります。
これでは子どもを産むという決断はできない。

同じように、高齢化社会の中、介護する人が少ない、なり手がいない、という問題もあります。
つまり、少子化や高齢化社会のことを解決するには、これらを一つ一つ解決すればいいわけです。


保育園を増やすために、どうしたらいいか?なんてのは簡単で、保育にかける補助金を増やせばいいんです。
保育士に渡る給料も増やす。
そうすればなり手が増え、保育園ができる。
資本主義社会というのは、そういうことでできています。
介護士も同様です。

そして、子ども手当を作る、増額する。
同時に、基本となる給与所得を増やすために非正規雇用の割合を減らす。
ブラック企業と言われる、労働者を疲弊させるだけの雇用のカタチを徹底的に取り締まる。

単純な話なんですよ。
金をそういう必要なところに直に使えばいいんです。


少子化を止めなければ、経済は収縮する一方です。
消費のないところに経済は発展しません。
もう一度日本を発展させたいのであれば、少子化対策は急務です。
それがうまく進めば、高齢化社会の問題は相対的には解決の方向に向かいます。

もしくは、そもそも非正規雇用を撤廃し、正規雇用、有休がきちんと取れる、いわゆる労働基準法に則った雇用形態を確保するだけで、正直保育園もそんなに必要なくなる可能性もあります。
つまり、どちらかの親が働かなくても済む可能性が高まるからです。
いや、まあ両親働きたい、という意思がある場合はそれはそれで保育園は必要なわけですけど、明確にそういう必要性があるのではなく、生活上仕方なく両親が働いている、というケースも今は多いと推測されるからです。


にもかかわらず、今の政府は直接そういうところには金をつぎ込まない。
非正規雇用も増える一方。
少子化を進めようとしてるとしか思えない。
つまり、経済発展をしようとしてるようにはマッタク見えない。
実際問題、我々のところに来る補助金だって、どんどん減ってる。

減らし方も巧妙で、「広く浅く」にしてみたり、「狭く浅く」にしてみたり、まあいろいろとやってくるわけです。
例えば、外出介護はどうした、とか、家事介護はどうとか、こっちは減らすけど、こっちは上げます、とか。
いやいや、そうじゃなくて、全部上げろや!ということなんですが。
相対的に、どこのヘルパー派遣事務所もカツカツの状況になってる。

民間に委託するとか、やり手を増やすんだとかいうけど、だからって状況は好転していない。
介護士のなり手はどんどん少なくなる一方。
そんな状況を打破するために、今度は外国人労働者を入れる、という。

違う違う!
給料上げりゃいいんだよ。
簡単な話なんだってば!








19mochituki小

hikouki2中shou

(BGM:エル&ギムギン「ショットガン」from「アカサカ・ソウル カヴァー編」)
→このコンピはまあどっからどう聞いてもカッコイイ。
洋楽カバーなんですが、基本、けっこう予想を越えてきます。
歌い手さんやバンドがしっかりしてるんでしょうけど、作る側もすごく力が入ってるというか、サウンドもすごくカッコヨクできていて楽しい一枚。
こういうのどんどん再発してほしい。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP