FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

携帯電話


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


オグラがここに来た時は、特に携帯など必要なかった。
そもそも話が通じないんだから、携帯が必要なわけがない。

でもまあ、最近になって、一斉ビラ配りとかがあって、「●○さんと配りたい」みたいな話が出て、「じゃあ、来てもらうように電話してみたら?」みたいな流れもあって、「携帯を持ったらどうですか?」となりました。

知的障害者が携帯を持つというと、実際は電話の機能よりも親が確認するためのGPSが主だったりする。
実際、他の作業所からここに来てるヤツの携帯をのぞくと、受信履歴が5年くらいさかのぼれる。
つまり、まったく電話の機能は果たしていない。

そもそも、電話をかけたい人がいない、というのは、まあ寂しい人生である。

ただ、携帯があることで、電話は特にしなくても、先のGPSもそうだけど、ある程度「一人で行動させられる」という利点はある。
それに、なにかがあった時に、例えば警察に保護された、というような場合に携帯が重要な役割を果たす可能性がある。
それと、認識の程度にはよるけれど、「親にはかけられる」くらいだとしても、何かあったら電話ボックスを探さなくても電話できる、ということもある。

SOSが出せる、みたいな。
つまりはまあ、困った時に誰かにつながれる。
たいがいは「仲間」ということになるんだけど。

カイが携帯の使い道、つまり「みんなとつながるための道具です」というのを理解してるんじゃないか?という話を前に書きましたが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4537.html)、これは例えば「休みの日」でも仲間と話が出来る。
メールもできる。
そういう道具ではあるんだよね。

ウチを親が辞めさせたAは今でもにじ屋に来てしまうけど、彼がウチにいた頃、やっぱ携帯を持たせたら、毎晩ウチの誰かしらに電話をしていて(最近まで続いていたが、どうも親が携帯を変えさせたようで、電話番号が消えたらしく最近はない)、親がその時は「この子は前の作業所でも帰ってきたらあとは知らんぷりだったのに、みなさんとは話したいんですね。すごい進歩です」とか言ってたっけ。

つまりはまあ、中学生の感じというか、そういう感じなんだけど、学校から帰っても学校の友だちと話してる、みたいな。
なかなかね、いい話だと思うんですよ。


それを実現してくれるんだから、携帯というのはデカイ出来事だと思うんですよね。

ま、携帯が先か、電話したい相手が先か、みたいなことではあるんだけど、オグラに関しては最初が「話が通じない」だったから、まあこの時を待っていた、というか。
ほんとは、カブキとかも携帯があったらいいよな、とか思うんだけど、なかなか話を出しながらも頓挫している最中で、というのも、どうせ持たせるのなら最高の状態で持たせたい。
「みんな持ってるから」じゃなくて、なんかイイ事件とか、イイ感じの出来事が起こらないかな、と待ってるところです。


前にウチによく来ていた車いすの子がいたんだけど。
カブキよりずっとしっかりしてたと思うんだけど。

その子に電話をしようとすると、まあ家電なのね。
しかも、なんでかしらないけど、その子は2階にいる、っていうわけ。
つまり、全ての電話をお母さんが一階とる、という。
しかもなんかすぐには二階につなげない、みたいなこともあったりなかったり。

そもそもまあ、なぜ2階に?という気がしなくもないが、それはまあ家の間取りの問題かもしれないからいいんだけど、せめて彼なんかは携帯を持っていたらもっと「親は知らない友だち関係」が産まれたんじゃないかな、と思って。
なんかとても残念なんだよね。

親が知らない仲間との邂逅があるからこそ、青春は始まっていくわけで、「全て親を通して下さい」というのでは、結局子どもって、ずっと幼児になっちゃうんですよ。
携帯ってのが、その突破口になりそうなんだけど、でもまあ、結局「どうせ電話かけてくる人もいない」ということだったんだろうな。

ま、携帯が先か、電話したい相手が先か、ということだけど。
彼の場合なんかは、携帯が先だった気がする。
けっこうしっかりしてる子だったから、そこからなにか始まったような気もする。


とはいえ、まあ知らない子だし、時々イベントの時にくるくらいで。
親も知らんし、そもそも他の作業所に通ってますから、よくわからないし。

でもなんか、彼よりずっと「しっかりしてない」市丸なんかが携帯を持っていて、休みの日に連れ立ってプロレスに行く姿を見ていると、なんかもったいないよな、と思わずにはいられないのです。








(BGM:BALZAC「FEAR ソコニアルベキモノノスベテヲ」from「OLDEVILS LEGEND OF BLOOD」)
→あまり音源は聞いたことなかったけど、この人たちのTシャツ着てる人ってけっこう見かけるのよね。
イイTシャツを作るバンドってのはかっこいいはず、と思っています。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP