FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらら~


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



これを書いているのは日曜日。
日記なのに最近は出来事をちゃんと書いてないので、たまには一週間前から振り返ってみる。

先週の日曜夜は、台風明けで全体練習。
なんかまだしっくりこないが大丈夫だろうか、とか思う。
その後、アキ坊と中華料理屋さんにいって呑んじゃったの巻。
そしたら、なんかチャビと同じ声をした人と、森さんと同じ声をした人がいて驚く。
似た人はいるもんだ。
チャビも連れて行けばよかった。

翌月曜夜はとりあえず何があったわけでもなく、でも来月行われるパーティーの参加返信ハガキの書き方をみんなに教えて書かせる。

火曜夜は、志田選手の大会に行って(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4961.html)。
これがまあいい大会だったことは書いたんですけど。
その後、会場近くのインド料理屋さんでそういったものを食べる。

水曜夜は、市丸たちの原稿書きに付き合って。
まあ、市丸も昔はヒイヒイ言って原稿書いてましたが、今はずいぶんいい顔をして書くようになりました。
というか、字を書くのを放棄して、絵を一生懸命各方向にシフトしてきた感じで。
字を書けるには書けるけど、けっこうキツいんだよね。
書けるから書かせたいとも思うんだけど、字を書くことがストレスになってしまう。
字一つをやっとこやっとこ思い出す感じだから、書こうと思ったことまで忘れてしまう。
そうなると、書きたくなくなってしまう。
で、原稿、となると、シブに顔になって、当たり散らしてしまう。
つまり悪循環。

ま、確かに字が書けた方がいいんだろうけど、ま、何の方法でも表現する、自分の思いや自分のしたことを表現することをイヤになってもらっちゃったらそれはよくない。
まず「表現したい」が先になければだめだもんな。
字はその後でもいいや、ということで、最近はもう絵を書きなよ、という感じになってる。
その絵も、まあ結局は持ち上げてやるわけだけれど、集中して書けるようになってきた。
「俺、いい絵を描いたよ!」と翌日にみんなに言いまくったりするようになって、とりあえず「原稿→いやなこと」という図式は消えたように思う。

んなわけで、でも、付き合ってないとテキトーな絵を書いたりもするから、、まあ付き合ってやる必要はある。
ちょっとちょっと、アドバイスというか、「ほら、あれを書いた方がいいよ」とか言ってやるといい絵になってくるので、まあ付き合ってやった方が逆に早い。
後で書き直させるのはめんどうだし、彼にとってもまた一仕事になってしまう。

ま、そんなわけで原稿に付き合ってやったりして。
それが終わって、この日はウチに帰ってアキ坊と夕飯を食べる。

木曜夜はコバが行きたいというところに行ったんだけど、これがまあひどくて。
見てらんないほどのデキ。
よくこんなの舞台にかけたな、と。
小劇場の演劇バカにしてんのか?と。
全く時間返せ的な感じで帰ってきて事務所に戻って今度は自分の原稿書いたりして。

まあ、行った俺が悪い。
二度と行かない。
うすうす予感はあったしな。
ま、もちろん、コバが悪いわけではない。
しょうがないんだ、それは。
そんなこんなを話ながら、都内の中華屋さんでいったメンバーでメシを食う。

金曜夜は前日を取り返すような気持ちでロフトヘブンに久しぶりにジンタらムータを見に行く。
大熊ワタルさんが奏でる、というか、作る、そして選ぶ曲は、どれもとにかくメロディが美しいよね。
いろいろ音頭とかもやるけど、基本、どっかポップだし。
久しぶりに聞いた「道化師」もよかった。
正式曲名は「ある道化師の週末」か。
よく考えたら、シカラムータの私家盤ライブも何枚も持ってるじゃん!

これは市丸といったんだけど、どうかなあ、基本インストだし、ロック的なアレじゃないし、と思ったら、けっこうなんか楽しんでいたようで、なかなかね、吸収がいいというか、範囲が広いというか、イイ感じだぞ市丸。
その後、渋谷でご飯を食べる。
オシャレだし、なんか「大盛り」とは逆方向の感じだったけど、でもうまかった。
オシャレにはコンチクショー!と思うのだが、うまいんだよね、こだわった感じのおしゃれは。
それがまた悔しい。

この日は、ロフトヘブンの方にも挨拶できたのでよかった。
11/2のワンマンに向けての気合いも入ろうというものである。
とにかくみなさんにはチケットを買ってもらうか予約をしてもらいたいと切に願っているところであります。
心臓に悪いです。

翌土曜は、この前の週かその前か、池袋にウチの娘とその彼と飲みにいった時に、というか、まあ外口さんとかK子さんとかも一緒にね、大勢でいきました。
つまりはまあ、なかなかどうですか、親子っていったって、そんなに話題ないじゃん!みたいな感じですか。
ま、その時に、店の大将に紹介してもらった柳家喬之助さんですけど。
ちょうど来てらして。
いろいろ話させてもらったりしてたんだけど。
あ、俺じゃなくて、アキとかアオテツが。

で、その彼の落語を聞きにいったんですがね。
これがもう面白くて。
元々落語大好きなんだけど、越えてきたね。
やっぱ現場で聞くのは楽しいよ。

それは昼の部だったんだけど、夜はそのまままたアオテツと飲みにいって。
よく飲んだな。
浦和にいいお店を見つけたのでうれしいことこの上ない。

ちょうどなんか浦和バル?とかいうのやってたみたいで、「バルのお客さん」とかもたくさん来ていたけど、どうも、チケット買っていろいろなお店に行けますよ、みたいな企画らしいんだけど。
もう5時間くらいその店にいたんで、いろんな人が通りすぎていったわけですが、ご夫婦らしき人たちとか。
あとはけっこうお一人様も多くて。
男の方一人、女の方一人、みたいな感じで、カウンターに隣り合って座ったりして。
何か起こりそうな予感じゃない!
…と思ったけど、特に何もなく散会していた人が多かった。
そういうのじゃなくて、酒を楽しみに来てんだよ!という感じだったのかもしれない。

そして、日曜夜、本日は先ほどまで全体練習。
セトリもいよいよ決まり、やってみたらば、これがいいじゃないの。
やっぱこう、ちょっと広く練習してましたから、絞っていくとね、やっぱなんだ、イイ感じに仕上がるわ。
その後、原稿がまだ山ほど残っているアキ坊とさっさとご飯を食べようとカレーを食べに行って、ただいま原稿をやっておる最中であります。

というわけで、これが更新されるのはおそらく次の週だと思われますが、また同じような一週間を過ごしているのだと思います。

ありがたいと思っています。
でも、時にはアキ坊と家で二人でご飯を食べたいと思ったりします。








wannmannblog.jpg

n1.jpg

(BGM:カメとアンコー「オヤジのラブソング」from「オールナイトニッポン Evergreen 6 1982-1985」)
→オールナイトニッポンから始まったんだなこれは。
社員である(あった?)パーソナリティ二人によるユニットと言うことらしい。
水虫の唄が有名だけど、これはマジメにやりました、という一作。
こういうのには名曲が多いが、まあこれは普通かな。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP