FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

カギはどこに?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集




にじ屋「十連休をぶっ飛ばせ」にはいろいろな人が来てくれて、ありがたかったです。
まあ、どうなんですかね。
こういう連続イベントは、自らを追い込む企画でもあって、そこにちょいちょい来てくれるというのは、とてもありがたく、うれしいことなんです。


ツノちゃんは、時々ブツブツ言い出します。
「絶対許さないんだからな!」みたいな。
時に大声。
まわりが驚く、みたいなこともあります。

ま、聞いてみると、昔のことを思いだしている、いじめられた時のこととか、という話に決着したりするんだけど、ただ、なんとなく「なんで言っちゃったのかわからない」というコトの方が彼の中では大きいのではないか?という思いがずっとありました。
「いじめられた時のことを思い出して」というのは、確かに「説明が付きやすい」けれども、それが本当に彼の内面を表しているかどうかはちょっとわからないな、とは思っていました。

確かに、知的障害者の集まりとかがあると、ブツブツ言ってる人はいます。
でも、繰り言とかじゃなく、ツノちゃんのブツブツは、どっか攻撃的。
口調もそうなる。
顔も険しくなる。
普段はとても優しく、気も小さい彼が、攻撃的にしゃべるから、余計に気になる。

今回のイベントでTokinさんとのトークがあって、しゃべってて思ったんだけど、Tokinさんは解離性障害、つまり多重人格、みたいなことですけど、もしかしたらツノとかもそうじゃないか?

そう考えると合点がいくこともある。
けれども、まあその内面をウマく彼は表現してくれないので、果たしてそうなのかどうかはわからない。
表現してくれない、というか、おそらく彼の語彙が足らないのだと思う。
Tokinさんのように、「自分の内面はこういう感じだ」ということを医者に話せればわかるのかもしれないけど、ツノにしたら「得体の知れないモノが自分の中にある」ということなのかもしれない。

そして、それが小さい頃からのことだとすれば、彼にとってはそれは普通のことで、それをあえて「他の人と自分は違うのではないか」というところまで発想が到達しない可能性もある。
物事や感情を観念的にとらえるのが難しいところもあるので、それは余計に説明が付かずに彼の中に沈み込んでいるのかもしれない。


Tokinさんのトークの時、ツノがなんかブツブツまた言ってるのかな、と思ったら、知らん人だった。
どうも、まあだからツノの仲間じゃん、と思ったんだけど。

来た時はほぼ死んだような感じだったけど、彼は飲み会の間、スズやツノに囲まれていろいろ話をしていて、なんか面白かったらしく、違う人のような顔になって「楽しかった!」といって帰って行った。

こういうのはなんか面白い。
というか、そういう人は多いんだけど。


一定数、解離性障害という人がいるとしたら、知的障害者の中にもそういう人はいるんだろう。
けれども、それってやっぱりなかなか露見しない可能性が高いのではないか。
だって、それを「表現する手立て」つまり、語彙だったりが少なければ、外にそのことが伝わらないから。

それをどうやって引き出すか?
いや、引き出さないでいいのか?
つまり、社会生活能力が上がればいいんじゃないか、そのままでも、という意見にもうなずける。

生活能力というのは重要で、おそらく字とか数字とか、そういう意味ではウチではコウヘイは高い能力を持っているけど、ほぼ字が読めない市丸の方が生活能力が高い。
そうなると、遊びに行くとしても、市丸には「一人で行ってこいよ」となっても、コウヘイにはそう言えなくなる場合もないわけじゃない。

それは生活圏を狭めることになってしまう。
でもまあ、それを広げるためにチャレンジはどんどんさせるわけだけれど、その中でしか生活能力は上がらないから。
机上の勉強で生活能力は上がらない。


まあ、原因を究明することより、我々の仕事はどっちかというと「原因なんかもうわからなくていいから、生活能力を上げる」ってことにチカラを裂く仕事ですから、原因はまあいいっちゃあいいんだけど。
でも、もし、それでなにか生活能力を上げるカギが見つかるんだとしたら、原因だって大事なわけで。

まあ、うん。

それでも毎日は進んでいくので、なかなかその辺は深まっていかないんでもどかしい毎日であります、という話で今日は終わり。











bakagann.jpg

(BGM:Bayaka「Rare Crazy」from「groove tracks volume 3」)」
→どうしても俺なんかは「どうライブで演奏するか?」ってのを考えちゃうので、こういうのってのは、演奏を考えると、すごいよな。
ちょっと調べてみたらDJの人とプログラミングの人二人、ってことですけど、まあそうか、プログラミングってことか。
ラストのなんかリズム変わるところとかすげえかっこいいけど、そういうのもプログラミングなのか、なるほど…。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP