FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

また大阪に戻ってきます


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集



大阪集い処はなに集まって下さったみなさま、そして、競演して下さった仙石さん、林岳男さん、そしてなにより、尊敬するはなままさん、本当にありがとうございました。

自分としては初のエレアコだったり、使い慣れないギターだったりで、ちょっと納得がいく演奏ができませんでしたが、今後、このギターを使っていこうと思っているし、もっと練習して、もっと曲を作って、みなさんの前で再び演奏させていただきたいと思っています。

大阪にはいつかまた戻りますが、他の場所でも呼んでくれるところがあったら、修行させて下さいな。


セトリを一応

①怨歌
②今日はいい子でいてね
③あなたの浮気相手
④足がない
⑤私の兄ちゃんはトクちゃん
⑥底辺の力(POWER OF THE BASE)※カバー
⑦イキタカッタ

⑧スーパー猛毒ちんどんの数え唄(WITHはなままさん、ノブ、イチマル、コウヘイ、アキ)
⑨グローリー号に乗れ(WITHノブ、イチマル、コウヘイ、アキ)


新曲になる「あなたの浮気相手」はこんな歌詞でした。


目の見えない私と結婚してくれた
あなたにとても感謝しているわ

お料理も洗濯も、私は一人でできるからって
あなたはいつも尊重してくれた

こんな日々がずっと続くと私は思ってた
誰にも邪魔されずに続くはずだった
あの日が来るまでは

でもさようなら
あなたは出来心だって言ったけど
あなたの浮気相手が
美人かどうかはどうでもいいの
何歳の女かもどうでもいいの

目の見える人だったから
さようなら

一緒に暮らして楽しかったよ
ドライブも、なんか景色が見えるようだった

ありがとう
今だってたくさん愛してる
でも、私は目が見えないから

さようなら


大阪では、はなままさんに案内してもらってセンターに行ってきました。
シャッターは閉まりましたが、まだ多くの人がシャッターの外に溢れていました。
仮にと作られた立派な建物には、寝る場所もなく、イスが置いてあるだけで、それもいちいち肘掛けが付いているし、監視カメラもあり、人は二三人座っているだけでした。

とはいえ、センターは閉まったけれど、でも、まだなんだろう、わいわいとはしていたし、生きている鼓動はありました。
が、なんだか三角公園にも、おっちゃんらの姿が、数年前にライブに来た時に比べ減ったようにも思いました。

去年一昨年だったかに行った時、「福島に行った人もたくさんいる」とのことだったけれど、つまり日本はそうやっておっちゃんらを都合よく使い、誰もやりたがらない場所で使い、追い出している。
分散させ、肩を組ませないようにしている。


例の星野リゾートの場所にも行ってきた。
動物公園駅すぐ前のフェスティバルゲートも数年で頓挫、今は巨大な廃墟になっているというのに、なにを求めてここにそんなホテルを建てるんだろうか。
そのために野宿者が邪魔だというなら、星野リゾートの方がよっぽど邪魔だろう後から来て。

俺は、釜の運動をしているわけではないし、実際にそこに住んでいるわけじゃないから、よくはわからないが、しかし、構造的にこの状況は許されないと思う。

維新が勝って調子に乗ったのはわかる。
維新が勝ってなければ、これはなかった気もする。
星野リゾートの誘致が決まって喜んでいたのは橋下さんだったんだし。
でも、社会から追い出しておいて、一つところに集まった人たちをまた追い出すという暴挙には、どうにも腹が立つ。

というか、そもそもうまくいくんだろうか。
水面下では、おそらくこの場所に「高架下のショッピングモールでもできるんじゃないか」という建物もあった。
いくつか仮の建物だ、というモノの中に、どう見たって、仮建設じゃない建物とか。
そういう「計画」はおそらく連中の中にはあるんだろう。

けれど、なにをしたいんだ。
この場所で1万円の宿泊費を払わせるんだったら、誰だってなんばや心斎橋に泊まるんじゃないか?

正直、なにをしたいかよくわからない。
ただ、野宿者を追い出したいだけのようにしか見えない。


飛田新地の慰霊碑と慈母観音様におまいりしようと思って、朝10時過ぎだったか新地を歩いていたら、もう営業を始めていたところもあった。
始まってない時間に、と思って来たのに、手招きとかされて、ちょっと心苦しかった。
冷やかしが一番イヤだろうと思ってこの時間に来たんだが、甘かった。

G20とやらが大阪であるようだけど、その日は飛田新地のこの料理屋さんは全部休業とのこと。
お上のいうことに逆らってはやっていけない家業だとはいえ、なんだか、それもどうなんだ?とか思ったり。


なんだろう。
うまく言えないけど、とにかく巨大な何かに翻弄される大阪、西成。
潰されまいとすれば、肩を組むしかないが、それ自体を彼らはまずつぶしにかかってるようにも思えた。

というか、センター封鎖にしても、これはまず運動つぶしなのかもしれない。
拠点をつぶしにかかった、という。


国家、国民、という関係は、常に緊張関係にあり、支配、被支配の関係にあるわけだけれど、それがもう今の世の中では見えにくくなっている。

だから簡単に「俺は関係ない」なんてコトを言える人が増えている。
民主主義が通用していると思っている。
けど、それが「ネイクドに」見えるのがこの場所だ。
民主主義などまったく通用していない、ということを痛感させられる。
沖縄もそうだったけど。


次は誰の番か。
誰が武力で排除されるか?
そんなのは簡単だ。
西成に住んでない、俺であり、あなただ。

ここで一緒に肩を組まなかったら、俺たちは「巨大ななにか」に潰されてしまう。







bakagann.jpg

(BGM:ラブマシーン「お前は夢の中」from「Groovin' 昭和 ! 6」)
→これね、いいよ。
Aメロ抑え気味がサビで爆発する。
気持ちよさそうで、カラオケに入ってたら歌いたい。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP