FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

自慢


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



先日、娘が誘ってくれて、まあいろいろと懸案事項もあったんだけど、娘2人と息子夫婦も来て、あきと6人で飲みに行きまして。
父の日の前日と言うことで、なんかもらっちゃったりして。

う~む。
まあおそらく父の日のプレゼントというのは初めてくらいの感じか。
彼らが働くようになって、まあ初めてもらった感じ。
小さい頃に、なんか折り紙で折ったものとかはもらったけど、こういうのははじめて。

そもそも、一緒に呑みに行く日が来るとは思ってなかったし、みんなタバコ吸ってるし、まあ大人になったんだから当然なんだけど。
いや、子どもと行く、というのをそもそもあまり想像してなかった。

俺自身が、けっこう親と距離感を持って付き合ってるタイプで、といって、なにかトラブルとか、小さい頃かなどうこうあったわけじゃないんだけど。
嫌いだとか、そういうわけでもない。
むしろまあ好きだとは思うし、感謝もちゃんとしてる感じの。

でもまあ、なんか距離感がけっこうあって、それはお袋の距離感なのかもしれないけど、ふだん電話とかしないし、近いのにそんなに行くこともなかったし。
そもそもお袋が料理苦手、親父もお袋も飲めない、という感じなので、ゆっくりご飯を食べる、みたいな文化もない、というか。

それでも、アキと再婚してからはよく実家にも行くようにはなって。
親父もお袋もアキと楽しそうに話をしてるので、なんでしょう、よかったな、と思ったんですけど。
なんか普通の親子になったかな、という気がするというか。

あまりベタベタした関係じゃなかったんで、お袋の誕生日にケーキを買う、とかそういうのもあまりしてこなかったというか。
なんか考えつかないことでありまして。
でも、アキが「買っていこうよ」なんて言ってくれるので、買っていくとなんか思いの外喜んだりして。
別にいいんじゃないの?買わなくて、とか言ってた俺としては、ちょっと拍子抜けというか、想定外というか。

まあ、お祝いをしてもらったりプレゼントをしてもらったりしてイヤな人はいなかろう、というのはアタマではわかるんですよ。
でもまあ、なんか、なんだろう、照れなんだろうか、ちょっとそういうことは1人だったらまあ俺はやらないなあ…というか。
おそらく、俺が一人でケーキを買っていったら、それこそなんか親は心配するんじゃないか、という気もしますし。


娘は前にあった時に、たまたま俺の誕生日が近くてプレゼントをくれたことがあったりもしました。
会った時、といって、俺の飲み会に誘ったんですね、たくさん来る飲み会だったから、おいで、って。
ソレできてくれて、プレゼントくれて。
まあ、だから「親子で会おう」ということではないんだけど。

よくよく考えれば、そういう場所に娘とかにも来ないか?と言うことはあっても、娘と会う、息子と会うために何かをする、ということは俺にはなくて。
ずっとなかったんで、まあそうやって生きていくんだろうな、と思っていたんだけど、今回娘が誘ってくれたのでこういう場がもてて。

息子に至っては、俺が離婚した時には大いに悩んでもいたみたいだけど、最近自分が結婚してからは、なんか近しい関係になった気がします。
今回、父の日プレゼントをくれたのも、「だって、ブーン(彼女)があげるっていうからさ。俺はそういうのはアレだったんだけど、ブーンがね」と言っていた。

ま、でもそれは俺も思い当たるな、と。
アキが一緒だから、ケーキも買っていくようになったわけで。
「そんなのいいよ」と俺が言うように、息子も彼女にそう言ったんだろう。
でも、結果としては彼女の意見を徴してくれて、こういうことになった。

彼に言わせると、「やっぱね、外の人(ブーン)はこういうの、やりたがるから。お父さんはお父さんだけど、ブーンにとっては新しいお父さんだしね」ということになる。
そうそう、なんか俺もそれは同じように思った。
そもそもの親子にそういう文化がなくても、新しい家族が新しい関係を運んでくれる、というか。
ありがたい話ですね。


今回は、実は娘の一人が仕事に行き詰まりどうしようか、という流れで、どうも兄弟同士ではその情報が回っていたらしく、「で、どうなったの?」から話が始まって。
でも娘同士はけっこう近しく話をしていたようで、解決したことも知っていて。
ま、解決できる力があったことにも嬉しかったけど、なんでしょうね、兄弟仲よくてよろしいことです。
「友だちもいろいろいいコト言ってくれてさー」と、ライン?を見せてくれたけど、いいお友だちもいるようで、なんとかかんとかやってるんだな。

まあ、親がいなくても子は育つ、って話ですね。


明るく、楽しく暮らして欲しい、と思います、ほんと。
それだけ。







sennkyoshou.jpg

(BGM:高橋克典「逆光線」from「Psyche-Delicious」)
→役者さんですよね、この人。
なかなかバックトラックが凝ってるし、アレンジもいいのよ、これ。
どういう人なんでしょ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP