FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

このギャンブルに負けるわけにはいかない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



お盆のことについてはいろいろ悩みまして。
まあ市丸たちの帰省をどうするか、という。

そも、市丸とか井上なんかは実家を離れて暮らしているわけです。
で、実家に帰るのはそうさのお、市丸なんかにしてみると盆暮れ、という感じで。
親御さんとしては、もっと帰ってきてほしいのかどうなのか、ちょっとよくわかりませんけど、そう決めてる、ってワケでもなくて。
まとまった休みがにじ屋の休み、というのと同じになりますから、どうしても盆暮れ、ということになります。

なにせにじ屋も盆は今は暑くてお客さんが少なくなるし、正月もあまり人出はない。
一番まあにじ屋のダメージが少ないのが盆暮れ、ということで。

で、まあそこで帰りますか、となるわけです。
親と会うのもいいと思うんですよね。
こっちでずいぶん変わった市丸を褒めてもらえるでしょ。
市丸としてはそれは嬉しい。
親もそういう自分の子を誇りに思ってほしいし。

しかしまあ、今年はコロナ。
こっちではある程度行動が把握できるし、制御もできる。
まあ、前にも書きましたが、オレの言うことはたいがいみんな聞いてくれる(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5259.html)。
魔法がかかってくれる、というか。

けど、実家に帰るとその魔法が解けちゃう感じもあって。
というのは、実家に帰ると、一気に実家にいたときモードに戻っちゃう部分もあって。
そうなると、まあ正直、行動が読めない。
それに、実家に戻って感染して帰ってきたとなると、親御さんも心中穏やかじゃなかろうとも思います。

でもまあ、一方で、市丸やカイなんかがいなくならないと、俺らとしてはまったく休みにならない。
けっこうこのコロナで緊張感の中でやってるので、我々サイドの休みも作っていかないと辛い。
といって、まあ「行く場所もないから、休みと言っても」という意見もあったんですが、でも緊張感からは多少解放されたい。

というわけで、事細かに彼らには実家でしなければならないことを伝え、同時に必要な人には実家の方にもそれを伝え、「戻ってきて感染が確認されるようなことがないように」ということで、帰省はしてもいい、ということにしました。
こっちでやってる検温や数時間ごとの手洗うがい、食べ物以外の買い物は止める、などを実家でもやりなさい、ということはしっかり伝えて、みたいな。

もちろん、自分で考えて、また実家と相談して帰省しない人もいます。
親の都合でできない、という人もいますので、それはそれで毎年のことなんでいいんですけど、そういう感じにして。

ただまあ、帰省するにも車で送っていく、とかそういうことにはしました。
電車がやっぱ怖いんで。
というのも、埼玉では感染が減らない。
怖がりすぎ、という感じもしなくはないが、クラスター化はどうあっても避けたい(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5261.html)。


都知事は帰省を止めるように言ってるが、政府は特に気をつけてください、という感じで、政治の方向は二極化。
この中で、どう帰省を考えるか、すごく悩みました。

まあ、実家に戻っても数日で、まだ休み中なのに事務所に来ちゃうヤツもいますし、そもそも「どうしても帰らねばならない」という感じはないのですが、それでもまあ、かといって、にじ屋も休みでどうするか、家で寝てるったって…ってこともあって。
アクムはその中で唯一の「どうしても帰りたい派」なんで、まあ彼は帰さなきゃだめかなとは思ってましたが、こっちで寝てるなら、まあ車で送ってやって実家で寝てても同じかな、とかの思いもあり。
どっちにしろ、どこにも行けないんだから。

これが吉と出るか凶と出るか、ホント神のみぞ知る、みたいな感じですけど。
でもまあ、完璧はどこにいてもないわけなので、それぞれの場所で彼ら、そして実家の方がきちんと約束を守ってくれることを期待しているところです。

実質、我々が休みになるのは二三日しかないわけですけど、ちょっとこの緊張感を実家の方にも分けさせてもらって、その日くらいは緊張感から解放されようと思っています。
ずっと緊張してると、糸切れますし。


しかしまあ、今の政府はGOTOに金かけて、感染防止には「みなさんの協力が必要です」みたいな感じですよね。
PCR検査がまた絞られているという感じのSNSのつぶやきも多くなってきました。

経済を回すことは必要でしょうが、それには損失補償しかないと思うんですが、それをしないで、コロナの危険はあるが、ウイズコロナで国民同士で補填しろ、みたいな感じといっていいでしょうかね。
事実、観光県沖縄なんかでは大変なことになっているとニュースで見ました(これを書いているのは8/9)。
経済を回すためにコロナに感染したのだとしたら、なんという愚策でしょうか。


と、まあ政府に対して言いたいことは山ほどありますが、とりあえずこの状況を乗り切らなきゃいけない。
そのことで頭がいっぱいで、そこまで考えや行動がいかない。
なんか、そのこと自体にも腹が立っている今日この頃であります。

なんで、こんなに「吉と出るか凶と出るか」なんてギャンブルをしなければならないのか。
帰省なんて、ほんとはどっちかといったらいいことじゃん。
なのに、なんで怖がらなきゃならんのだ。
しかも、感染したら死に近い仲間もウチにはいるわけです。
軽症だったらいい、なんて話は成り立たない。


ま、でも今の気持ちは、とにかくそのギャンブルに勝たなきゃならない、もうそのことだけです。




 


車募集


(BGM:Ashanti「Carry On」from「Chapter II」)
→この辺のは、どれを聴いても同じように聞こえちゃったりするんだな。
当たればでかいんだろうけど、当たるために作られちゃうと、やっぱちょっとひくかな…。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP