FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

悔しくないですか?~最終的には5/22の宣伝


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集




遠方の方と会ったりすると、よく「ツイッターの市丸くんとのやりとり楽しみに見てるんですよ」とか言ってくれる人がいて、まあありがたいコトだなあ、と思ってるわけですが。
初めて会った人が「ああ、あなたが市丸くんですね!」とか言ってくれたり。
実際に会わずとも「なんか会った気になってた」みたいな感じで。

まあ、よく障害者云々の作業所とかで「地域との交流」なんて言いますけど、たいがいが「お祭をやります」とかそういう感じで、ウチで言う市丸たちは休みにされちゃったりするところもあるようですけど、まあ、お題目が多い。
地域、つまり一般の他の人たちに市丸たちのことを理解してもらう、という意味においてはあまり機能していない、というか。

そういうのに、結局職員や親なんかが労力を裂いて疲弊している状況を見ると、なんともコストパフォーマンスが悪いのではないか、という気がしてならない今日この頃です。

ウチの場合はそもそもお店なので、お客さんがいるわけで、交流もへったくれも「昨日市丸休みだったの?」なんて聞いてくるお客さんがいるわけなので、かなりの部分、それは達している気がするわけですが。


やっぱ、どうなんですかね。
今やネットの時代なんで、いろいろ方法はあると思うんですけどね。

とはいえ、プライバシーとかそういうのもあって、なかなか顔を出せない、みたいなこともあるんでしょう。
相模原の事件では殺された後にも名前すら明かされなかったわけで。
顔なんか余計にしれない。

でも、表情が全てを物語る、ということもあって。


よく他団体の機関紙なんかで、誕生会(まあ、そもそその発想が幼稚園的なんだけど)とかの報告で「みんな楽しみました」なんて書いてあることが多いけど、その写真からはなにも楽しさが伝わってこない、というコトが多い。
「本当に楽しかったんだろうか?これ?」という。

文字で伝わることもあるけれど、百聞は一見にしかずで、写真1枚が人に多くのことを伝えることもある。
状況もあるけれど、ウチらの仕事に照らすと、やっぱそれって市丸たちの表情だよな、と思うことがあります。

なので、まあなるべく俺はその表情を切り取って発信しようと思っているんですけど。

ま、ウチはバンドもやってますしね。
メンバーの日常、というような意味合いもあるわけで、そこで隠したところでしょうがないし。


ま、先の他の機関紙の話ですが、顔を隠す、ってのは、どういう意味なんだろう。
「プライバシーに配慮しました」と言われても、なんだかわかったようでわからない。
顔を出さないことがプライバシーに配慮することなんだろうか。

ウチの機関紙なんかをして、「親が文句いいませんか?」とかいう的外れなことを言ってくる他の職員とかいるんだけど、いやいや、そもそも親御さんの意見は聞かないシステムになっているので、それはないんですけどね。
というか、その写真がよければ、いい表情をしていれば、逆にそんなことないと思うんだよね。


オグラはここに来る前の施設で、まあ十年くらいいたのかな。
歩けなくなったし、クビは下向いちゃったし、そもそも「笑顔がまったく見られなくなった」と家族が言っていて。
ま、確かに家族の言うことだから盛ってる可能性はあるにしても、ここに来て普通に笑ってるのを見て、感動して泣いてたからな。

俺らにしたら別に普通に笑ってるだけだし、まあ前のコトを知らないからだけど。
なんてことないのに、泣くほどなんだ、とか思って。


つまりは、毎日つまらなさそうに笑いもしてない子どもの写真、たって30過ぎの中年だけど、を載せられたら、そりゃ文句も言いたくなるのかもしれない。
逆にそれは、載せたことじゃなくて、その表情を作り出しているがわに文句を言いたいのかもしれない。

「こんな表情があなた方の自慢なんですか?」と。
「ウチの子はもっといい表情するはずです!」と。

ま、そう考えると何となく納得がいく気がする。
それをクレームと捉えれば、そのクレームを排除するために、簡単に「写真は公開しない」となる。

結果、まとめて虐殺されても、名前も写真も公開しない、となる。
死んですら、生きてなかったことにされてしまう、という流れですね。


それね、なんか犯人の思う壺な気がするんですよ。
悔しいんですよ、そういうの。


というようなことで、5/22は、そういうの取っ払って市丸たちとトークをやってみたいと思います。
みなさん来て下さいね。






bakagann.jpg

(BGM:PULLING TEETH「Pain and Patience」from「THE INEVITABLE OF OUR MUSIC」)
→こういうのはミクスチャーってことでいいのかしら。
もうジャンルがよくわかんないけど。
ま、ジャンルはともかく、こういうのはすごい好きです。
マッドカプセルっぽいけれども、まあいいじゃないか、かっこいいから。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP