FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

シンプルに


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


先日ツイートを見てたら、介護現場の離職が多い理由について、けっこう「職場のやり方とあわない」「職場のやり方が許せない」というのが現場的には多い、というのが流れてきた。
同時に、「一般的には給料の安さ、それに対する責任の重さを指摘されるが、現場では上記のような話を聞くことが多い。この乖離はなんだろうか」という感じのことも書かれていた。

そのツイート自体は流れて行ってしまったので文面までは覚えてないし、誰が書いたのかもわからないが、ある意味、これはわからなくはないな、とは思ったと同時に、何か違和感もあって、その内容が印象に残っていた。


ま、このツイートそのものはおいておいて、この感じはなんかよくあるような気がした。

今の福祉制度は崩壊していて、高齢化社会になるというのに、介護職の人たちをつなぎ止めるために有効な手を打てないでいる。
介護の予算が増えるわけでもなく、給料は安く、現場は疲弊している。
のにもかかわらず、時に起こる事故の責任問題は重くのしかかる。
これでは介護職の人が増えるわけもない。

こうした政権のやり方に対して、ストレートに怒れればいいんだけど、世の中はなかなかそうもいかない。
今、まさに現場で格闘してる人たちの足並みが揃わないのである。

簡単に言えば、「上司のやり方が気に入らない」「職場の人間関係」というのは、どこの職場にもある。
別に介護の職場だけに限ったモノではない。
が、もちろん、老人介護の現場に於けるヘルパーへのセクハラとかも多発しているようなので、職場が一致団結して取り組まなければならない状態でもアリ、他の業種に比べ、そのへんは深刻である、とは言えると思う。
けれども、個々の職場には個々の問題や特殊な事情があり、それも一概に言えるモノではないと思う。

別に、この「職場の雰囲気」や「上司の考え方」といったものが、小さな問題だと言いたいのではないが、そもそもそれが月給100万だったとしたら、「辞める」という方に振れる針は小さくなるのではないだろうか、とは思うのだ。
もっと言えば、月給が100万だったら、もっといろいろな人材が入ってくるから、職場の雰囲気が大きく変わる可能性もある。
というか、変わらざるを得ない、というか。

人を集めるためには、給料を上げるのが一番早い。
それでも辞める人はいるだろうが、辞めない人も増えるはずだ。
人が集まることで、職場改革が進む可能性もある。


しかし、この感覚が福祉の現場ではメインにならなかったりする。
それは、福祉とは「志である」みたいな、福祉とは心である、みたいな、そういう精神が社会の中心にある、というのが一つの要因な気がする。

いや、そのこと自体は否定されなければいけない。
介護の問題を「気持ち」の問題にすり替えてしまうことは、今の政権もやっている。
そういう気持ちの問題にすり替えるから、賃金も上がらない、という結果になっている。

この波に反発するために、例えば介護職なんかの人たちは、自分たちのことを「専門的な仕事なのだ」とか言ったりもする。
それはある意味、一つの反論にはなるけれど、一方で、「介護とは何か」みたいなイデオローグの対立を産んだりもする。
つまり、専門的に考えれば考えるほど、それはその内部で考え方の違いによって足並みが揃わなかったりする。

専門的に考えるのが悪いと言ってるのではない。
しかし、AとBという対立が生まれてしまったが故に、AにもBにも覆い被さっている「介護予算が少ない。故に給料が安い」ということに共に立ち向かえなくなる。


福祉の現場で闘おうとしている人たちは、現実的に給料が低くてもやってるわけで、とてもマジメで一生懸命な人が多い。
そのことは、まったく悪いことじゃないし、むしろ歓迎するろころだけれど、そういう人に給料が安い、というのはマジメにやってる人にも失礼だ、って話なのですが。

けど、やっぱ真剣にモノを考えてしまうが故に、大元の問題だけではなく、いろいろな部分についてイデオロギー対立が生まれてしまったりもするような雰囲気がある。
「そこ、いま?」と思うようなことが、大問題かのように語られたりすると、ちょっと待ってよ、と言いたくなる。


今の政権に群がって甘い汁を吸おうとする人たちは、その目的が金、という至極簡単なモノでしかつながってないので(つまりはバカなんだろうけど)、互いに協力する力が強い。
鉄壁のようである。
けれども、それに対する、真剣に福祉を考える人たちは、マジメな分、どうしても細かい部分で対立しがちで、どうしても一枚岩になれないところがある。

過去には全障研、全障連対立のようなものもあったし、それはそのまま運動の世界でも同じで、埼玉でも二つの県交渉が今でも行われている。

俺は、もっともっと単純化していかなきゃいけないんじゃないかと思う。
介護の現場に於ける問題、というのは、確かに種々ある。
ある。
そして、それが大問題だというのもわかる。
わかるんだけど、問題はシンプルにしていかなきゃいけないと思う。

いや、そういうことで、その現場の問題を無視しよう、軽視しよう、ということを言いたいのではない。
それとこれとをきちんと分けた方がイイのではないだろうか?
逆に言えば、「ここまでは一緒にやる」けれども、「こっから先は一緒にやらない」という、「ハッキリした分断」をやってもいいのではないだろうか。
そのへんがごっちゃになって、大きな分断を産む必要があるとは思えないし、それはAの考えの人もBの考えの人にもうま味はないような気がする。


軽視しない、けれども、大元の問題については、そこはノーサイドで一緒に取り組もう、という理知的なアタマが求められているような気がする。

イデオロギーの対立は悪いことじゃない。
それによって、新しい何かが生まれる可能性があるから。
けれどもそれは、マジメな人たちにそれに相応する対価が支払われているという前提の話である。

だから、その前提を作る作業と、中身を語る作業を分けなければならないと思うのだ。






佐藤店長生誕祭小

(BGM:塩分手生えるんすか「もすかう [Digimind remix]」from「ウマウマできるトランスを作ってみた」)
→これはイイと思う。
トランスって、どこか胡散臭いというか、音楽愛を感じないことが多いんだけど、これはすごく好き。
もすかう、というタイトルがまずいいじゃない。
スポンサーサイト



アクションのないサバイバル?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレはしますね。


「制服サバイガール 2」

サバイバルランドで女子高生同士の残酷な殺し合いがあったらしいのだが、その後日譚。
といって、アクションを期待すると全く肩透かしをくらいます。
もう、なんだか、なんのためにこれ作ったのよ…。

サバイバルランドに戻ってしまった主人公とその彼氏が、謎の病原菌、なんだか木に寄生されたような症状におびえる、という。
ゾンビ状態になっちゃうわけですけど。
んでもって、最終的にはなんだかみんな寄生されて終わり。
主役が身ごもっていた子どもも寄生されて生まれてきた感じ。

物語として出口はないわ、アクションもないわ、どっちかというとあまりうまくない演技でこの「おびえる」をやろうとしているところもないわあ、と。

サバイガール、というネーミングもダサいが、内容も箸にも棒にも…。


「鰻の男」

ま、どうですかね、このタイトルは。
韓国映画なんで、原題がわかりませんが、う~む、ダサい…。

中身としては韓国に於ける「中国産のモノなんか食えないよ」みたいな、メイドインチャイナを避ける風潮みたいなモノに一石を投じようとした映画なのかどうなのか。
この辺は日本にもありますよね。

確かに、猛毒餃子事件とかもあったわけで、氷山の一角が全てのように語られて、「中国製は品質が悪い」みたいな感じになっているわけですね。
でもまあ、そういう「安けりゃ多少品質が悪くてもいいじゃん」みたいな感じもあるわけでしょ。
そういうニーズにはちゃんと答えてもいるわけで、どうなんですかね。

同時に、韓国内にある食品汚染に関する不正取引問題も描いてまして、つまりは「結局私たちこそが外国産の汚染された食品を横流しして汚い仕事をしているんじゃないか!」みたいな。

中国から密航してきた主役の男の人が、食品検査局に自分のところの鰻の再検査を求める、というところから始まるんだけど、なんでかこの食品検査の女の人が彼に惹かれちゃう。
すぐセックス。
ま、この辺がちょっとよくわからないというか、この女の人、最後までほぼ笑わないので、まあ病んでる?って設定なのか。
悪事に手を染めてもいるし、そういう自分も許せないのだろうけど。

で、その主人公が韓国語を話せないので、なんだかこの2人のシーンは無言劇のよう。
なんで、不正をしているヤクザとのアクションが際だってて、まあそこはよかったと思いますが。

ま、こういう「中国製は悪い」みたいなことって、国に対する差別意識みたいなモノがバックにあるからタチが悪い。
本気で製品の質だけを問題にしてるわけじゃない、というか。

ま、そんなことも考えさせられた一作。


「最後まで行く」

警察の不正を描いた作品、といっていいのかな。
韓国映画ならではのイイ感じの作品。

刑事がひき逃げをしてしまう。
で、隠匿するために遺体をトランクに入れて逃走。
ちょうど母親の葬式があり、その棺に遺体を入れちゃう!
土葬なのね、で、一緒に埋めちゃえばいいじゃん、ということなんだけど、まあとにかくここから坂を転がり続けてしまうんだ。

その遺体、ひき逃げされた方が実は指名手配されていたことを知る主人公の刑事。
え?となります。
しかも、その遺体をよく見てみれば、銃創が!
つまり、轢く前に殺されていた…。

その轢かれた男は他の刑事の悪事のカギを握っていて、その刑事に撃たれてフラッと道に出たところに轢かれた、ということは後で判明します。

で、まあ主役の刑事もどうしようもないんだけど、その他の刑事がとんでもなくひどくて、最後はその主役を応援したくなっていきます。
このヘンなあ…。
これでいいのか?って気もしなくもない…。

ま、最終的には主役の刑事は無傷、しかもそのとんでもなくヒドイ刑事が隠していた多額のお金を手に入れる、という…。
う~む、これでいいのか…、という気がしますが、映画としてはこの「転落していく感じ」がスリリングでなかなか面白いです。

が、まあこの主役は断罪されないのか…、轢いちゃったのは事実でしょ…、という部分の闇が後味悪い…。






佐藤店長生誕祭小

(BGM:野坂昭如「Dani Earth 「ダニアースの唄」 [Drum'n Bass mix]」from「ラップ歌謡 あの娘にカセットあげよう」)
→これはCMソングですね。
こういう遊びのある、その時々の流行を取り入れる感じって好きですね。
好き勝手やってる感じがして。

いや、とてもいいイベントになった


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


N1GPってのは、まあにじ屋の店員がお笑いをして、それをお客さんが審査してナンバーワンを決めよう、という。

ま、そもそも意味があまりわかりません。
なぜ、そんなことをするのか?

というのも、たいがいなんだかんだお笑いが好きなのね、みんな。
志村さんがテレビに出るとなると、昼からなんだかおかしな空気になったりする。

そんな中、春の花見で、何か余興を、となった時に「俺も俺も」と即席コンビが誕生。
だったら、にじ屋にステージ作って、みんなでやってみちゃおう!みたいなことになった結果がN1GP。
エヌワングランプリ。
にじ屋ナンバーワンを決める闘い、ということになりました。

まあ、普段からボケッ放しのところがあります。
うろ覚えで話すから、とんでもない傑作な言葉が生み出されることもあります。
なるべく、そういうのは普段から拾うようにしています。
つまり、突っ込んでやる。
そうすると、笑いが出る。

で、笑いが出ると「ウケた」って思うのか、どっか誇らしくなるのか、どんどんうろ覚えが出てくる。
これ、突っ込まないで真剣にうろ覚えを注意したりするときっと彼らは言葉を閉ざす。

俺はとにかく彼らの口を開けなきゃいけないと思っているので、どうにか彼らを真ん中にしてやりたい。
集団の真ん中にいれば、人はやっぱり嬉しくなる。
言葉が出るようになる。
そのために、彼らのうろ覚えを拾う。
拾って、「お前は面白いこと言うヤツだな」と言ってやる。

そもそも、板書でメチャクチャなことを書いたとしても、たいがいは「なんとなくわかる」。
わかればいい、と俺は思うので、そこでは直さない。
いいじゃない。

ま、一方で、字もちゃんと書けた方がイイとも思う。
佐藤先生に教わって、ミツなんかはすばらしい文章を堂々と書けるようになった。
ただ、教わる時間と普段はまた違う。
いちいち全ての文字に「それは違う」と指摘していたら、やっぱり息が詰まるし、そもそも書こうと思わなくなってしまう気がする。

正しいことばかりを強いてしまうのはあまり好きじゃない。
世の中というのは、グレーで成り立っているし、いいことばかりじゃない。
テキトウに仲間とフザケあう時間が一番大事だと思うし。
そもそも正義の中に彼らを押し込めてしまうのは彼らにとっていい方法であるとは思えない。

んなわけで、ここを学校にしてはいけないし、道徳ばかりを説く場所にしてはいけないな、とずっと思ってるわけなんだけど。

というような難しいことはどうでもいいんだけど、そんな毎日の中からおそらく出てきたのがN1GPなんだな。


前にネタ見せ会をやって、ついに本番、決戦がこの前にあったんだけど、いや、これが面白かった。
それぞれのコンビが、なんだか前回の反省?を踏まえてネタを変えてきたり、流れを変えてきたりして。
特に井上は衣装も着けて、ネタをコンパクトに収めてきたりして。

いや、みんな本気だな、と。
しかも、前回のネタ見せ後に「俺も出たい!」と名乗りを上げた出場者もいて。
いやいや、みんなやる気だわ~。

ミツなんかは、もうやりたいコトがハッキリしてて、そこにケイコさんを巻き込んだ。
コウヘイは、前に見た大道芸をやりたくて、カズミを誘った。
なぜかツノは「歌を歌う」と言っていて、なかなかそういう性格じゃないかと思っていたから、そもそもツノが「出る!」と言い出したのには驚いた。
「芸名どうする?」ということで、すぐには出なかったんだけど、数日彼なりに考えたのだろう、最終的に「ココナッツにする」と。
…ココナッツ…。
どこからどうしてココナッツ…。
しかも、ゲゲゲの鬼太郎を歌うということだったので、一応カラオケは用意しておいたんです。
そしたら、カラオケはいらない、と。
で、いきなり「お助けマンの歌を歌います!」と。
…ぎゃはははははは。
しかも、歌い始めたのはゲゲゲの鬼太郎。
…笑いのセンスがありすぎる。

というわけで、まあ笑いすぎました。
面白かった。

やっぱネタ見せ一回やって良かったし、それでなんかみんなが本気になっていった感じがよくわかる。
司会のカブキが最後に「また来年!」と言ってたけど、またやるのかどうなのか。
それはわからないけど、とにかくやるとなった場合、みなさん、絶対来た方がイイです。

初めてだったから暗中模索ではあったけど、思ったよりホント、いいイベントになった。








佐藤店長生誕祭小

(BGM:サリー・メイ「銀蝶流れ花」from「サリー・メイ」)
→東京は冷たいところさ。
東京は誰もがそしらぬ顔をしている。
とまあ、いわゆる1969年頃の東京に対する見方ってのはこういうモノだったわけですが、なんか最近も変わらないような気もします。

どんな帽子が似合うでしょうか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


寒さに弱い。
いや、弱くなった。

太ってた時、ってか今も太ってないわけじゃないけど、もっともっと太ってた時ね。
プラス30キロ弱太ってたから20代の時。
そこからまあ1年1キロペースで痩せてきてます感じになりますね。

まあ、人に寄るんだろうけど、太ってた時は「寒いなあ」とはあまり思わなかったんですね。
けどまあ、ここのところ寒い、という感情が俺の中に芽生えたというか。
足とか冷えちゃうし。

血行が悪くなってるんでしょうかね。
歳でしょうか。

同時に、けっこう頭が痛くなるんですよね。
これは子どもの頃からで、髪の毛を乾かさないでそのまま寝たりすると次の日頭痛い!となる。
アタマが冷たいと、とにかくいたくなっちゃう。

もう、今は濡らす髪もないのですが、そういうことじゃなくて、もう寒いからストレートに頭痛くなる。
寝る時はアキ坊が作ってくれた帽子をかぶって寝ています。
じゃないと、次の日必ず頭が痛い。

そういえば、秋花粉もひどく、くしゃみ連発になったりするんだけど、俺の場合、風呂に入るとくしゃみが止まらなくなる、ということもあって。
水アレルギーか?とか思ったけど、もしかしたら花粉が水道に!?とも思ったけど、それも考えにくい。
で、まあアキ坊が言うには「温度変化だよ」と。

ふむ。

そうかもしれない。
温度変化アレルギー。
いや、そんなのないかもしれないけど、とにかく温度変化に弱い、というのは当たってる気がする。
春や秋はだるかったりするんだよな強烈に。
花粉症もヒドイので、それかなあ、と思ってたけど、もしかしたら温度変化かもしれない。

でも、温度変化がきついからと気候を変動させる力もあるわけでもなし、まあこの時期だと防寒するしかないんだな。

とはいえ、その「寒い」という感情を知らなかった時代があって、その時は「防寒」なんて言葉は俺の中にないわけですよ。
そういう服もない、というか。
よくよく考えてみたら、ジャンパー類の手持ちがほぼないじゃないか。

だからか、まあなかなか「防寒」という観点で服を選ぶ、ということができない。
習慣とは恐ろしい。
しかし、それで調子悪くなってもしょうがないので、ちょっと考えていかなきゃな、と思う今日この頃。

まあ、あまり外に出る機会もないからかもしれませんな。
車で出かけ、どこかの屋根と壁があるところに入る、というパターンが多いので、そんなに防寒しなくても、という気持ちもどっかにある。
だから、時に電車に乗らなきゃいけない、外を歩くことになる、とかになると、急に困っちゃう。
なんの服を着たらいいのかわからなくなってしまう。

ウチのキーボーディストである森さんなんかはもう早いうちからダウン着てロシアの人がかぶる感じの帽子をかぶっている。
ま、見習いたいなあ、と思うわけですが。

体温が上がった方がいい、という話もあります。
がん細胞は体温が上がった方がその力が弱まる、という話も。
ま、どうかわからないけど、そういう説もありますんで、ちょっとあったかくしなきゃなあ、と思うわけですが。

とりあえず帽子が手放せない時期になりました。
髪があるみなさんにはわからないかもしれませんが、髪というのはものすごい防寒効果がありますよ。
それが強制的になぜかいなくなってしまった現在、その防寒効果には期待できませんから、何か補強しなければならない。
それが帽子、ということになるわけですが。

ただねえ、帽子といっても、なんでもいい、というわけでもないじゃないですか。
けっこう帽子によって全体的なオシャレ度が変わってきますよ。
「こんな帽子イイなあ」とか思う帽子があまりないというか、「これって下北系じゃね?」とか、「これはヤンキーっぽすぎない?」みたいな感じが多くて。
なかなか帽子が買えない現象もあったりして。

まあ、困ったなあ。
寒くて。







佐藤店長生誕祭小

(BGM:森進一「サマータイム」from「ミッドナイトエビス 2」)
→サマータイムの英詩カバー。
森新一さんがカバーしてるとはしらなんだ。

トーフ料理


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg






















佐藤店長生誕祭小

(BGM:20 FINGERS「Welcome To The Zoo」from「Maboroshi No Sekai Samples」)
→なんかカッコイイんだなこれ。
調子ッパズレって憧れる。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE