FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

卵サンド


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


先日、浦和駅でパブリックビューイングというのをやると。
れいわ新撰組ですか。
アキが色々お手伝いしているんだけど。

で、まあちょっと見に行こうかな、と。
どういう感じでやるのか、そもそも「駅前でこういうことをやる」というコトに関しては興味があります。
中身云々じゃなくて、ウチだってそういうことを考えないわけじゃない。

いいじゃない、市丸やモトミの毎日を撮った映像を流し続ける、みたいなパブリックビューイング。
んなわけで、まあ見に行こうとは思ってはいたんですけど。


その日、昼はネットの会議で、まあいろいろありました。
いや、悪いことじゃないんです。
とてもいい話が出来たと思うし、ミツとかコウヘイが思いの丈をぶちまけられたというのは悪い話じゃないし。
最終的には、まあ橋渡しをしていた感じになった俺としても、まあギリギリうまい形で終われたかな、と。
ミツは論議を通して、最期に「安心した!」と言っていたし。


ま、蛇足ですけど、その時、まあちょっと緊迫した感じの話になったんですね。
緊張感、というか。
みんな真剣に話し合う、というか。
最初、ミツのケンカ腰から始まりましたから。
で、そういう時、きっちり話に乗れる人と、そうじゃない人、というのがいます。
話に乗れるといっても、思いの丈をぶつけられる人、うまくまとめようとしちゃう人、まあいろいろいます。

で、その「乗れない人」というのは、つまり「緊張感に耐えられない」ということなんですけど、その「緊張感に耐えられない」という表現が十人十色で面白くて。
カイはまず立ち上がって徘徊を始め、俺にチューを迫る。
ま、俺に助けを求めているのかもしれません。
オグラは寝たふり。
市丸はコバを睨んで逆切れを始める。
そして、カブキは笑っちゃう、という。

ま、たいがいはちゃんと話に乗ってるんだけど、特に他の作業所とかから来た人はたいがいこういうのに弱いですね。
「普段思ってるイヤなこと」に向き合えないのかな。
例えば「この人嫌い!」とかってのは、マイナスの感情ですから、そういうことをなかなか自分の中に存在させるのを嫌がるというか。
そんな雰囲気はまあ感じるなあ、という話なんですけど。

イヤなことこそ言えるようになって欲しいですけど。


で、話戻しまして。
で、会議終わって、その時は、そんなに疲労度はなかったし、どちらかといえば、今考えるとアドレナリン出てる感じだったのかもしれない。
最初の時間から行くというアキ一行と一緒に行こうと思ったんです。
ま、行けば行ったで面白いかも知れないし、別にもてあますようなら駅前ですから、どこか避難する場所もあろう。
というか、駅前まで行くならギター弦も買いたい。

で、車に乗り込んだんだけど、駅に着くに従って、ものすごく疲れていることを自覚。
もう、どんどん元気がなくなっていく。
正直、もう、家に帰りたい、くらいの元気メーターゼロに近づいてしまい。

やばい、と。
もうこれ、駅前行けないよ、と、アキたちと離れて車を降りて近くのデパートに入ったんですけど。
もう、力が出ないわけですよ。

で、地下のなんかパンとか売ってたりする場所に、座るところがあって。
ちょっとした机もあったりして。
よし、もうここに座ろう、と。
そこで何か買うわけでもなく、座ってたんです。
ちょうど、その日の午前中が歯医者で、文庫本を1冊もっていたので、それを読みながら。

でもまあ、座ってると、そこそこ落ち着いてきて、というか元気も多少復活してくる。
そうなると「ここにただ座ってるのもどうだろう?」という気持ちになってきて、なんかまわりの人の感じも何となく気になるようになってきた。
あの正面のパン屋さんのお嬢さんは、はて、俺をどう思っているのだろうか?と。
冷静に考えると、多少派手なズボンもはいているではないか。
赤いハットかぶってるし。
それが疲れた顔をしてここに座っている、というのは、なんかこれ「変な人」なんじゃないか?と。

そういうことが気になってきて、これはいかん、と。
というか、ご迷惑かけてもいかんな、と。

そうだ、パンを買おう、と。
何となく一応サイフを確認して、遠目にパンの値段とかをちょっと見たりして。
さて、買おうか、と俺が立ったのと同じ刹那に、そのパン屋のお嬢さん、「今から30%オフ」の札を出しました。

おいおいおいおい…。

これでは、ずっと座ってて、30%引きを狙ってたおじさんみたいになっちゃったじゃないか…。
しかも、食べたかったのは一番安い卵サンド。
いや、だって、卵サンドが一番おいしいじゃないですかパンの中で。


なんかなあ…、う~ん。
ちょっといろいろ回収されない思いを抱えて卵サンドを食べた、という話であります。





(BGM:FOOLS「Come On Boogie」from「憎まれっ子世に憚る」)
→これは1曲目なんだけど、いや、1曲目の曲。
単純だけれど、ボーカルは最高だし、これやられたらもうのるしかない。
ロックは楽曲的に難しいことはしなくていい、ってのがよくわかる。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP