FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

どっちつかずの男


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、コロナの状況を踏まえ、近所の店は行ってもいいことになっているので、三々五々誘い合ってみんなで飲みに行ってるようで。
この辺は駅からは遠いですが、大学も近いということで飲み屋はいくつかあって。
駅まで出ること、というか、バスとかにも極力乗らない、ということにしていて、他にもまあいろいろ行くについては約束事はあるんですが、その中の一つに、「行った場所と誰と行ったか、いつ行ったかを書いておく」というのがあって、それをロッカーに貼っておいたら、こんなに長くなった。

hyou

9月のアタマくらいから、近所の店はOK、にしたから、これを書いている10月の11日の時点で一ヶ月ちょっとなんだけど、すでに三枚目に突入する勢いである。
飲み過ぎじゃないかと思うが、まあ、正直な話、普段だったらプロレス行く、ライブに行く、というのができないために、金の余裕がちょっとばかしあるって事情もありそう。
同時に、やっぱずっと自粛だったからね。
その反動、というのもあると思う。

で、まあそれはいいとして。

誘い誘われ、となると、やっぱ悲喜こもごもあるわけだけれど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5327.html)、まあ、普段そんなに介入はしてない。
ま、勝手に誘い、誘われしてろ、という感じですね。
そうすると、やっぱ誘う人というのは決まってきて、そこになんとなく「派閥」みたいなのも生まれてくる。
まったく派閥関係なく、けっこうまんべんなく誘ってるのはミツなんだけど、あとはやっぱ派閥になるね。

大きく分けると、井上派とコウヘイ派(主軸はノブ)になるんだけど、そのどっちにも誘われていたのがコバ。
つまり、どっちつかずの男である、とも言える。
いいことなのか、悪いことなのか。

で、まあ、なんかの時に気づいたんでしょうね。
派閥の長が。
「こいつ誘ってもしょうがなくない?」みたいな。

それをちょっとキャッチしたもんで、「おまえ最近誘われてるの?」という話になったら、どうも「誘われてません」みたいな。
「(一緒に連れて行って、と言ったら)断られました」という。

ふむ。
じゃあ、もう「誘っちゃえばいいじゃん!」となりまして。
「おまえから誘うんだよ」と。
コバもまあ乗り気で。

誰と飲みに行きたいの?と聞けば、「ミズエちゃんと行きたい」と。
へえ~、となりまして。
まあ、じゃあ誘えばいいじゃん、と。
でも、「でも、誘っといて、ただ飯を食ってるだけで黙ってたんじゃダメだよな、やっぱ、会話が豊富じゃないとなあ」と。

コバは、話すときにはじゃんじゃん来るけど、そうじゃないと、やっぱ食べ物に気持ちが行っちゃう。
なにせ、「ガッツキンピック2020日本代表」と言われてますから。

それに、まあ「誘うなら、きちんと仕切って最後まで」みたいなことをなんとなくは普段から言ってることもありまして。
ただ飯を食いたい、飲みたい、だけじゃ、やっぱどうなの?ってのがありますから。
こういう話をしよう、とか、そういうことは考えて行きなさいよ、というか、そういうことをふんわりと。

で、コバがウチの草取りをしに来てくれてたときに、終了後にウチで飲んでるときに、練習したんですよ。
アオテツがちょうど来てくれていたので、アオテツがミズエ役。
言ったら、もう裏声使うくらいの練習台になってくれて。

「みずえちゃんとはプロレスのことを話したい」と言うことだったコバ。
「大日では誰が好き?」みたいな話とか、いろいろ練習してまして。
で、「まあそのくらい話せればいいだろう。そうやって話せよ。今度誘ってみろよ」となりました。

で、どうも先日誘ったらしいんだけど、二人でカレー屋に行った、と。
その場所もまああまり我々は飲みでは使わない場所なので、なかなかどうしていい場所を選んだな、と。
目先を変えるのはいいことだ、うん。

「で、どうだったの?話は弾んだの?」と。
そしたら、コバは、「弾みました!」と。
ああ、よかったな、と思っていたんです。
アオテツが裏声使った甲斐もあったというモノです。

で、まあその後、ミズエと飲む機会があって。
「この前コバとカレー屋行ったんだって?」と聞いてみた。
行きました、と。
「どうだった?話弾んだ?」と聞いてみたところ、「店にテレビが流れてて、コバさんテレビ見てたんですよね…」と。

ぎゃははははははははははは。

ダメだ。
アオテツにまず謝れ!

ミズエにしてみたら、「アオテツさんと練習してたんですか!それはそれは…」ということで、まあ、なんだかミズエもかわいそうだぞ!。


てなことで、まあ二人の話を総合すると、まあ話はするにはしたらしいが、まあ話が終わってしまったらしい。
準備したモノが少なすぎたか…。

まあ、とはいえ、あまり緊張して行くというのも違うから、「今度はもっと話が弾むといいな」と言っておきましたが、「またミズエが一緒に行ってくれるとは限らないけどな!」とも加えておきました。







retoroi.jpg

(BGM:HOUND DOG「きまぐれシンデレラ」from「ROCK ME」)
→聞いてると、「カモ~ン!きまぐ~りなシ~ンデリラ!」みたいな感じですけどね。
いや、この「クセ」がいいんだな。
なんかむしろ気持ちいいモンな。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP