FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

歯医者さん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



この前歯医者に行きまして。
っていうか、もうずっと通ってんだけど。
歯が悪いんで。
今度は前歯にヒビが入っていることが判明。
もう困ったもんです。
終わらない。

今担当してくれてる先生は女性の方で。
とても安心して任せられる雰囲気の方なんですけどね。
助手?の方にも優しいというか、「○○取って」とかじゃなくて、「○○お願いしますねえ」みたいな感じでとてもこっちもリラックスできます。

この辺がけっこうきつい先生だと、いくら腕がよくてもリラックスできない気持ちになってしまいますね。
なんだかんだ歯医者ってのは緊張しますから。
気づくとすごい肩にチカラ入ってたりすることはよくあります。


ま、歯医者さんとはいえ人間ですから、おそらく失敗することもあるかとは思うんですよ。
ただまあ、それを口に出せない仕事ですよね。
失敗して、「あっ!」とか言っちゃダメでしょう。
もう一気に「どうしましたどうしました?なんか不都合でも?」みたいに食い下がりたくなります。
たとえ失敗だったとしても、そこは声を出さないでいただきたい。

知らぬが仏とも言いますし。

あとはまあ、あまり話しかけられるのも困るんですよね。
こっちはあなたの指示で口開けてますからね。
答えられないじゃない。
ま、もう最初と最後だけで、あとは痛いかどうかだけ確認してくれればいいよ、という気持ちになります。

というか、あの「痛かったら右手上げてください」みたいの、どう思います?
これ、ずいぶん前に書いたか(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-40.html)、これ苦手なんですよね。

「ちょっと痛いな」とは思いますが、「このくらいは我慢の範囲内なのではないか?」とか思っちゃう。
「痛い」って、共有できないじゃないですか。
「痛みレベル7の場合は言ってください」みたいな、その指標が人によって違う、というか。
それに、ちょっと痛い!と思った刹那、次の瞬間には痛くなかったりするじゃないですか。
その場合、どうします?
治療は続いているので、「ちょっと先ほど痛かったですけど、今は大丈夫です」とか、そういう細かい描写はできないわけです。
なんで、「痛い」と表明するのも違う、みたいな感じ。
そうこうしてるうちに、まあ終わるんですよね。

だからなんでしょう、歯がどういう状態になってるか悩むとかじゃなくて、「痛いと言っていいのだろうか?」ということでずっと悩んでいる状態なんですね俺の場合。
それもなんか歯医者が疲れる要因であります。


あ、これは歯医者の話じゃないんですけど、他の医者で、まあ毎月行ってるんですけど、これは再婚する前からいってて。
しかも近所で、市丸たちとマラソンしてるのとかも知ってる方が事務をしてたりして。
ずっと看てもらってるんですけどね。
まあ町医者さんですよね。
だから、俺のことは「佐藤さん」というのは知ってるわけなんだけど、今、保険証上では内藤さんになってるわけで。
けど、ふだんも「佐藤さん」で通しているので、あまり内藤さん、と呼ばれることってないんですよ。
だから、緊張するんですよね。
「内藤さん」で反応しなきゃならないので。
本とか読んでて没頭していると、ともすれば聞き逃してしまう。

そんな中、なんか事務の人は昔から知ってるからか、「佐藤さ、あ、内藤さん」とか言い直してくれたりすることがあって、いや、別に佐藤さんでいいですけど…、とか思ったり思わなかったり。

というようなこともありますわ。


あ、で、何を書きたいかというと、この前歯医者さんでこんなことがあって。

なんか、歯にかぶせていた白い感じのアレを外して水で流す感じをして、まあこれで「治療の準備が整った」という感じになった場面がありまして。
そこで先生が、「○○お願いします」って助手の方に言ったんですね。
まあ、ここまではいいんですけど、そしたらその先生が、急に一歩離れて一度手袋を外して、なんか髪の毛をまとめたんだか、そういう仕草をしてたんですね。
なんか、決闘の前に鉢巻きを締めなおす、みたいな感じで。
で、「よし!やるぞ!」みたいな感じで近くに来て治療を始める、という。

いやいや、そんなに気合い入れなきゃダメな治療なのか俺の歯は…、と。

まあ、助手の方が○○を準備する間に髪の毛をまとめたかったのかなんだったのかわからないけど、なんか面白かった。
よくよく考えたら、治療中に歯医者さんが「定位置」から離れるってのが初めての経験だったなあ、という話でした。





akigasebulog.jpg

wannmannblog.jpg

(BGM:THE POWERNUDE「Child In Time」from「Who do They think We are ?」)
→メタルというか、ハードロックといったらいいのか、そういう感じのコンピですが。
イメージですが、この辺はギターサウンドが前に前に出るイメージですが、ツインギターとかで。
でもなんかこれはキーボードが前に出てて、組曲風に仕上がってるというか、プログレに行っちゃいそうな勢い。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP