FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ず、ずるいよ… ★ 映画 「THE WITCH 魔女」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、明日、ついに初のスーパー猛毒ちんどんトークイベントDEATH。
ぜひとも、みなさんに足を運んでいただきたいわけです。

ちょっとここ数日それについていろいろ語ってきましたけれど、その辺を読みたい方は、数日前に戻って下さい。



今日は、ちょっとまったく関係ない映画の話。

工藤さんちで「THE WITCH 魔女」という韓国映画を見たわけですけど。
いや、まず言いたいのは、「続編があるなら最初に言ってくれ!」と。
もうね、完全に最後の最後で妹出てきちゃうし、なにそれ?そんな話なかったじゃん的なことになっておりまして、こうなってくると、この作品自体が「予告編」になっちゃうんだよね。

そもそも二部作なのか、もっと続けるつもりなのか、その辺もわからないし、この映画で完結するとばかり思っていたのが、最後の最後で「続くんかい!」と。

この辺なあ。

確かに面白い映画だったと思うので、続編は仕方ないとしましょう。
けどどうなの、このテレビドラマの続きみたいなラストは。
別にこれはこれで終わりにしちゃったらイイじゃん…。
無理やり何の伏線もない妹出す必要ある?????


というわけで、まあそれはいいとして。
主役は女子高生。
どうも、子どもの頃になんかの特殊施設、おそらく国が?もしくは大企業がやってる感じの秘密施設で育てられたんだわ。
でも、そこから脱出。
記憶をなくして、まあ普通の女子高生として暮らしている、というのが最初の設定。

どうもね、この子、その施設でも最強だったみたいなのね。
子どもながらにしてその秘密施設を抜け出したんだから、そりゃ最強に違いないんだけど、しかし強すぎる。

その子に追っ手がやってきて、その子はそれを殲滅しちゃう。
それ、「無意識に身体が動いてしまった」んだとばっかり思ってたんだけど、実は記憶なくしてなかったんだな。
その施設に連れられて、当時のドクター的な人に会うのが目的だったわけ。
その機をうかがってた、という。

まあ客サイドもまんまとだまされました。
てっきりガチで記憶をなくしてると思ったので。
どうも、そのドクターが持ってる薬が必要だったらしいんだよね。
じゃないと死んじゃう、みたいな。

ふむふむ、そういうあれでしたか。

ああ、だまされた~と思いますけど、もうその女ドクターがちょっとイヤな女で、その辺もあって、全員殺しちゃうこの子の強さがもう痛快なわけです。
そこまで、だましてだまして、やっとたどり着いた、という設定ですから。
そこからの反撃がもう痛快でしょうがない。

ま、まず、超能力的なことも使えるわけです。
ピストルとかも念じると手まで勝手に動いて来ちゃう。
そして、もう強いの。
倒れた相手にストンピングしようとして、相手が逃げると、その足は床をも砕いちゃう。
パンチした相手は壁をぶっ壊して向こうまで飛んでっちゃう。

「志村後ろ後ろ!」的な流れでも、全然大丈夫。
だって、もうわかってんの。
後ろにも目があるアレです。
相手を見もせずにピストルを脇の下から後ろに構えてズドン。

っていうか、ピストルの弾を受けても、すぐに回復しちゃうんだわ。
どうなんですかね、こうなると、もう殺せませんよこの子のことは。


途中、というか、ラストの対戦はその施設出身の子たち軍団なんだけど、まあそっちも強いですが、もう桁が違う。
この闘いはなかなかに見応えがあります。
動きがまず早いし、CGもすごくよくできている。
同時に、この子の「なんてことない」っていう表情がとにかくカッコイイ。
何が来ても、何も動じない。
ちょっと笑ってる、くらいの感じにしびれちゃう。

調べてみたら、この子はこの映画が初主役みたいなコトなのか。
すごい子がいたもんだ。
最初の「私知らない…」と戸惑っている時と、ラストの闘いの表情、まるで違うんだから役者さんってのはすごい。


まあね、どっかこれ、X-MENではありますが、もうその昔の仲間は死んじゃうんで。
ラストの昔施設で一緒だった男の子は生き残って一緒に闘うのかと思ったら、主役にやられちゃったので、X-MEN的な方向には行かないとは思うんですが、だとしたら、今後どうなっていくのか?

彼女は一応、薬は手に入れるんです。
だからまあ、当面生き延びることは出来るんだけど、生みの親に骨髄移植をしてもらえば薬も必要ない、ということもわかりまして。
はてさて、生みの親を探す旅が始まる、というのが第二部なのかしら。

となると、まあ結局この子は「自分が生きる」ためにじゃんじゃん人を殺しちゃってるわけで、それもどうなのか。
たいがい、正義の味方は他人の命を救うものですが、そうじゃないだけに、今後どういうドラマを作って行くのかが気になるところ。
ラストに急に出てきた「妹」の存在がそのカギになるのか?
う~む…。


ま、ほら、だから、もう続編見たくなっちゃってるじゃん。
ずるいよ。









(BGM:West Rock Woods「Killing Me Softly With His Song」from「JAMZZ」)
→この曲はとにかく名曲だと思っていて、ヘンテコなカバーは許さない気持ちでいるのだが、これはカッコイイ。
というか、名曲はどうやっても名曲なんだよな。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP