FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

破壊なくして創造なし橋本真也


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



にじ屋初売りは4日だったわけですけど、4日、5日、とにじ屋で飲み会というのをやりました。
よくにじ屋や虹の会のイベントなんかでこういうのをやりますね。

まあ、酒が飲めない人をどうこういうアレではないんです。
飲めない人はジュースで乾杯しましょう、ということで。
今度2/8にJR駅無人化問題のイベントもやりますが、これもたぶんですけど、酒(ジュースやお茶)飲みながら、食事しながら、になるんだと思います。

この辺、ウチの雰囲気はこうです。
「他の障害者団体がやらないことをやる」という。
「他でやってるようなことはやらない」という。

例えば、まあ市丸たち、いわゆる知的障害の連中がいたりしたら、「一緒に飲み会」というのはあまりどこもやらない方向があるかと思います。
もちろんやってるところもあるでしょうけど、「飲み会」を打ち出してやってるのはあまり他の機関紙との告知を見てもない。

もちろん、市丸たちの中でも「飲みたいヤツ」「飲まないヤツ」というのはいます。
それはいいんです。
無理に飲ませるようなことは、彼らにも、そしてお客さんにもしません。
ミズエやコンさんは飲めないとのことなんで、それを飲ませることもしないし、だってそんなの酒がもったいない。

ま、つまり、平易に言うと、いわゆる「知的障害者のみなさんは、お菓子をちり紙に出してお茶を飲んでクリスマスパーティーです」みたいな、そういうイメージがみなさんあるでしょ?。
それを壊すためには「飲み会」を打ち出しちゃえ!という。

既存の障害者のイメージの破壊。
破壊なくして創造なし橋本真也。

ま、それはスーパー猛毒ちんどんでも同じですけどね。
つまりは、「既存の障害者イメージの破壊」「破壊なくして創造なし橋本真也」という。
ま、普段の延長でしかないんですよ、あのバンドは。
破壊さえできればいいんです。

同時に、一緒に働いている俺ら。
いわゆる、他のところだと「指導員」とか「職員」とか言われる感じの人たちですけど。
それも「いわゆるな職員にはならない」というか、ならないっていうんじゃなくて、その「イメージを破壊する」「破壊なくして創造なし橋本真也」というところがあります。
一生懸命、彼ら知的障害者のことを思って毎日身を粉にして働いている、というイメージの破壊を目論んで毎日を過ごしています。

いや、中身はきっと一緒なんでしょう。
俺も市丸のことを考えていないわけではありませんから。

だけど、そういう「いい人象」を破壊したい、という衝動がウチの感じですね。
破壊なくして創造なし橋本真也。

先に書いたJR駅無人化問題みたいな、そういうアカデミックな内容も時にイベントでやります。
ま、その手のイベントは、実際のところふざけたイベントより集客力があって、俺としては「まだまだだな」と思ってるところですが、普通だと、やっぱ「講演会」とか「勉強会」になるんだろうなあ、その辺。

でもやっぱそうなるとダメなんじゃないか、他と一緒じゃないか、という風に思っちゃうのね、俺らとしては。

中身で伝えたいことはある。
けれども、その「形式」にも魂が宿るのではないだろうか、という。

逆に、そのことが「ハードルを高くしている」というご意見ごもっともだけれど、いわゆる既存のイメージにどっぷり浸かっているご自身のこともできたら振り返っていただきたい、とも思う。

知的障害者は聖人で、そこに関わる俺たちも善人で、というような「イメージ」は、どっかやっぱり歪んでいる。
いや、善人だとは思う自分のことは。
けれども、「そういうイメージ」と、それとはちょっと話が違う。

イメージされていることを外から押しつけられるほど窮屈なことはない。
フラットに観察してもらって、それで「聖人ですね」「善人ですね」というのならわかるけれど、最初からそういうイメージで来られると、やっぱなんかバカにされてる感じすらする。
毎日、AVを俺から借りていく市丸をして、そりゃ性人だろう、とも言いたくなる。

愛と正義を否定する。
これは、障害者運動では有名な言葉だけれど、これを実際に行動に移すのは難しい。

このへん、なかなか難しいところだし、だからウチは知的障害者の関連の界隈から「不良の集まり」と言われ忌諱されるんだろうけど、ま、不良上等じゃない。
金髪にしたい!というヤツが金髪にするのがなんか問題でもあるんですか?と聞きたいところである。

でも、頑なに金髪にはしない、と主張するツノちゃん達、道徳派もいますよ。
そりゃ、両方いる。
両方とも、自由にやる。

けど、どうしても「知的障害者は聖人」という人たちには、ツノちゃん達しか見えなくなっちゃったりする。
逆に言うと、「金髪にしてみたい」という欲求は、道徳派しか認めない集団の中にいたら、彼らは容易に引っ込めちゃう。

というわけで、ま、今年はのんきに愛と正義を否定していく予定でいます。







2020もち

koshigaya.jpg

jr.jpg

駅無人化小

駅無人化大

(BGM:毒ガスマスクVx「ウ~ン逝く」from「赤パン」)
→故ジャイアント馬場選手におくる殺害のトリビュート盤。
殺害らしい1枚。
こういうのが真剣?に流通する社会を守っていきたいものである。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP