FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

金さえあれば


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



先日、同じ市内で、まあにじ屋みたいな感じといっていいのかな、障害者が働く、という感じのレストランが閉めます、と。
閉まっちゃうなら行っておかなきゃ、と思ったら、もう我々が情報を入手した時には閉めた後らしく。
事後整理をしています、みたいな感じだったんだけど。

俺自身はあまり直接は存じ上げなかったんだけど、アキとか市丸とかはいろいろお付き合いがあったようで。
とりあえずその辺で駆けつけて。

なんか、クッキーの販売とかもしてたらしいんだけど、まあそういうウチみたいなところ(障害者の団体でクッキーを作って売る、みたいな)けっこうありますけど、どこもやっぱ出張販売ができなくなっちゃって、という感じらしい。
例えば、「○○まつり」みたいなの。
市でやってるやつとかもあるし、そうじゃないのもあるけれど、そういうのに出張販売させてもらって、ずいぶんそういうところで稼いでいたらしいけれど、それがやっぱもう「今年は難しい」ってなっちゃってる、と。

そうだよなあ…。

非常事態宣言が解除されたからって、コロナの脅威が去ったわけじゃないし、これを書いているのは6・24なんだけど、この日東京はまた55人の新規感染者が明らかになったりしてますよ。
つまりは、何も終わってないわけで。

「新しい日常」なんていうけど、そういうことを強いられたって、販路がなくなっちゃえば一気に終わっちゃうわけだ。
新しい日常、じゃなくて、「販路なき日常」って感じだよね、現実的に言ったら。

食べ物関係はやっぱ「みず物」だから、回転していかなかったらどうしようもないよな…。
そのレストランも、結局コロナで店は閉めていたらしいんだけど、それでもう立ち行かなくなった、と。
まあこれで再スタートできればいいけど、出張販売も今年一年見込みがない、みたいなことになってしまうことが明らかになって、もう駄目だ、となったらしい。

十万円を払ってもらったって、県の休業補償20万円もらったところで、なんにもならない…。
再スタートできる体力には足らなすぎる。

そりゃそうだよな…。
非常事態宣言が終わって、東京アラー都?が終わったって、コロナは終わってないし、厳しい状況はまったくもって変わらない。
新しい日常、とかって誤魔化そうとしてるとしか思えない。

ウイズコロナ、じゃねよ…。

俺らは普段モノを作る仕事じゃないから、ちょっとわからなかったけど、やっぱ「○○まつり」までに200個みんなで頑張って作ろう!みたいなことがすごいモチベーションだったりしたらしく。
それがなくなってしまうというのも、なんだかとても苦しいなあ、と。

まあ、確かにどこも苦しい。
だから同時に、ウチのような、ここのような、障害者云々のところだって苦しくなる。
そりゃそうなんだけど。

でも、なんかみんなで救われる方法ってないんだろうかな。
今、同じ状況に陥ってるんだから、障害者も障害者じゃない、もないじゃない。
不利に陥ってるのはみんな同じ。
今、すごい手をつなげるチャンスなのかもしれないけど、まあなかなかこの格差が広がってる状況下、より貧しい人を叩いて喜ぶような風潮になっちゃってるからな。

ここで、いい方に転びたいがな。

まあ、ウチとか、このレストランとかが潰れたところで、巨大繊維会社が潰れるほどには社会に影響がないのかもしれない。
でも、怪我をしてレギュラーで働けないような状況になった時、ウチみたいなところとか、このレストランとかはあった方がいいと思うんだがな…。
社会にどんどん「余分」がなくなっていくのは、自分が今と違う状況に陥った時にかならず困ると思うんだ。

自分が困った状況に陥った時に救ってもらえる状況を、困った状況じゃない時にしっかり考えられるといいんだけど、人って、困ってないとそういう想像力を捨てちゃいがち。
「俺はホームレスにならない」という自信がどこからくるのか、俺にはそもそもよくわからない。

まあ、でも他人事じゃない。
ウチも大変な状況は変わってない。
にじ屋がもっと売り上げが上がればいいが、これはみなさんに来てもらうしかないけど、あとはやっぱ、基本的な部分で、「障害者が働ける場所」という考え方をもっと社会の中に「必要なもの」として位置付けていけるような活動を展開できるように頑張っていかなきゃいけないな、と思います。

でも、やっぱ悔しいね。
金さえあれば、なんだよね。

中抜きさせるんだったら、俺らにさせてくんねえかな安倍さん。





書店員

車募集

(BGM:Mr. President「Side To Side」from「We See The Same Sun」)
→いや、上がるねえ。
なんていうんだろう、このジャンルは。
レゲでもないんでしょ。
ま、ファンクいうたらファンクではあるんだけど。
フロアーを上げようとしてちゃんとフロアーを上げられる音楽だなあ。
すごいなあ。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP