FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

怪談はあなたのとなりに


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


まあ、怪談ね。
稲川さんのミステリーツアーに行ってきまして。
毎年行きたいんだけど、日程的なこともアリ、やっといけた感じ。
十年以上前になりますか、工藤さんと一緒に行ったのが最初。
その後も行ったと思うんだけど、ちょっと記憶が曖昧。

ま、そもそも、怪談をエンターテイメントにした、という意味で稲川さんはその立役者だと思います。
しかも、ホールいっぱいにしちゃうんだから。

なにせ、そもそも大宮公演は満席でチケット買えず、その後の戸田公演がやっと買えた、という感じで。
しかも買えたといっても二階席。
もう満員でした。

プロレス団体さながらのツアートラックが会場に横づけされていて、まあセットもすごいわけ。
なんだかもう、売れてるバンドのライブツアーの様相。
といっても、客は熱狂するってコトじゃなく、し~んと静かに座って聞いている、という。

なんかすごい。
これだけの人が来るイベントに怪談を成長させたというのは、まあすごい人なんだと思います。

話としては、いい話を前後に挟んでいたりして、必ずしも「怖い」だけではない。
特に前もそうだったんだけど、必ず戦争の話を折り込んでくるあたり、稲川さんの意思を感じたりもする。

そうなんだよね、ここなんだよ。
怖い話が怪談なんじゃなくて、なんか心があったかくなるような、しみるような、そんな不思議な話、も怪談にはあるわけです。
ショッキングだけじゃない、というか。

怖い話の方も、言ってみればスタンダートに近い。
鋭いナイフのような話、というより、じわっとくる昔ながらの話、というか。

だからこそ、まあこれだけの人が来るんだろう、と思ったり。
つまり、ちゃんと「いとしのエリーをやります」みたいな感じと言ったらイイか。
この辺が、いわゆる一般化していくに当たっては大事なことなんだろうなあ、とか思ったり。

お客さんも老若男女、もういろんな人がいて。
各層からきちんとバランスよく来ている、みたいな。
いかつい元ヤンキーみたいな人も、ヲタクみたいな人も、お婆ちゃんも、普通にサラリーマンの人風とか、若い女の子からなにから、まあ日本人の色々が見れます、みたいな。

普通は、まあその演目、例えばロックのライブならロック好き的な人が多かったり、若い人が多かったりするわけですが、ここはもう全方向展開。
怪談の力恐るべし、です。

普段どんな生活をしていようが怪談はみんなの心の中にある、というか。

よく、怖い話が嫌い、って人がいます。
おそらくそれって、ショッキング、みたいなのが苦手なんだと思うんだけど。
そういう人は、ぜひ稲川さんの怪談を一回聞いてみたらイイと思います。

二時間近い公演でしたが、ま、喋りっぱなし。
つまりね、これ、落語です。
その題材が怖い話、という。
カンペもなく、とうとうと話す様は、まさに落語。

冒頭、公演前に出てきたアナウンスの人が提灯もって出てきて、「携帯電話はお切りください」とかを、まあそこそこ「おどろおどろしく」やったんですけど。
気分が怖い話に盛り上がっていく感じでよかったと思ったんですけど。

その後、出てきた稲川さんが、もうお客さんに手を振って、なんだか吉本新喜劇風に出てきましてね。
いや、自信あるんだな。
吉本新喜劇で始まりながら、(しかも最後も新喜劇風に終わる)それでも怪談を始めれば自分の世界に引き込める自信がすごいんだな、と思いました。

実際、まあ引き込まれちゃうんですけどね。
一話目の、霊の話じゃないんだけど、いや、霊かもしれないけど…、みたいな、なんかちょっとあったかい気持ちになるような話がとてもいい話で。
まとめちゃうと怖い話じゃないんだろうけど、とてもいい話だった。

帰り、トイレに入ったアキが「とても派手な髪飾りみたいのをしたおばあさんがいて云々」とか言ってたんだけど、「それ、実際はいなかったんじゃないの?」みたいな話になって。

ま、怪談は、いろんなところにあるというか。








(BGM:ショコラ「10月」from「WE LOVE butchers」)
→ブラッドサースティ・ブッチャーズトリビュート。
浅野忠信さんなんかが参加しててなんか浅野さんの好感度上がる。
で、このトラックはなんかすげえ、どうですか。
この人のことは知らないけど、自分のフィールドに引っぱってきてて、すげえイイと思います。
スポンサーサイト



ベンチの選手


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



今ウチは自治会の班長をしているので、回覧板を回す仕事をしているわけです。
で、その中に、先日女子プロ野球のチラシが入っていました。

女子プロ野球かあ。
埼玉にはアストライアというチームがあるんだよね。
よくよく見てみると、今、日本の女子プロ野球は三チームしかないらしい。
愛知と京都と埼玉。

まあ、あまりうわさを聞いたりもしないので、そんなには盛り上がってはいないのかもしれない。
でもまあ、頑張ってる感というか、「とにかく一度見に来てほしい」という勢いは感じた。

マイナースポーツが結構好きなので(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4282.html など)、これはけっこう見逃せないな、と思いました。

それにまあ、やっぱみんな頑張ってるわけでしょ。
野球が好きでやってるんでしょう。
ま、好きなんだから勝手にやってろ、という方もいるでしょうけど、俺としてはそれは応援したい。
なにせ、見に行く人がいなかったらそもそもそのジャンルがなくなっちゃう可能性だってあるわけですから。

今、高校野球でも女子を出さないとか何とか言ってたりして。
いやいやいやいや、別にいいじゃん、とか思うんだけどね。
そりゃ、学校の考え方で一緒に練習してるのなら、それはそれで出してやればいいのに、とか。
マネージャーもグランドに入ったっていいじゃん、とかね。

未だになんか「男の聖域」みたいのを必死に守ろうとするのってカッコ悪いですよね、ほんと。


ま、それはそれとして。
そんな話をしていたら、ノブも「にじ屋の近くの自治会の掲示板で見た」と。
市丸もそんなことを言っていて。

けっこうみんな見てるのね掲示板。
じゃあ、行きましょうか、となりまして。
けどもまあ、別のイベントも重なっていて、なんだかんだ市丸はそっちに行きたい、とのことで、ノブとコウヘイとアキといってきたわけですが。


まずですね、その日、本来はアストライア戦のはずだったんですけど。
行ってみたら、京都対愛知だった!
おいおいおい、と。

というか、回覧板にはアストライア戦と書いてあった。
でも、「天候によって、対戦が変わる可能性があります」みたいなことも書いてあって。
ああ、前の週の大雨とかでずれたのか、ということだと思うんだけど、だったら券売り場とかで言ってくれればいいのではないかと思うが、まあ、来てる人はそれを承知で来てるんでしょ?みたいな感じなのか言ってくれない。

ふむ。

でもまあ、特にアストライアに思い入れがあるわけでもないので、いいはいいんだけども…。
なかなかこの辺、天気相手という部分もあり、もどかしいところではあります。

というか、まあ後になって思えば、つまりね、「女子プロ野球」というものを盛り上げたいというか、今のところ、「球団のファン」というのもあろうけど、「女子プロ野球のファン」といった感じなのだろうなみなさん。
なにせ三チームだしね。
まだこう、チームに分化していく段階ではないということなのかもしれない。


で、スタジアムに入ると、まあどこに座ってもいい、と。
もう、これは前の方で見よう、ということでベンチ席を前後で確保。
前の席にビールとかおいて、という布陣で見ることにする。

そしたら、選手が練習してまして。
まあ、とにかく上手いよね。
当たり前だけど、プロだから。
それと同時に、小さい。
背が小さいのだな。
でも、すげえがっちりしてる。
ま、当たり前だけどプロだから。
身体がとにかくしっかりしてるわけだ。

男子の野球と違うのは、7イニングまで。
あと、金属バットアリ。
他は、ダイヤモンドの大きさも、ボールの大きさも一緒。

埼玉のチームは出ないので、なんとなく座った方の、愛知ディオーネを応援することに決めた。

で、まあ応援団もいる。
といっても二人。
おそらく夫婦。
しかしまあ、ちょっとおぼつかない。
慣れてない、というか。
あまり向いてないんじゃないかな…、みたいなことも感じつつ、けど一生懸命なので、一生懸命あわせて応援することにする。

超望遠レンズを構えるおじさんおばさん、若めの女の人、などもいつつ、あとは家族連れ。
子どもがまあ、縦横無尽に走り回っておりました。
走り回れるくらいのお客さんの数であります。
飽きなくていいよね。
うん。
子ども連れにはお勧めしたい。


ま、試合はディオーネが2点差で勝ったんだけど。
なんかたまたま決めたチームではあったけど、やっぱ勝ってくれてうれしかった。

で、アキが「なんか泣きそう」と。
時折流れてくるBGMとかが、まあいいんだな。
「やりたいことをやろう、年なんか関係ない」とか。

そうなのよね、実際、この子たちは、もうやりたいことを必死にやってるわけだ。
なかなか日の当たらない女子プロ野球ではあるけれど、この少ない人数の前で、必死に戦っている。
給料と言ったって、どういう感じなのか。
男子のプロ野球選手とはケタがいくつも違うだろう。

でも、まあすげえ練習しているのは体つきを見ればわかる。
そんな会場で、「やりたいことをやろう!」なんて言われたら、そりゃ泣く。


で、今回、俺とアキが一番好きになった選手が、愛知ディオーネの背番号23番西山選手。
といって、この選手がホームランを打ったわけでも、ファインプレーをしたわけでもありません。
というか、出てないんです。

いわゆるベンチの選手です。

なんかね、女子プロ野球の場合、けっこう選手がみんな総出で喜ぶ、みたいな場面がけっこうあって。
点が入ればみんな出てきてハイタッチ、とか。
ま、これは男子でもやるか。

それだけではなく、守備から帰ってくる仲間の選手にベンチの選手が前に出てきて一人一人ハイタッチするんだわ。
「よくやった」とか言ってるんでしょうか、なんかベンチの選手が一列になって、守ってた選手を迎える、笑顔でハイタッチしていく、みたいな。

その時に、この選手、必ず一番前で、しかもすげえいい姿勢ですげえ高く手をあげてみんなと笑顔でタッチしてるんだよ。

それ見たら、なんか感動しちゃって。

その後、よく見てたら、この選手は自軍の攻撃の時、一塁のコーチャーズボックスっていうんですか、あそこに入ってて。
打席の選手とか塁に出てる選手に明るく何か声をかけてる。

なんでしょう、ムードメーカーというか、そんな言葉も浮かんでくる。

こういうベンチの選手がいる球団、いいですよね。
なんかもうすげえこの人好きになっちゃって。

というか、この人のおかげでしょ、勝てたのは、くらいの気持ちになっちゃって。
ヒロインインタビューはタイムリーを打った選手だったけど、俺とアキで、「いやいや、あの23番をあそこに推薦したい」と言ってたんだけど。


そしたら、なんか試合終わって球場出たら、彼女がいて。
なんかイベントみたいのあったみたいで。
選手がなんか売ってる、とか、撮影、とかそんなのだと思うんだけど。
それも笑顔でやってて、なんかすげえなあ、と。

確かに、今のところお客さんも少ないし、ファンと選手の距離が近くなってしまうのはしょうがないんだな。
そういうの、やっぱちょっと気になっちゃうんだけど俺は。
もっとプロに徹してほしいというか、女子プロレスとかもそうなんだけど、どうしてもこの手の女子スポーツって、そういう変な感じというか、野球の中身じゃなくてアイドル扱い、みたいな感じはちょっとやなんだけど。

でもしょうがない。
ここを乗り越えて、もっと大きなところで勝負できる女子プロ野球になってほしい。
いや、その頂点に立ってほしい愛知ディオーネ背番号23番西山選手。


んなわけで、とても楽しかったので機会あればまた行きたいと思っていますが、それがアストライア対ディオーネだった場合、どっちに座るか、今から悩んでいます。








(BGM:Fat Randy「Yet [Japan]」from「Wankin' in the Pit !」)
→いわゆるなんですか、メロコア?っていうのか、じゃんるはよくわからないけど、俺なんかは「爽やかパンク」っていってるんだけど、そういう感じのコンピ。
キャッチーというか。
日本だけじゃなくていろいろ集めてて。
ま、どうですかね、結局J-POPみたいになっちゃうメロコアも多い中、そうじゃねえし、みたいな、そういうイデオロギー的対立を見せて欲しいところなんですけど。
パンクが商業主義に消費されるのはやっぱちょっと見ていて苦しい。

また呼んでください


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



というわけで、津田沼メディテラネオで歌ってきたわけですが。
なかなか自分的にはいいデキだったのではないかと思います。
けっこう今回はなにやるかあまり考えないで臨んだので、ま、こういうのも楽しい。
前の人が「恋愛しばり」だったので、恋愛しばりでやってみました。

記録としてセトリ)
①私がおばさんになっても
②あなたの浮気相手
③イキタカッタ
④数え唄(市丸たちと)

というわけで、まあ一泊するつもりだったので、ホテルにまず一回入ったわけですが、その時に軽く調弦しよう、と思ったら弦が切れまして。
ああ、ゲンが悪い、と。
でもなんかその話をすると、一緒に行ったアキも外口さんも「先に切れておいてよかったじゃないですか」と。
前向きなみなさん。
ありがたい。

ま、スペアの弦はもっていたので事なきを得ましたけど、こういうことってあるのね。
おそろしい。


津田沼という立地は、東京から言うと、おそらく浦和、みたいな距離感で、それよりはまあ小さい駅ではありますが。
今は幕張、というのが大きくなってしまったのでかすみがちですが、俺が子どもの頃、40年くらい前までは、千葉の次に東京に近いのが津田沼、船橋、そして東京、という感じでしたから、それなりに遊びに行ったりしなかったわけではなかった。

まあ、今、文化的な中心というのは、やっぱ渋谷とか新宿なのかな。
下北、高円寺、なんかもそうですかね。
東東京ではあまりイベントが成立しない、という話も聞いたりもしてます。
そう考えると、津田沼から新宿となるとそれなりに電車的に遠いということであります。
とはいえ、一本でいけない距離でもない。

なかなかそのへんもどかしいのですが、やっぱ地元でイベントやる、とか、面白い店をやる、ってのは、なかなか俺には魅力的な動きに見えます。

やっぱ、浦和なら浦和で何かやりたいよね、みたいな。
そういう店を構えたい、みたいな。
そういう動きがあったら、これぜひ応援したいのですけれど。

ま、う~ん、自分でやるほどそんなに浦和愛があるわけではないのでなんですが、そういう動きには協力したいと思うし、なにか一つ噛んでもいいかな、という気がしたりします。


というのも、それはやっぱり、東京一極集中ということに対するアンチ、という面が大きいですかね。
東京でやればそれはそれで成立することでも、地方だと確かに難しかったりもすると思います。
でも、そこにチャレンジしようという流れに関しては、なんか俺はとても魅力を感じます。


おっちいさんが働いている店が津田沼にあって、そこで面白いことをやろう、みたいなのって、やっぱステキだと思うし、もし協力できるのならしたいな、と思っています。
それに、そもそも俺は千葉育ち、というのもあります。

今回も一泊して、翌日は自分の出身高校とかを見てきましたけど、ま、図らずも外口さんと俺は同じ高校でありまして、まあ見に行ってきましたけど、校舎がもうすごく新しくなっていたので、なんの感慨も湧かない、という。
近所にあった駄菓子屋とかもなくなっていたし、本屋さんも休業したようだったし、コンビニは出来ていたけど、う~ん、何か違う街…。

で、俺が住んでいた団地に行ってみましたら、子どもの頃にあった市場やスーパーはなくなっていたけれど、その前にあったビル、というか、二階建て?三階建てくらいの、商店が入っていた建物が残っていまして。
まあ、もう商店はほぼなく。
入り口の米屋さんはそのままでしたが、あとはほぼ全滅。
建物も、まあ俺が子どもの頃ですから、50年以上前にあったわけで、もうボロボロではあって。

でも、「二階に上がるとトイレがあって…」とか、記憶を頼りに上がっていくと、やっぱちゃんとトイレがあって。
「ここは本屋さんだった」「ここは八百屋だった」「ここによくおでんの屋台が出てて…」とか、いろいろ思い出しました。
ま、思い出したところでどういうこともないんですが、でもなんか懐かしい、ってこういうことだな、と。

ホント、30年以上ぶりにその団地に足を踏み入れたという感じだったのですが、とにかく驚いたのは、小さい。
団地のサイズ感もだけど、団地の前の道も「こんなに狭かったかな?」と。
自分がでかくなっただけなんでしょうけど。


あのままあそこに住んでいて、千葉の仲間とも普段から飲みに行くような間柄だったとしたら、俺も千葉で何かやりたい、みんなでなにかやろうよ、とか言っていたかもしれないな、とか思って。
結局、大人になって、何かやれる年になって、その時に日常から子どもの頃からの仲間とつながっていたならば、そうなっていたかも。

まあ、残念ながら俺は大学で埼玉に来てしまって、そのまま埼玉に住んでいるので、千葉のクラスメイトだったり、幼なじみとかとは、大学の時はちょっと会ったりもしたけど、その後結局年賀状で「会いたいね」というばかりで、会ってるわけでもなく。

住んでる場所を盛り上げたい、とかってのは、やっぱ人とのつながりなんだろうな、ということをとても感じたりした千葉紀行でありました。






(BGM:東京スカパラダイスオーケストラ「CARDS」from「WELCOME TO PLASTIC WORLD PLASTICS CHILDREN」)
→プラスチックスはすごく好きなんですけども。
テクノですよね。
テクノというと、どっか人間的なモノを排していくイメージがありますけど、プラスチックスにしてもYMOにしても、ライブを聴くとよくわかるんだけど、どこか肉体的、というかロックの文脈の上に乗っかってるな、と思うんだよね。
そういう意味で、恐らく楽器的には反対側にあるスカパラがここに参加してるというのはとてもなんか嬉しい。

SAW設定は簡単なようで難しいよね


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレしますね。


「Q」

何人かの男女が、目覚めたら円になってイスに座らされている。
しかも鎖で固定。
まったく状況が飲み込めないまま話が進みます。

というか、SAWですね。
このSAWパターン、一つのトラディッショナルになりました。

問題は、まあ非現実的が過ぎる、という点でしょうか。
SAWは、警察がまわりで動いていたりというリアリティがあるモノの、この映画に関してはまったくそういうのがないので、まあなんの現実味もない。
ただ、SAWパターンがやりたかった、というだけで、映画としてはまったく話にならないと言ってもイイでしょう。

最後、どんでん返し的な感じはありますが、う~ん。
無意味な殺人だった、という結論なんだけど、だったらこんなに手の込んだことはしません。
SAWには殺す手法とかに意味があるんだけど、これには意味がない。
だったら、この壮大な仕掛けに意味がなくなっちゃう。

となると、設定に意味がないから、設定しかないこの映画にはそもそも意味がない、ってことになってしまいます。


「ボディ・ハント」

ジェニファー・ローレンスさん主演ということで。
ハンガーゲームの主役だった子ですね。
なんか惹かれるものがありますね、彼女。

これね、まあとにかく面白いです。
終盤でどんでん返しかと思いきや、ラストのシーンでまた驚愕の事実が明らかになります。
そして、それによって、なんだかすごく哀しい物語として成立している。

といっても、まあ捕まった犯人、マックス・シエリオットさんですけど、けっこう極悪非道なコトしてますから。
「哀しい」じゃすまされないんですけどね。

一家惨殺事件があった家の隣に主役であるジェニファーが越してくる。
で、唯一生き残ったと思われた息子、もう大学生になってるわけですが、マックスが住んでいて、いや、もうね、なんか最初から物悲しい感じなのよね、彼が。
この演技がまずすごいよね。
どう考えても、彼に同情する感じの流れなんです。
ジェニファーもだんだん好きになっていくんだけど…。

まあ、これは見てもらった方がイイですね。
よくできています。
ラスト、まさか、でした…。

でも、こんな風に育てられたらなあ…。
自分の身に置き換えたら、ちょっとこれはつらい話でもあります。


「エクスリベンジャーズ ひきこさん ミ・ナ・ゴ・ロ・シ」

もう限界。
ここまでくると、もうホラーでもなんでもない。
コントですね、これは。
エンディングの「DEAD END」という文字も、エンドロールの歌も、もう全部コントです。


「ジオストーム」

気象衛星みたいのを打ち上げて宇宙に飛ばし、天候を自由に操作できるようになった近未来。
竜巻もなく、異常気象もなく、穏やかに過ごせるかと思いきや、それでは映画になりませんね。
その衛星が暴走。
各地で急に凍っちゃったり、が多発。
で、その衛星を直しに行きましょう、というお話。
ま、最終的には直って、穏やかに過ごせるようになりました、メデタシメデタシ。

…っておい!
いや、どうですか、これ。
気象を我が物にしようという人間の傲慢さについてはまったく触れられないままでありまして。
そんな傲慢な人間が、「よかったね」「うん」とか言ってる場合か?という。

どうなんですかね。
自然を制御する、ってのは、どっかにおそらく歪みがきそうな気がしませんか?
とはいえ、人間は自然と闘ってきたわけで、それがまあ橋だったりするわけですけど。
けど、気象そのものをコントロールしよう、ってのは、また話が違う気がしますね。

かならず「しっぺ返し」がくるでしょうよ、と。

いや、映画としては面白いし、CGもすごいし、いいんだけど、なんかその「人間の傲慢さ」ってのが放置されてるのがどうにも、ちょっと入り込めませんでした。








(BGM:BLIND FAITH「君の好きなように」from「BLIND FAITH」)
→これは5拍子なのだな。
といって、難解ではない。
音楽があまりわからない人なら下手すれば気づかないのかも。
すごいなあ、と思うわ。
ドラムがラストに向かって叫んでいくところもかっこいい。

白く固まっちゃうのよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg
























(BGM:伊東ゆかり「愛のさざなみ」from「浜口庫之助カヴァーソングス~歌謡曲編~」)
→例えばサビが繰り返しでわかりやすいとかのポップかというとそうではないのだけれど、すごくメロディラインがステキ。
そして、それをちょうどよく情感込めて歌ってて名曲に仕上がってる、という感じ。
ラスト転調したのは、ちょっと抑揚がないと思ったからなのか、ポップさが足らないというか。
別にいらないと思うなあ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE