FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

にじ屋で買い物してね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、にじ屋の売り上げは、ほぼ井上たちの給料に直結します。
固定費はあるモノの、そのほかは井上たちの給料。
なので、とにかく売り上げが上がらないと、井上たちの給料は維持できない。

よく作業所の工賃が月に一万円とか言うけど、そういう金額じゃなく、なるべく出したい。
出したいが、まあ売り上げ次第である。
なので、まあたくさんみなさんには買い物してもらいたいところなんだけど、今はコロナもあって、盛大にイベントをやるとかが難しい。

にじ屋と言えばイベント、くらいの感じもある中、これはキツいわけです。


そもそも、年度当初に、目標の売上額を決めるわけですが、その時点で、昨年度よりも高かった。
だから、「もし、達成できなかった場合は、下半期で給料を見直す」ということを役員会から言い渡されていました。

言い渡されていました、というか、俺もその役員の一人なんですけど。

まあ、彼らにとって、生活がかかってる。
親のいる家から通ってるヤツもいるけれど、通ってないヤツもいる。
つまりは、親の金を当てにできない連中。
まず、家賃と飯。
それを確保しなければならない。

そのためには、障害年金だけじゃもちろん足らないわけで、どうしても給料が重要になってくる。
もちろん、どっかにも出かけたい。
といっても、まあコロナなんで、そんなに出かけるところもないんだが。


で、まあ井上たちは集まって協議を始めた。
まず、9月に入って役員に「どうなるのか?」と問い始めた。
正直、ちょっとこの件を忘れていたので、彼らに突き動かされる形で、こっちも考えをまとめざるを得なくなった。

そもそも、給料なんか誰も下げたくない。
下げたくないが、赤字運営というのもどうか。
まあ、そういうもんかもしれないが、これはまあ「にじ屋の経営」的な側面でもあって、なかなか思い切って踏み込めない。
これが介助料とかだと、赤字であっても赤字と言うことをきちんと表明して運動につなげられるが、ちょっとそれとは違う。

というわけで、どうも上半期で40万くらいの赤字になっていたようだ。
コロナ下で、まあここでなんとか踏みとどまったな、という感じではある。
それと、やっぱり猛暑も響いた。
お客さんを呼ぶためのビラ配りも難しかった。

そう考えると、正直な話、大いに褒めてやりたいところであるが、40万というのはまあ大きくはないが、小さくはない。
内情を言うと、正味、一週間分のにじ屋の売り上げ分+アルファ、というのが40万という金額。

まあ彼らなりに「何が足らなかったのか」「どうして40万の赤字になったのか」というのと、「どうしたら取り返せるか」ということを話し合っていたようだった。
それを出すことで、なんとか役員会に給料減を踏みとどまって欲しい、ということである。
もちろん、これは井上たちだけの問題ではなくて、一緒に働いている専従の問題でもあるんで、その内容をにじ屋の会議に出してきて、「ここから何ができるか」という討議もしていた。


まあ、これは今書いている時点では継続中なので、まだ回答は役員会は出していないし、ここまでの話だ。

で、ここに残しておきたかったのは、井上がアキに愚痴った?相談した?という内容。
それが内部でメールが出ていて、それがこんなの。


井上くんが私のところに来て「オレ一人に言われてるみたいなのがイヤだ」と言ってきたので、どの場面のことかを聞いたら、「例えば給料のことを評議委員会で…」ということだったので、「それは投げかけた井上くんに答えてもらった、教えてもらったと言う普通のことだと思うけどそれはイヤなことなの?!」と聞くとそこじゃなかったんだ、と。
(評議委員会でやってる)ネットの報告もオレ一人がしゃべっててみんなは食べてて聞いてない、みたいなことを言いたかったようで、(でも給料のことは井上だけに任せる問題じゃないから)会議の前にみんなを集めたほうがいいんじゃないかと、陽子とミツから話が出てるというようなことを言ってました。
井上くんも陽ちゃんとは話してるようで、ただ、他のみんなを巻き込めないところでひっかっかってるみたい。
原因については、一人で考えて、「これで売り上げが行かなかった」という自分なりの答え、取り返す方法は出せたらしい。
にじ屋の売り上げという意味では、井上くんたちだけのことじゃないけど、井上くんに関しては自分のこととして考えようとしてるようだなと思いました。


まあ、なんでしょう。
彼はそもそも、すごい「悩めるリーダー」なんですが、なんかね、うん、これ、別に知的障害者とかじゃなくてもあるよな。
会社でなかなかみんなを巻き込めない、とかさ。
俺ばっかりで、みんながなかなかやってくれない、とかさ。

いや、すごいことしてるな、って思いました。
こういうことを悩める井上はもしかしたら養護学校時代の同窓生に比べて、とても幸せかもしれない。
そうやって、相談したり、愚痴ったりできることも含めて。
そして、その悩みを解消するために、俺たちもなんとなく、そう、「なんとな~~~く」動くわけで。


まあね、つまり、にじ屋で買い物して!って話!。
おしゃべりはちょっと今できないけど、それもまあ、コロナが終わったら盛大ににじ屋飲み会とかまたやりましょう。







retoroi.jpg

(BGM:爆風スランプ「スーパーラップX」from「JUNGLE」)
→いきなりのインプロ!というか、なんだろう、このあぶらだこにも通じるなにか。
そして、結局そのまま終わる。
実験作なのか、どうなのか。
爆風をよく知らないので、これがデフォルトなのか、どうなのか。
少なくとも、タイトルからしてラップなのかというと、ラップではまったくない。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP