FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

先ず感性ありき


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



まあ、毎日市丸たちと過ごしているという仕事?をやってるわけですが、まあ金もらってるから仕事ですね。
そう考えると、まあ「市丸たちになにをかできたか?」みたいなことが使命になるわけです。

ただ、俺はやっぱ一番の古株ということもあり、確かにそれも使命だけれど、もっとも大事なのは「ここで働く健体者の職員」だと思っています。
つまり、彼らがイイ顔をして働いてもらわないと、市丸たちになにをかできたか?という使命を達せられないと思うからです。

ウチのみなさんは、まあ他から言わせると、「みんな生き生きとやっている」とか、自分の主張を語りますよね、とか言われます。
とてもありがたいことだと思います。

とはいえ、まあここまで順風満帆できたわけじゃなくて、一時はうまくいかない時期もありました。
でもまあ、やっと最近になって「みんなで協力する」というか、そういう雰囲気が出来てきたように思います。


スズが来たばっかりの頃から数ヶ月経ってだったか、外から来てくれる人が「久しぶりに見たけどすげえなんか頼もしくなってる」と言っていたことがありました。
まあ、そうですよね。
最初の頃は誰だって小さくなってるもんだし。
数ヶ月経てばそれなりにまあ堂々とできるようにもなります。

まあ、なかなか難しいところはあって、人それぞれだから。
そうならないままいなくなっちゃう人もいます。

基本、ウチは放置というか、好きにやってもらう。
事前に何も教えないし、ドントシンク、フィール、みたいな。
で、まあ、それってどっかでは行き詰まってはきます。
その時に、「何かわかりたい」「知りたい」となった時に、まあいろいろ伝えるのがいいのかな、と。

だから、新人が「これ、どういう意味ですか?」みたいのを聞いてくれるのはとてもありがたいし、イイチャンスだな、というか。


よく障害学とかありますけど、それを最初に言っちゃうと、どうしても市丸たちをその中に「はめよう」としてしまう。
それって、やっぱ彼らを「一人の大人としてみる」ことを妨げちゃうところがあるんですよね。
その前に、彼らを一人の大人として扱って欲しいので、そういうことは最初には言わない。

でもまあ、感性だけだと行き詰まる。
その感性を理性にしていく過程が必要になってくる。
でも、それって、タイミングなんだよね。
わかりたいと思ってもいない人の口をこじ開けてなにかを押し込んだって消化不良になるだけだから。


やっぱね、感性が一番大事で、感じることですね。
その中から、やっぱ疑問が涌いてきたりするし、解決策をたぐるための方策を見つけたくもなる。
その時に、まあ助けてくれるのはやっぱ勉強なんですね。
ま、勉強っていうと堅苦しいけど、いろいろ話してやったり、メールとか、まあそういうのもあるでしょう。
そういうことを経て、感性を理性にしていく、というか。

感性はあやふやだけど、その理性は、なにかあっても揺るがないモノを作ってくれる。
そして、まあそれを経て、例えば思いがあれば運動をしたり、何か行動を起こしたり、そういうことになっていく。
そして、その行動がまた理性、理念をしっかりしたモノにしてくれる。


毎日の流れがルーチーンで、それをこなすだけで精一杯になってしまうと、その感性を磨く機会がない。
そうなると、いくら勉強させても、理性は育たない。
理性が育たなければしっかりした行動になんかならない。

だからまあ、なるべく新人のウチは遊軍にしてやりたいのですが、まあ手一杯は手一杯なので、いろいろと仕事は振らざるを得ないんだけど。


今のこうした「障害者を相手にする職場」の職員や社員には、いろいろな資格をとるような指導や行政肝いりの講習会なんかがたくさんあります。
よくお知らせが来たりしますが、興味をひかれたものはなかなかありません。
そこに「感性を大事にする」という観点があまり感じられないからです。
現状への疑問、というのがなければ、理性を磨こうとは思えないハズだと俺は思うんだけど、資格自体が現状を肯定するモノだと思うところもあって、あまり興味がひかれません。
それとまあ、市丸たちを置いてけぼりにしているような感じもあって…。
片仮名とか多いし、専門用語?とか。
なんとかレーションとか。
市丸たちにわかるような言葉で言えないんだろうか、とか。
専門家が市丸たちを追い出してるようにも見えちゃって。
つまりそれはもう気に入る気に入らないの感性の問題なんだけど。

ま、資格や講習会、それを目指すことが一つの「やりがい」を作っている、という面もあり、やりがい搾取のような感じもしたり。

でもまあ、その中でもきっとイイ講習会なんかもあるんだろうとは思います。
時間を裂いてまで、と思えるモノに出会ったら、まあ行ってみようと思うし、その様子もまた紹介しようと思います。








momijilitt.jpg

にじ屋初売り2020白黒ミニ

01_20191209110145666.jpg

(BGM:小室友里「サンタマリア・ウォーク」fromYOUTUBE)
→ドラゲー、ヨースケサンタマリア選手のテーマなんですけどね。
いや、俺、サンタマリア選手大好きなんだよね。
彼女のキュートさとピッタリくるこの曲もすごくイイと思う。
K子と一緒に見に行った時、市丸がしつこく「ねえねえ、サンタマリア選手って男?女?」と聞いていて、K子が「人間よ!」といっていたのが印象的。
そう、もう男とか女とかどうでもいいのだ。
彼女はキュート。
それでOK。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP