FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

満員目指しております ★ 11/2ワンマンきてね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




まあ、どうしたってライブ前というのは気もそぞろというか、そんな感じになります。
なにせライブは水ものですわね。
どうなるかわからない。
一応、全力は尽くしているわけだけれど、ひっくり返らないとも限らない。

ま、基本不安症だと思います。
逆に、こういう時に不安にならない人がいるんだろうか?とも思うワケですが。


明日テストだ!とか、運動会だ!とか、まあいろいろありましたよね、子どもの頃から。
でも、けっこう緊張したコトってなかったような気がします。
「ま、テストダメだったらしょうがねえわな」というのが根底にあったんだな、俺の場合は。
というか、別にそもそもテストなんかはどうでもいいというか、う~ん、あまりそういうことを言うと怒られるのかもしれないけど、どうでもいいわな、としかちょっと思えないワタクシ。

就職試験、とかだったらちょっと違ったんだろうか。
う~む。
しかし、俺の場合はやりたいことがなかったので、そんなに緊張したとも思えない。
「ダメだったら別を考えるか」というのが根底にあったという気がします。

ま、どっちにせよ俺の場合は就職試験は受けることなく、というよりも就職したという感じはマッタクなく、大学でやってたことをそのままやってるという感じなので、就職も何もないんだけど。

高校の時にやってたバンドとかでも、そんなに緊張することはなかった。
そもそもがパンク。
笑い飛ばせなくて何がパンクだと思いますし。

なんで、あまり緊張したコトってないのかもしれません。


いや、ものすごい高い壁にぶち当たって、回避困難かと思われるような壁を前にして怯んだことは何度もありますけど、それはちょっと緊張とは違いますね。
それはもうがむしゃらにやれることをやるしかないわけで。

あ、一つ思い出した。
離婚の話を子どもたちにする時は緊張したわ。
でもまあ、それも元奥さんと二人の最後の共同作業、みたいなことで緊張も半分ではありますけど、なかなかもう共同作業が成り立たない状況ではありましたからちょっと困ったところもあったりなかったりではありましたけれども。

あー、もう一個思い出した。
娘が警察にお世話になった時は焦りましたね。
あれは迎えに行く時緊張したわ。

あー!思い出した!
小2の時?かな、クラスでもけっこうかわいかった確か幸田さん?だったかなんだったか名前そんな感じの女の子がバレンタインにチョコレートくれたんですよ。
みんなに、って感じじゃなくて、俺だけに、みたいな感じで。
その時は一気に汗吹き出して緊張したわ。
歩けなくなったの覚えてる。
足もつれちゃって。

あー!あるある!。
なんか、荷物運ぶんで路駐してたらベンツが停まってすごまれた時。
「覚えてろよ」とか言ってたから覚えてますけど、う~ん、特にもう忘れていいかな。

…ま、思い返すに、緊張したことはありましたね。


でもまあ、よくよく考えたら、忘れちゃうほどのことではあるんだよね。
その後、それでどうなったこともなく。
余計な心配なんだよな、たぶん。

といって、それが必ずしもうまく進むと言い切れるかというとそういうことでもなく。
今度こそ、うまくいかない、ということも考えられる。

ま、どうでしょうね、ライブに関しては、やっぱなんとなく「責任」みたいなことを考えたりはします。
一応、プロデューサーなわけだから、俺がしくじるというのは、全体が失敗する、ということでもあって。
音楽的な面はたぶんなんとかなると思うんですけどね。
その他の面ですよね。
いろいろ不安はぬぐいきれないところはあります。

ただまあ、毎回こんなこと思ってるのは事実で。
でもまあ何とかなっちゃってるのも事実で。

ま、できる限りヌケがないように準備して、当日に臨みたいと思っています。

ホント、練習においてはすごくいいデキなので、そこに心配はないんで、あとはみなさんに来てもらうばかりであります。

あ、そうそう、お客さんが集まるかどうかが一番緊張する点だったわ。
満員御礼で行きたいなあ。






wannmannblog.jpg

(BGM:向井秀徳「PINK TV」from「タダダー ! トリビュート 私服刑事」)
→これすごいなあ。
何拍子なの?これ?
こういうの、やりたいなあ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP