FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「他人に指示されると抵抗できなかった」の重さ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



先日、知的障害の人が、自治会の役員の選出から云々で自殺したというニュースがありました。
毎日新聞のウエブ記事によれば、こんな感じ。

訴状などによると、男性が1人暮らしをしていた大阪市内の市営住宅では2019年11月、自治会の班長を住民同士がくじ引きで選ぶことになった。男性は障害を理由に選考から外してもらうよう役員らに求めたが、「特別扱いできない」と聞き入れられなかった。
 役員らは集会所で男性と対応を話し合った際、障害があることや日常生活への影響を記すよう要求。男性が書面を作成すると、役員らは他の住民にも書面を見せて男性のことを紹介すると説明したという。翌日の11月25日、男性は自宅で命を絶った。


とても痛ましい事件で、他に方法はなかったモノか、憤りも感じるところです。
で、このあと、ニュースはこう続くんです。

近くに住む兄(41)によると、亡くなる前夜、男性は「言いたくないことまで根掘り葉掘り書かされた。さらし者にされる」とため息交じりに話し、落ち込んでいたという。兄は「弟は真面目でおとなしく、障害もあって他人に指示されると抵抗できなかった。自殺に追い込んだのは許せない」と話す

ということで、この事件自体も机上に上げるべきかと思いますが、今回気になった点として、この兄の「弟は真面目でおとなしく、障害もあって他人に指示されると抵抗できなかった」という一言。

これ、いや、そうなんですよね。
ホント、そうなんです。


例えば井上なんかでも、にじ屋の会計をしているとき、お客である健体者の人に何かを言われると、たとえそれがウチの店のルールに則ってなくとも、もうそれに従ってしまう、ということがあります。
本人曰く、まあ「真っ白になっちゃう」ということなんだけど。
逆にお客として行ったお店でも、たいがいお店の人は障害がない人ですから、「話せない」と。

とにかく「健体者の言うことは正しい」と思い込んでいるというか、「自分より優れているのだから自分が何か言ってはいけない」と思っている感じがあります。

それでもまあ、普段の仲間ウチだったら、「健体者ばかりずるい」とか、そういう声がヨウコなんかから上がったりしますので、仲間ウチならまだ言えるようになってきたと思います。
もちろん、それが的外れやよくわかってないで言っているとして(たいがいそうなんだけど)、それはそれでいいというか、まあ言えるんだからいいか、と思います。

ただ、やっぱり一歩外に出ると、なかなか思ったように言葉は出てこないようで。
後になって、「○○の店で○○と(やなこと)いわれた」とか、言ってくる。
で、なんて言い返したの?と聞くと、何も言えなかった、と。
まあ、そういうことがあったりします。


これ、まあそもそも小学校だけでも普通学級に行ってたりすると、その時の「いじめられた」という経験が、そもそも「健体者は怖い」という風にすり込まれているというところもあると思います。
ま、普通学級に行けばすべていじめられると決まったわけじゃありませんが、たいがいみんなイヤな経験をしている。
とはいえ、それでもコバなんかは「そういう時、○○くんが助けてくれた」とかって話もしてるから、悪いことばかりの想い出ではないのだとは思いたいけど。
でもまあ、そういうことが遠因としてあるかな、と思うんですが。

そして、もう一つ、これはもう反省含めなんだけど。
よく、「店員の言うことよく聞きなさい」みたいなことを言ってしまいがちなんですよ。
今もコロナで大変ですが、一時、近所の店までは行ってもいい、外食ですね、そういうことになったときに、まあマスクしなさい、とかそういうことは話しますが、同時に、「お店にアルコールとかあると思うけど、まあ店員さんがなんか言ってきたら聞きなさい」みたいな感じで。

アルコールが必ずあるとも限らないし、どこにあるかは店によって違う。
だから、店員さんに「アルコール消毒してください」といわれたら、しなさいよ、というようなことなんだけどね。

これ、まあいろんな場面でそういうことはあって。
例えば、旅行に行ったりするとみんな別々行動になったりするんだけど、井上とコウヘイだけでどっかに行く、みたいな、そういう冒険組がでるんです。
一人行動は禁止、ということになってるから、まあそれもいいわけです。
それに、せっかくだからそういう体験があってもいい。
そういう時に、やっぱわからないわけですよね、こっちも。
下見に行ってるわけじゃないから。
だから、勢い、「駅員に聞いて」みたいになる。
まあ、それ自体は問題ないんだけど、どうもそれが、「周りの言うことを聞きなさい」「周りの言うことを聞いてたらうまくいくから」という風に変換されがち、というか。

ここね、いつもまあ「おまえの意見も言ってもいいのだが」というのは思うんだけど、出先でトラブルに遭ったりすると、結局今度冒険しようという気持ちが萎えちゃうだろう、という思いもあって、つい、「そこのとこの人の言うことを聞け」と言ってしまう。
そうすれば、まあトラブルはある程度回避できる、と思うからですね。


自由に行動してほしい、と思うのだけれど、それは「アクシデントに対応する」ということがセットなワケです。
けれど、アクシデントに彼らは弱い。
というか、そのアクシデント自体が理解できない可能性もある、となった場合、どうしてもこっちとしては保険をかけたくなる。
それが、まあ「周りの人の言うことを聞きなさい」なんだよね。

ま、それでたいがいの場合はうまくいく、という。


今回の事件のように、その周りの人がこういう方法をチョイスしたことで、まあ最悪の結果を招いた。
他の方法を模索したのかどうか、それは記事からはわからないが、「周り」たって、いろんな人がいる、と。

親切な顔して彼らをだますかもしれないし(といって、あまり利用価値があるとは思えないが)、まあでも数千円の詐欺くらいは平気で仕掛けられちゃうだろうな、と思う(というのは、まあ数千円くらいしか持ってないことが多いから)。
でもまあ、ノブはここに来る前百万円詐欺に遭ってるし、安心はできない。

ホントは、この「アクシデントに強くなる」とか、「自分のことは主張できる」ということをしっかりやっていかなきゃならないんだけど。
そう思って、まあ旅行とかでも冒険組をなんとな~くの感じで焚きつけて作らせたりするんだけど、でもどうしてもそこで保険をかけてしまう。

このあたりが、まあこの兄が言う「他人に指示されると抵抗できなかった」というところに通じるよな、と思って、反省だなあ、しかしどうしたら…、と逡巡しているという話でした。








車募集


(BGM:Freebee「Sunny Feelings」from「Freebee」)
→この辺のアレはどうなんでしょうか。
ディスコでもなければ、なんでしょうか、スキャットマンジョンさんをなんとなく思い出すような。
こういうの流行った時代があるよな、と思い出し。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP