FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

11/2は渋谷にどうぞ!最高に楽しいライブやるよ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ワンマンライブは、ずっとやってませんでした。
というのも、まあギターが変わったとかそういうこともあったわけですけど、腰が上がらなかったというのが大きいかな。

ワンマンは、自分たちの世界観爆発でやれるし、タイトルから例えば客入れの時のBGMからなにから、好き勝手やれるでしょ。
この辺は、ものすごく、クリエイティブだし、楽しい。

けれども、やっぱ辛い部分もあって。
というのは、まず会場押さえたりとか、そもそもお客さん呼ばなきゃならんでしょ。
いや、普段どこかに呼ばれたって、お客さんを増やす努力はものすごくしますけど、なんか「背水の陣」という気持ちになっちゃうんですよね。


どうなんですかね、どうやったらお客さんが集まるんでしょうか。
…いや、そんなのわかってたら、みんなやってるよな。
というか、そのセオリーがあるのなら教えないか。
って、そんな狭い心でロックを語ってほしくはないが。

俺としては、まああまり人付き合いがよくないので、なかなか宣伝といっても難しいのですが、一応がんばっている、と。
とはいうものの、人が集まってくれるかどうかはものすごい問題で、こればっかりは蓋を開けてみなきゃわからないし。
自分がトレーニングすればマラソンは確実に早くなりますが、そういうもんじゃないしなあ。
もちろん、演奏や歌が上達すれば以降にもつながるンだろうと思うんだけれど。

ただなあ、歌の向上、というのがこれが難しい。
いや、まあ確かにうまく歌う、というのは誰にとっても難しい。
マリアカラスさんになど、どうやっても到達できるものではない。
ってか、いやいや、そうじゃなくて、なにもマリアカラスさんに到達する方向性ではないんだけど。

う~む、まず歌詞が覚えられない、とかな。
そういうあれがあるでしょう。
困ったもので。
一応、ホワイトボードに書いてあれしたりなにしたり、いろいろするんだけど、なかなかこれ難しい。
もっというと、曲の構成、なんてのはもっと頭に入らない。

困った。
これでは何も成り立たない…。

この状況で、よくバンドをやろうなんて話になったなあ、というご意見ごもっともなんだけど、やりたい時がやる時だからな。
その辺はしょうがない。


彼ら、市丸たち、いわゆる知的障害者にとって、ステージに上がるというのは、文化祭くらいのものだったわけで、それもまあ、彼らに言わせれば、練習して練習して、間違えないように一生懸命やってたわけです。
音楽の授業とかが嫌いだったと彼らは一様に言うんだけど。
ま、この辺は学校批判になりますんで、この辺に止めときますが。

でも、ちんどんの練習は好きだし、ステージはもっと好き。
上がりたい。
この辺な、結局、「音を楽しむ=音楽」という感じが出てきていいなあ、と思っているところなんですけど。

結局、まあ、総じると、「やりたい」んだよな。
俺たちは、スーパー猛毒ちんどんでステージに上がりたい、ということだ。
だからまあ、そのためだったら宣伝もしなきゃならないし、練習もしなきゃならない、と。

楽あれば苦あり。
何をか達成したかったら、某かの苦労もしなきゃいけないというようなことだろうな。
それなしに達成できる人は天才なのだろう。
我々はむしろ天災の方なので、それは無理である。


いや、何が言いたいかというと、とにかく11/2は来てほしい、という話なんですよ。
とにかく来ていただかないことにはリンダじゃなくても困っちゃう。
…いや、もう、へったくそなギャグが出るほどおい詰まってるわけですよ。


今のところ、練習の流れを見ていると、なかなかにいいステージになることははっきりとしております。
彼らも彼らなりに、音を楽しむを実現できていると思うし、みなさんにもそれが伝わるはずだと思っています。

あとは、もうみなさんに来てもらうばかり。

手ぐすね引いて待ってます。
本気で。
楽しい時間を、ぜひ一緒に過ごしましょう!







wannmannblog.jpg

(BGM:サワサキヨシヒロ「ほんとだよ」from「エンケン TRIBUTE」)
→これはいいですね。
トリビュートいうくらいだから、やっぱ自分のフィールドに引き込んで欲しいものです。
なんていうか、宇宙防衛軍のジャケットをそのままサウンドにした感じ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP