FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

大きな子ども


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



NGTの事件があって、なんかすごく気になってネットとかを見ています。

まあ、そもそも48グループについてそんなに興味はなかったし、というか、「会いに行けるアイドル」というコンセプト自体が俺はあまり好きじゃないというところがあって。
売り出し方法としては大成功だろうし、売上げもウハウハなんだろうことは知っているけれど、それにしても、あまりに敷居が低すぎる。
隣の子がアイドルだ、って、それじゃああまりに夢がないというか、そもそもそれはアイドルじゃないじゃん、とか思っちゃうんだな、俺は。

しかも接触ビジネス、いわゆる握手会、みたいなことになるにいたり、「CDに握手券がついている」というのは、ビジネスとしてはもの凄い発明だけど、その先が接触ビジネスなんじゃ、キャバクラだね、というか。
もうアイドルではないな、って思っていました。
「◯本ボトルを入れたらアフター付き合います」みたいなことと同じだから。

しかもそれが十代だったり、二十代前半の子たちときたもんだから、まあこういう事件は起こるべくして起きたといってもいいでしょうね。


でもまあ、この路線の大成功に、結局地下アイドルも大増産されたし、同時に女子プロレスもこの路線になっていってますよね。

ま、ウチにも前にレスラーがいましたけど、結局ね、いろいろ記憶を辿っていくとですね、ファン心理というのが、「どれだけレスラーに覚えてもらうか」みたいなことに傾いていくんだな、って思ったことを思い出しました。
正直、レスラー側の心理ってのと、ファン側の心理は、正直言ってかみ合いません。
いくら売店で品物を買っても、握手会で何度握手をしても、つまり、「たくさん金を使っても」、アイドル側からしたら覚えはしても、記憶はしません。
なんで、売店でこれ見よがしにレスラーと話したがるファンを見ると、ちょっと哀しい気持ちになるわけです。

つまり、アイドルだったら歌や踊り、レスラーだったら、プロレスとしての面白さ、強さ、だったりのことが評価されなきゃ本人にとって意味がないのに、ファンは「この人は自分を覚えてくれる」という物差しをもう一つ持ってる、という感じか。
当然、ファンが思うほどアイドル側は覚えてないし、それよりは踊りの練習をしたいのに、という中で、「お前はなんで俺を覚えてないんだ!こんなに金を使ったのに!」って逆上するファンが現れることは想像に易い。
もちろん、それですぐに襲撃はせずとも、SNSで悪口を拡散、まあそうなると火消しをしなきゃならなくなって、「ごめんなさいね」ってその逆上したファンにこびを売る、という悪循環。

接触ビジネスってのがそういう危険性をはらんでることは誰でも知ってることだと思うんですけどね。
それを十代の子にさせるってのは、バカだと思いますよ。


ま、今回のNGTの事件はそういうファンの暴走じゃなく、どうもメンバーが半グレみたいな連中とつるんでいて、そのメンバーが半グレに他のメンバーを襲わせた、みたいなことらしい。
アイドルが地下組織、やくざとつながっている、なんていうと、美空ひばりさんの時代を思い出したりもしますけど。
あ、美空ひばりさんがどうこうじゃなくて、芸能界自体がやくざだったわけでしょ。
コンサート、興行なんてのは、地元にちゃんと挨拶しなきゃできない時代ってのが確かにあったわけで。
とはいえ、それは「利権を等分する」という行為であって、こういう「他のアイドル(メンバー)が気に入らないから」って直接行動を起こすようなバカではなかったと思います。

で、いろいろネットで追っていくと、この襲撃犯とか、その近辺の人が、もうこれみよがしにSNSで発信してるのね。
自分のやった犯罪、とあるメンバーを追い詰めた、とか、メンバーがもらったプレゼントを俺が換金してる、みたいなことを自慢してる。
そういうSNSの画像がたくさん出てきます。

まあ、美空ひばりさんの時代なら黙ってやっていたことなんでしょうけど、つまり彼らはそれによっての利益だけじゃなく、「俺って、このアイドルたちの裏側知ってるんだぜ」ってのを、とにかく自慢したいんだな、と。
こんなことしてたら足がつくのは明白だし、黙ってやってればいいのに、そうじゃない。
アイドルと寝た、まあそれはそれで喜んでいればいいのに、それを「言いたい!」という自己顕示欲がすげえなあ、と。

つまりはこれも、先のファン心理の「どれだけこのアイドルに俺は覚えられているか」みたいなことの延長なんだわな。
他のファンとの差別化、あいつより俺はすごいファンだ、といいたい、というか。

もう、そのアイドルそっちのけですけどね、これ。
関係ないというか、誰でもいい、というか。


悪いことをやってる、他の人が知らないあのアイドルの裏側を知ってる、というのを自慢したい気持ちってのは、俺からすると中2くらいの感じなんだけど、そういう大人っていうか、大きな子どもが多いんだな、って思いました。

そういうのを相手に営業スマイルをしなきゃいけないのがアイドルだとしたら、ホント、かわいそうだわな。
ってか、そういうことをしたいんならそれはそれでいいけど、そんなことの延長線上に山口百恵さんはいないし、ってか、そう簡単には松田聖子さんにはなれませんって。
逆に、だから、彼女たちはアイドルだったんだってば。







hikouki2中shou

告知1

(BGM:松原隆と東京エコーズ「男と女の合言葉」from「TOKYOムーディー・ナイト」)
→これ、サビのあとの「ほんとねえ~」という字余りがすごすぎて、他のトコがなにも入ってきません。
なんか盆踊りのパクリっぽい…。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP