FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

アタマに残ってしまう


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


ああ、自分はダメだなあ、と思うところはたくさんあります。
もうありすぎてイヤになる。
けど、まあ考えないようにして生きているわけです。

いろいろな失敗やうまくいかなかったことを、いつまでも心の表面に貯めておくと、やっぱそれは生きにくいから。
いろんなコトにこだわってしまったり、昔のあれがどうだったからと、今の行動にそれが振り回されてしまうのはとても辛いことです。

だからこそ、まあ何度も同じ失敗をするんだけど、だとしても、まあその方がイイかなと俺は思っています。


しょせん、こんなもん。
俺になんかそんな何かデキルほどのチカラなんかないさ。
そう思えるのが一番ラクになれるだろうなと思っています。

けども、まあ人の期待とかもありますからね。
どうしたって、まあ人の期待には応えたい、とは思っちゃいますから。
ああ、力不足だな、と思うことしきりなわけですが。


イチマルやアクムを見ていると、どっかこの「昔にあったこと」に「引っぱられてるな」と思う時があります。
もしかしたら、ものすごい記憶力を持っているのではないか?と思うほど。

その上、どこか彼らは物事に対して「シロクロ」をつけたがる。
グレーが許せない。
だから、失敗も許せないし、イヤだったこともなかなか頭の奥底に沈んでいかない。


先日、というかこれが更新されるのはずいぶん先かと思いますが、勝田マラソンで、フルマラソンだったわけですが、今年イチマルは完走できなかったんです。
途中で回収バスに乗った。
ま、彼としては初めての経験だったわけです。
というのも、勝田のルールが変わって、足切り地点が増えたんですよ。
そのおかげで、まあイチマルだけじゃなくて、多くがそこで足切りになってバスに乗ることになった。
まあ、彼が今回ことさらがんばってなかったということじゃなくて、ルールが変更になった、という。

しかしながら、彼には黒歴史があって、いわゆる「気を抜いてまったく負けるハズのない仲間に負けた」みたいなことがあって、その時はバッドな感じになったわけです。
その時のことがあったんでしょうかね。
走りきれなかった→バッドになる、という方程式がもう彼の中にできあがっちゃってたんだな。

で、会場では特になんということもなく、「ルール変わったんだなあ」「まあがんばったよみんな」みたいな感じで、いい感じで会場をあとにして、にじ屋をやってくれてたメンバーが準備してくれていた打ち上げに戻ったんです。

そしたら、前にその打ち上げでバッドになったことを思いだしたのか、すげえバッドな顔をして帰ってきまして。
逆に言うと、誰もイチマルをどうこう言う気なんかないのに、というか、まあ35キロ走った時点で賞賛に値するわけです。
なのに、もう一気にバッドにしていこうという気満々。

半泣きで「俺は走りたかったんだ!」とか叫び出す。
あれ?さっきまで会場でよくやった、って言い合ったのに…、みたいな。

この時はまあ、ちょっとみんなと離して、ちょっと冷静になってごらん、ということで、元に戻ったんですけど、まああのままみんなの中にいさせたら、その辺で誰かに逆切れして、それにまた誰かが呼応して、というやり合いの流れになっていたように思います。
ま、たまたまうまくいった感じです。
こううまくいくときばかりならイイんですが。


うまくいったときの記憶というのはあまり残らないようで、こういうことをいうともう何をしてもダメって気がしてどうにも困っちゃうわけですが、それは経験上ありまして。

アクムがイチマルの携帯を割ったことは2回あるんですが、最初の時は逆切れせずにうまく納まったんです(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4908.html)。
納まったことでみんなに賞賛されたし、なんかイチマルも得意げだった。
にもかかわらず、2回目は盛大に逆切れして、まあたいへんなことになったんです。

ま、そういう感じで、なかなか「いいこと」というのは残らないんだなあ、と痛感した至大なわけです。

逆に「うまくいかなかったこと」が残っていってしまう。
この辺、なんでなんでしょうかね。
せめて、残らずにゼロだったらもっとラクなんだろうけど。
そう考えると、イチマルやアクムはやっぱ生きにくいよな、と思います。









(BGM:CoCo d’Or「遙かなる影」from「ココドール2」)
→スピードの人が歌ってるアレですね、これは。
古今東西の名曲を歌っています、という。
とはいえ、特に彼女らしさ、というのがあるわけでもなく、ただ歌が上手い、という感じですか。
これで「彼女らしさ」が加わったらなけっこういい歌手になるのではなかろうか←偉そう。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP