FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「かっこいい」を見る映画 ★ 映画 「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」を見てきましたけどね。

いや、どうですかね。
内容的にはどうと言うことのない映画かと思いますが、とにかくハーレイクインやその「一味」の女性たちがかっこいい。
それだけの映画だとは思います。

でも、それだけの映画を、それだけを目当てに見たかった。
再開後、まあ無事見に行けたのでほっとしております。

先に「一味」と書いたけれど、まあこれはなんとなくイヤイヤも含め、成り行き含め、ハーレイを逮捕しようとしてた人も含め、敵の敵は味方、みたいな流れで、ラスボスに立ち向かう「羽目になる」という感じですね。
でもそこにはなんかそこはかとなく根底に流れる「正義感」だったり、「仲間を大事にする感」だったりがあって、いわばとても「クール」。

そんな一癖ある女性たちが集まるわけだけれど、唯一、元ラスボスの運転手が「まとも」かな。
他は、手柄を常に男上司にかっさらわれちゃうちょっと年配の女性刑事、小さい頃から親を殺した殺し屋を追って暗殺者になった女性、ま、彼女が最も強い感じですね。
クールで強くはあるけど、どっか人との付き合いがわからないというか、ちょっと間抜けなところもあってグッド。
そして、元運転手と同じアパートに住んでいるネグレクトされた子ども。
この子どもがいい味出してて、スリで生計を立てるというか、もう一人で生きていくしかないから。
かなりすれっからしなんだけど、その彼女が騒動の元となるダイヤをすっちゃうところから話は急速に展開していきます。
そして、ハーレイクイン。

これね、なんかのアミューズメントパークみたいなところが最終決戦場なんだけど、外にもうものすごい数の悪者が結集。
ああ、どうしよう、となるんだけど、そこは「しょうがない、闘うか」となりまして。
というのも、この女の子がダイヤ飲み込んじゃってるわけ。
だから、つかまったら腹裂かれちゃうでしょ。

このね、「よし、と。闘いますか!」って感じがオレはすごい好きで。
こういう場面で、「終わったらタコスでもいく?」みたいに笑いながら突進していくんだけど、この感じがオレはもう大好きで、こういうシチュエーションで泣いちゃうところがあります。

長渕さんのテレビドラマ「しゃぼん玉」で、ラスト、石を投げられ血まみれになった長渕さんを山田辰夫さんと哀川翔さんが肩を貸して立ち上がるんだけど。
もうその方を貸してる二人は泣いてるんだけどさ。
そこで長渕さんが笑顔で言うんだよね。
「よし、飯いくか」みたいなこと。

もう号泣しましたけどね。

とにかくもう、こういう切迫した場面で急に飯の話をするのが好きです。
こういう「悪者に取り囲まれる」みたいな場面に追い込まれることがないことを祈ってはいますが、もしなった場合は、飯の話をしようと心に決めております。


ま、こういう「女性が強い映画」ってのはよくあるけれど、とにかくその主人公に魅力がないと成り立たない。
そしてそこに「美人であるかどうか」は、あまり関係ない、ということをこの映画は教えてくれます。

ハーレイクインだって、まあ美人じゃないことはないが、終始狂ってるでしょ。
ジョーカーですよ、完全に。
最後のどアップなんか、まさにジョーカーにしか見えなかった。
ネジが二三本飛んでる。

年配の女性刑事もかっこいい、ネグレクトされた子も、まあ役柄がそうだから汚いなりをしてるし、顔もパッとしない。
けども、まあかっこいい。

そういう意味では、まあホント、美人で強いというのはその元運転手さんだけですか。
でもまあ、かっこいいのよ、みんな。


多分これは、女性ウケする映画なんだろうな、と思っていましたけど、やっぱお客さんは女性でしたね。
女性二人、とか。


どうなんでしょうかね、だんだん世の中がルッキズムに対抗しようとしているという感じがあって、それをこういう大メジャー映画がやってくれるのはなんかすごくいいなあ、と思いました。

人は見た目が9割、とは思いますよ。
思いますが、それは美醜だけじゃないんだよなあ、ということを教えてくれる。






(BGM:イライザ・ロイヤル & ザ・総括リンチ「だれよりも」from「おんなの独立記念日」)
→このアルバム、ハマった。
ひどすぎると言えば、確かにひどい、という人もいようかとは思う。
この曲に於けるボーカルをボーカルを呼んでいいのかどうかは論も分かれようが、いや、これこそラブソングの決定版じゃないかと思うくらいである。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP