FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

だまされた ★ 映画 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を見てきましたけど。
アキが長澤まさみさんが好き、って話しもありまして。
俺も好きだけれど。

どうなんですかね。
とても魅力的な人ですよね。
美人、かわいい、だけじゃなくて「がらっぱち」が似合うよね。
そういう役者さん好きですね。
お人形さんみたいな役者さんもいる中、どっか気持ちがいいほどスコーンと突き抜けてるような感じ、というか。

まあ、確かにアキっぽい、という感じはする。
忖度なし、感情で突っ走る、締め切りには間に合わない、けど一生懸命みたいな。
時にまあふざけているというか。
一緒に暮らしていて、本当にオレは幸せだと思っています。

ま、あまり人に気を遣って潰れちゃうよりずっといいように思います。
大人しい、いわゆる「日本女性らしい」みたいな「夫の後ろを一歩下がって」ってのもなんかうんざりだし嫌い。

というわけで、映画ですけどね。
これが面白かった。
フジテレビ嫌いだけど、まあしょうがない。
この映画に関しては完敗です。
エンターテインメントのスイを金をふんだんにかけて、有名役者をそろえてやったという、まあすげえわって思った。

テレビ版は見てないし、これはどうも劇場版第2弾らしいけど、第一弾も見てないので、まっさらで見ましたけどね。
ぜんぜんついて行けるし、そもそもまあ、簡単なスジだし、「ありがちな結末」ではあるし、見てて楽ちん。

詐欺師の話なのね。
だから、どこまで客がだまされるか、ってことにもかかってくるんだけど。
見てる客をだませないような詐欺師の映画はそもそも成り立ってませんし。

つまり伏線があるんだわ。
そこで気づく人は気づくでしょう?みたいな。
そして、その伏線をすべて最後は回収してくれます。
まあ、見てて気持ちがいいくらい。

俺もまあだまされてました。
最後の、「本当は愛人に産ませた子などいない!」という結論はぶっ飛んでてわからなかった…。
けど、まあそうだよな。
そうじゃないとちょっと今後うまくいかない結末になってたしな。

というか、それよりですね。
劇場出てアキと話すまでだまされてました。
副題にある「プリンセス」ですけどね。
てっきり、俺、広瀬すずさんだと思ってました。

いや、ホント、そっくりじゃん。

けど、なんか違和感はあったわけです。
「ずいぶん役作りしたんだな…」みたいに思ってたんですけど、違うんですって!
違う子!

関水渚さんという役者さんだそうで、確かにね、検索して写真を見てみると違うんだけど、この映画ではそっくりですよ。

どうなんですかね。
ここまでだます?くらいに似てます。
そういう髪型、化粧をしているんだと思いますが、偶然ではないよね、これ。
アキが後になって調べてたら、「これまで広瀬すずちゃんが映画でやってきた髪型なんかをきちんと踏襲している」という話もあるようで。
最初のボサボサ加減からのプリンセスになってからの、みたいなのが、どっかの映画に当てはまっているとか。
つまりは、もうこれ完全にだましだよね。

けども、この「人違いに見られる」というのは、役者さんとしてはどうなのか?ちょっと関水さんの意見も聞いてみたいところですが、こういうのを「映画の遊び心」として、受け入れたんだとしたら、それはそれで大物かもしれないな。

確かに演技は悪くなかったし、広瀬さんもなっとくしてくれるだろうかな、という感じ。


ま、そういうわけで面白い映画だとは思うんですが、一つ難を言えば、というか、そもそも論なんだけど、悪徳財閥を、結局は罰することなく終わる、というあたりですかね。
いや、今後、それは変わっていくのだ、という希望は持てて終わるけれど、そこまで潰されてきた個人商店とかは山ほどあるわけだからねえ…。
こっから贖罪が始まるとは言っても、財閥は続いていくわけで、どうなんだろうかな…。

財閥の長が北大路欣也さんなんだけど、まあ、亡くなって相続争い、というスジなんだが、う~ん、まあ彼が晩年改心していた、このままの財閥ではダメだと思っていた、ということなのか。
だとしたら、そこはもうちょっと描いてほしかったかな。
柴田恭兵さんに語らせるとか、その辺はもうちょっとやれたんじゃないか?

それがハッキリすると、ラストもスッと落ちるんだけど、ちょっとその辺置いてけぼりなんだよな…。
結局、広瀬すず、もとい、関水さんがプリンセスになって大団円、って、どうなの?ってなるにはなる。
弱者置いてけぼりという感じがして、まあそこはちょっとやっぱイヤな感じはします。

ま、そこをさっ引けるかどうか、ですねつまり。
さっ引ければ、エンタメとしてはよくできてはいます、うん。
面白いと思う。
つまりはまあ、だから実際にこういうことがあったら、面白いじゃすまない、って話ではありますが。






canvas_20200919141319ecf.jpg

(BGM:SUIKEN「オワラナイ」from「HOT IN POT」)
→かっこいいんだよな。
終わらない、止まらない、渡さない。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP