FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 29 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

記憶をなくしたら


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




先日、テレビ公開捜索、みたいな番組を見まして。
昔、「テレビのチカラ」ってのがありましたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-289.html)、あの流れですね。
今回は、というか、たまたま見たんで前のコトはよくわからないけど、記憶喪失の人が出てきて、「私はだれでしょうか」と公開大捜索。

いやあ、引き込まれましたね。
というのも、怖いですよね。
記憶喪失って、どうなんでしょう。

まあ、脳の病気とかそういうのが元からハッキリしていれば、ご本人は辛いだろうけれども、客観的に理解ができます。
でも、そういうのが過去になくて、「急に○○駅の前に立ってて…」というようなことになると、もうこれどうしようもない。
ま、そこで発症した、ということもあるでしょうが、じゃなければ、どうにもならないじゃない…。

「なんで自分はここにいるんだろう」
「いや、その前に、ここに来る前にどこにいたんだ?」
「おいおい、その前に、俺誰だ…?」

これは恐怖以外のナニモノでもない。

よく、俺の場合、酔っ払って記憶をなくすコトってのがありまして。
そうなると、「とんでもないコトをしでかしたのではないか??」とか思いますね。
いや、経験的に、記憶がなくてもだいたいはうまくやってるようなのですが、それでもなんだか居心地が悪い。
なんか昨日一緒に行ったメンバーもどこか俺から目を逸らしているような気がする…。
…いや、それは思い込みなんですけど。

ま、それは飲み会のほんの数時間のことだし、無事に家に帰ってきているし、まあ恐怖ったって、その程度、とも言えます。
それが、過去に遡ってずっとわからない、となると、もう想像すらできない。

思い切ってテレビに出よう、出て素顔を晒してでも自分を知りたい、というのはなんかすごい切羽詰まってますよね。
それくらいまあ、恐怖なんだろうな、と思います。


しかし、なんで記憶を失ってしまうんだろうか。
頭を打った、とかそういうことかもしれない。
それで脳の某かが損傷を受けた、と。
でも、そんなにすごい傷ならば、発見されたときに気づくよな…。

というか、それってもう交通事故とか、襲われた、とかだから、なんか記憶が明らかになること自体も恐ろしい感じもする…。
で、まあそういうことじゃなかった場合。
「ストレス」が原因、とか言いますけど、だとしたら、そのストレスってものすごいコトであって、それ自体が明らかになるのも恐ろしい感じがする…。

なんにしても、なんか「明らかになる」ってのは怖い感じがします。


けども、まあこの番組は「私は誰だ」を明らかにすることが目的で、「何があったか」を追求する番組ではない。
でも、まあ、自ずから「私は誰だ?」は、「どうして記憶を失ったか」を詳らかにしてしまう可能性が高い。
というか、まあそうなる。

もちろん、番組ではそこまではやらない。
けれども、まあいろいろな情報が集まって、三人だったかが登場したんだけど、結局親や家族、親戚という人が連絡してきて、なんとなく「あ、そうなんだろうな」「その人の子なんだろうな」という感じで番組は終わりまして。
過去の写真とかも出てきて、「あ、こりゃこの人だわ」みたいな感じ。

まあ、親や兄弟はそもそも家族が行方不明になっているわけだから、こういう番組も見よう。
それでそのテレビに捜していた家族が出ていたら、まあそりゃ気づくよな…。
一刻も早くテレビに連絡を入れたい、となる。

つまりはまあ、だいたい、なんかハッキリはしたわけです。
ま、よかったんでしょうけど…。
テレビのチカラってのはやっぱすごいな、という。


けど、まあその後はわかりませんから何とも言えませんけど、これからが大変だよな…。
事故や事件なら、その事件と向き合わなきゃいけないし、ストレスだったとしても、そのストレスの根源とむきあわなきゃいけない。

同時に、自分が誰か客観的にわかったところで、記憶が戻るとは限らないわけです。
戻らなかった場合、「親だ」とわかっている、というか、ホンモノの親と暮らすといっても、自分はその人を「親と認識できない」ってことになるわけでしょ。

ま、「遠くの親戚より近くの他人」とか言いますから、それはそれで新しい関係を作っていけばいいんでしょうけど、いや、新しい関係を作らなきゃならん、ってのも辛いものではないか、と思ったり。







バレンタインSNS用画像

(BGM:ピピ & コット「目覚めよ」from「野音唄の市」)
→「目を開けろ 私の友だちよ」
この手の曲は歌詞が重要になってくると思うんだけど、どうでもいい歌詞だと退屈じゃない。
でもなんか面白いことに、これはライブ盤なんだけど、ピアノがたぶん調弦ちゃんとされてない感じで、これがまたなんか魅力的で退屈しない、という。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP